新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

先日、不慮の事故よりE4cが完全に断線してしまいました。
イヤホン部から1m程ケーブルが残っているので、自分でステレオプラグを取り付け修理しようと試みたところ、うまく音が鳴りません。

ネット上を検索しても有力な情報が得られなかったので、詳細な修理方法を教えていただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足ご連絡有り難うございました。

了解致しました。

ハンダ付けの留意点について、とりあえず思いついたことを下記致します
(釈迦に説法かも知れませんが・・)。

1.右リード線(赤色)は左よりも2~3mm短くし、
 左右とも先端2mm位の被覆を剥いて予備ハンダしておきます。
2.リード線に予備ハンダをすると、新しいプラグの端子の穴に
 通らなくなるかも知れません。
 その場合は、全端子に予備ハンダをしておきます。
(端子に予備ハンダすると穴が塞がりますので、穴に線を通す場合は
 予備ハンダは避けた方が良いでしょう)。
3.プラグ本体に最も近い中央端子(左チャンネル)は端子の内側に、
 その上の端子(右チャンネル)は外側にハンダ付けします(ショートを避けるため)。
4.グランド端子の場合は、キャップをはめる時に邪魔にならないように、
 適当に巻き付けてハンダ付けします。
5.ハンダ付け後、グランド端子のタブ(耳)をカシメて導線を固定します。
6.ハンダ鏝は、小さいもの(20~30W位)の方が使いやすいです。

他に疑問点などありましたら、また補足でお問い合わせ下さい。
うまく修理できると良いですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼のほう、大変遅れまして申し訳ございません。
書き込んでいただいたとおりに修理したところ、
右、左チャンネルともに問題なく音が出るようになり
完全に回復いたしました。

もう駄目かと思ったイヤホンが復活して、
とてもうれしく思います。

懇切丁寧かつわかりやすい説明のほう、
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/06/30 22:07

プラグ以外の部分は大丈夫そうですね。



もしや、と思っていましたが、リード線はリッツ線でしょうか。
リッツ線というのは、細いエナメル銅線を何本か撚り合わせて作ったもので、
細い線一本一本が絶縁されています。
高周波回路に使われるほか、繰り返し曲げられても断線しにくいので、
ヘッドホンのリード線によく使われます。
もし、ヘッドホンのリード線が細い線の撚り合わさったもので、
赤・青などの色が付いていたら、リッツ線です。

この線のエナメルは、剥がさなくてもハンダ付けが可能な、
いわゆるウレタン線であることが殆どですが、
裸線の場合よりも加熱時間を十分長くしてやらないと、
エナメルが融けないのでハンダ付けが不完全になります。

恐らく、上記の理由による不完全ハンダと思いますので、
プラグに付ける前に予備ハンダをしてから、もう一度試みて下さい。
それでうまく行くはずです。

この回答への補足

どうやらリッツ線のようですので、長めに時間をかけて予備半田してみました。

新しいプラグが来るまで後3日ほどあるので、まだ修理が成功するかわかりませんが、半田付けの留意点等を教えていただけないでしょうか?

補足日時:2007/06/16 12:25
    • good
    • 0

左チャンネルのグランド(アース)線のハンダ付け、中央端子(左チャンネル)への


ハンダ付けが完全で、ショートも無ければ、原因としては下記が考えられます。

(1)ミニプラグの寸法がオリジナルのものと微妙に違うため、プラグの先端
 (左チャンネル)と、機器の端子との接触が不完全である。
(2)コードが引きちぎられた時の衝撃で、切断部からイヤホンまでの途中、または
  イヤホン内部で断線した(この場合はアマチュアには修理困難)。

まず、ハンダ付けを外すなりして、(2)の断線の有無を確認して下さい。
テスターがあれば簡単に確認できる筈ですが(抵抗値のほか、ガリガリ音がするので)、
テスターをお持ちでないときは、手作り電池でガリガリ音を確認して下さい。
(私は乾電池を使ったりしますが、高価なヘッドホンを故障させてはまずいので)。

材 料:10円硬貨(または銅板)、1円硬貨(またはアルミ箔)
    コップの水50CC位、塩大さじ1杯、キッチンペーパー1枚
方 法:塩水を作り、適当な大きさ(2cm角位)に切ったキッチンペーパを浸し、
    少し水を切ってから、10円と1円の間に挟む。
    10円がプラス(+)極、1円がマイナス(-)極の電池になる。

ヘッドホンの線を上記の両極に当てると(プラス・マイナスはどちらでも良い)
ガリガリ音が聞こえる筈。

左右とも同じ大きさに聞こえれば問題ないので、必ず修理できます。

この回答への補足

(2)の方法を試したところ、問題なく左右のチャンネルから音が出ました。

その後いろいろと調べたところ、リッツ線という単語が出てきたのですが、何か関係があるのでしょうか?

補足日時:2007/06/15 16:47
    • good
    • 0

どのような修理をされてうまく行かなかったのか、がよく理解できませんので、


取り敢えず、下記の質問(ヘッドホンの修理)をご覧になり、お訊きになりたい
事項やこの例との違い等を補足して頂けませんか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3031905.html

この回答への補足

状態は、イヤホン部から1mほど残っている状態で、線が完全にちぎれている状態です。
ですので、新たにプラグを取り付け、修理しようとしたところ、左チャンネルの出力が異様なまでに小さくなってしまったというわけです。
尚、半田付けはステレオミニプラグに、グランド・外側端子・中央端子にしてあります。

補足日時:2007/06/14 17:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qformat→「無効なドライブ指定です」…?

HDをキレイにフォーマットして、
OSを再インストールしたいと思います。

それで、コマンドプロンプトから
「format c」と打ち込みました。

すると
「無効なドライブ指定です」

となったので、
次に「format」だけを入れてみると

今度は
「必須なパラメータが指定されていません」

と表示されました。

以前はうまくできたような記憶があるのですが。???

Aベストアンサー

「format c」
cの後の「:」が抜けています。
「format /?」とやってヘルプで確認してみましょう。

QBig Driveへ Windows2000インストール

 200GのHDを購入しましたが、Windows2000のインストールができず困っています。何方かわる方、教えて下さい。
 マザーボードは、BigDrive対応で、BIOS上で200Gを認識しています。また、インストールするCDは、以下の手順でSP3をあてています。
http://homepage2.nifty.com/winfaq/wxp/setup.html#1421
現象:フォーマット途中で異常終了

Aベストアンサー

インストール後(SP3)ならレジストリの変更で、取り扱えるのですが、初期値では、137Gを、越えられませんので

WinFAQ「Windows 2000/XP で 137GB 以上の IDE HDD を使うには?」
http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/device.html#1416

恐らくWin98のインストーラーが64Gを、越えるHDに、正しくインストール出来ないように

2000のインストーラーでも137Gを、越えると正しくインストール出来ないでは?

137G以下のディスクにインストール後に、ソフトを、使ってOSの引っ越ししらいしか思いつきません

参考URL:http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/device.html#1416

Q何台までLAN接続可能なのでしょうか。

現在、ヤフーBBでバッファロールーターBLR3-TX4Lにつなぎ、そこからバッファローのハブやコレガのハブ等利用し、16台のパソコンを有線LANにて利用しています。マックが6台、ウィンが6台です。
ところが、13台目、もしくは14代目がうまく繋がりません。今までつながっていたパソコンをはずして置いて置いて、またつなぐとが急につながらなくなったり、といったことも起こっています。
13台目が繋がる事もあるので、もしくはという表現にしました。ハブは8ポート1つ、12ポート1つ、5ポートが4つ です。
どうすれば、13台目、14台目がつながるのでしょうか?
もしくはなぜ、繋がらないのでしょうか?
すいませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>13台目、もしくは14台目がうまく繋がりません

これは電源を入れる順序ですね そのとき配置換えなどはしていませんね、また、特定のPCと言うことでなく13台目、14台目ですね

そうであれば、ルータのDHCPサーバの割当可能台数を超えてしまったためです
説明書で、DHCPの最大割当可能数を確認してください

対策は  頻繁に使用するPC6台程度を固定アドレスにすることです(アドレス自動取得は10~11台程度に制限する)

固定アドレスの設定方法は、アドレス自動取得PCのIPアドレス等を確認します(コマンドプロンプトでipconfigを実行)

IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSアドレス を記録します

固定アドレスは、IPアドレスの第4項のみを他と同一にならないように変更します.
(自動取得のアドレスが、192.168.1.5 であれば 12以上離して 192.168.1.18とか判りやすいように 192.168.1.21とか)

それ以外のサブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSは同一にします

これで、解決するはずです

>13台目、もしくは14台目がうまく繋がりません

これは電源を入れる順序ですね そのとき配置換えなどはしていませんね、また、特定のPCと言うことでなく13台目、14台目ですね

そうであれば、ルータのDHCPサーバの割当可能台数を超えてしまったためです
説明書で、DHCPの最大割当可能数を確認してください

対策は  頻繁に使用するPC6台程度を固定アドレスにすることです(アドレス自動取得は10~11台程度に制限する)

固定アドレスの設定方法は、アドレス自動取得PCのIPアドレス等を確認します(コ...続きを読む

Q新しいハードディスクは物理フォーマットが必要ですか?

注文した内蔵ハードディスクが明日届きます。新しいハードディスクはそのまま何もせず使っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

今のOS(XP)でも、フロッピーディスクの普通のフォーマットは「物理フォーマット」と言っていいと思います。
これはいろんなDOSレベルのOSで使用できるように、いわゆる汎用FDは全くフォーマットされていないものも販売されているからです。
また、記録面がぺらぺらのディスクで精度が低く、さらにヘッドが接触していることから、トラックやセクタがボケたりすることもあるでしょうから、「物理フォーマット」する必要があるのではないでしょうか。

ここ数年MS-DOSは使っていないので忘れてしまいましたが、仰るように物理フォーマットしますか?と出たと思います。
HDDのときにも出たかどうかは覚えていませんが、FDと同じ表示になっていただけかもしれません。

HDDのローレベルフォーマットは新たにトラックやセクタを作り直すようなことはしませんので、その動作は全ディスク空間への00やFFの書き込みというものです。
普通のHDDの使用で、1回の作業で数十GBから200GBなどの大容量を書き込むことはありませんね。
(私は数十GB程度ならありますけど)
普段ほとんど書き込みをしないのに、ローレベルフォーマットではその大きさが半端ではないので、「使いすぎ」と感じて故障しやすくなると思っている方もいるでしょうね。
同じ理由でデフラグもやりすぎると故障しやすくなると考えている方もいます。

しかしHDDの故障率が高くなるのは、書き込みを大量に行うからではなく、ヘッドのシーク回数(カコンカコンと水平方向に動く回数)が増えるからだと思います。
ローレベル~は順序良く書き込むので、シークは最小のはずだし、デフラグは断片化したファイルを繋げるわけで、デフラグしないほうが無駄なシークを繰り返しているわけですから、ヘッドの故障率は高くなると考えられます。
頻繁にデフラグを行ったとしても、2回目以降からは断片化が進んでいないわけですから、デフラグに要する時間もヘッドのシーク回数も少なくなり、無駄な故障率を高める作業だとは考えられません。

ローレベル~をHDDの寿命が尽きるまでにそんなに頻繁に行うはずは無く、せいぜい数回~十数回もやれば多いほうでしょうね。
しかしそんなにHDDをよく使う人は、HDDが壊れるまでに読み書きするデータ量やヘッドシーク量はこれよりはるかに多いはずですから、ローレベル~が故障原因に直接結びつくとは考えにくいです。

>ソフトとかを使って完全消去した方が容量が空きそうな気がするのですがどうなのでしょう...
この意味が良くわかりませんが、不良セクタでない限りデータは上書きされますので、どんな消去ソフトを使おうがローレベルフォーマットでもクイックフォーマットでも、空き容量が増えることはありません。

余談ですが、HDDのローレベルフォーマットはOS標準機能では不可能で、HDDメーカーから公開されているフリーソフトを使って行います。
市販されている完全消去ソフトとやっていることは殆ど同じです。
ただ市販のものは、書き込むデータをいろいろと変えながら数回の消去(実際は消去ではないのですが)を繰り返し、残留磁気の検出を実際問題として不可能にして、情報漏洩を防いでいるだけです。
私はこんなソフトは使ったことはなく、HDDを売却するときなどはローレベル~を2回行っているだけです。
私はこれで十分だと考えているからです。

今のOS(XP)でも、フロッピーディスクの普通のフォーマットは「物理フォーマット」と言っていいと思います。
これはいろんなDOSレベルのOSで使用できるように、いわゆる汎用FDは全くフォーマットされていないものも販売されているからです。
また、記録面がぺらぺらのディスクで精度が低く、さらにヘッドが接触していることから、トラックやセクタがボケたりすることもあるでしょうから、「物理フォーマット」する必要があるのではないでしょうか。

ここ数年MS-DOSは使っていないので忘れてしまいましたが、...続きを読む

Q革張りソファーの穴補修術

こんばんは!

何年か前に購入した本皮のソファーが破れて穴が開いてしまいました。

一番座る頻度の高い座面が、白くひび割れて(だいたい20X40の範囲)ところどころ3cmくらい破けています。

かなり大きなソファーで、木枠もずっしりとしていて背もたれもかなり高いものです。ベット代わりにもしていました。

とてもじゃないけど捨てられませんので、どのように補修すればよいか教えてください。。

破れを含む、白くひび割れた部分全体に 合成レザーか何かを貼ろうと思うのですが、どうでしょうか?

本皮を貼るより、合皮のほうが丈夫だとおもいまして。。
シールのようにはがして貼れる様な物があるといいのですが、
いくら探してもありません。
接着剤もどのようなものが適しているのかも教えていただきたいです。
グルーガンなんかがむいていると思うのですが・・

跡形もなく綺麗な仕上がりは考えておりません。
ただ、穴をふさぎたいだけなのです。。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補修目的で強度も保ちたいなら、ウレタン樹脂系の接着剤をへらで塗り付けたり竹串の先端で傷口周りに塗布します。

硬化剤を使えば約2時間、自然乾燥で24時間で強度が出ます。乾燥後はベタ付きも無く素材にあわせて伸縮する優れものです。

私はウェットスーツ等の補修がメインですが使用用途はネオプレン・ラバー・ビニール・布・レザーとなっていますから適応できると思います。

28g入りのチューブで定価\1150のAQUA SEAL(アクアシール)という接着剤です。

大手の釣具店で購入できます。(ホームセンターや量販店では購入できないと思います。)

硬化後は透明なので、「破れを含む、白くひび割れた部分全体」を先に色合わせしておけば効果もあがると思います。

参考URL:http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=625369

Qヘッドホンの修理

こんにちは。

不注意でヘッドホンのコードに足をかけてしまい、ヘッドホンの差込口(ゴールド部分の先端)が曲がってしまいました。
安定した音が聞こえなくなったので、ペンチで直そうとしたら、先端部分がもげてしまいました(後悔・・・泣)
この表現ではわかりにくいかもしれませんが・・・
先端の先端がはめこんであるところから抜けたような感じなのですが、付け根(?)を見るとちぎれたような感じに見えます。

このような状態なのですが、修理は可能なのでしょうか。
可能であれば、どのようにしたらいいのでしょうか。
買い替えは痛いので、出費は最小限にしたいです・・・。
保証書などありません。

品番は Nakamichi SP-K300 です。

何かヒントをお持ちの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Ano.3 です。
ハンダ付けに挑戦されるとのこと、頑張って下さい。
少し長くなりますが、お訊ねの事項についてお答えします。

I.プラグ、コードの構造・接続は下記のようになっています。
(1)プラグの外観
  絶縁層二個所によって、三つのセクションに分かれている。
  先端=左、 中央=右、 根元=グランド(共通アース兼シールド)

(2)プラグの内部接続
 ・小さい穴のある端子:左右のリード線を接続するもの
   金具の根元に最も近い端子=右
   その上にある端子=左
    (上述の先端部に接続されているので、真ん中にリベットの頭のような
     突起がある筈)
 ・大きい穴のある金具:グランド

(3)コードの構造
  多くの場合、三本の導線で構成されている(モノによっては四本)。
   赤いビニル線または細い赤エナメル線=右、
   黒・白・青など赤以外の色のビニル線または細いエナメル線=左
   裸の細い銅線または網線で明らかに上記の線と異なるもの=グランド

II.修理方法
(1)コードの切断:切断する位置は、壊れたプラグの再利用は出来ないので、根元で結構です。

(2)被覆の剥離(切断部から2~3センチの所でゴム、ビニル等の外装をは剥がす。
剥がす範囲は入手されたプラグのサイズによって異なりますので、次項の最後の方をご参照下さい)
 ・内部の線を切らないようにご注意(ワイヤーストリッパーはお持ちでないと思いますので)。
 ・まず、カッターナイフを導線に対して横(直角)方向に垂直に当て、軽く力を入れながら、
  コードを回すようにして全周に切れ目を入れる。
 ・コードを指に巻き付けるような感じで切れ目の部分を伸ばし、軽くカッターの刃を当てると、
  内部導線の面まで切れ目が広がる。 これを全周行う。

(3)導線の加工 
 ・右の導線の被覆を先端から1~2mm剥がす。
 ・左の導線の先端を1~2mm切断して短くし、上と同様に先端から1~2mm剥がす。
 ・グランド線を1cm位(入手されたプラグに合わせて)切断する。
  被覆されている場合は剥がす。
  なお、プラグのグランド端子(大きい穴のもの)はU字の爪形になっていますが、
  これは、最後にこの部分をラジオペンチなどでカシめてリード線を固定するためです。
  ですから、被覆コードが太くなければ被覆ごとカシめる方が良いので、被覆を剥く範囲は
  合わせ作業で調節して下さい。
  
(4)導線のハンダ付け
 ・まず、プラグのキャップをコードに通しておく(時々忘れてやり直したことがあります)。
 ・左右とも、導線の先を指先でひねって細くし、内側から外側に向かって端子の小さい穴に通す。
  通したら端子に巻き付け、ハンダ付けする。
 ・グランド線は穴に通れば同様に処理する。余分な部分は適当に切断する。
  太くて穴に入らないときは、そのまま端子に巻き付け、ハンダ付けする。
 ・各端子間が接触(ショート)していないか、確認する。
 ・グランド端子のツメをカシめ、導線を固定し、キャップをかぶせる。

III.その他
 ・必要工具:ハンダ鏝のほか、ニッパー、ラジオペンチ(いずれも100円ショップで十分)が必要。
 ・途中で挫折した場合ですが、メーカーでコードを交換する際は、ヘッドホン本体内部の付け根
  から交換しますので、いくら短くなっても大丈夫です。

また疑問点が出ましたら、ご質問下さい。
それでは御健闘をお祈りします。

Ano.3 です。
ハンダ付けに挑戦されるとのこと、頑張って下さい。
少し長くなりますが、お訊ねの事項についてお答えします。

I.プラグ、コードの構造・接続は下記のようになっています。
(1)プラグの外観
  絶縁層二個所によって、三つのセクションに分かれている。
  先端=左、 中央=右、 根元=グランド(共通アース兼シールド)

(2)プラグの内部接続
 ・小さい穴のある端子:左右のリード線を接続するもの
   金具の根元に最も近い端子=右
   その上にある端子=左
    (...続きを読む

Qイヤホンケーブルの自作 ケーブル、はんだ付け

SE535のイヤホンケーブルが断線したので、修理
(とりあえず100均のボロイヤホン解体して練習してます)
が、初トライのためまるで上手くできませんし、わからないことがありますのでご教示ください。

1.イヤホンケーブルの線
右耳のイヤホンケーブルを切ると、銅色の線、赤色の線が出てきました。
おそらく赤線がR(リング)で、ステレオミニプラグ側の黒帯と黒帯の間の部分に
つながってる、と思うのですが、テスターで確認しても、導通が確認出来ません。
イヤホンケーブル自体、糸みたいな繊維の撚り線で出来ているのですが、
本当にこれに電気信号が流れるのでしょうか?

2.イヤホンケーブルの半田付け
本番では、MMCXプラグのピンに半田づけすることになるとは思うのですが、
とりえあず、今はケーブルとケーブルの半田接続を練習してます。
すると、どうやってもケーブル側が半田を弾いてしまいます。
(というより、半田こてから液化した半田が離れない)
半田のコツはあちこちでみて、母材のほうを加熱し、糸半田そのものを
コテにあてず母材にあてる。(じゃないと、フラックスが蒸発して綺麗になじまない)
との情報を参考にしてるのですが、イヤホンのケーブルは上記のように極細のため
コテで加熱するとすぐコゲます。やむえず、コテと糸半田でクラップに固定したケーブル
を挟むようにしてみましたが、そうすると、前述のとおり弾かれて半田がつきません。
ケーブル同士の結線は、両端側にまず半田をつけ、次のステップで、両方にのった
半田をこてで再加熱してくっつけるらしいのですが、初手でつまづいています。
コツとかがあるのでしょうか?

SE535のイヤホンケーブルが断線したので、修理
(とりあえず100均のボロイヤホン解体して練習してます)
が、初トライのためまるで上手くできませんし、わからないことがありますのでご教示ください。

1.イヤホンケーブルの線
右耳のイヤホンケーブルを切ると、銅色の線、赤色の線が出てきました。
おそらく赤線がR(リング)で、ステレオミニプラグ側の黒帯と黒帯の間の部分に
つながってる、と思うのですが、テスターで確認しても、導通が確認出来ません。
イヤホンケーブル自体、糸みたいな繊維の撚り線...続きを読む

Aベストアンサー

1.1本1本がエナメルで被覆されているので被覆面では絶縁され電気は通りません。
また、色の違いで+か-かに分かれています。
2.1本1本の被覆を剥がさないと半田が付きません。

この手のケーブルはリッツ線と呼ばれる特殊なケーブルです。
高周波誘導に強く大電力を流しやすいのでヘッドフォンやイヤフォンの配線に使われます。
また、車のブースターケーブルや溶接で使うケーブルもリッツ線が使われます。

エナメルを剥がし半田で導体にメッキするには半田こてで半田の玉(池)を作りその中に漬けると
被覆が燃えて半田がコーティングされます。
これにより半田で部品に取り付けることができるようになります。
また、細い線1本でも間違えるとショート状態になるので音量が上がらない、音が小さいなどの現象が出ます。
線次第では30Wの半田こてでも導体が溶け切れる事があります。


人気Q&Aランキング