「教えて!ピックアップ」リリース!

民主主義社会における違憲審査制の存在意義と実効性について教えて下さい。

A 回答 (2件)

民主主義を国民「による」支配と捉えるならば、法治主義と民主主義とは、厳密に言えば


対立する概念です。国民の代表である国会での立法を否定しかねない違憲立法審査権は
民主主義を否定するものだと考えられなくもありません。

しかし、民主主義を国民「のための」支配と捉えるならば、代表者である国会議員と
言えども権力者であることに変わりはなく、その意味で一般の国民との利害は必ずしも
一致するものではありません。そこで、一般国民の利益を国会議員も含めた権力者から
保護するしくみが必要になります。違憲立法審査権は、国民の権利を定めた憲法が
最高法規であることを保障することで法治主義を実現し、それによって一般国民の権利を
保護します。すなわち、民主主義実現のための不可欠なシステムであるということに
なります。

共産主義社会における民主集中政は理念的な国民「による」支配を優先し過ぎたために
実効的な国民「のための」支配を失ったとも考えられます。そのように考えると、
民主主義社会における違憲立法審査権の重要性が理解できると思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。学校の試験で問われたのですが、どういう様に答えたら良いのか分からなくて質問しました。とっても助かりました。

お礼日時:2002/07/10 19:16

 憲法は国の最高法規とされていますので、本来であれば最高法規の下にある法律が合憲か違憲かの論議は、あってはならないことだと思いますし、当然、憲法の趣旨に沿った法律・条例が制定されているはずです。



 しかし、個別の事由に対して現在は最高裁判所において、憲法違反かどうかの判断を求めることが出来る制度になっていますので、時代の変遷に応じた憲法の主旨を確認することが出来、民主主義社会を反映していると思います。

参考URL:http://www.courts.go.jp/kouhou/mado_old50/histor …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました。ありがとうございます。もう少し詳しく知りたいので、参考URLをみてみようと思います。

お礼日時:2002/07/10 19:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング