例  鈴木 雅人(まさと) 鈴木 正人(まさと) 漢字で書くと字は違いますがこの様な状況でも同姓同名と、いえるのでしょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あの、下の方の解答に気になったので付け足しなんですけど。


戸籍上には読み方は一切載っていません。
読みは住民票には記載されていますが、あくまで個人の申し出によるものです。
訂正申出があればいつでも受けつけます。
例えば「正」が「ただし」と記載されているのを「まさし」と直してもらいたければそれも可能です。
読みはとてもあいまいな扱いになっています。

ご質問の趣旨からそれてしまいましたが、基本的にはNo1、No2のかたと同意見です。
漢字も読みも同じでないと同姓同名とはいえないでしょう。
ただ読みについては本人がまさとだと言い張ればまさとなので字面だけでの判断ということになれば、
漢字表記が同じなら同姓同名と言ってしまってもあまり差し支えないような気はしますが...
質問の趣旨はそういうことではなくて厳密にはどういう判断になるかということですよねたぶん(^_^;)
とにかく質問の例に挙げられるように漢字表記が違う場合は、少なくとも同姓同名ではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて頂き有難う御座います。

お礼日時:2002/08/12 14:07

 


そうです。戸籍の原簿には、姓名などの「読み」は書かれていません。わたしは、戸籍謄本、戸籍抄本を色々見る理由がありましたが、わたしが、見る段階では、「読みのルビ」が振ってあるのが普通だったのです。

パスポートにローマ字で、姓名が書かれているのと似たようなことです。
正確な読み方が必要になるので、あらかじめ、確認して読みが記入されているのですが、確かに、原簿には、記載されていません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います

お礼日時:2002/08/10 22:07

 


まず、尋ねておられることについては、「同姓同名」だとは言えません。

それでは、同姓同名の定義は何かということです。

この場合、日本だと、「戸籍上の姓、名」ということが前提になります。

戸籍上では、姓名は、それぞれ、どのような漢字・文字(ひらがな・カタカナ等)を使うかということが規定されています。戸籍登録で、昔は、手書きで登録していたので、間違った字で登録すると、それがそのまま、正式の姓名になったことがあります。

いまは、姓名に使う文字(漢字やかななど)は、姓はすでに既存のものを認めるとして、名の方は、使える文字が決まっています。難しい漢字で名を付けようとしても、役所で受け付けてくれません。日本人の名は、人名使用指定文字が決まってからは、この文字のなかで、名を決めるしかなくなっています。

しかし、戸籍では、その姓名の「読み方」も記載され、規定されています。

鈴木 直人(すずき・なおと)という人と、鈴木 直人(すずき・なおひと)という人がいると、この二人は、漢字で見ると、同じ名前、つまり同姓同名に見えますが、読み方が違うので、同姓同名ではありません。

しかし、戸籍上で確認できないし、本人にも確認できない場合、第三者が見て、鈴木 直人(すずき・なおと)と鈴木 直人(すずき・なおひと)は、「読み」が付いていない場合は、実用上では、「同姓同名」としか言えなくなります。

名に使える文字は、制限がありますが、読み方は、伝統的な読み方の大体の指針はありますが、それは制限にはなっていません。

従って、「鈴木至福」というような名もありえる訳で、これは「すずき・しふく」かも知れませんし、「すずき・ひかり」かも知れませんし、「すずき・よろこび」「すずき・めぐみ」かも知れません。戸籍上どうなっているかで確認しないと、同姓同名かの判断もできません。

文字で見ると同じだが、読み方が違うと、同姓同名ではない、というのに対応するのが、読み方では同じだが、文字が違う場合は、同姓同名ではないということで、「鈴木 雅人(まさと) 鈴木 正人(まさと)」が、その同姓同名でない例です。

「鈴木雅人(すずき・まさと)」と「鈴木雅人(すずき・まさひと)」の場合も、上の「直人(なおと/なおひと)」同様、同姓同名ではないのです。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に明快な回答で納得しました。 有難う御座います。

お礼日時:2002/08/10 15:30

言えません。


表記も完全に一致している必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座います

お礼日時:2002/08/10 03:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同姓同名の定義は?

同姓同名って、姓名が同じ表記(綴り)でかつ同じ音でなければならないのでしょうか?それとも、表記が一緒なら同姓同名となりうるのでしょうか?

例えば、ピーター・~(英語読み)も、ペーター・~(ドイツ語読み)も同じPeter ~だから同姓同名となるのでしょうか?
仮に同音でなければならないのならば、林勉という中国人・日本人がいた場合、日本では中国人の名前を日本語読みをするので、同姓同名になって、林勉という韓国人がいた場合、日本では韓国人の名前を韓国語読みするので、同姓同名にはならないということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

同姓:同一の姓氏、または苗字
同名:同じ名
(広辞苑より)

まず「姓氏」が「同じ」とはどういうことか。
これは英語で言うところのFamily Nameと現在ではほぼ同じなので、これが一緒ということ。
一緒とはどういうことかというと、つづりと音が同じ、ということですね。

人の名前の使われ方は、字で判別し、音で判別していますから、この2つが同一でなければ「同一」とはいえない、との考えです。

次に「同じ名」ということですが、これは個人としての名の方で、これも「姓氏」とまったくおなじで、つづりと音が同じ、ということです。

あわせていうと「フルネームのつづりと音がおなじ姓名」が同姓同名ということでしょう。

なお、同一の名前を「英語読み」とか「ドイツ語読み」という言い方をしますが、これは、「だれかとだれかが同姓同名」という話ではなく「一人の人の姓名の読み方が複数ある」という話です。

「普段英語読みしているAさんと、ドイツで生活しているドイツ語読みのBさんは、ドイツ語か英語かどちらか一方の言語だけで呼べば、同姓同名」ということになります。
しかし、本来Aさんは英語読みで呼ばれるわけで、Bさんはドイツ語読みで呼ばれています。名というのは「呼ぶ」ことで効果を発するものですから、本来の読み方でのみ「同姓同名」ということがいえるでしょう。

これは、同姓同名がどのように効果を発するか、という同姓同名のメリットデメリットを検討してみれば理解していただけるかな、と思います。
(矛盾するようですが、だから書物の上だけの同姓同名はAさんとBさんのケースでも成り立ちます)

なんだか、ややこしいですが、こういうことです。

同姓:同一の姓氏、または苗字
同名:同じ名
(広辞苑より)

まず「姓氏」が「同じ」とはどういうことか。
これは英語で言うところのFamily Nameと現在ではほぼ同じなので、これが一緒ということ。
一緒とはどういうことかというと、つづりと音が同じ、ということですね。

人の名前の使われ方は、字で判別し、音で判別していますから、この2つが同一でなければ「同一」とはいえない、との考えです。

次に「同じ名」ということですが、これは個人としての名の方で、これも「姓氏」とまったくおなじで...続きを読む

Q同姓同名の者同士の結婚と問題点

ご覧いただきありがとうございます。

同姓同名の男女の結婚は可能でしょうか。
生年月日は異なりますが、本籍地も昔から同姓者が多い地区で途中まで同じです。
また、郵便物、電話、子どもの保護者氏名、印鑑登録等、紛らわしいことが多いと思います。
二人とも名前を変える意志はありません。

このような場合の結婚手続き、注意点など心得ておくことがありましたらお知恵をお借りしたいと存じます。

Aベストアンサー

日本の戸籍では、結婚した場合は、夫か妻かどちらかの姓を名乗ることとなっています。

例外はないので、かならず、どちらかの姓にする必要があります。 また、在日外国人を除外して、日本人には通名という制度もありません。 戸籍の氏名しか公には名乗れません。 ※外国人の通名は、住民票に記載されるので、実印を通名で作成することも可能です。

ただ、わたしの祖父母になりますが、二人とも名が、男か女か識別できるだけで、まったく同じ名前の漢字と読みが途中までありました。(例) 花男、花子

それで、祖母のほうは、名を本名とはまったく違うものを「例えば、美佐江」通名として日常は使っていました。 もちろん、公なものとしては使えませんが、日常は、郵便物も含め、通名を使っていました。

以上が回答です。 要約すると、氏名は変えられません。 婚姻した場合は、夫か妻の姓に二人ともそろえる必要があります。 いやなら、家庭裁判所に訴えると、名の場合は、変更が認められることがありますが、社会通念上合理的な説明が必要となります。 また、姓の場合は、よほどの理由でもないと家庭裁判所でも姓の変更は無理というか認めれらません。

日本の戸籍では、結婚した場合は、夫か妻かどちらかの姓を名乗ることとなっています。

例外はないので、かならず、どちらかの姓にする必要があります。 また、在日外国人を除外して、日本人には通名という制度もありません。 戸籍の氏名しか公には名乗れません。 ※外国人の通名は、住民票に記載されるので、実印を通名で作成することも可能です。

ただ、わたしの祖父母になりますが、二人とも名が、男か女か識別できるだけで、まったく同じ名前の漢字と読みが途中までありました。(例) 花男、花子

それで、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報