ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

法律の初・初・初学者です。まだ初めて1週間の学生です。
どなたか教えていただければ幸いです。

(1)憲法と憲法典の違いについて
憲法を、より法律語っぽく言うと、憲法典で
あると思っていたのですが、それは間違いでしょうか。
また、同じでないとしたら、どのように異なるのでしょうか。
(・・・憲法とは、憲法+憲法の法源を加味したより広い内容のことを憲法??)

(2) (1)に付随しての質問です。憲法の法源とは何でしょうか。
法源を辞書で引いてみると、法の存在形式と書いてありました。
また、皇室典範等も法源に含まれるなど書かれていたのですが、よくわからず、どなたか簡単に教えていただけないでしょうか。
憲法に基づいて、国全体にその理念を活かすための制度が法律なら、法律は憲法の法源ですよね??だとすると、法律すべてが憲法の法源であると考えてしまうのですが・・・

(3)法律の一部が憲法の法源とするなら、その判断基準は何でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

学問的勉強から、相当期間離れているので、以下、不正確な説明になるかもしれませんが、勘弁ください。


(1)
「憲法」と「憲法典」の違いは、簡単です。
六法に掲載されている憲法の条文のことを「憲法典」と言います。
ですが、条文のすべてが「憲法」ではありません。
むしろ、条文に書いていないことにこそ、その法律の大事なことがあります。それを理解するのが法学の意味です。
(2)
憲法とは、「国家の統治に関する基本法」です。
(高校までの勉強ですと、どうしても人権規定が先に思い浮かびますが、憲法で大事なことは、国家統治の原理の法ということです。ですから、そもそも「国家とは何か」についても、自分なりの理解をしないと、憲法は理解できません。)

国家の統治に関する法は、必ずしも憲法典だけではありません。
質問の「皇室典範」も、天皇の皇位継承に関する重要事項を定めております。国民主権とはいえ、天皇は日本国の象徴として重要な存在ですから、皇室典範も「国家統治に関する法」と言えます。

このように、「国家統治に関する法」の根拠となりうるものを、「憲法の法源」と呼んでいます。
(同じように、民法の法源、刑法の法源もあります)

(3)について
以上の答えからわかるとおり、国家統治に関する法の根拠となりうるものが「憲法の法源」です。
 国会法や裁判所法、地方自治法、公職選挙法などが該当します。
(国家統治組織や地方自治、国民主権の具体的行使方法について定めている法律だからです)。
 やがて勉強するとわかりますが、「判例」が法源となるかどうかについては、争いがあります。

憲法の勉強から10年以上は遠ざかっているので、不正確な表現があるかもしれません。
詳細は、さらに自分なりに勉強して理解してください。
(勉強法のアドバイスですが、法律学の総論部分の理解はとっても難しく、各論を含めて全体を理解しないと、なかなかわかりません。私も、最初は、法源はさっぱりわかりませんでした。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
法源についての説明をどうもありがとうございます。
とても勉強になります!!!
「国家統治に関する法」の根拠となりうるものをすべてを「憲法の法源」というのですね。

お礼日時:2007/04/13 02:44

不戦条約


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%88%A6% …
    • good
    • 0

(1)憲法と憲法典の違いについて


法律の形態として、条文化され、一体のまとまった形態(ブック化)されたものを『典』といいます。
イギリスなどにおいては、不文律(ふぶんりつ)というものがあり、ある事案(争議)について、憲法裁判所という国王の権威を背景とした裁判所が判決を示し、その判決の傾向が「法」として広く認知されます。
法としての骨子(要旨)が示されるわけではないのですが、長い年月を経た集積は、共通化し、同様な判断を示します。(「判例法」という分野が発達している)

(2)憲法の法源とは何でしょうか。
憲法とは、その国の統治方針、統治形態を示します。
ご存知のように、日本は第二次世界大戦において敗戦しました。
その戦争責任や、社会形態の改変の為、GHQは新憲法を作成し、新政府に発布させました。
ですので、法源は「海外にある思想」を基礎としている。つまり、天皇主権ではなく『主権在民』、戦力を保持しない『戦争放棄』、『基本的人権の尊重』が謳われました。
直接的にどの思想が採用されたかという判断は出来かねますが、少なくとも、フランス革命における「人権宣言」が影響していることは間違いありません。
余談ですが、上掲思想以外の規定は、大日本国憲法の焼き直し(移植)という話もあります。
日本だけではなく、世界各地における国家は、争い、協力しながら、互いに影響しあっています。法源が国内に限定されると考えるのは間違いです。

(3)法律の一部が憲法の法源とするなら、その判断基準は何でしょうか。
国家論などと関係してしまい、適切ではないと思うのですが、国として必要な要素は、「土地(領土)」「人(国民)」「統治機構(政治)」というものがあります。
もちろん憲法だけでは、それらが秩序よくまとまりませんので、ルールが必要となります。そのルールが道徳や常識と呼ばれる、民間における同意事項(暗黙のルール)であったり、国が国民に対して強制できる「法」であったリします。

民間ルール>任意(共通)規定(法)>強制規定(法)

参考になれば…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスを下さいましてありがとうございます!
参考にさせて頂きます!

お礼日時:2007/04/13 02:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法と道徳ってどう違うのでしょうか?

法と道徳ってどう違うのでしょうか?

200文字以上で、例など出して頂けると助かります。
同じところは、社会規範。
違うところは、強制力。
そんな感じだとは思うのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問するまでもなく、質問主のおっしゃることそのものが回答になっております。

両方とも社会規範で強制力が違いますよね。そのとおりです。

道徳なしで法律は作られることはまずありえませんから、社会規範として共通していますよね。
殺人や盗み、破壊行為などはもちろん犯罪ですが、それ以前に人として反していることですよね?だからこそ法律は存在しており、両方とも「人間のあるべき姿の実現」や「社会秩序の維持」を目的としています。

しかしながら同じ目的で存在しながらも、道徳の場合は「リンチ(私刑)」を食らわない限り、罰則規定がありません。ここで強制力の違いが見えてきますよね?

もっと具体的な内容に迫ると、裁判官が判決を下す際はまず適合する法規がないか探し出します。
いろいろ検討した結果、それでも見つからない場合は最終的に裁判官が持ち合わせている常識や良識、道徳で判決を下すことになっております。

両方とも同じ社会規範でも、物事に適合させるための優先順位は法律がまず優先されます。
この点で優先順位(つまり強制力)が違うことがわかりますよね?

最後に決定的な例を出しましょう。
その国で生まれた以上その人間は、その国に存在している約束(法律)を強制的に結ばされることになります。
嫌ならその「他の国に出て行け」ということになります。これが「亡命」であったり、「国外逃亡」であったりするわけです。

一方道徳は世間一般に存在しているものなので、本人が気にしなければ別段守らなくてもかまわないものなのです。

質問するまでもなく、質問主のおっしゃることそのものが回答になっております。

両方とも社会規範で強制力が違いますよね。そのとおりです。

道徳なしで法律は作られることはまずありえませんから、社会規範として共通していますよね。
殺人や盗み、破壊行為などはもちろん犯罪ですが、それ以前に人として反していることですよね?だからこそ法律は存在しており、両方とも「人間のあるべき姿の実現」や「社会秩序の維持」を目的としています。

しかしながら同じ目的で存在しながらも、道徳の場合は「リンチ(私...続きを読む

Q「法源」とは?

法源」を分かりやすく教えてください。

ネットや書籍で調べましたが、
わかりやすくなく、
要するに何か要領を得ませんでした。

だから、私自身、
人に法源の意味を説明しようとすると、
書籍の記述通りの説明になってしまい、
上手く説明できないでおります。

なんなら、一言で言うと法源とは何ですか?

Aベストアンサー

例えばです。

犯罪を侵せば、お巡りさんに捕まって
監獄に入れられたり、死刑になったりします。
民事なら、損害賠償をさせられ、強制執行
されたりします。

何で、そんな強引なことが出来るんだよ、
と問われた場合
それは、そういうことを出来るとした
法があるからだよ、
と答えることになります。

これが法源です。

つまり、法的効果を生じることができる根拠の
ことです。

死刑とか損害賠償とか、どうしてそんな
法的な効果を生じることができるの?
それは、これこれこういう法があるからです。

更に遡って、そもそもどうして法に従わねば
いけないの?
と問われた場合はどう答えますか。

民主制国家では、それは自分で定めたからだ、と
答えることになります。
民主制では、国民が選んだ代表が法を造りますから、
その法は国民自ら定めたと同じことだ、
自分が定めたんだから従うのは当然だ、
と答えることになります。

それではさらに、いやあのときおれは反対した、
そもそも生まれていなかったぞ、
だから自ら造った法とはいえないはずだ、と
反論されたらどうしましょう。

これ以上はかなり専門的になりますので省略
しますが、考えてみると面白いですよ。
法の理解が深まります。

例えばです。

犯罪を侵せば、お巡りさんに捕まって
監獄に入れられたり、死刑になったりします。
民事なら、損害賠償をさせられ、強制執行
されたりします。

何で、そんな強引なことが出来るんだよ、
と問われた場合
それは、そういうことを出来るとした
法があるからだよ、
と答えることになります。

これが法源です。

つまり、法的効果を生じることができる根拠の
ことです。

死刑とか損害賠償とか、どうしてそんな
法的な効果を生じることができるの?
それは、これこれこういう法があるからです。

更に...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q民法の法源

民法の法源について教えてください。今度で3回目ですがお答えくださる方々がわかりやすい解説をしてくれるので非常にうれしいです。今回もよろしくお願いします。今、わたしは大学の試験勉強中です^^;

Aベストアンサー

民法の法源ということは民法総論のところでしょうね。

まず、恐らくご存知だとは思いますが「法源」というのは
何かというと「法の源」つまり「裁判規範」(裁判での根拠)
となりうるもの(裁判で裁判官が判断を下す場合の根拠)
のことを法源と言います。

そこで、この法源ですが、民法では
(1)制定法(=法律) (2)慣習 (3)判例 (4)条理
があげられます。
ご存知のように民法は1000を超える条文から成ってい
て、様々な事項について規定があるといっていいですが、
実際には規定されていない事項がありますね。
「法の欠陥」とか一般的には「法の落とし穴」とか言った
りしますね。
このような規定がない場合どうしたらよいかそのとき上記
の(2)(3)(4)が出てきます。


民法の法源のうちで最大のものが制定法(法律)です。
典型的には民法典ですね。
その他にも、製造物責任法・借地借家法・利息制限法など
民法の特別法にあたる法律も含まれます。

次の慣習ですが、
慣習とは何かについて説明すると
「日常生活において法としての効力を持つくらいまでに
確固としたルール」のことです。
この慣習もまた法源となります。
この慣習による補充を考えているいくつかの規定がありま
す。たとえば、法例(明三一)二条は、慣習が、公の秩序・
善良の風俗にはんしないときは、法令の規定により認めた
もの、および法令に規定がない事項に関するものについて
は、法律と同一の効力を有すると規定しています。
ただ、「一夫多妻」「リベート」といったものは、いくら
慣習といっても公序良俗に反するものなので慣習としては
認められません。

判例ですが、
日本では、米国の判例法主義と異なり、判例が裁判の規範
となることは法律で認められているわけではありません。
このことを「制定法主義」と言います。
しかし、実際のところ過去の判例を踏襲したものが多く
見受けられます。つまり、法律では判例が法源となるとは
定めていないものの、実際のところ判例が法源となってい
るということになります。

最後の条理ですが、
条理の定義づけは「物の道理」と覚えておけば十分です。
この条理は法規がない場合に準拠すべきものですとして
あげられるものです。
ただこの条理は法源となるかどうかには争いがあります。

お役に立てれば幸いです。
間違っているところがあるかもしれないので、あとは専門
家の方におまかせします。

民法の法源ということは民法総論のところでしょうね。

まず、恐らくご存知だとは思いますが「法源」というのは
何かというと「法の源」つまり「裁判規範」(裁判での根拠)
となりうるもの(裁判で裁判官が判断を下す場合の根拠)
のことを法源と言います。

そこで、この法源ですが、民法では
(1)制定法(=法律) (2)慣習 (3)判例 (4)条理
があげられます。
ご存知のように民法は1000を超える条文から成ってい
て、様々な事項について規定があるといっていいですが、
実際には規定されて...続きを読む

Q法と道徳の違い

学校のレポートで「法と道徳の違いを身近な例を挙げて説明しろ」と言う課題が出たんですけど、身近な例
が思いつかずに悩んでいるんで助けてもらえればありがたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、電車の中で携帯を使っている人に対して、「周囲に迷惑だから止めてください」と言えるでしょうか?これは、「今月分の家賃を払ってください」というのと、どう違うのでしょうか。

前者は、法で認められた権利ではありません。したがって、止めるように言っても守らなかったからと言って、強制的に使用を止めさせることはできない、ということになります。すなわち、法の問題ではなく、道徳の問題だと言える訳ですね。
後者は、法で認められた権利です。貸したお金を返してくれ、と言えるのと同様、家賃も法的に請求できます。支払いがなければ、法によって支払いを強制できます。

法による強制力があるか否か、これが違いだと言えますね。

Q応報刑論と目的刑論について教えてください

法学部一回生です。
応報刑論と目的刑論について習ったのですが、
教科書や、教授の話がとても堅くていまいち分かりません。
そこで質問なのですが、応報刑論と目的刑論について噛み砕いて
教えていただけないでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

応報刑論と目的刑論について

応報刑論一言でいえば公的応報です。
応報刑論は犯罪を防止するたに刑罰を科すのではなく正義のために刑罰を科すのです。
目には目を、歯には歯をって感じです。
刑罰を科すのはなんらかの目的があるのではなく犯罪者に対する公的な制裁だと考えるのです。

目的刑論は犯罪の防止のために刑罰を科すのです。
目的刑論は犯罪が起こらないように刑罰を科し応報刑論は犯罪が起こったから刑罰を科すという違いがあります。


簡単に説明するとこんな感じです。
ただ応報刑論は絶対的応報刑論と相対的応報刑論(応報型)と
相対的応報刑論(抑止型)とがあります。
前述の説明はこれらを考慮しないで簡単に説明してますので厳密にいえば言葉足らずな説明です。

刑法はとても観念的で初めて勉強する人は思ってたイメージと違ったとかすごく難しくと思われることもあると思いますが頑張ってください。

Q民事裁判で訴えられた場合の弁護士

民事裁判で訴えられたら、弁護士は国選でやってくれるんですか?

それとも、民事は弁護士無しでいいの?

でも、もし弁護士必須で国選やってくれなかったら、貧民の人権なんぞ侵害されまくりじゃないですか!!!!

弁護士無しでもよいという制度でも、貧民は弁護士など雇えないから不利じゃないか!

司法が金の有無で有利か不利かなんて、よく考えると(考えなくとも)クソ理不尽じゃないか。

それとも裁判の制度は、裁判の中で証明された『事実』に基づいて、法を公平・公正に適用するのでしょうか?
それなら、よいのですが。

というのは、アメリカでは弁護士の力で判決が変わりまくりだと聞いたので、「同様な事例なのに判決に見過ごせない差が出る??!バカな!『公平』に反している!!!』と思ったからです。

Aベストアンサー

>民事裁判で訴えられたら、弁護士は国選でやってくれるんですか?それとも、民事は弁護士無しでいいの?

No.1さんのとおり民亊で国選はないですね。民亊では本人で訴訟しちゃう事って多いですよ。

>でも、もし弁護士必須で国選やってくれなかったら、貧民の人権なんぞ侵害されまくりじゃないですか!!!!弁護士無しでもよいという制度でも、貧民は弁護士など雇えないから不利じゃないか!

お金がない人には、民亊でも法律扶助制度というものがあります。弁護費用、裁判費用を援助・立て替えてくれる制度がありますよ。

>司法が金の有無で有利か不利かなんて、よく考えると(考えなくとも)クソ理不尽じゃないか。

これは、確かに優秀な弁護士を選ぶどうこうに少なからず影響があるかもしれません。しかし、現実には、弁護士の力よりも、「書面の証拠を残しているかどうか」「物的な証拠があるかどうか」ほとんどこれにかかっています。それに、こういう問題はお医者さんでも一緒ですよね。

>それとも裁判の制度は、裁判の中で証明された『事実』に基づいて、法を公平・公正に適用するのでしょうか?それなら、よいのですが。

この証明が大変なんですよね。日本の裁判は、裁判官が事実を認定し、判決しますので、どちらかというと裁判官によるところが大きい様ですよ。

>というのは、アメリカでは弁護士の力で判決が変わりまくりだと聞いたので、「同様な事例なのに判決に見過ごせない差が出る??!バカな!『公平』に反している!!!』と思ったからです。

アメリカは民亊でも陪審制をとっていて、訴訟社会、契約社会、口頭証拠排除が原則(書面による証拠しか認めんってやつです)アリで、懲罰的損害賠償(賠償を過大にかけて懲らしめる)の司法制度ですから、ちょっと比較するのも其々の事情がありますから・・・。ただ、日本でもこれから弁護士の数を増加していきますので、その弁護士の実力の差が一気に広がる事もあるかもしれないですね。

そういう正義感をお持ちの質問者さんなら、是非とももう直ぐ始まる裁判員制度に積極的に参加してください。裁判員に選ばれたら参加するのは国民の義務化していて、殆んど断れませんけど、何とか理由をつけてでも、出廷しない方法はないかと考える人たちもいるのも現実。世論調査でも6・7割くらい面倒くさいという人が多いそうです。
また、衆議院の選挙の際には、最高裁判所の裁判官の国民審査もあります。これには何も考えずに、何も書かずに投票していませんか?(未成年の方なら申し訳ない)。選挙期間中公民館に行くと、この裁判官はどういう裁判にどういう意見で判断したのか、記載した資料など配布していますから。実はこの国民審査は、制度開始以来、この審査によって罷免された裁判官は一人もいません。誰も興味なんてないんでしょうね。

>民事裁判で訴えられたら、弁護士は国選でやってくれるんですか?それとも、民事は弁護士無しでいいの?

No.1さんのとおり民亊で国選はないですね。民亊では本人で訴訟しちゃう事って多いですよ。

>でも、もし弁護士必須で国選やってくれなかったら、貧民の人権なんぞ侵害されまくりじゃないですか!!!!弁護士無しでもよいという制度でも、貧民は弁護士など雇えないから不利じゃないか!

お金がない人には、民亊でも法律扶助制度というものがあります。弁護費用、裁判費用を援助・立て替えてくれる制度が...続きを読む


人気Q&Aランキング