人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、
原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。
やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?

また、接点復活剤にはスプレータイプのものから綿棒で塗るタイプのものまで色々あってどれを買って良いのか悩んでいます。
オーディオ用に適しているもの、またそれの説明書に載っていないような正しい(詳しい)使い方などご教示いただければ幸いです。

以上宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自称オーディオマニアです。



RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。
ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
数十年は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる故障です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
可変器やセレクター、スイッチ類は基本的には無水アルコールでの洗浄ですが、これはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。

修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。
    • good
    • 40
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
なるほど、接点復活剤は使わない方が良いのですか・・・
仕事の関係で、耐水ペーパーとシリコンオイルは身近にありますのでケアの際に使ってみようと思います。

オーディオって奥が深いですねぇ。
経験者の方の意見は参考になります。

お礼日時:2007/06/26 17:00

4番さんの仰る通り飛躍していますので無駄な行動になり易い。


「音が出ないことがある」は様々な原因が考えられるので特定の為の行動が必要です。
先ず装置名、メーカー、型式等を補足して下さい。
ギターアンプの様な文面ですがシールドケーブルのプラグもそう言うときは布等でワイピングしてやるのが基本です。
    • good
    • 12

> 最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、


接点復活剤によって回復する故障ではないように思います。

一般に使用しているジャックは、プラグが刺さっているためきれいな状態です。

> 接触が悪いらしく、
と思われる状況は、
1.端子をつけている半田が劣化してはがれていることがあります。動かしてみて様子が変わるようなら、たぶんそうです。
それなら、端子をつけている部分の半田を付け直してみてください。
2.ボリュームを動かして、様子が変わるようであれば、リレーの接点不良です。リレーの交換か、接点の「洗浄」が必要です。

接触不良だと思われる、根拠があればお知らせください。
    • good
    • 12

基本的には無水アルコールで十分なのですが、


接点回復材を紹介してみます。

お勧めは少々高いですが、クリプトンのSETTEN No.1
http://www.kripton.co.jp/avc/shouhin/shouhin-1-0 …
マニキュアのような感じにフタにブラシが付いていて塗りたい場所に塗れます。細かい場所には便利です。ショートしづらいという利点があります。
私は接点(アンプジャック・ケーブルの電極・SPターミナルなど)すべてにこれを塗っています。それは接点の酸化を防げるからです。もちろん新品から塗っておけば酸化せずに済みますので。
塗り方のコツは薄く塗れとの説明なので、軽く塗って多めだったら不織布で軽く押しつけて余分な水分を吸い込ませて塗ります。

スプレータイプは多めに吹き付けすぎるので、不織布に吹き付けてから塗るようですかね。
どちらにせよ綿棒は必要

オーディオの接点回復剤としてよく取り上げられるのが、CAIG
http://www.tosy-corp.com/brand/caig/setten_set.h …
    • good
    • 5
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
接点復活剤といってもピンキリなんですね。
ホームセンターで売っているような500円くらいの奴を買おうかと思っていました(笑)
今度秋葉原に行くときにチェックしてみようと思います。

お礼日時:2007/06/26 16:51

本来、「接点」は、なかなか「復活」しません(笑)


 一般的に、「接点復活剤」とは、あくまで一時しのぎ だったり、転ばぬ先のなんとか、、、
 PAの世界でも常識的に常備してますが、それは現場での応急処置です。プロの世界では接触不良はその場で回避できても、パーツ交換が基本です。
そんな中で、防錆を目的にする物も在れば、研磨して接触を助けるタイプもあり、それぞれ使い分けています。
 もしも、高級オーディオのかなり高度な分野で音質のためなら、長期的安定を目指して錆び防止タイプを基本的にはオススメいたします。 本体は定期的な抜き差しでOKでしょうし、たまにはアルコールなどでクリーニングでも効果があるそうです。
 最近の金メッキ端子なら(昔は超高級機だけでしたが)、見た目でピカピカなら気にしない方が良いとおもいますよ。
ただし、機器内の接点(スイッチやボリューム等)には 昔からのノウハウがプロの世界にあります。
 「PA機材」などで検索されてみると、参考になるかもしれません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
Googleで検索してみると色々出てくるもんですねぇ。
おかげさまで色々勉強になりました。
やはりプロの方は凄いです。^^

お礼日時:2007/06/26 16:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接点回復剤って種類が違うのでしょうか?

すごくシンプルな電気回路(機器)があります。
---電池---電球---スイッチ---→最初の電池へ
(--はコードではなく金色の金属のプレートです)

数週間使用しているとだんだん接触が悪くなり、電球がつかなくなってしまいます。同じ製品の新品に電球を取り替えると電球は点灯するので電球自体は問題ありません。電池も新品に替えてます。
スイッチの接点などに、青色の錆?みたいなものがつき始めてくるので接触が悪いのかとネットで調べてみると「接点回復剤」なるものがあることを知りました。ホームセンターのカー用品コーナーにあった「接点回復剤(ナノカーボンなどを含有)」を使用してみましたがダメでした。ためしに新品のスイッチ部分に回復剤をスプレーしてみたらそちらの通電も悪くなってしまいました。通電回復をうたってあったのでこれをつかってみたのですが接点回復剤といってもこういうケースでは違うタイプを使うのでしょうか?

Aベストアンサー

接点復活剤
基本は油です、注意する点は油で浸透力が強いので樹脂に付くと
樹脂がボロボロになる場合があります。
接点の場所によってはCRC556でも代用できます。

接点が露出しているなら出来る限り、一旦どこかに噴射して
爪楊枝の先につけて塗る程度の微量にとどめるべきです。

塗った後、埃が付いて余計に接点不良になりやすい
周囲の樹脂にダメージを受ける等の理由で
まともな修理では接点復活剤はタブー扱いです。

Qボリュームを回すとガリガリ音が出る時の直し方?

ボリュームを回すとガリガリと音が出る時の直し方を教えて下さい。
メーカー製のパソコンを買った時によく付いてくる、アンプ内蔵のスピーカーについての質問です。
アンプ内蔵のスピーカーについているボリュームつまみを回して、音量を上げ下げすると、
ガリガリと大きな音がスピーカーから出ます。
ボリュームの抵抗体にDC(直流)が流れると、そうなりやすいと聞いたことがあります。

この直し方として次のどちらが根本的な修理方法なのでしょうか。
1.ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。
2.ボリュームを交換し、ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。

Aベストアンサー

すでに模範的な回答が出そろっていますので、補足の意味で
書き込みさせていただきます。

バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。
カーボン皮膜を施してある面を摺動片が移動して抵抗値を
変化させる構造ですが、この面にゴミがとかキズが付くと
摺動片がそこを通過するときに「ガリ!」という不快な音を
たてます。

それならばゴミをとってやれば治りそうですが、これが
なかなかそう簡単にはまいりません。分解ができないのが
多いんですよ。
実際の部品は右図のような形をしています。小さな穴でも
あいていればそこから接点クリーナーを噴射してやれば
一時的に治ることもあります。でもしばらくするとまた
同じ症状が出てくるでしょうね。同形で同じ値の物と交換
するのがベストです。

余談ですが最近の器機はとことんコストダウンしているせいか
ここがすぐダメになるようです。安くなるのは歓迎しますが、
あまりに粗悪な部品を使うのはいかがなものかと思うんですが・・・

Qジャック穴に接点復活剤?

最近、mp3プレーヤーの音声がやたらとチラつくので原因を調べたところ
どうやら、ジャック穴の接触が悪くなっているようでした
そこで、ネットで調べたところ、接触の悪くなった部品を元に戻す接点復活剤なるものがあることを知りました


そこで、今回の質問です
接点復活剤という名前であればどれを買っても問題ないのでしょうか?

価格.comで検索したら、
スプレータイプと塗るタイプがあったり
カテゴリがガーデニング用品やカー用品であったりと
いろいろあってどれを買ったらいいのかわかりません

ご教授よろしくお願いします

Aベストアンサー

その程度のものならどんなものでもいいでしょう。
安いものでいいです。

塗り方にちょっと注意してください。
感覚的に湿らす感じです。
ジャック穴(Φ3.5)には紙棒の綿棒がちょうどいいので
綿部分を切り取った紙棒に復活剤を染み込まし、クルクル回しながら抜き差しします。
金属(接触子)の表面についた酸化物をとるためです。
次に何もつけていない紙棒でやはりクルクル回しながら抜き差しします。

イヤホーン側も同じように拭く感じで行ってください

くれぐれも『綿』の部分でしないでください。
接触子に絡まって二次災害になります。
また塗りすぎは、トラブルの元です。

下記に接触不良のメカニズムの記載があります。
http://tetra.jp/eci/index.html

Q接点復活材をパソコン内部に使っても大丈夫ですか?

接点復活材スプレー式ですが、パソコンのメモリやハードディスクなどに使っても大丈夫でしょうか?メンボーに付けて使ったらいいのでしょうか?
ネット情報で使っていたのでメモりに使ってみたらパソコンが起動しなくなりました。

Aベストアンサー

>ノートパソコンを無水アルコールに丸ごと漬けてから出して
>数日乾燥させても壊れることはないのでしょうか?
壊れないとの保証は出来かねますね
壊れる確率の方が高いと思います。

マザーボードを取り外してカルキの入っていない水で洗浄して
乾燥した経験はかなりあります、その後組み立てて
100%問題なく動きました。水の方が良いでしょうね。

ホワイトガソリンは部品洗浄には最適ですが
樹脂系にはあまりお勧めではありません、しかし
長時間液にさらさなければほとんど問題ありません。
試さない方が無難でしょうね。

Qホームセンターに接点復活剤は売っていますか?

ホームセンターに接点復活剤は売っていますか?

Aベストアンサー

あなたが行く店にあるかどうかは保証できませんが、普段私が利用する4店舗にはあります。(別々のチェーン店)
生活用品よりも部材が主流という店なら大抵あるのでは無いかな?

QパソコンUSBポートの不良なんとかなりませんか?

パソコンを使い始めて約15年。パソコンも5台目を使っていますが、いつも困るのが、USBポートの接触不良による不具合です。ついている3~4個あるポートが、早ければ半年くらいで1つ2つと、メディアを差し込んでも、マウスを差し込んでも、データ通信機器を差し込んでも、つかなくなってきます。外付けのUSBポートを買って対応していますが、買い変えるパソコン(富士通が多いですが)が、ことごとく不具合になっていくのでいったいどうしたことかと思っています。毎日、仕事に使っていますので修理に出すと困りますし、自力で治す方法はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

>>ついている3~4個あるポートが、早ければ半年くらいで1つ2つと、メディアを差し込んでも、マウスを差し込んでも、データ通信機器を差し込んでも、つかなくなってきます。

私も、パソコンを何台も買い換えていますけど、USBポートの不具合は、経験していませんよ。
まあ、私は、USBポートにコネクターは、毎日、差したり抜いたりするような使い方をしていません。差したら、差しっぱなしです。
もしかすると、質問者さんの使い方に問題があるのでは?
なお、富士通パソコンは壊れやすいって評判になった時期があります。その当時、富士通系の会社にいたのですが、営業さん自身が「うちのは壊れやすいからなあ・・・」と嘆いていました。現在は違うでしょうけどね。

>>毎日、仕事に使っていますので修理に出すと困りますし、自力で治す方法はありませんでしょうか。

USBコネクタの端子の問題であれば、一般的な掃除のやり方としては、

・細かなゴミがあれば取り除く
・スプレーの接点復活剤などで、接点の接触を良くする

なんてのが考えられます。

また、USBポートの取り付け方法によっては、家電量販店のパソコン・パーツ売り場でUSBポートを買ってきて、自分で交換できる場合もあります。

>>ついている3~4個あるポートが、早ければ半年くらいで1つ2つと、メディアを差し込んでも、マウスを差し込んでも、データ通信機器を差し込んでも、つかなくなってきます。

私も、パソコンを何台も買い換えていますけど、USBポートの不具合は、経験していませんよ。
まあ、私は、USBポートにコネクターは、毎日、差したり抜いたりするような使い方をしていません。差したら、差しっぱなしです。
もしかすると、質問者さんの使い方に問題があるのでは?
なお、富士通パソコンは壊れやすいって評判になっ...続きを読む

Q電導ゴム接点の復活方法について

FAX付きの骨伝導電話機(子機)の押しボタンダイヤルの一部が、効かなくなっています。
メーカーでの修理期間は終了していますので、何とか自分で修理したいのですが。
電話機を分解し、電導ゴム接点を接点活性スプレーで洗浄したのですが、思う効果が得られません。
骨伝導つき電話機で重宝に使用していましたの、何とか修理したいのですが、いい修理方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

導電性のゴム接点が接触不良になった場合に確実な復活方法は、ゴム接点に「アルミ箔を貼ること」です。

具体的には、キッチン用のアルミホイルの片面に両面テープを貼り、ゴム接点の大きさにハサミなどで切り取ります。

そして、両面テープの剥離テープを剥がせばゴム接点に貼れますから、ゴム接点の電気的導通は復活します。

その他、金箔など導電性の金属箔なら何でも良いですが、最も身近で手軽なのはアルミホイルではないでしょうか?

この接点復活法は、各種リモコンや電子辞書などに古くから応用してますが、アルミ箔を使ったことで不都合(故障など)が生じたことは過去に一度もありませんから、自信を持ってお勧めします。

Q★リモコンの接点復活方法は?

リモコンがすぐにダメに成ってしまいます。
効果的な、接点復活方法はありますか?

新しいリモコンは入手しにくくて、しかも凄く高価なのです・・・・・・・・・・・

Aベストアンサー

私はアルミホイルで復活させました。
インターネットで検索して見つけた方法ですが、
リモコンのふたをあけて、ゴム部分と金属部分の接点の
間に、小さく切ったアルミホイルを挟みました。
それだけで感度がかなり改善されましたね。

Q接触が悪くなったヘッドフォンジャックの回復法

パソコンのフロントパネルからヘッドフォンを繋いでいるのですが、最近接触が悪くなり、
雑音や片側だけ、最悪音が完全に聞こえなくなるようになりました。
ヘッドフォンは他で使っても問題無いので、完全にジャックの劣化が原因です。
ですが、わざわざそのためにPCのケースを買い換えるのには抵抗があります。
そこで、このヘッドフォンジャックを回復させる方法はないものでしょうか。
我が家の構造上、リアパネルからヘッドフォンを差し込むという選択肢はありません。
1000円以内なら費用がかかっても構いません。

Aベストアンサー

単なる錆が原因の接触不良なら、接点復活剤を少量スプレーする。
本体を分解して、これは規格品なので交換する。
最悪、特殊品なら半田付けして外部につける。
まあ、2番目までですむと思う。部品代200円まで、腕???わかりません。

Q無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

腑に落ちないといか疑問なことなんですが
別な所でPSVITA,PC内部の端子の掃除、液晶テレビの端子の掃除とかの掃除を
無水エタノールとか接点復活スプレー使って大丈夫なのかっていう質問をしたのですが

金属端子部分の無水エタノールとか接点復活スプレーを使ってでの
掃除はしない方が良いとうご回答を何件か頂いたので
こういうご回答に少し疑問に思っていますのでここで質問をします

よく無水エタノール又は接点復活スプレーとかで液晶テレビの金属端子
PC内部の端子掃除とか昔のファミコンの端子の掃除とかしている人を
よく見かけますがそういう道具を使う人は
そういう道具での掃除が危険なのを承知でやっているのですかね

無水エタノール又は接点復活スプレーとか使っても問題ない
PC内部の金属端子掃除には無水エタノール又は接点復活スプレーが欠かせないとか見るので
別に使っても害とかないんじゃないかっと勝手に思ってしまった
よく使ってはいけない理由が
金属端子部分が溶ける剥げるから使わない方が良いとか=
(無水エタノール、接点復活スプレーって端子とかを安心に綺麗にする道具じゃないの?)

端子部分以外の場所が溶けるとか=
(金属部分以外に塗らなければいいんじゃない?塗ったとしても壊れるほど形が変形するものなの?)

錆びる=(無水だから錆びることは無いとは思いますが)とか色々と聴きますので
()の部分はそういう答えに対する疑問です。
なんか使ってはいいのか使ってはいけないのかが曖昧になってしまいまして
別にそこまで深く考えることじゃないとは思われますが
自分は疑問に思った事を解決しないと気がすまないめんどくさい性格なので
めんどくさいとは思いますがご回答を出来るお方がいらっしゃいましたら
お知恵を下さい、ご回答を宜しくお願いします。

無水エタノールと接点復活スプレーについて色々と

腑に落ちないといか疑問なことなんですが
別な所でPSVITA,PC内部の端子の掃除、液晶テレビの端子の掃除とかの掃除を
無水エタノールとか接点復活スプレー使って大丈夫なのかっていう質問をしたのですが

金属端子部分の無水エタノールとか接点復活スプレーを使ってでの
掃除はしない方が良いとうご回答を何件か頂いたので
こういうご回答に少し疑問に思っていますのでここで質問をします

よく無水エタノール又は接点復活スプレーとかで液晶テレビの金属端子
...続きを読む

Aベストアンサー

接点復活スプレーは多少成分が違いますが基本は油です
(KURE 5-56等と一緒)
微弱でも電気の流れる所で使う物では有りません

>無水エタノール
この成分が入っている燃料用アルコールを色々な所で使っています
パソコンでは メモリの接点掃除 内部のホコリ掃除時に面帽に濡らして使用等です
(昔 家電品の基盤修理時に清掃用として使っていたから現在も流用しています)

テレビ等の金属端子(赤白黄等のAVケーブル?)は 目の細かい水ペーパを水を使わず磨くか金属クリーナが良いと思います


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング