電子書籍の厳選無料作品が豊富!

故障要因について質問があります。

1>ブラシの粉等で絶縁不良のモーターを使用し続けると、漏電以外にモーター単体はどうなりますか?(コイルが焼き切れる等…)

2>定格180VのモーターをP-P値で220VのPWM波形で制御するとどんな問題が発生しますか?テスターでの平均値は定格以下になるのですが、オシロで測ると定格オーバーになります。個人的にはコイルの線が焼き切れるのではと思うのですが・・・他に起こりえる現象ってありますか?

3>トルク不足の場合は、コイルと回路が焼ける以外に起こる現象ってありますか?ブラシが異常摩耗する等??

よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

1. どこに粉が付着しているかにもよりますが、整流子に付着しているとフラッシュオーバ(整流子表面を伝わって放電し、ブラシ間で閃絡する)することもあります。

(これが起きると、整流子表面が荒れて、火花がひどくなったりします)

2. PWMの電圧変化が急峻で、キャリア周波数が高い場合には、リプル電圧が電機子巻き線の端部付近に集中してかかる(電機子巻き線内での電圧分担が均一でなくなる)ことがあります。これが起きると絶縁上問題になることがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

整流子のあれで頭を悩ませているので、1を検証してみたいと思います。複巻きの場合は、セグメントが一個飛ばしで荒れたりするんですかね?

お礼日時:2007/11/07 18:14

3のみ



3>トルク不足の場合は、コイルと回路が焼ける以外に起こる現象ってありますか?ブラシが異常摩耗する等??

トルク不足でモーターが回らないまま通電し続けると、コイルは電熱ヒーターなどの「電熱コイル」と同じになります。

コイルが電熱コイルと化した時、導線が耐えられない温度まで上昇すれば「焼き切れ」ます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

トルク不足で、ロックするとやはりコイルが焼けますか…

ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/07 18:08

1は 放熱の問題があります



2は 絶縁と放熱の問題です 連続定格180Vのところに PWMで220V程度では特に問題にはならないでしょう

3はより多く電流が流れようとします コイルよりもブラシ整流子の損傷の方が先でしょう

焼け切れると言うのは 発熱量が放熱量を大幅に上回ったときに起こります
温度が上がらなければ、焼き切れることはありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れてすいませんでした。

放熱の問題が重要なのを理解しました。

PWMは220Vではなく280Vでした…
けど、モーターを無負荷で24時間回しても温い程度なんで問題ないですかね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/07 18:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!