質問です。
地域づくりを勉強しているのですが、地縁組織と志縁組織ということががよく出てきてきます。そこで、
(1)地縁組織とは、どんなものがあるのでしょうか?またそこの利点と問 題点などありましたら教えてください。

(2)志縁組織とは、NPOやボランティア活動とよく聞きますが、それ以外に何かあるのでしょうか?また、志縁って、どう読むのですか?

(3)地域づくりをするに当たり、地縁組織と志縁組織の役割や、行政の役割などがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

地縁組織・志縁組織の区分は、比較的新しい区分です。



地縁組織=自治会・町会・PTAなど、居住地域を対象とした組織

志縁組織=ボランティア団体・NPO法人・スポーツクラブなど、特定の目的で集まった組織
読み方は「志縁=しえん」で良いでしょう。

地域づくりが必要とされたのは、高齢化対策・防災対策・少子化対策(子育て支援)において、地域社会での近隣住民の協力関係が必要と認識されたためです。

基本的なことは、下記URLの国民生活白書を読んでおくといいですね。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/index. …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございます。
国民生活白書もじっくり読んでみます。

お礼日時:2007/08/24 17:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業が地縁を破壊した

日本は農村社会だった頃、助け合いの文化(地縁)がありました。そうしないと食べていけなかったからです。ところが高度経済成長期に台頭した「企業」が、日本の産業構造を変えて地縁のコミュニティを破壊しました。
今現在、日本ではあまり地縁を感じることができません。日々がなんとなく「もやもや」しています。
みなさんは、豊かさと引き換えに失ったものとは何だと思いますか?

Aベストアンサー

企業で働いていても、定時5時に帰れば、地域の会合に寄ってちょっと活動してから
夕食を食べるなんて生活スタイルも可能だと思います。
問題なのは高度成長期に平日はサービス残業で終電帰宅、
休日は家でグッタリな労働環境が当たり前になってしまったことですね。
これでは地縁は生まれませんよね。

Q町づくり?街づくり?

どちらの表記が正しいのでしょうか?

町づくり
街づくり

また、街づくりとはお祭りのような行事は街づくりとは言わないのでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO.1です。
市の建設部門や都市計画部門が主導するのが「街づくり」です。
道路を整備し、水道や下水道を布設することによって
民間の住宅開発が計画され、同時に電気、電話、ガス等のインフラ整備が進み、街としての形態が整います。
また既存の住宅地においても道路拡幅等によってさらに都市機能が充実します。

一方総務部門や企画部門が推進するのが「まちづくり」です。
新旧すべての住宅地において、町内会(自治会)活動、災害・防火活動、地域内の文化交流や体育振興、子育て支援から、ご質問にあるような地域の歴史文化の流れを汲む祭りの継承等を含めたソフト面の支援です。

つまり行政が推進する目的によって所管も異なり、それぞれが使い分けているもので、当の町内会や住民にとってはハードとソフトの充実は一体のものであり、その場合も「まちづくり」が適当です。

なお「町づくり」という言い方はあまり使いません。

Q志縁組織と地縁組織の違い、また行政

質問です。
地域づくりを勉強しているのですが、地縁組織と志縁組織ということががよく出てきてきます。そこで、
(1)地縁組織とは、どんなものがあるのでしょうか?またそこの利点と問 題点などありましたら教えてください。

(2)志縁組織とは、NPOやボランティア活動とよく聞きますが、それ以外に何かあるのでしょうか?また、志縁って、どう読むのですか?

(3)地域づくりをするに当たり、地縁組織と志縁組織の役割や、行政の役割などがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

地縁組織・志縁組織の区分は、比較的新しい区分です。

地縁組織=自治会・町会・PTAなど、居住地域を対象とした組織

志縁組織=ボランティア団体・NPO法人・スポーツクラブなど、特定の目的で集まった組織
読み方は「志縁=しえん」で良いでしょう。

地域づくりが必要とされたのは、高齢化対策・防災対策・少子化対策(子育て支援)において、地域社会での近隣住民の協力関係が必要と認識されたためです。

基本的なことは、下記URLの国民生活白書を読んでおくといいですね。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/index.html

Q何らかの事情で車のナンバープレートの地域が住んでいる地域と違う場合、ナ

何らかの事情で車のナンバープレートの地域が住んでいる地域と違う場合、ナンバープレートの地域を住んでいるところのものに直すものですか?

Aベストアンサー

別に変えなくても、違反ではありません。
引越しなどの場合で、よくあることです。

ただ、あまり遠くの地域のナンバーだと、
良きにつけ、悪きにつけ、目立ちます。
車が覚えられやすくなります。

盗難の的になるとか?
たとえば、あの沖縄ナンバーの車は、いつも同じ時間にあそこに長時間無人で停まってる。


目立ちたくない人?車を覚えられるのがいやな人は、変えたほうが、無難です。

Q地縁団体への名義変更に伴う戸籍調査等について

これまで集落共有財産を集落名義への変更が不可能だったのを、地方自治法が改正され「認可地縁団体」への所有権移転が可能となったようですが…。

現在、当自治会に「○○他113名(各持分124分の1)」名義の不動産がありますが、同不動産を「地縁団体」へ所有権移転(名義変更)をする場合、当然、相続人(戸籍)調査が絶対的だと思うのですが、共有者114名中、5名は健在、10名については相続可能、残りは相続人不明の状況にあります。
その場合、健在者5名から「地縁団体」へ「持分全部移転」、相続可能分については相続後、相続した各相続人から「地縁団体」へ「持分全部移転」をするものと思量しますが、ただ、相続人不明分に限り市町村長に相続人の承諾書に代わる書面を申請することになるのでしょうか。
これまで同手続きにご苦労された方がいましたら、ご教示頂けないでしょうか。出来ましたらば、調査の手順等についても簡単にお願いできましたら助かります。以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地方自治法260条の38及び
総務省通知(総行住第19号平成27年2月27日)を御確認いただけると
参考になるかと思います。

ざっくり言うなら、
http://tokureishi.jp/wp/wp-content/uploads/2014/07/260710資料(地方自治法改正).pdf
この資料の43~44頁がわかりやすいでしょう。

①まず、認可地縁団体とするための申請をして、法人格の付与を受けます。

②総務省は、全部又は一部の所在が知れないこととは、『全部の所在が知れていること以外は全て含まれることとなるため、登記関係者のうち少なくとも一人について、所在の確認を行った結果、所在が知れないことを疎明するに足りる資料を添付できれば当該要件を満たすこととなること』という見解を示しているので、
大真面目に誰と誰が所在不明であるか全部調査したり、所在の知れている構成員から個別に登記の移転を受けずとも、所有者の1人が所在不明である(具体的には、たとえば最終住所地の住民票が職権消除されている等)ことさえ確認できれば、

③公告期間を経て、地縁団体に登記を移すことができるはずです。

詳しくは、地元市町村の担当部局と御相談下さい。

地方自治法260条の38及び
総務省通知(総行住第19号平成27年2月27日)を御確認いただけると
参考になるかと思います。

ざっくり言うなら、
http://tokureishi.jp/wp/wp-content/uploads/2014/07/260710資料(地方自治法改正).pdf
この資料の43~44頁がわかりやすいでしょう。

①まず、認可地縁団体とするための申請をして、法人格の付与を受けます。

②総務省は、全部又は一部の所在が知れないこととは、『全部の所在が知れていること以外は全て含まれることとなるため、登記関係者の...続きを読む

Q【地域特有の課題】政治、社会、経済でお答えください。47都道府県の地域特有の課題を教えてください

【地域特有の課題】政治、社会、経済でお答えください。

47都道府県の地域特有の課題を教えてください。

Aベストアンサー

山口県、東部に米軍の岩国基地。上関に原発建設の予定。県内だけに限定してと、東部に問題が固まりすぎ。

政治、、やはり安倍の地元というのが、他県から白い眼で見られてるような気が。。

Q共有財産の登記を代表者の登記から地縁団体として登記にするには

100年位前に取得し、現在約50名で共有している山林があり代表者3名の登記になっております。税金や登記 運営上の諸事情から、地縁団体となり、登記する案が役員会で出ました。役所に相談したところ特定の権利者しか参加できない団体は認められないと言われたそうです。
そこで、一会員の私として、地縁団体の認可を受ける為の方法や決め事を、知りたいと思いました。
また、現在のまま運営していくとして、3名の登記者の結託により売却される恐れはないのか、
その他の問題点について、教えてください。

Aベストアンサー

seken874さんの冒頭のご質問は「地縁団体の認可を受ける為の方法や決め事を、知りたいと思いました。」と言うことでした。
それで「役所に相談したところ特定の権利者しか参加できない団体は認められないと言われたそうです。」と言うことであれば、元々、当該認可は難しいのではないでしようか ?
お礼欄を拝読しても「山林が売却できた時、利益を会員に分配する会です。」と言うことで、新たに株の発行は考えられないし、現在、何らの活動していなくても、購入には目的があったと思われます。
更に「会の規約に地区住民が自由に加入できる条文を入れれば・・・」となれば、従前の出資者との関係の調整等煩雑になります。
要は、売却が目的ならば、現段階でも売却できますので地縁団体の認可は考える必要はないです。
売却が目的ではなく地縁団体設立が目的であれば、従前の「会」とは別に考えてはどうでしようか。

Q志なかばで死んでしまった人

ジョンレノンや板垣退助や坂本九や…
志なかばで死んでしまった人のエピソードが知りたいのですが、
どんな方がいらっしゃるでしょうか。
またお勧めの本やサイトなどありますでしょうか?

Aベストアンサー

 広島カープの押さえの切り札として活躍、「炎のストッパー」と呼ばれていた津田恒美投手などはどうでしょう。脳腫瘍に冒され、闘病生活の末に亡くなりました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877287434/250-2217863-8806622

Q地縁団体の納税義務

法人格を有する自治会などの地縁団体が、廃品回収の収益をその団体の資産として預貯金する場合、税務申告する必要がありますか?
対象となる場合、税金の名称と税率を教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 まず,今回関係あることから書かせて頂きます。

◇「地縁団体」
・「地縁団体」は地方自治法に基づき法人格を与えられた法人ですから納税義務が発生する場合があります。

◇「収益事業」

・収益事業は「法人税法施行令」や「法人税法基本通達」で,次のものが指定されています。

○法人税法基本通達
第15章  公益法人等及び人格のない社団等の収益事業課税
第1節 収益事業の範囲
第1款 共通事項
第2款 物品販売業
第3款 不動産販売業
第4款 金銭貸付業
第5款 物品貸付業
第6款 不動産貸付業
第7款 製造業
第8款 通信業
第9款 運送業
第10款 倉庫業
第11款 請負業
第12款 印刷業
第13款 出版業
第14款 写真業
第15款 席貸業
第16款 旅館業
第17款 飲食店業
第18款 周旋業
第19款 代理業
第20款 仲立業
第21款 問屋業
第22款 鉱業及び土石採取業
第23款 浴場業
第24款 理容業
第25款 美容業
第26款 興行業
第27款 遊技所業
第28款 遊覧所業
第29款 医療保健業
第30款 技芸教授業
第31款 駐車場業
第32款 信用保証業
第33款 その他
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/01.htm

・「廃品回収」は収益事業に該当しないものと思慮されます。

----------------
 以上を前提に,以下お答えですが…

(1)法人税
・収益事業でない場合は,収益がありませんので非課税です。

(2)法人都道府県民税
・法人税額割…法人税が非課税ですので0円です。
・均等割…年2万円です。(←地方税法における標準税額ですから,都道府県によって若干違う場合があります。)

(3)法人市町村民税
・法人税額割…法人税が非課税ですので0円です。
・均等割…年5万円です。(←地方税法における標準税額ですから,市町村によって若干違う場合があります。)

(1)+(2)+(3)=年7万円

 以上が,標準的な納税額です。

・ただし,多くの都道府県や市町村では,収益事業をされていない「地縁団体」については,条例で均等割の課税を免除しているケースが多いですから,まったく非課税の場合が多いです。(お住まいの自治体のホームページで確認してみてください。)

(例)
http://www.city.kyoto.jp/somu/bunsyo/REISYS/reiki_honbun/ak10203691.html

(市民税の課税免除)
第18条 次の各号のいずれかに該当する者に対しては,均等割を課さない。ただし,これらの者が収益事業を行う場合は,この限りでない。
(1) 民法第34条の規定により設立された法人
(2) 地方自治法第260条の2第1項の認可を受けた地縁による団体 ← 地縁団体
(3) 管理組合法人及び団地管理組合法人
(4) 特定非営利活動促進法第2条第2項に規定する法人
(5) マンション建替組合
(6) 防災街区整備事業組合
(7) 法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めのあるもの
2 前項各号のいずれかに該当する者に対しては,法人税割を課さない。ただし,これらの者が収益事業又は法人課税信託の引受けを行う場合は,この限りでない。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/01.htm

 こんばんは。

 まず,今回関係あることから書かせて頂きます。

◇「地縁団体」
・「地縁団体」は地方自治法に基づき法人格を与えられた法人ですから納税義務が発生する場合があります。

◇「収益事業」

・収益事業は「法人税法施行令」や「法人税法基本通達」で,次のものが指定されています。

○法人税法基本通達
第15章  公益法人等及び人格のない社団等の収益事業課税
第1節 収益事業の範囲
第1款 共通事項
第2款 物品販売業
第3款 不動産販売業
第4款 金銭貸付業
第5款 物品貸...続きを読む

Q街興しと街づくり この意味合い比較に違いはあるでしょうか。

私的には似て非なるもののような気がしますが
いざ説明しろとなると二の足を踏みます。
どう違うのでしょう 
またこれを連携コラボして成功した
事例などありましたら教えて下さい

Aベストアンサー

「街興し」主として商業的な視点での振興事業

「街づくり」商業的な分野に限らず、住民全般がより快適に暮らせる環境作り
道路環境の整備とかバス路線の充実は街作りの観点での話
最近では「コンパクトシティ」という考え方もあるこれも街作りの思想であって街興しは主目的ではない

この「コンパクトシティ」という考え方は、車に依存しない限定的な範囲で中心市街地を活性化(再開発)して、公共交通機関などの効率を上げて利便性を高め
結果的に衰退した地域商業界を再活性化するという街興しと連動する

とも言えるのではないか?

成功しているのかどうか詳細は知らないが、北海道の伊達市とかは先進事例として紹介されることもある


人気Q&Aランキング

おすすめ情報