筋弛緩剤とは本来どういった目的で使われるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

力が入ってかちこちになっている筋肉を緩めるために使います。


具体的には、手術などの時、お腹が炎症を起こしてたりして腹筋がそういう状態になってたりしたら、切ることができないですよね。また、やはり手術後、痛みとかで切ったところの筋肉が強く緊張すると、圧力で縫ったところが割けてしまうことがあります。そういうときに緊急に緩める為
、そういう時なんかに使います。あと、痙攣を押さえたりするのにも使います。変わったところでは、Hの時、膣痙攣で、とれなくなっちゃった時なんかも使います。

この様に筋肉が強く緊張してしまって、自分の意思で緊張を解くことができない時に使いますが、報道でご存じのように、致命的な副作用があり、そう軽々しくは使えません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
医療の現場では普通に使われているものなんですね。
勉強になりました。

お礼日時:2001/01/15 19:01

今回話題になっている筋弛緩剤は、非脱分極性筋弛緩剤と呼ばれるもので、骨格筋の収縮信号を受け取るべき神経筋接合部と呼ばれる場所に作用して、神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻害することにより呼吸筋を含めた全身の筋肉の動きを止めてしまいます。

本来は、全身麻酔による手術時のときに、不都合な筋肉の力を取るために人工呼吸下に使われるものです。
狩猟で使う毒矢に用いられたクラーレという毒薬を元に開発された薬品です。
現在、手術麻酔時には広く、かつ安全に用いられています。
ちなみに、肩こりやむち打ち症などで処方される筋弛緩剤は中枢性の筋弛緩剤と呼ばれ、呼吸が止まってしまうようなことはなく、毒薬でもありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
2種類あるのですか。
勉強になりました。

お礼日時:2001/01/15 19:49

新聞紙面を賑わしているあの例の事件で取り沙汰されている『筋弛緩剤』


何かとても恐ろしいもののようにおもいますね。

しかし、voiceさんがおっしゃっているように肩こりがひどい場合などでも
用いられますよ。
私の場合は、顎関節炎になったときこの薬を処方されましたね。
レントゲンでの所見では、噛み合せにはとくに問題ないものの口を開け閉めする箇所の筋肉に炎症がみられたためこの薬が処方されました。

治療目的で、その使用する量もことなってきますから適切に決められた量を
服用したり、点滴&注射によって体内にとりこむぶんには問題はないとおもいます。
『筋弛緩剤』が怖い薬なのではなく、(どんな薬にもメリット&デメリットはつきものです。)正しく使用しないと人の生命をも危険にさらすことがある。
『筋弛緩剤』を悪者みたいにはおもわないでくださいね。
正しく使用されれば、治療に役立っている薬なのですから・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
意外と普通に使われているものなんですね。
筋弛緩剤というと、殺人事件でしかお目にかからなかったものですから、こんな危険な薬をどう使っているのか不思議でした。勉強になりました。

お礼日時:2001/01/15 19:47

治療目的では、肩こりや骨格筋の痙縮(病的に筋肉が硬直してしまう


状態)に対して用います。

また、全身麻酔下では人工呼吸器を用いて呼吸管理をしますが、
その際に自発呼吸があると人工呼吸器による換気と自発呼吸とが
バッティングしてしまうため、呼吸筋を麻痺させる用途でも使われ
ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/01/15 19:37

筋弛緩剤とは、ぶっちゃけた話が脳から筋肉への神経の伝達をブロックして、筋肉を随意に動かせなくしてしまう薬です。

手術のときに自発呼吸を押さえて人工呼吸をしやすくするとか、筋肉の緊張をほぐして執刀したり、あるいは挿管することを容易にする、と言うような役割を期待して使われるみたいですね。
ただ裏を返せば、筋肉を思いのままに動かすことが一切出来なくなりますから、適切な使用をしない限りは、今回の事件のように死につながる訳です。ですから当然毒薬ですね。

取り敢えず参考URLを掲げておきますが、むしろ各新聞社のサイトでこの事件に関する関連記事を読んだ方が、要領よくまとめた説明が見つかるでしょう。

参考URL:http://www.geocities.com/kurubushi/kuru/muscles. …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/01/15 19:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋弛緩剤について

知り合いの子が精神的にちょっとおかしいと言うことで、かなり前から病院に通っていると話していたのですが(どうおかしいのか、病名などはわかりません)、夜眠れなかったり、精神を安定させるために今までは睡眠薬や安定剤をもらっていたのに、いよいよ効かないので、先日は「筋弛緩剤」をもらって飲んでいる、と言っていました。

疑いたくはないのですが、筋弛緩剤って安楽死で使われたり、Webで調べても、筋弛緩剤を使う時には呼吸の確保をちゃんとしなければいけないとか色々書いてあって、「普通に一般人が薬として家で飲む」というものには到底思えません。

そのように一般の患者が筋弛緩剤を微量でも処方されて、精神安定や睡眠薬として使用することって実際、あるのでしょうか??

Aベストアンサー

通りすがりの物ですが・・・。薬の専門家では無いので一般人の自信なしです。

始めに・・・経口の筋弛緩剤というのはあります。
そもそも筋弛緩剤には作用する場所や機序によって複数の系統の物があります。
先ず中枢性(脳、脊髄などに作用)のものと末梢性(主に神経筋接合部などに作用)のものがあって中枢性のものは筋弛緩作用の他に脊髄のシナプス反射の抑制による鎮痛効果などもあって肩凝り、腰痛、痙性麻痺などに経口薬として良く処方されています。まあ有名な薬にはミオナールとかテルネリンとかがあります。精神安定剤として処方される薬の中でも多少の筋弛緩作用を持つセルシンやデパスなんかと組み合わせて筋緊張性頭痛などでもいわゆる「張り止め」として良く処方されています。

麻酔でよく使われるのは末梢性のもので脱分極性と非脱分極性があり有名なマスキュラックスやミオブロックは非脱分極性で神経筋接合部においてアセチルコリン受容体と競合して筋肉の興奮するのに必要な活動電位を生じない様にします。また副交感神経の伝達物質もアセチルコリンなので心臓に対しては抑制をブロックして軽度の脈拍と血圧の上昇を来したりもします。ちなみに交感神経の伝達物質はアドレナリンやノルアドレナリンの類いだと言われています。
脱分極性で有名な物はサクシンでこれはアセチルコリンが2個つながったサクシニルジコリンという物質で持続的に脱分極させて活動電位の閾値を上昇させる事によって筋弛緩を得ます。
またこれらの筋弛緩薬で死亡する場合は横隔膜麻痺による呼吸停止による事がほとんどです。ですから気管内挿管に自信のある看護士が「医師を試そうと思った」という話になる訳です(挿管するなりマスクで換気するなりして呼吸さえきちんとさせていればまず死ぬ事は無いから・・・)。一般に心停止で有名なのはKCl(塩化カリウム)だと思います。
ただ同じ末梢性でも筋小胞体からカルシウムイオン放出を抑えて直接筋肉の興奮ー収縮機構に作用して筋弛緩をえるダントロレンなどは循環抑制がくる可能性があるので高度心肺不全などでは禁忌になっています。

話が脱線しましたね。想像ですが精神的なストレスなどにより肩凝りなどからくる頭痛などを不定愁訴の様に訴えておられるので症状の緩和のために処方されたのではないでしょうか?頭痛から過換気をおこして病院にくる若い女性も少なく無いですから・・・。

疑問点解消の一助になれば幸いです。
それでは。

通りすがりの物ですが・・・。薬の専門家では無いので一般人の自信なしです。

始めに・・・経口の筋弛緩剤というのはあります。
そもそも筋弛緩剤には作用する場所や機序によって複数の系統の物があります。
先ず中枢性(脳、脊髄などに作用)のものと末梢性(主に神経筋接合部などに作用)のものがあって中枢性のものは筋弛緩作用の他に脊髄のシナプス反射の抑制による鎮痛効果などもあって肩凝り、腰痛、痙性麻痺などに経口薬として良く処方されています。まあ有名な薬にはミオナールとかテルネリンとかが...続きを読む

Q電子カルテでの退院サマリーに係わる業務は、本来なら医師がするものだと思

電子カルテでの退院サマリーに係わる業務は、本来なら医師がするものだと思いますが、医師の補助業務として事務職がしてもよいものでしょうか?
当方は、医療事務資格や診療情報管理士などの医療関連資格は全く持っておりませんが、総合病院で勤務しています。
資格のない者が入力したり、作業したりするのはいけないとか、別に構わないなどご意見がありましたらお願いします。

Aベストアンサー

平成19年12月28日 厚生労働省医政局長 発
医師及び医療関係職と事務職員等との間等での役割分担の推進について

2.役割分担の具体例
医師、看護師等の医療関係職と事務職員等との役割分担
1)書類作成等
書類作成等に係る事務については、例えば、診断書や診療録のように医師の診察等を経た上で作成される書類は、基本的に医師が記載することが想定されている。
しかしながら、(1)から(3)に示すとおり、一定の条件の下で、医師に代わって事務職員が記載等を代行することも可能である。
ただし、医師や看護師等の医療関係職については、法律において、守秘義務が規定されていることを踏まえ、書類作成における記載等を代行する事務職員については、雇用契約において同趣旨の規定を設けるなど個人情報の取り扱いについては十分留意するとともに、医療の質の低下を招かないためにも、関係する業務について一定の知識を有した者が行うことが望ましい。

(1) 診断書、診療録及び処方せんの作成
診断書、診療録及び処方せんは、診察した医師が作成する書類であり、作成責任は医師が負うこととされているが、医師が最終的に確認し署名することを条件に、事務職員が医師の補助者として記載を代行することも可能である。また、電磁的記録により作成する場合は、電子署名及び認証業務に関する法律(平成12年法律第102号)第2条第1項に規定する電子署名をもって当該署名に代えることができるが、作成者の識別や認証が確実に行えるよう、その運用においては「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」を遵守されたい。


以上のように病院内で運営上のルールを決め、それにしたがって行えば一部代行が可能です
またこれらのことは医師事務作業補助体制加算を算定する上での基準にも出ています

参考URL:http://www.khosp.or.jp/notice/08/notice03.html

平成19年12月28日 厚生労働省医政局長 発
医師及び医療関係職と事務職員等との間等での役割分担の推進について

2.役割分担の具体例
医師、看護師等の医療関係職と事務職員等との役割分担
1)書類作成等
書類作成等に係る事務については、例えば、診断書や診療録のように医師の診察等を経た上で作成される書類は、基本的に医師が記載することが想定されている。
しかしながら、(1)から(3)に示すとおり、一定の条件の下で、医師に代わって事務職員が記載等を代行することも可能である。
ただし、医師や看護師...続きを読む

Q筋弛緩剤について

医者だった父が筋弛緩剤をうって首つり自殺をしました。

どうして筋弛緩剤をうつのか分かりません。どうか教えてください。

Aベストアンサー

呼吸困難の苦しさと死への恐怖から逃れるため です。

Q収縮する筋肉と弛緩する筋肉について

以下の時に収縮する筋と弛緩する筋を教えて頂けないでしょうか?
(1)股関節屈曲、膝関節屈曲
(2)股関節伸展、膝関節屈曲
(3)股関節伸展、膝関節伸展

Aベストアンサー

(1)股関節の屈曲-腸腰筋が収縮 大殿筋が弛緩 膝関節の屈曲-大腿二頭筋が収縮 大腿四頭筋が弛緩
(2)股関節の伸展-大殿筋が収縮 腸腰筋が弛緩 膝関節の屈曲-大腿二頭筋が収縮 大腿四頭筋が弛緩
(3)股関節の伸展-大殿筋が収縮 腸腰筋が弛緩
膝関節の伸展-大腿二頭筋が弛緩 大腿四頭筋が収縮

ではないかと思います。

上記のものはテキストで調べましたが、股関節の屈曲、伸展については、自信がないので、一応URLのせておきます。

参考URL:http://f-kawaraban.cside.com/find/kinesio/kokan.htm

Q筋弛緩剤の服用にかんして

筋弛緩剤

筋弛緩剤のテルネリンを服用してます。肩こりもあるのですが、家に帰っても 仕事の緊張が取れず、この薬を飲まないと
寝付けません。薬の服用がいやだからといって仕事もやめるわけにもいかずに困ってます。

筋弛緩剤をこの先 飲み続けても そんなに体に影響(不妊、麻酔が効かなくなる 等)出ませんか?

Aベストアンサー

薬は一時的に症状を緩和するもので、長い間服用していると、必ず効き目は弱くなりますし、副作用等が出てくる事もあります。
筋肉の緊張は同じ姿勢を続ける事により、筋肉が動かないために血行障害が発生しているためですので、時間がある時には、なるべく全身を使うスポーツをする事をお薦めします。
昼休みや休憩中にはストレッチをしたりするのも効果がありますよ。(経験済み)
ゴルフの素振りや、テニスの素振り等は、肩や背中の筋肉を多く使うため、肩こりの症状をやわらげるのには良い運動なので、試してみてはいかがですか?
動かすと痛いからといって動かさずにいると、益々筋肉が硬くなり、症状が悪化していまいますよ。とにかく、つねに肩を動かす事を意識する事です。
早く症状が軽くなるといいですね。

Q心臓カテーテル検査で使う造影剤とは?

心臓カテーテル検査で使う造影剤とは?

心カテ室で働くこと半年になる医療スタッフです。
いままで原理とかそういうのを除いて、最低限の仕事をできるようにと覚えてきたせいか基礎がさっぱりです。
初歩的な質問ですがお許しくださいませ。

Q1;心臓の血管に造影剤を流し、狭窄部位を見たりしますが、流した造影剤は心臓の血管からどこへ流れどこで排泄されているのでしょうか?

Q2;心機能を見るために左室造影をしますが、その際にレントゲンの管球(?)を必ずバオプレーンで撮影する理由は何ですか?何かメリットがあるのでしょうか?

Q3:造影剤に何種類かあるようですが、何が違うのでしょうか?
私の病院ではイオパミロン・オイパミロン・オムニパークなどがありますが・・・・・

詳しい方宜しくお願いします。(全ての質問にお答えできなくても構いませんので1つでも参考になることでしたら教えてください。)

Aベストアンサー

1.普通に腎臓から排出されます。
2.左室の動きはLAOとRAOの2方向で見るのが標準なので、2回にわけず一回撮影とする事で造影剤の投与量を少なくできるため
3.濃ければなんでもいいです。オイパミロンは少し副作用が多い印象があるので、いろいろ使いましたが、値段は高めですがイオパミロンが好きです。

Q筋弛緩剤とは

筋弛緩剤とは本来どういった目的で使われるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

力が入ってかちこちになっている筋肉を緩めるために使います。
具体的には、手術などの時、お腹が炎症を起こしてたりして腹筋がそういう状態になってたりしたら、切ることができないですよね。また、やはり手術後、痛みとかで切ったところの筋肉が強く緊張すると、圧力で縫ったところが割けてしまうことがあります。そういうときに緊急に緩める為
、そういう時なんかに使います。あと、痙攣を押さえたりするのにも使います。変わったところでは、Hの時、膣痙攣で、とれなくなっちゃった時なんかも使います。

この様に筋肉が強く緊張してしまって、自分の意思で緊張を解くことができない時に使いますが、報道でご存じのように、致命的な副作用があり、そう軽々しくは使えません。

Q選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)を使うのは何故?

 お世話になります。

 選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)【デプロメール】を服用し始めた者です。

 よくわからないのですが、これまで、「不眠、強い不安、鬱、強迫観念、はセロトニンが欠乏しているからだ」ということを見聞していました。
 だとすると、セロトニンを増やせばそれらは改善(軽減)する、と思っていたのですが、何故、鬱やパニック障害や強い不安、強迫神経症などに、セロトニンを阻害する薬を使うのでしょうか? 
 セロトニンについても検索でいくつか調べてみましたが今ひとつよく理解できません。
 
 できましたら、わかりやすく教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 セロトニンは前のシナプス(神経細胞の足)から放出され、次のシナプスに取り込まれて作用します。シナプス同士の間(シナプス間隙)にある「余ったセロトニン」は再び前のシナプスに取り込まれてしまい、後の神経細胞には作用しません。。SSRIはこの前の細胞への取り込みを抑えることで、シナプス間隙にあるセロトニンの濃度を上げ、後のシナプスに取り込まれる量を増やそうという薬です。阻害するのは前のシナプスに対してであり、後のシナプスに対してではありません。
 要するにパチンコ台に例えると、パチンコ玉の出口をふさぐ事で循環する玉数を増やし目的の穴に入りやすくする、という具合です。いかがでしょう。
http://glaxosmithkline.co.jp/medical/excl/paxil/hirinsyou/p22.html

Q筋弛緩剤について

筋弛緩剤が筋肉を緩める薬だということは分かりますが、感覚が麻痺することはないのでしょうか?
素朴な質問ですが、誰か教えてください。

Aベストアンサー

感覚が麻痺することは、ありません。
理由は、ものすごく乱暴に言ってしまえば、筋肉を動かす神経は中枢から末梢へ、感覚をつかさどる神経は末梢から中枢へ命令を送るからです。筋弛緩剤は、筋肉を動かす神経の終末に働く薬なので、感覚が麻痺することは、ありえません。(中枢性筋弛緩剤については、作用機序が異なりますが、同じく知覚麻痺はありません)

Q今回いびき治療の目的で耳鼻科に行ったら睡眠時無呼吸症候群といわれました

今回いびき治療の目的で耳鼻科に行ったら睡眠時無呼吸症候群といわれました。この症状の人は生命保険に加入できないと聞きました。私は1年半前に保険に加入したのですが(正確にはプラン変更)今後何かあった場合保険金が払われないことなどあるのでしょうか?また今回の件を保険会社に告知しなければならないのでしょうか?(加入時もいびきはひどかったのですが生活の上での支障もなく診察はしてません。まさか睡眠時無呼吸症候群とは思わないもので)

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)今後何かあった場合保険金が払われないことなどあるのでしょうか?
(A)大丈夫、ちゃんと支払われます。
そのための保険なのですから。

(Q)今回の件を保険会社に告知しなければならないのでしょうか?
(A)不要です。

ただし、新しい保険に契約する場合には、睡眠時無呼吸症候群の
告知をする必要が出てくると思います。
そうなると、新規の契約は断られる可能性があるので、
今の保険を継続することが重要になってきます。

睡眠時無呼吸症候群は、脳卒中や狭心症のきっかけとなる可能性がある
疾患だと言われています。
(だから、保険に契約できないのですが……)
根本的な治療方法が分っていませんが、色々な対処方法がありますので、
しっかりと治療してください。

ご参考になれば、幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報