痔になりやすい生活習慣とは?

知り合いが
副業の給料が
4~5年たっても上がらないので
昇給願いをかきたい、、、と相談されました。

昇給願いの書き方など参考になる
HPありましたら
おしえてください

昇給などで検索はしたのですが、、

なんとなく文章が思い浮かぶものの
頼まれたものなので
なるべくきちんとした物をと思っています。

参考にできるものがあればおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

皆さん言われるように、昇給願いなど出すものではないので、検索しても出てこないのが当然です。


要は、交渉事ですから、権限のある方に、口頭で交渉(相談)するのが普通です。
「4~5年たって、経験も積み、技術?レベルも上がったと思いますので、そろそろ少し賃金を上げていただけないでしょうか」というように言ってみてはどうでしょうか。相手が上げても良いと思うならタイミングを見て上げてくれるでしょう。
 後は、自分に自信があれば、「上げてくれなければやめます」を言ってもいいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

数々の回答
たいへんありがとうございます。

まとめてお礼、返信させてください。

昇給申請というのはききますが
願いというのはたしかに聞きません

口頭での交渉はしました。
うやむやにされてる感じがします。
昇給というのはその知り合いだけではなく
その課にいる経験の長いアルバイト全員の希望です。
もともと時給はやすかったので
今までにアルバイト同士では低時給の話は
しょっちゅうしていたそうです。
また親会社の隣の職場での時給から比べても100円ちがいます。

やめていったものが
すぐ近くで同じような職種につき
なにやら引抜をはじめているらしく
古株のアルバイトは3分の一ぐらいやめていきまいした。
時給でいうと200円ぐらいちがうそうです。
そんなことも今回のことの引き金になっています。

またこれから夏にむけて
仕事量もだいぶ増えそうなので
人手不足に加えて、低い時給ではと
何人かはあがらなければやめるつもりでいます。

時給だけ考えればやめていい給料の職場に行けばいいのですが、
休みの取り方、シフトの関係など考えると
やはり 働きなれたところで働けるのがベストなので、、

時給の決め方は働き云々ではなさそうです。
働き始めてまったく時給は上がっていませんし、
今回始めて発覚したのは社員も時給ではたらいていて
アルバイトよりはいくらかはいいという時給で働いていることを
しりました。
景気の悪さからでしょうか
まぁ 社員が時給でというのは珍しくはないのかも
しれませんが、、、

お礼日時:2007/05/30 17:27

「昇給願い」という言葉を初めて聞きました。

ましてや「昇給願いの書き方」なんて一度も聞いたことがありません。
その企業でそういう制度があるのであれば話は別ですが書くだけ無駄になる可能性の方が高いですよ。
本業であれば昇給しないのは切実でしょうが「副業」ですよね?本業としてその仕事に全力を集中させられない以上は昇給がなくても仕方ないのでは?
少なくとも私が経営者であったら自社の仕事を副業と捉えている人に昇給は積極的には考えないです。人並みはずれた成績・実績を出さなければ副業での昇給は難しいと思います。
    • good
    • 0

給与は支給者が決めるものです。

口頭でのでお願いは自由ですが、昇給願いなる文章はいまだかつて見たことがありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルバイトの時給を上げてあげたい。

初めまして、初めての質問です。
早速ですが、誰か教えてください。
上司に、アルバイトの時給UPの交渉をしたいのですが、
書類(文章)で出したいのですが、これは稟議書で出すのか
それとも申請書、伺い書?、どれで出せばいいのですか。
又、その内容、要点、などあれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それぞれの文書の使い分けについて一般的に示してみます。

稟議書:自己の担当業務に関連して、管理権限・決裁権限のある人に回送して決裁・
    承認を求める場合
上申書:自分の権限外の業務について、所管部署あるいは決定権者に検討・対処を
    お願いする場合
申請書:規則や取扱規定などに従って、決定権者に直接、事柄の許可・承認を求め
    る場合
願 書:決定権者・担当者に、事柄についての対処・処理をお願いする場合
伺 書:決定権者・担当者に、事柄についての判断・解釈を尋ねる場合

「アルバイト時給のUP」を上司に求めるとのことですが、kojaさんはアルバイト料を決定する事務に関わっていらっしゃるのでしょうか?だとすれば、「稟議書」でよろしいと思いますが、アルバイト料を決定する事務には関わらないのであれば、「上申書」が適当かと思います。
もし、上司もアルバイト料の決定には関わらない(他の部署が決める)のであれば、担当部署宛の上申書を作成して、上司の検認印を受けて提出することになるものと思います。

内容は時給加算を求めるものですから、対象者氏名、引き上げようとする額、引き上げの理由、引き上げの効果などは、最低限必要でしょう。

試みの座興で、拙い試案を作ってみました。

(例)----------------------------------------------------------------
                             平成15年1月16日
○○○○部長 殿
                     ××××課××××担当 KOJA

       アルバイト「甲山 乙」の時間給改訂に関する上申の件

 表記の件につき、以下のとおり上申いたしますので、ご検討いただき本案どおり
にご決定いただけますよう、お願い申し上げます。

                   記

一、改訂案の内容
  対象者氏名:甲山 乙
  担当業務内容:接客ならびに陳列棚の整理・補充、店内清掃、納品受領事務 他
  時間給改訂案:時間あたり賃金を○○○円引き上げて金○,○○○円とする
         [現在は時間あたり△,△△△円]
  改訂の時期:平成15年2月1日より

二、改訂の理由
  甲山乙は現在、毎週□曜日から◇曜日における○時から△時の就業となってい
  ますが、同人は業務に精通しておりますので、より難度の高い日計業務、在庫
  管理業務に従事させたいと考えます。このため、業務内容の高度化に伴い、時
  間給を引き上げることが適当と考えます。

三、改訂に伴う効果
  時間給の引き上げに伴って甲山乙に関する社会保険料の会社負担、時間外手当
  が増加しますが、現在同業務に従事している社員△△の就業時間を軽減できる
  ため、総労務費としては軽減できるものと考えます。

                                   以上
----------------------------------------------------------------------

それぞれの文書の使い分けについて一般的に示してみます。

稟議書:自己の担当業務に関連して、管理権限・決裁権限のある人に回送して決裁・
    承認を求める場合
上申書:自分の権限外の業務について、所管部署あるいは決定権者に検討・対処を
    お願いする場合
申請書:規則や取扱規定などに従って、決定権者に直接、事柄の許可・承認を求め
    る場合
願 書:決定権者・担当者に、事柄についての対処・処理をお願いする場合
伺 書:決定権者・担当者に、事柄についての判断・解釈...続きを読む

Q給料交渉をメールで!ってどう?

すでに何ヶ月か働いていて仕事の量も増え
給料もそろそろ上がっても良いかな?という時期にいます。
ただ私も上司も何かと忙しく、なかなか話す機会がありません。
本来ならちゃんと話し合いの場を持つべき事は分かっていますが
とにもかくにも会わないんです。
それでメールで伝えようかなと思っています。
もちろんメールを出したあとに話す機会があれば話しますし、
もしかしたら上司の方から声をかけてくれるかもしれません。
上手くいけばメールで交渉成立なんて事も・・?
これって失礼な事なんでしょうか?
上司からしてみても、いちいち話す時間を取るよりは
こっちの方が手間がかからないかな?と思うのですが・・
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

失礼だ、ということもありますが、人の機微をそう言う交渉事に利用しないなんて・・・あなたの方に圧倒的に不利ですよ、それ。

今回の交渉毎では、決定権が会社にあるわけですよね。あなたがいくらごねたところで、ごたごた言うなら、解雇、という事だってあり得るわけです。それを押しても実力に自信があるなら他の会社でどーぞ交渉して下さいって言われ兼ねない。

会社にしてみればメールで交渉というのはやりやすいと思いますよー。顔つき合わせるよりNOって言いやすいですからね(^^;

今回の所はいくら時間が合わないと言っても、必要と言えば必要なことな訳ですし、時間を作りたがらない時点で会社が面倒くさがっているのは明白(当然ですが)。どうせ交渉するなら有利に運んだ方がよいとおもいますよ。

Q社長から昇給のお知らせメールがきたのですが・・・

質問させていただきます。
現在従業員数が30人満たない、和気藹々とした会社に勤務しているのですが
社長から直に「特別昇給のお知らせ」メールが届きました。仕事ぶりを認めて頂いたのがすごく嬉しいのですが
当方はあまりメールをうつことのない職種で、こういったことが初めてで、マナー的にどういう形で返信を返したらいいのか戸惑っています。
手紙かな?とも思ったのですが、昇進というわけでもないのでおかしいのでしょうか・・・。

ご回答いただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

No.2の方が仰るように、昇給のお礼を言う必要はありません。
しかし、メールを返信しなければならないので、その際に「メール拝見しました。今後も努力いたします。」という程度のコメントを添えれば十分です。

社長からメールで連絡が来たのには、それなりの理由があるでしょう。
別室に呼び出して直接伝えるほどではないと判断したのか、あるいは、他の人たちに配慮して気づかれないようにしたのか、いろいろ想定されます。
とにかく、メールで来たらメールで返す、口頭で伝えられたら口頭でお礼や抱負を述べるという対応になるでしょう。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング