教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

自己中心的で、過干渉かつ心配性の母親のことで、皆さんのご意見を賜りたいです。40年来、この母が最大の悩みの種でした。黙っていれば、美人で見栄えがよく、いいところの奥様然としていて(本人もそう振舞っている。見栄っ張り)友達も社長婦人等、華やかでレベルの高い人たちが多く、一般庶民を見下した言動を憚りなくします。自分は、ごく普通の会社員の妻でしかないのに。
自分は、特別なんだという自負とプライドが鼻につき、親戚や近所の人々とは、常にトラブルを起こす始末。というのも、人の問題にずかずか土足で入り込んで、いっぱしの意見をいい、その人を自分に従わせようと無意識に企むのです。まんまと従わせれば満足、そうでないと、自分に従うまで、しつこい言葉攻撃が始まります。

まず、そのターゲット以外の人に、ターゲットの悪口を吹き込み、自分の味方につけ、そのひともターゲットに攻撃をしかけ、自分の援護をするように謀ります。大概、母の所業にうんざりして、周りの人は適当に合わせるようになるので、ますます増長の一途。あらゆる人間関係に対しておなじ手口を使うので、家庭も常に母が引き起こす揉め事が絶えませんでした。子供の私たちには心配と大儀を掲げて、強烈な干渉と搾取をし続けてきました。

人の問題に口を突っ込み、小さな問題を大きくし、解決を手助けすると見せかけて、事態を悪化させ、都合が悪くなると逃げる。それでいて自分が悪いとは露ほども思わない。何度でも繰り返すわけです。本人は善意、相手のためを思ってと本気で信じ込んでいるので、性質が悪い。自分は世界一良い人間で、世間を代表するような良心をもっているから、みんなに認められ感謝されてしかるべきだと。

夫である父は、仕事とそんな母に対する長年のストレスで、酒におぼれ、糖尿病を悪化させ、足をうしないました。母は、お酒の飲みすぎについての小言(DVもありました)を言い暮らしてきたので、父のこの事態は、自分の言ったとおりになったと自己満足させ、自分の言うとおりにしていれば間違いないのだと、支配を強化する口実にしてしまいました。もはや、体の効かなくなった父は、母のロボット状態です。

弟は、母の性格を熟知して、母に厳しい指摘をしたり上手に対処してきましたが、結婚し(もちろん穏便にはいくはずなく)お嫁さんと母の板ばさみで苦労しています。綺麗ずきの母と片付けべたなお嫁さんが上手くいくはずなく、家は父の持ち物なので、今度綺麗にしていなかったら出でいけといわれているそうです。

私は、そんな親の問題に長年振り回され、結婚をあきらめていたのですが、あろうことか母は、私が結婚せず母の面倒を見るという老後の青写真を嬉々として描いていたのです。本気で恐怖すら覚えました。昨年、結婚を決意したのですが、母の支配から逃れるためというのが、偽りない本心です。幸い、主人もその両親も慎ましやかで明るい、良い人たち(とくに義理の母は情があり、さっぱりした気性で、つきあいやすいひと)でしたから、母の息苦しい支配から逃れて、とても幸せに感じています。

しかし、母は私が支配下から逃れたことは面白くなく、まして義理の母ととてもうまくやっていることが悔しくてならない。結婚式や新居、新生活のことを夫と二人で決め、母にお伺いをたてなかった事が気に入らない。繰り返しますが、私は今年40歳です。

それでも、世間の母親は、子供に干渉する義務があり、当然のことをしている。世間体という大儀を振りかざしながら、私の家庭や夫の実家にまで魔の手を伸ばそうとしているのです。今の穏やかで平和な生活を、二度とあの母に乱されたくない、夫や義母たちに迷惑かけたくないと強く思っています。自分が苦しいところにいるのは、長年の経験もあるので絶えられますが、周りに災いが及ぶことだけは耐えられないです。

この手の人間に、心は、言葉は通じません。すべて自分の都合のいいように捻じ曲げられ、利用されるだけです。避けられているとわかるや、強引に擦り寄ってきて、自分が漬け込む隙がないかを常にチェックしているようなひとなのです(いまも毎週、探りの電話があります)ほとほと、このひとの扱いには手を焼いてきましたが、実害が新生活にも及びそうな今日この頃、皆様のお知恵をお貸しください。最近、私は手術をしたので、気力体力が下がっているせいかもしれないのですが、疲れ果ててしまいました。

gooドクター

A 回答 (4件)

 子供の母親仲間にあなたのお母さんのような人がいて、何回も誘いを断っていたら、(その人の仲間の悪口や口外されたくないだろう秘密を、本人がいない時に言うのを何度も聞いたからです)悪口を言いふらされて、散々な目にあったことがあります。

我が子がその人の子より成績がかなり良く、嫉妬されていた事もあるようですが。
そういう経験から、あなたのお母さんの迷惑さがよく分かります。こんな人は変えられないし、行動力がありそうなので、没交渉にするのも難しそうですね。
あなたの相談を読んで、早く手を打った方が良いと思ったことがありました。ご主人やお義母さんにお母さんの事を話されていないことです。この手の人間は、嘘をついて周りを丸め込む事が上手なので、放っておいたらあなたに悪い感情を持つ事になりかねません。一度信じてしまった嘘をひっくり返すのは、至難の業です。私も母親仲間のそのお母さんから悪口を言われたとき、同じ土俵に乗らない方が良いと思って無視していたら、信じる人が多くて驚きました。今の世の中は、言った方勝ちのようです。ですから、せっかくいい関係のご主人とお義母さんに自分の親の悪口は言いにくいとは思いますが、先手必勝ですよ。
 ただ、言い方は気をつけないと、親不孝な人間と受け取られる恐れもあります。自分が経験していない事は、理解するのが難しいからです。特に、いい親を持っている人に、親の悪さを伝えるのは難しいです。その点を考慮して、あなたが今まで本当に深刻にお母さんの事で困って来たと、上手に伝えられるよう、頑張ってください。再び書きますが、先手必勝です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

Kubukurinさん、はじめまして。
丁寧なコメントありがとうございました。

夫や義母を、私の実家の煩わしいことに巻き込みたくないとずっと思ってきました。でもやはり、どこかで夫や義母に母のことは話したほうがよいですね。母に吹き込まれたことで、下手な誤解をされる恐れはたしかにあるので。また、簡単に信じられてしまうのも、悲しいことですね。

そして、言い方を誤れば、逆に親不孝ととられる。確かにそうですね。夫の実家は、家族仲、夫婦仲も大変良い家庭です。このような話は、なかなか理解してもらいにくいことだと思います。

十分に配慮した上で、まずは夫に理解してもらえるように努めてみようと思います。皆様のアドバイスを生かせるよう「先手必勝」で頑張ります!

お礼日時:2007/06/10 19:55

マインドコントロールから抜け出すのは相当な覚悟が要ります。



わたしは50をすぎた子持ちのおばちゃんですが、
幸い?に6歳離れた妹が次の犠牲になってくれて、
ワンクッションありましたので、姉妹で分担?して現在に至ってます。

あなたは、新生活を始められても、お子さんが居ない?
さらに、お仕事を持っているようにおみうけしませんが
それらの、自分の時間があるということが
結果として「母」の介入を許す時間を総量として増やす結果になります。

そうそう、職場にまで連絡するものでもないですし、
職場によっては常に在籍しているということもないので
連絡も取れない。
子供が病弱なら、そうも無理も言えない。

そんなこんなもあって、連絡がつかない状況を必要とする私は携帯を持ちません。

我が家の電話はかならず留守電です。
外からチェック。

必要な連絡はメールでパソ派。
さすがに80に手が届く母にはココまで追ってこられない。

さらに、自分を忙しく、連絡が取れないという時間が自分を救います。

ですので、健康を回復されたら、「母」以外のことを考える時間で自分の生活時間を埋め尽くす。
さらに、それゆえに、連絡のつかない生活をする。

つまりは、「母のために、母の言うようなことことができる、
使える時間はないよ」とのメッセージを具現化した生活をすることです。

逆に言うと、あなたが暇な限り、「実母」の呪縛は
物理的にも心理的にも抜け出すのが困難です。

相手(実母)のほうがもっと暇で、もっと、熱意を持って迫ってくるのだから。
それに、ボケも入ってくると、恥を知りませんから、待ったなしの手口を使います。

義母様、だんな様の障壁は実際には役立たない。
実母様にとっては最初から、部外者だから、彼らがどんな振る舞いをしても痛くもかゆくもないのです。

健康を回復したら、まずは、忙しいと思える生活を始めることです。
携帯を持たないというのも、実利があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

bekky1さま、はじめまして。
丁寧なコメントありがとうございました。

「実母が暇」たしかにこれが原因なのですね。周囲の人間の状況を全部自分で把握し、仕切らねば気がすまない。それで、弟のところに私の状況の、私のところには弟たちの状況の探りを入れてくるのですね。ちなみに、今の母の住まいは遠方です。

自分の無理な要求を、人にどんな手を使っても従わせるのが生きがいのひとです。こんな母なので、誰からも信頼されていません。大事な話ほど人に話したがる母です。自分が人の知らない話を自分だけが知っているとアピールしたいのでしょう。本当に大事な情報からは、必然的に遠ざけられる。勘は人一倍よいので、そうされればされるほど一層、自分から介入しにいくという繰り返しです。

私は、40歳になりますが、昨年結婚したばかりで、まだ子供がおりません。仕事はしています。先ごろ入院しましたが、婦人科系の病でしたから、しばらく当分は子供は望めそうにないのです。

もし子供がいたら、孫に会いに来る、孫の面倒をみると称して介入されるのは容易に想像がつきますので、これは不幸中の幸い。

母には、あえて携帯番号は知らせていません。家の電話に、仕事からの帰宅時間、休日の朝出かけていない時間を狙いすましてかけてきます。家電も、私から教えたのではなかったはず。巧妙に聞き出したのでしょう。

電話に無視を決め込むこともありますが、その次の電話(たとえば弟のところから嫁にかけさせて代わるとか)で、どうして繋がらないのかと滔々と恨み言を聞かされるので、正直に出て聞き流したほうが得策です。

うちの場合、仕事で忙しいは大した防壁にならないかもしれません。職場にさえ堂々と電話してきますから。「母を暇にさせない」本当にこれができればいいのですよね。

夫や義母は、事情を知りませんし、あてにすることはできません。最近では、母が義母に接近しては私のあることないこと、吹き込んでいるようなのが気がかりです。そのことを得々として、私に知らせてくるくらいの厚顔さですから、如何ともし難いです。

同じ被害者である弟たちとは、さいわい協力関係ができていますので、励ましあって頑張っています。

お礼日時:2007/06/10 13:50

以下の本がぴったりで、ほぼカバーされていると思いますよ。



毒になる親―一生苦しむ子供 (文庫)
スーザン フォワード (著), Susan Forward (原著), 玉置 悟 (翻訳)

出版社/著者からの内容紹介
悩める人生のトラウマは「親」!!勇気をもって親の呪縛をとく!!
子ども時代に植えつけられた不安、怒り、過剰な義務感、つきまとう罪悪感が、大人になったあなたに害を与え続ける!!親に奪われた人生を取り戻すための名著!!

●子供が従わないと罰を与え続ける「神様」のような親
●「あなたのため」と言いながら子供を支配する親
●大人の役を子供に押しつける無責任な親
●脈絡のない怒りを爆発させるアル中の親
「毒になる親」に傷つけられた子供の心は、歳を重ねても癒されない。悩む数千人の人々を20年以上にわたってカウンセリングしてきた著者が、具体的な方法をアドバイスする“現実の希望”にみちた名著!!

http://www.amazon.co.jp/%E6%AF%92%E3%81%AB%E3%81 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

dream375さま、はじめまして。
コメントありがとうございました。

「毒になる親」ぜひ手に入れてみようと思います。「あなたのため」と言いながら子供を支配する親。まさに我が家にぴったりです。

ずっと表向きは、不自由のない良い家庭、良い家族、良い妻を装ってきたし、父が酒乱(実は母のストレスのはけ口だった)なので、私たちは、母は被害者なのだとずっと信じ込まされてきたのです。いわゆる洗脳ですね。

自分の要求に人を従わせるために、あらゆる策を弄する策士の母。祖父が孫の私たちの将来にと残した貯金も、祖父が祖母に送った結婚記念の指輪も、まんまと手に入れてしまいました。すべて、「いずれ子供(私)にあげるから」と私を山車にして言いくるめたのでした。他人であれば、窃盗にもあたるのではないでしょうか。

指輪は、老人ホームに入る際、大事な思い出の品だから保管して欲しいと、私に託されたのですが、指輪の存在をかつてから知っていた母は、当然自分がもらってしかるべきだと、私から奪っていきました。

祖母と仲が良い私と険悪な母。まるで財産目当てに祖母に私が取りいって、自分がもらうはずのものを横取りしたかのような言われようでした。これが母の正体です。もはや、親子の情をもってしても庇おうにも、庇いきれるものではありませんでした。

世の中、一筋縄ではいかないものです。すべての元凶、加害者であった母の正体を知るまでに本当に、長い時間を費やしました。そのための一番の助けとなったのは、心理学の知識より、実は推理小説だったのです。

策士に対抗するには、こちらも経験と知恵が不可欠ですね。謎が解けた今、呪いは効力をなくし、迷惑な加害者がいるだけです。

お礼日時:2007/06/10 11:50

30代、既婚女性です。



本当に実の親との関係は根深いものがありますね。
私も実母との関係に悩む一人です。
本当に、心中お察しいたします。

重く湿った過度の愛情。
それは、もはや愛情ではありません。
親の勝手なエゴの押し付け、虐待に値します。

suzaku55さんは今、お母様と対峙する気力がおありでしょうか?
私の親もそうですが、お母様はsuzaku55さんに依存していますよね。
覆いかぶさっているといってもいいくらいだと思います。
お母様ときっぱり一線を引かなければ、この先ずっと続きます。

電話が来ても、「電話してこなくていい」
訪ねてきても、「来なくていい」

このような態度でお母様に接してはどうでしょうか。

冷たい娘だと、お母様から言われると思います。
周囲からもそういった声もあるかもしれません。

でも、これは、お母様が自立してくれることを願ってのことです。
逆に親に対する娘の愛情だと私は思っています。

ご主人はお母様のことをどの程度知っておられるのでしょうか?
理解してくれていますか?
ご主人にも、自分の考え、スタンスを相談し協力してもらうことも必要と思われます。

また、親と子の関係について知識を得ることも有効です。
私は友人から教えてもらい、少し楽になりました。
ちなみに、私は「毒になる親」という本を読みました。

あと、心理カウンセラーに相談することも有効と思います。

今、とても辛い心情であることと思いますが、
どうぞ気持ちをしっかりと持ってください。
影ながら応援しています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

miupiさま、はじめまして。

丁寧なコメント、どうもありがとうございました。なかなか打ち明けられない、この話題を共有できたことで、ずいぶんと心が軽くなった気がします。

本当に親との問題は、子供の人生に大きな悪影響を及ぼすものですね。私は、結婚することで、物理的に親から離れることができましたが、同年代の結婚しない友人のほとんどは、親との難しい問題を抱えた人ばかりです。社会問題とされている結婚しない女性の影に、問題のある親在りなのです。

学生時代は心理学を選考し、自分なりに親との問題を改善するすべを探ってきましたが、いまだにこれといった解決策は見出せないままです。カウンセラーに相談しても私の心の支えになってくれたものの、問題の解決にはなりませんでした。人の心を変えることは、人にはできないですから。自分が変わろうとしない限り。

私にとって幸運な大転機となったのは、岩月謙司氏の著作「母親よりも恵まれた結婚が出来ない理由~女性の『オトコ運』を母親の嫉妬がくるわせる」と「娘の結婚運は父親で決まる 家庭内ストックホルムシンドロームの自縛」に出会ったことでした。まさしく、我が家の事態の深層心理を的確に突いていたのです。辛い真実(母親は娘の幸せを決して望んでいない)に向き合うことにもなりましたが、ならば自分で幸せになってやろうと前向きになれたのです。(興味がありましたらご一読くださいね)

母に対しては、電話が来ても「電話してこなくていい」、訪ねてきても「来なくていい」とあしらっています。実際、母には冷たいとののしられますが、こんなことくらいでめげるような母ではありません。父や仲の悪いお嫁さんや主人や義母にかこつけて、電話してきたりやってきたりするのですから、大した策士ですね。

入院のときも、迷惑なので断りましたが無理やり数日居座りました。私を心配してと口先は言いますが、義母への手前、対抗心なのは明白です。

すでに、夫や夫の実家に対して、無理をいったりし始めました。母のやり口を知っている父や弟が、阻止しようとしてくれましたがまるで無駄でした。

母のことを主人には詳しく話していません。巻き込みたくないのです。話せば力になってくれる、守ってくれる人だとは思います。かといって母と対峙する気力は今とてもありません。やっと手に入れた休息のような日々が、脅かされるのが辛いです。

お礼日時:2007/06/09 23:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング