プロが教えるわが家の防犯対策術!

現在(中)3で、家でベンチプレスしようかと考えています。
バーベルは何キロのものを買ったらいいでしょうか?

筋力はダンベルで10キロで10回ぐらいです。
体重は50キロです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

40代。

男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●50kg(御質問者の御体重分)程度で良いのではないかと思います。

練習用シャフト10kg。
プレート40kg分。

50kgだと、セット品がお買い得と思います。3万円未満と思います。

■練習用シャフトの重さは、「直径28mm:長さ2m」の物で約10kgです。

■オリンピックシャフト(公式競技用の物)の重さは、「直径50mm:長さ2.2m」で20kgです。

オリンピックシャフトはプレートの直径が50mmとなっていますので、プレートを買う際には注意が必要です。

●練習用シャフトの直径28mmでシャフト、プレートを揃えると、低価格で済みます。

ダンベルシャフトにも、直径28mmのシャフトがありますので、使い回しが出来ます。

ダンベルシャフトでも直径50mmの物がないこともないですが、直径28mm->直径50mmのスペーサを入れたりと、特殊な物になります。

ダンベルには、手持ち穴なしの5kgダンベル専用プレートがあります。
バーベルでも共通して使えますので、後から追加するプレートは、ダンベルでの使い回しを考えて買います。
5kgダンベル専用プレートは、手持ち穴なしのため、プレート外周直径が小さく、トレーニングに邪魔になりません。

●ベンチプレスをやるなら、フラットベンチ(6000円位)は必要最低限です。

ベンチラックは、最初は買わなくて大丈夫です。
御自分の体重分50kgくらいまでは、つぶれても自力脱出できます。

ちなみに私(170cm、77kg)は、ベンチプレス90kgまでは、ラックを使ったことはありません。

腰骨で跳ね上げて、胸にセットしていました。
※危険ですのでお勧めはしません。
※その際にはカラー(固定金具)をきちんと締めてください。

●私の奥さんは、ベンチプレスでシャフト10kg分も上げられません。

各個人、体力差がありますので、御自分の体力を確認しながら、高重量に挑戦するのが良いと思います。

最初のメニューは、気抜けする程の軽い重量から始め、フォーム、感触を確かめてください。

ベンチプレスでは、肩甲骨を締めないと、ケガをします。

<質問:ウエイトトレーニング 上級者に質問です>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2295409

<質問:パワーフォームなのにベンチが挙がらない>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2408374

<質問:ベンチプレスが挙らない>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2352311

<質問:ベンチプレスをしても大胸筋に効かない>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2245798

●資料

以前回答した物です。

<38歳からの筋トレ!>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2553376.html

<どちらのトレーニングマシンを買うか迷っています。>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2542527.html

<質問:パワーリフティング : フルギア って?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2438591
    • good
    • 1
この回答へのお礼

毎回筋トレのことにかんして丁寧に
答えてくれてありがとうございます。
いつかあなたみたいにマッチョになりたいです(^^)

お礼日時:2006/12/22 15:23

やはりウェイトトレをやるならジムに行くのが良い


値段、安全性、情報面などやはり専門家指導の下で行うのが望ましい
時間がなかったり、ジムに行くのが面倒な人は自重トレーニングで十分です。
腕立て、腹筋、スクワット、ランニングなど
これらも色々な方法があり、負荷が足りないと思ったら片方だけでやったり出来ます。
片手腕立てや片足スクワットなど
また、片手腕立ては両足を広げるとバランスがとれてやりやすいです。
片足スクワットはもう片方の手で壁や手すりなどを持ちながら行うなどが安全です。
腹筋も3種類ほどあります。
真っ直ぐ起こす腹筋上部が鍛えられる
捻りを加えて両サイドのわき腹を鍛える
足上げなどで腹筋下部を鍛える
などが可能です。
器具で最もあると便利なのは懸垂台用のぶら下がり台くらいです。
また、可能ならプロテインを飲んでやると効果的です。
    • good
    • 0

一人でやるなら、台は安全装置の付いたしっかりしたものを選びましょう。


首に落ちれば、死か首から下が動かなくなりますから。ベンチプレスは危険な運動のひとつで、気楽に出来るものでは有りません。

購入:情報からすれば最初はバー(20キロ)だけで十分です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバーベル購入で悩んでいます。

ジムが遠く家でしか鍛えられないのでバーベルを購入しようか
悩んでいます。特にベンチプレスをしたいので。

今家には自作のベンチとダンベル50kgセットがあります。
これでダンベルプレスで我慢しようか迷います。

バーベルは買うべきでしょうか?結構値段も張るので...
買うとしたら70kgでしょうか?

Aベストアンサー

値段から70kgバーベルを選択するのはナンセンス。ダンベル50kgセットということは、片手25kgのはずですから、既に、普通の換算法で言えば、バーベル70kgは挙がる。既に、メインセットの回数を挙げられる重量のバーベルを持っても余り意味はない。バーベルを持つからには、最低限の目標数値として100kgということ。70kgを購入しようと言うレベルなら、ダンベルのままの方が格好が良いと思う。ダンベルベンチプレス30kg(×2個)というのは、ダンベルでの最初の壁。たいていの人は、まず、ダンベル片手30kgの10回×3セットを目指す。そういう目標を達成してからバーベルに移行するのが通常のパターン。そこに至って、バーベルでの更なる発展を目指そうかというのが普通の考え方。

しかし、いま、どうしてもバーベルと言うのなら100kg以上を。シャフトは、結局、強度安全性など勘案すると、オリンピックシャフトが宜しい。その他に、しっかりした大き目の(バーの長い)セーフティバーを求めるとして、ベンチは宅トレでの安全面を考慮すると不要。

で、上半身は、ベリートスでフロアプレスをやり、下半身は、セーフティーバーを使って、ザーチャースクワットとか、デッドリフトとか、ニーリングスクワットをやる。

バーベルでのフロアプレスなら、バーベルを首に落として死ぬことはない。ダンベルを滑り落として顔面直撃ということもない。なにより、セーフティがあれば、トップサイドのフロアプレスで未挑戦の高重量に馴染むこともできる。

スクワットもフロントでのザーチャーならば、高さが制限されるし、眼の前にバーベルがあるので、肩に担いで視界から外れるバックスクワットより安全。バックスクワットの難点は、ラック戻しの際に、ラック位置の確認が難しいこと。ザーチャーならそのまま長いセーフティーバーに下ろせる。デッドリフトも、腰に負担の大きい床引きではなく、セーフティバーからの引き(トップサイドデッドリフト)が出来る。肩に担ぐことで脊椎(脊柱起立筋)強化をしたければ、膝を床に着いて、正座から立て膝までの、大臀筋とハムに効かせるニーリングスクワットがセーフティバーの上部を使うことで出来る。

バーベルとセーフティの組み合わせがお勧め。オリンピックシャフトもウエイトを外して立ててしまえば、邪魔にならない。

値段から70kgバーベルを選択するのはナンセンス。ダンベル50kgセットということは、片手25kgのはずですから、既に、普通の換算法で言えば、バーベル70kgは挙がる。既に、メインセットの回数を挙げられる重量のバーベルを持っても余り意味はない。バーベルを持つからには、最低限の目標数値として100kgということ。70kgを購入しようと言うレベルなら、ダンベルのままの方が格好が良いと思う。ダンベルベンチプレス30kg(×2個)というのは、ダンベルでの最初の壁。たいていの人は、まず、ダンベル片手30kgの10回×3セッ...続きを読む

Qバーベルシャフト 160cmと180cmの違い

バーベル購入を考えています。(もちろん、バーベル用ベンチも購入する予定です。)
しかし、シャフトの長さが160cmの物と180cmの物があります。
160cmと180cmの違いは何でしょう?また、160cmと180cmのシャフトではどちらがどれくらいの身長に合うのでしょう?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

ちゃんとやり続ける見通しがあるのなら、220cm、20kg(止め具含む)の「オリンピックシャフト」が良い。結局、最終的に、パワーラックなどが用意できてしまうと、オリンピックシャフトが必要になる。スミスマシンなら、オリンピックしか使えない。クイック系のエクササイズの際も、グリップが動かない(回転しない)ので随分と違う。それに、短くて軽い(10kg以下)ということは、ラック(またはベンチ台やスクワット台)に乗せたシャフトにウエイトを付けようという時、反対側にズラしておいてシャフトの傾き(落下)を防止するという操作もできないので、ちょっと危ないことになる。

そんなこんなで、たぶん、貴方には、ダンベルが良いのだと思う。

私は、還暦を越えるまで、宅トレ者として、オリンピックシャフトを使って、100kgを超える高負荷ウエイとやってきて、いま、32.5kg×2個のダンベルが一番のお友達。ケトルベル12kg、16kg、20kg、24kgもやるので、次に32kgが欲しいのだが、これ以上のケトルベル購入を自らに断念させる為、ダンベルをひとつ32.5kgに設定(固定)した次第。

高負荷トレをやってきて、ケトルベルに出会い、そして、ワンハンドの「スナッチ」にハマった経験から、最小限の筋トレ用具は何かを考え続けて、いま、ダンベルひとつ(二つセットではない)で良いのではないかと思っている。ダンベルひとつでスナッチもジャークもできるので、ケトルベルである必要も無い。

ともあれ、32.5kgひとつで、フルボトムスクワット(フロントスクワット、ゴブレット式スクワット、ザーチャー式スクワットでも可)、ワンハンドロウ(背中)、ワンハンドプレス(胸)をやる。両手持ちの「ダンベルベンチプレス」だとスタートポジションまでが大変だが、ワンハンドのフロアプレスならば、まず、空いた手を使って両手でスタートポジションに運べる。更に、もうひとつ32.5kgがあるので、それを、それぞれ両手に持つとデッドリフトができる。で、これで、トータル65kg。

32.5kgが二つで65kg。これは、米俵一俵の重さであって、昔は、これを担げば一人前と言われたのだという。

32.5kgというのは、3okg×2セットを購入して、一番外側の1.25kgプレートを2.5kgに付け替えただけ。

極めて個人的な状況説明ですが、参考にしてください。32.5kgというのは一定の筋を維持するのに個々が必要と感じる重量。20kgでも一向に構わない。

ちゃんとやり続ける見通しがあるのなら、220cm、20kg(止め具含む)の「オリンピックシャフト」が良い。結局、最終的に、パワーラックなどが用意できてしまうと、オリンピックシャフトが必要になる。スミスマシンなら、オリンピックしか使えない。クイック系のエクササイズの際も、グリップが動かない(回転しない)ので随分と違う。それに、短くて軽い(10kg以下)ということは、ラック(またはベンチ台やスクワット台)に乗せたシャフトにウエイトを付けようという時、反対側にズラしておいてシャフトの傾き(落下)を防止...続きを読む

Q脂質と炭水化物どっちを減らすほうがダイエットにはいい??

テレビで「脂質は1g9kcalで炭水化物が1g4kcalであり、脂質を控えることはダイエットにもっともいい。」というようなことを言っていました。

しかし炭水化物を控えるほうが有用なのではないかと思いました。理由としては以下のことを考えております。

・確かに脂質はエネルギーが高いと思うのですが、日本人の場合炭水化物に比べると摂取量は圧倒的に少なく炭水化物を控える方が有用なのではないか
・炭水化物(主に日本人の場合、お米)は単糖に分解しやすく吸収しやすいのではないか?

実際はどうなのでしょうか?もしわかりましたら教えて頂けたら幸いです。(ちなみに食生活は主食がお米の平均的な日本人の食生活をイメージしています。)

Aベストアンサー

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労省の栄養基準では、この基本量にアミノ酸スコアや吸収率と安全率を加算して
いますが、この安全率をはずして、ぎりぎりのダイエット法を考える場合は、
たとえば、仮に、あなたの体重が60Kgとすると、
60 * 0.64 = 38.4g が蛋白質の最小必要量です。

次に、脂質については、標準体重における基礎代謝の25%を摂るのが良いと思います。
すなわち、一般的な男性の基礎代謝を1600Kcalとすると、
脂質の最低必要量は、1600 * 0.25 / 9 = 44g となります。

次に炭水化物ですが、
脳のエネルギーはブドウ糖で1時間あたり6g消費します。
また、全身の細胞が1時間あたり1.5gのブドウ糖を消費します。
これらを合わせると、人体は1日に180gのブドウ糖を消費します。
炭水化物というのは、ブドウ糖と食物繊維の合計で、食物繊維の必要量が約20gですから、
結局、炭水化物の最小必要量はに200gということになります。

これらの栄養が1日の最小必要量です。
これらをカロリー比で表すと、1・3・6になります。

脂質と炭水化物のどちらが減らしやすいかということですが、
カロリー制限のテクニックについていえば、
脂身の多い肉やマーガリン、サラダ油など脂質を減らすのが最も簡単です。

もうすでに、脂質を減らした食事をしているのであれば、あとは炭水化物を減らすしかありません。
人体の炭水化物の必要量は200gですから、1日の摂取量が200gを切ると、
不足した炭水化物は体脂肪の消費で補われます。
たとえば、炭水化物の摂取量を200gから100gに減らすと、
不足分の400Kcalを補うために、1日あたり44gの体脂肪が減少します。

それでは、炭水化物をどんどん減らせば良いかというとそうではありません。
たとえば、今、若い女性の間で炭水化物抜きダイエットが流行っています。
炭水化物を減らすと、空腹感が働きにくくなるので、急激な体重減少も可能です。
そして、ダイエットが楽しくなり、どんどん体重を減らしていって最後には
拒食症になってしまいます。

炭水化物の制限すると、身体は体脂肪を燃やして不足分を補いますが、
摂取量が100gを切ると、身体は今度は筋肉をつぶして脳のエネルギー不足を補います。
そのような栄養状態を飢餓といいますが、飢餓を放置すると、身体は生命維持のために、
今度は過食をはじめます。

このように、無理なダイエットで摂食障害に陥る危険性がありますが、
身体に必要な最小限度の必要量を知っていれば、摂食障害になることなく、最大限の効果があげることができます。

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労...続きを読む

Qダンベル60kgセットは初心者向き?

先日も自宅で筋トレについてお伺いしました。

回答して頂いた方のアドバイスでダンベル60kgセット(多分30kg×2のことかな)
を勧めて頂きました。
近所のスポーツ店にダンベルを見に行って、ダンベルをいくつか試したところ、
10kgでも結構効く感じでした。
60kgセットでも調べた商品の一例では片手5kg・7.5kg・10kg・12.5kg・15kg・20kg等
調節が可能みたいでした。
セット内容
スクリュウシャフト2.5kg×2本、1.25kgプレート×4枚、2.5kgプレート×4枚、5kgプレート×8枚、
1.25kg用ラバーリング×4本、2.5kg用ラバーリング×4本、5kg用ラバーリング×8本
となっていました。

スポーツ経験は、水泳、近所のジム、マラソン、スノボーなどです。
参考までに体型は160cm、58kgです。
フラットベンチとシットベンチを購入予定です。

Aベストアンサー

168.2cm 63.8kg の35歳です。
ウエイトトレーニングは1年2ヶ月くらいしています。

ベンチプレス: 87.5kg_10reps×3sets
スクワット: 142.5kg_10reps×4sets
デッドリフト: 110kg_10reps×4sets

を、現時点で各部位の最初の種目でやればメインセットにできます。
ちなみにレッグプレスは312kg_12reps×4setsで組んでます。


僕が最初に購入したのは10kg(1980円)の重量可変式ダンベル2個でした。
それと、公営ジム(市が運営する体育館, 420円/回)に週1回通って、
バーベルとマシンを使っていました。

その後、慣れてきた頃に5kgプレート×2個(2個で1980円)を購入しました。
その後、また慣れてきた頃に5kgプレート×2個(2個で1980円)を購入しました。

これでも、ワンハンドダンベルロウをするときには
シャフト2.5kg + 1.25kg_2枚 + 2.5kg_2枚 + 5kg_4枚 で
30kgダンベル1個は確保できます。

ワンハンドダンベルロウ以外で30kgのダンベルは僕は使わないですし、
最初から無駄に重いウエイトでやると正しいフォームが身につきませんよ。

168.2cm 63.8kg の35歳です。
ウエイトトレーニングは1年2ヶ月くらいしています。

ベンチプレス: 87.5kg_10reps×3sets
スクワット: 142.5kg_10reps×4sets
デッドリフト: 110kg_10reps×4sets

を、現時点で各部位の最初の種目でやればメインセットにできます。
ちなみにレッグプレスは312kg_12reps×4setsで組んでます。


僕が最初に購入したのは10kg(1980円)の重量可変式ダンベル2個でした。
それと、公営ジム(市が運営する体育館, 420円/回)に週1回通って、
バーベルとマシンを使っていました。

その後、慣...続きを読む

Q3週間筋トレを休むと筋肉の減少はどれくらい?

筋トレ歴1年半、1日2時間程度のトレを全身を3箇所に分けて週4日ほどしています。
筋肉自体にハマっているのでトレの仕方・栄養のとり方等はそれなりに学び、
初めの時に比べて劇的に体が変わりました。

ですが、今月末くらいから仕事の内容が変わり、
超がつくほど忙しくなるので3週間もの間、
筋トレが一切できません。

訳あって少しのトレ(自宅で腕立て等)もできませんが、
日常生活の動作はあるので寝たきり状態ではもちろんありません。

トレ歴や知識がそれなりにある人で、
10日間以上トレを完全に休んだ経験のある方に教えていただきたい。

・実際体感できるほどに筋力や筋量が落ちたのか。
・落ちた筋力を取り戻すのにどの程度の期間がかかったのか。

1週間程度なら体を休める事もありますが、それ以上の経験がありません。
筋肉は1週間以上鍛えなければ減っていくと言われます、どれほど減るのか心配なのです。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

参考サイトを先ず上げます。

「パワーリフター三上のホームページ」
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/
■ここの「スポーツ生理学」から入って「ディトレーニングの生理学」を見てください。

これによると4週目までは筋肉自体は衰えず、神経系が最初に衰えるとあります。
つまり、筋肉自体は落ちにくいとのことです。

私自身の経験ですが、3ヶ月ほどトレを全くできなかった期間がありました。

時間がたつにつれて、筋肉の張りが失われ細身になりました。
悔しいのでサイズは測りませんでしたが。
この期間は特に食事についてはサプリメントを取るとか、腹一杯食べるということはしませんでした。
トレをしないのに栄養をとっても太るだけになります。

トレを再会して1ヶ月半ほどで、休み前の重量を扱える様に戻りました。
よく言われるマッスルメモリーというものでしょうか。
筋肉の回復は早いです。
私はサプリメントを金銭的な理由で2年前から取っていません。
しかし、普段の食生活は3食+1食とり、内容も気を付けています。

トレを再会する時は、焦らずにトレーニングを休んだ時間分かけて重量、ペースを元に戻していくというのが鉄則です。

焦って高重量を扱うと故障しやすくなります。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

参考サイトを先ず上げます。

「パワーリフター三上のホームページ」
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/
■ここの「スポーツ生理学」から入って「ディトレーニングの生理学」を見てください。

これによると4週目までは筋肉自体は衰えず、神経系が最初に衰えるとあります。
つまり、筋肉自体は落ちにくいとのことです。

私自身の経験ですが、3ヶ月ほどトレを全くできなかった期間がありました。

時間がたつにつれて、筋肉の張りが失われ細身になりま...続きを読む

Q筋トレ後の射精・・・

筋トレ後に射精をするのは良いのか悪いのか・・・。

「筋トレ後に射精することは、せっかくのたんぱく質を放出することになるので良くない」
(断言はしていませんでしたが・・・)

みたいな記事が某雑誌に書いてあり、気になったので質問いたします。

筋トレ後(オールアウト後と某雑誌には書いてありました)に無性に性欲が増すのでどうすればいいですか?

というような場合の対処方法について書かれていたのですが、筋トレ後に射精をすることによってせっかくのたんぱく質を放出してしまうのはダメなのですか?

筋トレ後の夜は夜の営みは禁止なのですか、筋トレをする人の間では?

「精神的には筋トレ後に性欲が増すのは良いことだとも書いてあり、精神的にはすなおに性欲を発散させるのが良い。」

的なことも書いてありました。
では、筋トレ後はどっちが良いのでしょうか?
筋肉を作る為には筋トレ日は禁欲ですか?

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

●この手の話し好きなので、仲間に入れてください。

私は、セックスも良いトレーニングと思ってしまう、バカおやじです。

「ここをこんなふうに、こう力を入れれば、ここに効くな。」などと、嫁さんそっちのけで最中に雑念入りまくりです。

トレーニングして体力が有り余っていますので、2時間はこんな事をしていても大丈夫ですが、しらけてきてしまいますので適当にフィニュシュします。

●こんな感じの翌日は、腹筋に筋肉痛が出ますので、良いトレしたと思ってしまいます。

カロリーとしては相当消費しているのではないでしょうか。

射精1回分のセックスカロリー消費は、800m走と同じと聞いたことがあります。

■嫁さんには、また、彼女には申し訳ないですが、トレとして組み入れるのも「あり」かなと思います。

※そう考えると、射精で失ったタンパク質も無駄ではなく思えてきます。

●ここへの相談は、セックスレス夫婦の相談など多いですが、セックスをしたくない奥さんにしては、私なぞ迷惑千万なのでしょう。

●以前、回答した物です。

<筋肉をつけるためには、射精を控えるべきでしょうか?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3511324.html

40代。男性。ウエイトトレーニング歴7年。

●この手の話し好きなので、仲間に入れてください。

私は、セックスも良いトレーニングと思ってしまう、バカおやじです。

「ここをこんなふうに、こう力を入れれば、ここに効くな。」などと、嫁さんそっちのけで最中に雑念入りまくりです。

トレーニングして体力が有り余っていますので、2時間はこんな事をしていても大丈夫ですが、しらけてきてしまいますので適当にフィニュシュします。

●こんな感じの翌日は、腹筋に筋肉痛が出ますので、良いトレし...続きを読む

Qバーベルの重さも含むのでしょうか?

ベンチプレスで70kgという場合は、
(1)バーベルの重さ+左右につける重いやつ
(2)バーベルの重さは含まずに、左右につける重いやつだけ

どちらでしょうか?
また、普通はバーベルだけで何kgあるのでしょうか?

Aベストアンサー

スルーしてましたが、びっくりするような回答も入っているので
書いておきます。
一般的にジムにおいてあるベンチプレス用シャフトは50mmで15~20kgあります。
カラーが5kgぐらいで、シャフト+カラーで20~25kgです。
持つとこは28mmです。

以上がスタンダードなものです。
ただし質問者様がどのシャフトを使っているか不明なので
ここで聞いてもわかりません。ジムの人に何キロか聞いてください
重さは全て込みです。(カラーはつけてやらない人も多いです)

Qサイドレイズ 6kgは 肩が弱すぎですか?

週2回ほどウエイトトレーニングをしています。

サイドレイズなのですが、
6kgのダンベルを使っていますが、1セットで8回も上げれません。
5回くらいが限度です。

170cmの男ですが、
これだと肩周りが弱すぎでしょうか。

Aベストアンサー

まあ、余り自慢できる重量ではありませんが、もう少し、更に、重量を落として、15回の反復が可能な重量を数セットやりましょう。サイドレイズは肩関節だけの単関節運動と考えるべきで、こういうのは、一発テストとか、低回数負荷をやってはいけないことになっています。単関節運動をたった5回反復可能な重量では筋腱を損傷します。

ですので、複関節運動になるショルダープレスに変えるというのも一法です。こちらなら、5回でもOKです。

それにね、大切なポイントは、下半身の大筋群への刺激を省略していては、ホルモンスイッチが入らないということ。腕を太くしようとしてアームカールだけやっても、全く効果が現れないのと一緒。

上半身にしても、肩(三角筋)より先に、大胸筋と広背筋の強化を要する。

Q飲酒をして筋力トレーニングするとパワーアップしてるの・・・?

「厚い胸板」に憧れ、筋力アップの為トレーニングしています。しかしながら特に夕食事にお酒を欠かすこともできない為、夕食後ウェートトレーニングする時は、ビール350ml程度飲んでいる事が多いです。
結果として、筋肉には悪影響とかないのでしょうか?
現状自分の場合、実は軽く飲んでいた方が、集中力が長続きして(ダンベルとかは)多くの回数上げることが可能なのですが、これっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

 超長文です。
 「厚い胸板」への憧れがどれほど強いかによってこの回答が腹立たしいだけにしか感じないかもしれませんが、その思いが強ければトレーニングに対する考え方が変わると思い「指導」させていただきます。
 まず基本ですが、筋肉はトレーニングによって一旦破壊され、その修復時に以前より強く太く結び付けようとする働きがあるため、筋肉に厚みが増し、筋力がアップするわけです。この修復時の補助をする栄養素がたんぱく質です。だから修復するときには当然体内にたんぱく質がなくてはなりません。修復作業はトレーニング直後から始まります。そのタイミングで栄養素を取り入れるのが理想ですからトレーニングは食事前にしましょう。そしてトレーニング後は速やかに(出来れば30分以内に)食事をしましょう。このときはたんぱく質を多く含むもの(肉、卵など)をとるようにしましょう。脂肪分の少ないものが良いです。それとトレーニング前にはチョコレートなどで糖分を摂っておく必要があります。なぜなら、トレーニングをするためのエネルギーが必要だからです。ガス欠状態でトレーニングすると、「トレーニングをするためのエネルギーを補おうと筋肉を分解してエネルギーに換える」働きがあり、逆効果になります。
>自分の場合、実は軽く飲んでいた方が、集中力が長続きして
 錯覚です。集中力は散漫になります。どんなに酒に強い人でも。ではなぜ回数が上がるのか。アルコールによって血流が良くなって筋肉が力を出しやすい状態になっていたためでしょう。じゃあ飲んでたほうがいいのかというとそれもNOです。血流が良くなる余地があったというのは明らかにウォーミングアップ不足です。トレーニング前には十分ストレッチをするなどして筋肉が力を出しやすい状態にしておく必要があります。
 また先ほど筋肉の修復作業云々といいましたが、その際に体内では成長ホルモンが分泌されて修復作業が行われます。酒はこの成長ホルモンの分泌の妨げになるので、少なくともトレーニングの日は飲まないほうが良いでしょう。
 トレーニング頻度ですが、筋肉の修復には2日ほどかかります。修復途中でトレーニングをすることは逆効果です。2日、ないし3日に1回トレーニングするのが良いです。
 根本から覆すかもしれませんが、負荷について一言。何キロのダンベルをお使いかわかりませんが5キロや10キロでは胸板は厚くなりません。トレーニング初心者なら多少効果はあるでしょうが厚くとはとてもいかないでしょう。筋力には最大筋力、筋持久力などいくつかの分類があって、筋繊維が太くなる(胸板が厚くなる)には最大筋力を向上させる必要があります。軽いダンベルを20回、30回と上げるのは筋持久力アップしかしません。上げれる回数が40回、50回と多くなるでしょうが、最大筋力は頭打ちとなります。最大筋力を高めるには、5回上げるのが限度の重りを5回上げ、7回上がるようになったら重りを重くするようなトレーニングが必要です。少なくとも家庭では難しいでしょう。そのような器具が家に有ったとしても、持ち上げるのがぎりぎりの重さですから1人では危険です。下手すると死にます。厚い胸板を作りたいならジムに行くことをお勧めします。あるいは補助をしてくれるパートナーを見つけてください。
 以上は筋力トレーニングを語る上では基本でしょう。初心者にもわかるよう、専門用語や詳しい説明は無しにしました。それでも最低限理解いただける程度の説明はしたつもりですが。僕はトレーニングや栄養、筋肉の仕組みみたいな本を立ち読みを合わせれば2,30冊は読んだと思いますが、読めば読むほど更なる疑問が湧いてきますし、本によっては正反対のことを言っている場合もあります。1度本屋でトレーニングの本を読んでみてはいかがでしょうか?だんだん本を読むことも楽しくなってきます!

 超長文です。
 「厚い胸板」への憧れがどれほど強いかによってこの回答が腹立たしいだけにしか感じないかもしれませんが、その思いが強ければトレーニングに対する考え方が変わると思い「指導」させていただきます。
 まず基本ですが、筋肉はトレーニングによって一旦破壊され、その修復時に以前より強く太く結び付けようとする働きがあるため、筋肉に厚みが増し、筋力がアップするわけです。この修復時の補助をする栄養素がたんぱく質です。だから修復するときには当然体内にたんぱく質がなくてはなりませ...続きを読む

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む


人気Q&Aランキング