gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

ma=Fが数学で証明されていないと聞いたのですが、本当ですか?
いろいろな現象を見ていると、ma=Fのようになってるんじゃいかなって、
程度だと聞いたのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

証明も何もF=maは定義式なんですが


質量に加速度をかけたものを力と呼ぼうと勝手に人が決めただけなんだから定義も糞もない。
1+1が2になるのを証明できないのと一緒。
    • good
    • 2

ffffgさん、こんにちは。



> ma=Fが数学で証明されていないと聞いたのですが、本当ですか?

本当です。

そもそも、ma=F は数学的に証明するものではなく、観測事実に基いて検証されるものです。


ma=Fに限らず、物理法則の正当性を人々が納得しているのは、「数学的な証明」によってではなく、「仮設演繹」(仮説演繹」とも書く)と「帰納法」という二つの自然科学の考え方に基いています。

現実には「仮設演繹」と「帰納法」の両方の方法が、互いに補いつつ用いられているので、両方を説明します。


まず「仮設演繹」(かせつえんえき)とは、最初に法則を仮定し、様々な現象を数学的に導き、その結果を現実に起きる現象と比較し検証することにより、仮定した法則の正しさを確認しようという考え方です。ANo.3さんのお答えに書かれているのは、こちらの立場のことです。

この考え方では、法則は数学でいう「公理」に相当し、仮定するものであって、「定理」のように証明するものではありません。観測事実との比較によって、より正しそうだということを間接的に検証できるだけです。しかし、いくら観測事実と比較しても、可能な状況をすべて調べ尽くすことは実際上不可能なので、この検証は常に不完全であり、数学の証明のように完全なものにはなりません。

実際、非常に小さいものを考えるときや、物体の速さが光の速さに比べて無視できないぐらいの状況では、ma=Fでは説明できない現象が観測されてしまったのはご存知のことと思います。そこで量子力学や相対性理論が必要になってきたわけです。

なお、このように仮設演繹の立場ではma=Fは「仮定」なわけですが、その立場で見たときに、ニュートンの運動の法則には様々な解釈の仕方があり、ma=Fは「質量」を定義するものであると解釈する考え方もあります。


次に、「帰納法」(きのうほう)について説明します。「帰納法」とは、仮設演繹とは逆に、沢山の実験データから、それらを矛盾なく説明する法則を抽出しようという考え方です。

帰納法の過程では、数学を応用するわけですが、「数学的な証明」のように、実験データの正しさ以外に何も仮定せずに「法則」を導くことはできません。なぜなら実験データは、一つ一つ人間が集めるものですから、有限の数しかないわけですが、一旦法則の形になったものは、無数の状況に適用できるので、平たく言えば、無限に多くの情報を含んでいることになるからです。有限の情報から無限の情報を含むものを導くわけですから、その過程では、何らかの仮定が必要になってきます。

このように帰納法の立場でも、物理法則は数学的に証明されたものとはいえないわけです。


> いろいろな現象を見ていると、ma=Fのようになってるんじゃいかなって、程度だと聞いたのですが。

その「程度」という言葉がどのような意味かによって、その言い方が正しいかどうかが変わってきます。

まず現実に起きていることを説明すると、上で述べたような「仮設演繹」「帰納法」の考え方に基いて、ma=Fは、極めて膨大な観測事実に基いて検証されています。また、ロケットの打ち上げを含む、無数の実用において、法則の適用範囲を間違わない限り、現にうまく機能していることも、間接的な検証になっています。

このような検証は、極めて膨大で広範なものなので、その「適用範囲内」では、ma=Fの正しさを納得するのに、現実的に十分であると考えられています。

しかしながら、それは数学的な証明ではないわけで、実際、「適用範囲」を超えた状況では、ma=Fで説明できな現象が観測されていることは、上でも説明したとおりです。

これが現状ですが、その現状を見て、「いろいろな現象を見ていると、ma=Fのようになってるんじゃいかなって程度」と感じる人には、「その程度」なのだし、それよりもはるかに確実性の高いものなのだと感じる人には「その程度ではない」ということになります。
    • good
    • 1

 F=maに限った事ではないのですが、物理の基本法則は、言ってしまえば全て仮定です。

ただ、その仮定を認めると色んな現象を説明できる事がわかっている、実験保証付の仮定です。なので、「いろいろな現象を見ていると、ma=Fのようになってるんじゃいかなって、程度だと聞いたのですが」は、言い当て妙です。

 むかし相対性理論の話を初めて聞いたとき、時間が遅れるだの(タイムマシンか!)、長さが縮むだの(ミクロの決死圏か!)、質量が増えるだの(原爆の秘密か?)で、けっこうわくわくしました。
 それらが原因で一般入門書を読み漁り、これらの原因は「光速度の不変性」にあるらしい、という事がわかりました。それで、本物の相対性理論を読めば、光速度の不変性を説明してくれるに違いないと、長い事信じていました。ところが長じて最初に読んだ特殊相対性理論の専門書には、こう書かれていました。

 ・光速度の不変性は「原理」である.観測事実だから認めろ!.

と・・・。もっとも、もう少し深い仮定からの説明づけはできます。それは、

 ・任意の慣性系における物理法則の不変性.

という奴です。この基本仮定(基本法則)も、その仮定を認めると色んな現象を説明できる事がわかっている、実験保証付の仮定です。
 そうでない物理的定理、例えば保存系における力学的エネルギー保存則などは、基本仮定から数学的に証明できます。
    • good
    • 0

NO1様がご指摘の通り、貴方の質問文では何を質問したいのかを正確に伝えていません。


その上で、本当は貴方は何を聞きたかったのかを推定してみると、おそらく「ma=fという数式は、真理ではなく、質量と加速度と力の間に成り立つ関係を近似的に表した式であると聞いたが本当か?」というような意味では無いかと思われます。
もし質問の意図がそういうことだとすれば、正にその通りです。
f=maはニュートンの第2法則ですが、一般に「○○の法則」といわれるものは、実験データを積み重ねて検討した結果、おそらくこういうことだろうと推測して出来たものです。電気の基本式であるオームの法則もそうです。しかし現実の物理現象を説明する上での信憑性は極めて高いもので我々凡人は素直に100%正しいと考えていいものです。だから変な懐疑心は起こさないようにしてください。法則に疑問を持って研究するには、現在までの物理学をすべて修得した後でないと研究する能力も資格もないと考えます。それより前に、まず正しい日本語の表現力をマスターしましょう。
    • good
    • 1

そもそもma=Fの"何"を数学的に証明しようと云うのですか?



数学的に見ればma=Fはただの式です。
y=2x+1やy=x^2と何も違いありません
物理ではmは質量と呼ばれたり、aは加速度と呼ばれたりなどあるでしょうが、数学ではmといえば質量などという決まりはありません。
そもそも純粋数学には質量も加速度も出てきません。

ma=Fは数学を応用して、物理の法則を記述したただの式です。

あなたの質問はy=x^2は証明されていないのですか?というのと変わりません。
何が証明したいのか?それが重要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF=maの意味について

高校物理からの質問です。
運動方程式、F=maの意味についてですが、

1.加速度aで運動している質量mの物体が持っている力
2.質量mの物体に加速度aを生じさせる為に必要な力

のどちらが正しいのでしょうか?もしくは問題を解く際にはどちらで覚えておくほうがよいのでしょうか?

また、同じような質問ですが、等速円運動している物体の運動方程式、F=mrω^2について、

1.半径r、角速度ωで円運動している質量mの物体が持っている力
2.質量mの物体を、半径r、角速度ωで等速円運動させる為に必要な力

のどちらが正しいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>1.加速度aで運動している質量mの物体が持っている力
>2.質量mの物体に加速度aを生じさせる為に必要な力

2.が正しいでしょう。「物体が持っている力」という言葉がわかりません。

「加速度aで運動している質量mの物体に働いている力」
あるいは
「(ある速度とある高さの)物体が持っているエネルギー」,
「(ある速度の)物体が持っている運動量」なら分かりますが。

Qニュートンの第2法則 F=ma は何故成り立つ?

ニュートンの第2法則 F=ma は何故成り立つ?

Aベストアンサー

その答えは今は多分ないと思います。ニュートン物理学(古典力学)の基本中の基本公式です。F=maでだいたい大きな現象を説明できるという考え方を、物理の世界では取るべきではないでしょうか(それだけでものすごく貢献してますよね)。でもそれだけでは、物理学の発展にはつながりませんよね。何故、物体と物体は引き合うのか、何故 光速は普遍なのか、きりがありません。でも、人間はそんな疑問を一歩一歩解いていった。ニュートン力学の及ばない、ミクロ(原子)の世界の物理も解き明かし、ついには、原子爆弾、水素爆弾、原子力発電もやってしまいました。探求心が旺盛、頑張ってください。
 

Q理学部物理学科の就職先

理学部物理学科に行きたいと思うのですが、将来どんな仕事に就けますか?またどの大学の理学部がオススメですか?教えてください。

Aベストアンサー

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年です。君が遭遇した物理研究問題が解決されるには、どんな天才でも、500年はかかると知っていたならば、自分の人生を投げうってまで、研究を続ける人はほとんどいないでしょう。いたとしても、それは単なる気違いです。

近年、東大の小柴さんがノーベル物理学賞を受賞しました。君は小柴さんのようになりたいのか?
大きな天体観測装置で、遥か宇宙のかなたからやって来たニュートリノと呼ばれる素粒子を観測したのである。次にまたニュートリノを観測するのに、何百年かかるか分からない。小柴さんは、言いました。「ちゃんと準備をしておけば、チャンスはやってくるものだ。」この言葉は、研究者をとても勇気づけたと思います。

だけれども、私はそうは思わない。科学は、帰納法といって、何度も繰り返して確かめられるものでなければ、ならないのだから。小柴さんの観測は、確かに正しかったかもしれないけれども、それを科学と呼ぶには、早すぎた。何千年も早すぎた。

それを、はや合点して、ノーベル賞を出すほうが、奇跡的だとは思わないかい?もっとも、ノーベル賞は生きてる人間にしか与えられないことになっているらしい。

そうそう、相対性理論の産みの親のアインシュタインは、ノーベル賞をいくつかもらっているけど、相対性理論では、とうとうノーベル賞はもらえなかったんだよ。

。。。というわけで、物理学で新しい発見を目指すのであれば、将来どんな仕事に就けるかどうかなんて、ちっちゃな問題です。というか、関係のないことでしょう。でも。。。確かに、食べて行かないと、研究できません。そういう意味では、それは大切だ。それには、自分の研究の妨げにならない仕事を選ぶことだ。

。。。とにかく、何か自力で(そして人に頼らないで)研究できる能力をつけることだ!発見のできる自分作りをする。。。

。。。だけれども、上の意見は、君が天才研究者だったら・・・・の話だ。。。だから、ちょっと裏腹ではあるが、自分の良い理解者に早く巡り会うことも非常に大切だ。自分よがりの研究者は、無駄な人生を送ってしまうからだ。

ん~。。。大体にして、そういうことをここに「質問」して、「はいそうですね。理解できました。そうします」っていう考えになれると思う?

アインシュタインだって、死ぬまで悩んだと思うよ。

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年...続きを読む

Q角運動量保存の法則を中学生にもわかるように教えてください

角運動量保存の法則がいまいちよくわかりません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E9%81%8B%E5%8B%95%E9%87%8F%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
ここで説明されているフィギュアスケートの例もよくわかりません。
わかりやすく教えてください。厳密な意味ではなくて、なんとなくこんな
意味だよって感じで教えてくれるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

角運動量保存則は、
角運動量:L、慣性モーメント:I、角速度:ωとすると、
L = I・ω = 一定
で表されます(定義)。

慣性モーメントは、
I=∫(r^2)dm
で表されますが、中学生相手だと簡単のために
I=m・r^2 (m:質量 , r:回転半径)
などとしたほうが良いでしょう。

この式より、
rが小さくなれば、Iは小さくなり、
rが大きくなれば、Iは大きくなる、ことが分かります。

さらに角運動量 「L= I・ω =一定」 のため、

Iが小さくなれば(rが小さくなれば)、ωは大きくなり、
Iが大きくなれば(rが大きくなれば)、ωは小さくなる。

フィギュアスケートの選手が手を上に上げて(rを小さくして)、回転すると、高回転となる(ωが大きくなる)わけです。
この程度なら中学生でも理解できるのではないでしょうか?

Q進研模試の過去問を手に入れたいのですが・・・。

単刀直入ですが,進研模試の対策をするために,進研模試の過去問を手に入れたいのですが,学校や塾の先生に頼む他に何か入手する方法はないのでしょうか? 勉強がしっかり出来ているかどうかの確認をするためには進研模試を解くのが,レベル的にも難しすぎず簡単すぎず,良いと言われたので,何回分かの進研模試を解いてみたいと思い,このような質問をするに至ったのです。ご回答,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ、基礎的な薄い物をやってみて、その感触で量るのが良いでしょう。
また、色々な教材を良く眺めてみるいうのも良い勉強です。
根性決めて書店に「通って」ください。
進研の模試もそうですが、教材には相性やレベルがあります。
進研の問題は確かに基礎的な良問であるような気はしますが、だからと言って、あなたがそれで勉強できるかどうかは判りません。
もっと基礎が抜けているのかも知れないし、そんな問題では簡単すぎるのかも知れません。
それはどの教材であってもそうです。

基礎ができていないのなら基礎、入試標準レベルのところでつっかえているのならそれ、と今自分が何をすべきか、で決めて、それをさっさと終えてください。
最後までそれだけでやり通そうとするから基礎から応用まで、なんて事を言うんです。
そもそも化物に至っては、教科書をきちんと読んでいるのか。理解できるよう読んでいるのか。なんて事が第一です。
その上で参考書、です。
物理は、一読しただけではさっぱり判らなくて当然です。
何度も教科書や参考書を読み、基礎問題を解き、解らなくなってまた教科書参考書に戻る、の繰り返しです。しつこくしつこく。
天才を除けば根負けするかどうかの科目だと思っています。

単語帳は相性次第です。
前書きからしっかり立ち読みし、相性が良さそうな物を選んでください。
当面センターレベルで良いので、さっさと終わらせることです。
現代文は、出口、田村、板野、河合の入試現代文へのアクセス、辺りを。これも前書きからしっかり読んで、やり方を把握したり指示に従ったりしましょう。
古典は知りません。
理系なら、二次私大でで国語を使うのかどうかでどこまでやるかが変わると思います。
あなたなら、伊藤さんの「ビジュアル英文解釈」ができると思います。
最初は易しいですが、最後までやり通したり、その後の「英文解釈教室」まで行けば大した物だと思います。

模試の対策をする必要はありません。
普段の勉強の成果を確認するための物ですから。
対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。

適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。
しかし模試は模試。
最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。

書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。
それも判らなければ...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング