人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

中国語の発音訓練で1ヶ月がたちましたが、「無気音」について最近迷いが出てきました。
発音用のCDつきマニュアルを数冊買い込んで練習している最中です。当初中国語には濁音がないと思っていたし、本の説明でも濁音はないとなっていたと思います(有気音がそれに近いようなことを書いてあるものもあったかな(?))。
しかし、それら市販本では、[zhu4]の発音は(そり舌のジュ)のように聞こえ、[jia]は(ジャー)のように聞こえます。
これらは、発音練習用以外の本にでてくるCDの発音では、「注意(zhu4 yi4)」などは(そり舌の?チュウ ヰー)に近く聞こえます。
また「大家叫他(da4 jia1 jiao4 ta1)・・・」は(ターチャーチャオター)のように聞こえます。
[guan1 dong1]などは(グアン ドン/トン)と出だしは濁音のように聞こえ、いらいらし始めております。

無気音は濁音風に発音するのがいいのか、発音マニュアルは参考にとどめ、無気音として軽くアゴを落とすぐらの気持ちで発音するのがいいのか、なにかうまい(効果的な)訓練方法があれば教えていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

訂正します。

ご指摘の通りです。濁音として
発音するのは無気音です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
ほっとしました。

お礼日時:2007/07/05 22:53

お礼欄をみて、ふと台湾人と話していた内容をおもいだしました(と見たら、cubics先生が私が言いたいことの真髄を書いているので短めにいいます笑)。



先日日本語がほぼネイティブ並の台湾人を紹介してもらい、いっしょに食事を台湾でしました。
その際、台湾が大陸のピンインを採用していないこと(彼らは注音入力が多く、アルファベット表記は音に合わせて表記しているだけ)、また同じ北京語派生のものでも、異なる語彙があることを指摘していたとき『でも、同じ言語ですよ』と相手が強調するのです。

そこで私が「でも、表記はあきらかに違いますよね。張は大陸ではzhangだが、台湾ではchangかchengと書くし、周は大陸ではzhouだが、台湾ではchou。鄭成功の鄭も、Zhengが台湾ではcheng。」といったところ、『同じですよ。でも台湾は表記をもっと正しくしようという方向になっています』といいます。
正しくとは、「大陸のピンインに合わせるということですか?」と聞いたところ『違いますよ。台湾の(アルファベット)表記のほうが正しいですよ』というのです。

この会話の中に、大陸でzhが台湾ではchになっている例が3つもでてきますが、これはまさに質問者さんがひっかかっている「アルファベットによる表記の正しさ」と「音の濁りの有無」に関するヒントが隠されているのではないかと感じます。

私も大陸のピンインは、どうも当てはめが厳しすぎ、実態の中国語を表しておらず、教育がなかった時代に普通話を普及させるために、ルール化と簡素化をやりすぎているのではにないかと最近感じます。
声調も広東語や福建語などの声調が6~9声などと多いことを考えると、普通話の声調が4つ+軽声では(実際の用例と比べると)少なすぎるのではないかと感じています。
台湾人に会話の練習相手になってもらうと、中国語への壁が薄く感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いよいよ核心にせまってきたような貴重なご意見をありがとうございました。
(ピンインのスペルはどうやって、どの言語を念頭において作ったのかななどと、フト考えることがあるのですが・・・・ここでは考えないことにします。練習のときのもやもやがずいぶん取れましたので、皆さんに感謝します)

お礼日時:2007/07/04 21:01

No.3 ですが、発音を表す記号については、中華人民共和国の普通話に対するピンインを用いるのが大勢で、その場合アルファベットを用いるために、アルファベットの発音(たとえば英語の発音)と混同する問題が常にあります。


一番問題になるのが「yan」で、「ヤン」と言ってしまう人が多い。
「eng」も「エン」と言ってしまう方もいます。
また子音では、「r」は欧米の巻き舌音にしたり、同様に「sh」を「シュ」と言うなどなど。
台湾で現在用いられている中華民国時代からの注音字母、いわゆるボポモフォのように、まったく違う発音記号であれば、そういう勘違いもなかったかもしれませんし、質問者さんのおっしゃる清濁という問題も別次元の問題だととらえられるのかもしれません。
ピンインの「bo」は、日本語の「ボ」でも「ポ」でもありませんが、これを日本語向けに表記するとなると、問題になるわけですね。
人によっては「ボ」と書く方がいい、「ポ」の方がいい、と意見は分かれます。
また、Guandong (関東ですかね) の「g」は、鼻濁音のような音が一番近いから「ク」に「゜」でも付けたら?などという意見もあるかもしれません。

さて、中国の方の日本語の濁音の発音が、ときに奇妙なのは、まさに日本語の濁音は無気音だという捉え方をしているからではないでしょうか。
となると、逆に無気音を濁音とすると、これまた「中国語耳」で聞いてみると奇妙な発音になるのかもしれません。

ピンインについては、ローマ字や英語風に読むのではなく、あくまで便宜的な記号であるという理解が大切です。
発音については、前回も少し申しましたが、無気音だけいくら聞いたり話したりしても迷うだけで、有気音との対比の上でとらえることが重要です。
話す場合は、両者の差異を強調し、聞く場合は許容範囲を大きく持つことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大体が日本語にない発音の話をカタカナでしようとした小生の質問に無理があるのですが、それでもアドバイスをいただき有難うございました。
「ピンインについては、ローマ字や英語風に読むのではなく・・・」ということは、頭ではわかっているつもりですが、練習する際についつい英語式スペルに引きずられてしまい、皆さんはどう乗り切ったのかななどと思いをいたし、質問してみた次第です。
新米なため、コトバの音に対する自分の許容範囲をせばめて練習しようとしていたと思います。これでずいぶんすっきりしてきました。
感謝いたします。

お礼日時:2007/07/04 20:50

私が初めて中国語教室に行った時の先生は北京出身の


先生でした。彼女はもともと中国で日本語学科を卒業して
日本語の先生でもあり、日本に来てからが中国語を指導していました。
その先生は「日本人は有気音は中国人とまったく同じようには
発音できない。従って濁音のつもりで発音しろ」
この教えを守ってずっと発音しています。
従って中国人にはちゃんと通じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん熱心にアドバイスをしていただき、本当にありがとうございます。「日本人は有気音は・・・」とあるのは、ひょっとして無気音では?。。。

お礼日時:2007/07/04 20:37

書籍が述べている濁音とは、日本語でいう清濁の濁音のことで、中国語の清濁とはまたすこし違うようです。

に日本語に「ば」行という濁り行があると知っているのは、「は」に「゛」(濁点という概念)があることと関係しているようですが、中国語の清濁に関する部分を読むと、日本語のそれ(音の濁り)とは異なるようです。

中国人のみならアジア人が日本語を勉強するとき、panとbanの違いがわからない、もしくは同じになってしまう現象が一部の人種でみられるそうです(英語圏の人はpanとbanの違いはすぐわかるようです)。

これを逆に考えてみると(彼らが使い分けないという前提で中国語を聞いてみると)、たしかに「一般」は「yi ban」ではなく「yi pan」と発音しているように聞こえる人もいますし、「面包」も「mian pao」と聞こえる人もいます。これは複数の中国人が会話しているDVDなどを聞き比べると、一様ではないことにすぐに気がつきます。

「大家」はたしかに(ターチャ)のようにも聞こえます。
「没関係」は(メイ グァン シー)ですが、真ん中の「関」は、日本の濁音で考えると「ガン」ですが、しかし中国語では(メイ ガン シー)ではないですよね。関の「ガン」が「グァン gwan→ guan」であるところに、ヒントがありそうです。

ちなみに普通話のように国レベルでの表記がさだまっていない広東語では、広東の「廣」は、guongやgwongとさまざまに表されます。「gu」を日本語の「グ」と読んでしまうとたしかに濁音ですが、実態は「gw」でも表記される音で、日本語の濁音ではないと私は捉えています。

ピンインは50年代以降毛沢東率いる人民大会が決めたルールです(実際台湾にも広東語もそのピンインは採用していません)。それ以前にも北京はpekingとして存在していました(餃子はペキン・ラビオリとしていまでも英語に残っています)。
本来の音がどうであるかを、たぶん日本のテキストは伝えたいのだと思いますが、日本人が日本の濁音がわかってしまうため、それを見た人はどうしてもピンイン表記から連想する音にかぶせてしまうのだと想像します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本語をある程度話せる中国人の日本語を聞いていると、日本語の濁音がどうもおかしいな、中国語には濁音はないのだろうな・・・とかねがね思っていました。ご指摘のメイグワンシー(没関係)は、私には最初濁音のように聞こえましたが、これもひょっとしたら「グ」ではなく「メイ→クワン・・・」とつづける際に濁音風な発声になるのかななどと思いはじめていたところ、有益なご指摘をいただきほんとうに感謝しております。
もやもやが少しずつとれていくような気分になりました。またやる気が湧いてきました。有難うございました!

お礼日時:2007/07/02 20:35

有気音はおなかから出てきた息を一度ためてから一気に吐き出すように発音するのに対し、無気音はおなかから出る息をためないで発音するのがコツだそうです。



日本人は濁音を聞き分ける能力が有るから、alko-polpさんの様にCDが濁音に聞こえるのだと思います。私は聞こえるように真似をして発音すれば良いと思います。実際の所は分かりませんが、中国の人は濁音清音の区別ではなく有気無気で区別するので「濁音」の概念がないのではないかと思っています。

ピンインが同じだからと発音が同じかと言うと、違う気がします。
ban というピンイン表記でも “一般”は(yiipan)“老板”は(laoban)のように聞こえますし、私はそう発音しています。・・・・()の中はピンイン表記ではなく、日本語のローマ字表記のつもりです。仮名で書くと濁音なのか半濁音なのか分かりづらいので・・・・

無気音が濁音、有気音が清音と分けてしまうのではなく、今は音声を聞いて真似をすることが大事だと思います。是非ご自分の発音も録音して聞き比べてみて下さいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

聞こえるように真似をして発音すれば良い、にはまったく賛成で、実はそのつもりでやってきたのですが、基本を大事にしようとばかり、発音のマニュアルにこだわりすぎたかもしれません。
安心感とやる気がでてきました。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 20:17

>[zhu4]の発音は(そり舌のジュ)のように聞こえ


[zhu4]は、そり舌音だと思いますが・・・。

無気音に注意するよりも、日本人学習者は有気音に注意した方が、効果的ではないかという意見はおいといて(笑)、様々な教材で耳にする発音は、それこそ様々で、たとえばNHKのラジオ講座でも、たとえば男女二人の方が発音をされる場面がありますが、結構違って聞こえます。

中国語に濁音があるかないかについては、とりあえず普通話で学習する場合には、ないということで学習するしかないでしょう。
濁音清音の言語の中で育った人間は、発音を聞く場合にどうしても、濁音であるかないかを判断する感覚になっていますから、これはいたしかたありません。

この観点から言うと、耳が慣れないうちは、聞く場合と話す場合とでは、学習者としては分けて考えなければならないかもしれません。
聞く立場で言えば、相手が模範的な発音でしゃべってくれるとは限りません。ですから、なるべく許容範囲を広くもって、発音を認識できるようにしなければいけません。
質問者さんがいらいらなさっているということは、発音に対して自分で理解している基準に対して話し手の発音が外れているということですね。
ということは、その基準が実は、ずれているということでしょう。
この点については、(妥当な発音の)中国語を多く聴き、その都度認識を改めて行くことの繰り返ししかないと思います。
発音については、単語だけを発音するのに比べて、実際の会話の中では、強弱、重要性などによって、おっしゃるような聞こえ方の違いという点は日常茶飯事ですね。

自分が発音する場合には、初めはあくまで模範発音の真似を繰り返して、身体で覚えることしかないでしょう。
たとえば、日本語の濁音風に発音しても、相手が中国語として聞く場合には、あまり意味はないと思います。
発音というものは個人差、地域差などがときには大きく存在し、聞こえ方が違うので、相対的な感覚というものが大事ですね。

さて、中国語の日本語かな文字での表記としては、ピンインをそのままローマ字的に解釈した書き方をしますが、場合によっては、無気音に対しては、濁音を用いずに清音で書くこともあります。
「大家」を、「ダージャー(ジァー)」と書いて、日本語で読むよりは、「ターチャー」と書いて有気音ではない日本語風発音で発声した方が、より近いということなのでしょう。
ただこの場合、有気音「ター」との区別があいまいになって、別の問題を起こしかねません。
おっしゃるように、日本人の耳でターチャーと聞こえるのは当然です。
日本人としてそのように聞こえるということ以外に、実際に日本で耳にする中国語は、そういう傾向がある発音が多いということもあります。

ですので、アドバイスとしては、あまりいろいろな教材をあれこれ聞くよりは、まず確かなものに絞って、徹底的に発音は真似して、さらに適切な教師によるチェックを受けることです。
相手のいない独学は、中国語の発音については、あまりよい結果を生まないと思います。
無気音よりは、有気音、それよりは、母音と声調の方が、はるかに大事です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

懇切丁寧なアドバイスをありがとうございます。
愚問だと迷ういながらも、質問してよかったと思っています。
こんなに親切な説明をしてもらえるとは、思ってもいませんでした。
勇気がわいてきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 20:13

中国語のピンイン学習はいい先生の発音を沢山聞き、沢山発音同時自分で発音するとき先生の口の動き、舌、空気の流れ等が目で確かめられると安心できます。



ピンイン  かるがるマスター で検索すると、いくつか紹介していて、サイトを通じて動画、写真等でピンインの学習を詳しく紹介しています。視聴して確かめては? 要は舌で覚え、体得すること。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
動画ではありませんが、口の動きを示す写真つきCD-ROMも2種類使用して練習しています。
発音者による微妙な違いにはあまりこだわるまい、聞こえたままの発音練習をやっていこう、としていたのですが、なんとなく気になって質問してしまいました。何回も何回も聞きまくり、また沢山聞くようにつとめていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/02 20:10

北京語(日本で言う中国語)に濁音は多く存在します。


簡単な例ですが
早 zao(3声) 日本人にはツァオと聞こえますが日本人が発音発音すると通じない。
経験上、多くの日本人は通じさせるためにザオと発音します。相手も日本人だとすぐ気づきますがとりあえず通じます。
これはヅァオと発音すればほぼOKです。"ジ"と聞こえたらそれはヂでOK。
但し、本当に日本語のズとヅ、ジとヂを使い分けできればの条件付ですが。

大 da(4声) は本来ドゥをいっぺんに発音する感じですが、ダで通じます。日本語発音でダ、タ どちらでもダで聞こえます、。大きく息を抜く発音は日本語にないのでそうなります。ガムをペッと吐いて捨てるような勢いでダを発音したら、彼らはタと聞き取ります。

外国語発音をカタカナ表記するのは無理があるのでわかりにくくて申し訳ないです。

でも本当にこれを使い分けたら綺麗な発音に近づきます。

余談ですが、私は、台湾で注音符号で発音を習い(先生が発音に厳しかった)ましたのでピンインは苦手ですが、おかげさまで1年くらいでタクシーに乗っても日本人だと気づかれにくくなりました。
大陸でも日本人価格で物を買わされることもなくなりましたし・・・
ポイントは大きな声で発音してみることだと思います。

がんばって修得してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。
あっというまに色々な方々からご教示いただき、感謝するとともに、安心感のようなものもわいてきました。
どの方ののものが一番役に立ったとか言えず申し訳ありません。
とにかくお礼申し上げます。

お礼日時:2007/07/02 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第2声と第3声の区別が難しいです

学生時代に第二外国語で中国語を選んで、2年ほど簡単な会話を習いました。

その時の日本人先生の説明では、「基本的に第3声は、形のとおり谷型に発音しなさい」 という事でした。 つまり一度低く下げて、また上げるというものです。 当然この場合、語尾は上がりますよね。

一方、今月初めから近くの中国語教室に通うになって初歩から勉強をしているのですが、そこの日本人先生の説明では 「第3声は低く直線的に ・・・」 というものでした。 この場合、基本的に語尾は上がりません。

困ったのが聞き取りテストです。 学生時代に 「第3声は谷型で」 と習ったのが頭から離れず、先生の発音やテキストテープの中国語を聞いた時、語尾が上がった声調を聞くと、第2声か第3声の区別がつかなくなって、よく間違えます。

昔とは教え方が変わったのでしょうか? あるいは学生時代の先生は間違っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問は、
「昔とは教え方が変わったのでしょうか? あるいは学生時代の先生は間違っていたのでしょうか? 」と理解しました。
 → 答えは、
    第三声は単漢字、句尾、文末、または意図的に強調する場合のみV、
    他の場合(即ち会話における殆どの場合)は_のように低く。
   根拠を示しますので、正否は以下によりご判断ください。
  -------------------------
■先ず初めに、
中国語の第三声はどのように定義されているか。
《汉语拼音方案》が1958年2月11日公布され、以降学校教育に適用されました。これは要点のみ記してありますが、「中华人民共和国的汉字注音拉丁化方案」に詳細解説があります。
参照→《汉语拼音方案》
     http://bjkoro.net/chinese/letter/hanyupinyin/pinyin_fangan.html
   《中华人民共和国的汉字注音拉丁化方案》
     http://baike.baidu.com/view/22308.htm
後者の解説では、声调 の項は以下の通り。
「第三声,(上(shǎng)声,或上(shàng)音,ˇ ( ∨ ) ),调值214(˨˩˦);~略~不在句尾及不重读(强调)时,上声变调作半上21(次低降˨˩)。当两个上声字连读时,前字变调为阳平35(高升˧˥)。 」
回答者注、
注1:現在の第三声を漢語では歴史的に、上(shǎng)声または上(shàng)音と称す。この意味で使う場合の上声の“上”はshǎngであることに注意。
注2:调值=声調の高さ。五度标记法による。
     五度标记法-URLが長すぎるので最後尾に挙げておきます.
注3:蔭平=第一声、陽平=第二声、上=第三声、去=第四声。
■つまり、第三声は、上声,または上音であり、[调值214]であるが、
【句尾以外または強調しない場合は、変調して[半上声21]となる】、
  句尾とその語を強調したい場合のみ大げさにvで発声ということ。
  [半上声21]であって、[212]でも[213]でもないことに注意。
上声の文字が2ヶ続く場合は、前の字が変調して、
              [陽平35]=第二声となる。
■一方で、
第三声とは、本来は[调值214]か[调值21]か、
  日中ともに学者により異論があります。
第三声を[调值21]の表記でテキストを書いている著名学者もいます。
  例えば、NHK中国語講座他で著名な遠藤教授も、
   [调值21]を第三声とし、
   [调值214]を第三声強調型としています。
■第三声の誤解を正しましょう、
[调值214]∨のように下がって上がる…句尾か文の切れ目のみです
[调值21]_のように低く平ら…通常はこれです
 ⇒このルールに従えば第三声も楽なものです。
文字の発音の連鎖の中で、[1]を発声する過程で自然に[21]で入り、後部がまた自然に上がり気味になるので、[21(2)]の感じになるものです。日本の教室では、そこを教えず、vにこだわり、更に半三声と称して終わりを途中まで上げなさいなどと教えるので、まずいのだと私は考えています。《汉语拼音方案》に記述があるように、第三声を[调值214]で発声するのは特殊な場合なのですから、先ずは第三声は[调值21]と教えるべきなのです。

参考URL:第三声と第二声の発音について
http://www.chinesemaster.net/chinese_navi/study_method/pronunciation/tone_2_3.php
注:この頁でアラビア数字で1~5とあるのは、音の高低です、低い方が1です。
  声調は漢数字表記です。
 ------------------------
おまけです。
1.欧米人は漢字は記号として見て、発音を覚えます。個別の漢字の知識はずっと後から  です、それでもぺらぺら中国語を話すのは、文字ではなく単語・文節を音で学ぶからです。
“言語は本来[音]”です、単語や慣用文を塊として発音を覚えましょう。息つぎは初期の個別漢字の声調が身についていない段階で結構難しいのですが、学習が進むと単語の中での息つぎは厳禁です、文中でも息つぎの仕方で意味、更にニュアンスが変わる場合が往々にしてあります。
2.コツ
(1)第三声は単純に低く出せばよいのです。もちろん句尾や文の切れ目のみしっかり∨です、後続がないので楽なものです。先生の発音もそのようになっているはずです。
(2)このサイトは発音を聞くのに便利です。
http://www.sorachina.jp/danci/index.php?word=%E5%8F%AF&button=%E6%A4%9C%E7%B4%A2
(3)気に入った句・文章を丸暗記(当然正しい発音を)するのも効果的です。
成語、慣用句など覚えると、折に触れて披露したり、ひな型に使えますし、何よりも自信がつきます。
  不到长城非好汉。
  三个女人一台戏。 etc.から始めて、
  我对你有意思,不好意思,因为我喜欢你,所以脸红了。なども。
(4)日本人にとって第三声よりも第二声が難しい、第二声はエネルギーが必要です。第三声は上記の要領ですぐ慣れますから、第二声を訓練しましょう。
(5)先行回答ANo.4氏の解説も現実的な側面を衝いており、参考になります。「直線的に」の部分で懸念を示しておられますが、気持ちは「直線的に」で構いません。ANo.4氏も触れており私も上記で触れたように、前後のつながりの中で自然体の変化が付くようになります。大切なのは、単漢字ではなく単語で覚えることです。
 -----------------------
☆以上を踏まえた上で、聞き分ける力は訓練のみですが、生来の音感次第で個人差があるのはやむをえません。更に、単語を暗記することです。
個別文字の声調を覚えることは大事ですが、単語単位や短文の丸ごと暗記が有効です。声調ばかりでなく、強弱(アクセント)や音の長短も大事です。したがって音声入りの教材が有効です。

*五度标记法
http://image.baidu.com/i?ct=503316480&z=&tn=baiduimagedetail&word=%CE%E5%B6%C8%B1%EA%BC%C7%B7%A8&in=22417&cl=2&lm=-1&pn=1&rn=1&di=22026913365&ln=2000&fr=&fmq=&ic=0&s=&se=1&sme=0&tab=&width=&height=&face=0&is=&istype=2#pn1&-1&di22026913365&objURLhttp%3A%2F%2Fwenwen.soso.com%2Fp%2F20100615%2F20100615172359-802437227.jpg&fromURLhttp%3A%2F%2Fwenwen.soso.com%2Fz%2Fq198911436.htm&W425&H230

ご質問は、
「昔とは教え方が変わったのでしょうか? あるいは学生時代の先生は間違っていたのでしょうか? 」と理解しました。
 → 答えは、
    第三声は単漢字、句尾、文末、または意図的に強調する場合のみV、
    他の場合(即ち会話における殆どの場合)は_のように低く。
   根拠を示しますので、正否は以下によりご判断ください。
  -------------------------
■先ず初めに、
中国語の第三声はどのように定義されているか。
《汉语拼音方案》が1958年2月11日公...続きを読む

Q「好的」と「是的」の違いについて

最近中国語の勉強を始めました。
はい、イエスを意味する言葉として「好的」と「是的」がありますが
この使い分けはどうすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、「好的」は良い・OKなど、了承を表す意味を持ちます。

例:「明天9点半在学校門口見面、好ma?」→「好的」
(明日9時半に学校の校門前で待ち合わせでいいですか?→いいです)


「是的」は、その通り・合っているなどの肯定を表す意味になります。

例:「ni是日本人ma?」→「是的」(あなたは日本人ですか?→そうです)


あと、正反疑問文の「好不好?」「是不是?」で聞かれた場合は、その動詞に対応して回答します。

・「好不好?」→好/不好     ・「是不是?」→是/不是

ご参考までに。

Qq, j と ch, zh の発音の違い(中国語)

q, j と ch, zh の発音の違い, 後者は日本語の「チャ行」から母音(または半母音)を取っ払った発音、前者は「チ」から母音(または半母音)を取っ払った発音、という理解でいいですか?有気音か無気音かは理解していますので説明を省いていただいて結構です。

お世話になります。

Aベストアンサー

「q」と「j」の違いなのか、「q,j」と「ch,zh」の違いなのか明確ではないのですが、「q,j」と「ch,zh」の違いととらえると、有気音、無気音の違いではなく、「ch,zh」は「そり舌音(巻舌音)」ですので、「チャ」とは、基本的には、まったく異なります。
「q」と「j」の違いであれば、前者が有気音、後者が無気音(同様に「ch」と「zh」の違い)であることは、ご存知のとおりです。

ピンイン表記がアルファベットを使用することから、英語系の発音との混同をされがちですが、便宜的にアルファベットを使用しているだけだと解釈された方が賢明です。

基本から外れたことで言えば、「そり舌音」があまり使われない、南方の方の発音の場合には、「zh」が「チャ、ザ」のような音、「ch」が「ツ」のような音に聞こえるかと思います。
たとえば「jiang」と「zhang」なら、「ジャン」と「チャン、ザン」、「chi」や「chu」が「ツー」のような音に聞こえるというようなことです。
「好吃」が、「ハオツー」と書かれる由来ですね。(笑)
普通話の標準的な「zh」や「ch」は、カタカナで書けないので、これは説明のしようがありません。舌遣いが日本語と全然違う音ですので。

「q」と「j」の違いなのか、「q,j」と「ch,zh」の違いなのか明確ではないのですが、「q,j」と「ch,zh」の違いととらえると、有気音、無気音の違いではなく、「ch,zh」は「そり舌音(巻舌音)」ですので、「チャ」とは、基本的には、まったく異なります。
「q」と「j」の違いであれば、前者が有気音、後者が無気音(同様に「ch」と「zh」の違い)であることは、ご存知のとおりです。

ピンイン表記がアルファベットを使用することから、英語系の発音との混同をされがちですが、便宜的にアルファベットを使用して...続きを読む


人気Q&Aランキング