仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

こんにちは。
大学の専攻の関係で幾何学が必修なのですが、昔から幾何は苦手なうえに
うちの大学の幾何学を担当されている先生が
「厳しく、落としまくる先生」で有名なので、
(事実、履修は3回目とかという人もけっこういるみたいです…)
かなり恐怖におののいています(^^ゞ

そこで、履修は来年の予定なのですが、
できれば今のうちに頭を慣らしておきたいと思っています。
集合・位相などについて、入り口として入りやすい独習本などがあれば
ぜひお教えいただきたいのです。
線形代数や微積に関しては、
受験の際にひととおりの勉強は終えてはいるのですが、
まだちょっと自信がないかも?です。(学校では履修中です)
こんな状態なので↑レベル的にキツイかもしれませんが(^^ゞ
もしオススメの本をご存知でしたら、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

三度登場しました(^^;)。



>微分幾何…しかも古典的とは…うわああ、も、もうすでに雰囲気だけで
>単位危なそうな(以下略)

古典的なものの方がイメージが湧きやすいし、わかりやすいですよ。
高校数学の延長で考えられる上、計算とかが結構ありますし。
現代的な微分幾何はいわゆる多様体論で、抽象的な議論ばかり。
計算はほとんどありません。その代わりイメージするのが大変。
たぶん多様体論は数学科3回生ですると思いますが、
線形代数、微積分、位相空間論の知識が要ります。
どこかで聞いた話では、数学科の学生がよく落ちこぼれる分野は
多様体論、群論らしいです。
多様体論のテキストで松島与三の「多様体入門」というのがありますが、
これは難しい、というかわかりにくい。森田茂之の「微分形式の幾何学1,2」
(岩波書店)が比較的いいです。
総じて最近の本の方がわかりやすく書いてあります。

最近の本がわかりやすいというのは理由があります。
確か代数幾何の上野健爾さんが言われていたと思いますが、
最近の学生は抽象的な議論で苦手で、大学の数学科は危機的な状況とのこと。
このままでは将来の日本の数学界は目を覆わんばかりにならないとも限らない。
そこで岩波書店から出ている「現代数学への入門」「現代数学の基礎」
「現代数学の展開」シリーズ。
このシリーズでは「現代数学の流れ」「現代数学の広がり」と題して、
現代数学のおいしい部分をまず精密な議論抜きで、数学史を紐解くような
感じで紹介している。そこで興味を持った読者を現代数学に徐々に導いて
いくといった流れで構成されています。
タイトル一つとっても、従来よくある「多様体論」などといった
しかつめらしい、またありきたりなものではなく、
「微分形式の幾何学」とやさしく言い換えたり、
「フェルマ予想」という一般受けしそうなものもあります。

書いてて思いつきましたが、「現代数学への入門」はわかりやすいと
思います。「現代数学の基礎」は基礎といっても本によっては
レベルが高いです。
そして「現代数学の展開」はたぶん大学院・研究者レベル。
岩波は昔からいい数学書を出していますが、難しいのが多かった。
今の数学科の学生はいいですね。こんなにわかりやすい本がたくさんあって。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m
すごい、詳しい回答ありがとうございます!
私も数学の勉強を本格的に始めたのはつい最近のことで、
(現在の学科に入る前は、まったく違う専攻だったので…)
なかなか数学的な言葉そのものにも
まだなじみがなくてとまどってばかりなのですが、
(うーん、レベルが低くて申し訳ないです(^^;))
ぜひ参考にさせていただきます!
抽象的概念ですか…なかなか未知数でこわいんですが、
楽しめるようにがんばります。
「現代数学への入門」シリーズ、幾何の分を、
早速学校の図書館から借りてきましたよ。
読みやすいけど詳しくて、とっついていけそうです(^^)
その他の本も参考にします! ありがとうございました♪

お礼日時:2002/07/03 23:40

再び登場のpromeです。



私のお気に入りから、参考にならないかもしれませんが、サイトを紹介します。

さて、補足を拝見しますと
>(1)<集合・位相>集合と論理、位相空間、写像、閉集合、距離空間、
>  コンパクト写像など

これは全く抽象的な位相空間論ですね。学ぶに当たりイメージをつかむのが
大変だと思います。がんばってください。

>(2)<位相空間論>平面曲線、空間曲線、空間内の曲面の概念、基本形式と
>  曲率など

これは位相空間論というより、微分幾何、しかも古典的な微分幾何ですね。
数学科なら曲率が出てくる微分幾何は、今はあまりしないと思います。
(ということは数学科ではないのかな?)

私も大学時代、位相空間論担当の超厳しいY村先生という人がいました。
もともと難しい理論の上に、厳しい講義ですから、さぞかし落ちこぼれた
人も多かったはずです。私はついていくのがやっとという感じでしたね。

参考URL:http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/~kashiwa/sysI/, …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイト情報、ありがとうございます♪ さっそくチェックしますね。
やっぱり、位相は大事なんですね。がんばってみます。
び、微分幾何…しかも古典的とは…うわああ、も、もうすでに雰囲気だけで単位危なそうな気がします(>_<)
でも、他の大学では、今はあまりしないんですね。
実はいちおう、数学科だったりするのですが(^^ゞ、これって単に先生の趣味(?興味)なのかしら。とほほ。

お礼日時:2002/06/28 22:01

書籍の紹介ではなくて申し訳ありません。


独習Siteです。

参考URL:http://www.freeml.com/ctrl/html/MLInfoForm/topol …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。(情報なら何でもありがたいです♪)
さっそくURLチェックしました!
世の中、いろんなMLがあるんですね~…驚き。
がんばって、参加してみたいと思います。←ついていけるかは、まだかなり不安ですが…

お礼日時:2002/06/27 22:43

数学の本は10数年前に比べて、はるかにわかりやすくていい本が増えました。


WhiteMochaさんのレベルがわからないので、紹介するのが難しいですが、
志賀浩二氏の「30講シリーズ」はどうでしょうか。
位相でしたら「位相への30講」があります。

あと幾何学が必修ということですが、どういう幾何学でしょうか?
位相幾何?微分幾何?それとももっと古典的な幾何(射影幾何とか)?
位相幾何にしても微分幾何にしても、位相の知識は要りますが。

参考URL:http://www.asakura.co.jp/cgi-bin/ncommerce3/Exec …

この回答への補足

すみません(^^ゞ 質問文だけではわかりにくいですよね。
幾何学の授業は二つあって(両方とらないといけないんですが)
(1)<集合・位相>集合と論理、位相空間、写像、閉集合、距離空間、コンパクト写像など
(2)<位相空間論>平面曲線、空間曲線、空間内の曲面の概念、基本形式と曲率など
と今年のシラバスに書いてありました(来年なので多少変わる可能性があるかもです)。
はっきりいって、これらを読んだだけでは正直何が何やらサッパリで…(>_<)
ちなみに、(2)が「落とされまくる」方なのですが(笑)、
できれば両方ちゃんとやっておきたいな~、なんて思っています。

しかしこんなん書いたら大学バレそうで怖い…先生が見てたらどうしよう(笑)

補足日時:2002/06/27 22:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
30講シリーズ、微積のなら、わたしも持ってます!
やっぱりいいシリーズなんですね~…(^^)ただ、仕方がないですが、高い…(T-T)
まずは、本屋さんにいって立ち読みしてみます♪

お礼日時:2002/06/27 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPに本の売れ筋ランキング10位を表示させるには

アフェリエイト広告を使用したHPを持っています。
いちいち手打ちで打ちかえるのではなく、自動的に本の売れ筋ランキング10位を表示させたいのですがそういう機能はあるんでしょうか。どこかのサイトでチラッと見た事があるのですが・・。
知っている方がいらっしゃれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アマゾンのアソシエイト・プログラムには「ベストセラーリンク」という機能がありますよ。ジャンルを指定してベストセラーを表示することも出来ます。

詳しい内容や使い方は、アマゾンのアソシエイト・プログラムに参加したあと、ログインして「リンク作成」を見てください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Qユークリッド幾何学(初等幾何学)

初等幾何学では2点間の長さとはどのように定義していますか?参考URLなどでも教えてください.
単に距離関数として定義しても一意でないので不十分だし座標は使わないのが趣旨だと思います.

私は初等幾何学を次の方針で組み立てるのがいいと考えました.

1. 点・直線は無定義語
2. 長さは次のようなやり方で定義する
 1. 線分の平行移動・回転移動を無定義概念
 2. 線分の2等分を定義
3. 極限操作にの導入(n→∞ の導入)
4. 2点の間に基準となる直線が何個入るか
この過程を経て距離や長さを定義したいと思いますが
もっといい理解の仕方があれば教えてください.

Aベストアンサー

原論で長さをどのように定義しているか知りませんが、おっしゃるとおりのやり方で長さを定義できます。
ただし、実数論つまりコーシー列の収束を使います。
簡単にいいますと直線l上に基準となる線分OPをとる。
直線lには向き、つまり順序が定義できる。
点Pを1に対応させる。
すると整数に対応する点をl上に取れる。
2^m等分が可能なのでM/2^mに対応する点をとれる。
こうしてとった2点X=M/2^m,Y=N/2^nの長さはM/2^m-N/2^nとする。
l上の任意の点Aにたいして、X_n<A<Y_nとなるような点X_n,Y_nをすでに2^m当分点から取れる。
任意の実数eに対し、X_nY_n<eとでき、(アルキメデスの公理)実数論を使いX_n,Y_nはともに同一の極限値xに収束することが示せる。 OA=xとおきながさOAが定まる。
こうしてl上に距離が定義でき、線分の合同公理を用いて、平面上の距離に拡張できる。 

大体上のような感じです。
ユークリッドの時代に実数論がないのですが、有理数の極限としての実数を厳密でなく使っていたと思います。
なお平行、合同というのは無定義概念ですが、移動(平行移動、回転移動)という概念はユークリッド幾何では用いていないと思います。(合同公理は長さを定義するのに必要ですが、)こういったものを定義するには座標が必要になると思います。

上で簡単に言ったことは砂田利一'幾何入門’に詳しく書いてありますので参考にしてください。

原論で長さをどのように定義しているか知りませんが、おっしゃるとおりのやり方で長さを定義できます。
ただし、実数論つまりコーシー列の収束を使います。
簡単にいいますと直線l上に基準となる線分OPをとる。
直線lには向き、つまり順序が定義できる。
点Pを1に対応させる。
すると整数に対応する点をl上に取れる。
2^m等分が可能なのでM/2^mに対応する点をとれる。
こうしてとった2点X=M/2^m,Y=N/2^nの長さはM/2^m-N/2^nとする。
l上の任意の点Aにたいして、X_n<A<Y_nとなるような点X_n,Y_nをすでに2...続きを読む

QamazonでCD・DVD買い取り

先ほどamazonのサイトで買い物をしていたら、
ウェブページのバナーに「ゲームソフト買取開始」みたいな広告を見ました。
ゲームソフトも買い取りできるようになった、ということは、
音楽CDやDVD、またはビデオなど買取することはできるのでしょうか?
家に音楽CDやDVDがあり、処分に困っているので
もしできるのならばぜひ利用したいのですが…。

ご存知のかた、どうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アマゾンの買い取りサービスは、買取会社が、
ゲーム、DVD・Blu-rayを買い取るサービスで、
代金は、アマゾンギフト券で支払われます。
http://amazon.jp/b?node=2358443051

なお、アマゾンでの買い取りサービスは、ゲームから始まり、
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20120507/
DVD・Blu-rayへ対象を拡大しました。
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20130116/

===

なお、音楽CDやDVD、ビデオなどは、
BOOKOFFをはじめとする古物商でも買い取り・下取りします。

通信買い取りを実施している事業者もありますので、
検索してみてもよいかもしれません。


が。ブックオフでは、買取について、
「あなたの本、捨てる前に会いにきてください」と宣伝していました。

特に発売から時間がたったものなどは、古物買取に捨てに行く
(出張買取なら本を出張廃棄、古紙回収してもらえる)程度の認識で
買い取り査定にまわさないと、査定額の低さに気分がめいります。


===

処分に多少の手間ひまをかけてもいいのであれば、
時間をかけれるならAmazonマーケットプレイスで
短期で処分したいであれば、ヤフオクで安値出品し、
処分してはいかがでしょう。


販売するサイトは、
以下を参考に検討してみてはいかがでしょう。

関連;ヤフオクとアマゾンマーケットプレイスの比較
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n965

関連;オークション、固定価格売買サイトの出品・販売手数料比較
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n103509

参考URL:http://www5.atwiki.jp/marketplace/

アマゾンの買い取りサービスは、買取会社が、
ゲーム、DVD・Blu-rayを買い取るサービスで、
代金は、アマゾンギフト券で支払われます。
http://amazon.jp/b?node=2358443051

なお、アマゾンでの買い取りサービスは、ゲームから始まり、
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20120507/
DVD・Blu-rayへ対象を拡大しました。
http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20130116/

===

なお、音楽CDやDVD、ビデオなどは、
BOOKOFFをはじめとする古物商でも買い取り・下取りします。

通信買い取りを実施...続きを読む

Qリーマン幾何学を更に発展させた微分計量幾何学

大雑把な言い方ですが、一般相対論によると、物質(エネルギー)があると、その周りの空間が湾曲しますが、その数学はリーマン幾何学によってあらわさせます。

もし、物質の密度が大きいほど、物質が、時間の経過に従い、どんどん収縮すると仮定すると、リーマン幾何学を更に、進化させる必要があるはずですが、そんな数学(微分計量幾何学)は、あるのでしょうか?

追伸

物質の密度が大きいほど、物質が、時間の経過に従い、どんどん収縮するというのは、あくまでも、仮の話です。数学は、物理(現実)と違い、なんでも許される楽しいです。

Aベストアンサー

(3)だと思います。さて、

>更に、曲がった空間が時間の経過に従って、密度の濃さに比例して、

という言い方からして、リーマン幾何より
一般相対論を意識しているんじゃないんですか?

>物理学における物質の大きさは一定

この大きさというのはボーア半径とか、
太陽の大きさみたいなものを指しているわけですか?
それなら、確かにそうですが、それらは大きさが
幾何学的な要因で決まるのではなく、
電磁気力などの他の力の影響のほうが大きくなります。
このへんについては、
池内了著「宇宙と自然界の成り立ちを探る」
が詳しいです。

どうもおっしゃりたいことが分からないんですが、
物理指向(一般相対論など)なのか、数学指向(リーマン幾何)なのか、
数学指向ならば、密度、物質の大きさといった
ここでの物理用語をどう定義するのか、
物理指向ならアインシュタイン方程式を仮定するのか、
それなら、数値相対論とはどのへんが違うのか、
あたりを説明していただかないと先へは進めません。

Q赤伝票や仕入帳など帳簿の書き方などが分かりやすく、書いてある本を探して

赤伝票や仕入帳など帳簿の書き方などが分かりやすく、書いてある本を探しています。

こんにちは、僕は26歳男子です。

入金・出勤伝票などの伝票や仕入帳・総勘定元帳などの帳簿の書き方などを分かりやすく書いてある本を探しています。

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一人で学べる簿記入門

西東社 定価1000円

簿記の基礎がわかりやすく解説してあり
練習問題もあって役立ちました。

Q代数学、幾何学、解析学から更に細分類化すると?

数学の分野の分類は
第一段階として
代数学、幾何学、解析学の3つ大別されると思いますが
第二段階としてこれらから
夫々どのように大別されるのでしょうか?

Aベストアンサー

何を持って「第一段階」なのか・・・・
代数でも,幾何でも,。解析でもないもの
数学基礎論なんてのもあります.

ちなみに日本数学会の分科会は
以下のように構成されています.

(1)数学基礎論および歴史
(2)代数学
(3)幾何学
(4)函数論
(5)函数方程式論
(6)実函数論
(7)函数解析学
(8)統計数学
(9)応用数学
(10)トポロジー

これからみると「解析」がやたらと
細分されているようにも,実際(4)から(8)は,
普通の人からみれば「解析」に見える感じですが,
(4)から(6)はかなり幾何というかトポロジー的な知識も必要ですし,
個人的には,(4)は幾何だと思ってます.
そうそう単純に分類できるものではありません.

日本の数学の「お家芸」とでもいえるものに
代数幾何とか代数解析なんてのが
ありますが,これらは本当に「何でもあり」です.

Qタイピングソフトを作るためのレクチャー本やサイトを知りたい。

 英文タイプで問題をシャッフルさせず、かつ長~い問題も表示できるタイピングソフトを探しているのですが、見つかりません。それで自分で作ろうと思うのですが、レクチャーのある本やサイトをご存知の方いましたら教えていただけないでしょうか。言語はBASIC系やC言語系が好ましいですが、この際言語は問いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原理は
「キー押下時に文字列の一致を確認して再描画命令」
に尽きる。
---

その「原理」は、非常にシンプルなソースコードなのだ。
以下2つ見本。

・ここ(※書籍、JavaScript)
http://www.openspc2.org/zukai/
(■第15章の「タイピングゲーム」というリンクをクリックすると、
JavaScriptで書かれたページにたどり着ける。
そのページのHTMLのソースをみると、JavaScriptも見られる)

・ここ(※講座、VisualBasic)
http://g0000.hp.infoseek.co.jp/html/vb/typeword/index.html
(http://g0000.hp.infoseek.co.jp/top.htmlの
「プログラム講座 VisualBasic」からたどりつける)

---

あとは「ファイル入出力」と「画面表示」をどうするか、だけだから、
なんとかなるかも?

Q代数学とは。幾何学とは。

一口に言うと、代数や幾何はどのような学問でしょうか。
(代数というと中高校レベルの連立方程式を解いたり、線形代数などのことはおよそ知っています。また、幾何というとユークリッド幾何は昔やったことがあります。)

Aベストアンサー

代数学というのは,数の構造の本質を研究する学問です。
中学のときに文字式を習ったときのことを思い出して下さい。
負の数が登場して(-1)*(-1)がなぜ+1になるかを説明付ける
のに,交換法則や結合法則や分配法則を駆使しましたね。
また,高校で複素数を習ったときも,実数の四則演算が
(well-definedに)拡張できることを示しましたね。
あのような探求をとことん突き詰めた状況をイメージして
いただければよいでしょう。

幾何学とは,図形の本質を研究する学問です。
「図形と方程式」のように数式で図形を表現する代数幾何学,
微分積分を用いて図形量や性質をとらえる微分幾何学など,
いろんな道具を駆使して研究します。

ユークリッド幾何は初等幾何学に属します。ちなみに,
「初等」とは易しいという意味ではなくて,理論を駆使しない
という意味で,とらえようによっては難しいと言えます。

大学の数学も高校の数学と本質は全く同じですが,
高校までの数学は基礎の基礎なので,それだけでは
数学全体をイメージするのは難しいかも知れません。

代数学というのは,数の構造の本質を研究する学問です。
中学のときに文字式を習ったときのことを思い出して下さい。
負の数が登場して(-1)*(-1)がなぜ+1になるかを説明付ける
のに,交換法則や結合法則や分配法則を駆使しましたね。
また,高校で複素数を習ったときも,実数の四則演算が
(well-definedに)拡張できることを示しましたね。
あのような探求をとことん突き詰めた状況をイメージして
いただければよいでしょう。

幾何学とは,図形の本質を研究する学問です。
「図形と方程式」のように数...続きを読む

Q護身術の本を読んで変に警戒する

護身術の本って読むのほどほどにしといたほうがいいですよね。
だって、読みすぎたら変に警戒して人の顔色うかがうみたいになっちゃうんじゃないでしょうかね?

Aベストアンサー

基本的に護身術は専守防衛手を掛けられるなり、何かしらのアクションがあってからその掛けられた手をひねった後次の攻撃に移りますからそれまでは気構える必要はないです。

むしろ余計に気構えていると相手の特定の攻撃への対処しか出来ませんので護身できません。

ありとあらゆる護身法をマスターして、相手の攻撃に対し適切な処置を選び最小の体の動きで最大の防御を行う、コレが護身術です。

Q幾何学の補助線と代数学の媒介変数のはたらき

この二つの働きは数学的立場から厳密に同一のものでしょうか。

Aベストアンサー

媒介変数表示のことかな?

かたや図形問題を解きやすく、考えやすく
する線、
かたや、曲線や曲面等を代数で表すひとつの
方法。

図形絡みという以外は
全然関係ないですね。


人気Q&Aランキング