過去ログをよく読んだり、ネット検索をして調べましたが、納得のいく回答がなかったので再度こちらにて質問をぶつけさせて頂きます。

球が速い遅いに関わらず、重い球と軽い球は絶対に存在しています、それはキャッチャボールをしていれば分かるからです、何故なんでしょう?

まず、回転数の問題だと結論付ける場合です、
回転数が多いと軽い、少ないと重いというならばプロでは150kmのフォークボールが高めに浮いたら簡単にホームランになってしまうのは何故でしょうか?フォークボールを打った打者に「重いボールだった」などという話は聞いたことがありません。
また、実際フォークボールを捕球しても重いと感じたことはありません。
この回転数については物理的に説明は出来ても現実には説明的できない事案です。

また、重い軽いは打者の打った感覚という結論ならば、
それは単に打ち損じでだけの話だと思います、実際にキャッチボールをしていても球がすごく速い人よりも他の100km前後の球を投げるボールの人ほうが手が痺れる、球が重いという事がまれにあります。それは何故でしょうか?

目に見えない、または錯覚的なボールの変化(回転数が少ないため)のため、バットに当たる位置が多少ずれ、それで重い軽いは当然あります、グローブで捕球する位置もボールが変化をして(回転数が少ないための錯覚的な変化)多少ずれがありジャストに捕球できない場合もあるかもしれませんが、キャッチボールなのでいつもポケットからずれてキャッチングしているわけではなく、きちんと捕球しても痺れます、そして重く手首までズシンと来るのです。
球が重い人とキャッチボールをすると最初から最後まで球が重いのですから捕球する位置ということではないはずです。
65kg~67kgくらいの人2,3名の重い球を受けたことがありますので、体重の重い軽いも関係ありません。
体にズシンと感じているので捕る人の錯覚では決してないはずです。

いろいろと調べてみましたが、物理的に説明できない何かが作用しているとしか思えないのですが。
打者からしたら感覚で片付けられる問題かもしれませんが、キャッチボールで球を受けている人が感じていることを錯覚では片付きません。
過去ログの中にも
キャッチボールをしていて小学生の球でも重い球と軽い球があるという意見が出ており、それに対する明確な回答が出ませんでした。

私自身もキャッチボールで重い球といわれているのですが、それが何故なのか分かりません、ながながとなりましたが、よろしくご回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

なかなか面白い着眼点だと思います^^。


私自身としては、打つほうでの「重い・軽い」と捕るほうでの「重い・軽い」は別物なんではないかなと思います。
まず、打つほうですが、質問文冒頭に「フォークをホームラン・・・」に関しては、『バッターの手』が感じる「重さ」はミートやタイミングに起因しているので、おそらくストレートだったとしてもジャストミートしているなら大差はないでしょう。そもそもホームランになるくらいジャストミートしたときはボールが当たった感触はないですし、感覚の問題なので個人差もあるでしょうからなんとも言えないと思います。ですが、ボールの回転数(正確にはストレートの回転数。それ以外の球種は打球の進行方向に対し回転軸や回転方向の角度が変わるので一概には言えない)の違いは明確に『飛距離』の違いとして現れてきます。ボールの回転数が多いほどバットとボールの反発力は大きくなるので打球はより遠くへ飛んでいきます。見ている側(バッターも含む)の感じる「重さ」とはつまりは『打球』の『飛距離』なのではないでしょうか。例えば、「ジャストミートして感触はホームランなのにそうならなかった」という状況はこれで説明できるのでは?

捕るほうに関しての「重さ」は、これも個人差がありそうなのでなんとも言えない気がします。何人かが投げた球を10人が10人、捕球技術やらグローブやら全く同じ条件で受けて「こっちは『重い』」、「こっちは『軽い』」と同じ意見が出てくるのであれば、球速、回転数、回転軸、もしくはボールの直進性(ベクトル)や貫通力、リリースポイントの前後などいろんな要因から考えてみないと判らないと思います。私が予想として考えているのは回転軸・貫通力の2つです。例えば、ジャイロボールのように貫通力が強いといわれるものは普通のストレートのボールと比べたらほぼ間違いなく捕るほうでは「重い・痛い・痺れる」などの結果が出ると思います。これは野球に限ったことではなくボクシングのコーク・スクリューブローやライフルなどの銃器の弾丸などにも用いられ実証されています。

以上のことが私が考える「球の重さ」です。
こんな拙い文章で申し訳ありませんが、参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 4

#11の再入場です。



今シーズン、MLBに素晴らしい新人投手が誕生しました。 サンフランシスコジャイアンツのティム・リンシーカムという投手です。 身長175センチで、体重は76キロと小柄な身体です。 

日本でいえば、43才のハマのおじさんこと工藤公康投手と同じくらい。 日本にもいないほどの小柄な投手ですが、常時150キロ台の後半から160キロの速球を投げています。

添付したURLに彼とMLB屈指の大投手だったノーマン・ライアンとの動画の比較があります。 左側がライアン、右側がリンシーカムです。

http://www.pitching.com/

彼のオフアームの引きに注目して下さい。 強くピストン運動して、大きな躍動感を引き出しています。 従来のMLBの常識を覆して身長175センチ以上に足を前に踏み出しています。 それでいながら、実に身体が強く捻られています。 

とても175センチの小柄とは見えない躍動感です。 この大きなフォームを生み出している源泉がオフアームの強い引きにあるのです。

参考URL:http://www.pitching.com/
    • good
    • 0

>重い球と軽い球の違いについて 



大変興味のある論議で、読んでいてなるほどとうならされるものばかりです。 私はピッチャーの球威はフォームと深く連動していると思っています。 投球は身体全体を使って行う動作です。 球速は出ているのに、ホームランを打たれるピッチャーもいれば、殆ど打たれないピッチャーも。

今シーズン、レッドソックスの松阪大輔投手は、兎に角ホームランを良く打たれました。 中軸を押さえて、ホッとしたところを下位のバッターに打たれて一気に崩れたことも。 

私は彼のオフアーム(グラブをはめた方の腕)の動きに注目して見ています。 彼だけでなく、全てのピッチャーのオフアームの動きに注目しています。 

ダイスケのそれには鋭さがない。 プロのピッチャーですから、《手投げ》になっているとはいいません。 しかし、それに近い。 だからフォームが小さく、球が軽い。 

今年のダイスケなら、来年は二桁は到底無理。 途中から中継ぎの、しかも敗戦処理だと思っています。 彼のオフアームの引きの動きには、シャープさが全く感じられません。 だから、腰の入り方が足りず、時々球がスッポ抜けてしまう。 彼はそれをマウンドが固くて身体が巧く使えないといっています。 それは言い訳です。 

彼と今年20勝したベケットの投球フォームを比較して、オフアームの引きの鋭さを比較検討すれば一目瞭然。 MLBのピッチングマニュアルでは、《あなたの背後に立っている架空の人物に思いっきり肘鉄砲を加えてやりなさい。》と書いてあります。 それが投球する際のオフアームの動きなのです。

The glove side at this time should be in a position to "cover the box" (glove in line with pitching hand) and then forcefully moving the "wheel" (shoulder girdle) and turning over the glove, palm upward with the elbow acting as a piston and "punching" an imaginary person standing behind with the elbow.

私がこれまで見て来たピッチャーの中では、阪急ブレーブスにいた山口高志投手のフォームは素晴らしかった。 身長170cmと小柄でしたが、球がプレート上でホップし、150kmの速球を投げるピッチャーでした。
小柄ながら、剛球投手と呼ばれていました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3% …

彼が投げると、マウンドの土がたくさん抉り取られる事で有名でした。 それだけ躍動感のあるピッチングフォームだったのです。 強くピッチングプレートを蹴り続けていたので、右足のアキレス腱を痛めることが多く、選手生命を縮めてしまいました。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
腕の引きが重要とは初めて知りました。
是非参考にさせていただきます。
重い軽いに何か関係がありそうですね。

お礼日時:2007/11/02 13:06

野球経験者です。


ご質問の主旨、よくわかります。
確かに<物理的に説明できない何かが作用しているとしか思えない>
という感覚は、
野球を経験したことのある方々にはついて廻る疑問だと思います。

同じように・・<球威がある><球威がない>という比較も
何が原因なのか、物理的に解明してもらいたい問題だと思います。

私もはっきりとこれだ!といった解釈はもっていませんが
ある一つの考え方としてこんなのもありかな?って思えます。
それは
「力積」とい概念です。
簡単に云えば、
<力積>=<速度>×<回転数>
と云うことになります。

質量の同じボールなら、その時点で持っているボールのエネルギー量だと
考えた方がわかりやすいかと思います。

受けたミットが押し込まれる感覚や打ったバットに響く感触は
ボールの持っているエネルギー量だと考えれば理解しやすいのではないでしょうか?

力積の参考URLを記しておきます。
どなたかもっと快刀乱麻に解説してくれることを
期待しています。

参考URL:http://parrots.hp.infoseek.co.jp/science/science …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
速度×回転数ですか、
とても興味深いですね、物理的に説明できるとしたらこのような感じになるんだと思います。
同じ速度で同じ回転数なのに投げる人によって重い、軽いがあるということ自体おかしな話ですから。
その他、綺麗な縦回転と汚い回転との違いという意見もありましたので、それらを総合すると答えが見えてくるのかもしれません。
また、回転数が多いほど捕る人が重く感じ、打つほうは軽く感じるという意見もありました。
これは卓上の計算ではなくて実際に実践で経験していることなので野球経験者の方なら重い、痛いの意味はお分かりになりますよね?
もっと重い痛い球を投げたいので論理的に知りたいです。

それとご意見を聞いて一つ思ったのですが、
私の球は100kmくらいですが、150kmを投げる人よりも回転数だけを取ると私のほうがあるのかもしれませんね、それは相手に届く時間が遅いのでそれだけ多く回転するということです。
これも何か関係あるのでしょうか。
力積は難しいですね、でもヒントはここにありそうですね。

お礼日時:2007/10/30 18:15

私の高校野球の経験上、キャッチボール時に軽いと感じる球は綺麗なバックスピンの球だったように思います。


球威は120km/h行くかどうかの投手とキャッチボールした時に、スーッと向かってくる感じで捕っても痛くありませんでした。
また、MAX144km/hの投手も居たのですが、彼の球もまた回転が綺麗で速いのにそんなに痛くはありませんでした。
ただ144km/hの威力は伊達ではなく、遠投時にワンバウンドして立ててあったノックバットに当たってグリップの所が折れるくらいの威力はありましたが。

ただ回転が綺麗と言うのはスローで見たわけではないので定かではないのですが、左右の変化があまり無い事と、私の見た上での判断ですが。

で、私の球はサイドスローですので思いっきりシュート回転も投げれますし、意識してジャイロ回転のボールを投げています。
これはよく「痛い」と言われます。「重い」とはあまり言われないので微妙なのですが・・・

さて、一番最初の投手は打たれると良く飛びます。特に高めの球なんかは被本塁打も多く、長打は多かったです。
2番目の投手は、純粋に球速が速かったのでショボイ県立高でしたので、練習試合程度の同レベル高なら簡単に抑えれていました。
そして痛いと言われる私の球ですが、長打を打たれたり本塁打を打たれたりする時もあれば、詰まらせて打ち取れる事もあります。

結局痛くない球でも痛い球でも打たれるのは打たれるのですが、違いは回転による変化かと思います。

例えば打つときに重い、痛い、痺れる球と言うのは球速もそうですが「真芯で捉えれて無い時の球」では無いかと思います。
回転が綺麗だと真っ直ぐ来て、打者のイメージ通りの球筋で捉えられたとしても、
回転がバックスピンでない速い球は、手元で変化し芯を外す事によって重いと感じるのではないかと思います。
これは捕球時にも同じ事で、グラブの芯で捕れば痛さは感じませんが、土手で捕ると痛いように、変化によってグラブの芯が外れてるのではないかと思います。
これに関しては、最初の投手と私の球速はさほど変わりませんでしたが、最初の投手はキャッチャーが良い音出してくれるのに、
私の球はあまり良い音をさせてくれませんでした。変化によって芯を外れていたのでしょう。

更に回転によって反発する方向も変わるような気がします。
打者がインコースの球を根っこで捉えた場合、綺麗なバックスピンだと真っ直ぐ反発してヒットは打てますが、シュート回転の球だと真っ直ぐは反発しないと思います。

私は(私中心で申し訳ありませんが)打たれるときも抑えれる時もあると言いましたが、回転が定まって無かったのかなと思います。結構フォームは色々調整していましたし。
上手く芯を外れるように変化している時もあれば、打者のイメージ通りの球筋、或いは芯に向かって変化をしている時もあったのかと思います。

この「芯を外す」と言うのは回転数にも影響すると思います。同じ150km/hでも回転数でより落ちたりするはずです。
打者が150km/hのストレート!と思っても落ちる変化で芯が外れていて重いと感じるのかと思います。

では逆に変化球は回転がバックスピンではないですが重いと感じないかと言う事になると思いますが、思いっきり投げた球ではないからだと思います。
大体の変化球はその投手の速球より遅いわけですし、打者も遅い球には重いと感じないだろうと思ってるでしょうしね。
抜けたフォークが打たれるのも、そもそもの球の威力が無いからだと思います。

で、質問者さんは回転による変化ではないと質問文で仰ってますが、やっぱり近距離でも微妙に変化しているのかと思います。
それと、回転による衝撃を受ける方向の差もあるかと思います。普段の慣れと言いましょうか、慣れていない方向の衝撃を受けると妙に違う刺激が来るのかと思います。

後考えられるのは空気抵抗でしょうか。
バックスピンだとマグナス力によって上向きの力が加えられており、打てば上向きに飛びやすくなると思います
しかし回転が違えばその上向きの力は少なからず軽減されると思いますし。受ける時もその空気抵抗が影響したりするのかと思います。



長々と私の仮定を述べましたが、あくまで仮定です。ほんの少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、
やはり経験から来る意見は参考になります。
何人かおっしゃっていたように綺麗な回転とそうでない回転の差ではないかというのが経験者から感じる部分みたいですね。
おっしゃるとおり、重いというよりも痛いのかもしれません。
しかしキャッチボールをしていてどこの部分で捕っても痛いし、グラブが持っていかれる感じです。
網目で捕ると切れてしまうんじゃないかというくらいです。
それと、確かにストレートを投げていてもたまに「スライダー投げた?」みたいに言われることが在ります。
しかし120kmとか144kmとかすごい世界ですね。
私はせいぜい100kmくらいしか出ないと思います、それでも痛いといわれるんですよね・・・。

お礼日時:2007/10/30 17:58

すいません。

NO7です。

みなさんの意見を読み返したらNO5さんとまったく逆言ってました。。。

いつだか阪神の藤川投手の真っ直ぐをスーパーウルトラスロー映像で見たのですが、めちゃくちゃキレイな回転(垂直な回転)をしてました。
もちろん回転数も多く、『キレ』がすごいです。
この『キレ』は回転数ですよね。
巨人の上原選手の140キロ前半の球でもキレがすごいので、空振りが多いですよね。
ファンの方がいたら失礼ですが、広島の抑えの選手は150キロ台でもガンガン打たれます。

藤川選手はホームラン打たれませんよね。(100何試合やってゼロだか、最後で打たれてましたが。)
芯に当たってないだけかもしれませんが、重いから打たれてないのかもしれないのかもしれませんね。

と、今思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どれが正しいのかは分かりません、
タダシ、重いというより痛いという表現はそうかもしれません。
それが回転数なのかもしれません。

回転数が多いとバッターとしては軽いボールに感じ、
キャッチャーとしては重い(痛い)ボールとして感じるというのであればなんとなく分かるんですけど・・・。
一般的に言うのは回転数が多いのは軽く、回転数が少ないのは重いというのですが・・・。どうなんでしょ

お礼日時:2007/10/29 22:46

見てて非常に興味深い質問だったので、書かせてもらいます。



野球小僧程度のレベルですが、やはり重い球軽い球は存在しますよね。

僕の考えでは『重い』って言葉より『痛い』って感覚のが近い感じがします。屁理屈になってしまうかもしれませんが、ボール重さ(球の重量)は同じな訳ですし、重く感じるってのだと、山なりの球のが重力がかかる訳ですから重さと言う言葉は、感覚のたとえですよね。

痛いって言葉で考えると、やはり回転数ですよね。
回転が高速になればなるほど、モノが切れる様に(ノコギリ等)摩擦の力が強いって意味ですね。
また回転してる角度も影響するのかもしれませんね。
横回転で(スライダーなど)重いとは聞いた事ありません。
受ける物体に垂直な回転(1番摩擦が伝わる)が重い球になるような気がします。

素人意見で恐縮ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございます、
確かに重いというより痛いといったほうがいいかもしれません。
摩擦により痛いというのもあるのかもしれませんね、

お礼日時:2007/10/30 18:18

>実際にキャッチボールをしていても球がすごく速い


>人よりも他の100km前後の球を投げるボールの人ほうが
>手が痺れる、球が重いという事がまれにあります

軟式でもそういうことがあるんですか。興味深い話ですね。

判定者が目隠しをして、不動の位置にミットを構え、球が重いと定評ある人Aと軽いと定評ある人Bがランダムな順序でミットめがけて投げ、判定者は重い、軽いを一球ずつ書記に伝えて記録させ、当ってるかどうか調べる、さらに複数の判定者について同じことを調べる、スピードガンでスピードも測る、というような、ブラインドテストができればおもしろいと思うのですが。AとBがふたりとも神のごとき完璧なコントロールを持っていないかぎり不可能でしょうけど。

もし仮に、そういうブラインドテストを行うと案外当たらないとします。その場合「やっぱり気のせいだ」という結論を出してもいいわけですが、そうではなく、「重さの原因は球自体のみにはなく、『体形とフォームと球筋とそれに応じた受け手の側の予測、ミットの動かし方、それによる衝突の角度やなんかの関係』で起きるのではないか」とも考えられる、と思います。「気のせい」で片付ける代わりに「なぜそんな気がするのか」の方を考えるわけです。あくまで仮定の話ですが。

例えばNo.5 の方がおっしゃっている「回転が pure rotation かどうか」が球の重さ(の体感)に影響を与えるとしたら、そんなようなメカニズムではないでしょうか。ちなみにバドミントンの選手もよく、重い球、軽い球(球と言うか、シャトル)を体感するらしいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうテストが出来れば判定できるでしょうね。
単に衝撃力を調べるだけでも錯覚かどうかも分かるでしょうし。
しかし重い球を投げる人は決まっていて、キャッチボールでそれが分かり、何球投げても重いんです。
他の人がどんなに思いっきり投げても重い!痺れる!という感覚にはなりません。
不思議です。

お礼日時:2007/10/29 17:52

高校時代、僕は球が軽かったらしく、


バッティングピッチャーに最適でした(笑)。

何なんだろうなと今考えたんですが、
ボールの回転がきれい・汚いの違いではないでしょうか。
地面に対して90℃に回転するようないわゆる「きれいなストレート」は
軽いような気がします。
キャッチャーをしていても、球が重いピッチャーは
ちょっと斜めに回転してるような気がしますね。
いわゆる「汚い回転」です。
なんか芯で捕りにくいし。ミットの中で動こうとしますモン。

バッターに立ったのをイメージしても、
きれいな回転だとパーンと簡単に飛びそうですが、
きたない回転だとあまり飛びそうにないなぁと感じます。
第3野球部の「あすなろ」のイメージもあるかもしれないけど…

でも質問者さまはきれいな回転なのですよね。
もしかしたら何か未解明の力がはたらいているのかもしれない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
回転の角度の違いですか、なるほどですね。
私の球の回転はどうなっているのかは分かりません、また、ピッチャーではないので、打者から打ったときに重いのか軽いのかは分かりません。
あくまでキャッチボールで相手側が重いと感じるということです。
私以外にも重い球の人はいますので何かあるはずなんですが・・・。
球の回転が真っ直ぐか斜めかの違いというのは興味深いですね、キャッチャーをやっていての経験なので参考になりそうです。

ちなみにボールは軟式です。

お礼日時:2007/10/29 07:18

ANo2.iinday0です。


やはりあなたの球は回転がよさそうですね。
私の直感では球の重い、軽いは打者と捕手で逆の感想になるような気がします。(同条件下では)
満足いくほどの知識がなくて申し訳ないです。
今後私もつきつめてみたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほどですね。
他の人から球が伸びるといわれているので回転は良いと思っています。

回転が良い球は、捕球する側には球が重くてもバッターからすると球が軽いという理論でしたら納得がいきます。
ただ、そこらへんの確信が知りたいですね。
どなたかお願いします。

お礼日時:2007/10/28 19:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピッチャーの球質の重さについて。

「球質」の重さ、軽さはどうやって決まるのでしょうか?

例えば腕の振りが早い、握力が強い、指先にボールが良く掛かっている、
フォームの影響、などの理由でしたら何となく納得出来るのですが、
たまに「あの投手は体が大きく体重もあるので球が重い」
なんて話しを耳にするのですが(特にメジャーの投手に多い)

”体重が重い”だけで球質は重くなるのでしょうか?
逆に”体重の軽い”人が球質の重い球を投げる事は困難な事
なのでしょうか?
(恐らく様々な要素が絡み合った結果決まって来る事なんでしょうが・・)

イメージでは体の大きい(体重が重い)投手が重い球を投げられるのは
何となく理解出来るのですが、イマイチ理屈が分かりません・・・(汗

物理が苦手なので、何方か分かりやすく解説して頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

元野球選手です。

「球質」の重さ、軽さって、そもそも何なのでしょうね?

球の重さ自体は、どんな投手が投げても変わりないはずです。
当たり前のことですよね。

そして、非力な私でも、どんな投手に対しても「完璧」に球をとらえることが出来れば、少なくともオーバーフェンス出来ます。
問題は「完璧」にとらえられることが容易な投手(投球)か否かですね。

で、物理的に球の重さは変わるはずもないので、投手の体重が球に乗り移るなんてありえないし、投手の体格はまるっきり関係ないと思います。

ただ、実際にバッターボックスに立ってみて、ホップしてくるような球筋の投手もいるし、まっすぐ向かってくるような球筋の投手もいます。前者は浮かんでくるので軽そうに、後者は浮かばないので重そうに「見える」ことはあります。
そして、前者は細身の投手に多く、後者は太目の投手に多いように思えます。たぶん細身の投手は体の柔軟性に際出ているので、ボールに回転を与えやすいため、そうなるのかも知れません。

また、バットの芯でとらえれば、軽く感じるし、芯を外してしまえば重く感じるのは事実です。下手をすると痛いほど手がしびれることもあります。
これは、反発力が関係することと思います。

球の回転が反発力に関係するかどうかは疑問です。
例えば、ビリヤードで球に回転を掛けてクッションさせれば、思わぬ方向に反発することもあると思いますが、跳ね返る距離は変わらないと思うのです。跳ね返る方向が変わっても、ボールの反発力自体は変わらないと思うんです。
ただ、この理論から言えば、投球に回転が多ければ、反発が上にあがるので、「上に飛ぶ」=「軽い」という感覚に結びついているかもしれません。


したがって、私の回答は、
「見た目」「バットの芯でとらえられるか」「ボールの回転による反発角度」の3点が関係し、それはバッターの感覚でしかない。
で、どうでしょうか。

元野球選手です。

「球質」の重さ、軽さって、そもそも何なのでしょうね?

球の重さ自体は、どんな投手が投げても変わりないはずです。
当たり前のことですよね。

そして、非力な私でも、どんな投手に対しても「完璧」に球をとらえることが出来れば、少なくともオーバーフェンス出来ます。
問題は「完璧」にとらえられることが容易な投手(投球)か否かですね。

で、物理的に球の重さは変わるはずもないので、投手の体重が球に乗り移るなんてありえないし、投手の体格はまるっきり関係ないと思います...続きを読む

Q速度以外で何が違う? 球の重い軽い

 球技で、ピッチャーの投球を『球が重い』とか『球が軽い』とか言いますが__、球の“質量”は同じだと思います。
 “速度”とは別の観点で、どう違うんですか?  物理的に教えてください。

Aベストアンサー

(1)打ったときの感覚が重い、と(2)打った感覚は同じでもよく飛ぶ(軽い)とあまり飛ばない(重い)があるのでは。
(1)は先にライフルの弾の回転の話がありましたが、回転体の回転軸は簡単に動かない性質があります、2輪車が倒れずに走るのも同じ原理です、簡単に動かないものを動かそうとするとその分余分な力が必要。
(2)縦または横回転のボールは、バットに当たった瞬間ボールの回転エネルギーがボールの進行方向を変える力に変わるので(高速の横回転の物体が非常に遅い速度で障害物に当たれば、ほぼ真横に速度を上げて転がる)、わずかではあるがその分バットの力は飛距離の伸びにつながる。
現実の話では(1)と(2)を区別することなく使われています。
したがって、質量の重い、軽いではなく球の持っているエネルギーがどのように変化するかによって異なる感覚を表します。

Qピッチャーをやらせる基準 少年野球で

愚問ですが、教えてください。
コーチや監督から見て、ピッチャーをやらせようと思う基準にはどういうものがありますか?
左利き、でかい、精神面で強い、くらいしか、判りません。
中には、細い、背の低いピッチャーもいます。
何か素人にはわからない、目の付け所があるのですか?

Aベストアンサー

まず、早い球が投げられるかどうか、ですね。
コントロールは後でどうにでも出来ます。
左右投げも関係ありません。
精神面なんかは試合に出し続ければ簡単に鍛えられます。
要は本人にチームのエースなんだと自覚させれば良いだけです。

プロのスカウトが言ってました。
「高校時代140kmを一回でも投げたことがあれば間違いなくスカウトは見にくる」んだそうです。

少年野球ではコントロールを重視する傾向にあります。

理由は簡単。
コントロールが無いと四死球で塁を埋められ一本のヒット、あるいは四死球の連続で点を入れられる恐れがあるからです。

早い球を投げられるかどうかはある意味天性のものもあります。

背が低くても、ケツ回りがでかい選手は下半身が安定してるのでしっかりした球が投げられるかも知れません。

背が高くて腕が長ければ振り下ろした勢いで早い球が投げられるかも知れません。

まずはこの選手、とこだわらずに、チーム内の全選手をじっくり観察する事から始めるのがセオリーかと思います。

Q重い球ってあるの

 プロ野球解説者などが言う投手の投げる「重い球」っていうのは本当に重くなっているんでしょうか。私の友は「ただ衝撃力のある、なしで重くはなっていないはずだ。」と言います。実際どうなのでしょう?そもそも質量が増えるということがあるんでしょうか。また、歴代のプロ野球投手で重い、軽い球で有名な選手を教えてください。

Aベストアンサー

重い玉とは、回転数の少ない球のことです。
軽い球とは逆に回転数が多い球のことです。

同じバットで同じヘッドスピードでボールの同じところを打った時
重い球よりも軽い球のほうが良く呼びます。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=2797

Q硬球と軟球の球速の差

今年の甲子園で大活躍した斉藤くんや田中くんのように、今では140キロを投げる高校生も珍しくなくなりました。現在大阪桐蔭に在学中の中田くんも、去年の甲子園でピッチャーとして登板して1年生ながら150キロ近い球を投げるのを見た時は本当に驚きました。

でも今の高校球児も中学までは軟式しか経験していないはずです。硬球と軟球では球速にかなり差が出ると聞いたことがありますが、実際はどれくらい急速は変わるのでしょうか?上記に挙げた選手たちは中学時代には既に140キロくらいの球を投げていたのでしょうか?

また、横浜のクルーンがもし軟球で投げたとしたらどれくらいの球速が出ますか?

Aベストアンサー

甲子園に出てくるような選手は基本リトル→シニア上がりで硬式には慣れていると思います。むしろ軟式でやったことない選手のほうが多いのでは…

一般論として「軟式のスピードは硬式のスピードの-10km/hだ」といわれています。たとえば硬式で130km/hでる投手は軟式を投げると120km/hしかでない。逆に軟式で120km/h投げる投手は硬式なら130km/h出るということです。
しかし軟球の規格が変わり握った感じなど硬式に近くなったこともあるので、最近では軟式でもある程度スピードは出るようになったのではないかと思います。
クルーンが投げたらどうなるんでしょうねw150km/hぐらいでてホントに浮いてしまうんじゃないですか?

Q高校 野球推薦って?

息子が硬式野球をしています。特に目立つ成績も残していないため我が家では普通に学力で学校を選ぶしかないのですが、分からないことがあるので教えてください。

強いチームなどの子供の中には『○○高校から話しがきている』と言っているのを聞きます。チーム自体が強くなくてもそう言っている子供もいますが。よく分からないのですが今のこの時期でもうすでに特定の高校から直接『ぜひ来てください』という話しがあるものなのですか?私立とはいえ今時の野球部は学力も重要だと聞いています。私が聞いた高校は県内でもトップクラスの進学校で野球部も強いです。
勉強しなくてももう行く高校が決まっているなんて受験生にしたら羨ましい限りなのですが、中学校の方にも高校の方から話しが通っているのでしょうか。

私立高校の野球部員の集め方のシステムが良く分からないのでご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

息子さんが中学で硬式野球をしておれば、チームの監督、責任者へ高校関係者からさそいの申し出があると思います。
逆にチームの監督、責任者から高校へ良い子がいるのでと推薦してもらうケースもあります。
この時期ですと殆どの高校はリストアップ終わっており、私立で野球推薦の場合は学力も重要でないと思います。県内でもトップクラスの進学校であってもその子供は学力の特待生の実績です。
尚、軟式以外は中学校の方にも高校の方から話しが通っているケースはあまりありません。

Q正しい投げ方教えて下さい

 社会人になって野球を始めました。
  子供の頃からボールを投げるのは苦手で、はじめは20mもろくに投げられませんでした。キャッチボールをしてても暴投が多かったし、10球くらい投げただけでも肘や肩が痛くなって大変でした。
 まずボールの握り方から勉強し、肘を上げて後ろから投げるということも知りました。だいぶ肘を上げて投げられるようになり、ボールもまっすぐ飛ぶようになりました。肘や肩も痛くないです。
 でも、練習前のキャッチボールで、最初のうちは普通に相手のところに届くのですが、少しずつ距離を伸ばしていきますが、その距離がマックスになったとき、思い切り投げてもワンバウンドになってしまいます。元々足には自信があるので外野手をさせてもらっていますが、こんな感じなので、監督からは内野(ファースト)に回って、と言われています。確かに内野もできればいいんですがね。いち早くボールに追いついても返球が遅いんです・・・。
 それで、あんまりチームメートに手をかけさせたくないので自分で本やネット(この教えてgooも)も参考にして勉強してるんですが、なかなか糸口が見えません。自己分析すると経験者の投げ方と比べてまだまだフォームが素人っぽい、あと下半身も使え、と言われますが、どう使っていいかわかっていない、その2点が挙げられると思います。肩だけでなく、下半身はもちろん、胸筋や腹筋、背筋もジムで鍛えています。
 で、今回の質問なのですが、糸口となるようなコツや、投球フォームを図解してるようなサイトはないでしょうか?よくピッチャーの投球フォームを紹介してるのは見かけますが、遠投を前提としたようなのがあまりないように思います。
 少しでも早く、チームの戦力になりたいです。このような質問ですが、よろしくお願いします。

 社会人になって野球を始めました。
  子供の頃からボールを投げるのは苦手で、はじめは20mもろくに投げられませんでした。キャッチボールをしてても暴投が多かったし、10球くらい投げただけでも肘や肩が痛くなって大変でした。
 まずボールの握り方から勉強し、肘を上げて後ろから投げるということも知りました。だいぶ肘を上げて投げられるようになり、ボールもまっすぐ飛ぶようになりました。肘や肩も痛くないです。
 でも、練習前のキャッチボールで、最初のうちは普通に相手のところに届くので...続きを読む

Aベストアンサー

中高大と野球をしてきて、今は少年野球を教えていますが、
その中でもいちばん難しい質問です。

投げることは無意識のうちに覚えて自然に投げられるようになっている方が殆どです。
それを意識して・・・子どもに肘はこう、肩の回転はこうで・・と教えると間違いなくぎこちなくなって肩・肘を痛めます。

投げる動作は、足を踏み出して、腰を廻し、腹筋背筋の力で肩を廻し、
肘・・手首のスナップへと力が伝わります。
それを一連の動作としてスムーズに行えることは
覚えることではなく楽しんでいるうちに自然と身に付くのがいいと思いますので、
まず、頭で考える前にキャッチボールを楽しんでやってください。
相手の居ないときなどは壁当てといってコンクリートの壁などに当てて
帰ってきたボールをまた投げるような動作を繰り返すと
そのうち無駄な動作が省けて俊敏な運動ができるようになると思います。

速いボールを投げようとすると、身体全体を使うようになりますし、
素早い動作で投げることはスナップを使うことを覚えます。

あまり堅苦しく、杓子定規に考えないで
子どもだってやっているんですからできないわけがない!
と思って楽しんでやってください。

中高大と野球をしてきて、今は少年野球を教えていますが、
その中でもいちばん難しい質問です。

投げることは無意識のうちに覚えて自然に投げられるようになっている方が殆どです。
それを意識して・・・子どもに肘はこう、肩の回転はこうで・・と教えると間違いなくぎこちなくなって肩・肘を痛めます。

投げる動作は、足を踏み出して、腰を廻し、腹筋背筋の力で肩を廻し、
肘・・手首のスナップへと力が伝わります。
それを一連の動作としてスムーズに行えることは
覚えることではなく楽しんでいるう...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q 小6の息子の野球肘についてです。1カ月前に整形外科で右肘の剥離骨折と

 小6の息子の野球肘についてです。1カ月前に整形外科で右肘の剥離骨折と診断され、今シーズンは野球禁止と言われました。
 スポーツ外来のある病院へ移り、肘の専門の先生に再度診察してもらったところMRI検査をすることになりました。診断は「剥がれた骨はもう付かない。炎症がおさまらないので痛みが残っている」と言われました。このままあと2週間投球禁止と言われましたが、「バッティングは練習はダメだけど、試合に代打くらいなら良い」とのこと。手術の話は出ておりません。
 
 今日は公式戦があり、代打で2打数2安打でした。試合が終わったあと、肘が痛むというので、すぐに氷を用意して氷嚢で冷やしました。夜は近くの温泉で温めました。その後、湿布をしています。
 整骨院にも通って1カ月になります。週6日間通って電気と針(1度だけ)治療をしています。
整骨院の院長は「バッティングも肘に負担がかかるからダメ」と言います。

 指導者にはこの今の状態をすべて話していますが、チーム事情からか(人数が少ない)試合には出されます。
平日は走りこみと左だけでの素振りをしています。投球は1カ月しておりません。

 10日後に再度、レントゲンを撮る予定です。
今後、完治するものでしょうか?本人は中学でも野球をすると言っております。
ケガの前の打撃は4番で、ポジションはファースト、キャッチャーが主でした。

 関係がないかもしれませんが、とても体の硬い子です。ストレッチもするように言っていますが、
なかなか家ではやりません。必要性も話してはいるのですが・・・。

 このまま、医師の言うようにバッティングをさせても良いものでしょうか?
親としてはとても不安で迷います。
明日も試合です。多分、代打で出ることになりそうです。
 気休めかもしれませんが、カルシウムやプロテインを飲ませています。
1日も早く治してあげたい思いでいっぱいです。
親として何をどうすれば良いのでしょうか?

 小6の息子の野球肘についてです。1カ月前に整形外科で右肘の剥離骨折と診断され、今シーズンは野球禁止と言われました。
 スポーツ外来のある病院へ移り、肘の専門の先生に再度診察してもらったところMRI検査をすることになりました。診断は「剥がれた骨はもう付かない。炎症がおさまらないので痛みが残っている」と言われました。このままあと2週間投球禁止と言われましたが、「バッティングは練習はダメだけど、試合に代打くらいなら良い」とのこと。手術の話は出ておりません。
 
 今日は公式戦があり...続きを読む

Aベストアンサー

看護大学の教員をしています。

医師の指示に従うことが大切だと思いますが、一般論として、野球肘は、基本的に反復的な投球動作の影響によるものですから、数回の打撃による影響は少ないと思いますが、練習もしない状態では、打てなくなると思いますし、本人の意思にもよりますが、そこまで無理をさせることはないと思います。

骨がはがれてしまった状態になると、保存的な治療にせよ、手術をするにせよ、とても時間がかかると思います。野球(投球)ができない期間は半年とか1年とかという単位になる可能性はあると思います。
野球肘は投球フォームや練習量の影響がとても大きいとされていますが、理解の低い指導者も少なからずいるので、そのあたりは親の責任で見極めることではないかと思います。

また小学生にカルシウムやプロテインを過剰に与えることは適切ではありません。過剰な分はある程度は尿から排泄、肝臓で代謝されますが、内蔵に余計な負担を与えることになります。

運動能力の高いお子さんのようですから、中学から陸上やサッカーなど別の種目で頑張ってもらうのもよいかもしれません。どうしても野球をというのなら利き手を変えるというのも、子供が見ていたアニメでみましたが、現実的には難しい話ですよね。

私なら、親として、適切な医療を受けさせること、してはいけないことを子供に分かりやすく教えてあげること、どんな状態でも変わらず愛していることを伝えること、そんなことをしてあげたいです。

看護大学の教員をしています。

医師の指示に従うことが大切だと思いますが、一般論として、野球肘は、基本的に反復的な投球動作の影響によるものですから、数回の打撃による影響は少ないと思いますが、練習もしない状態では、打てなくなると思いますし、本人の意思にもよりますが、そこまで無理をさせることはないと思います。

骨がはがれてしまった状態になると、保存的な治療にせよ、手術をするにせよ、とても時間がかかると思います。野球(投球)ができない期間は半年とか1年とかという単位になる可能性はあ...続きを読む

Q草野球のピッチャーのレベルはどれくらい?

草野球のピッチャーの投げる球って、平均でどのくらいなんでしょうか?
球種は普通はどんななんでしょうか?
フォークやシュートとかって、あまり投げないんでしょうか?
速い人で何キロくらいでるんでしょうか?

Aベストアンサー

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的にやっている草野球チームで105km位だと思います。
球種はやはり一番多いのは「ストレート」と「チェンジアップ」のようです。
ストレートを投げておき、たまに抜いた球を投げます。まぁ変化球というよりは「緩急」というのが一般的のようです。
フォークやシュートは投げる人はいない事はないのですが、フォークが落ちるような球速のボールを投げるといえばやはり120kmは超えてこないとフォークが空気抵抗で落ちることはほとんど無いので、あまり効果がないようです。
シュートに関してはやはり草野球で肘を痛めたくはないので皆投げないようです。
ただ、自分の経験によると草野球では100kmのボールを確実にストライクゾーンに投げられれば、投手としてやっていけるのではないかと思います。

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング