プロが教えるわが家の防犯対策術!

タイトルどおりの疑問です。

映画などでも右腰に差している姿は見たことないので、やっぱり左の腰に差していたんでしょうか。

A 回答 (4件)

剣道をやっている人で左利きに(左手が上で、右手が下)持っている人っていないですよね。



あれって、剣道を始める段階で否応なく右利きに合わせされられるんです。

…実は私、左利きで剣道やりはじめの頃は結構苦労しました。それでも、すぐ慣れます。


お侍さんも小さい頃から武術に励んだと思われますが、はじめから右利きに教えられるので、本来その人が右利きだろうが、左利きだろうがおかまいなしなんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よく分かります。有り難うございました。

お礼日時:2002/09/03 22:22

他の方の回答にありますように、刀を振り回す時に右利き・


左利きはあまり関係ないです。関係あるとすれば二刀流で
しょうが、自分でも試したことがないですし、左利きの人
の二刀流という話もあまり聞いたことがありませんので...

私は右利きなので想像が混じりますが、左利きの人の方が
刀を扱いやすいような気がします。
剣道をやっている人は実感していると思いますが、基本的
に左腕で竹刀を振るんです。右手は添えるだけ。右手に力
を入れて竹刀を振ると怒られます。

薩摩の示現流では「左肱切断」と言って、左腕をあまり動
かさずに右腕でスパーンと刀を振るそうですが、示現流は
書物で読んだだけですので、実感としてどうなのかはよく
わかりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご教示いただき、有り難うございました。

お礼日時:2002/09/03 22:36

左ききでも刀は左腰に差します。


刀は普通に構えたとき左側になる方が「表」、右側になる方が「裏」だそうです。左腰に差したとき「表」が外に出ることになります。鞘の装飾なども裏表を考えて施してあると聞いたことがあります。
ただし、「太刀」は裏表が逆になります。これは、刀は刃を上向きにして差し、太刀は刃を下向きにして差す(というより、ぶら下げる)ということを考えると、おわかりになると思います。
武家の作法で、刀を右手に持つ、あるいは座ったときに右側に置くということは、抜刀する意思がないということを示します。
剣道の形を演ずるときも、最初は刀(木刀)を右手で提げ、神前に礼をした後、互いに向かい合ってから左手に持ち替え、帯刀します。ここからが真剣勝負というわけです。形が終わった後は逆に左から右手に持ち替えます。この瞬間から互いに攻撃は終わったということになります。
このように、武家の作法と言う点から考えても、「右腰に帯刀」というのはありえないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく解説していただき、勉強になりました。有り難うございます。

お礼日時:2002/09/03 22:20

左利きだからといって、右腰に差すことはないはずです。



また、箸を持つのは右手、刀を抜くのも右手と幼少のころから教え込まれるため、左利きの侍はいなかったと思われます。

参考URL:http://www.warbirds.nu/ansq/9/I2000484.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。参考URL、拝読いたしました。

お礼日時:2002/09/03 22:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左利きの武士

江戸時代の武士にも左利きはいたと思います。ですが刀を右の腰に差している武士(左利きならこの方が刀を抜くのに便利)を見た事がありません。実際いなかったのでしょうか?それとも不利な右腕を無理やり使っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

 私は左利きで、高校時代、剣道部でした。入部した際、構えをどちらにするか先輩方が話し合ってくれました。で、結論を言うと、普通に持つようにしました。
 結果、左利きでも問題はなかったです。確かに抜くのは多少抜きにくいかもしれませんが、それにはたいした困難はありません。それより、正眼に構えた時、右手は剣を上から添える形なので右手にあまり力はいらず、むしろ、左手がしっかり柄を支える必要が有るので、左利きでかえって便利でしたよ。
 また遠間打ちという敵をアウトレンジして上からきる技を使う時には、上段の構えから左足を大きく踏み込みながら剣を打ち込んだ瞬間に右手を離し左手だけしか使わなかったのでこれも左利き得意。
 というわけで、左利きの方が普通に構えた場合有利な気がします。
 真剣とは違うかもしれませんが、この手の意見がまだでていないんで、ご参考に。 

Qなぜ日本の刀は両手であつかいますか?

なぜ日本の刀は両手であつかいますか?
日本刀は両手で持ちますが、刀剣を両手で持つ剣術はドイツ、イタリア、インド 少しばかり中国にあったくらいですが、これら外国の両手剣術の剣はすべて重くて長いです。
しかし、日本刀は片手剣ほどの重さで長さです。
同じ長さであればリーチを考えると片手半身の方が有利です。なので、外国の剣術は盾が無くても片手であつかいます。

佐々木小次郎の物干し竿は1mほどで驚異的な長さであったようで当時の一般人には扱える物では無かったと言われているようですが。


http://www.youtube.com/watch?v=ln94E9AGYTc
この動画の両手剣は長さ140cm重さ2kgほどです。(最後に使われた剣の重さと長さが出ている)
彼らは達人でもなく、剣術歴10年ほどの生徒だとおもわれますが、かなり素速く剣を扱っており(1:55 ぶつかって火花が散るほど)剣の重さに振り回されてはおりません。(普通の体力でもこの程度の刀剣は扱えるという例)
侍が非力だとは思いません。私なりに思うに軽い刀を両手で持つことでよりスピーディに扱える、
斬りつけたときは片手よりも強力という2つのメリットがあると思いますが、それとリーチは引き合うかという疑問があります。
例えば「刀は突くもの」という言葉がある程度事実を含んでいるとするならば、剣が同じ長さで同じタイミングで突きを出したら、体の幅分だけ距離が稼げる片手のほうが絶対に有利です

日本刀を両手で扱うメリットはどのようなところでしょうか?

なぜ日本の刀は両手であつかいますか?
日本刀は両手で持ちますが、刀剣を両手で持つ剣術はドイツ、イタリア、インド 少しばかり中国にあったくらいですが、これら外国の両手剣術の剣はすべて重くて長いです。
しかし、日本刀は片手剣ほどの重さで長さです。
同じ長さであればリーチを考えると片手半身の方が有利です。なので、外国の剣術は盾が無くても片手であつかいます。

佐々木小次郎の物干し竿は1mほどで驚異的な長さであったようで当時の一般人には扱える物では無かったと言われているようですが。


h...続きを読む

Aベストアンサー

日本は山地が多く、騎馬武者が主力として弓擶を選んだことで、武士が最も勢力を伸ばした時代に、戦闘スタイルは「重装騎射兵」へと固定化して行った為に、
防具もそれに合わせて変化し、楯の代わりの大袖を具す様になったとらしいです。
だから、近世、武士の戦闘スタイルに変化が見られる頃、既に楯には実用性が失われ、刀を両手で持つことが固定化されました。

刀を両手で扱わなければ、刃筋を立てること、手の内を締めることが極端に難しく、それが出来なければ人を切ることは出来ません。

こんな文献がある。
「紀效新書」1595年 戚継光
「これは日本のサムライが明に攻めて来た時に初めてわかったことである。
彼らは舞うように跳び回り、前方への突進は光が閃くようで我ら明の兵は恐れおののくのみだった。
日本人はよく躍動し、一息で一丈(約3m)も飛び込んできて、刀の長さは五尺なので一丈五尺の間隔があっても攻撃される。
我が兵の剣では近づき難く、槍では遅すぎて、(サムライと)遭遇すれば皆両断されて殺される。
これは彼らの武器が鋭利であり、両手で振れる強力で重い刀を自在に用いているためである」

「大君の都」 Rutherford Alcock 1863年
「彼ら(サムライ)は、相当に熟達した刀の使い手である。小さい方の刀を使うときは、二度突く必要は無い。たったの一突きで相手に致命傷を与える。
大きいほうの刀を使うと、ただの一振りで相手の四肢を切り捨ててしまう」

つまり、リーチの差をモノともしない敏捷性を持っているのだから、両手で正確に四肢を斬り落とし、脇差しでとどめを刺すスタイルは理にかなっていると思う。

また質問中にもある佐々木小次郎。彼の巌流には、介者剣法の気分を多く残していて、合戦に適しているという。
介者、つまり鎧武者と戦うことを前提としているため、鎧の隙間部分の喉・脇・手首・股などを狙うのである。
また、刀の損傷を考えて突きと引き斬りが多いのも特徴。敵兵に身体を寄せ、首や手や股を斬り、戦闘能力を奪うことを目的にしている
らしい。
つまり引き斬りは両手じゃないとしにくいし、体を寄せ、半身分のリーチ差など意味をなさないのが合戦だったようだ。

でも、半身になって突きを主体とする剣術が、江戸時代以降に発展していてもおかしくはない。
殺す必要がないのだから、刃筋を立てて一刀両断にする意味もないのだし。
しかし、そうはならなかった。原因は小野次郎右衛門忠明のようにも思う。

伊藤一刀斎の高弟の一人で、小野派一刀流を継承。1593年に将軍家の剣術指南役になる。
同じく兵法指南役となる柳生宗矩の柳生新陰流と並んで繁栄し、多くの支流分派を形成する。
柳生新陰流が、“半身立ちを多用する”“足運びの際は、爪先側を浮かし、踵を付ける”という戦国期の介者剣法(鎧合戦用の剣術)のスタイルを多く残しているのに対し、
一刀流は“半身立ちを嫌う”“足運びの際は、踵を浮かし、爪先の付け根を付ける”という、それまでにはないスタイルを用いるのが特徴である。

つまりあなたが言う片手半身と正反対の両手正面の流派の使い手が将軍家の剣術指南役になり繁栄したわけだ。
いわゆる武士道や儒学の思想と相まって、片手で突きながらチマチマダメージを与えるスタイルは定着しなかったのかも。

以上、ネットを徘徊して得た知識でした。
結局は、日本刀の威力を最大限に発揮するため、両手で持つ必要があったし、
それが固定されたのは、さまざまな時代背景があったためだし、
世界的に見て特殊、っていわれても、それこそ日本国内においては意味のない話だし、
現代人から見れば、日本人が世界の感覚と違うのは、至極当然のことだしね。

参考になる部分だけ参考にして下さい。

日本は山地が多く、騎馬武者が主力として弓擶を選んだことで、武士が最も勢力を伸ばした時代に、戦闘スタイルは「重装騎射兵」へと固定化して行った為に、
防具もそれに合わせて変化し、楯の代わりの大袖を具す様になったとらしいです。
だから、近世、武士の戦闘スタイルに変化が見られる頃、既に楯には実用性が失われ、刀を両手で持つことが固定化されました。

刀を両手で扱わなければ、刃筋を立てること、手の内を締めることが極端に難しく、それが出来なければ人を切ることは出来ません。

こんな文献がある...続きを読む

Q武士は、なぜ刀を2本差してるの?

「二本差し」と言えば、武士を意味する言葉ですよね。
でもなぜ、刀と脇差の2本も腰に差しているのでしょうか?

そこでご質問なのですが、

1.いつ頃から、二本差しするようになったのですか?
2.二本差す理由はなんですか?
3.信長や秀吉が活躍した戦国時代で、実際の合戦場でも二本差ししていたのでしょうか?
4.武士なら誰でも、みんな二本差ししていたのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLにあるように2本差すのは武士の象徴だったからです。
そして場面場面で2本差すか1本だけ差すかを分けていました。
城内では刀は入り口で預けて脇差しだけにしていますし。

それともう一つ、刀というのは時代劇にあるようにばっさばっさと人を連続では切れません。
地の利や人間の体の脂肪分ですぐに切れなくなります。
洗浄などでそうして切れなくなったり刀が折れたりしたときのために脇差しはあります。

参考URL:http://www.idj.ne.jp/~tahara/japanese/JITEN/katana.html#sashi

Q日本刀は、人をたくさん斬ると、脂や刃こぼれで切れ味が落ちると聞きました

日本刀は、人をたくさん斬ると、脂や刃こぼれで切れ味が落ちると聞きました。
戦国の合戦場では、主武器が槍だったためそれで良かったとも聞いたのですが、では幕末の斬り合いなどはどうだったのでしょうか?
もし本当に大人数を斬って逃げたりしたら、その後はもうその日本刀は使えなくなったりしたのでしょうか?
時代劇などでは、数十人にかこまれてバッサバッサと斬り捨てて逃げたりしますが・・・
あれはテレビの中だけのことだったのでしょうか。
テレビ見てると、気になって仕方ありません・・(^^;)
どなたかご存知のかた、教えていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

これはですね、良くある質問なんですが幾つかの状況が重なっていますので、切れる 切ると言うことをきちんと分けて考えないと難しい。
まず、戦場で戦っているときなのか?この場合は戦っている当人達の技術が絡んできます。極論を言えば一人で何人勝ち残れるかということになります。
また、この場合切る=殺傷なのか、骨まで断ち切るような一撃をいうのか、手首の血管を切り裂いただけでも切ると定義するのか判断に難しい。
あるいは生身の生き物(ヒトでも犬でもブタでも)を切った場合、日本刀の耐久力をいっているのか?で変わってきます。
前者であればこれは戦いの技術と日本刀の使い方は様々であり何人とは言えません。
後者で有ればテストカットなどである程度わかります。日本刀をつかったテストカットはわかりませんがこれらは西洋の剣です。西洋剣は日本刀よりも切れ味が悪いですがこれを見る限り2~3人で刃こぼれしたり脂肪で切れなくなると言うことはなさそうです。少なくとも充分に殺傷できる威力で切れています。ただし注意しなくてはならないのは、これらの肉は死肉であり生きている者よりも温度が低く脂肪は固まっています。血は抜いてあるので血のぬめり等の影響は受けていません
死んだ肉なので弛緩しています。ヒット時に体が緊張し筋肉が硬くなることはないです。私は脂肪より血のりが切れなくなる一番の原因と思います。切るという事は対象に摩擦によって食い込んで行くことですが血が付くことで血が潤滑油のような役割を果たし刃物が滑っていくためと考えています。とくに、動脈から吹き出る血は大量ですから切れ味は低下するでしょう。と、いうものの殺傷能力に達さないということはないと思います。
普通に考えて、戦場で刃こぼれしたり血糊ですぐに使えなくなるような「信頼の無い武器」など使えません。また、銃でも同じですよね。数発うてばジャムるような銃など使う気にもならないはずです。逆に言うと少々錆が出た程度で神経質なまでに手入れをしなくてはならないというのは太平の江戸時代に戦場剣術から刀がどれほど離れたか物語る良い証拠です。

それから日本刀は世界的に見ても非常に軽い刀剣で、間違えても「重い」と言うことは無いです。片手剣以下の重さを両手で持つのですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=BzDU1edRawc&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=5_mCNoqqK0k&mode=related&search=sword%20bastard%20hand-and-a-half%20cutting%20testcutting%20test%20tameshigiri

http://www.youtube.com/watch?v=spA8DYqHF_4&mode=related&search=

電話帳一撃両断。
http://www.youtube.com/watch?v=Vfes9jAmNNI&feature=related

これはですね、良くある質問なんですが幾つかの状況が重なっていますので、切れる 切ると言うことをきちんと分けて考えないと難しい。
まず、戦場で戦っているときなのか?この場合は戦っている当人達の技術が絡んできます。極論を言えば一人で何人勝ち残れるかということになります。
また、この場合切る=殺傷なのか、骨まで断ち切るような一撃をいうのか、手首の血管を切り裂いただけでも切ると定義するのか判断に難しい。
あるいは生身の生き物(ヒトでも犬でもブタでも)を切った場合、日本刀の耐久力を...続きを読む

Q包装用ぷちぷちはダイソーに売っている?

オークションで使う包装用を調べていたら、ダイソーでぷちぷちが売っていると出てきたのですが…。

近所にダイソーがなく、GWは忙しいので見に行けないんです。
本当にダイソーに売っているのか、どのくらいの大きさなのかかわらないので教えてほしいです。

あとダイソー以外の100均でも売ってるよっていう回答もあったら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

売ってます
1x3mのと、50x50cmのが数枚セットになったもの、袋状になったものなどetc.

店舗によって取扱いが違うのであしからず

ダイソー以外の100円ショップでも売っています


もちろん、ホームセンターでも

Q日本刀の数え方

日本刀は「一振り」「二振り」と数えるものだとずっと信じてきたのですが、
国立博物館の刀剣展示室の解説に「口」という単位が使われていました。
また、刀剣関係の書籍でも「口」という単位をよく見かけます。
どちらも正しい刀の数え方だとは思いますが、どういう風に使い分けているのでしょうか。

また、太刀も「振り」や「口」の助数詞をつかうのでしょうか。

(因みに、以前○売新聞の社会面の記事に、日本刀を「×本」と書いてあったのを見て、唖然としました。)

Aベストアンサー

日本の刀剣は概ね四種類に分けられてるいるようですので、その面から考えてみました。
1.太刀(たち)
 奈良時代までの無反りの大刀(たち)「直刀(ちょくとう)」が、平安頃から反りのある彎刀(わんとう)となり吉野朝(南北朝)時代までは太刀緒で帯取りしたり鎧の太刀絡みに括り付けたりしたその有り様から「振(ふり)」「口(く・ふり)」「腰(こし)」と大和言葉風に読んだのでは…。
2.打刀(うちがたな)
 武士階級が興隆する室町以降は、刃を上向きにして腰間に差し挟んだ「差料(さしりょう)」として、これまでの呼び方に加えて漢音読みの「刀(とう)」「剣(けん)」「口(こう)」とも呼ばれた…。
3.脇差
 刀に添えて脇に差す鐔付きの、刃渡り二尺未満の小刀(ちいさかたな)では「口」「刀」「振」か。刀と合わせてなら「揃(そろい)」。またいわゆる帯刀が許されない身分では、鐔(つば)なしの脇差や、刀並みの刃渡りの長脇差(ドス)などでは「本(ほん)」「挺(ちょう)」あたりか。
4.短刀
 突き刺しや投げを考慮した、俗に九寸五分とも呼ばれる刃渡り一尺未満の小刀は、刺刀(さすが)や懐刀や小柄などであり、「口(く)」「丁(ちょう)」「本」などとか。

 ざっとこの様に思い巡らせて見ると、ここはやはり一振り=一口(く・ふり)という千年もの昔からの呼称が日本刀には相応しいのではないでしょうか。

日本の刀剣は概ね四種類に分けられてるいるようですので、その面から考えてみました。
1.太刀(たち)
 奈良時代までの無反りの大刀(たち)「直刀(ちょくとう)」が、平安頃から反りのある彎刀(わんとう)となり吉野朝(南北朝)時代までは太刀緒で帯取りしたり鎧の太刀絡みに括り付けたりしたその有り様から「振(ふり)」「口(く・ふり)」「腰(こし)」と大和言葉風に読んだのでは…。
2.打刀(うちがたな)
 武士階級が興隆する室町以降は、刃を上向きにして腰間に差し挟んだ「差料(さしりょう)」として、これまで...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q塩をまく ってどういう意味?

塩をまくという単純な意味ではなく日本語としてあるものがあるみたいなのですが、意味はなんなのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

  清める時も塩をまきます。

  葬儀などの帰りには一人一人自分に塩をまいて、霊的な不浄を清めるのです。合理かなのか宗派なのか、お清めの塩を頂戴しない葬儀も最近は有るようですが。関取が取り組みの前に土俵上で塩をまくのもお清めの意味合いだそうです。

  No1さんが言われる通り、不愉快な客が立ち去った後に塩をまいたりする事もあります。これもお清めの一種?? 立ち去る背中に塩を掛けるなら、ほぼ「二度ときやがるな!!」の強いメッセージと捕らえても間違いは無いでしょう。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q走行中にナビを使う

こんにちは。
以前の質問で走行中にDVDやテレビを見たいという質問があったのですが、
それと似たような質問になってしまうかもしれません。
申し訳ございません。

MAZDA車に乗っており、ナビは購入時につけてもらいました。
パナソニックのHDDナビですが、MAZDA用に改良されているものみたいです。
サイドブレーキをひいていないとナビが使えないのですが、同乗者が走行中に
経路を見る事もあり、とても不便です。

サイドブレーキにつながるコードを抜いてみたのですが、逆に常にブレーキが
かかっている状態になってしまいダメでした。
ここまでうまくできていると、ナビの操作も携帯電話と同じように法律違反
なんでしょうか?
友人知人は走行中も使えるので、設定を変える方法はあると思うのですが
ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

すべて自己責任でお願いします。

ナビの走行中の制御には二通りあります。

1)サイドブレーキ
サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。
後付けのナビは、ほとんどこの方式です。

2)サイド+車速
サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。
純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。

で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。
まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番弱い状態でサイドを引き、車速が20km/h程度で走行します。

1)の場合は、テレビが映ったり、ナビが操作できます。
2)の場合は、スピードが上がってくると、TV画面が移らなくなったり、ナビが操作できなくなったりします。

では、解除の方法は、
1)の場合は、サイドブレーキをボディーアースします。サイドブレーキにつながっているナビの線を、車体の金属部分につなげることで、「サイドが引かれている」とナビが勘違いして映るようようなります。
抜くだけではだめですよ。

2)の場合は、
A)TVキットを購入する
特殊なナビをのぞいて、1万円前後で購入できます。そこそこ器用なら、自分で取り付け出来ます。
こういった物です。
http://www.tohshow.co.jp/start/tvtop1.htm

B)車速信号を殺す
1)の解除方法に”加え”て、
ナビにつながっている車速の線の間にスイッチを入れます。操作したい時だけそのスイッチをOFFにすると、車速「0」=停車とナビが勘違いして操作できるようになります。
この方法を使うと、スイッチOFFの時に、自車マークが動かなくなり、TVの裏画面でナビが停止するので、ルート案内をしなくなることがあります。しかし、スイッチを入れると、すぐにGPSで自車位置を修正して、再度案内が始まるので、特に問題はないと思います。

※車種やナビによっては、2)のB)の方法を取ると、「不具合が出る」場合もあります。この方法でも「解除できない」場合もあります。ですから、下のリンクの掲示板などでお乗りの車種やナビの種類を確認してから実行してください。
http://www.carview.co.jp/community/bbs/models.asp

ナビやTVが映っているだけでは違法ではありません。しかし、「安全」=違法or合法ではありませんので、そのあたりを十分にご理解して判断してください。

すべて自己責任でお願いします。

ナビの走行中の制御には二通りあります。

1)サイドブレーキ
サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。
後付けのナビは、ほとんどこの方式です。

2)サイド+車速
サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。
純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。

で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。
まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番...続きを読む


人気Q&Aランキング