ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

民主主義社会における違憲審査制の存在意義と実効性について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

民主主義を国民「による」支配と捉えるならば、法治主義と民主主義とは、厳密に言えば


対立する概念です。国民の代表である国会での立法を否定しかねない違憲立法審査権は
民主主義を否定するものだと考えられなくもありません。

しかし、民主主義を国民「のための」支配と捉えるならば、代表者である国会議員と
言えども権力者であることに変わりはなく、その意味で一般の国民との利害は必ずしも
一致するものではありません。そこで、一般国民の利益を国会議員も含めた権力者から
保護するしくみが必要になります。違憲立法審査権は、国民の権利を定めた憲法が
最高法規であることを保障することで法治主義を実現し、それによって一般国民の権利を
保護します。すなわち、民主主義実現のための不可欠なシステムであるということに
なります。

共産主義社会における民主集中政は理念的な国民「による」支配を優先し過ぎたために
実効的な国民「のための」支配を失ったとも考えられます。そのように考えると、
民主主義社会における違憲立法審査権の重要性が理解できると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。学校の試験で問われたのですが、どういう様に答えたら良いのか分からなくて質問しました。とっても助かりました。

お礼日時:2002/07/10 19:16

 憲法は国の最高法規とされていますので、本来であれば最高法規の下にある法律が合憲か違憲かの論議は、あってはならないことだと思いますし、当然、憲法の趣旨に沿った法律・条例が制定されているはずです。



 しかし、個別の事由に対して現在は最高裁判所において、憲法違反かどうかの判断を求めることが出来る制度になっていますので、時代の変遷に応じた憲法の主旨を確認することが出来、民主主義社会を反映していると思います。

参考URL:http://www.courts.go.jp/kouhou/mado_old50/histor …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました。ありがとうございます。もう少し詳しく知りたいので、参考URLをみてみようと思います。

お礼日時:2002/07/10 19:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違憲審査制の日本における運用の特徴 とは?

違憲審査制を説明し、日本におけるその運用の特徴を述べよという問題で、
違憲審査制の定義、日本ではアメリカと同じように付随的違憲審査制度を採っていることは分かりました。

しかし最後の、「日本における運用の特徴」というのが出てきません。これは日本特有の、ということなのでしょうか?
これを教えている教授の専門が憲法裁判についてだったのでそれもかかわってくるのではないかと思うのですが。

お分かりになる方、ご教授ください。
よろしくお願いします。

追記:
実はこの質問一度させていただいたのですが、困り度に不備があったためもう一度投稿させていただきました。
何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足説明ありがとうございました!
法学部の論述問題ならばやはりその「できる学生」さんのおっしゃるように、具体論に入る前に抽象論を展開する必要があるため、そのような回答が返ってきたのだと思います。
「回答に対するお礼」の欄にあるような新たな質問をするのもよいかとおもいます。
しかし、実際にご自分で教科書をあさるのもまたより深く、論点をはずさない解答が書けるのではないでしょうか。
憲法の教科書の決定版ともいうべき
芦部信喜 著 「憲法」 岩波書店
の違憲審査の頁を参照されてみてもいいかもしれません。
mozsuさんにとって納得のいく解答が書けるといいですね。
ポイント発行のことまでお気遣いいただきありがとうございます。
がんばってください!

Q日本はなぜ違憲審査制において付随的審査制を採用するのか

タイトルの通り、日本がなぜ違憲審査制において付随的審査制を採用しているのでしょう?その経緯を知っている方がいらっしゃったら教えてください。「81条が抽象的審査を定める趣旨ではない」からという消極的なものではなく積極的な理由をお願いします!!

Aベストアンサー

「司法とは伝統的に具体的な権利義務に関する争い、または一定の法律関係の存否に関する争いを前提とし、それに法令を適用して紛争を解決する作用であり、違憲審査権はその作用に付随するものとして81条に明記されたと解される」(芦部 憲法第3版P.349)より

それと、もっと実際的には、「アメリカが付随的審査制だから」だと思います。憲法制定にあたって、アメリカの制度の影響が大きいことは争いのないところですから。

Q違憲立法審査権の意義(司法権に関する)

憲法の規定する司法権について論じる問題で、とりわけ裁判所の行使する違憲立法審査権の意義や機能について論じよとあったのですが、違憲立法審査権の司法権における意義とは何なのでしょうか?

また、司法権の他の公権力との関係についても論じよとあったのですが、調べてみてもよくわかりません。
どなたか教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

問1 憲法の規定する司法権について論じる問題で、とりわけ裁判所の行使する違憲立法審査権の意義や機能について論じよとあったのですが、違憲立法審査権の司法権における意義とは何なのでしょうか?
→□関係条文:憲法81条
 □参照テキスト:芦部信喜『憲法 第四版』(岩波書店)361ページ~(「2 違憲審査権の性格」「3 付随的違憲審査制の特質」)

問2 また、司法権の他の公権力との関係についても論じよ。
→□他の公権力:憲法41条・65条
 □他の公権力との関係:憲法81条,6条2項,59条(:裁判所・司法権は裁判所法等の法律により形作られる→76条1項),62条(:司法権と国政調査権),64条,76条1~3項,78条,79条1項
□参考参照テキスト:前掲書339ページ~(「三 司法権の独立」),同325ページ~(「4 司法権の限界」)

Q違憲立法審査権(ドイツ式・アメリカ式)

ドイツとアメリカのそれぞれに対して、
実際に違憲立法審査の行われる時の流れや、
どの機関が権利を持っているのか、など教えてください。
または詳しく載ってるサイトを教えてください。

本やネットで調べているのですが、
なかなか分かりやすいものが見つけられずに困っています。
どうかお願いします。

Aベストアンサー

ドイツの場合、憲法裁判所が通常の司法裁判所(刑事、民事、行政訴訟などを担当)とは別に存在しており、ある法令がドイツ基本法に違反していないかどうかを決定する、第一審、かつ終審の裁判所となっています。

憲法裁判所は、連邦政府や州政府、連邦議会の三分の一以上の議員の申し立てにより、ある法律が、基本法に合致しているかどうかを審査し、判決を行います。また、基本法に定める基本的人権が侵害されたとする個人の申し立ても受理することができます。これらにより出された判決または決定は、一定の条件の下で、法律としての効果を持ちます(詳細はドイツ基本法93、94条を参照)。最近では、NATO域外へのドイツ軍派遣を可能にする法律は憲法違反であるとして、社会民主党が憲法裁判所に提訴。憲法裁判所が「合憲」と判示するのを待って、ボスニアにドイツ軍部隊が派遣された例がありました。
具体的な事件がなくても、法律の条文そのものを審査できるこの機能を「抽象的規範統制」と呼んでいます。

これに対し、アメリカの場合は憲法審査は、通常の司法裁判所である最高裁判所(およびその下級裁判所)が行います。ドイツと違い、法律そのものの合憲性を審査することはできず、具体的事件に即した形で違憲審査が行われます。たとえば、「大学の定員の一定数を、黒人やその他のマイノリティーに割り当てることを定めた法律」の違憲性を争う場合には、基本的にはその法律によって被害を受けた人、たとえばそれによって不合格となってしまった学生が、訴えることができます。逆に、その法律に反対した野党が、単に「違憲だ」といって訴えても、裁判所は受理しません。
また裁判の結果、違憲と判断されても、議会がその法律を廃止しない限り、法律としては存続し続けます。
要するに、日本とよく似た仕組み(より正確には、敗戦後の占領政策の影響により、アメリカの仕組みを日本が取り入れたのですが)となっています。

こんなところでいいですか?

ドイツの場合、憲法裁判所が通常の司法裁判所(刑事、民事、行政訴訟などを担当)とは別に存在しており、ある法令がドイツ基本法に違反していないかどうかを決定する、第一審、かつ終審の裁判所となっています。

憲法裁判所は、連邦政府や州政府、連邦議会の三分の一以上の議員の申し立てにより、ある法律が、基本法に合致しているかどうかを審査し、判決を行います。また、基本法に定める基本的人権が侵害されたとする個人の申し立ても受理することができます。これらにより出された判決または決定は、一定の...続きを読む

Q法律のデュープロセスについての質問です。

実体的デュープロセスについて簡単に教えてください。
おおざっぱですみませんが実体的と手続的デュープロセスの違いのようなものは何でしょうか。
デュープロセスは分かるのですが、「実体的」「手続的」がつくとよく分からないのです。。

Aベストアンサー

一般的に「due process of law=法の適正な手続」のことをいいます。
米憲法では、法治国家においては何人も法の定める適正な手続きを経由しなければ、生命・自由または財産を奪われることはないと定めていて、この基本原則のことを「デュープロセス条項」と呼びます。



英米法では「operational code=手続としての法律」とでもいうべき性格を有すると解されています。すなわち、目的としての法を実現するために、あるいはその目的を維持するために行うべき手続きを記述したのが英米法的な意味での法律です。
手続き重視型というのは、最終的な価値に関しては問わないシステムです。ある価値観を維持するような状態を法律の手続きとして記述しておき、そこに民主的な手続きをビルトインしておけば、民主的な意思決定によって望ましい状態が実現されるという解釈です。


刑罰法規の実体的適性・デュープロセスとは一般に、
ⅰ犯罪および刑罰の内容については「明確」であることが適正手続きの要件とされる明確性の原則
ⅱ実体的デュープロセスとは、罪刑の均衡、過度の広汎性の排除を意味します。
これにより、絶対的不定期刑が禁止され、相対的不定期刑が採用されているのです。

実体的デュープロセスの要件
刑罰制度が社会で有効に機能していくためには、刑罰が国民の規範意識に裏付けられなければならず、国民の「正義意識」に著しく反する重い刑罰は社会の安定を導き得ないとの理由から、犯罪との均衡を失しない程度の刑罰が課されなければならないという「罪刑均衡の原則」が要請されます。

さらに、刑罰は民事制裁(損害賠償等)、行政制裁(営業停止)と比べて最も峻厳な制裁であることから、これを行使することは出来る限り差し控えるべきであるとの考えから、「刑罰謙抑主義」が採られています。
 
これに従い、保護すべき法益が存在しない(侵害法益が存在しない)のに刑罰権を行使することは刑罰権の濫用にあたり、刑罰に値しない行為を処罰の対象としているような刑罰法規は、刑罰法規の内容適正を要請する憲法31条に反することとなります。従って、刑罰県の講師のためには「法益の保護」という目的がなければならないこととなります。
 
さらに、違法行為を行ったことについて行為者を非難しうる場合でなければ刑罰を課すことが出来ないという「責任主義」の原則が要請されるのです。


参考URL
弁護士Q&A〔法律用語〕デュープロセスとはなんですか?
http://niben.jp/05qanda/qna28.htm

一般的に「due process of law=法の適正な手続」のことをいいます。
米憲法では、法治国家においては何人も法の定める適正な手続きを経由しなければ、生命・自由または財産を奪われることはないと定めていて、この基本原則のことを「デュープロセス条項」と呼びます。



英米法では「operational code=手続としての法律」とでもいうべき性格を有すると解されています。すなわち、目的としての法を実現するために、あるいはその目的を維持するために行うべき手続きを記述したのが英米法的な意味での法律で...続きを読む

Q議院内閣制と国民主権

議院内閣制とはどういった制度なんでしょうか?
あと、議院内閣制と国民主権はどういった関係があるんでしょうか?

Aベストアンサー

 日本における議院内閣制とは、内閣総理大臣の指名が国会の決議によって行われ、国会は内閣不信任案を決議することで内閣の退陣を促すことができるように、国会なしには内閣が成り立たない制度のことを言います。
 これと国民主権が何の関係があるかというと、国会は国民の直接選挙によって選ばれた議員で構成されてます。つまり、国民の代表者集団である国会が内閣を認めることにより、主権者たる国民が間接的ではありますが内閣を選んでいるという理屈になるわけです。

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q垂直的差別化

垂直的差別化っていったいなんですか?

Aベストアンサー

垂直差別化(vertical differentiation)の理論やモデルとは、市場への参入時及び競争状態において、企業が自社の製品をどう位置付け(ポジショニング = positioning)、また複数の企業、商品がこうして差別化される事を通して、市場が結果的にどう均衡するか、という分析に使われる理論、モデルの事で、経済学及びマーケティングの分野で研究されています。

製品の水平差別化(horizontal differentiation)では、差別化される商品が、商品毎に異なる客層にその客層特有の需要にマッチする特性(ここでは商品アピール = appeal)をもちます。これに対し、垂直的差別化においては、商品の特性(この意味では属性 = attribute: 目的、用途等)が複数の製品間で同一(同等)とみなされる場合に製品の品質でもって製品を差別化する戦略を意味します。

従って、立地や対象地域、用途や使用(利用)する機会の違いや特殊性等(例えばホテルを建てる地域から個人名宛にカストマイズされたメールの送信まで)により、製品を一次元的に水平に分類、差別化できます。また、同じアイテム(例えばDVD-R記録メディア)でも品質に違いがあるため、複数企業の商品群をやはり一次元に垂直に分類、差別化できます。

但し、上記の二種類の分析方法は、価格をもう一つの軸とする事で二次元に展開できますが、戦略的に違うものですので、両方を組み合わせて二次元グラフで分析する等という事はありません。端的には、水平分布の場合は、構造の違いから戦略を替えられます(Strategy follows stracture)が、垂直分布では、その逆です(Structure follows strategy)。

客層や消費者ニーズが原則として米国程に多様化していない日本では、垂直差別化による品質向上が競争において重要となる社会背景があった事等を、歴史的事実にもとづいて説明可能と考えます。日本企業の構造(例えば看板方式等)は、こうした戦略上の特質から必要となったともいえるでしょう。

+++++
以上

垂直差別化(vertical differentiation)の理論やモデルとは、市場への参入時及び競争状態において、企業が自社の製品をどう位置付け(ポジショニング = positioning)、また複数の企業、商品がこうして差別化される事を通して、市場が結果的にどう均衡するか、という分析に使われる理論、モデルの事で、経済学及びマーケティングの分野で研究されています。

製品の水平差別化(horizontal differentiation)では、差別化される商品が、商品毎に異なる客層にその客層特有の需要にマッチする特性(ここでは商品アピール...続きを読む

Q近代立憲主義について

憲法の中で近代立憲主義と立憲主義と出てきますが両者に違いはあるのでしょうか?そもそも、近代立憲主義の内容と意義というものはどこにあるのでしょうか?高校の憲法の授業で出てきたのですが、詳しい話はしてもらえずさっぱりです。時間がありましたら、意見を聞かせてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、立憲主義ですが、これは憲法にもとづいて政治を行うことを意味します。その場合、憲法とは国家の組織・構造に関する基本法のことをさし、国王などが好き勝手に政治を行うのではなく、その政治権力を法の枠によって規制しようとするねらいがあります。この意味での立憲主義は古代・中世においてもみられ、古典的立憲主義とも呼ばれます。
これに対し近代立憲主義とは、フランス人権宣言にみられるように
(1)憲法を制定して国民の人権を保障する事
(2)権力分立を定めて国家権力の濫用から国民の権利や自由を保障する事
(3)国家権力の行使に国民を参加させる事
をねらいにした自由主義的な思想だといえます。

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む


人気Q&Aランキング