どうして死んだらお金がもらえるの?
配当?があるの?
銀行との違いは?
だって、毎月支払ったお金が満期?にならなくても、死んだら掛けたお金より多く入ってきますよね。みんなが一度に死んじゃったら会社はすぐに破綻ですよね?3億円事件だとか、阪神淡路大震災は、イギリスの保険?から支払われたなんてことを聞いたことがあるのですが、なぜ外国の会社が支払うの?
保険の基本的なことだとは思うのですがさっぱりわかりません。理解できないのに保険に加入したくないし・・・。どなたかお教えください。
共済と保険の違いは?
また、参考になるサイトをご存知でしたら教えてください。既にお答えした方がいらっしゃましたらサイト番号を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大体の事は既に回答されていますので、若干の補足説明をいたします。



配当は基本的に三つの要素で決定します。
1)死差益・・・これは1年間での予想支払保険金よりも少なかった場合に支払われる配当金です。
2)利差益・・・予定利率よりも高く運用できた場合に支払われる配当金です。
3)費差益・・・これは保険会社が予定より少ない事務経費(営業職員の人件費等)が少なくすんだ場合に剰余金を配当として支払う場合。
の3つです。
ただし、現在はこの三つの配当金を支払わない変わりに保険料を安くする商品(いわゆる無配当終身保険等)や、(2)の利差益だけを支払う準配当保険(いわゆる利差配当終身保険等)があります。

それから大規模災害などで一度に巨額の保険金を支払う必要がある可能性のあるものに関しては「再保険」と言う形で他の保険会社に保険会社が保険を掛けます。
他の回答でもあるイギリスの「ロイズ」が有名です。
また、現在では「再保険」の一種として保険会社に掛けるのではなく一般投資家(現在は大口のみ)に証券化してリスク分散するものもあります。

補足回答でした。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

tudukiさんの回答に補足になりますが・・・・


長くなりますがご辛抱を・・・
>>どうして死んだらお金がもらえるの?
・相互扶助の精神?から
みんなで少しずつお金を持ち寄って”万一”のことがあった人のために使う。
というところから始まったことです。

>>配当?があるの?
・ただ、少数の人たちがお金を出し合っているだけでは足りなくなるのはご理解いただけると思います。
そこで、たくさんの人にお金を出してもらって(保険に入ってもらって)集まったお金を不動産等で運用してその利益を「保険金」に使っているのです。
大手といわれる生命保険会社のほとんどは駅前の一等地にビルを立ててますよね?
あのようなビルの家賃収入等が保険金の元になっています。
で、保険会社は儲けたお金の約90%をお客様にお返ししなくてはいけないというような決まりがありまして、毎年「大体これくらいは保険金に充当できるであろう・・・」という予定を立てます。その結果予定以上に儲かった部分については「配当金」等の形で返ってくるのです。
ただ、ここ最近は不動産価格等の下落などで保険会社自身の収益が減少していますので、一時期(バブル全盛期)のような配当金は期待できません。

>>銀行との違いは?
・大きな違いは、銀行は独自の保険商品を取り扱っていない。
保険会社は個人に対して担保等との引き換えに融資はしない。
と、いったところでしょうか。

>>だって、毎月支払ったお金が満期?にならなくても、死んだら掛けたお金より多く入ってきますよね。みんなが一度に死んじゃったら会社はすぐに破綻ですよね?
・これは、先にもお答えしましたように、皆がかけている保険料を運用して利益を得ているからです。

>>3億円事件だとか、阪神淡路大震災は、イギリスの保険?から支払われたなんてことを聞いたことがあるのですが、なぜ外国の会社が支払うの?
・これは「リスクの分散」といいまして、万一莫大は保険金を支払わなくならないような状況に陥った場合、いち保険会社ではまかないきれなくなる可能性があるので保険会社間で保険を掛け合っているのです。
イギリスの「ロイズ」なんかは”損保”方面でのあらゆる保険を引き受けているようです。
瀬戸大橋の保険なんかも引き受けているようなことを聞いたことがあります。

>>保険の基本的なことだとは思うのですがさっぱりわかりません。理解できないのに保険に加入したくないし・・・。どなたかお教えください。
・結構ややこしい分野ですよね。
でも、最近は「自己責任」を重要視することから保険をはじめとする金融商品についてのいろんな本が出ていますのでそういったものも参考にされるのもよろしいかと思います。

共済と保険の違いは?
・共済とはタテマエ上「組合員」のもの。
保険はそういった縛りがないもの。
そんなところでしょうか・・・・
取扱商品も似かよってきていますし・・・
管轄省庁が違うのかな???

少しはお役に立ちましたでしょうか??
    • good
    • 0

保険にもいろいろな種類がありますが、基本的に相互扶助の理念に基づいています。

つまり、予測不可能なリスクに不安を抱く家庭等が、互いに協力する形で、リスクが発生したときに生じる損害を補うための対策として保険に加入しておくのです。
 それぞれの家庭が、資金を出し合い、それを準備金として積みたてておき(掛け金)、実際にリスクが発生したときにはその共同の準備金から損害を補う資金を支払うものです。これを運用しているのが保険会社です。
 
 イギリスの保険会社から支払われたというのは、「ロイズ」のことだと思います。イギリスの富豪(ロイド)が集まって運営しているらしいです。世界最大級の規模を持っているので、その対象も幅広く普通の保険会社が受けられないような金額の保険も受け付けてくれます。
 
 共済と保険の違いとしては、保険会社は企業で利益も求めますが、共済は組合なので、利益は全て組合員に還元されます。

 あとは専門家の補足,訂正を待ちます(--、)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q保険会社はいつお金を支払ってくれるのですか?

入院して退院のメドがつかないような病気になったとき、保険金というのは(病院の入院代や治療費) 保険会社からはいつ支払われるのでしょうか。
毎月ですか?それとも数ヶ月に1回、定期的に?あるいは1度だけまとめて支払われるのですか?
教えて下さい。どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

保険会社に勤務しています。

まず、給付金支払いについては、
質問者様がご入院されている病院で診断書を記入してもらいます。
この診断書は、契約者(被保険者)の負担です。
その後、各社の給付金を専門で扱っている部署にて
契約年数や病歴・入院日数・契約内容を確認し
何も問題がなければ、1週間~10日が目安ではないでしょうか。
契約者からの請求がなければ、保険会社から勝手に給付金を支払うことはございません。

長期入院となった場合、
仮に、給付制限が180日(免責無、1日~180日)だとすると

入院50日分で1回目請求(請求可能日数:130日)
*180日-50日=130日

入院60日分を再度請求(請求可能日数:70日)
*180日-50日(前回請求分)-60日(今回分)=70日

あとは残日数を請求。
一括請求されても同じです。
手術を受けられた場合等も診断書に記入してくれていますので、
保険会社所定の手術を受けられた場合は、
入院給付金とは別途手術給付金も併せて支払われます。

病院の入院代や治療代をすべて保険会社が負担するものではありま
せんので、ご注意ください。
あくまで契約内容に記載のある給付金額×入院日数です。

保険会社に勤務しています。

まず、給付金支払いについては、
質問者様がご入院されている病院で診断書を記入してもらいます。
この診断書は、契約者(被保険者)の負担です。
その後、各社の給付金を専門で扱っている部署にて
契約年数や病歴・入院日数・契約内容を確認し
何も問題がなければ、1週間~10日が目安ではないでしょうか。
契約者からの請求がなければ、保険会社から勝手に給付金を支払うことはございません。

長期入院となった場合、
仮に、給付制限が180日(免責無、1日~18...続きを読む

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Q一時払生命保険満期保険の諸問題と対応は?

10年前に妻名義で一時払生命保険を契約(契約者:妻、被保険者:妻、死亡保険金受取:夫、一時払込:250万、満期保険金:400万円、契約期間:10年)し、今年満期を迎えます。
妻は、専業主婦(無収入)で私の扶養家族として、税制上の扱いも受けています。
所が、この受取保険金が、一時所得の非課税限度額(年38万円)を越え、
{(400-250)-50}/2=50万円・・・12万円オーバー
妻は扶養家族として認められないと、保険会社も市役所税務課もタックアンサーも言います。 
私の扶養家族から外し、妻単独の確定申告しようと思いますが、このことで他にどのような問題と手続きをすれば良いか分かりません。
例えば、勤め先や市役所等への届出・・・???
1.扶養家族の届けを削除する
2.家族手当の支給を停止する
3.健康保険において、妻を国民健康保険へ切り替え
4.厚生年金において、サラリーマンの妻から国民年金に切り替え
5.確定申告は、妻と夫と別々に行う。
6.一番大事なことは、妻が専業主婦を外れると、社会的な優遇措置が消えて
  しまい、大損害です。損害を最小にする方法が有りましたら、
  詳しく教えてください。
ご教授、よろしくお願いします。

10年前に妻名義で一時払生命保険を契約(契約者:妻、被保険者:妻、死亡保険金受取:夫、一時払込:250万、満期保険金:400万円、契約期間:10年)し、今年満期を迎えます。
妻は、専業主婦(無収入)で私の扶養家族として、税制上の扱いも受けています。
所が、この受取保険金が、一時所得の非課税限度額(年38万円)を越え、
{(400-250)-50}/2=50万円・・・12万円オーバー
妻は扶養家族として認められないと、保険会社も市役所税務課もタックアンサーも言います。 
私...続きを読む

Aベストアンサー

この場合、健康保険については切り替える必要はありません。
これまでどおり扶養家族のままで大丈夫です。
よく勘違いされる方が多いのですが、健康保険の被扶養者の認定要件は、
年収130万ではなく、これから先、年間130万以上のペースで稼ぐかどうかです。ほとんどの健保では、130万円/360日=約3600円以上(約月収11万円)の収入が、これから先継続して発生するかどうかで判断します。そのため、一時的な所得は見ないのです。
少なくとも健保については大丈夫です。

税制上の扶養家族の認定要件は、健保とは異なり、年間所得38万円(収入103万円)が基準となります。健保とは収入の金額も計り方も違い、これまでの収入をみます。

職場の総務(人事?)の方が一番よく分かっているはずですので、直接聞くのがここで聞くよりはずっとスムーズで確実だろうと思います。

損害を最小にする方法はありません。少なくとも「損害」はないのですから。

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q生命保険+傷害保険+スキー保険で重複して支払ってもらえる?

2、3日いろいろ検索してみましたが、納得できるような答えが得られなかったので質問させてください。

昨年末にスキーで骨折し60日程入院しました。
生命保険には加入していましたが、傷害保険やスキー保険には入っていませんでした。

仮に、傷害保険やスキー保険に加入していた場合は、生命保険と合わせた3つの保険金の合計金額がもらえたのでしょうか?

今となっては「後の祭り」なのですが、加入していれば良かったのか、それとも無駄だったのかが、長い入院中そればかり気にしていました。

いわゆる「保険太り」をさせないような仕組みになっているそうですが、これらの保険の注意書き等には他の保険との重複についての記載がないため、重複で支払ってもらえるような気がします。

Aベストアンサー

はい、もし加入していればそれぞれの保険から支払われました。
生命保険の場合ですと同業他社に加入していることがわかれば
加入出来ない場合も稀にありますが、
よほど常識を逸した入り方(全部で10社に加入とか)でなければ
A社で5000円、B社で5000円というような複数加入は可能です。
加入済であれば生命保険、傷害保険、スキー保険について
それぞれの保険の保険料を支払っているのですから
請求権はありますし、重複が問題になることはありません。

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q生命保険と団体信用保険で保険金と土地建物を受け取った家族が支払う相続税について

56歳男性です。生命保険に加入しています。契約者、被保険者は私で、受取人は元妻と、娘27歳既婚です。死亡時の受取金額は5000万円です。また、娘夫婦と現在暮らしていますが、その家の所有名義は私で、平成21年7月に私の名義の住宅ローンで購入しました。ローンの名義は私ですが、現在は娘婿が実質はローンの支払いをしてくれています。購入時は土地530万円、建物1524万6000円でした。団体信用保険に加入しています。
もしも、私が死亡したら、元妻に3000万円、娘に2000万円の保険金を、また私名義の土地建物は娘夫婦の相続してもらいたいと思い、保険金、土地建物の相続の遺言も書いてあります。
しかし、私が死亡し、保険金、団体信用保険で、元妻、保険金3000万円と、娘、保険金2000万円と土地建物を相続したら、どれほどの相続税、その他税金が必要になるのでしょうか。
私の家族は、元妻と5人の子供がいます。うち、元妻(平成27年離婚)に一番下の娘17歳の親権をもっています。他の4人の子供達は成人し働いています。長女は結婚し私と暮らしています。
元妻とは今も交友があり、大事にしたいと思っています。
私の財産となるものはそれだけですが、残された家族、元妻には、税金がいくらくらいかかることになるでしょうか。
もしも、私が病気になり、死亡が危ぶまれたら、妻と再婚の書類申請して置いた方が、いいでしょうか。
どうか、だれか教えて下さい。

56歳男性です。生命保険に加入しています。契約者、被保険者は私で、受取人は元妻と、娘27歳既婚です。死亡時の受取金額は5000万円です。また、娘夫婦と現在暮らしていますが、その家の所有名義は私で、平成21年7月に私の名義の住宅ローンで購入しました。ローンの名義は私ですが、現在は娘婿が実質はローンの支払いをしてくれています。購入時は土地530万円、建物1524万6000円でした。団体信用保険に加入しています。
もしも、私が死亡したら、元妻に3000万円、娘に2000万円の保険金を、また私名義の土地建物は...続きを読む

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

情報を整理しますと、
1.登場人物
 ①元妻
 ②5人の子供(あなたの子供ですね?)

2.相続財産
 ・住んでいる土地建物
 購入時 土地530万、建物1525万
 相続時には土地は路線価、建物は
 固定資産税の評価額となります。
 通常は購入価格よりかなり安価です。
 多めにみて合計2500万としておきます。

 他にあなたが所有する金融資産など
 ありませんか?
 あなたの財産の全てがないと相続税は
 分かりません。

3.その他
 ①死亡保険5000万
 相続財産ではありませんが、相続税の
 対象になります。
 ②団体信用生命保険は土地建物に含む
 (負債なし)としておきます。

以上の情報から、

4.相続税の計算
 ①法定相続人
 子の5人とします。
 元妻は法定相続人ではありません。

 ②相続の基礎控除
 3000万+600万×法定相続人数(5人)
 =6000万
 
 ③死亡保険について
 先のように相続税の対象になります。
 その場合、以下の控除があります。
 500万×法定相続人数(5人)
 =2500万
 従って相続税の課税対象は
 5000万-2500万=2500万
 となります。
※しかし元妻は法定相続人ではないので
 元妻への生命保険金は本控除の対象外です。
 従って、
・元妻への3000万はそのまま課税対象
・娘への2000万は上記控除で課税対象は
 0となります。

 ④相続税課税対象
 ・土地建物2500万 2より
 ・生命保険3000万 ③より
  合計  5500万

 ⑤相続税
  ④5500万-②基礎控除6000万
 =-500万となるため、
 非課税となります。

5.その他留意点
 ①元妻、長女のご主人は法定相続人
 ではありません。明確な遺言書がない
 場合、相続はできません。
 ②元妻と再婚できるならば、
 法定相続人が増え、かつ生命保険の
 控除も利用でき、相続もしやすくなります。
 基礎控除も6600万に増え、妻への
 相続は1.6億まで非課税と優遇されます。

いかがでしょうか?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/souzo31.htm

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

情報を整理しますと、
1.登場人物
 ①元妻
 ②5人の子供(あなたの子供ですね?)

2.相続財産
 ・住んでいる土地建物
 購入時 土地530万、建物1525万
 相続時には土地は路線価、建物は
 固定資産税の評価額となります。
 通常は購入価格よりかなり安価です。
 多めにみて合計2500万としておきます。

 他にあなたが所有する金融資産など
 ありませんか?
 あなたの財産の全てがないと相続税は
 分かりません。

3.その他
 ①死亡保険5000万
 相...続きを読む


人気Q&Aランキング