痔になりやすい生活習慣とは?

ゴムの木だと思いますが、何ヶ月かほったらかしにしていたら枯れてしまい、緑の葉が数枚になってしまって慌てて水をやりました。そしてようやく葉を付けてくれて新芽も出てきました。
だけど、葉や新芽は先っぽにばかり付いて、それ以外の所は枝も白く乾燥している感じで枯れた状態です。枯れた葉は全部取っています。
枝もだんだん先っぽの方から下に向かって生き返るのでしょうか?
このままだと、先っぽだけが葉が付いてそれ以外は枯れていて、見た目が不細工です。
こういう場合はどうすればいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

多分、下からは再生できないでしょう。


成長点は上の方が強いです。
取り木がいいでしょう。
取り木するには、今はいい時期です。
取り木する期間は、2ヶ月ぐらいでしょう。

http://dictionary.bloom-s.co.jp/contents/toriki. …
    • good
    • 1

ゴムの木は非常に乾燥に強い木です。



葉は下には増えません。

手入れできる方に譲ったほうが良いです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴムノキ 元気なく 葉っぱがポロポロ落ちる

1週間以上、暗室に放置してしまいました。
葉全体がぐったりと垂れてしまい、
下の葉を中心にポロポロ落ちていきます。
手で少し力を加えただけでもポリっと取れてしまう感じです。

葉や茎の色は特に変化はないのですが、
とにかく元気がなく、夜間は幽霊でも見るかのようです。
180センチ以上はあるので。

土は湿ったままで、水を吸っていない感じです。
水は渇き気味にあげていましたが、
それまではとても元気でした。

症状と対処法を教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

情報を確認いたしました。先に結論から申しますと、ゴムノキは最悪な
環境下で最悪な管理の元で栽培をされていると感じました。あなたが悪
いと言っているのではありませんから、気を悪くしないでアドバイスを
見られて下さい。

まず置き場所ですが、ゴムノキは熱帯から温帯地域に分布して自生して
いますから、年間を通して十分に光線に当てる事が元気にする秘訣にな
ります。最低でも半日陰(午前中に光線が当たり、午後からは日陰にな
るような場所)になる場所に置き、明るい日陰では生育しません。
カーテンで仕切っても冷気からは防げますが、暖かさを確保する事は出
来ません。カーテンが折角の光線を遮ってしまうので、無駄な事をされ
た事になります。どんな植物にも共通していますが、植物には生長期と
休眠期の2種類があります。生長期は活動を活発にして生育する時期で
すが、休眠期には活動を鈍くさせて仮眠している状態になります。
これはクマなどが冬場に冬眠すると同じです。
ちなみにゴムノキの生長期は4月から9月で、10月は休眠をするため
の準備期間で、3月は休眠から覚めて活動する準備期間になります。
11月から2月は休眠状態ですから、水遣りを頻繁にしたり肥料を与え
たり、植替えなどの作業は一切出来ないと言う事です。
冬場の天気が良い時に屋外に出して光線に当てると言われますが、人間
と植物では暖かさや寒さの感じ方が違うので、人間には暖かいと感じて
も植物には耐えられない寒さと言う事もあります。スヤスヤと眠ってい
る赤ちゃんを叩き起こすと同じですから、生長期に入るまでは5℃以上
を維持出来る室内で越冬させる事が大切になります。
越冬させるために必要な温度は5℃以上ですから、室内外でも5℃以下
にならないように管理をする事です。

水遣り方法は前回に書いた通りですが、元気が無い時には何らかの原因
がありますから、その原因を調べる事が必要になります。
土が常に湿っていないかとか、病害虫が発生していないかとか、置き場
に問題は無いかとか、温度は大丈夫だろうかとか考えるべきです。
元気が無い時に水遣りを多くしても、必要もない水分を与えられるので
すから、根が弱ってしまい根腐れを起こしてしまいます。
休眠期には活動を鈍くしているので、生長期と比べると元気が無いよう
に感じてしまいます。その事を理解して覚えないと、何の観葉植物を育
ても根腐れを起こさせて枯れてしまいます。水遣りをすれば元気になる
と言う考えは、今日限りに捨てましょう。

肥料ですが、あなたの場合は与え過ぎです。水遣りと同様に肥料も与え
れば良いと言う事ではありません。必要とする時期に必要な量を与える
ようにして、与える必要が無い時期は絶対に与えない事です。
肥料は生長期の間だけ施し、緩効性化成肥料(マグァンプK等)を隔月
に置き肥で施します。与えれば与えた分だけ元気になると言う事にはな
りません。与える必要も無い時期に与えると、肥料負けを起こして根を
痛めてしまいます。人間が腹一杯になっている時に、新たに先程に食べ
た物と同じ食事を食べろと言うのと同じと考えて下さい。

4月まで天候が良くても、絶対に屋外に出さない事です。
水遣りも前回に書いた事を守って下さい。

情報を確認いたしました。先に結論から申しますと、ゴムノキは最悪な
環境下で最悪な管理の元で栽培をされていると感じました。あなたが悪
いと言っているのではありませんから、気を悪くしないでアドバイスを
見られて下さい。

まず置き場所ですが、ゴムノキは熱帯から温帯地域に分布して自生して
いますから、年間を通して十分に光線に当てる事が元気にする秘訣にな
ります。最低でも半日陰(午前中に光線が当たり、午後からは日陰にな
るような場所)になる場所に置き、明るい日陰では生育しません。
...続きを読む

Qゴムの木が枯れたかどうか?

ゴムの木が枯れたかどうか判断をしたいです。

高さが2mくらいあるものや、1mちょっとくらいのものなど4、5本くらいあって、
これ、だめだよねえと相談されました。

わたしは判断つきませんが、もし元気になりそうなら手入れしたいです。


今分かっている特徴
・葉っぱはまったくない
・誰も手入れしなかった期間は不明
・枝の上のほうはカンカン といった感じの音
・下の方はゴツゴツした音
・一部は枝が落としてある
・複数のうち一本の樹皮をむいたら、1mmくらいの小さい虫が少しわいていた
・私見ですが根が張りすぎ?
・土がぱさぱさだったので土を返して水やりしてみた
・天気のいい日は外に出している

生きているゴムの木がどんな感触か分かりません。

その他、ここはどうなっているか?などあれば書き込みます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現物を見ないとわかりませんね

そとの気温が20℃以上なら 外に出しても良いですが  15℃以下じゃありがた迷惑だよ
葉がないんだし 日光浴させても光合成できないから意味ないじゃん
葉が有ったって 低温では同じこと

生きている元気なゴムノキの葉や幹を傷つけると 白い樹液が出てきます
樹皮の下が薄緑でみずみずしければ 生きているかもしれません

Qゴムの木に付いて

他人の方から、全高60センチ位のゴムの木を頂きましたが、最近 徐々に全ての葉が垂れ下がり 以前より元気が無くなりました 室内で育てて居ますが 偶に 置いて居る場所柄 ブラインドを下ろして居ます 光不足でしょうか、水は土が乾くまではやって居ません 葉の色は綺麗な色をしてますし 次の葉の尖がりも長く伸びて居ます。
どうか 詳しい方 アドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ゴムの木が好む環境ではない場所で、ゴムの木が好む管理をされていない
のが主な原因です。室内で栽培するのは問題ありませんが、ブラインドを
降ろしてしまったら光線は全く当たらず、土の乾きも悪くなります。
水も必要としている時に、乾くまで与えて貰えないと、どうしても体内の
水分が無くなってしまい萎れてしまいます。

直ぐに元気にさせる事は出来ませんが、今の環境や管理方法を改善させれ
ば、徐々にですが回復するだろうと考えます。
まず置き場所ですが原産地が熱帯アジアですから、年間を通して日当たり
の良い場所に置きます。日差しを遮るようにするのは枯れてしまえと言う
事と同じです。ブラインドを降ろすのは絶対に駄目です。
もし外出で留守にするためであるなら、4~9月までは屋外に出し、それ
以外の時期は出来るだけ光線が当たる窓辺に置く事です。
光線不足と言うより、完全に不十分である事は間違いありません。

水遣りは鉢土が乾いたら与えれば良いと言うのは間違いで、春と秋は鉢土
が乾いたら与え、夏は天候や気温を考えて出来るだけ水切れをさせないた
めに毎日与えるようにします。夏場は一番水分を要求する時期ですから、
この時期に与えないと生育が出来ないため、どうしても弱ります。
冬場は1ヶ月に1~2回程度にして、乾かし気味に水遣りをします。冬場
に水遣りを控える事で、ある程度の寒さから耐えられるようになります。
水遣りの際は必ず鉢底から十分に水が流れ出るまで与え、鉢底から水が滴
り落ちなくなってから鉢皿に乗せます。重くて運べない時は、鉢皿の上に
置いたまま水遣りをし、鉢皿に溜まった水はスポンジで吸い取って鉢皿に
溜めないようにします。
コップ1杯の水や、鉢土の表面が軽く湿る程度では与えた事になりません
から、与える時は鉢底から十分に水が流れ出るまで与えて下さい。

鉢土の表面を触って見て、指先で土が掘れないようなら鉢内で根詰まりを
起こしている可能性があります。鉢を持ち上げて鉢底を見て、根が1本で
も出ていれば完全に根詰まりしています。
根詰まりを起こすと根先が痛み、水分や養分を得られなくなり、今回のよ
うに症状が悪くなってしまいます。これを改善するには植替えをするしか
方法がありません。ただし植替えが出来るのは4~9月の間だけです。
状態を維持させるためには2年毎の植替えが必要です。

現在の置き場所は湿度不足になっていませんか。湿度不足になると葉の色
が悪くなったり艶は消えてしまいます。ガーゼに水を含ませ、固く絞って
から葉の表面を拭いたり、霧吹きで定期的に葉水をするのも効果がありま
す。また風通しが悪いとカイガラムシが発生するので、熱気や冷気が籠ら
ないように換気は十分に行って下さい。

肥料ば4~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料(マグァンプK)
を少量だけ置き肥します。肥料不足もゴムの木を弱らせるだけです。

折角頂いたゴムの木ですから、枯らしてしまったら贈られた方に申し訳が
なくなります。ゴムの木も生きていますから、ゴムの木が好む環境や管理
をするようにして下さい。今のままでは今年中に枯れます。

ゴムの木が好む環境ではない場所で、ゴムの木が好む管理をされていない
のが主な原因です。室内で栽培するのは問題ありませんが、ブラインドを
降ろしてしまったら光線は全く当たらず、土の乾きも悪くなります。
水も必要としている時に、乾くまで与えて貰えないと、どうしても体内の
水分が無くなってしまい萎れてしまいます。

直ぐに元気にさせる事は出来ませんが、今の環境や管理方法を改善させれ
ば、徐々にですが回復するだろうと考えます。
まず置き場所ですが原産地が熱帯アジアですから、年間を通して日...続きを読む

Qゴムノキが枯れてきました・・・

今まで元気だった、ゴムの木が下の方から、葉が黄色くなってきて枯れてきました・・・葉は1枚1枚下のほうから黄色く変色し、取れてしまいます。茎の上の方はまだ葉は緑色です。これは、、、水が不足しているとかでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゴムノキの置き場所、温度、日光の当たり具合などいかがな様子ですか?
それが分かればよりよいアドバイスが差し上げられると思うのですが。

とりあえず、古い葉が落ちているということですから、自然の落葉と考えていいと思います。問題ないでしょう。
この時期は温度5~10℃の室内に置き、ガラス越しの日光によく当てます。水遣りは鉢の土の表面が乾いてから3日位してから与えるといいでしょう。乾燥による落葉も考えられますから、ぬるま湯のシャワーや霧吹きをときどき与えてもいいでしょう。
暖房の熱風を直接当てないように気をつけてください。

Q観葉植物の葉が落ちてしまいます!

2週間程前に、ベンガレンシスという観葉植物を購入しました。

届いて4日くらいから葉が落ちるようになりました。
葉が茶色い斑点が出来て気づくと下に落ちています。
(画像を添付します。)
今は数日に1枚程のペースで落ちるようになりました。

家の環境としては、北東のリビングで、
朝から午後2時くらいまでは結構光は入ってきます。
直射日光は当たらないようにしています。
換気は進んでやっているので風通しも結構いいと思います。
水は、計測器を使って乾燥してきたら水を与えるようにしています。

原因がよくわからず、どうしていいか分かりません。
どなたかアドバイス頂けると幸いです。

Aベストアンサー

たぶん水不足だと思います。9月半ばに購入したということですがまだ残暑厳しい日が続いてたので土に水をあげるだけだと少なかったと思います。霧吹きで葉っぱにも水分を与えるといい感じになると思います。少し肉厚な葉なので直接水分を与えることにより葉自体で水分を保つことができるのです。水不足の状態で風通しがよかったので乾燥をするのが早かったのだと思います。万が一クーラーの風があたっていたらそれも原因なので場所を変えてみてください。それと植え替えをしないで買ったままの状態で置いてあったら土に栄養がない状態なので液体肥料を挿してみてください。土に栄養があれば液体肥料は減りません。もしすぐ減ってしまうようなら栄養不足も原因だったと思います。これからの時期は涼しくなってくるので水遣りも様子を見ながら与えてください。元気に育つことを願ってます。

Qアルテシーマの葉が落ちてしまう

こんにちは。
先日、新築祝いに観葉植物のアルテシーマ(ゴムの木)をいただきました。表面の土が乾いたらお水をあげる・・・と育て方に書いてありましたので、1~2週間に1回程あげていました。そしたら、葉っぱが黄色くなっていき、毎日3~4枚程落ちていきました。日当たりを考えたり、水の量を調節して様子を見ましたが、全く効果がありませんでした。
今は、カーテン越しの窓際に置いています。葉は最後の一枚となってしまいました。。
新しい芽が出る気配すらありません。何がいけないのでしょうか??
ちなみに、置き肥しています。温度は全館空調なので、24時間24度ほどです。

Aベストアンサー

完全に枯れていなければもう一度でてきます。ただし、同じような形では無理です。成長点から新たな芽が出ますので、ゴムの場合幹の先端から出てきます。下のほうからの萌芽は難しいですね。樹に力がある場合は幹の途中を切断しても芽が出ますが、今の状態では多分枯れてしまいます。
最終的に形を良くしたければ、今のまま育てて、元気になってから取り木や挿し木の方法で新たに育てるしかありません。
もともとゴムはそうして作られていますので少し努力すれば出来ます。

Qゴムの木が萎れてきてしまいました

冬に購入したゴムの木が突然しおれてきてしまいました。
夏の直射日光を避け玄関において、水は土が乾かないように
していました。
元気に戻すにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。室内ですがゴムの木を育てていますので良かったら参考にして下さい。
>水は土が乾かないようにしていました。
 おそらくこれが原因かと思われます。鉢土がいつも湿った状態でいると、根っこがいつも湿っていて腐ってきます。根腐れという症状です。こうなると植物全体がグッタリするように萎れてきたり、葉っぱが水不足で枯れたのとは違う感じで、水分を含んだような感じで茶色になって枯れてきたりします。最悪は枯れてしまいますが、引っこ抜いた時根っこが全然ない状態でスポッと抜けたりします。
 植物に水をやるときは「鉢土が乾いた状態の時に(見た目で分からなかったら触って確かめます)、下の穴から水が流れるぐらいタップリ。受け皿があるなら溜まった水はすぐに捨てる」というのが原則です。乾燥に強い植物なら、乾いてからの2,3日ぐらい間隔をおきます。
 また夏はできたら午前中、無理なら夕方などの涼しい時間に与え、冬は逆に凍らないように日中に与えます。もし7,8月に12時ぐらいから4時ぐらいの間に与えていたら、鉢の中で水が煮えますのでそれも原因の一つです。
 場所ですが、確かに夏の直射日光はきついですが、日陰も良くありません。理想は窓辺のレースのカーテン越しで、西日を避けるのが良いですが、お住まいの地域によりますが、少々夏の直射日光が当たっても西日じゃない限り結構丈夫です(私は四国なんで日光は強烈ですが、窓辺で西日以外はガンガン当たってます)。日当たりを好みますので、冬は特に日光に良く当ててください。また玄関の外で下が暑かったら、下からの暑さで弱っている場合もあります(特にコンクリなど)。外に置く場合、下にレンガを2つ間をあけておいた上やスノコの上に置いたりして風通しをよくしたりします。
 本来なら植え替えの適期は5月か6月ぐらいですが、根腐れの場合は今からでも植え替えた方が良いです。幸い8月の猛暑は過ぎましたので、少し植物にとっても過ごしやすい季節になってきました。植え替えの手順は↓が写真付で載っていますので参考にして下さい。植物は違いますが、やり方は一緒です。サイトの下の方にあります。http://dictionary.bloom-s.co.jp/etc/kiso7.htm
 植え替えた後は明るい日陰で様子をみます。
 これから冬ですので、園芸培養土に元肥が入っていると思います。元肥が切れる頃には休眠期に入ってきますので、これから肥料は必要ありません。また越冬温度が5度ですので、最低気温が5度を下回るようになってきたら室内の日光が当たる所に置いてあげてください。
http://www.yasashi.info/ko_00007g.htm

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。室内ですがゴムの木を育てていますので良かったら参考にして下さい。
>水は土が乾かないようにしていました。
 おそらくこれが原因かと思われます。鉢土がいつも湿った状態でいると、根っこがいつも湿っていて腐ってきます。根腐れという症状です。こうなると植物全体がグッタリするように萎れてきたり、葉っぱが水不足で枯れたのとは違う感じで、水分を含んだような感じで茶色になって枯れてきたりします。最悪は枯れてしまいますが、引っこ抜いた時根っこが全然ない状態でスポッと抜けたりしま...続きを読む

Qゴムの木の剪定

職場にゴムの木が4鉢あります。
これがすべてなんともつかない格好の木で、ほとんど葉がついていなかったり、枝がびよーんと真横に伸びていたり。
それで、その横に伸びた枝がそろそろ邪魔になってきたのですが、葉を数枚残してばっさり切っても大丈夫でしょうか?
切る際の注意事項、切る時期などについてアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

元気のいい木なら 葉のない かなり太いところで切っても 切られた近くから芽が吹きます

ただし 弱った木で 下の方の 一枝だけ切ると もういいやと見捨てられてしまうこともあります

ケース・バイ・ケースですね

ゴムの木は切ると 切り口から白い樹液が出てきます
これが衣服について固まると取れなくなます
床に垂れたり

切る時期はその後のことも考えると 初夏の頃 が善いかと

邪魔な枝は取り木をして 増やす と良いですよ
大きな鉢植えを植え直したりするのは大変なので 取り木で仕立て直すという方法で 新しい鉢植えを作り 更新する

挿し木も出来ますが 多くの苗を得られますが かなり小さくなってしまいます

Qゴムの木、病気でしょうか?

ゴムの木の葉っぱが枯れてきています。
病気でしょうか?

昼間は日の当たる屋外に出したっぷりと水をやっています。
(雨の日は外に出しません。)
夜は室内に入れています。

Aベストアンサー

>昼間は日の当たる屋外に出し~
単純に言って、「葉焼け」です。
もうこの時期の晴天の日は、かなりの強光線ですから、直射日光に当てると葉焼けを起こします。屋外ならば、明るい日陰に置きましょう。

葉焼けを起こした所は、もう元に戻りません。そのまま我慢するか、ハサミを円形に入れて葉焼けした箇所を切り落とすかするしかないですね。
酷なようですが、貴方のうっかりミスです。

Q室内の植木鉢に大量発生した虫について教えてください

初めての質問です。わかりにくかったらごめんなさい。自宅の室内でウンベラータの木を育てています。土に大量発生した虫の対処法と、木への影響について教えてください。
木の状況(高さ170cm位、すごく元気が良く毎日新芽を出す。葉に虫はついていない)
環境(マンション12階、明るい室内の窓際。週一回ベランダに出す。底に穴の開いた10号陶器鉢)
手入れ(今年3月に自分で土の入れ替え。土は草花用有機培養土に虫除けの成分?が含まれたものらしい。最近活性炭を混ぜました。水遣りは週一度たっぷりと。受け皿の水は捨てています。葉水は3日に一度濡れ布巾で。肥料はスティックタイプの物と、月2,3回コーヒー、紅茶の出し殻を少しあげました。)
虫の特徴(土をわりばしなどでかき回すと、虫が沢山出てくる。ダニの様な2ミリ位の白い虫が沢山。小さなムカデ少し。茶色のダニが少し。黒い小バエのような虫が5匹)
やってみた事(水遣り、肥料を控えた。ティートゥリーオイルを鉢と土にたらしてみたら、小バエは慌てて離れていきました)
以上です。できれば室内なので、殺虫剤は控えたいです。自分でも調べてみたのですが、木酢液を使ってみようと思っています。正しい木酢液の使い方がわからないのでアドバイスしてくださると嬉しいです。あと気になるのが、私はダニにアレルギーがあり、アトピーを発症してしまいます。今まで症状がありませんでしたが、木酢液などで土の中のダニなどが鉢の外に出てきて人をさしたりすることがあるのでしょうか?またハエの幼虫などいたとしたら木の根などに害を及ぼすのでしょうか?すごく大切に育ててきた大好きな木なので、改善できるところがあればご指導よろしくお願いします。

初めての質問です。わかりにくかったらごめんなさい。自宅の室内でウンベラータの木を育てています。土に大量発生した虫の対処法と、木への影響について教えてください。
木の状況(高さ170cm位、すごく元気が良く毎日新芽を出す。葉に虫はついていない)
環境(マンション12階、明るい室内の窓際。週一回ベランダに出す。底に穴の開いた10号陶器鉢)
手入れ(今年3月に自分で土の入れ替え。土は草花用有機培養土に虫除けの成分?が含まれたものらしい。最近活性炭を混ぜました。水遣りは週一度たっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。
 とても丁寧に質問して下さっているので、生育状況がよく分かりました。環境は特に問題ないと思います。風通しが悪かったらハダニが発生するようですが、葉水もちゃんとされていますし、風にも当てているようですので問題ないと思います。
 原因ですが、土の排水性が悪い事によって虫が湧いたものと思われます。園芸用培養土には殆ど元肥といって肥料が入っています。有機培養土という事ですので、それがいつも湿っている事によって腐って虫などが湧く事がありますし、たまにはキノコとかが生えることもあります。
>土は草花用有機培養土に虫除けの成分?が含まれたものらしい。
 土は問題ないと思いますが(あまり安すぎると土の質自体が悪い事があります)、鉢底石は入れましたか?鉢底石は排水性を高める為に殆どの植木鉢に必要です。鉢にネットをしてから3cmぐらい入れると良いです。
 また10号鉢は結構大きいですが、植え替えの時以前の鉢より1周り大きな鉢に植え替えたでしょうか?(前の鉢が8号か9号鉢)それが分からなかったら新しい鉢は前の鉢がスッポリ入って左右と下に少し余裕があるぐらいにします。あまり大きかったり、深かったりすると土がいつも湿っている状態になります。
>肥料はスティックタイプの物
 肥料は植え替えられたすぐ入れませんでしたか?培養土は元肥が入っているため、しばらくはその元肥が効きますので、肥料は必要ありません。今回は3月に植え替えられたという事で、時期的には早すぎたと思います。通常観葉植物は5月か6月頃が適期です、沖縄などの暖かい地方でない限り3月はまだ微妙に休眠期ですので、余計に肥料が必要ないのです。過度の肥料は却って植物を痛めます。ベストな植え替えは5月頃に行い、1ヶ月後に観葉植物用の肥料を規定量与えます。
>月2,3回コーヒー、紅茶の出し殻を少しあげました
 これも大要因の1つです。鉢植えには培養土と化成肥料以外与えてはいけません。よく米の研ぎ汁などを入れる方がいらっしゃいますが、土がカチカチになるだけで何の効果もありません。有機物を入れるとキノコの発生や虫の発生を引き起こします。コーヒーの粕なんかは庭植えしていて、ある程度土を掘り返すことが出来る植物に使用します。また卵の殻なんかも同様でコバエの発生要因になりますし。

 植物にとって辛い土の状況になっています。肥料は一切やめて水を控えめにするとある程度収まりますが、私ならいっそのこともう1度植え替えをします。8月はちょっと辛いですが、7月上旬という事ですので、まだ大丈夫だと思います。植え替えは↓のサイトが写真入りで載っていますので参考にして下さい。この場合は根を痛めないように出来るだけ土を取り除いて下さい(上の部分とか)。またムカデは噛みますので、出来たら外でやった方が良いと思います。
http://dictionary.bloom-s.co.jp/etc/kiso7.htm
 私も若干アトピーなのですが、人によってアレルギーに対する反応は様々だと思います。今室内に10鉢ぐらいありますが、特に悪くなった事などはありません。ただ人に対しても植物に対しても、鉢の中の環境はできるだけ清潔にする必要がありますので、培養土と化成肥料のみの清潔な環境を心がけて下さい。
 長文失礼しました。ご参考までにm(__)m。

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。
 とても丁寧に質問して下さっているので、生育状況がよく分かりました。環境は特に問題ないと思います。風通しが悪かったらハダニが発生するようですが、葉水もちゃんとされていますし、風にも当てているようですので問題ないと思います。
 原因ですが、土の排水性が悪い事によって虫が湧いたものと思われます。園芸用培養土には殆ど元肥といって肥料が入っています。有機培養土という事ですので、それがいつも湿っている事によっ...続きを読む


人気Q&Aランキング