プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちは。高校の数学の講師仲間である議論になりました。
-----------
次の等式が成り立つように,定数a,bの値を定めよ.
lim[x→1](x^2+ax+b)/(x-1)=3
-----------
これを解くのに、
lim[x→1](x^2+ax+b)=lim[x→1]{(x^2+ax+b)/(x-1)}(x-1)
=lim[x→1]{(x^2+ax+b)/(x-1)}lim[x→1](x-1)
=3*0=0
だから、
1+a+b=0
b=-(a+1)を与式に代入して、約分して、
lim[x→1](x+a+1)=3
より、
1+a+1=3
a=1、また、b=-2

ここまでは異論ありませんが、その後、
「逆にa=1、b=-2のとき、与式が成立する」
と逆が成り立つことを書いておく必要があるかないか、議論になりました。
ある人は、書くべきだ、生徒にもそう指導すべきだ、といいます。
ある人は、特に書くべきでない、書くべきというならすべての数値決定問題に書くべきだが実際にはそうなっていない、なぜこの場合だけ特別視して逆を確かめるのか、といいます。

どうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (30件中1~10件)

 かなり錯綜したやり取りになっているようですが、誠に勝手ながら、問題意識の当初に立ち戻って話を整理したいと思います。


 本問の考え方を文章で述べれば、例えば以下のようになるでしょう。

「lim_{x→1} (x^2 + ax + b)/(x - 1) = 3 ...[0]
...が成り立つためには、2次式 x^2 + ax+ b が因数 x - 1 を持つことが必要である。...[*1]
 そのための条件は 1 + a + b = 0 ...[*1a]
 [*1] 即ち [*1a] のもとで、[0] が成り立つためには、問題の関数に [*1a] を用いて
lim_{x→1} [x^2 + ax + (a - 1)]/(x - 1)
= lim_{x→1} (x + 1 + a) = 3
...より、a + 2 = 3 ...[*2]」

...というわけで、論理的には
「[0] ならば [*1a] 且つ [*2] が成り立つ」
という議論になっているわけです。質問者さんの答案例にある内容は、ここまでです。

 「[*1a] 且つ [*2] ならば [0] が成り立つ」ことは、この段階では述べられていないわけです。で、これを示さない限り、[0] 式と「[*1a] 且つ [*2]」の同値性は保証されません。
 後者は示すのが易しい内容ではありますが、命題の同値性をキチンと踏まえることを重視するなら、この“逆の議論”は...ひとことで良いので...述べるべきではないかと僕は考えます。.
 別の考え方によっては、又は問いの要求する内容によっては、逆の議論を書かない場合もあるかと思いますが。

 「書くべき」派の方々と、「書かざるべき」派の方々との、双方の論拠の違いにちょっと興味があります。

 あと、特別視云々ですが、私見を述べれば、必要性と十分性の議論に分けているか、命題の同値性で議論を進めているかに普段から留意していれば、どういった場合に「逆の議論」が必要になるかは分かるはずで、必要な場合はひとことで済む場合でも全て書くべきだと思います。
 少なくとも、命題同士の関係を理解して議論を進めていくことを重視し、又はその能力を身に付けていることをアピールさせる練習をさせるのであれば。
 そうした観点に立てば、この手の問題を解くときだけ書くという話にはならないんじゃないかと。
    • good
    • 0

#12,20です。


>>>lim[x→1](x^2+ax+b)/(x-1) = 3 かつ lim[x→1](x^2+ax+b) = 0
>>これを a , b が同時に満たしてくれる確証はどこにもありませんよね。

>それは確かにそうです。a,bは存在しないかもしれない。
>その後、1 + a + b = 0 を使って、a = 1 , b = -2 が求まります。
>(頭の中では同値変形してます。)
>求まった時点で、a,bは存在すると認識するべきだと僕は考えます。

おそらく頭の中で同値変形しているということは「変形一つ一つで逆が成り立つことを頭の中で理解している」こういうことではないでしょうか。
確かに一つ一つの変形は丁寧な説明がなくとも同値であることはわかるでしょうが、やはり十分性を確認していることに入ると思います。
回答としては理解しているということをアピールする部分も含めて、一言「逆に a = 1 , b = -2 のとき与式は成り立つ」などと書いた方が好ましいのではないでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>回答としては理解しているということをアピールする部分も含めて、一言「逆に a = 1 , b = -2 のとき与式は成り立つ」などと書いた方が好ましいのではないでしょうか?


書くべきというならすべての数値決定問題に書くべきだが実際にはそうなっていない、なぜこの場合だけ特別視して逆を確かめるのでしょうか?

お礼日時:2007/03/12 10:28

ANo.25です。


失礼しました。この疑問はANo.22さんの回答に対するものでした。
    • good
    • 2

ANo.21 です。



>> という思考過程に不備があれば教えてください。

不備はありません。私の思い違いでした。たいへん失礼しました。


同種の一般的な問題で、存在しないものが紛れ込むケースは本当にないのでしょうか。
ないという証明はできるのでしょうか。
    • good
    • 0

数学教育と受験数学指導は必ずしも全面一致していないという考えをもっています。



極限や軌跡に限らず、必要性と十分性を常に考慮しながら論理展開するという立場からは、逆の確認をくどく行うのもひとつの教育方針と思います。

しかし、必要十分である場合に形式的に「とりあえず書いておけ」という書き方は「蛇足」と呼んでもよく、「書くべきでない」が数学教育の立場と思います。

必要性と必要十分性のチェックをしていないために逆を確認していないのか、必要十分性を確信しているために逆を確認しないのかを、指導者は判別すべきなのでしょう。

ただし、受験数学指導では、限られた指導時間でテストの点数を得るというテーマがあるのではないでしょうか。
「蛇足」(検算)を減点するケースと、「蛇足」がないために減点されるケースでは、後者が多いと判断して、「とりあえず書く」という指導は間違いというほどではないと思います。

私はそういう指導は嫌いですが。
    • good
    • 1

>この方程式の解き方は、無縁根を誘発しません。


>「逆にx=4のとき、与式を満たす」という記述は「不要」かつ時には「蛇足」です。
>反論があるようでしたら、無縁根を誘発する例をお願いいたします。
>そのようなものはないと思いますが。

反論などありません。
>この方程式の解き方は、無縁根を誘発します。
というのは、
>因数分解して、(x-4)(x-1)=0
までに対応してました。ここまでを「方程式の解法」だと勝手に思い込んでのコメントです。
そもそも「無縁根」なる用語は、この段階でしか意味がありませんから。
この見地からいえば、
>ここで与式の右辺≧0より、x=4
というのは、「無縁根」を除外するコメントの一例でした。看過してました。
得られた二つの根を元の式に代入して、整理付く無いほうを除外するというのも、他の一例です。

ご質問の趣旨は、「無縁根」を除外したあとも「逆が成り立つこと」を書いておく必要があるのか、
ということでしたならば、「不必要」ではなく「禁止」すべきです。
「検算」なんぞ用紙の余白ですれば済むことで、解答欄に書いちゃいけないものでしょう。
    • good
    • 1

元の質問からは外れて恐縮ですが。

。。

> 問題の条件を P とする.
> いま,必要十分/必要/十分の区別なく,
> A_1, A_2, ..., A_n ・・・ (1)
> と羅列的に書かれた答案がある.ふつう,この答案は,
> P <=> A_1 <=> A_2 <=> ・・・ <=> A_n ・・・ (2)
> の意味である,と読む.

ふつう,
A_1 => A_2 => ・・・ => A_n
の意味ではないでしょうか?

「x>1,y>1 のとき xy+1>x+y を示せ」に対する次の解答は認めますか?

xy+1>x+y
xy-x-y+1>0
(x-1)(y-1)>0
Q.E.D.

もちろん,⇔で結んであれば問題ないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「x>1,y>1 のとき xy+1>x+y を示せ」に対する次の解答は認めますか?

たとえば、教科書の執筆する立場だとして、普通は次のように書きます。

左辺-右辺=(xy+1)-(x+y)=(x-1)(y-1)
ここで、与えられた条件よりx-1>0,y-1>0
したがって、左辺-右辺>0
よって、左辺>右辺

そもそも、僕は数式の羅列を議論の対象にしていません。
xy+1>x+y
xy-x-y+1>0
(x-1)(y-1)>0
Q.E.D.
という解答はダメです。認めません。ただ、次のように日本語を補えば、生徒用答案としては認めます。
xy+1>x+yを示すためには、
xy-x-y+1>0つまり、
(x-1)(y-1)>0を示せばよい。
ここで、仮定からこれは成立している。
よって証明できた。

お礼日時:2007/03/10 22:00

#2 です。



>次を解け。
>√x=x-2
>-----------
>2乗して、x=x^2-4x+4
>整理して、x^2-5x+4=0
>因数分解して、(x-4)(x-1)=0
>ここで与式の右辺≧0より、x=4
>この後、「逆にx=4のとき、与式を満たす」を書いておけ、と指導すべき?すべきでない?

だいぶ昔、書いたようにこの方程式の解き方は、無縁根を誘発します。
それを除去する記述は「必要」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>次を解け。
>√x=x-2
>-----------
>2乗して、x=x^2-4x+4
>整理して、x^2-5x+4=0
>因数分解して、(x-4)(x-1)=0
>ここで与式の右辺≧0より、x=4
>この後、「逆にx=4のとき、与式を満たす」を書いておけ、と指導すべき?すべきでない?

この方程式の解き方は、無縁根を誘発しません。
「逆にx=4のとき、与式を満たす」という記述は「不要」かつ時には「蛇足」です。

反論があるようでしたら、無縁根を誘発する例をお願いいたします。
そのようなものはないと思いますが。

お礼日時:2007/03/10 21:52

「必要」はありません。


教育上、触れておくことをお勧めする、のは自由ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同意します。

お礼日時:2007/03/10 21:49

問題の条件を P とする.


いま,必要十分/必要/十分の区別なく,
A_1, A_2, ..., A_n ・・・ (1)
と羅列的に書かれた答案がある.ふつう,この答案は,
P <=> A_1 <=> A_2 <=> ・・・ <=> A_n ・・・ (2)
の意味である,と読む.

ところが,問題文の解答をお礼文の解答のように読め,という主張は,
(1)のような答案があったとき,読んで見なければわからないある i があって,
P <=> A_1かつP <=> A_2かつP <=> ・・・ <=> A_{i-1}かつP <=> A_i <=> ・・・ <=> A_n ・・・ (3)
と読め,という主張である.
これは,問題によらず,答案(1)に最大 n 通りの読み方があることを意味し,
合理的でないと思うが,いかがか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

数学の証明は、厳密さも重要ですが、わかりやすさも重要なために、
あまり同値関係で結んだりはしないで、日本語の説明を多用します。

なので、回答者様のおっしゃられることには同意しかねます。

お礼日時:2007/03/10 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の問題で、十分性の確認をするのはどんな問題?

数学の問題で、十分性の確認をしなければならない物がありますよね?
その十分性の確認をする問題って、どうやって判断すればよいのですか?
何か基準があるのでしたら、教えてください。

Aベストアンサー

可逆性です。

問題Pに対して答えAが導かれた場合、答えが正しいためには逆にAからPにたどり着けなければなりません。

必要十分とは等値変形の原理です。等値変形は可逆性があって初めて成り立ちます。

Q十分性と必要性について。

十分性と必要性について。

数学の問題において、十分性と必要性を示さなければならない場合はどのような場合なのでしょうか?

ある行列の問題で、その両方を示さなければいけない問題があり、なぜなのかと思って質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ある行列の問題で、その両方を示さなければいけない問題があり、なぜなのかと思って質問しました。

 例えば、次のような問題でしょうか?

  「2行2列の正方行列Aが A^2=A を満たすとき行列Aを求めよ。」

 この問題の解法はいくつかありますが、そのうちの一つに ケイリー・ハミルトンの定理 を使うものがあります。その際、必要十分条件の一部を緩めて必要条件を求め、あとで十分性を確認するものがあります。
 行列Aの成分を(a, b)(c,d) と表したとき (1)a+d=1 と (2)a+d≠1 で場合分けし、(2)の場合には 必要十分性を保つためには本来 A=(ad+bc)/(a+d-1) E (E:単位行列) としなければならないのですが、ここで条件を緩めて A=kE (k:実数) としてkをしたときに 必要性と十分性を示すことになります。
 条件を緩めた後は簡単にk=0,1と求められますが、ここが曲者で本当にk=0,1とするようなa,b,c,dが存在するかはこの時点では分かりません。 そこで、例えば元の A^2=A の式に代入して成立することを確かめ(十分性の確認)なければならないのです。

 このように一旦条件を緩めた方が簡単に答えが得られる場合に、必要条件と十分条件に分けて考えることが良くとられます。


>数学の問題において、十分性と必要性を示さなければならない場合はどのような場合なのでしょうか?

 高校数学の行列の問題で ケイリー・ハミルトンの定理 を使うものではよく見られます。
 他には整式や多項式、2次関数、ある条件を満たす領域を求める問題、数列、極限などで色々な単元で見られたように思います。
 いずれの問題でも、必要十分条件のままでは計算が煩雑になるケースでしばしば用いられます。

 とても有用な考え方ですので、是非身に付けて、他の問題でも使いこなせるようになってください。

>ある行列の問題で、その両方を示さなければいけない問題があり、なぜなのかと思って質問しました。

 例えば、次のような問題でしょうか?

  「2行2列の正方行列Aが A^2=A を満たすとき行列Aを求めよ。」

 この問題の解法はいくつかありますが、そのうちの一つに ケイリー・ハミルトンの定理 を使うものがあります。その際、必要十分条件の一部を緩めて必要条件を求め、あとで十分性を確認するものがあります。
 行列Aの成分を(a, b)(c,d) と表したとき (1)a+d=1 と (2)a+d≠1 で場合分けし、(2)の...続きを読む

Q軌跡の問題の答え方

軌跡の問題を解いているのですが、
軌跡の方程式を導いたあと、逆にそのとき条件を満たすことを示すように。
と参考書に書いてあるのですが、たとえば点Pの軌跡(直線)を求めるときの解答では、
「逆に、この直線上の任意の点Pは、条件を満たす。」
とあるのですが、これはただ満たすという事実を書くだけで、証明のようにはしなくてよいのでしょうか?
それなら、こんなことを書くぐらい誰だってできるので省略して良い気がするのですが…

Aベストアンサー

あまり高校の参考書では触れられていないのですが、
>「逆に、この直線上の任意の点Pは、条件を満たす。」
といった言葉を書くか、書かないかはどうのようにして解いたのかによるのです。

詳しくいうと、例えば点の軌跡を求める際に同値変形をして求めたならば書かなくていいです。しかし、必要条件を用いて点の軌跡を求めたのなら、やはり上のような言葉を書く必要がありますし、厳密には逆を証明しなくてはなりません。

つまり、軌跡の問題に限らず他の数学の問題でもそうですが、同値な条件を常に意識するということが大切です。特に軌跡などの問題では、同値性を意識しないと全く答えが合わないことがあるので要注意です。この意識があると数学の理解がぐっと深まります。

Qこのとき逆にたしかに成立?

僕は京大目指して数学の勉強を独学でしているのですが、
たまに解答に~~だからこのとき確かに成立する、とか
解説にこの時十分であることを示さなければいけない、とか
でてきます。数学好きなのにたまに出てくるこれらの意味が全く分かりません。
どういう時に逆に成立する事を確かめなければいけないのでしょうか?
また、十分条件についても教えてください・・。
お願いします。

Aベストアンサー

全般的な話しは既に回答されているとおりと思いますので,
蛇足ながらよく議論になる具体例を1つ追加してみます.

例題:[部分分数分解]
    1/(x-2)(x+1) = A/(x-2) + B/(x+1)
    が(常に)成り立つような定数A,B を求めよ.

この問題では,
   (1) x は,x = 2, -1 以外の任意の実数
   (2) このような実定数A,B は存在する
といったことが,題意として「暗黙の前提」となっています.

ここで「普通の解法」としては,
右辺をまとめて,恒等式の性質から,連立方程式を解いて求めるでしょうが,別解として,
別解:このような実定数A,Bがあったとしたら,
   与式の両辺に(x-2)(x+1) をかけて,
     1 = A(x+1)+B(x-2) ・・・(3)
   ここで,この式は(1) よりxについての恒等式だから,
   x = 2 のときを考えると,(3) の式は
     1=A*3
   となり,
     A=1/3 ・・・(4)
   と求まります(!?)
   同様にして,
   x = -1 のときを考えると,
     1=B*(-3)
   となり,
     B=-1/3 ・・・(5)
   と求まります(!?)

さあ,この別解は正しいでしょうか?

実はこの答(4),(5) は「正解」です.
しかし,この別解では,もし解があったとしたらこうならないといけない,
という最低限必要な条件(いわゆる「必要条件」)を示しているだけであって,
この答(条件)であれば十分だ(いわゆる「十分条件」),ということはまだ示されていない,
ということなのです!

つまり,この「別解」では正確には,
答が出た(4),(5) の後で,これらの値を(初めの)与式にそれぞれ代入して,
与式を満たしていることを確かめないといけないのです!

この確かめによって,(4),(5) で出てきた答が,
   与えられた条件を十分に満たす答
である,ということが示されて,「正解」となります.

ですから,こうした問題の場合には,「逆」も確かめないといけないのです.
(なお,入試などで答だけ書けばいいような場合に,
この例題ような問題の答を求めるのには,実際に「逆」まで確かめる必要はないでしょう.)

全般的な話しは既に回答されているとおりと思いますので,
蛇足ながらよく議論になる具体例を1つ追加してみます.

例題:[部分分数分解]
    1/(x-2)(x+1) = A/(x-2) + B/(x+1)
    が(常に)成り立つような定数A,B を求めよ.

この問題では,
   (1) x は,x = 2, -1 以外の任意の実数
   (2) このような実定数A,B は存在する
といったことが,題意として「暗黙の前提」となっています.

ここで「普通の解法」としては,
右辺をまと...続きを読む

Q軌跡について

軌跡について

軌跡で逆の確認が必要な理由は同値変形が途中で崩れてしまう可能性があるからでうすよね。
一般にどのようなことをすると同値性が崩れてしまうんでしょうか??
代入とかは同値性崩れないんですか??

Aベストアンサー

> 軌跡で逆の確認が必要な理由は
> 同値変形が途中で崩れてしまう可能性があるからですよね。

そうです。
風が吹けば桶屋が儲かるように、順々に推論していく過程は、
必要変形(直前の命題の必要条件を導出する操作)の連鎖です。
途中の何処かで、十分条件ではなくなっている可能性があり、
最後に確認しなければ、同値変形とは言えません。

> 代入とかは同値性崩れないんですか?

代入は、十分性が損なわれる操作の典型です。

式 A に式 B を代入して同値変形か? というのは、
(A∧B)⇒C が証明できるとき、
(A∧B)⇔(C∧B) は真か? ということですよね。

( (A∧B)⇒C ) ∧ not( (C∧B)⇒(A∧B) ) の真偽値を
「⇒」の定義に則して、計算してみてください。
恒偽にはならない(同値性に反例がある)ことが確認できます。

Q偏角を表す「arg」の読み方

 どなたか教えて下さい!!

偏角を表す記号「arg」はなんて読めばいいのでしょうか?
 
 至急お願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

とりあえずオンライン辞書として使ってみたらどうでしょう?

参考URL:http://www.alc.co.jp/sa_menu.html

Q極限値に関して!!

分数関数の極限値に関して、分母の極限値が「0」ではなく、分子の極限値が「0」という場合もありますよね???

Aベストアンサー

いくらでも、存在しますよ。

limX/(X+1) もそうですね。
x→0

きっと、「分母の極限が0の時に、その分数関数が極限値を持つ必要条件が、分子の極限も0である」ということを勘違いしそうになったのですね。

Q負の余りはあり得ますか?

余りは必ず正でないといけないのでしょうか?

例えば、10÷3は「3余り1」ですよね。これが「4余り-2」だと間違いでしょうか?

例えば、(-10)÷3は「-3余り-1」なのか、「-4余り2」なのか、どちらが正しいのでしょうか?

ちなみにExcelでは、前者は「3余り1」、後者は「-4余り2」と返します。

Aベストアンサー

皆さん書いておられる通り、これは
余りの定義の問題なのですが、
「割り算の定義の問題」と
言い替えてみると、しっくり来る
ような気がします。

正の余りが出る割り算と
負の余りが出る割り算は、
同じ ÷ の記号で書いていても、
異なる演算だ という訳です。

ひと括りに割り算といっても、
いろいろな割り算があるのです。

Q2乗しても同値性が崩れないときと崩れるとき

2乗しても同値性が崩れないときともう一つの解が割り込んできて同値性が崩れるときはそれぞれどのような場合なのでしょうか。よく方程式の両辺を2乗してルートをはずしたり、代入しやすくしたりすると思うのですが、問題をやっていて「ここで2乗してもいいのかな?」といつも迷ってしまいます。このようにならないためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

例);2乗してもいいとき

X=-1/2(α+β){[(α+β)^2]-1}・・・(1)
Y=3/4[(α+β)^2]+3/4・・・(2)

ここでXとYの関係式を作るために(2)を(α+β)^2=・・・の形にして置いて・・・(2)”、(1)の両辺を2乗して(α+β)^2を作り出しておいてから(2)”を(1)に代入するというものです。

Aベストアンサー

OKじゃ!x実数⇒t実数はよいが、その逆、tが実数→x実数はかならずしも成り立たない。このことに気がつくだけでも良かったのだが、ちゃんと解答を作るとは!

x実数⇔t実数かつ(tは正または0)  
つまり、式の一部を他の文字に置き換えると、同値関係が崩れることがあるということ。解決法は、おきかえた式に戻って検討するだけ。解答はs-wordさんのでOK!

<まとめ>
同値関係が崩れる可能性のあるパターン
1.分母を払うとき
2.等式、不等式の両辺を平方するとき
3.2つの等式、不等式を加減するとき
4.式の一部を他の文字で置き換えるとき

s-wordさんの謎もこれで解決したはず。2乗(平方)したら、同値関係は崩れると思ったほうが良い。代入(加減)も同じ。(もちろん、崩れない場合もある)解決法は、平方の場合は、最初の条件にもどって検討する。代入(加減)の場合は、代入した式に戻って検討する。

ちなみに、7の問題は大変な良問で、いろいろな解法が出来ます。私はパラメ-タaを分離して、解決しました。これは、受験数学のテクニックのひとつで、aとxが伴って変わらくて、しかもaとxを分離することが容易な場合に威力を発揮します。また、xについての二次方程式でもあるので、判別式を利用して解くことも出来るし、さらにs-wordさんの解で、特殊な絶対不等式を使うことも出来る。この絶対不等式は、私は気づきませんでした。問題の型を見た瞬間に、パラメタ分離→微分して調べるという構図が浮かんでしまったからです。某料理会の○皇様が、料理は工夫しすぎるということはない。さらなる工夫をもって精進せいよなどどと言っていたのを思い出しました。まったく数学は奥が深いのう。

OKじゃ!x実数⇒t実数はよいが、その逆、tが実数→x実数はかならずしも成り立たない。このことに気がつくだけでも良かったのだが、ちゃんと解答を作るとは!

x実数⇔t実数かつ(tは正または0)  
つまり、式の一部を他の文字に置き換えると、同値関係が崩れることがあるということ。解決法は、おきかえた式に戻って検討するだけ。解答はs-wordさんのでOK!

<まとめ>
同値関係が崩れる可能性のあるパターン
1.分母を払うとき
2.等式、不等式の両辺を平方するとき
3.2つの等式、不等...続きを読む

Q複素数平面でのベクトルの扱い方について

複素数平面の問題で複素数をベクトルで表していいんですか?
また、複素数平面の図に→OAなどと書いていいのですか?
例えば点Aを表す複素数αがあったとき、αと書かずに→OAと書いていいんですか?
また、点Aを原点中心に60度回転させるとき、α・(cos60°+isin60°)と書かず
に、→OA・(cos60°+isin60°)と書いていいのですか?
先生によって言うことがまちまちなので混乱しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤は,それぞれ単独では役に立ちますが,
「混ぜるなキケン!!」
混ぜると毒ガスが発生して危ないのでした.

ところで,ご質問の補足
>「単独で書く場合」とはどのような場合でしょうか?
の回答ですが,許される例を挙げると,
「2点A(α),B(β)に対し,ベクトル→ABを表す複素数はβ-α(別表現:ベクトル→ABに対応する複素数はβ-α)であり,
点Aを中心に点Bを+60°回転した点をC(γ)とすると,
→ABを(点Aを中心に)+60°回転したものが→ACだから
γ-α=(β-α)(cos60°+isin60°)
より γ=・・・」
などと分離して使う場合です.(対応させて使うが混ぜない.特に "→AB=β-α(誤)" などとは決して書かないこと.)
しかし,きちんと識別して使う限り,複素数をベクトル的な見方で使っていることはしばしばあって,考えやすくて有用です.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング