車の燃料に使うガソリンの表示の中にオクタン価と言う言葉がありますが
オクタン価とはいったいなんのことを言っているのですか?
知ってる方教えてちょん

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

簡単にいってしまえばどれだけノッキング(異常燃焼の一つで、低速のギアで無理にアクセルを踏み込んだときなどにカリカリいう状態)を起こしづらいかの指標です。

そもそもガソリンは複数の炭化水素の混合物で構成されたもので、ベンゼンとかアルコールなどのように単一の物質を示す名前ではありません。オクタン価とはガソリンを構成する炭化水素のうちきわてノッキングを起こしにくいイソオクタンと、逆にノッキングを起こしやすいノルマルへプタンとを混合した燃料を標準燃料として設定し、測定しようとする燃料と同等のノッキングをおこす状態まで、標準燃料の混合比を変化させ、そのときのイソオクタンの割合をオクタン価として表記しています。すなわちアンチノック(ノッキングしにくさの指標)性をあらわしています。ただし、実際に販売されているガソリンのイソオクタンの含有率とは直接関係はありません。市販のガソリンでは添加物(MTBE(メチルターシャリ ブチルエーテル)などの含酸素系の物質)を加えてアンチノック性を高めています。一般に加給機(ターボチャージャーやスーパーチャージャー)を備えたものや、圧縮比の高い高性能エンジンほどオクタン価の高い燃料を要求します。

ちなみにオクタン価100よりも高いオクタン価を要求する航空機用のガソリンではパフォーマンスナンバーと呼ばれる数値が使用されます。
    • good
    • 0

sailorさんの回答で正解です。

あと、少し補足を
octane rating のこと。内燃機関中での石油の効率の尺度。いわゆる、ノッキング、つまり、エンジンのシリンダー内で起こる早期着火を防ぐ性質(アンチノック性)を示すもの。4サイクルエンジンは、混合気の吸気(ピストンの降下)→圧縮(ピストンの上昇)→点火・爆発による出力(ピストンの降下)→排ガスの排気(ピストンの上昇)を繰り返します。ところが、ノッキングとは、この、2番目の圧縮時に、発火点の低い物質は点火より先に自然発火し、ピストンを押し下げようとします。通常の点火・発火爆発より、早期の着火(圧縮およびシリンダーの加熱による)になり、パワーが減少し、燃料効率が極端に悪くなります。
 ガソリンの成分は炭化水素CnH2n+2なんですが、直線状(直鎖型といいます)のものと枝分かれした(イソ)があり、枝分かれした方が発火点が高く、アンチノック性が高いのです。n-ヘプタンC7H16(直鎖型)を「ゼロ」とし、イソオクタン(枝分かれした)=2,2,4-トリメチルペンタンC8H18を「100」として、この混合物と他を比較して、オクタン価を出す。例えばオクタン価「50」=ヘプタンとイソオクタンの1:1混合物と同じアンチノック性を持つガソリンという意味になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内燃機関について。(燃焼温度)

今内燃機関の勉強をしているのですが、
燃焼速度などの説明はよくかかれているのですが、
ふつうに燃焼温度という言葉が出てくるためよくわかりません。
学校の図書館で、燃焼温度について調べたのですがそれでもなかなかでてきません。
どなたか、燃焼温度について知っている人や、燃焼温度について詳しく載っているホームページを知っている人は教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

物質が燃えている、または物質を燃やしているときの温度のことじゃないんですか?それでは意味が通じないですか?
同じ物質を燃やすときでも大気下と酸素を供給した場合とでは燃焼温度に差がでますね。

Qガソリン車は1/3の燃料が軽油でも走行できますか?

ガソリン車は1/3の燃料が軽油でも走行できますか?

(1)
ガソリン車に2/3ガソリン、1/3軽油を入れても
年中続けない限りエンジンに大きな問題はないのでしょうか?

(2)
年中、これを続けた場合、エンジン等にどのような障害がでますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

農業用エンジンで、灯油を試したことがあります、四分の一までは若干始動性は悪くなるが可能でした、
経由は発火点が低く、灯油以上に気化しにくいので、三分の一は無理でしょう、実用上はノッキングを起こして使用不可と思います。

Q断熱燃焼温度について

断熱燃焼温度の求め方が分かりません。分かる方教えてください。

Aベストアンサー

具体例でお示しできれば分かりやすいのですが、大筋のみ書きます。

1) 燃焼前の物質のエンタルピーを求める。生成エンタルピーを事前に知っておく必要があります。
2) 燃焼時の圧力、温度を仮定して、その状態における平衡状態を求め、そのエンタルピーが1)で求めたエンタルピーと等しくなるように温度を変える。(断熱下の燃焼ですので燃焼前後のエンタルピーに変化はありません。)
3) 満足できる精度まで 2)を繰り返す。

ある温度と圧力における平衡状態を求めるには、燃焼時の素反応式を立て、反応前後で各物質数は変化しないことによる保存式と素反応の平衡定数から立てた式を連立して解くことになります。多くの場合非線形な連立方程式となるので数値的に求めることとなります。

Qハイブリッド車、ディーゼル自動車、フレックス燃料車

ハイブリッド車、ディーゼル自動車、フレックス燃料車

モーターとエンジンで動くハイブリッド車、ヨーロッパでは低公害車になっているディーゼル自動車、ガソリンとバイオエタノールで動くフレックス燃料車。

この中で燃費が最もいいのはどれだと思いますか?

Aベストアンサー

乗用車に限定して、
ハイブリッドかディーゼルですね。ハイブリッドは回生やエンジン停止ができる事から市街走行や一般道で有利、高速では信号停止や回生が余りないのでディーゼルが有利ですが、総合的にはハイブリッドのようです。米国のテストでもハイブリッドとなっています。又、燃費をkm/Lでなく公平にkm/kgとすればハイブリッドは更に優位になります。

参考URL:http://response.jp/article/2009/10/17/131005.html

Q薪ストーブ(触媒機)二次燃焼温度について

 イントレピッド2を使用しています。

 ダンパーを閉めて二次燃焼モードにした際に、温度が150~200度まで下がってしまうのですが、このままダンパー閉の状態で焚き続けて問題ないのでしょうか?(もちろん空気取り入れ調整弁は全開の状態です) それとも、温度が下がったら、いったんダンパーを開けて、再度触媒が働く温度(230度以上)に上げた方が良いのでしょうか?

 薪ストーブ導入してから1週間ちょっとの初心者です。先輩方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 私はバーモンドキャスティング社のリゾリュートを使用しています。かれこれ20年近く経ちます。年に1度の煙突掃除やこまめの灰取りぐらいのメンテでも燃焼状態はほどほど良好です。信州の山間部なので6~8月以外は薪ストーブを使用しています。

>ダンパーを閉めて二次燃焼モードにした際に、温度が150~200度まで下がってしまうのですが、このままダンパー閉の状態で焚き続けて問題ないのでしょうか?
 まず問題はありません。私の場合にもこのような現象が見られます。状態がよい薪材(伐採後1年のほどよく乾燥したもの)を十分に燃焼している状態でダンパーを閉めると比較的高温のままの状態で燃やすことができます。二次燃焼とは温まった空気を間接的に取り込んで薪の燃焼状態を維持させる状態かと思います。直接取り込んだ空気で燃やすのに比べると薪を効率よく燃やし中低温で薪ストーブを長時間燃やせます。状態がよいと青白い炎で燃えているのが分かります。

>それとも、温度が下がったら、いったんダンパーを開けて、再度触媒が働く温度(230度以上)に上げた方が良いのでしょうか?
 それでもよいのですが、薪材や燃やし方によっては230度にもならない場合があります。まずは2~3本の薪が炎を上げて十分に燃えている状態で上から燃焼室が一杯になるまで薪を横の状態で足して入れます。そして2~3分後にダンパーを閉めて背面の空気調節弁(板)を下ろして閉めます。私は横面の空気取り入れ口(コイン大の丸穴)は開けたままにしておきます。

 私は、真冬に夜通し焚き続ける際にダンパーを閉めて薪ストーブを焚きます。夜中にトイレで起きる時など、ダンパーを戻して薪の状態を確かめると同時に次の薪を足してまたダンパーを閉めています。

 薪材にはドングリの仲間(クリ・コナラ・クヌギ・ミズナラ・カシなど)やカエデ・サクラ・ハンノキなどの広葉樹が適しています。マツ類(カラマツ・アカマツ・クロマツなど)は脂が出るので不適です。また、キリやシラカバなどは材が柔らかくて火持ちがしません。でも、理想的な薪材ばかりを調達することはできません。私は日中には松類を他の薪材と混ぜて燃やしていますが、ダンパーを閉めて燃やす際には松類は入れません。

 薪ストーブのある空間&生活をエンジョイしてください。

 私はバーモンドキャスティング社のリゾリュートを使用しています。かれこれ20年近く経ちます。年に1度の煙突掃除やこまめの灰取りぐらいのメンテでも燃焼状態はほどほど良好です。信州の山間部なので6~8月以外は薪ストーブを使用しています。

>ダンパーを閉めて二次燃焼モードにした際に、温度が150~200度まで下がってしまうのですが、このままダンパー閉の状態で焚き続けて問題ないのでしょうか?
 まず問題はありません。私の場合にもこのような現象が見られます。状態がよい薪材(伐採後1年のほ...続きを読む

Qガソリン(自動車用燃料)の各種値引き

ガソリンや軽油といった、ガソリンスタンドで売っている自動車用燃料

色々な値引きがありますが、どんな方法を活用していますか?

私は、最近までは、プリペイドカード1万円チャージで、それを使いきるまでは5円引き
地域最安店の通常価格よりも5円引きでした
(途中でチャージした場合、残金1万円以上にすれば値引き継続)

今は、昭和シェル系店で契約したクレジットカードで、13円値引き
地域最安店よりも11円安くなりました

実際には活用していませんが、プリペイドカード5万円チャージで、15円引きというGSもありました
ただ、その店の方までは、たまにしか行かないのと、5万円のチャージは貧乏性な私には不向きですが(^_^;)

皆さんは、どんな値引きを活用していますか?

Aベストアンサー

スロットつきのセルフですね。
当たれば最大半額が現金で払い戻されます!!
とはいえ、そこまでの当たりが出たことは無いですけどね・・・(-_-)

Qグラファイトの燃焼温度

市販グラファイトを大気中で昇温すると何度くらいで燃焼が始まりますか?

グラファイトの耐熱性が2000℃であるという記述も見かけたのですが、それは不活性なガス中で昇温した場合でしょうか?

詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

これ、↓によるとグラファイトは3750℃付近で「昇華」するそうです。
http://msds.chem.ox.ac.uk/GR/graphite.html
(オックスフォード大学のサイト)

Qハイブリット車のように排気ガスが少なくてすむ車の燃料でなにがありますか?

燃料電池で走る車などありますが、排気ガスが少なくて済む、排気ガスが出ないなどの自動車燃料はなにがありますか?

車に詳しいから教えてください><

Aベストアンサー

何をクリーンと考えるかは難しい。

ハイブリッドであれば、ガソリンよりディーゼルの方がリッター当たりの燃費は優れていますね。排ガス規制により黒煙排出量(NoX排出量)が減少し、ディーゼル車もクリーンになりつつあります。日本ではガソリン車が主流ですが欧州ではディーゼルの普及率が伸びつつあります。
今後、日本でも普及するかどうかは分かりませんが・・・
世界では注目されているディーゼルハイブリッド技術で、今後多くのメーカーが製品を開発してくる可能性が高いです。(ただ、日本と北米はガソリンが主流なので入手は困難かもしれません)
尚、ハイブリッドを発展させたものとして、ガソリンがなくなっても電気だけで動き、充電もできるハイブリッド車なども開発されています。(実用化目前、北米自動車メーカー)

既に回答があるように天然ガスを用いたCNG/LNGはバスなど大型車を中心として採用されています。まあ、これはエネルギー効率としては石油よりは良いでしょうし、温暖化係数も低めです。ただ、採用車種は限られています。何せ、燃料供給スポットが限られていますからね。出力もほぼガソリンと変わらないレベルだったと思いますが、供給スポットが少ないのは痛い。
http://toyota.jp/proboxvan/index.html

他に、既に回答があるバイオエタノール(植物アルコール)を使う自動車もあります。これは、植物燃料を用いた自動車です。国内ではまだ実用化試験段階であり、本格的な製品は投入されていません。ちなみに、これは環境に良いと思われがちですが、この燃料の生産拠点は主にブラジルであり、穀物価格の上昇などもあり農家がアマゾンの森林に火をつけ、放置しそれを畑にしているのは、この影響もあるかもしれない。ちなみに、森林は光合成により膨大な炭素を木の中に蓄え温暖化を抑制しますが、燃やすと大量の二酸化炭素を放出し、耕作地にしてもそれだけの炭素を耕作物が吸収することはありません。
既にある耕作地や休耕田を使うなら良いのですけど、こういう実害は間接的であり報道もほとんどないのが現実。

尚、100%バイオエタノールの自動車はまだ世界でも数えるほどであり、普及はほぼしてません。ガソリンなどの化石燃料と混ぜて使い、現在のガソリン車でも改良なし、または軽度な改良で動く混合燃料が海外では多く使われています。ただし、100%バイオエタノールでは現在のガソリンエンジンやディーゼルエンジンほどの高出力は得られず燃費面がネックとなります。


電気自動車は、バッテリに蓄えた電気を用いて走行します。
走行時にエンジンを使わないため静かです。ガソリン以外では比較的長く研究されている自動車でもあります。最近になってQカーのようなプライベート自動車も誕生、徐々に普及が始まりつつあります。
走行距離が短い、急速充電スタンドも限られていること、坂道などでモータの馬力がエンジンに比べて弱いなどの点が難点です。
尚、電気自動車は20~60km圏内ぐらいの短距離で走行するには最も実用的です。既にトヨタ、日産などが実用車を出しています。

尚、発電所の電力がクリーンかどうかを疑問視する声もありますが、発電は単体で行うより、大型発電機で一括供給した方が環境影響は減少します。理由としては自動車で発生するエネルギーの4-6割は熱エネルギーとして無駄に発散されますが、発電所は容積的な余裕も大きく変換効率が小型な発電機より良いこと、基準が比較的厳しく排ガスなども少なくなるためです。
また、最近は場所によって発電によって発生したお湯などを二次利用するところもあります。自動車ではできないことです。

後は、ソーラーカー(太陽電池自動車)ですね。
理論上は最もクリーンな自動車ですが、電気自動車もまだ走行距離や馬力に問題がありますから、ソーラーはまだしばらく掛かると思われますが、電気自動車が問題点を克服してくれば、電気自動車(充電スタンド充電可)とソーラーカーを組み合わせた新しい自動車モデルも出始めるでしょう。尚、製品としてはまだ皆無です。

私が知っている限りでは、これだけです。

何をクリーンと考えるかは難しい。

ハイブリッドであれば、ガソリンよりディーゼルの方がリッター当たりの燃費は優れていますね。排ガス規制により黒煙排出量(NoX排出量)が減少し、ディーゼル車もクリーンになりつつあります。日本ではガソリン車が主流ですが欧州ではディーゼルの普及率が伸びつつあります。
今後、日本でも普及するかどうかは分かりませんが・・・
世界では注目されているディーゼルハイブリッド技術で、今後多くのメーカーが製品を開発してくる可能性が高いです。(ただ、日本と北米はガ...続きを読む

Qオクタン価について

レギュラーとハイオクの違いはオクタン価というのはわかったのですが、日本のレギュラーはどこでもオクタン価が90で、ハイオクは100なんですか?
もし、そうなら両方を同じ量だけ混ぜればオクタン価95のガソリンになりますか??

Aベストアンサー

以前出光に問い合わせたところ、レギュラーとハイオクを混ぜるとその割合に応じたオクタン価に平均されるとのことでした

私の車(VOLVO850)の取扱説明書には推奨オクタン価95、最低オクタン価90という記載があります

レギュラー100%だと明らかにパワーダウンして燃費も悪化。ハイオク100%だとパワーも十分で燃費も良い。レギュラーとハイオクを半々に混ぜてもハイオク100%と遜色なく、取り説と出光との話にも合致

レギュラーはたしかJIS規格で90(89だったかな)に決められていますが、ハイオクは必ずしもどこでも100ではなく98というところもあるみたいです

馴染みのGS以外では、レギュラー1:ハイオク2くらいの割合にしています

常にハイオク100%でも問題ないのですが、微妙にセコく節約したいので

Q【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?エンジンを切

【ガソリンスタンド】ガソリンを給油中に車のエンジンをかけっぱなしで良いのでしょうか?

エンジンを切らずにエアコンを付けっ放しでセルフで給油する人が増えてますよね。。。

大丈夫なんですかね

Aベストアンサー

現代であれば事故につながる可能性は低いとは思いますが、常識的に考えれば有り得ない行為です。
カセットコンロのガスを交換する時に火をつけたままのじょうたいでガス交換しますか?
何年か前におきた花火大会での事故をお忘れですか?
あれはガソリンの扱いを適当にしたためにおきてしまった事故なんですよ!
だとしたらわかりますよね!GSで給油中にどうすべきかは。
周りの人まで注意しろと私は言いません、でも自分が加害者になってしまう可能性のある事は
すこしでもさけた方が良いと思います。・・・ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報