『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

こんにちは

外国の友人に、数店舗の現地の店から商品を買ってもらい、
一度に輸入したいと思っています。
日本での販売目的です。

輸入の際、通関に必要だということで
「インボイス」というものを初めて書いてもらおうと思うのですが、
どんな項目を記載してもらったらいいのでしょうか??
何か決まったフォーマットがあるのでしょうか。

店舗の商品明細&領収書は代わりにはなりませんか??

スペイン語圏からなのですが、英語で記載するんでしょうか??
すごく素人ですみません。

インボイスの書き方がわからなくて…
どうぞ宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


NO.2です。
インボイスを同梱(箱の中に製品と入れてしまう)のは
オススメ出来ません。
スペイン、日本双方の郵便局でインボイスが見つからないからと
開梱され不必要なまでに中を改められる・・・
製品の破損や紛失の可能性があります。
日本では、破損するような乱暴な取り扱いはしないと
思いますが、海外ではよくあることなのと、
日本で開梱され書類の捜索と現品チェックとで
通関に時間が掛かってしまい、受取日に
遅れが生じる可能性があります。

分かりやすいのは
インボイスを複数枚(4枚位でしょうか、、、)
封筒に入れ、箱の外側に封筒をしっかりと貼り付け、
(その際、封筒の封はしないで、口部分だけは
取り出し出来るよう、箱にテープ張りしないで。)
封筒外側に、INVOICE とマジックででも書く方法です。

後、郵便局によっては、
国際郵便の伝票 (インボイスとは別に、日本の郵パックで
出すときのような貨物に貼り付けるタイプの
送り状が必要で、これは必ず、スペインの郵便局にも置いてある筈です。
日本ですとEMSや航空小包でこのような伝票が
必要となります。恐らく似たような形式だと思います。)
にインボイスを挟みこんで置けばいいですよ、、、というところや
貨物の外装箱に少し切り込みを入れ、
そこにインボイスを挟んでおけばよいというところもあります。
(私もそのような形で出荷したことはあります。)
ただ、その場合、どこかでインボイスが落ちてしまったりして
日本に着荷した場合にはインボイスが見つからず、
やはり開梱されその挙句にインボイスが見つからないので
インボイスを郵便局に持参して下さい、、、と
いう通知がくる場合もあります。

尚、荷物が少量・小アイテムの場合、
上述の伝票の記載事項を全て満たせば、
インボイスが不必要な場合もあります。
(伝票の記載内容も、ほとんどインボイスの記載内容と
同じなので)。
これは発送地の郵便局の判断によります。
でも、念のためにインボイスは作ってもらい付けておいて貰うほうが
ベターです。(日本サイドで確認されることがあるので。)

伝票の雛形はないかと
スペインの郵便局のHPをみたのですが、
フォームを開こうとすると残念ながら私のパソコンでは
エラーが出て見れませんでした。。。
一応、リンク欄にスペインの郵便局のURLを貼っておきます。
また、EMS伝票の雛形は
郵便局のHPで確認できますので、
ご友人には、このスペイン版と言っても
お分かりになっていただけると思います。

日本のEMS伝票の雛形↓
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2007/topi …

長文になってしまい、かえって分かりにくくなったかも
しれません。ごめんなさい。
お役にたてば幸いです。

参考URL:http://www.correos.es/ENG/08-AtencionCliente/080 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ナルホド!!
すごく詳しくてとてもわかりやすいです
ありがとうございました 助かりました!
インボイスは外に貼り付けるんですね。
インボイスの書き方は、教えていただいたフォームを
見つつ、友人と相談してみようと思います!
ご丁寧にたいへんありがとうございました

お礼日時:2007/09/26 22:07

こんにちは。


英語表記が必要です。
また、レシートや領収書ではインボイスにはなりません。

輸入通関の際のインボイスは形式ばったものでなくても、
手書きでもOKですよ。

内容としては、
インボイスナンバー(任意のナンバー)、
送り主のお名前、住所
荷受人=yamamoto74様のお名前、住所
発送方法、発送日、発送地、受取地
送付される明細
品名、数量、単価、小計、合計金額
それと
送り主の方のサイン
運賃は着払い、保険はかけないor日本サイドでかけるのであれば、
金額の横に、FOB ○○←発送地の地名 と記載してください。
以上が明記されていればOKと思います。
金額は US$が一番良いのですが、後日送金される通貨の
価格でも大丈夫だと思います。
また、原産国については、分かればアイテム毎に記載して下さい。
(原産国がスペイン以外の場合、関税が安くなる場合があります。)
品名については、形状、材質ができるだけ分かりやすいように
記載してください。
たとえば、ノート1冊なら、単純に NOTEBOOK 1pc でいいと思うのですが
服等の場合は、 SKIRT FOR WOMEN, COTTEN 1pc などのように。

ご参考までに、EMSのインボイスの見本のリンクをはります。

NO1さんのおっしゃるように、宅配便業者さんを使われるなら、
そこの雛形を使われたら良いと思います。
また、海外の郵便局でも用意してくれているところは
結構あるようです。
(スペインの発送地では無かったらごめんなさい。)

お役にたてれば幸いです。

参考URL:http://www.ems-post.jp/index.php?page=send/invoi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
詳しく答えていただいて、とても助かりました。
手書きでもいいんですね~

重ねてのご質問になってしまうんですが、もしよろしければ教えてください。
日本での通関の際、インボイスの提出が必要になると聞いていたんですが、荷物に同封する形ではダメなんでしょうか??
本当に素人でスミマセン…

お礼日時:2007/09/19 22:15

一番良いのは輸送を依頼する貨物の会社の雛形を使うことです。


ほとんどすべての会社でオリジナルの雛形を持っています。
無料でもらえます。
そういう形で雛形を使うと不備等があった場合に、どこが悪いか、どう直せば良いか、なども教えてもらえます。
輸送費用を払うのですから、無料で使えるサービスは有効に活用しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
郵便で送ってもらうので、郵便局の雛形を参考にしてみたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/09/19 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q貿易の通関用インボイスと商業用インボイス

貿易で使うインボイスには主に通関用と商業用のインボイスがあると思うのですが、用途の違いはわかるのですが、どのように通関で使われるのか、又どのように流れるのかの違いがよくわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい。時々、海外のお客から低く金額が設定してあるインボイスがくるときがありますよね。これは、輸入用(現地通関用)としてお客に送り、エア/クーリエの場合はこっちをattach(通関でチェックされる?から、書類的には現地(海外)にいってしまうのがわかりますので、輸入用と一致させないといけませんよね?)して、支払用と日本通関用は(日本側では正規の値段をきちんと申請するとして)別途商業用インボイス(こちらの売値)を日本側の乙仲とお客に送る・・というやり方は解釈としてあってるのでしょうか?(インボイスを分けるのは違法だと思うのですが、この際は質問ということで無視して下さい。)日本の通関で使った書類もしくはデータ等は、現地に行くのでしょうか?船/エア/クーリエ、それぞれの場合どうなるのか、教えて下さい。
質問を書面にするのがなかなか難しくて支離滅裂だとは思いますが、わかる範囲・理解できる範囲で結構ですので、ご回答下さい。よろしくお願い致します。

貿易で使うインボイスには主に通関用と商業用のインボイスがあると思うのですが、用途の違いはわかるのですが、どのように通関で使われるのか、又どのように流れるのかの違いがよくわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい。時々、海外のお客から低く金額が設定してあるインボイスがくるときがありますよね。これは、輸入用(現地通関用)としてお客に送り、エア/クーリエの場合はこっちをattach(通関でチェックされる?から、書類的には現地(海外)にいってしまうのがわかりますので、輸入用と一致させ...続きを読む

Aベストアンサー

>エアの場合、付いていってしまうのが原則なら、輸入用のインボイスをお客に送付する必要は無いってことなのでしょうか?

その通りです。ただSHIPPING ADVICEとして、FAX/E-MAILで送ってあげた方が親切かもしれません。

>送付しなければいけないのなら、金額は、通関用と商業用で分かれる場合、attachするものと輸入用(後日送付するもの)は一致させなければいけませんよね?

違法な形でのINV使い分け(特に金額)は駄目なのは説明しました。

意味分かりにくいですが、三国間貿易(BUYER=入金先A国、貨物B国へという3国間)のときは、日本通関用のINVを貨物に添付するのはまずいですよね、元来はAからBからのINVOICEを取り寄せ貨物添付するか。通関業者明確に指示をしないといけません。この辺が初心者だと誤りやすいところで、AIR通関業者に指示がないと、Aに取っての仕入額がCにばれてしまいAの営業的にまずくなる。

>輸入用(後日送付するもの)
上で述べたとおり、AIRでは郵便等でINVOICE等を送るのは、私は大半省略しています。保険証券や他に原本を送り必要があれば別ですが。FAX/E-MAILで十分かと。(あるいは貨物添付のINVOICEで十分か)もちろん顧客が要求すれば応える必要あります。

>エアの場合、付いていってしまうのが原則なら、輸入用のインボイスをお客に送付する必要は無いってことなのでしょうか?

その通りです。ただSHIPPING ADVICEとして、FAX/E-MAILで送ってあげた方が親切かもしれません。

>送付しなければいけないのなら、金額は、通関用と商業用で分かれる場合、attachするものと輸入用(後日送付するもの)は一致させなければいけませんよね?

違法な形でのINV使い分け(特に金額)は駄目なのは説明しました。

意味分かりにくいですが、三国間貿易(BUYER=入金先A国、...続きを読む

Q通関時のインボイスについて

こんばんは。どのカテゴリーで尋ねていいのか分からず、こちらに質問してみました。

あまり貿易実務に詳しくないのですが、
海外へ発送する貨物にインボイス(Commercial Invoice)を添付しますが、
このインボイスは、商品の内容物、数量、価格が明記され、輸出、および相手国での輸入の
申告の際に使用されるものだと思います。

ですので、輸出時のインボイスと、現地輸入時のインボイスを差し替えるという行為は、合法なのか、疑問です。

例えば、日本を輸出したときのInvoice価格は10,000円でしたが、途中で誤りに気付き、
輸出後に、物流会社(いわゆるフォワーダー)に依頼して、現地で輸入するときには、
このインボイスに差し替えてくださいと依頼して、5,000円の価格のInvoiceを渡す(FAXする)。 とか、

日本からは、海外の代理店A社宛てのInvoiceで、A社への販売価格5,000円のインボイスを添付して輸出するが、貨物は直接A社ではなく、最終エンドユーザーのB社へ輸送するため、
現地輸入通関には、B社の購入価格の10,000円の価格のインボイスで輸入通関するよう、
フォワーダーへ10,000円のInvoiceを送付して差し替えてもらう。

このようなふたつの事例は、海外との貿易というか商流が複雑化していくなかではありえることだと思うのですが、
実際、輸出時のInvoiceと輸入時のInvoiceが異なる(差し替える)ということに、違和感を感じております。
合法なのか、それともグレーなのか、ちょっと知りたく相談してみました。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

こんばんは。どのカテゴリーで尋ねていいのか分からず、こちらに質問してみました。

あまり貿易実務に詳しくないのですが、
海外へ発送する貨物にインボイス(Commercial Invoice)を添付しますが、
このインボイスは、商品の内容物、数量、価格が明記され、輸出、および相手国での輸入の
申告の際に使用されるものだと思います。

ですので、輸出時のインボイスと、現地輸入時のインボイスを差し替えるという行為は、合法なのか、疑問です。

例えば、日本を輸出したときのInvoice価格は10,000円でしたが、途中...続きを読む

Aベストアンサー

輸出国のインヴォイス価格と輸入国のインヴォイス価格が同じである必要はありません。

商流は、A社 → B社 → C社、物流は、A社 → C社の場合、
A社が輸出する時のインヴォイス価格は、A社からB社への販売価格であり、
C社が輸入する時のインヴォイス価格は、B社の利益が含まれたB社からC社への
販売価格であるからです。


関税を安くするために、アンダーバリューをしたり、
儲けを圧縮するために、オーバーバリューしたりする場合もあるようですが、
こう言うケースは、グレーというか、ブラックですね。

Q無償貨物と有償貨物の違いについて

有償貨物(Commercial Value)と無償貨物(No Commercial Value)の違いについて教えてください。

内製ソフトのCD-ROMを'No Commercial Value'として中国に輸出(発送)しました。
基本的には全て業者さんにお願いしているため、発送の詳細等は業者さん任せなのですが、中国の荷受企業から「'Commercial Value'でなければならないのでは?」と連絡がありました。
今まで他国には同様にCD-ROMを発送していたのですが、特に何の指摘もなかったために、全く意識したことがありませんでした。
そこで、'Commercial Value'と'No Commercial Value'の違いについてと、実際どうするべきなのかを教えてください。
素人の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

有償であれば通関金額(通関時申告金額)と決済金額が一致するという原則があります。(例外はあるが)
また経理的には、その会社の売上金額(輸出なら)と、あるいは仕入金額(輸入なら)と通関金額が一致するはずです。

輸入国側で、無償のINVOICEで輸入通関すると、決済(送金)できないことになります。無償とはそういう意味ですから。日本では外為自由化が進んでいるので、輸入貨物代金の送金といえば通関書類のチェックまで銀行はしませんが、無償輸入通関なのに送金が出えてくればおかしい。事後に税関や税務署の監査があれば、おかしいことがばれます。

逆に、輸出通関が無償になているのに入金すると上記同様おかしい。ただ監査が常時行われる大手企業と違い、小さい金額ならそこまで考えなくてもという意見もあるかもしれません。輸出の修正申告はこの意味で言いました。

Qインボイスにサインは必ずないといけないのでしょうか?

通関の際、インボイスを税関に提出しますが、そのインボイスには必ずサインが入ったものでないといけないのでしょうか?
ファックスやメールで受け取った書類を提出する事は出来ないのでしょうか?
提出を必要としない場合で、審査に支障のない場合は提出を必要としないとありますが、それはどのように解釈したら良いのでしょうか?
通関業者、税関関係の方でくわしい方教えてください。

Aベストアンサー

(Q)コピーが可ということははっきりしているのですが、そのコピーにサインがなくてもいいのかが知りたいのです。認められていますと書かれていいらっしゃいますが、根拠になるものがあれば教えてください。

(A)法律に書かれていることを簡単に説明させてもらいます。
「仕入書(インボイス)の提出を必要としない場合」は「税関長が貨物の性質又は形状その他の事情を勘案して取り締まり上支障がないと認めたものを輸出又は輸入しようとする場合」

「その他の事情」とは貨物の価格及び取引形態等、当該輸出申告に係わる総合的な事情をいい

「取り締まり上支障がない」とは、検査の決定等、関税関係法令の執行に支障がない場合を言う

具体的に
(1)イラン、イラク、北朝鮮及びリビア以外を仕向地とする輸出申告
(2)不鮮明な箇所ない仕入書の写し等が添付されており、審査及び検査の決定に支障がないと認められる場合

「不鮮明な箇所のない仕入書」
(1)オリジナルインボイスのコピー(FAXで送付されたものを含む)
(2)電子インボイスを書面出力したもの
*オリジナルインボイス以外の書類をすべてインボイスの写し等と判断したしますので、輸出者のサインの有無は問いません

だだし、不鮮明な箇所のない仕入書の写し等が添付されている場合は、オリジナルインボイスを含めたその他の疎明書類を求める場合がありますので、ご注意ください。

これが税関担当官の見解です。

結論を言いますと、オリジナルインボイスを税関に提出する場合は輸出入者のサインが必要です。それ以外(コピー、MAILに添付されたもの)はサインが必要ないと言うことです。

お分かりいただけましたでしょうか

(Q)コピーが可ということははっきりしているのですが、そのコピーにサインがなくてもいいのかが知りたいのです。認められていますと書かれていいらっしゃいますが、根拠になるものがあれば教えてください。

(A)法律に書かれていることを簡単に説明させてもらいます。
「仕入書(インボイス)の提出を必要としない場合」は「税関長が貨物の性質又は形状その他の事情を勘案して取り締まり上支障がないと認めたものを輸出又は輸入しようとする場合」

「その他の事情」とは貨物の価格及び取引形態等、当該輸...続きを読む

QFOBとCIFについて誰か教えてください…

外国から物を輸入するとき、FOB Los Anjeles $3,000とCIF Yokohama $3,000では価格面でどちらが安いのでしょうか?FOBとCIFについては調べてみて、CIFの方が輸入者負担が少ないことはなんとなくわかったんですけど、ちゃんと理解しきれていなくて、こうなるとわからなくなってしまいます(;_;)こんな初歩的なことでごめんなさい。。誰か教えてくれませんか?

Aベストアンサー

すみません。まだ締め切っていないようなので、ひょっとして基本的な部分で困っているのかな?と余計な一言です。

外国からものを輸入するときにかかる費用は、大まかに
1.ものの値段 (COST)
2.輸送費   (FREIGHT)つまり海上運賃・航空運賃など
3.保険料   (INSUANCE) になります。
もちろん、その他に通関業者の取扱料、輸入消費税、等々の費用もありますが...

先の回答者が既に答えられていますが、
FOBは、Free On Board (貨物の本船渡し~ものが船に積み込まれてから以降の費用、つまり輸送費・保険は受け荷主の負担)
C&Fは、Cost & Freight(ものの値段と輸送費が荷送り人の負担~保険は受け荷主側の負担)
CIFは、Cost, Insurance & Freight(全て荷送り人側の負担~受け荷主は届いたものを受け取るだけ)
といった形になります。

参考までに書き込んでみました。

Qインボイスの価格を間違えた場合

インボイスの価格を通常より間違ってもかなり「高く」設定して通関させ、荷物は現地に届いております。取引は直接取引となります。相手先の顧客から指摘されて判明したのですが、この場合は正しい価格のインボイスを相手先に送ればそれで済みますか?

ポイントは、本来の価格よりも高い金額でインボイスに反映させてしまったため、輸出通関でその金額で申告されてしまったと思われる点です。少ない金額の場合は修正申告が必要かと思われますが、今回のようなケースの場合は逆に通常よりも高いので、何もしなくても問題はないでしょうか?

Aベストアンサー

>輸出の場合は統計をとっているので、必要という認識でしょうか。

No.1で回等したものです。
税関の輸出統計は軽い問題でしょう。
基本は、税関に正しい申告をしているどうかが常に問われる仕事をしているということを認識してください。申告の中でもINVOICE金額というのは重要な部分です。
間違った金額申告で私が気にする店をもっと具体的に指摘しましょう。
1)税務署の法人確定申告のとき、あるいが事後税務署監査、さらに上部機関の国税監査で指摘される可能性
---輸出の売上は、その根拠として輸出許可証を求められる可能性がある。INVOICE、B/Lより、国である税関が発行のこれが一番の証拠。そのとき申告(許可)金額が違うと、売上金額をい偽っているという目でみられる。そうじゃないと証明するには売買契約書とかいろいろなものを提出して大変な手間がかかります。輸出許可証を正しく訂正しておくのがベスト。
2)同様に、消費税の税務署申告があります。輸出型企業だと消費税還付の問題があります。還付のためには、税務署によっては全ての輸出許可証COPY提出を求める可能性があります。

1)2)について税務署から要求される(かもしれない)だけでなく、社内の経理責任者が社内貿易担当者の要求する可能性もあり、同様に税理士が要求するかもしれません。貿易部門(営業)担当者/責任者がそのような知識無く、勝手に必要ないことと思っても、会社としては後で大変困ることになりえますよ。

さらに、
3)税関の事後監査がありえます。(貿易件数が多い企業か、グレイ・ブラックの恐れのある企業が対象で、件数少ない企業の監査は稀でしょうが)
そのとき、間違った申告をしてそれを訂正しないで放置しておくと、すべてがそのような会社と思われかなり厳しき指摘される可能性がありますよ。

なお、税関への修正申告は、いろいろな資料を用意する必要があるし、通関業者は嫌がると思います。(自分のミスで無いのに手間だけがかかりますから)上記のような重要性を認識して、嫌がられてもちゃんとやるべきですよ。逆にその対応で通関業者の選定の適性を判断することもできます。
質問さんが、税関への正しい申告の重要性をきちんと認識されることが基本です。

>輸出の場合は統計をとっているので、必要という認識でしょうか。

No.1で回等したものです。
税関の輸出統計は軽い問題でしょう。
基本は、税関に正しい申告をしているどうかが常に問われる仕事をしているということを認識してください。申告の中でもINVOICE金額というのは重要な部分です。
間違った金額申告で私が気にする店をもっと具体的に指摘しましょう。
1)税務署の法人確定申告のとき、あるいが事後税務署監査、さらに上部機関の国税監査で指摘される可能性
---輸出の売上は、その根拠として輸出...続きを読む

Q外国から到着した郵便物の税関の手続き

海外に住む友人が私と私の家族に衣類を送ってくれました。EMSで1箱15キロか20キロぐらいです。中には男性物のスーツや皮靴、ブラウス、皮のコート、スカート、ニット、皮のベルト、綿のズボンとかです。有名なーロッパブランド物も2.3こあり、有名ではないのもあります。かなり格安のマーケットで買ったらしいです。国際郵便局からハガキがきて、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」と書いてありました。下の連絡事項の所には、・「商品価格をお知らせ下さい。仕入書(インボイス)等商品価格が判明する書類を提出して下さい。輸送またはFAXを利用できます。」・「商品について説明してください。関税率等の決定のため、商品の材質、成分、用途について説明してください。」と書かれてありました。まず、プレゼントでも税金を私達が払わなければならないのですか?価格が判明する書類を友人に頼まなければいけないのですか?インボイスは友達が書かなければならないのですか?商用目的と思われたから、こういう書面が届いたのでしょうか?
友人からのプレゼントでも税金を払わなければならないのだったら、まず私は何をすればいいのでしょうか?友人にレシートをFAXしてもらい、それを税関に郵送して、税関から新たに課税書が送られてきて空港まで取りにいかなければならないのですか???
また、レシートがない場合、購入した価格より安く申告したらどうなりますか?買った価格があいまいだったりしたらどうなるのでしょうか???

海外に住む友人が私と私の家族に衣類を送ってくれました。EMSで1箱15キロか20キロぐらいです。中には男性物のスーツや皮靴、ブラウス、皮のコート、スカート、ニット、皮のベルト、綿のズボンとかです。有名なーロッパブランド物も2.3こあり、有名ではないのもあります。かなり格安のマーケットで買ったらしいです。国際郵便局からハガキがきて、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」と書いてありました。下の連絡事項の所には、・「商品価格をお知らせ下さい。仕入書(インボイス)等商品価格が...続きを読む

Aベストアンサー

相手が細かいインボイスを入れていなくて、
あなたのようなケースは多々ありますね。

まず、国際郵便局はあくまでも郵便局で、
海外から来た荷物が国際郵便局に届いて
いたとしても、まだ日本に荷物が入国できて
いない状態です。

どんな荷物でも入国させるには税関の通関検査が
必要です。

税関はあくまでも書類でそれがプレゼントなのか
営業目的の商品なのか、開発用の商品見本なのか
研究目的なのかなど、さまざまな項目があります。

また、輸入される物には関税がかかる物があります。
特に皮製品は割高です。

一番のベストな方法は送り主からの荷物の内容の
リスト、たとえば中古皮バック グッチ 1個 
50ドル、中古布バック シャネル 2個 100ドルと細かく書いてもらい、トータル金額も書いて
もらいます。これが商品出荷なのかプレゼントなのかを書いてもらうことも必要です。最後に本人の住所
と名前、サインと日付をメールかFAXしてもらい、
それを国際郵便局にFAXをすれば、税関の通関検査へ
回してもらえるはずです。

虚偽の申請は脱税行為にあたりますので注意してくだ
さい。あくまでも申請者が申請した価格をもとに
税関は通関審査します。

いくら個人的とはいえ、同じ商品が多数あったり、
宛名に屋号や会社名やお店名が入っていると
商用として判断されやすいです。

また、国内から通信販売とかで購入したものなどの
場合はその輸入商品のカタログやオーダー書などを
国際郵便局に資料として提出して通関検査する場合も
あります。

早めにしないと何日以降かは確か荷物保管料を取られます。また、税額が1万円を超えると事前に支払わないと家まで配達してもらえないと記憶しております。

相手が細かいインボイスを入れていなくて、
あなたのようなケースは多々ありますね。

まず、国際郵便局はあくまでも郵便局で、
海外から来た荷物が国際郵便局に届いて
いたとしても、まだ日本に荷物が入国できて
いない状態です。

どんな荷物でも入国させるには税関の通関検査が
必要です。

税関はあくまでも書類でそれがプレゼントなのか
営業目的の商品なのか、開発用の商品見本なのか
研究目的なのかなど、さまざまな項目があります。

また、輸入される物には関税がかかる物があります。
...続きを読む

Q関税は「商品代」それとも「商品代+送料」に対してかかる?

今まで数回海外から衣服を個人目的で購入し、郵便で受け取ったのですが、その際に支払う関税の課税方法に対して質問です。

私は

1, 商品代150ドル、送料40ドル(1ドル=110円)5月頃
2,商品代150ドル、送料40ドル(1ドル=110円)5月頃
3, 商品代200ドル、送料50ドル(1ドル=100円)10月頃
4,商品代180ドル、送料50ドル(1ドル=100円)11月頃

というように購入しました。
結果的に1,2,は個人目的で課税対象額が1万円以内と見なされ関税や消費税はかからず3,は12000円、4,は11000円が課税対象(こちらも個人目的)とされ関税(簡易税率10%)+消費税がそれぞれ1600円、1500円かかりました。(全て概算です)

ここで疑問なのですが関税について調べてみると、関税は「商品代+送料+梱包手数料」全てに対してかかると書いてありました。

でも、私の課税例では明らかに送料に対しては課税されていませんよね?
なぜなのでしょうか?
(たまに商品代にのみかかるというサイトも見つかるのですが、横浜税関のPDFには全てに対してかかると書かれていたような。改正があったのでしょうか?)

この例のほかにも数度海外衣服を購入しましたが全て課税対象額は「商品代」のみと思われます。

ちなみに購入金額、たとえば3だったら200ドルですが、実際はセールやディスカウントクーポンの使用でその値段なので実際の定価だと280ドルくらいになり、送られてきた箱に貼ってある商品ごとの値段のラベルにはその値引き前の定価で書かれているのですが、やはり実際の課税は値引き後に対してやっているようです(しかもそこからx0.6)

これも本来は定価に対して課税されるんですよね?

安いにこしたことはないのですが、これが当たり前だと思うと正規に?課税された際にがっかりするので、詳しいことを知りたいです。

ご存じの方どうかよろしくお願いします。

今まで数回海外から衣服を個人目的で購入し、郵便で受け取ったのですが、その際に支払う関税の課税方法に対して質問です。

私は

1, 商品代150ドル、送料40ドル(1ドル=110円)5月頃
2,商品代150ドル、送料40ドル(1ドル=110円)5月頃
3, 商品代200ドル、送料50ドル(1ドル=100円)10月頃
4,商品代180ドル、送料50ドル(1ドル=100円)11月頃

というように購入しました。
結果的に1,2,は個人目的で課税対象額が1万円以内と見なされ関税や消費税はかからず3,は12000円、4,は11000円が課税対象...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
海外通販大好きな私ですが(^^ 私の過去の戦歴を書かせてくださいね。
ええと・・・仰る通り、個人輸入の場合、購入金額の商品のみに0.6がけされた金額が課税対象になります。
ところがですね、箱のインボイスの書き方によっては送料も課税対象になります。
元々、税関では品代、送料、保険代金すべてに課税してよいという決まりがあります。
ただ個人輸入の場合は、品代だけに、というのが原則です。
もしこれが業務的(販売目的)だと0.6掛けもされないし送料、保険代金すべてに丸まる課税されるからです。
なので、もし送料も課税されてた場合はスグ連絡しちょこっと主張しないといけません。
私も過去に送料を含め課税された、0.6掛けしてなかったなど結構あります。
そしてその全ては連絡すれば解決しています。

例えばこの方は送料も一緒に課税対象額にされたパターンのご質問です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4342758.html

オークションで元の値段と送料が込みのパターンで課税率がハテナのご質問。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2003972.html

あとよくあるのがお書きになっている実際の値段と箱に書かれた値段の差なのですが・・・
あくまでも、「購入金額の0.6」で定価じゃないですね。

もし郵送中に破損、紛失などの場合、補償問題になりますよね。
セール商品をセールの値段で用意できないので元の値段を箱の外のインボイスに書いていることが多いです。
ただ、中身のインボイス/明細書はセールの値段のままですよね。
私の場合はそっちで開封していいので確認してください、とか、買った時のメールに記載されている金額をFAXで送ったこともあります。
まあ特に郵便局の配達だと結構いい加減で何万も買っても課税スルーもよくあります。
FedexやDHLなんかは適正だし間違いもスグ直してくれます。(振込みの後納なので)
郵便局の場合はその場支払いなので電卓もって玄関にでましょう。
多くとられたときはあくまでも購入金額の0.6を死守し、少ないOrスルーしたらラッキーで喜んでいる私でした(^^
参考になれば幸いです。

こんばんは。
海外通販大好きな私ですが(^^ 私の過去の戦歴を書かせてくださいね。
ええと・・・仰る通り、個人輸入の場合、購入金額の商品のみに0.6がけされた金額が課税対象になります。
ところがですね、箱のインボイスの書き方によっては送料も課税対象になります。
元々、税関では品代、送料、保険代金すべてに課税してよいという決まりがあります。
ただ個人輸入の場合は、品代だけに、というのが原則です。
もしこれが業務的(販売目的)だと0.6掛けもされないし送料、保険代金すべてに丸まる課税さ...続きを読む

Q転売目的の個人輸入を数か月前からしております。販売元が Interna

転売目的の個人輸入を数か月前からしております。販売元が International Shipping を受け付けていない為、代行業者に依頼していますが、今回、代行業者より「***運輸から、同じ商品を複数個購入をしているので個人輸入としての扱いが出来ないが、このまま通関をしても良いかと質問がありました。このまま、6掛けなしの製品代金で通関をしても宜しいでしょうか?」との質問がきました。個人輸入でないとどうなるのでしょうか?税率UP?手続き面倒?「6掛けなしの製品代金」も意味がわかりません。今更荷物をどうこうする事もできないと思われるのですが、どうなってしまうのやら。どなたか、知識のある方、御教授願います。

Aベストアンサー

>6掛けなしの製品代金

課税対象額(商品代金×60%) × 関税率 = 関税額

個人輸入

輸入金額   課税対象率  関税率  関税
 10000    0.6      0.1   600
消費税   5%  33 (課税対象額 6000+関税600)×0.05
合計:633
(Tax on Tax になっています)
---
一般輸入

輸入金額   課税対象率  関税率  関税
 10000    1.0      0.1   1000
消費税   5%  55 (課税対象額 6000+関税600)×0.05
合計:1,055

※輸入金額10万円の場合は、6,330 --> 10,550
という計算になってきます。

業者だったら、6掛けをしなくても仕方がないと思います。いずれ税関でバレます。ただ、私などですと、代理業者は、「失敗」したという名目で、しばらく取引を別の所に替えたりします。

ところで、
>代行業者より「***運輸から、同じ商品を複数個購入をしているので個人輸入としての扱いが出来ない

>今更荷物をどうこうする事もできないと思われるのですが、

税関と掛け合って、税率を変えてもらうこともありえますが、その支払い金額がどの程度になるのか、今、お手元の書類で計算出来るはずです。何百万円も違えば考えるのでしょうけれども、個人輸入にギリギリの範囲なら、数千円の違いになるのではないかと思いますから、そのまま黙認するしかありません。一応、「共同購入」というものは、個人輸入にもなるのかもしれませんが、量が多すぎたり、国内で流通しているのが分かってしまったら、言い訳が聞きません。税関も、少し時間のある時は、国内の流通をカタログなどで良く勉強しています。

時々いますが、税関と喧嘩するのは、彼らに覚えられるだけですから、辞めたほうがよいと思います。喧嘩に勝っても、彼らが報復で何をするかは書きませんが、当分の間、肩身の狭い思いをするだけです。ただし、それは、代理業者の力と技術に依存します。

今回、それを認めてしまうと、二度と個人輸入出来なくなる可能性もないとは限りません。経路を替えるなり、方策は考えたほうがよいと思います。

質問者さんが販売方法も明示していない中で、「輸入した品物を販売すると関税法違反」というのは、ずいぶんいい加減な話です。他法令(薬事法など)に関するもの以外は、違反になることはありませんし、関税法違反というものではありません。正規の販売元から、定価で買って、それを国内で販売したところで、それで販売できれば、問題になることはまずありえません。こういう誤情報は混乱の元です。

また、既に、日本に代理店があることもありますから、一度はクレームが来るか、元の出荷元で止められるかどちらかになります。

>6掛けなしの製品代金

課税対象額(商品代金×60%) × 関税率 = 関税額

個人輸入

輸入金額   課税対象率  関税率  関税
 10000    0.6      0.1   600
消費税   5%  33 (課税対象額 6000+関税600)×0.05
合計:633
(Tax on Tax になっています)
---
一般輸入

輸入金額   課税対象率  関税率  関税
 10000    1.0      0.1   1000
消費税   5%  55 (課税対象額 6000+関税600)×0.05
合計:1,055

※輸入金額10万円の場合は、6,330 --> 10,550
という計算...続きを読む


人気Q&Aランキング