lacZ、X-gal,IPTGを用いたブルー・ホワイトコロニーセレクションにおいてのことなんですが、
白色のコロニ-の菌には、
挿入断片を含むプラスミドベクター(今回使ったのはpMW118というものです)
が入っているんですよね。

でも、白色コロニーから、プラスミドの調製を行なって制限酵素で切断して、
電気泳動を行なっても、ベクターのみの時と変わらないバンドパターンを
示す事があるんですが、これっていったいどういうことなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もっと為になる回答があると思うのですが、取り敢えず思ったところを…



ブルーホワイトセレクションというのは、目的の断片じゃなくても、
何かが挟まってしまえばコロニーは白色になってしまうものですよね?
ということは、何かの拍子にできてしまったごく小さな、
それこそ電気泳動では判らないような小さな断片が挟まってしまって
それでコロニーが白くなってしまったのではないでしょうか。
はたまた目的の挿入断片が短すぎてバンドパターンの変化が
観察されなかったとか…それはないですか…

ベクターを作る時に、丁寧にやらないとDNAが混入したりして
思った結果が出ないこともありますので、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
確かに、コロニーが白色になるという事は、挿入断片があるということですね。

微小な断片の出所がどうなっているのか気にはなりますが、
『何かの拍子にできてしまったごく小さな、
それこそ電気泳動では判らないような小さな断片が挟まってしまって
それでコロニーが白くなってしまった』というのは合理的ですね。


それなら、ベクターのみのものと、区別はつかないですね。

「DNAの混入」だとするのなら、
なんとかそうならないように気をつけるしかないですよね。

ollinさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/16 15:11

ollinさんの回答でそのまま正解かと思われますが・・。



制限酵素で切ってもごくまれに切断部位が欠けてしまうこともありますし、さらに希ですがもともと発色しないベクターが混じっていることもありますし、2つのベクターが互い違いにくっついてしまうこともあります。インサート部分がベクターと偶然まったく同じ大きさのこともあります。
また、制限酵素の種類によっては活性が低く、全ての切断部位を正しく切ることができないものもあります。(この辺のことは酵素のカタログに載っています)

全ての実験結果がベクターのみとまったく変わらないバンドパターンだった場合は、実験段階で問題があるかもしれませんが、そうでないときは、それは実験誤差の範疇に入ると思います。そういう誤差を取り除くため、精製したサンプルの全てをチェックするのだと思うのですが、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『インサート部分がベクターと偶然まったく同じ大きさのこともある』
確かにそれなら電気泳動では区別できませんね。

『制限酵素で切ってもごくまれに切断部位が欠けてしまうこともある』
そんな事があるんですか。それは考えた事ありませんでした。

あと、『実験誤差の範疇』といった考え方も
頭の中に留めておく必要があるのでしょうね。

m_nkgwさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/16 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIPTG、X-galについて

基本的な事なのかもしれないのですが以下のことについて教えてください。よろしくお願いします。
ブルーホワイトセレクションを行う時に、トップアガー液とIPTG、X-galをIWAKIのSterile Tubeを使用して混合させました。
先にアガーをチューブに入れてから2試薬を入れたのですが、このどちらかがチューブの壁に付き、
その部分が白く濁って壁が変性してしまいました。
どっちの試薬の影響なのか解らないのですが、この操作の時にこのチューブは適さないのでしょうか。
ちなみにこのチューブはポリススチレン性です。

Aベストアンサー

X-galのストック溶液は、100%のDMF(dimethylformamide ジメチルフォルムアミド)に溶かして作るのが一般的です。DMFはポリスチレンなどのプラスチックを溶かします(プラスチックシャーレやプラスチックピペットに使われている素材)。エッペンドルフチューブやピペットチップに使われているポリプロピレンは耐性です。

ついでに言うとDMFはニトロセルロースも溶かすので、フィルター滅菌はできません。

考えられる対処法

・ストック溶液を直接チューブにつけないようにする(トップアガーで希釈されれば溶けません)
・ガラスの培養試験管(バクテリアチューブ)を使う。
・バクテリアコロニーを生やすためであれば、トップアガーを使わないで、スプレッダーで塗り広げるだけで十分です。直前にX-gal, IPTGを塗ってから菌を塗り広げればよろしい。

Qプラスミドベクターについて

動物細胞へのベクターの導入原理について、悩んでいます。
「プラスミドは自己増殖能を持つ」という記述があるのですが、
動物細胞内にベクターとして導入した場合、プラスミドのままタンパクを合成する能力を持つのでしょうか?
それとも、核内のDNAに組み込まれて目的タンパクを合成するようになるのでしょうか?
生物の知識はかじった程度で、実験等を進めてきたのですが、
イマイチはっきりとしない箇所が多く、迷っています。
助言を得られたら、非常に幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
 哺乳類細胞にプラスミドを導入すれば、プラスミドに組み込んだ遺伝子からタンパクを発現させることができます。しかし哺乳類細胞中ではプラスミドは増殖しませんので、一過性の発現しか得られません。
 核内のDNA、つまりゲノムに組み込むためには、レトロウィルスベクターを使う必要があります。この方法ではレトロウィルスに目的の遺伝子を組み込んで哺乳類細胞に感染させ、その遺伝子を宿主細胞のゲノムに組み込んでしまいます。もちろん目的の遺伝子からタンパクの発現が得られます。しかし、現実的にはウィルスの感染効率が悪かったり、しばらくするとタンパクの発現が落ち込んでしまったり、といった問題があります。

Qプラスミドの泳動動距離

電気泳動の実験をおこなったのですが、環状プラスミドと直鎖状プラスミドではどうして環状の方の移動距離の方が大きいのですか?

Aベストアンサー

直鎖状プラスミドより先に流れるのは、スーパーコイルした環状プラスミド(sc)で、リラックス型の環状プラスミド(rl)やニックの入った環状プラスミド(op)は直線状プラスミドより遅くなります。ただし、泳動時ゲルにエチジウムブロマイドは入ってない条件です。
どうしてそうなるかは、やってみた方が早いです。自分で納得して下さい。幅1cmほどの紙テープを長さを同じにして3本作ります。1本はそのまま(直線状)。2本目はねじらずに端と端をのり付けします(rl)。3本目はテープを何度もねじって回転させてから端と端をくっつけます(sc)。scはくちゃくちゃと崩れて一番コンパクトになっていると思います。それを同じ高さから落としてみて下さい。scは一番先に床に付きます。rlと直線状は微妙ですが、たいていrlのほうが遅くなると思います。理屈はゲル中でも(たぶん)同じです

QpENTRベクター。コロニーPCRができず困っています

こんにちは。インビトロジェンのpENTR/D-TOPOクローニングキットを使って実験しているものです。
Gatewayのエントリーベクターを作成すべく、pENTR/D-TOPOに2kbpのDNA フラグメント(PCR産物)を入れることを試みました。しかし、遺伝子を大腸菌にトランスフォームした後、出てきたコロニー30個を楊枝でつついてコロニーPCRをかけたところ、期待していたインサートのバンドが全く検出されませんでした。
がっかりしましたが、念のために同じ大腸菌を培養してそこからプラスミドを精製し、PCRをかけてみたところ、実はなんと2kbpフラグメントはかなり高い確率でpENTR/Dに入っていたのです。pENTRを使うとこの現象が必ず起き、困っています。
ちなみに、大腸菌DH5α、ベクターpGEM-Teasyの組み合わせで使用したときには、このような現象は起きませんでした。コロニーPCRはKOD',最初に95度5分で処理しています。
精製したプラスミドではPCRはうまくいったのに、なぜコロニーPCRではダメだったのでしょうか?このような事を経験された方はいませんか?それはどのように改善されましたか?コロニーPCRができないと沢山のプラスミドを精製しなくてはいけないので不便しています。

こんにちは。インビトロジェンのpENTR/D-TOPOクローニングキットを使って実験しているものです。
Gatewayのエントリーベクターを作成すべく、pENTR/D-TOPOに2kbpのDNA フラグメント(PCR産物)を入れることを試みました。しかし、遺伝子を大腸菌にトランスフォームした後、出てきたコロニー30個を楊枝でつついてコロニーPCRをかけたところ、期待していたインサートのバンドが全く検出されませんでした。
がっかりしましたが、念のために同じ大腸菌を培養してそこからプラスミドを精製し、PCRをかけてみたところ...続きを読む

Aベストアンサー

pick-upはどのようにしてますか?大腸菌Nucreaseの失活は十分でしょうか?
私は面倒ですが大腸菌を別チューブにpickupした後、ボイルしその一部をとってテンプレートにしていました。

プライマーの組み合わせを変えてみては?
両方ともシークエンスプライマーにしてみるとか

KODを使用する意味は?
Taqを使ってみては?

などかと思いますが、どうでしょうか、、、

QSiRNAとプラスミドベクターとのライゲーション

SiRNA(2本鎖のオリゴ)をプラスミドベクターに挿入しようと思ってます。
そこでライゲーションの方法ですが、普通にT4DNAリガーゼを使ってもできますでしょうか。
プラスミドはDNAですが、挿入するのはSiRNAなのです。
いかがでしょうか。

Aベストアンサー

RNAの場合は下に回答がありますので、
siRNAをコードするDNAだった場合について。

もしもオリゴDNAを自分で発注して、
アニールさせてインサートとして入れるのであれば、
通常のオリゴDNAは末端にリン酸基がついていないので、
(注文すれば有料でつけてくれますが)
そのままの状態で、
ベクター側をアルカリフォスファターゼ処理しているとライゲーションされません。

ベクター側を制限酵素処理後に、
アルカリフォスファターゼ処理しないで、
セルフライゲーションが出ないものを用意しておくか、
(スタッファーDNAが入っていないベクターの場合は特に注意が必要です)

インサート側をPNKなどでリン酸化する必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報