ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

エアコンのサーキュレーターという運転モードが理解できないので
質問してみました。ちなみに使っているエアコンは
冷房・ドライ・サーキュレーター・送風モードしかありません。
沖縄県ってことだけあって冬はそこまで寒くないので・・・
それに暖房をつけると頭がのぼせてしまう・・・(^-^;
冷房は室内の温度を下げる
ドライは室内の湿度を下げる
送風はただ風を送る(このとき電気代はいくらくらいかかるのですか?)
ではサーキュレーターは一体なに??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

多分サーキュレーターモードにするとルーバー(送風の方向を変えるフラップ)が下向きなると思いますが、これは他の暖房器具などを使用したときに天井付近が高温で床面が低温になるため、高い位置に取り付けられることの多いエアコンの室内機を利用して天井付近の暖気を下に吹き降ろして室温のムラを減らし暖房の効率を上げようというものです。

沖縄県ということで暖房の必要性があまりなく、ピンとこないかもしれませんが、寒冷地では厳寒時にはエアコンの暖房など役に立たなく(外気温度が0℃以下になってしまうと外部の熱を取り入れる動作をするヒートポンプの動作が、室外機の氷結などの理由により利用できなくなるため、単に送風機つきの電気ストーブになってしまいます)なりますので、他の暖房手段を用います。その際にこのモードがあると便利です。基本的に送風モードの延長ですので、消費電力も送風時と同等で、数十ワット程度でしょう。私の使用している物は暖房の機能はなく冷房・除湿・サーキュレーターのモードだけですが、冬場の暖房時にはサーキュレーターモードが活躍しています。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ためしにサーキュレーターモードにしてみましたが、
風向きをかえるやつが下向きになりました。
クーラーが二台あるのなら、ひとつは冷房ひとつはサーキュレーターで
運転させると快適になりそうですね。

お礼日時:2002/07/31 22:27

サーキュレーターは、空気をかきまぜるのです。


上の方にたまった暖かい空気を下にさげる。下にたまった暖かい空気を上にあげる、ぐるぐるやってるうちに、過ごしやすくなります。例えば家で石油ストーブなどをたくと、天井付近に暖気がたまるけど、サーキュレーターをつかえば熱効率が良くなります。沖縄では不要かな?でもよく天井で羽をまわすやつ、名前忘れたけど、コテージとかレストランにありますよね。あれと同じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
天井で羽をまわすやつ。あれって飾りかと思ってました(^-^;
なんか非常にゆっくりまわっているので風なんてくるのかなー
とか思っていたりしてました・・・

お礼日時:2002/07/31 22:26

サーキュレーターですから、空気の循環するためのものではないでしょう?


冷房や暖房の熱を部屋全体に広げるためのものだと思うんですが・・・
電気代は、仕様書を読まないと分かりませんが、
例えば100ワットなら10時間くらい利用して、30円位じゃないですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
サーキュレーターモードでは冷たい空気はでないようです

お礼日時:2002/07/31 22:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q送風機能のないエアコンなんですが.....

送風機能のないエアコンなんですが.....

冷房や暖房のあとに、送風運転をすると
カビが生えにくいと聞きましたが
送風機能がないエアコンはどうすればいいですか?

Aベストアンサー

たぶんどこか勘違いされていると思うので補足します。
冷房後に送風を・・・という話は、冷房時に本体が冷えて結露するから言われることです。
これを防ぐために、送風をして冷やさず本体を乾かせばカビの予防に多少効果がありますよ。と言う話です。
これはお風呂を使い終わったあとに、窓を開けておくのと同じですね。


で。そこでみなさん言われる方法がでてくるのです。

(自動運転ではなく)冷蔵運転に設定して、設定温度を上げれば、”エアコンは暖房の風は出しません”。
ただの送風になるのですよ。

Qエアコンの『送風』、外の空気を入れているのですか?

エアコンの『送風』、外の空気を入れているのですか?それとも『冷房』『暖房』等と同じで部屋の空気を循環させているだけでしょうか?

Aベストアンサー

現在の家庭用エアコンには、換気機能が搭載された機種が存在します。

例えば、メーカーによって換気機能の呼称は異なりますが、
下記のような製品例があります。

日立:6~7畳用(クリーン機能の一つ:「給気」機能付き)
http://kadenfan.hitachi.co.jp/ra/aircon/products/rass22w.html

松下:8畳用(「換気機能」付き)
http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=CS-AX256AS

しかし、この機能が搭載されているのは、比較的グレードの高い機種
に限られますので、普及型や少し前の製品では、概ね室内空気の循環
と考えて間違いないと思います。

Q冷房を付けると湿度が上がる。対策を教えてください…!

自分の部屋(六畳程)にエアコンが設置してあるのですが、クーラーを付けると何故か必ず湿度が上がるんです…。

勿論、部屋自体は涼しくはなるのですが、それと同時に肌がベタベタするようなジメッとした空気になり、フローリングも湿った感じになり正直かなり不快です…。

エアコンの設定温度は25度にしてあります。5年以上前に買った少し古いタイプのエアコンなのでタイマー意外の便利な機能はついてないです。

湿度が上がらないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?何か解決策などありましたら回答いただけると嬉しいです。宜しくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

部屋の温度を下げると飽和水蒸気量が下がって湿度が上がることが多いです。断熱が悪い部屋だと壁面から熱せられて湿度が下がることも多いのですが、団苑栂良い部屋だと湿度が上がったままになります。

また、湿度の正確な計測というのはかなり難しく、市販の湿度計はかなり大きな誤差があります。(温度と連動するものもあります)

湿度を下げるにはエアコンからの空気の温度をできるだけ下げることです。
すなわち、風量は最小にし、設定温度は1~2℃下げます。
これだけでかなり変化があるでしょう。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Qサーキュレーターで外気を取り込む方法。

夏に北側の窓から涼しい空気をサーキュレーターで室内に送れたらいいな。…と考えてます。
よく部屋の中から外に向けて風を送る…という方法と、窓側から室内に風を送る…という方法を見かけますが、実際どちらの方が効果がありますか?
その他にも効果的な方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

※通常は暖房・エアコンの効率UPため使用しています。
とても効果があるのを実感しています。

Aベストアンサー

部屋の容積が決まっているのですから、吸気量は、排気量と同じだけなのです。
ですので、吸気をいくら増やしても空気は入ってこなくて、排気を増やす事で風が流れるようになります。
効率的なのは、排気側に換気扇を設置し、吸気側は部屋の上方の温かい空気を散らすように対角線上の天井に向けてサーキュレーションする二台使いです。
理想的なのは、南側がベランダで、廊下があって北側に玄関のある家。ベランダに排気するようにサーキュレーションして、玄関を開けると、廊下が煙突効果で風の流速が上がります。
煙突のように最短距離に風の通り道を作ることが大事です。

Qサーキュレーターって何でしょうか?

クーラーの中にサーキュレーターってあるのですが、
これは何なのでしょうか?

部屋の空気を循環させるものだと思うのですが、
これは、部屋の中にある空気を循環させているだけなのでしょうか?
それとも外の空気を入れて循環させているのでしょうか?

電気代はやはりクーラーより安いのでしょうか?
送風とは又違うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
サーキュレーターというのは部屋の空気を循環させるためのもので、そのような名称の家電品として広く販売されてします。一般的には、冬場、ストーブなどを使って暖房している時に、天井に篭ってしまう暖かい空気を、上から下の床の方に循環させるための用途に使います。

クーラーというのはお手持ちのエアコンのことでしょうか?
それとも、サーキュレーター機能の付いたクーラーの購入を検討中ということでしょうか?

いずれにしても、「サーキュレーター」という設定にすれば送風機による空気の循環だけで運転をしますから、それがクーラーであってもエアコンであっても、冷暖房しない分だけ電気代は掛かりません。壁掛け型のエアコンであれば、「風向きを下に向けた送風運転」と全く同じです。

それが、エアコン、クーラーの類いであれば、外気を取り入れる機能は恐らく付いていないでしょう。「外気取り入れ」のできるものは、外気取り入れ機能があって、そのための外気取り入れダクトが設置されているエアコン、もしくは大型空調機、もしくは、給気排気兼用換気扇くらいです。

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Qエアコンの自動運転について

エアコンの自動運転について確認したいことがあります。

最近のエアコンは非常に高性能(頭がよい)ので、いろいろ
難しい仕組みになっているかとは思いますが、
基本的なところは同じかと思うので、認識があっているか
確認したいです。

エアコンの自動運転というのは、エアコン本体で、室内の温度を
測って、それが、「人間の一般的に心地よい温度」である**度
(何度か分からない)になるように(風の強弱、風の温度、
出す出さないを調整して)動作するモードと考えて間違いない
でしょうか?
この基本的な部分についてもメーカーによって違うのかな??

夏や冬に自動運転を使用すると、寒すぎず、暖かすぎず
よい感じです。(直風を当たるとさすがに不快な時がありますが)

Aベストアンサー

大体質問者さんの考えている事で合っているでしょう。

自動運転の標準設定温度はメーカーによって多少の違いは有るでしょうが、だいたい26~27度、湿度55~60%に設定されています。

ですから室温30度でエアコンを稼動させると、最大出力で一気に26~27度まで下げます。その後「弱」等のモードに切り替わり、その温度をキープしようとします。湿度が上がって室温が上がらなければ除湿モードに切り替わるでしょう。
夜半に気温が下がって設定温度以下になったら、送風モードか一時停止状態になります。

もし自動運転の設定温度を変えたい場合は、温度設定のボタンがあると思いますから、任意に温度を設定すれば「その温度に対しての自動的運転」になります。

Qエアコンの良質メーカーってドコ?ダイキンは?

設置工事代金が高い所になる為、なるべく壊れにくいエアコンを買いたいです。(2階立の一軒家の2階に設置、屋上に室外機を置く為)
空調屋さんに聞いたら断然”ダイキン!”が良いと言われました。
家電屋さんに少ないダイキンってどうなのでしょうか?
自分的には、なるべく省エネで壊れにくい物がいいです。
素人な私的にはいろいろな機能面、省エネ的にもPANAやTOSHIBAが良いと思うのですが、、、。

Aベストアンサー

個人的にはなんでダイキンがお薦めなのかいささか疑問に感じます。
ハウスメーカーがダイキンを薦めるのはリベートが多いから。
ダイキンを薦める人の大半が商品的な違いを知らないから、専門メーカーだからという伝家の宝刀を振り下ろしてるだけ。皆さん商品的な根拠に欠けているんじゃないでしょうか?

上位グレードの商品を他社と比較すれば、決して一押しと言えるような商品ではないんじゃないでしょうか?ただし、スタンダードクラスは割安ではないでしょうか?

以前ダイキンは三流メーカー扱いだったのが、販売戦略の成功で急に一流メーカー扱いになりました。悪い商品ではなかったが、家庭用としての配慮が少なかったんだと思います。今は違うでしょうが。

それにその他のメーカーも家庭用として専門にやってきてます。業務用の専門メーカーだから優れているというのは如何なものでしょうか?弱小メーカーだって販売台数や実績は相当なものです。ど~でもいいような安いエアコンだけを作って販売台数だけ稼いでるメーカーもあるんですよ!(ちょっとこれは言い過ぎか)

私はどこのメーカーにするにせよ、購入店と良く相談して決めるべきだと思います。最終的に責任を背負うのは販売店です。顔の見えない相手より、向き合った人の言葉を信用すべきでは?ネットの口コミを鵜呑みにしても誰も責任取ってくれませんよ。

個人的にはなんでダイキンがお薦めなのかいささか疑問に感じます。
ハウスメーカーがダイキンを薦めるのはリベートが多いから。
ダイキンを薦める人の大半が商品的な違いを知らないから、専門メーカーだからという伝家の宝刀を振り下ろしてるだけ。皆さん商品的な根拠に欠けているんじゃないでしょうか?

上位グレードの商品を他社と比較すれば、決して一押しと言えるような商品ではないんじゃないでしょうか?ただし、スタンダードクラスは割安ではないでしょうか?

以前ダイキンは三流メーカー扱いだっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング