タンパク質と冷凍変性機構に関してなのですが、私は魚肉の凍結実験をおこなっています。お聞きしたいことは、
”魚肉を凍結した際、魚肉細胞内の棒状タンパク質、球状タンパク質は共にその周りの水が氷晶生成のため移動し、結果、タンパク質は疎水結合やイオン結合を起こし、変性する。”と現在考えているのですが(間違ってたらすいません)、その変性機構を何らかのパラメータを用いて数式化することができないモノでしょうか?(パラメータは氷晶径、筋繊維の収縮量(脱水量)、筋原繊維の収縮量等、他何でもよいのですが)
そこら辺に詳しい方、そのようなことが書いてあるHP、論文、文献等ありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

関連情報ですが、今朝の7時のNHKニュースで「千葉のベンチャー企業」の冷凍庫開発(?)の話題が取上げられてました。

詳細には見ておりませんが、材料の電顕の比較がされていました。
内容の詳細はお近くのNHKの営業所に問い合わせればと良いと思います。
更に、以前何度か「氷温(?)貯蔵」で山陰の島根か鳥取の企業の紹介がありました。

ご存知かもしれませんが、ご参考まで。
    • good
    • 1

以下のサイトは如何でしょうか?


1.http://www.foodhokkaido.gr.jp/
============================
氷結晶が生成し、これが筋肉を破壊してタンパク質が変性
===========================
2.http://www.jssst.or.jp/reito/kankou/review.html
(魚肉タンパク質の冷凍変性機構)
3.http://www.fish.hokudai.ac.jp/grad/daikouza/seim …
(魚肉タンパク質の冷凍変性および加工過程中における水の存在状態の解明;北大)
4、http://www.aobakasei.co.jp/np/np01.htm
(トレハロース)
成書としては、以下のものがあります(内容未確認!)。
-------------------------------
新・食品事典/9/河野友美/真珠書院/1999.6 
冷凍食品物語/冷凍食品新聞社/1999.7 
冷凍食品入門/比佐勤[他]/日本食糧新聞社/1998.9 
米国の冷凍食品産業と加工技術調査/日本貿易振興会農水産…/1997.3 
冷凍食品の品質に及ぼす温度と時間の影響実験調査結果…/3/日本冷凍食品協会/1997.3 
冷凍食品を知る/野口敏/丸善/1997.2 
冷凍食品の未来/深谷志成/コープ出版/1995.11
-------------------------------------
データベースの検索ではHITしないでしょうか?

ご参考まで。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
”凍結によりタンパク質が変性する”と書いてある文献は多いのですが
その変性の細かい部分まで詰めているモノはなかなかないのです。
日本冷凍空調学会論文集にも私が欲しいモノは今のところ発見できていないのです。教えていただいた文献も含めて探してみます、ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/03 14:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冷凍いちご

知り合いが大量に冷凍いちごを送ってくださいました。
でも、思いつくレシピはいちごジャムかいちごミルクくらい・・・

ほかになにかいい案ありませんか?

てかジャムってわざわざ作らなくてもって感じだし、いちごミルクは冷凍のいちごだと結構味が落ちちゃってて正直まずかったんです。

でも相当な量あるのでなんとか消化しないと冷凍庫がすごいことに・・・

どなたかいい消費方法教えてください!!!

Aベストアンサー

ttp://cookpad.com/%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94/%E5%86%B7%E5%87%8D%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4

クックパッド

そのままアイス感覚で

冷凍庫は上から入れるストックタイプの直冷では詰め込みOKだと思いますが
冷凍冷蔵庫でファン式は空気の流れが無いほど詰め込むと冷えなくなりますので注意。

Qスタウロスポリンのカルシウム依存性タンパク質キナーゼの関与について

実験でスタウロスポリンを用いたレタスの発芽抑制に関する実験を行いました。


実験書によると、「スタウロスポリンはカルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応(今回は種子発芽)に関与するか否かを調べるために用いられる。」
とあります。

が、どのような原理で関与するか否かを調べることが出来るのでしょうか?

また、スタウロスポリンとはどのような物質なのでしょうか?自分なりに調べてみたのですが、適当な答えが得られませんでした。

ご存じの方がいましたら教えていただきたいです。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

> どのような原理で関与するか否かを調べることが出来るのでしょうか?

 スタウロスポリンはカルシウム依存性タンパク質キナーゼを阻害します。つまり,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが働かないです。

 ある生物反応をスタウロスポリンが存在する状態と存在しない状態で行い,反応に差があるかどうかを調べます。

 カルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応に関与する場合,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが阻害されるために,その生物反応がスタウロスポリンが存在しない場合と異なってきます。

 が,カルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応に関与しない場合,スタウロスポリンが存在しても,その生物反応はスタウロスポリンが存在しない場合と変わりません。

 『 こ れ が 原 理 』

> スタウロスポリンとはどのような物質なのでしょうか?

 これだけでは範囲が広すぎて回答が付き難いと思います。「Google」で「スタウロスポリン」を検索すると幾つかヒットします。それらを見た上で,必要なら,もう少し具体的に再質問されては如何でしょうか。

 ・http://www.google.co.jp/
  Google

参考URL:http://www.google.co.jp/

> どのような原理で関与するか否かを調べることが出来るのでしょうか?

 スタウロスポリンはカルシウム依存性タンパク質キナーゼを阻害します。つまり,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが働かないです。

 ある生物反応をスタウロスポリンが存在する状態と存在しない状態で行い,反応に差があるかどうかを調べます。

 カルシウム依存性タンパク質キナーゼが生物反応に関与する場合,スタウロスポリンが存在するとカルシウム依存性タンパク質キナーゼが阻害されるため...続きを読む

QビタミンCのために冷凍のいちごを買いました

ビタミンCのために冷凍のいちごを買いました
生のいちごはビタミンCが豊富ですが冷凍することによって栄養価は下がりますか?
あまりかわらなければいいのですが...

Aベストアンサー

そもそもビタミンCって壊れやすい栄養素なんですよ。
で、加熱したり保存することによってビタミンCは破壊されます。
冷凍保存の場合は、-18℃以下での保存が必要だとされていて、家庭用の冷蔵庫では無理ですねー。
ちなみにこの温度で保存しても、冷却や解凍時にビタミンCは破壊されますです。

Q茶の生産量、輸出量、自国消費量について

現在の世界における茶の生産量、輸出量、自国消費量の国別統計(年代別)が分かれば、教えて頂けないでしょうか(参考となるURLがあれば、幸いです)?

加えて、中国国内における、茶の生産量、輸出量などの年代別統計が分かれば教えて頂けないでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず
http://www.fao.org/documents/show_cdr.asp?url_file=/DOCREP/005/Y3007E/y3007e07.htm

http://www.246.dk/natlist.html

http://en.wikipedia.org/wiki/Tea

参考URL:http://www.fao.org/documents/show_cdr.asp?url_file=/DOCREP/006/Y4343E/y4343e05.htm

Q大量のいちご

10パック分くらいのいちごをもらったのですが、生で食べるには家族4人では消費しきれないので、デザート、お菓子に使いたいと思っています。冷凍保存もできるようなのでしてみたいと思いますがやったことがないので、冷凍保存のポイントや注意点。また、いちごを使ったデザート&お菓子(ジャム以外)でオススメなどあったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単純で長持ちだと
いちごシャーベット
http://cookpad.com/mykitchen/recipe/545436/
いちごサワー
http://carott.blog67.fc2.com/blog-entry-143.html

簡単なのだと
フルーツ春巻き
http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/E205073/

定番だと
いちごのタルト
http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/U000494/
いちごのミルフィーユ
http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/U000644/

QDGGE法(変性剤濃度勾配電気泳動法)について教えてください。

DGGE法(変性剤濃度勾配電気泳動法)について
教えていただきたいのですが、この電気泳動を行うには、通常のスラブ型の電気泳動装置があれば可能なのでしょうか?
それとも、特殊な装置が必要なのでしょうか?
BIO-RADなどからは、このDGGE法のための
電気泳動装置も売り出されておりますが、できるのならば、既存の装置だけで取り組みたいと考えております。
(カタログによると、150万もするようですし…)
また、ゲルなどは自作できるのでしょうか?

また、実際にこの手法のやり方などを書いたプロトコール本(秀潤社のバイオ実験イラストレイテッドみたいな本)があるようでしたら、お教えください。
もしくはネットで具体的手法を公開しているところが
あれば、知りたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

citrusjuiceさん、こんにちは。

DGGE法を行ったことはないのでアドバイス程度と思ってください。

>ゲルなどは自作できるのでしょうか?
とのことですが、密度勾配ゲル作成用にグラジエントゲルメーカーが発売されていますが、これを変性剤濃度勾配ゲル用に流用できないでしょうか?
ゲルメーカー自体は、多分2万円もしないと思います。

>この電気泳動を行うには、通常のスラブ型の電気泳動装置があれば可能なのでしょうか?
citrusjuiceさんのスラブ型の電気泳動槽は送液またはヒーターにより、ゲルの温度を一定に保てるものでしょうか?
SSCPを行っている大学時代の同期の話では結構温度管理は必要とのこと。DGGE法はどうか分かりませんが、原理からすると50-60度ほどに加熱する必要があるのでは?
そのようなタイプではないのでしたら、恒温水槽とつなげて冷却・加温できるタイプの電気泳動槽があるので購入を検討してみてください。

もし、予算があまりないようでしたら(失礼なものの言い方かもしれませんがお許しください。)、アクリル加工で自作することをお勧めします。私も、簡単な装置でしたら自作することもありますので、

あと、土壌からのDNA抽出を質問されておりましたが、土壌細菌からPCR-DGGEを行われるのでしょうか?国内でも農学系の方々が行っているようですので、ネットで行っている方を探して、メールで聞くなり、見学させてもらうなりしたらどうでしょう。

citrusjuiceさんの質問回答を見る限りでは身分がしっかりした方のようですので受け入れてもらえるのではないでしょうか?

citrusjuiceさん、こんにちは。

DGGE法を行ったことはないのでアドバイス程度と思ってください。

>ゲルなどは自作できるのでしょうか?
とのことですが、密度勾配ゲル作成用にグラジエントゲルメーカーが発売されていますが、これを変性剤濃度勾配ゲル用に流用できないでしょうか?
ゲルメーカー自体は、多分2万円もしないと思います。

>この電気泳動を行うには、通常のスラブ型の電気泳動装置があれば可能なのでしょうか?
citrusjuiceさんのスラブ型の電気泳動槽は送液またはヒーターにより、ゲ...続きを読む

Q溶け過ぎてしまった冷凍ホイップを使ったレシピ

ホイップした状態で絞り袋に入った業務用冷凍生クリームが4本あります。
タイトル通り解凍したまま冷蔵庫に入れっぱなしになっていたので、ホイップの状態は崩れ、少し液体っぽくなりつつあります。

このホイップを使ったお菓子のレシピ何かありませんか?

ちなみに今からいちごのムースを作る予定です。

*冷凍いちご、抹茶、ココア、レモンのはちみつ漬け、黒砂糖、板ゼラチン、コーンスターチなどが他にあります。

Aベストアンサー

こちらのレシピを参考にしてみてください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/1340/purin-kurogoma.htm

QHPLC分析における除タンパク法

「イカの沖漬け(イカを姿のまま、味付け醤油に漬けたもの)」の、旨味成分(アミノ酸、有機酸、核酸)をHPLCで分析しようとしています。除タンパクのため、10,000のフィルタで限外ろ過していますが、なかなかろ液が集まらずに困っています。良い除タンパクの方法を教えてください。TCAで沈殿させる方法もあるとは思うのですが、その場合、除タンパク後の上澄みと、移動相のpHが異なってくるのではないかと気になります。

Aベストアンサー

補足です。
バリデーションとは、分析の信頼性を担保するために、分析法開発の前段階で行うものです。ピーク面積や高さで定量を行うのであれば、濃度とピーク面積(高さ)との相関が認められるか(5点程度の濃度のスタンダード試料を測定し、濃度とピーク面積(高さ)との相関係数を求める)、定性ならば繰り返し測定したときの保持時間のずれはないか、試料溶液の安定性はどうかなどを確認します。
今回の問題では、除タンパク時の目的成分の回収率が問題になります。共沈により、タンパク中に目的成分が一部取り込まれて、見かけの測定値が低くなってしまうおそれがあります。具体的にどのような操作を行われているかわかりませんが、沈殿除去したタンパク分から再度抽出し、目的成分が検出されない等の確認が必要と思われます。ただし、これらは分析の目的が定量とか各成分の面積比を知りたい場合であって、保持時間による定性のみが目的であれば必要ないでしょう。
あと、サンプルと移動相の組成が異なる場合のことを心配しておられますが、保持時間による定性の場合は、試料の溶媒強度やpHによって保持時間のずれや理論段数・分離度が変わる可能性があります。
定量の場合は原則、標準溶液を測定し、その値との比較を行うことになると思いますので、標準溶液についても試料サンプルと同様の操作を行えば問題はありません。アミノ酸等の標準物質を精密に量り、試料サンプルと同様に操作して得られた液を標準溶液として、同時に分析すれば、移動相と組成が異なっても大丈夫です。各種文献等においても、メタノールで抽出しアセトニトリルで分析するとか、いろんな事例がありますので。
アミノ酸分析で発色法により検出する場合は、意外な成分が発色してベースをあげたり、変なピークがでてきますので、試薬や機器等は綺麗にしておくことが大切です。

がんばってね。

補足です。
バリデーションとは、分析の信頼性を担保するために、分析法開発の前段階で行うものです。ピーク面積や高さで定量を行うのであれば、濃度とピーク面積(高さ)との相関が認められるか(5点程度の濃度のスタンダード試料を測定し、濃度とピーク面積(高さ)との相関係数を求める)、定性ならば繰り返し測定したときの保持時間のずれはないか、試料溶液の安定性はどうかなどを確認します。
今回の問題では、除タンパク時の目的成分の回収率が問題になります。共沈により、タンパク中に目的成分が一部...続きを読む

Qいちごが…

 いちごを農家の方から大量にいただきました。(ダンボール箱一つくらい)もういちごもおしまいなので、ちょっといたんだりしているのですが、捨てるのにはもったいないし、知り合いには配ったしでどうしたらいいのか分かりません。ジップロック3袋にいれてつぶし、冷凍しましたが、まだたくさんあります。なにかいい保存法などありましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

それでは…こちらを。
いちごジャムhttp://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/B001029/

ピューレはヘタをとったイチゴをミキサーにかけてから電子レンジで加熱します。
噴きこぼれないよう様子を見ながら。ピューレは砂糖を加えない状態なので悪くなりやすいですから砂糖を入れてイチゴソースの状態にすれば日持ちすると思います。
ムースなどのお菓子作りに便利です。

Qブタの体外受精凍結胚移植について。

いつもお世話になります。
カテ違いだったらすみません。

「凍結体外受精卵で子豚誕生=世界初」というニュースを見ました。
http://www.jiji.com/jc/p?id=20061031223643-4805397
ヒトの体外受精では凍結胚移植はもう既にかなり以前から行われていますし、成績もそこそこだと認識していますが、ブタではこれが世界初というのは本当ですか?ヒトでいくらでも成功しているものが、ブタでは難しいというのにはどんな理由があるのでしょう?
またこの記事から愛知県農業総合試験場のサイトに行ってみたところ、今回ニュースになった件は探せませんでしたが、
「体外生産胚を作成し、この胚を外科手術で仮親に移植して子豚を誕生させることに成功しました。この手法を用いれば低コストかつ効率的に大量の受精卵を作成して利用できます」との記載が。
ヒトでは体外受精は多額の費用がかかり、自然妊娠ほど低コストなものはないと思うのですが、ブタに関してはなぜ体外受精を行うことが低コストに繋がるのでしょう??
畜産、繁殖技術、バイオなど、ど素人です。よろしくお願いいたします。

いつもお世話になります。
カテ違いだったらすみません。

「凍結体外受精卵で子豚誕生=世界初」というニュースを見ました。
http://www.jiji.com/jc/p?id=20061031223643-4805397
ヒトの体外受精では凍結胚移植はもう既にかなり以前から行われていますし、成績もそこそこだと認識していますが、ブタではこれが世界初というのは本当ですか?ヒトでいくらでも成功しているものが、ブタでは難しいというのにはどんな理由があるのでしょう?
またこの記事から愛知県農業総合試験場のサイトに行ってみたところ...続きを読む

Aベストアンサー

専門ではありませんが、一言。
○ブタでは難しいというのにはどんな理由があるのでしょう?
==>世界初というのは確かなのだと思いますが、それが「難しい」との記載はあるのでしょうか?技術的に種特異的な要素によって難しい場合もあると思いますが、このようなことは研究の必要性や研究人口にも左右されますよね。
たとえば、競馬によって馬の足の研究は進んでいるでしょうし、乳製品の必然性から牛の乳房の研究は進んでいると考えてよいと思います。

○ヒトでは体外受精は多額の費用がかかり、自然妊娠ほど低コストなものはないと思うのですが、ブタに関してはなぜ体外受精を行うことが低コストに繋がるのでしょう??
==>一度にたくさんの卵を採取し、試験管で受精させて凍結保存しておいて適宜利用することと、いちいち交配(人工授精)を行って、受精卵を採取することはどちらが効率が良いかは、自明でしょう。
それに、ヒトの妊娠は自然なことですが、家畜の交配・人工授精はコストが掛かります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報