オンライン健康相談、gooドクター

なんなのでしょうか?
教科書を見ても、いまいち分かりません・・

炭素の中に、6.0×10^23の炭素原子が含まれている?

原子量とは、質量数12の炭素を基準にした、相対質量ですよね。
そして、分子量、式量というのは、原子量の総和のこと。
6.0×10^23個の粒子の集団のことを、1molという。
モル質量ってなんなんでしょうか?
物質量って何?原子量となにが違うの?

アボガドロ数とアボガドロ定数は、なにが違うの?
なんでこんなに、ややこしいの?

こんなにややこしくする意味が、どこにあるの?

助けてください!

gooドクター

A 回答 (7件)

どんな物質でも1molあれば、粒子が6.0×10^23個存在します。


炭素原子1molあれば炭素原子が6.0×10^23個あります。
水分子1molあれば水分子が6.0×10^23個あります。

考え方)鉛筆1ダースあれば鉛筆が12本あります。

モル質量は、単位[g/mol]で表します。
物質1molあたりのグラムです。
炭素1molあれば12g・・・(12[g/mol])
水1molあれば18g・・・(18[g/mol])

物質量は、今まさにそこにその物質が何モルあるかを表している。
分子量18の水が36gある。水は何モルありますか?
2.0molあります。
これが物質量です。

アボガドロ数は物質の相対質量を絶対質量で割ったもの。
それが6.0×10^23
どんな物質でもこうなるので、これを定数としましょう。
6.0×10^23[/mol]・・・アボガドロ定数。
[/mol]←スラッシュの前に「個」が入ります。でも単位に日本語はおかしいので通常省略されています。

参考に。ふかく考えると訳わかんなくなるよ。
とりあえず慣れだね。ここで化学嫌いになっちゃうんだよ、みんな。
    • good
    • 12

こんにちは、eiennさん。

ある本の表紙に地球の模型と水分子の模型が描かれていました。実は、それぞれ1億分の1と1億倍の正確な大きさなのでした。
現実には、りんごくらいの大きさの挿絵でした。相似比と体積比の関係から1:1億のときは、体積比は、1:(1億)^3,つまり(10^8)^3=10^24.
アボガドロ数の6.02,,,は、測定値でしょう。10^23の意味は、10^24と考えると、本質が見えてきます。
原子、分子は10^24個くらい集めると、地球上の見慣れた物体、物質の、日常的な質量、100gくらいになるのです。
板倉聖宣著「科学の学び方教え方」太郎次郎社、という本です。
http://www.tarojiro.co.jp/cgi-bin/SearchMain.cgi …
NHK高校講座、理科総合と化学の放送を、ビデオに録画しながら視聴、受講してください。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagaku/
    • good
    • 5

簡単に説明します☆



原子量はH=1g、C=12gですが、本当の原子ひとつって1gよりももっともっと軽いものですよね。目に見えないですし。1円玉が1gですよ!
例えば、H1粒とC1粒の重さを比べようとした時、Hは0.0000000000001で、Cは0.000000000015(数字は適当です。)で・・・・なんてこんな細かーい数字の比較はいちいちできません。
そこで、「Cを6.02×10^23個集めると12gになります」と昔の偉い人が決めたのです。
同様に、Hを6.02×10^23個集めたのが1gです。

これがつまり、「6.0×10^23個の粒子の集団のことを、1molという。」ってことです!
周期表に書いてある原子量はすべて、同じ粒が6.02×10^23個集まった重さ、すなわち1molの重さだと考えましょう。

ややこしいと思うかもしれませんが、mol数はとっても便利なんですよ!
これ以上のことは今回は書きませんが、また疑問に思ったらすぐ質問してください。
    • good
    • 4

>モル質量ってなんなんでしょうか?


>物質量って何?原子量となにが違うの?
物質量は、粒子の個数を"mol"単位で表した量、と考えてください。
原子量とは全く異なります。
原子量とは、相対質量であると言うことはご存じですね。
相対質量は比の値なので単位をつけません。
これに対して、モル質量とは、1molあたりの質量(gやkgで表す)のことです。
モル質量を単位 g/molを使って表すと、数値が原子量や分子量と一致するのです。(というか、一致するように単位molを決めた)

>アボガドロ数とアボガドロ定数は、なにが違うの?
何でもかんでも12個あるものを1ダースと言います。
この12(無単位数)に名前を付けて、eienn数としましょう。
そして、1ダース当たりに12個あるよという意味を持つ量の
12 /dozen (dozenはダースの英綴り)に名前を付けて、eienn定数としましょう。
早い話が~定数は単位付き、~数は無単位です。

>なんでこんなに、ややこしいの?
ややこしくも何ともありません。
ややこしいものだと先入観で見ているからです。
    • good
    • 3

No.1の方がほとんど答えてらっしゃるので私はイメージしやすくして説明してみます。



私もこの辺で迷った事があります。

まず1ダースという単位を知っていますか?

あれは12を一束として1ダースといいますよね。

それと一緒です、ただスケールが大きく6.0×10^23を一束として1molと定義しています。

イメージできましたでしょうか?

この質問に直接関係ないですが炭素を基準にしているのは最初水素を基準にしていましたが現在では安定で地球上に大量に存在する炭素を基準にしたそうです。12gを基準にしたのはNo.1の方の通りですね。
    • good
    • 3

>原子量とは、質量数12の炭素を基準にした、相対質量ですよね。


そうです。

>そして、分子量、式量というのは、原子量の総和のこと。
そうです。分子であれば分子量であり、原子であれば原子量です。
しかし、原子ではなく分子にもならない物質というのがありますので、その場合には式量という言葉を使います。
ややこしいと思うのであれば、全部、式量に置き換えて考えれば間違いない。式量と言えば、「化学式に対応」しているので、分子だろうが、原子だろうが、その化学式に含まれている原子の原子量の合計ということになりますからね。

>モル質量ってなんなんでしょうか?
1モルの質量。式量にグラムの単位をつけただけ。

>物質量って何?
それが何モルあるかということです。

>原子量となにが違うの?
物質量は原子の数のことですが、原子量は原子の数とは無関係です。

>アボガドロ数とアボガドロ定数は、なにが違うの?
同じ。

>なんでこんなに、ややこしいの?
ややこしく考えるから。

>こんなにややこしくする意味が、どこにあるの?
理解してしまえば、理にかなっていることがわかります。
    • good
    • 1

うーん,悩みすぎですね(笑)。



ものにはいろいろな呼び方があって混乱します。
習いたてだとぐるぐる回りしているみたいでややこしいですね。

そもそも,この手の定数は必要に応じて定義されてきたのですが,最初に使ったときにはそもそもまだはっきりすべてが理解されていなかったために,あとから改めてしっかり定義しなおしたりされていて,それが両方でてくるために混乱するのです。

まず,深呼吸です。

そもそもアボガドロ数(最近,アボガドロ定数と呼び方が変りました)は質量数の重さ(g)になる原子の数に相当します。
つまり炭素Cは(同位体は無視して)12が質量数ですから,12gの炭素には
6.0×10^23個の炭素原子が含まれています。
実はこれはアボガドロ定数の定義になっていて,質量数12の炭素12グラムに含まれる炭素原子の個数という意味です。

一モルというのはアボガドロ数個の原子または分子の集まりを言います。つまり,分子量と同じ数字のグラム数の集まりを示していることになります。つまり,炭素C一モルは12グラムの炭素に相当しますし,
メタンCH4(分子量16)一モルは16グラムのメタンの集まりです。

と,ここには重さを先に書いてアボガドロ定数の定義といいましたが,これも最近反転して,先にアボガドロ数を定義してしまって,それから重さを決める・・つまりアボガドロ数のC12の集まりを12グラムと定義する・・となる可能性があります。

こうなると,経緯を知らないと,なんで炭素12グラムなんて中途半端な数字を単位に使うのか・・・なんてまたややこしくなって,悩みが増えますね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9C% …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング