下記以外で、宮部みゆきor恩田陸の作品で少年が主人公のものを教えてください。
宮部みゆき・今夜は眠れない
      ・夢にも思わない
      ・ステップファザーステップ
恩田陸  ・ネバーランド 

*あまり時代物は得意じゃありません;;

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

宮部みゆきだけですが・・・


・龍は眠る
・ブレイブ・ストーリー
・魔術はささやく
・ドルシネアへようこそ(短編)

などなど・・・。
ブレイブ~は少し幼すぎる感じがしますが、個人的に『龍は眠る』『魔術はささやく』あたりの青年が好感持てます。
    • good
    • 0

恩田陸『上と外』


   『ロミオとロミオは永遠に』 

   上は冒険ファンタジー、下はノスタルジックSF

上は文庫化していません(元々6分冊文庫発売の為)、
   下は上下巻で文庫化済

   オススメは『上と外』。ロミオは昭和に興味があれば
   読むことをオススメします

   http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8A%E3%81%A8%E5%A4 …
    • good
    • 0

一部主人公が少年とは限らない物もありますが、ステップファザーステップもそうなので、それらも一応書きます。



宮部みゆき
『東京下町殺人景色』
『ブレイブストーリー』
『蒲生亭事件』(歴史要素含む。2.26事件当時の時代にタイムスリップした少年が主人公。)
『淋しい狩人』(老人と孫の少年両方が主人公かもしれません)
『我らが隣人の犯罪』(表題作については。)

恩田陸 
『六番目の小夜子』と『夜のピクニック』(この二つは少年少女両方主人公か、もしくは、少女の方が主人公かもしれませんが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。やはりブレイブストーリーは有名ですね。映画見ましたが素敵なお話です。
最近宮部さんばかりだったので恩田さんの作品が知れたのはうれしいです。ぜひ探してみたいと思います。

お礼日時:2007/07/02 21:13

 こんにちは。


宮部みゆきさんの「我らが隣人の犯罪」も少年が主人公です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18775670
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
評判も良さそうな本なのでぜひ購入したいと思います!

お礼日時:2007/07/02 21:08

宮部みゆきのみですが…


・ブレイブストーリー
(映画化(アニメですが)されました)
・ドリームバスター
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2007/07/02 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方、他に好きな作家さんは?

恩田陸さんと宮部みゆきさんの小説が好きで近頃よく読んでいたのですが、違う作家さんの本も読みたくなりました。

恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方は、他に同じくらい好きな作家
さんでお薦めのものがあれば教えてください。

ちなみに恩田陸さんの作品で好きなものを上から三つあげるなら、〔麦の海に沈む果実〕、〔ネバーランド〕〔夜のピクニック〕で
宮部みゆきさんだと、〔蒲生邸事件〕〔クロスファイア〕〔模倣犯〕です。

貴志 祐介さんのクリムゾンの迷宮を読んでみようかとも思ったのですが、ゲームが特に好きというわけでもないので迷っています。

宮部みゆきさんと恩田陸さんの作品は、まだ読んでいない物もあります
が時間がかかっても読破するつもりですので、他の作家さんでお薦めな作品の紹介お願いします。

Aベストアンサー

私は野沢尚なんかも好きです。
とりあえず、「呼人」「殺し屋シュウ」あたりから始めると入りやすいかもしれません。

ちょっとほのぼの系ミステリなら加納朋子なんかも良いです。
どちらかと言うと女性向かも知れません。
「ななつのこ」「魔法飛行」「ささらさや」なんかがお勧めです。

他には、真保裕一なんかも面白い作品がたくさんありますし、
他の作家も...。
ちょっと紹介しきれないですね。

Q恩田陸作品の読む順番

以前から恩田作品に興味があるのですが
どこから読んでいいのかわかりません。
『ドミノ』はシリーズに関係ないということで
以前読みました。が、面白かったのですが
逆にシリーズに手を出すきっかけを逃しました。

同じようなスレッドを探したのですが見つからず

御講授願います!

Aベストアンサー

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
「六番目の小夜子」→「図書室の海」の表題作or「象と耳鳴り」or「puzzle」
「六番目の小夜子」の登場人物である、関根秋(高校生)の家族の話です。「象と耳鳴り」は秋の父で退職した判事である関根多佳雄が主人公の短編集、「puzzle」は秋の兄で検事の春の話です。

恵弥シリーズ
「MAZE」→「クレオパトラの夢」

とりあえず思いつく限りシリーズ物をあげてみました。
シリーズ名は私が勝手につけてしまいましたが・・。
三月シリーズがとても複雑です。私は上記の順番で読むといいと思いますが、人によって違うと思います。
たくさんあるので読むのが大変ですが、微妙なつながりを発見したとき、わかったときはとても嬉しいですよ。ぜひ読んでみてください。

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
...続きを読む

Q恩田 陸

お奨めの1冊を推薦してください。

Aベストアンサー

私が初めて読んだ恩田陸作品は「Maze」でした。これではまりました。でもラストが微妙かも…。

一番好きな作品は「麦の海に沈む果実」です。他の作品ともリンクしてますし、これからもまだまだ楽しめそうです。

「ユージニア」は初めに読むのはお勧めできないですね。この作品はなんだかよくわからないと思います。他のわかりやすい作品から入ったほうが楽しめますよ。

Q恩田陸の小説

こんにちは。高校生です。
少し前、恩田陸さんの「ネバーランド」を読んで、とても面白いと思いました。
他にも恩田陸さんの小説を読みたいと思っているのですが、オススメは何の本でしょうか?
できれば恋愛要素は入っていない方がいいです。
(一番気になっているのは、「ドミノ」なのですが…。)
また、他にもオススメの本があったら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「ドミノ」、面白いですよ。
偶然取り違えられた紙袋から
ドミノ倒しのように事件が起きて行きます!
登場人物が結構多いですがすぐ慣れますよ。
「ネバーランド」に比べてスピード感のある小説です。

「ネバーランド」と同じ学園ものなら
「麦の海に沈む果実」「蛇行する川のほとり」。
「麦の~」は全寮制学校、いわくつきの転校生と
ドキドキする要素が詰まった学園ものです。
恋愛要素もほぼありません。
「蛇行する~」は恋愛要素がありますが、
憧れの同性の先輩2人と演劇の舞台背景の絵を
仕上げるために合宿をしようという素敵な話。
私は一番この小説が好きです。
恋愛要素はかなりあっさりめですよ。

あと、「Q&A」も「ドミノ」に近いかも。
「ドミノ」が好きだったら次に読むにはおすすめです。

ファンタジーとミステリが混ざったものだと「ネクロポリス」。
ある期間だけ幽霊が見える不思議な島の話です。

推理要素が強いものなら「ユージニア」。
ある都市で起こった大量毒殺事件を後日、
様々な人の証言から紐解いていく小説。
堅苦しくなくて、自分もそこにいるようにドキドキしますよ。

冒険ものなら「ロミオとロミオは永遠に」「上と外」。
「ロミオ~」は近未来のエリート学校が舞台で、
命がけの試験や、学園の秘密などSFっぽさも満載。
「上と外」はある兄妹が南米のジャングルに
誤って迷いこんでしまう冒険もの。
これらはちょっと異色の恩田陸です。

それと、私は個人的に恩田さんの短編も大好きです。
「象と耳鳴り」「いのちのパレード」など。
特に「象と耳鳴り」はとても面白いです。
恩田さんは学園ものからホラー、SF、ミステリと
本当に幅広く書く方なので、
短編集で好きなジャンルを探してもいいかもしれません(^^)

私も高校から大学にかけて恩田さんに相当ハマりました。
お気に入りの一冊ができるといいですね~

「ドミノ」、面白いですよ。
偶然取り違えられた紙袋から
ドミノ倒しのように事件が起きて行きます!
登場人物が結構多いですがすぐ慣れますよ。
「ネバーランド」に比べてスピード感のある小説です。

「ネバーランド」と同じ学園ものなら
「麦の海に沈む果実」「蛇行する川のほとり」。
「麦の~」は全寮制学校、いわくつきの転校生と
ドキドキする要素が詰まった学園ものです。
恋愛要素もほぼありません。
「蛇行する~」は恋愛要素がありますが、
憧れの同性の先輩2人と演劇の舞台背景の絵を
仕上げるために...続きを読む

Q宮部みゆきの最近の作品。

宮部みゆきさんの短編『返事はいらない』『地下街の雨』『人質カノン』を読んでなんとなくいい感じになったのですが残念ながら最近は短編を書かれてないようです。
そこでこのような感じの作品(うまく伝えられませんが苦境な現代社会で生きているのに心が晴れるような…)がありましたら紹介してください。できるだけ最近の作品がいいです。わかりにくい質問ですいません。

Aベストアンサー

宮部みゆき作品には、最後に心が晴れるものと落ち込むものの二つがあると思います。前者はいわゆる少年物が多いと思います。(少年が主人公のもの)
長編
◎龍は眠る
○パーフェクト・ブルー
◎魔術はささやく
○東京下町殺人暮色
 今夜は眠れない
 蒲生邸事件
 夢にも思わない
短編:
○とり残されて
◎我らが隣人の犯罪
 鳩笛草
短編連作:
◎ステップファザー・ステップ
 淋しい狩人
○心とろかすような マサの事件簿

二重丸がかなりお勧め、丸がお勧め、無印は条件に合うだけもの。
下に行くほど新しい。
心とろかすようなはパーフェクトブルーの続編。
夢にも思わない、は今夜は眠れないの続編。
鳩笛草には、クロスファイヤの前作がある。
あと、現代社会でなくても心が晴れるような作品なら、江戸ものシリーズ全般お勧めです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報