日韓共催のワールドカップについてメリット、デメリットを教えてください!!それと日本で開催する時のメリットとデメリットは??だれかー!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

共催と単独開催の差を知りたいという質問と理解して回答します。



共催の最大のメリットは,「ワールドカップが開催できる」ということに尽きます。あくまで単独開催に固執していたら,韓国単独開催となっていた可能性も否定できない状況であったと一般に報じられていますので。

デメリットは,先日の日韓か韓日かの問題でも明らかなように,両国間の調整が必要な問題が数多くあり,このような調整は単独開催であれば不必要であったということでしょう。もちろん国内での開催試合数が減る(分けるから当たり前ですが)ので,その分落ちる金も減ります(中には単独開催なら開催地になれたであろうに,選から漏れた自治体もありますね。)から経済的効果も単独開催と比較すればおそらく減少することになるでしょう。
    • good
    • 0

共催と単独開催の違い!


そうですねWakkyさんの言うとおりですね。
的はずれなことを書いていました。
そういう観点で補足するなら
メリット:過去の不幸な歴史を背負った日韓の国民が互いに理解を深め
真の隣国として手を取り合うことができるかも?
かな。
このあいだの日韓選抜戦もそうでしたし、
サッカー以外の分野でも日本と韓国の間の交流が増えているのではないでしょうか?
韓国では長いこと日本語の音楽や映画など日本文化が禁止されていましたが、
最近はだんだんと解禁されてきているようです。
ワールドカップを契機にそういう障壁がなくなるのではないでしょうか?
今年のノーベル平和賞にサッカーがノミネートされたそうですが、
サッカーが世界平和に役立っているなんてすばらしいですね。
どうせなら2002ワールドカップが終わってノーベル平和賞受賞したら
タイムリーですね。
デメリットは単純に経済効果が半減することでしょうかね?
    • good
    • 0

質問の意図に合っているかどうかわかりませんが、私の思うところを書きます。


まずメリットとして一番に挙げられるのは経済効果ではないでしょうか?
日本、韓国両国及び開催自治体はこの大会の為にいくつかのスタジアムを建設していますし、またスタジアム周辺や交通機関などインフラの整備で数百億円の経済効果が発生しています。
それから大会開催時に世界中から百万人以上の観光客が見こまれますが、莫大な観光収入も発生するでしょう。
経済効果の次に挙げられるのは日韓両国のサッカー事情を世界中にアピールできる点ではないでしょうか。
これまで日の目を見なかった日韓のサッカーに興味を持つ世界中のサッカー関係者が増えることが期待されます。
フランスワールドカップで活躍し、イタリアに移籍した中田選手のような日本人、韓国人選手が増えるかもしれません。
あと、サッカーファンが増え、サッカーをやりたがる子供も増える。とか
デメリットとしてはあまり思いつきませんが、フーリガンが上陸して大暴れする。
テロの発生の危険性がある?
競技場のその後の使い道は?
莫大なテレビ放映権料を取られた。
などかな。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワールドカップ なんで韓国と共催なの?

どうしてでしょうか?日本は時刻だけでは行えないとおもったんでしょうか?また韓国が一緒に行おうと誘ってきたんでしょうか?

Aベストアンサー

もともとは日本と韓国が2002年のワールドカップ開催国に立候補し、
誘致合戦を繰り広げていました。

FIFAが日韓共催を打診してきたときも、
日本はあくまでも単独開催にこだわっていましたが、
開催国発表直前に日韓共催、そうでなければ韓国単独開催という、
FIFAの意向が確実となってしまったため、
日韓共催を受け入れざるを得なかった・・・
そんな経緯だったと思います。

Qワールドカップのワールドカップは…

こんばんわ…
ワールドカップ終了してしまいましたね
けっこう楽しかったです!

今日、見てて思ったのですが…

ワールドカップを優勝国に渡しましたよね?
あれって、1つしかなくって
毎回毎回、優勝国が保管とかして、
次のワールドカップまで持ってるんですか?
それとも、優勝国に一つ一つ毎回作ってるんですか?

その質問を母に聞かれて素朴な疑問なんですが
答えられなくってすごく気になりました
よかったら、教えて下さい(^^)

Aベストアンサー

なんとなく、知っているつもりですが。
自信が無いので、[ワールドカップ トロフィー]
で検索してみました。

参考URL:http://www.number.ne.jp/top_news/2002.07.01.html

Q2002年日韓ワールドカップにおける八百長疑惑

いまさらかと思われますが、2002年FIFAワールドカップにおける韓国代表の八百長疑惑がありましたよね。韓国代表選手の相手チームに対する卑劣な行為、理不尽な審判員、素人が見ても明らかですよね?韓国の方、または日本国外の方々はあれらの試合を見てどう思われたのでしょう?少なくとも日本がもしあのような戦いで世界ベスト4になっていてもほとんどの人は喜ばないと思うのですが・・・。在日の方などいらしたら回答お願いします。

Aベストアンサー

まあ確かにあれは八百長されていると言われてもしょうがないと、言うぐらいひどかったです。でも僕はあの審判が国際審判から除外されれば十分です。たしかにひどかった

Qワールドカップが1970年にメキシコで開催されました。

ワールドカップが1970年にメキシコで開催されました。
ところがわずか16年後の1986年にまたメキシコで開催されました。
特別サッカーが強いわけでもない、受け入れ態勢が素晴らしかったわけでもないメキシコがどうして短期間に二度も開催できたのでしょう?
サッカー通のかた、理由をご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

参考URLにあるとおり、
当初、コロンビア開催であった物が、返上したためです。

手元にサッカーマガジンの'82スペイン大会の総集編があるのですが、
'86コロンビア大会開催のプレゼンテーションに関する写真があり、
その説明では、
コロンビアです、やります
「開催を返上する」「ブラジルが代替の準備をもう始めている」などと
不穏なうわさの飛んだ次回86年コロンビア大会。
しかし大会前のFIFA総会で「コロンビア開催」を確認。
(中略)
次回、もしコロンビアで開催されれば、会場などの関係から、
出場国はまた十六チームに戻されるだろうといわれている。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/1986_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97

QFIFAワールドカップ 98年フランス大会と2002年日韓大会のアジア最終予選の疑問

今年の2月から8月にかけて行われた2006年ワールドカップ ドイツ大会のアジア最終予選は一次予選を突破した8カ国を4カ国ずつ2つのグループに分けて行われましたが、前回の日韓大会のアジア最終予選とその前のフランス大会のアジア最終予選では、10カ国を5カ国ずつ2つのグループに分けて行われていました。
そこで疑問に思うのが、なぜ最終予選に10ヶ国も進出させ、総当りのリーグ戦を行うには不向きな奇数のグループが出来てしまうような予選のシステムにしたのかという事です。5カ国では必ず1カ国があまってしまい、1日でグループ全チームが試合をすることができず日程的に効率が悪いく思えます。
なぜ、今回のようにサッカー弱小国同士で予備予選を行うなどして最終予選に8カ国が進出するようなシステムにしなかったのでしょうか?

もう一つの疑問は2002年日韓大会のアジア最終予選で、なぜその前のフランス大会に出場しているサウジアラビアとイランが同じグループになってしまったのかと言う事です。今回のドイツ大会のアジア最終予選で前回の日韓大会ベスト16の日本と4位の韓国が同じグループにならなかったようにイランとサウジを分けるべきではなかったのでしょうか?

この2つの疑問について教えて下さい。

今年の2月から8月にかけて行われた2006年ワールドカップ ドイツ大会のアジア最終予選は一次予選を突破した8カ国を4カ国ずつ2つのグループに分けて行われましたが、前回の日韓大会のアジア最終予選とその前のフランス大会のアジア最終予選では、10カ国を5カ国ずつ2つのグループに分けて行われていました。
そこで疑問に思うのが、なぜ最終予選に10ヶ国も進出させ、総当りのリーグ戦を行うには不向きな奇数のグループが出来てしまうような予選のシステムにしたのかという事です。5カ国では必ず1...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜ、今回のようにサッカー弱小国同士で予備予選を行うなどして最終予選に8カ国が進出するようなシステムにしなかったのでしょうか?<

たしか前回大会の予選でイランがグアムに19-0で勝ったような記憶があります。さすがに予備予選の必要性が囁かれたと記憶しています。その反省を踏まえて今回の予選方式になったのでしょう。
また前回予選はランキングが重要視されていなかったと思います。出場枠が2+1ではどのような組み合わせになってもおかしくなく、中国は運に恵まれていたということでしょう。
10カ国については1次予選の組の数が10あって、その1位が最終予選に進んだのだから、問題視するのは最終予選ではなく、1次予選で10組に分けたことを問題にするべきだと思います。確か全部4カ国ごとのリーグ戦だったと記憶しています。

もう一つの疑問については、これも当時のアジアでは前回大会の実績が考慮されなかったということでしょう。それに尽きると思いますよ。

FIFAがランキングを重視する方針を示したことで、今回の予選については適用されたことだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報