いきなり質問で申し訳ありませんが、うまくまとめられないので、まず一つ目の質問です。
★質問その1:内臓にできる腫瘍は外から触ってわかりますか?

さっきうちの犬のおなかを撫でていたら、皮膚の内側にピンポン玉くらいのしこりを3個発見しました。堅くもありませんが、よくいう「ブヨブヨ」という感じでもない気がします。かなり大きいのに、再度触ろうとするとまた見つからなくて、よくよく探してやっとまた見つかります。今日はたまたま寝ているのを触ってようやく気付きましたが、いつも触っているのにこの大きさ(しかも3個!)気付かなかったことを思うと多少動きがあるように思います。

GWが明けたらすぐに病院に行くつもりですが、心配でなりません(>_<)

★質問その2:脂肪腫以外には何が考えられるでしょうか

皮膚表面にできる癌については周囲の友達にもあって分かっているし、今も調べていろいろ分かりました。でも、中でかなり大きくなって(今のところ他の症状はなく、つい先日した血液検査でも問題ナシ)発見されるしこりでは、脂肪腫以外には何が考えられるでしょうか。

病院に行くまでにとにかく予備知識を集めておきたいと思います。どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ANo1です。


★どんな検査をして脂肪腫と言われたのでしょうか
最初に診てもらった時にまず脂肪腫でしょうねと言われました。普段とも何も変わらないようだったので、特に心配もしていませんでした。
ただ結構大きなもので首がぽっこりしていたので手術をし、切り取った部分も見せてもらい、先生もやっぱり脂肪腫だったようですね、とのことでした。結構値段ははりますが病理検査にだしましょうか?と言われたので、お願いしたところ、夜中に電話があり「悪性の腫瘍」でしたと謝罪をされました。

★悪性とは具体的に何の種類の腫瘍だったのでしょうか
報告書にはなんだかよく分からない数値が書いてありました。具体的な内容は覚えていません。いわゆるガンだと言われたのでショックであまり細かいことは覚えていないんです。。。4段階あるうちの2段階目で、リンパにまでガンがひろがっていたので、最悪は臓器に転移している可能性もあると言われました。

<<<一般的には針でとって主治医が顕微鏡で見て脂肪腫と診断されれば、そこで安心してもうそれ以上の検査はしないと思うのですが、それでは不完全だったというケースですよね。

おっしゃる通り、病理検査をしてよかったと思ったものの、ガンだと言われて一晩泣きました。。。いろいろな治療法を話を伺い、痛かったり苦しかったりしなければ無理な延命はしなくて良いといい(それが一番かわいそうだと思ったので)3-4種類の投薬を何クールかしていましたが、今となっては「ビタミン剤」だったんじゃないの?と笑っています。高くつきましたが!

大切な家族ですものね。手間をかけてでもきちんと検査してもらうことをおすすめします。早く元気になることを祈っています!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

重ね重ねの回答、ありがとうございます。
そんなケースもあるんですね。本当に聞いてよかったです。
そしてグレードIIでリンパまでいっていて寛快・・・心強い話です。
きちんと検査してもらおうと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/05/03 00:54

素人で済みません。


何の回答でも無い上、実経験での判定で申し訳ありませんが。
飼い主がいつもと違和感を感じる事が最大の検診だと思います。
勿論、専門医(獣医さん)なら「検査」で判定は出来ますが
飼い主のちょっとした感想は重要証言だと言われました。
ところで、皮膚の内側とありますが具体的にはどんな所でしょう?
触ると痛がりますか?
初めに 発見(感じた)場所は感染源などの特定にもヒントになります。
近くに傷はありませんか?瘡蓋は?
怪我による膿みの可能性はないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
皮膚の内側というのは、皮膚にできる腫瘍のように見えるわけではなく
イメージ的には皮膚と腹膜?の間にできているような感じです。場所は肋骨の上あたりです。
傷などは全くないし触っても痛がりません。姿勢によっては触れられません。今日まで変調は何も感じず、気付かずにきました。触った感じは脂肪腫のようではあるのですが、とにかく心配で(>_<)
どんなお話でもありがたいです。ありがとうございました!

お礼日時:2007/05/03 00:49

専門家ではないのですが。

。。

うちの犬は首にコロコロとしたしこりができて病院につれていったところ
脂肪腫ですね、と言われて「ついで」に病理検査に出したところ悪性の腫瘍でした。手術をして、投薬を半年ほど続けていたのですが、その後一切検査をしても何も問題がなかったんです。

ガンがなおった?元からガンではなかった?

今となってはわかりませんが、元気にしているので安心はしています。

まずはとにかく病院へ。お休み中でもやっている動物病院はありますので急いでつれていってあげてください。予備知識を下手につけると不安が増してしまいますよ。

この回答への補足

確かに今すぐにでも連れて行きたいところなのですが思うのですが、
いま休み中でやっている病院を探し出して行ったとしても、
その病院が主治医と連携のとれる病院かどうかはかなり不安です…。
よほど連携がとれる病院でない限り、結局は主治医のもとで再検査することになると思うのです。
(病理検査も休みだし、他の知らない先生が顕微鏡で見て良性と言ったからといって、
 主治医が自分で何の検査もせずに信じてその後の判断を進めていくことは有り得ないし、
 私もやはり不安です…。)
そのとき犬にかかる負担と、今現在は問題となる症状がないことを天秤にかけて考えた場合、
やはり連休があけるのをまって、主治医のもとで検査を受けたいと思っています。

また、たしかに予備知識をつけることで不安が大きくなるとも思いますが、
予備知識なく重病にあたった場合、その場でするべき判断や相談ができない可能性が大きいので
(今回も41500様から聞いて、主治医の所見でどう見えようとも
 念のためにとにかく病理に出してもらおうと思いました!)
やはり予備知識をつけたいと思っています・・・。

貴重なアドバイス、本当に感謝しています。ありがとうございます!!

補足日時:2007/05/03 00:30
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの回答本当にありがとうございます。
ワンちゃん治ってよかったですね。
重ねての質問で大変申し訳ないのですが、もしよければ、
★どんな検査をして脂肪腫と言われたのでしょうか
  針生検で脂肪腫という結果だったということでしょうか
  それでも手術して全摘された結果悪性だったということでしょうか
★悪性とは具体的に何の種類の腫瘍だったのでしょうか
  病理の報告書には何と書かれていたのでしょうか
を、教えていただけないでしょうか(>_<)

一般的には針でとって主治医が顕微鏡で見て脂肪腫と診断されれば、
そこで安心してもうそれ以上の検査はしないと思うのですが、
それでは不完全だったというケースですよね。

お礼日時:2007/05/03 00:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシーズー犬の前で飼い猫を撫でてたらシーズーが猫を撫でてる腕に前足を乗せて引っ掻いて来たんですが何がし

シーズー犬の前で飼い猫を撫でてたらシーズーが猫を撫でてる腕に前足を乗せて引っ掻いて来たんですが何がしたいんですか?

Aベストアンサー

シーズーがネコにやきもちをやいてしまったのです。
同じになでなでしてやると安心しますよ。シーズーは甘えん坊さんのようだから。

Q犬の脂肪腫

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で取った時悪性だった!と言う事もあるので、検査だけでは100%ではないです。
まだ大きくないので、これから様子をみて、大きくなって支障が出るようなら切った方が」との事。
一応は安堵して自宅に帰ったものの、またネットなどで調べていたら「1cmの脂肪腫を切った」と言うワンコもいたりで、ますます心配に。

病院の先生を信じて、これからの様子を見た方がいいでしょうか?
手術となると、全身麻酔なので負担はかかると思います。
でも、小さいうちに切った方がいいのかも…と思ったり、心配しきりです(涙)
情報が多いのもかえって悩む所ですが(汗)こんな心配性の飼い主に、アドバイスを頂ければ嬉しいです。

宜しくお願いします。
昨日、愛犬を(Mダックス ♀ 7歳)を撫でていた所、胸のあたりにプヨプヨした1cmくらいの固まりを見つけました。
毎日触っていたのに、全然気づかずショックでした。
触った所、脂肪の固まりのようでとても柔らかい物です。
自分でいろいろ調べた所「脂肪腫」らしき感じ。でも、調べれば調べるほど「ガンの可能性も…」とか書いてあって、心配で心配で速攻病院へ行き、部分を注射器で取り、検査をして頂きました。
結果は「脂ですね」との事。でも、先生は「これが大きくなって、手術で...続きを読む

Aベストアンサー

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけでもなく、いつのまにか消えてしまったものもあります。
でも成長しだすと肥大化するのは早くて今年になって急に大きくなってきた箇所を先日、切除手術をしました。
全身麻酔なので確かにワンには負担がかかるでしょうが、手術自体は皮下を切開して切除するだけなので時間は2時間程度で終わります。
昼休みの前に病院に連れて行って、手術を受けたのですが夕方5時頃に様子を聞くために電話したところ「もう普通に歩いていますよ!」ということなので迎えに行きました。
10日くらいして抜糸が終われば治療は終わります。
脂肪種の手術は2回目なので慣れましたが、手術自体より術後のケアが大変なのです。
犬ですから患部を足で引っかいたり地面にこすり付けて細菌に感染したり糸が抜けたりする危険があるからです。
質問者さんの場合は場所が分からないのですが、エリザベスカラーを付ける必要がある場所であれば暑い時期は避けた方がいいです。
どうしてもカラーの中に熱がこもってしまって犬にとっては負担になります。
一度脂肪種ができる犬は、そういう性質がありますから手術で切除してもまた他の場所にできることがあります。
検査をして良性か悪性かの判別は大切ですが、手術は時期を考えた方がいいと思います。

脂肪腫は太り気味の高齢犬に発症しやすく、たいていは良性であるものの稀に悪性に転化する危険性もあります。
また、良性であっても転移しないというだけであって大きく成長すると生活に支障をきたすこともありますので、適切な時期に手術が必要になるでしょう。
1cmくらいの大きさだとまだ、様子を見たほうが良いと思います。
というのも、すべての脂肪種が成長するわけでもなくそのまま消えてしまう可能性もあるのです。
うちのワンも10歳を越えて脂肪種が何個か見つかっていますが、すべてが成長するわけで...続きを読む

Q犬の脂肪腫

我が家の バーニーズマウンテンドッグ(♀ 12歳)のベルナの脇腹の足のつけねに10cm四方程の脂肪腫ができて一年になります。
かかりつけの獣医さんには様子を見ていればいいと言われたので抗生剤を飲み過ごしていました、
一度は治りましたがまた再発してしまい
破裂して膿のような淡黄色のものが出てきてしまいました。
消毒をし、包帯を巻いていますが、最近になって腰が立たなくなり立つことが困難ななってしまいました
元々腰が弱かったのですが。

上半身は痩せていませんが、下半身は痩せてしまいました、

インターネットで調べてみると大きすぎる場合 手術し摘出したほうがいいと書いてありましたが、
もう老体のため全身麻酔は厳しいかと思いますが。
痛がってはいないのでこのまま消毒をしながら様子を見ていきたいと思いますがどうでしょうか。

加えて、このような場合の治療費はどれくらいなのか 教えて下さい。


大切な家族なので心配です

お願いします

Aベストアンサー

バーニーズマウンテンドッグは麻酔に対し拒否反応をしやすい犬種であると共に
脂肪腫を痛がっていない、老齢と言う事を加味して手術は避けた方が良いと思います。
脂肪腫は手術をしても違う所に出来たりもします。

ところで本当に脂肪腫ですか?
脂肪腫は良性の腫瘍ですので化膿する事は稀です
似たような症状で粉瘤が挙げられます。
昔は脂肪腫と言われていましたが、今は脂肪腫と粉瘤は違う物とされています
粉瘤は化膿する事もありますし、
大きくなると破裂しとても臭い淡黄色の膿のような物が出てきます
もう一度医師に確認するか他の病院に行ってみるのも良いと思います。

犬の脂肪腫の手術料金は4日位入院し料金は概ね30万円程です
(病院により金額の差はあります)

脂肪腫と立てない事は切り離して考えた方が良いと思います。

Q犬の前胸にできた脂肪腫

うちの柴犬の前胸の辺りに10mm大のしこりを見つけました。すぐ獣医さんに見てもてもらったら、脂肪腫らしく、「検査は全身麻酔をして摘出して病理検査をします。良性か悪性かは検査してみないとわからないけど、気性が怖がりなので、初めから摘出を前提で全身麻酔をしてやります。」といわれました。手術するかどうか迷っています。良性ならずっとそのままでも大丈夫なのですよね。痛い目をあまりさせたくないのですが、針で刺して検査をして悪性なら手術、良性ならそのままにしておきたいのですが、うちのかかりつけの獣医さんはそうではない見たいです。どうすべきか迷っています。元気で食欲もあり散歩も喜んで行きます。

Aベストアンサー

No2です。
お礼・補足ありがとうございました。一応私なりに回答をさせていただきます(選択肢がやるか、やらないかの二者択一だとして)。
あくまでも個人的には、私だったら、ですが、その状況なら手術をしてもらうと思います。
信頼できる先生がやったほうがよいと言っているのと、9歳という年齢からです。
現在9歳ということで全身麻酔・手術のリスクは今後年を重ねるごとに大きくなると思うのです。

最終的に判断されるのは質問者様かと思います。わんちゃんを一番大切に思っている飼い主さんの選択をわんちゃんは批判しないでしょう。suyonnさんがわんちゃんのためだと思う方を自信をもって決断なさってください。

Q脂肪と粗脂肪の違い

ペットフードの成分表に粗脂肪と有るのですが脂肪分とどうちがうのでしょか?

又、同じメーカーのドックフードでもプレミアとか値段が高い方が良質なのでしょうか?

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

こんにちは。

ドッグフードの成分表示に関しては、メーカーの判断においてなされている様です.

人間用の表示の場合は、各成分に対しての決められた原料においての規定があります.

例えば缶コーヒーなどの場合が良く判ります.
表示に『無糖』『微糖』などと言った具合です.
これは、定められている糖分としての原料をつかている物についてだけが糖分として記載されますので、対象から外れている糖分に関しては糖分として認知しなくても良いのです.
これに依って糖分を摂取していないとの誤解が生まれます.

ドッグフードの場合は、各メーカーによって基準があいまいな様です.脂肪分としての記載の或る物と粗脂肪としての記載があるものと有るようです.両方の記載があるものも有ります.
詳しい事は私にも判りませんが、成分表示法に基づいての記載がなされているかどうか判断に苦しみます.

詳しく知りたいと言うご希望があれば、ネットでの調査も可能だと思いますが、厳密にその事が守られているか疑問です.

同じメーカーのドッグフードに関してもその事が言えます.原材料と成分表を見て見ましても明らかに違うと言いきれない部分があります.
肉エキスとか肉との記載の違いが有りますが、どの程度の肉を使っているから良い物であると言う記載を見た事がありません.

肉100%とか肉50%とかの原材料表示があると判りやすいですが、その様な原材料の表示を見た事が有りません.メーカーの表示は、原材料として使用している物の種類の表示であって、その物の重量表示になっておりません.この事から言える事は、メーカーの考え次第ではそんなに違わなくても高級な物としての表示で販売する事も在りうると言う事だと考えています.

私の場合は、原材料表示で植物質の原料と動物質の原料にこだわって選定しています.コーンなどの成分だけで蛋白を混合している場合もありますので.

ですから、日本向けのフードとして製造されている物の場合は、経費などの事も有りますので、他の先進国に出回っているのとは違う物だと考えております.

表示としては、他の国と同じ様になっておりますが、販売業者の意向で別物として作っている事も多いと聞いています.かつてこの様な経験をしました.

最初は、取り扱っていた物が本当にアメリカで売られているものと同じ物でしたが、人気が出てきた後に、取り扱い業者があちらへ行きまして、利潤の上がる配合にして注文していました.
私は、直ぐに犬の状態を見て気づきましたので、会社の方へ問い合わせました所、自身ありげに同じモノだと言われました.最初は、社長が応対しましたので、次に電話したときに従業員を問い詰めていきますと、やはり渡米しての特注品でした.

日本の現状としては、この様な事が行われております.
動物に対する認識の違いや各団体の力不足が原因であろうと思っております.

私は、この様な事情から大体の事を表示で掴み、実際に与えて観察してみて決めています.時期によって副食を工夫してそちらの方での充実を考えております.普段は、それ程重要だと考えておりませんので、気に入ったドッグフードを与えております.しかし、値段では選んでおりません.時々良いフードが出るのですが、良いフードは採算が取れないのか直ぐに消える場合が多いです.

こんにちは。

ドッグフードの成分表示に関しては、メーカーの判断においてなされている様です.

人間用の表示の場合は、各成分に対しての決められた原料においての規定があります.

例えば缶コーヒーなどの場合が良く判ります.
表示に『無糖』『微糖』などと言った具合です.
これは、定められている糖分としての原料をつかている物についてだけが糖分として記載されますので、対象から外れている糖分に関しては糖分として認知しなくても良いのです.
これに依って糖分を摂取していないとの誤解が生...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報