人気雑誌が読み放題♪

前々から疑問に思ってることがあります。
一般的に1塁へはヘッドスライディングより駆け抜けた方が早いといわれてます。

もちろん高校野球の最後のバッターのように、土煙をもうもうと上げるようなすべり方であれば、スピードが失われ明らかに遅いと思います。

一方でTV番組の筋肉番付のなかで、高いところからバレーボールが落ちてきて、それを触れば成功!って競技がありますよね。
あの競技では、みんな頭から飛び込んで手を伸ばしてボールタッチしに行きます。
駆け抜けた方が早ければ、何でそのまま走り抜けて足でタッチしに行かないんでしょう?

やっぱ、スピードを殺さずにダイブすることができたら、リーチの分だけ頭からいったほうが早いんじゃないの? と思ってしまいます。
皆さんはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

どうも今晩は!



このヘッドスライディングについての話は結構、耳にする話題ですね。

Wikipediaにも「当然ながらスライディングよりも走りぬけたほうが速い…」と記述されて
いて、一般論としては、駆け抜けた方が速いというのが正論のようになっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83% …

しかし、実際問題として本当に駆け抜けた方が速いとは限らないようです。

下記のサイトに少年野球の指導をされている方のご意見が載っていますが、実際に計
測してみたところ、「スライディングの上手い子に限ってならば、単にベースまでの到達
時間は確実に速い」と結論付けられています。

但し、ヘッドスライディングに伴う怪我などの危険性を考慮すると推奨は出来ない、と
仰っています。

また、ショットガンタッチや陸上競技についても触れられていて、分りやすく説明されて
います。
http://sidenkai.blog.ocn.ne.jp/issyoukenmei/2006 …
http://sidenkai.blog.ocn.ne.jp/issyoukenmei/2006 …
http://d.hatena.ne.jp/zxcvdayo/20060826/p1

ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱそうですよね。
結構耳にする話題だったんですか。
先に調べるのサボってました。すいません。
私のもやもやをすっきりさせてくれるサイトの紹介ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/03 18:44

速いかどうかは微妙です。



私は野球をしておりましたがスライディングは遅いと思いました。

しかし、がむしゃらに塁へ進塁しようとすると足がもつれてスライディングになったことがはじまりのようです。

気持と裏腹に体が利かないのでスライディングになります。今では飛び込むことで見せ場になるのでされる方が多いようには思います。

今はわかりませんが足がもつれてこけるよりかは速いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も走塁では足がもつれる口ですが。。。
私がヘッドスライディングしても明らかに遅いと思います。
やりなれてないので身構えてしまうし、ちょうどよい位置で踏み切ることもできないと思います。

でもそれらをクリアしてるプロ選手などは本当に駆け抜けた方が早いのでしょうか?もちろんプロにも走塁の得意、不得意があるので、ヘッドスライディングに馴れた選手なら駆け抜けるより早いのでは、と思ってしまいます。

お礼日時:2007/07/04 14:58

まず、ショットガンタッチについてですが、あれはボールが上から落ちてきて、そのタイミングに合わせてボールに触れなければなりません。

そして走るときどんな体勢になっているか考えてみてください。当然、前傾姿勢ですね。それを足からタッチしにいくとなると、前傾姿勢を後傾姿勢に変えなければなりません。当然、タイムロスになるわけです。それなら、ヘッドスライディングをしたほうが前傾姿勢をそのまま倒せばいいのですからこっちのほうが早いですね。
それに加えて、目隠しをして歩くときを想像してください。どう歩きますか。大概、手で周囲を確認しながらそろりそろりと進むと思います。人間の場合、触覚による情報は手から得るのが一般的ですね。ショットガンタッチの場合、ボールは自然落下しますから空気抵抗などの関係で多少ふらふらしながら落ちてきますし、走っているうちに微妙に自分の体がズレるということもあります。すると、ボールをタッチする体を多少修正する必要が出てきますね。それなら、足よりも手を使うほうが便利です。ほとんどの人が足を180度開くことは出来ないでしょうが、腕なら誰でも180度開けますよね。また目からも近いので微妙な修正がしやすいです。実際問題、もしショットガンタッチをやるとしたらそのまま走り抜けるより、ボールを見ながら走ってヘッドスライディングしながら手で触ったほうが成功率は俄然高いはずです。フライのキャッチングを考えればいいでしょう。名外野手は、頭から突っ込みますよね。守備においては名外野手とはいえない松井秀樹は足からスライディングして大怪我までしてしまいました。サッカーだって時々「神の手ゴール」があるのですから。

それに比べると、野球の一塁の場合はベースが地面に固定されているから自分は目標に向かって全力で走ればいいわけです。修正するとしたら、ベースを上手く踏めるように歩幅を調整することでしょうか。

そうすると本来であれば二塁への盗塁などの場合も本来はヘッドスライディングのほうが早いはずですが、やはりヘッドスライディングには怪我のリスクが伴います。上手にヘッドスライディングするには技術が必要だってことですね。イチローは守備で頭から突っ込んでもきれいに受身をとりますよね。
あまり説得力はありませんが、あのイチローが決して一塁へのスライディングをしないのですから、駆け抜けたほうが早いんでしょうね。イチローの性格を考えたら、ヘッドスライディングをしたほうが早いならそうするような気がします。
高校野球や一部のプロ選手が見せる一塁へのヘッドスライディングは、合理性より主に味方を鼓舞する意味合いが大きいと思います。9回ツーアウトで負けていて、打者がボテボテのサードゴロを打ったときにヘッドスライディングをする、送球が思わずずれてセーフになる。ベンチと応援団はオオオッと盛り上がります。その勢いで投手が動揺することだってありえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私のコメントがまずかったようで、途中からショットガンタッチのことについての回答が多くなってしまいました。
ご回答いただいた皆さん全員へのコメントになってしまいますが、そもそもの疑問は「1塁へのヘッドスライディングは駆け抜けるより遅い」と半ば常識のように語られてる事象が本当なのかを知りたかったのです。
実験したらヘッドスライディングのほうが早かったという事例はいくつか教えていただいたのですが、「実験したら駆け抜けた方が早かった」とか「実験したけど差はなかった」という事例はないのでしょうか?
何を根拠に駆け抜けた方が早いといわれているのか、ここが知りたいのですがご存知の方おられませんか?

お礼日時:2007/07/04 14:25

あの競技は手でタッチするもので足を差し入れるのは多分ルール違反だと思います。


どちらにせよNO8ではあくまでも私の見解を述べただけです。
私への記入を含めて何人かの回答に対してその見解は違うのではないか的な返事をしていますが
どう思われますかって質問で聞いているので自分の思うことを書いているだけなのに
その回答に対してその見解は間違いだろうみたいなコメントをするのは筋違いだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません。
私の書き方が悪かったですね。
お詫びします。

お礼日時:2007/07/04 14:14

どうもこんにちは。



>スピードを殺さずにダイブすることができたら、リーチの分だけ頭からいったほうが早いんじゃないの

そうですね、ヘッドスライディングの方が早いです。
10年以上前に大阪のTVで実験しました
大学生の野球部員だったと思いますが足で駆け抜けるのとヘッドスライディングとタイムを測りました。
スピードを落とさないように飛び込めば間違いなく早いですね
筋肉番付ほど空中で飛ぶ感じでなくて良いですがベースに直接タッチにいく感じですね。

ただしベースは凹凸があるのでちゃんと練習をしておかないと
手首をいためかねないと思いますね。
    • good
    • 1

一塁へは駆け抜けた方が早いことが多いですよ。


スライディングの上手い選手で
ヘッドスライディングでも殆ど差がないという事もありますが
実際に細かく計測されたデータは無いようですね。
ベースまでの時間をストップウォッチで計ったとしても
走ってる速度が全く同一かどうかは計測できませんし。
速度が違えば到達時間が変わるのは当たり前ですからね。
少年野球クラスならタイムにムラが出ても当たり前と思います。

地面に固定されたベースを踏むと言う行為においては
手で触りに行くよりも足で触りに行った方が早いことは明白です。
ただ歩幅があわなくてあわせにいったり
気持ちが焦って前のめりになってしまった時などは
手でいってしまった方が良い場合もあるでしょう。

ただ速く走るという行為においては前傾姿勢より
胸を張った姿勢の方が早くなることは短距離走を見れば明らかです。

総合的に見れば胸を張って走り、足で触塁しに行った方が早くなります。
後は状況次第で変わるとしか言いようがありませんね。
触塁は右足でも左足でも良いし、前のめりになってしまったら
手で行った方が早い場合もあるでしょう。

ちなみに真上から落ちてくる球を足で蹴る行為は
サッカー選手でも難しい事です。
それにあの競技は落ちてくる球の位置も微妙にズレが出ます。
ただそこを駆け抜ければ自動的に足に当たるとも言い切れません。
うっかり早く行き過ぎたら球が落ちきる前に
自分が通過してしまうことにもなりかねません。
歩幅があわなくてあわせに行ったらかえって遅くなります。
球が落ちてくるタイミングに合わせて体をその位置で通過させると
タイミングの誤差は体の厚み分しかありません。
人間の体は横から見たら凄く薄いですよ。
左足が前の時に右足の位置に球が落ちてきたら修正が出来ません。

落ちてくる球に対して落下地点を駆け抜ける行為が
如何にナンセンスか、このくらいは簡単に実験できるので試してみれば分かります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>一塁へは駆け抜けた方が早いことが多いですよ。
できればこうおっしゃる根拠を知りたいのですが。

>実際に細かく計測されたデータは無いようですね。
体験談として、駆け抜けた方が早いということでしょうか?

>ベースまでの時間をストップウォッチで計ったとしても
>走ってる速度が全く同一かどうかは計測できませんし。
同じ距離を駆け抜けた方が早いか、ヘッドスライディングした方が早いか何度か計って傾向が現れれば、判断できるのではないでしょうか?

>地面に固定されたベースを踏むと言う行為においては
>手で触りに行くよりも足で触りに行った方が早いことは明白です。
なぜですか?明白ですといわれてる理由を知りたいのです。

>ただ速く走るという行為においては前傾姿勢より
>胸を張った姿勢の方が早くなることは短距離走を見れば明らかです。
胸が通過した時点でゴールとなる短距離走と比較することがナンセンスだと思ってます。もし短距離走が体のどの部分でもいいからゴールラインを超えればいいというルールだったら、ダイブしてゴールする選手が続出するのでは?とすら思います。

>うっかり早く行き過ぎたら球が落ちきる前に
>自分が通過してしまうことにもなりかねません。
それはダイブしても同じです。
ギリギリの状況で試技をダイブでギリギリ届かずに失敗して、それでもダイブでチャレンジするのは、そのまま走り抜けても落下地点まで到達できないと判断してるからだと思います。

>球が落ちてくるタイミングに合わせて体をその位置で通過させると
>タイミングの誤差は体の厚み分しかありません。
通過できるほど余裕があるときは、あまり関係ないと思います。
現にあの番組で行き過ぎて失敗した選手は記憶にありません。
ほとんどが届かずに失敗しているのです。落下地点まで到達できずに失敗しているんです。

>左足が前の時に右足の位置に球が落ちてきたら修正が出来ません。
これも右手を差し出してダイブしたときに左手の位置にボールが落ちてきたら、というのと同じで選手がダイブする理由にはならないと思います。

お礼日時:2007/07/04 12:50

筋肉番付の競技は空中のボールにタッチに行くもので言わば空中でのタッチ。


一方でスライディングはベースタッチに行くので地面へのタッチ。
空中への対応でとなればダイビングした方が早いですが
地面への対応となると走りぬけたほうが早いと思います。
差にすれば本当にコンマ何秒の差ですがこのようなプレーが起きる時は
本当に間一髪のプレーになるのでこの差が非常に大きいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
駆け抜けた方が早いということは、地面の時点では足で触った方が早いということです。
一番ぎりぎりの限界点に足が早くタッチするのですから、その時点で空中にあるボールは飛び込まず足を差し入れる方が有利ということになってしまいます。現に限りなく地面に近い高さでタッチを競っています。

お礼日時:2007/07/04 10:54

ヘッドスライディングは確かに遅いと思います。

ただセーフになる確率は場合によっては高くなります。草野球などでは結構有りますが審判は際どいタイミングの場合、2箇所を一度に見れません。球が一塁手のミットに収まる瞬間に頭から滑り込むランナーが視界に入ると実際は達していないのにセーフと判定してしまうことがあります。プロでも明らかにヘボ審判が同様のミスジャッジを犯すことがありますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日も阪神サヨナラ勝ちの場面で藤本が1塁にヘッドスライディングしてましたが、私はこれはその方が早いからという見方で肯定的に捕らえています。
一方、「アウトになったときの言い訳」「単なるかっこつけ」「精神主義の悪弊」として否定的にとられることが一般的なような気がしてます。
他の回答者サンの回答にもありましたが、少年野球の選手で実験するとヘッドスライディングの方が早かったという結果も出ているようです。
技術に長けたプロならもっと早いのではとすら思ってしまいます。

お礼日時:2007/07/04 10:46

ひとまずショットガンタッチについてのみですが…



あれは下がマットか何かだったと思います、なので怪我の心配が小さく思いっきり飛び込めるんだと思います
ボールをほんのちょっとでも触ればいいので、頭から飛び込んでリーチを使ったほうがいいのだと思います

野球だと下が土なりなんなりで怪我の恐れがあり、なかなか思い切りよくはいけないかもしれません(プロはともかく)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ほんのちょっと触ればよいのはショットガンタッチも1塁ベースも同じことです。確かに怪我のリスクは高いでしょうが、これも他の塁にヘッドスライディングするのと同じだと思います。

お礼日時:2007/07/04 10:41

一塁に向かう場合には27mしかないので、加速段階に入った瞬間にヘッドスライディングの為に減速してしまいます。


結果走り抜けた方が速いという結論が出ます。

また、筋肉番付の競技では上からボールが落ちてきますよね?
そうすると、下の方が落ちてくるのには時間がかかりますよね?
だから、飛び込んで体勢を低くして、ボールに触る時間をほんの少しでも遅らせていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ダイブして体が着地する瞬間に伸ばした手がぎりぎり触塁すれば、ヘッドスライディングのために減速ということは起こらないと思います。

上から落ちてきたボールについても、
ダイブ=減速
なのであれば、駆け抜けて足でタッチする方が有利なはずです。
駆け抜けて手で触るのならおっしゃるとおりですが、足で触らないのはなぜなんでしょうか?

お礼日時:2007/07/03 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校野球児は、何故あんなに一塁へヘッドスライディングしたがるんでしょう

高校野球児は、何故あんなに一塁へヘッドスライディングしたがるんでしょうか。


一塁ヘッドスライディングは、走り抜けるより速くベースに辿り着けるという根拠はないと聞きました。
むしろ、手首や指、顔面などを怪我する可能性が高いと聞きました。

実際、プロ野球では一塁ヘッドスライディングはめったに見られませんし、以前、あるプロ野球選手が一塁ヘッドスライディングをし、そのVTRをイチローが見て、「アマチュアじゃあるまいし、やめろ」と言っていたことがありました。

なぜ高校球児はあんなに一塁ヘッドスライディングをしたがるんでしょうか。

Aベストアンサー

皆さんが言っているように、
野球をやっている人であれば、走りぬけた方が早いと言う事は、
皆さん知っている事だと思います。

しかし、高校野球は気持が先にプレーしてしまう事が多いです。
一塁のヘッドスライディングもその一つだと思います。

高校野球はメンタル面で大きく試合の流れが変わってしまう事が多いです。
2アウトからの大逆転、よく甲子園には魔物が住んでいると言われますが、
まさにこれが、一つのプレーでメンタル面が大きく変わることだと思いますし、
高校野球の面白さはそこにあるのだと思います。

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Q雨天コールドゲームは何回で成立する?

野球の雨天コールドは5回を終わっていれば成立すると一般的に理解されていると思いますが、では5回表終了時あるいは5回裏途中で後攻チームが勝っていた場合はどうなるのでしょう?
もしかしたら組織によって異なるのかもしれませんが、最もポピュラーな野球規則に基づいたもので結構ですので教えてください。
甲子園で雨天順延が続いたので、ふと気になりました。

Aベストアンサー

公認野球規則4.10正式試合
(c) 球審によって打ち切りを命じられた試合(コールドゲーム)が
次に該当する場合、正式試合となる。
(1)五回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。
(両チームの得点の数には関係がない)
(2)五回表を終わったさい、または五回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、
ホームチーム(後攻)の得点がビジティングチーム(先攻)の得点より多いとき。
(3)五回裏の攻撃中にホームチーム(後攻)が得点して、
ビジティングチーム(先攻)の得点と
等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。

とありますので、5回表終了時あるいは5回裏途中で
後攻チームが勝っていた場合は公認野球規則4.10(c)(2)により
試合が成立しますので、後攻のチームの勝ちとなります。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qプロ野球の先発ピッチャーは休みすぎじゃないですか?

プロ野球の先発投手って中5日とか中6日じゃないですか。
だいたい1試合平均で6回くらいまでですよね?球数だと100球くらいかな。

先発ピッチャーって5日も6日も休まないといけないほどそんなに疲れますか?
サッカーだったらわかります。走りっぱなしだし。
でも野球って試合の半分はベンチに座ってるじゃないですか。
高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?
プロ野球選手はもっと体鍛えてると思うんですけど、体力ないんですか?
なんかたくさんお金もらってるくせに、5日おきとかしか投げないのは腑に落ちないなあ。

なんでそんなに休まなければいけないのですか?

Aベストアンサー

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが
「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。
年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと
約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。

ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、
コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。
(かの10.19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話)

なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは
鉄腕と言われた稲尾和久監督です。

昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって
今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言わ...続きを読む

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q新人研修について

最近、ビジネスグランドワークスという会社で短期の新人研修を受けました。

体育会系のノリで、とにかく大声を出させます。
自己紹介や挨拶、それだけならまだしも、
トイレに入る時や誰かが前を通るときも全て、
大声で「失礼します」、や「どうぞ」、と研修中ずっと大声を出さなければなりません。
また声がでないとやり直し!みたいなことで何回もやらせて、ホントバカみたいな研修です。

大声でかつ15秒(早口)で、何か販売のルールみたいなのもを読ませてたりもします。
喉がかれるほどの大声と早口なんて何の意味があるのでしょうか?
最も重要なことは、お客様にわかりやすく、伝えることが重要だと思います。


また、意見を聞いて、かならず、先生が思ったような意見がなかったりだと、
しつこく聞いてきてきて、その意見が出るようにします。
結局はその反論の意見に対して否定するだけで、筋書き通りの説明するだけなのです。
教育させるために、わざわざ思ってもないことを無理に言わせるなんてどうかと思います。

また何か感想をいうと、それは違うよ的なことをいって、
個性の否定に近いことをいいます。
なら聞くなよ!と思うのですが。


もちろん、敬語などを教育など役に立つものもありますが、
上記の内容がくだらなさ過ぎて飽きれます。
餃子の王将の研修が酷いとネットにのっていましたが、
近いのかな?と思ってしまいました。


質問
販売系の新人研修なのですが、こんなのが普通の研修なのでしょうか?
委託の仕事なので、独自の研修ではなく、研修会社を使ってるので、しょぼいのでしょうか?
それともこんなものですか?
研修会社が行っている内容を、会社は理解しているのですか?

よろしくお願いします。

最近、ビジネスグランドワークスという会社で短期の新人研修を受けました。

体育会系のノリで、とにかく大声を出させます。
自己紹介や挨拶、それだけならまだしも、
トイレに入る時や誰かが前を通るときも全て、
大声で「失礼します」、や「どうぞ」、と研修中ずっと大声を出さなければなりません。
また声がでないとやり直し!みたいなことで何回もやらせて、ホントバカみたいな研修です。

大声でかつ15秒(早口)で、何か販売のルールみたいなのもを読ませてたりもします。
喉がかれるほどの大声と早口なんて...続きを読む

Aベストアンサー

この春大学を出られ無事就職をされたのですね。
きびしい就活の末の就職のはずですね。
自身の会社で新人研修をされていないところを見ると 大手ではないのでしょうか。
販売、営業系で国内もしくは地域内での営業をしている会社で求めている人材とは、会社を発展させる能力を持つ人より 会社を維持してくれる人でしょう。あまり発展性の企業ではトップは限られて人間で十分で必要であればいくらでも有能な人材を引き抜いてこれます。
ある程度規模が大きくなったが市場規模であまり成長が見込まれない会社がほとんどです。
新入社員も現場の戦力としか見ていないでしょう。
求められるのは、決められたことをいかに早く正確に実行し成果を残せる人材です。
無理をいってもやり通すことができる人材です。
このような人材にするために トップ20%以下の学卒に対して求めるのは 知識の教育ではなく 考え方の教育です。つまり 会社の無理難題を批判せずに実行できる人材の育成です。
そう意味で 貴方の受けた新人教育は 会社の意図するものでしょう。
昔は中間管理職を育成するために学卒を採用しましたが、情報化が進みすべてがパソコンを通して業務が動きますから 比較的 判断業務、企画業務が少ない販売・営業系の仕事は努力、精神的なものが重要視されるのではないですか。

Web上で
 株式会社ビジネスグランドワークス. 企業PR. 知識集積型研修を最小限にとどめ、精鋭講師による体験学習、事例研究、ロールプレイを多用した行動習得型研修で、研修効果の高い人材育成、能力開発をサポートしている研修会社です。
となっています。

入られた会社が求めているものがはっきりされているようです。
この方針に納得されないのならもっと能力を生かせる会社を探すべきです。




この春大学を出られ無事就職をされたのですね。
きびしい就活の末の就職のはずですね。
自身の会社で新人研修をされていないところを見ると 大手ではないのでしょうか。
販売、営業系で国内もしくは地域内での営業をしている会社で求めている人材とは、会社を発展させる能力を持つ人より 会社を維持してくれる人でしょう。あまり発展性の企業ではトップは限られて人間で十分で必要であればいくらでも有能な人材を引き抜いてこれます。
ある程度規模が大きくなったが市場規模であまり成長が見込まれない会社がほ...続きを読む

Qスポーツテストの全国平均を知りたいです!

この間、うちの野球チームで,スポーツテストをしました。
といっても、50M走と、遠投だけです。
結果は,まだ未計測の者がいるので、途中ですが,
50M平均 7.07秒で、
遠投は平均   74M
でした。
これがダメなのか良いのか知りたいので、どこか全国平均みたいのが乗ってるページがあったら教えてください。
ちなみに年齢は25才くらいです。

http://www.creaty.net/~sidegather/

Aベストアンサー

文部科学省のホームページを開き、 各種統計情報⇒統計結果を開くといろいろな項目がありそのなかに、体力測定の結果があります。参考になるかわかりませんがのっていると思うので見てください。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/index.htm

Qセットアッパーとは?

プロ野球の中継を聞いていると、アナウンサーや評論家がセットアッパーがどうのこうのといってますが、セットアッパーてなんですか。

アメリカにいる友人に聞いたら、プロ野球では長期シーズンを乗り切るため、ピッチャーはスターター、ストッパーそしてクローザーと三つのスタッフを持っている。セットアッパーはストッパーの聞き違えじゃないかといってます。

試合の最後を締めくくるのはストッパーでなくてクローザーだ。日本からも西海岸のチームにいいクローザーがいたが、彼はどうしてるかといってました。

Aベストアンサー

一般的に使われているのは、
クローザーにつなぐ、中継ぎ投手の意味です。
勝ち試合の7回、8回をしっかり抑えて、
最後の1回をクローザーと呼ばれる絶対的な守護神がおさえる、
と考えていただいていいと思います。

↓のページに、こんな説明がありました。

a setup man
 A relief pitcher who tries to hold the lead, usually in the
seventh or eighth innings, before turning the game over
to the closer.
 〔チームのリードを保つために、通常7回か8回くらいに投入される
  リリーフ投手で、試合をthe closerに託す前に登板する 〕

ご参考まで。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/america/back023.html


人気Q&Aランキング