オンライン健康相談、gooドクター

よろしくお願いします。

6歳の娘がピアノを習いたいというので、私が子どもの頃使っていたピアノの調律をし、さあ先生をどうしよう?という段階なのですが・・・。
近くにピアノを教えてくださるところが沢山ありすぎて、どのように選んだらいいか迷っております。
私自身8年くらい習ったところで、先生を変えたところ、全く弾き方がなっていなかったらしく、音の出し方ばかりで演奏をするどころではなくなり、つまらなくなりやめてしまったことがあり、最初の先生は重要なのではと思っております。
まだ小さいので厳しいだけではすぐ嫌になるでしょうし、でもせっかく
習うのなら、ピアノの音が大好きになってほしいのです。
将来演奏家になってほしいなどという希望は持っていませんが、音楽はピアノや歌など趣味としてもっていてほしいと思っています。

ピティナの先生紹介のページを見ましたが、指導賞を受賞した先生も近くにいらっしゃいました。
指導賞というのはどのように考えたらよいでしょうか?
幼児でも毎年コンクールに出るようにすすめる先生もいらっしゃるようですが、お金がかかるそうですね。
それから、指導年数というのはどうでしょうか?
最近は譜面を重視しない教え方だと聞いたこともありますが、昔と今とでは教本も教え方も違っているのでしょうか?
 
ピアノと歌を両方教えてくださる先生もいますか?
やはり別々に習うべきでしょうか?

よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (5件)

6歳というのはピアノを始めるのには良い年齢だと思います。

弾くだけでなく、楽譜を読むことにも興味を示す年齢だからです。

特に初級者の指導にはベテラン教師をお勧めします。最低でも10年ほどの経験が欲しいところです。生徒がどのように成長して行くかと言うことを予測できるからです。

指導賞など、賞の有無は教師を評価する上で大切だと思います。

楽譜の読み方を重視するかどうかは考え方によります。が、楽譜の読み方は、国語に例えたら、本の読み方です。6歳になったら少しずつでも楽譜の読み方をきちんと教えなければ大変なことになります。この差は小学校を卒業するまでには明らかに出てしまいます。「楽譜が読めない」という理由でピアノを止めてしまった生徒を多く見ました。

お近くに先生が多いということは恵まれた環境であると思います。教育の一部としてのピアノレッスンだと思うのですね。大切なお子様の親として厳しくかつ徹底的に教師を評価するべきだと思います。実際にいろいろな先生にお会いして、ご自分で判断しなければいけません。そこで教師を探す手がかりとなることをいくつか。

学歴:音大や教育関係の大学のピアノ専攻卒業は最低条件。できれば「ピアノ教育学」履修が理想的。ピアノ科あるいはピアノ演奏科は、ピアノの教え方を習う学科ではありません。ピアノの教え方はピアノ教育学で学びます。

教育哲学: ポリシーをしっかり持った教師であること

経歴:初心者のレッスンの場合は最低でも10年の教師経験は欲しいところ

賞の有無:できれば何か欲しいところ

演奏:発表会で演奏できる先生。発表会のプログラムを見せてもらえば一目瞭然です。教師がお手本を示すのは当たり前。

事務:お金がかかわることですから、事務処理のきちんとできる方がよろしいです。

ルール:「約束事」を文書で提示できる方が理想

推薦状:第三者が書いた推薦状を提示できる方が理想

連絡: 病欠、時間の変更等、効率よく連絡ができるシステムであること

入会金: 無料が理想

発表会: 最低でも年に一度。年に2回やっている先生もいらっしゃいます。無料が理想ですが現実的に難しいようです。無料の先生もいらっしゃいますが。

実績: 発表会を覗いてみて生徒がどのような演奏をしているか聴いてみたら大体わかります。

人柄: これは非常に重要。否定的な発言を一言でも聞いたらアウト。

等、厳しいことを書きましたが、私の知っている限り上の条件を全て満たしている教師を知っています。根気よく探してみてはいかがでしょうか。

歌に関してはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thepianoman様、ご丁寧なご回答をありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ございません。
発表会はぜひ見てみたいと思うのですが、「発表会を見たいとか、いつですか?と聞いても失礼ではないでしょうか?
書いて下さった条件を満たす先生が、もし東京南西部にいらっしゃるようでしたら紹介していただきたいです~!

お礼日時:2007/02/05 10:07

No.3のkoppiiです。


>「発表会はいつですか?」とたずねて部外者なのに失礼ではないでしょうか?

ホールは抽選で予約しますので、そう言う事情で日程はあまり早くには分からないこともあるかも知れません。でも、「音楽に興味があって、ピアノの発表会を見学させていただきたいのですが」とお話しされれば、きっと快く見学させてもらえると思いますよ。それを断るような先生でしたら、習わない方がいいですね。 

>先生が音大卒なのかもよくわからないみたいなのです。

音楽大学を出ているから教えるのがうまいということはありません。ただ、専門的に勉強されている方が、より高い技術をお持ちだという目安にはなります。でもそこまで先生に質問することは難しいですよね。

>主人からは、そんなに気構えなくても近くの先生に習えばいいじゃなか、本当にピアノの才能があるのなら、どんな先生に習っていてもその方向に行くはずだと言われるのですが・・・・

それも一理ありますが、先生がそのお子さんの才能を開花させるということも言えますので、やはりご自分で納得された先生のもとで勉強される方がいいと思います。教え方が悪いと、お子さんがピアノだけでなく音楽自体を嫌いになってしまうこともありますので。

楽しんでピアノを弾ける、また教えてくださる先生と巡り会えることを祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

koppii様 ありがとうございます。
発表会について、近隣のホールなどに問合せをしてみたいと思います。
とても参考になりました。
ありがとうございました~♪

お礼日時:2007/02/06 00:12

No.1です。

肯定的なコメントありがとうございます。

東京なら先生探しに困ることは無いでしょう。優秀な先生がたくさんいらっしゃいます。

発表会を見せてもらえるというかは、普通は「どうぞいらっしゃい」という感じではないでしょうかね。「部外者はご遠慮ください」などというところがもしあれば即アウト。

今はネットでいくらでも情報が入りますので、メールをどんどん送り、ご質問を叩きつけてはいかがでしょうか?優秀な教師はすでに答えは準備できているはずですし、そうでない教師は怒り出すかもしれません。

ここで「誰を紹介します」ということは差し控えます。やはりご自分で見極めなければなりませんので、時間と努力で一人一人潰して行くしかないのではないでしょうか。「良い教師か悪い教師か」はご自分が判断されることだと思います。また、実際にお会いしないと人柄はわからないと思います。普通は無料で会って下さると思いますので遠慮なく先生に伺ってみてはいかがでしょうか。

普通はウェブサイトで必要な情報は公表しているはずですから、まずそこから始めるべきでしょうね。で、消去法でどうでしょうか。例えば:

威張っている教師はアウト
質問に対して満足な答えが返ってこない教師はアウト
メール連絡のできない教師はアウト
退会自由でないところはアウト
ウェブサイトを出していない教師はアウト
教師経験○年以内はアウト
発表会で演奏できない教師はアウト
体系的な「楽譜の読み方」を教えられない教師はアウト


あと許容範囲を少し和らげると:

大学でピアノ専攻でなくても教育音楽を勉強していれば OK
(良いピアニストが良い教師とは限りませんので)
多少ぶっきらぼうでも、子供のことを第一に考えてくれたら OK
高額でなければ多少の発表会費負担は OK


ご自分の判断基準を具体的に決め、その線で教師を選別してゆけばよろしいと思いますがいかがでしょうか。点をつけるとすれば、90点くらいなら会ってみてもいいかな、といったところでしょうか。

教師だって人間なので、完璧な教師などは存在しないと思いますし、人によってもその評価は違ってきます。まずレッスンを始めてみて、いやなら他に行くとか、いろいろなオプションもあると思います。多少の時間と努力が必要だと思いますが、柔軟に、しかも慎重に選ばれてはいかがでしょうか。

ネット検索は簡単です。東京南西部ならキーワードは「ピアノ 教室 初心者 ○○区 ○○線 ○○駅」で、かなり出ると思います。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thepianoman様、ありがとうございます。
ピアノの先生方はあまりホームページなどは作っていらっしゃいのかなと思っていました。
ピティナなどのページには確かに紹介ページはあるのですが、なかなか先生個人の内面が見えないので・・・。地域のミニコミ誌や、大学の音楽教室などは結構近くにあるのです。でも、一つの音大の教室では入るのも試験があるようで、初心者に何の試験?と思ってしまいます。
メールができればよいのですが、できなければお電話であたっていくしかないですよね? 教えていただいた方法で、ネット検索してみようと思います。 ありがとうございました♪

お礼日時:2007/02/05 12:17

近くに先生がたくさんおいでなのでしたら、そこに通われている生徒さん何人かに少しお話を聞いてみるのもいいかも知れません。



それから、発表会を見に行かれるのが一番わかりやすいと思います。
出演している生徒さんを見れば、楽しんで音楽を学んでいるか、真剣に向き合っているかも分かります。高校生や大学生、もしくは大人の方が出演されていて、かなり上手に演奏されていたら、その先生は尚良いと思います。
(その年代をきちんと教えることのできる技術があると言うことなので)
発表会で講師演奏をきちんとされている先生なら、その演奏で先生の音楽に対する考えや取り組みも分かるかと思います。
観客席に座っている父兄の方から、先生のお話を聞くのもいいのではないでしょうか。

やはりたくさんの「口コミ」をお聞きになるのが、参考になると思います。

それで気になる先生が見つかったなら、レッスンの見学を申し出てはいかがでしょうか?同年代くらいのお子さんのレッスンを見せてもらったら、より分かりやすいかと思います。

お子さんと二人でご覧になって、良い先生が見つかることを祈っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

koppii様、ご丁寧なご回答ありがとうございました。
そうですね。発表会を見に行ければいいのですが・・・。
「発表会はいつですか?」とたずねて部外者なのに失礼ではないでしょうか? ピアノを始めたお友達もみな近かったからという理由がほとんどなので、先生が音大卒なのかもよくわからないみたいなのです。
主人からは、そんなに気構えなくても近くの先生に習えばいいじゃなか、本当にピアノの才能があるのなら、どんな先生に習っていてもその方向に行くはずだと言われるのですが・・・・

お礼日時:2007/02/05 16:05

おっしゃるとおり先生はとても重要です。


私もやはり音大ピアノ科卒の先生をお勧めします。
でもそういうことはなかなかわからないのですよね。

いい先生のポイントはいくつかありますが、まず生徒がなかなか辞めないところ。
中学生や高校生になっても続けている生徒が多いところ。
その中で音大に進む子もいるところ。
そのような教室はやはり譜面を重視ですよ。
最初から指の形などに気をつけて、変な癖がつかないようによく見てくれます。
あと可能であれば発表会を見てください。
生徒のレベルは先生のレベルだと思います。

生徒の指導に関しては、やはり口コミで探すのが早いと思います。
上手だと思うお子さんが通っている教室はやはりいいです。
あと、調律師さんに聞いてもいいと思います。
同じ調律師さんを使っている先生か、楽器屋さんから派遣された調律師さんならその楽器屋さん系列の先生を紹介してくれます。

ピアノと一緒に何かほかのものを教えてくれる先生は、ピアノをきちんと習いたいならあまりお勧めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

cyaboe様、ご丁寧なご回答ありがとうございます。
やはり譜面を重視しなければということが何人かのご意見でわかりました。
従兄弟の子どもが音を聞いて弾けてしまうので、まだ習い始めたばかりなのに譜面はいらないからこの曲を弾きたいなどと言ったら、その後辞めさせられてしまったらしいのです。
それで、先生のプライドを傷つけたのか?と思いましたが、先生の方針と違ったのでしょうね。
やはり初めはピアノできちんと譜面を読めるよう指導してくださる先生についた方がいいのかなと思いました。
なかなか、個人でやっていらっしゃるところは、発表会でも見ない限りどんな生徒がいるのかわからないので、1人づつお電話なりしてお話を伺うしかないかなと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/05 16:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング