人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

江戸時代、二本差と呼ばれていた武士は、脇差と短刀をどのように使い分けていたのでしょうか。

相撲で、行司が短刀を一振り帯びているのは、差し違えた際に自害するためであったということを聞きました。
このように武家においても、短刀はもっぱら自害やその他儀礼などに単独で用いたのでしょうか。

幕府による大小拵の規定(『幕儀参考』)によりますと、
大刀 2尺2寸~2尺3寸(定寸)
脇差 1尺6寸~1尺7寸前後
(刀ハ長サ貮尺二三寸を定寸トシ、脇差ハ壹尺六七寸前後ナリ)
とあります。
〔参照〕 http://www.kyoto.zaq.ne.jp/yamasiroya/banzasi.html

刃渡り1尺以上2尺未満のものを脇差、1尺未満のものを短刀と理解しておりますが、「二本差」としての大刀の差し添えはあくまで脇差で、大刀と短刀を2本差すということはなかったのでしょうか。

大刀の定寸を2尺3寸とするならば、1尺7寸前後の脇差というのはかなり大振りだと感じるのですが、いかがでしょう。

ちなみに、時代劇(特に70年代以前の古い作品)でも、明らかに1尺7寸には満たない脇差(短刀?)を大刀に添えて差している武士の描写が、ある程度見かけられます。
ただ、脇差といっても1尺3寸程度の小脇差もありますので、これは短刀ではないのかもしれません。

少々話がそれますが、現在普及している模造刀は、
大刀 2尺3寸5分
脇差 1尺5寸
程度のものが多く製作されているようです(2尺8寸などの長尺物を除いて)。

上の『幕儀参考』というのは、1828年に生まれて1890年に没した松平慶永(春嶽)が著したものですが、江戸時代265年の間には、脇差(または短刀)の定寸ともいうべき長さは、その時々によって異なっていたのでしょうか。

例えば、幕末期の新撰組副長・土方歳三については、局長近藤勇の書簡に
「土方氏モ無事罷在候、殊ニ刀ハ和泉守兼定二尺八寸、脇差一尺九寸五分堀川国広云々……」
とありますから、彼は2尺8寸の刀に1尺9寸5分の脇差しを帯びていたのでしょうが、かなり目立ったのではないでしょうか。

また、町人の「道中差」については、ある辞書には「武士の大刀と小刀の中間の長さ」とありますが、侠客が用いた「長脇差」とは異なるものであるはずですので、この記述は非常に曖昧ではないかと思います。
実際、道中差は「武士の」「小刀」(長さの基準はわかりませんが)よりも長かったのでしょうか。

以上、話題が二転三転いたしましたが、長さも含め、脇差と短刀の使い分け、差料としての「短刀」の位置づけについて質問いたします。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

江戸時代の刀は感覚的にいうと


2尺以上を刀(大刀)、1尺以上2尺未満を脇差、1尺未満を短刀とした。   短刀は鍔なしが殆ど。
刀は2尺3寸5分を定尺とし、2尺9寸以上を大太刀、2尺1寸以下を小太刀という。(太刀は反りが深いものをいうので、大小をいう、大太刀、小太刀は適切な表現ではないが)
脇差は1尺8寸以上2尺未満を大脇差(長脇差)、1尺3寸以下を小脇差という。   下記の法令では1尺8寸以下が庶民の差せる脇差である。(庶民は大脇差は差せない)
短刀は6寸~9寸5分らしい。   短刀は腰刀、匕首、喰出(はみだし)、鎧通し、首取脇差等とも云う。

武士は二本差しがきまりだが、標準が2尺3寸位の刀、脇差が1尺6寸位らしい。   しかし堕落した旗本のなかには一本差しがいて、2尺位の大脇差を差していた。    博徒が倣って長脇差(殆ど2尺のもあった)を差した。

これらは正徳2年の法令を参考にしたものだが、それ以前はかなり異なる。

刀は4尺以下、脇差は2尺5寸以下の時代もあった。   これは種々の本に書かれており事実と思われる。   元禄時代の道中差しといわれた脇差は2尺1寸であった。    当時道中の物騒さがわかる。
法令以後の庶民の道中差しは1尺7寸以下だろう。
「子孫鑑」には刀は2尺3寸5分、脇差は1尺3寸5分から、1尺8寸までがよいと書かれている。
脇差は予備の刀で切り合いに使う物。   鍵屋の辻のあだ討ちで荒木又衛門は2尺8寸5分の刀が折れ、2尺2寸の脇差で戦った。   庶民は必要に応じ自身を守るものであった。

法令では博徒は1尺8寸以下の長脇差しか差せないが、それ以上1尺9寸9分までの長脇差を差したといわれる。   2尺未満なら大目に見られたらしい。

短刀は護身用で、武士は両刀を携えてはならない場所で持つ。   庶民は脇差の代わりに護身用に持つことがあった。
    • good
    • 3

脇差というのは本来予備の刀ですから刀同様鍔などを備えた拵えです。


従って戦国時代では文字どうり2本差しという太刀2本を携行したくらいです。  刀身も当然同じくらいだった筈です。

これは日本刀の特徴である戦闘中切れ味が低下し易いのを防ぐ工夫でした。

時代が下り平和になると殆ど同じ刀を2本携行する必要もなくなり、次第に刀身が短くなり軽量になったのです。
従って土方歳三のように実戦本意の場合は刀身も長いものを使ったのです。
「幕儀参考」は時代も大分下った時代ですから、大名の殿中心得としての規定とおもいます。

短刀は鍔などを備えず拵えも簡単なもので自衛や自決用などの為に懐中にひそばせたものです。
道中差しは帯びる人の使い勝っ手により決まったのではないでしょうか。
刀はかなり重量があり使用にも腕力を要しましたから。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武士は、なぜ刀を2本差してるの?

「二本差し」と言えば、武士を意味する言葉ですよね。
でもなぜ、刀と脇差の2本も腰に差しているのでしょうか?

そこでご質問なのですが、

1.いつ頃から、二本差しするようになったのですか?
2.二本差す理由はなんですか?
3.信長や秀吉が活躍した戦国時代で、実際の合戦場でも二本差ししていたのでしょうか?
4.武士なら誰でも、みんな二本差ししていたのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLにあるように2本差すのは武士の象徴だったからです。
そして場面場面で2本差すか1本だけ差すかを分けていました。
城内では刀は入り口で預けて脇差しだけにしていますし。

それともう一つ、刀というのは時代劇にあるようにばっさばっさと人を連続では切れません。
地の利や人間の体の脂肪分ですぐに切れなくなります。
洗浄などでそうして切れなくなったり刀が折れたりしたときのために脇差しはあります。

参考URL:http://www.idj.ne.jp/~tahara/japanese/JITEN/katana.html#sashi

Q何故?お侍さんは刀を2本持ってるのでしょうか?

タイトル通りですが
お侍って腰の所に2本の刀(長刀と短刀)を、持っていていたのでしょうか?

Aベストアンサー

もともとは武士が持っていた
太刀というのが非常に大きくて
合戦のときは鎧の上からこれでぶん殴って
馬上から叩き落す、あるいは組み付いて
引きずり落としてから
脇差(短刀)を抜いて、喉元や脇の下をグサっと刺して
相手を殺していたわけです。
だから実用の武器は実は短い方だったわけ。

ちなみに太刀は非常に丈が長かったので、腰刀にはできず、
短刀のほうも古いものは丈が通常の刀と思うぐらいに長いものでした。

平安から鎌倉を通じてこのような
戦いの作法があったわけですが、
室町・安土桃山の頃になると集団戦が
中心となったために、太刀が廃れ、
より扱いやすい打刀が主流となり
打刀(大きい方)が実用の武器となったわけです。

ちなみに腰に足緒(あしお)で吊る太刀に対して、
帯にさして用いる長い刀を打刀(うちがたな)といいます。

豊臣秀吉の刀狩以降、新スタイルの刀剣、新刀が生産されるようになり
大小拵、同じ鞘塗装、絵巻で統一された打刀と脇差の二本を腰にさす
武士の作法がしだいに完成されます。
江戸時代には幕府の規定で大刀・ニ尺三寸、脇差一尺五~七寸と
定格化されて、時代劇でみるような感じになったわけです。

この頃になると実用性はほとんど失われたので
拵も形式的なものになり、刃も薄く軽くされるようになっていて、
幕末の頃は、古刀(新刀以前に製造された刀)を用いる
示現流の薩摩藩士などとの戦いでは、刀ごと折られて頭を割られたという
事例がでたほどでした。ちなみにですが。

もともとは武士が持っていた
太刀というのが非常に大きくて
合戦のときは鎧の上からこれでぶん殴って
馬上から叩き落す、あるいは組み付いて
引きずり落としてから
脇差(短刀)を抜いて、喉元や脇の下をグサっと刺して
相手を殺していたわけです。
だから実用の武器は実は短い方だったわけ。

ちなみに太刀は非常に丈が長かったので、腰刀にはできず、
短刀のほうも古いものは丈が通常の刀と思うぐらいに長いものでした。

平安から鎌倉を通じてこのような
戦いの作法があったわけですが、
室町・...続きを読む

Q普通の刀と居合刀の違い

普通の刀と居合刀って別々に呼称され売られていますが、何か作り方の違いなどがあるのでしょうか
あと普通の刀でも居合はできますか?

Aベストアンサー

居合刀というのは一般的に居合稽古用の模造刀のことを指すことが多いようです。(販売的な呼称として)
ただ稽古に使う真剣のことをもって居合刀という場合もあります。
流派によって差はありますが通常ですと高段者は真剣を使うことが絶対になっており、低段者や無段者は模造刀で稽古することが多いです。
(私の流派は実際に試斬する関係上一通りの基礎ができれば即真剣ですが^^;)
普通の刀・居合刀という分類より美術刀・居合刀といった分類の方が適切かと思います。
模造刀でも真剣でも実用目的(型稽古・試斬等)のものを居合刀、鑑賞目的のものを美術刀と区別しますが例えば真剣の場合基本的な造りは同じです。
ただ、美術刀の場合原料の玉鋼の産地や鍛えで肌目や刃境(刃紋)が良く出るようにまた鍛え傷(折り返し鍛錬の際の空洞があると出る)が極力出ないよう特に注意を払って打つそうですし(当地刀匠語る^^;)特に砥ぎの段階では居合刀に比べ極端に時間をかけ丁寧に行うようです。
(一般に美術刀を砥ぎ上げるにはプロの砥師が約2週間かけます)
一方居合刀は造りは一緒ですが、美術刀ほどの時間をかけた砥ぎは普通しません。(してもいいんですがおそろしく高くつくんで^^;・・・・約3~4倍違います)
あと、うちの流派のように実際に斬る場合かっこより切れ味優先なんで重ねが薄く身幅の広い刀を注文打ちしてもらうこともあります(邪道と言えば邪道ですが^^;)
美術刀で居合をされている方もおります。
しかし試斬はもちろん居合抜き等でもすぐにヒケ(細かい傷)が入りますんでもったいないからお勧めはしません。
観賞用に砥がれた刀は鞘への抜刀納刀すら気を遣うほどデリケートですから。
確実に価値を落とします。
美術刀の上砥ぎって砥ぎ代だけで一振り4~50万かかるものですから^^;

居合刀というのは一般的に居合稽古用の模造刀のことを指すことが多いようです。(販売的な呼称として)
ただ稽古に使う真剣のことをもって居合刀という場合もあります。
流派によって差はありますが通常ですと高段者は真剣を使うことが絶対になっており、低段者や無段者は模造刀で稽古することが多いです。
(私の流派は実際に試斬する関係上一通りの基礎ができれば即真剣ですが^^;)
普通の刀・居合刀という分類より美術刀・居合刀といった分類の方が適切かと思います。
模造刀でも真剣でも実用目的(型稽古...続きを読む

Q蔵から錆びた刀が出てきた時の対応

父が亡くなり、蔵から錆びた刀が2本出てきました。1本は長い日本刀で、1本は脇差です。刃はあるものの、非常に錆びており使いモノにはなりません。銘は無いようです。相続財産としての価値はあるのでしょうか?また警察に届ける必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず所轄の警察署に発見届を出してください。
手続きが終わると登録審査の場所と日時を教えてくれると思いますので、持参の上審査を受け登録証(教育委員会・教育庁発行)を取得することによって合法的に所持・売買することができます。
なお、必ず発見した状態で警察にもっていってください。
(くれぐれも錆びを落としたりしないで下さい、へたをするとその時点でアウトになる可能性もあります)
審査の段階では、和鉄を使い折返し鍛錬によって鍛えられた「日本刀」であることが条件で登録証が発行されますので、戦時中に大量生産されたスプリング刀など一部審査を通らない可能性もありその場合は処分しなければなりません。(大抵は大丈夫です)
財産的価値ですが、刀に関してはピンキリで数万円程度のものから一般的な線で数百万円(国宝級ならうん億円なんてのもありますが・・・)ですが、
無銘ということですので、さほどの価値は望めないかもしれません。
もし余裕があれば登録後砥ぎに出してみるのも良いかも知れませんが、美術刀としての研ぎの場合寸あたり1~3万円かかるので結構高くつくかもしれません。
但し、研ぎあがればある程度の価値は分かります。
(銘がないので、肌目や刃紋等の特徴が分からないと判断できませんので・・・)

まず所轄の警察署に発見届を出してください。
手続きが終わると登録審査の場所と日時を教えてくれると思いますので、持参の上審査を受け登録証(教育委員会・教育庁発行)を取得することによって合法的に所持・売買することができます。
なお、必ず発見した状態で警察にもっていってください。
(くれぐれも錆びを落としたりしないで下さい、へたをするとその時点でアウトになる可能性もあります)
審査の段階では、和鉄を使い折返し鍛錬によって鍛えられた「日本刀」であることが条件で登録証が発行されます...続きを読む

Q江戸時代の武士がもつ日本刀について。

うちには先祖が武士家系ということで 日本刀が何本か残されているのですが 時代劇に使われているような見事なものではなく とても質素なものです。 鞘にしろ鍔にしろ 簡素なもので 刀身も63,8センチ の無名刀です。 小柄とよばれる小刀もついていません。 そこでいくつか質問があります。

(1)やはり昔も 上級武士(位の高い)はそれなりにいいものを身に着けていて 持っている刀がその武士の 品格を表すようなものだったのでしょうか?

(2)また映画などではチンピラ風の町人も脇差しのようなものがありますが そういうチンピラ風のものでも高級な刀をもてたのでしょうか?とくに 「先生」と呼ばれた腕のたつ殺し屋みたいなのもでてきますが長いいい刀を持っているように見受けられます。。

(3)また武士に生まれた家系は 子供のときから刀を差していますが 体の成長により刀を自分の体格にあったものに常に変えていたのでしょうか? 

(4)時代劇のように あんなしょっちゅう刀を抜く機会って 武士でもチンピラでもあったんでしょうか?いまでいうピストルを相手に向けるようなものですよね お互いが刀を抜いた時点で 死を覚悟するようなものだと思いますが。 ドラマや時代劇では みね打ちとかいって どしどしやっつけていますけどあれでも実際やったら相当なダメージではないですか?  

以上わかることだけでも結構です。 お詳しい方どうかよろしくお願いいたします。

うちには先祖が武士家系ということで 日本刀が何本か残されているのですが 時代劇に使われているような見事なものではなく とても質素なものです。 鞘にしろ鍔にしろ 簡素なもので 刀身も63,8センチ の無名刀です。 小柄とよばれる小刀もついていません。 そこでいくつか質問があります。

(1)やはり昔も 上級武士(位の高い)はそれなりにいいものを身に着けていて 持っている刀がその武士の 品格を表すようなものだったのでしょうか?

(2)また映画などではチンピラ風の町人も脇差しのようなも...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 江戸時代の中期頃から、幕府や各藩が厳しい贅沢禁止令が出していますから、特別な時以外には上級武士(大名も含む)でも目に見えて分かるような贅沢などしていません。

 まあ、裕福な武家の次男坊や三男坊(部屋住みとか言われる層)が、粋を気取ってやたらと凝った鞘を差していたようですが…。
 象嵌で絢爛豪華な鞘を作ったりとか…。

(3) 最初に子供に与えるのが、所謂「守り刀」と言われる30cm以下の刀で、藩の学問所とかに通う頃に脇差クラスの30cm以上の刀を差し、元服や出仕する様になると二本差しになると。

 なお、江戸時代の武士の骨格は刀を差していた関係で、左肩が極端に上がった形に成っていたとか…。
 (子供ではとても差せない…。)

(4) 江戸時代の武士は、たとえ町人相手でも刀を抜くような真似は滅多に有りません。

 もし、刀を抜いて相手を仕留められなければ、国家鎮護守・外敵制征圧を担う兵として不心得者であるとされ処罰されます。

 仮にちゃんと成敗しても、それが無礼打ちであった事をちゃんと証明(切った本人は必ず一定期間謹慎に成るので、家中の者が死に物狂いで、証人を探す)できなければ、やっぱり処罰されます。
 (証人が見つからなかった為に、処罰が下る前に切腹する者も多い。)

 そして、侮辱を受けても刀を抜かないでいる所を同輩などに見られると、臆病者であるとされやっぱり処罰されました…。

 なお、上記の事を知っていた町民の中には、粋を衒ったり、度胸試しのために故意に武士を挑発する物もいたとか…。

 と言う訳で、当時の武士は町へ行く時などは、共の者を連れて行き主人が屈辱を受ける様な場面に遭遇しないよう、体を張って庇う必要が有ったようです。

 また、他領の領民に対する危害行為は、たとえ正当防衛である切捨御免の結果であったとしても、その領民が属する封建領主への敵対的行為とされる恐れがあり、各藩は藩士に対して江戸領民に触れ合うような場所に行く事を可能な限り避けるよう厳命していました。

(1) 江戸時代の中期頃から、幕府や各藩が厳しい贅沢禁止令が出していますから、特別な時以外には上級武士(大名も含む)でも目に見えて分かるような贅沢などしていません。

 まあ、裕福な武家の次男坊や三男坊(部屋住みとか言われる層)が、粋を気取ってやたらと凝った鞘を差していたようですが…。
 象嵌で絢爛豪華な鞘を作ったりとか…。

(3) 最初に子供に与えるのが、所謂「守り刀」と言われる30cm以下の刀で、藩の学問所とかに通う頃に脇差クラスの30cm以上の刀を差し、元服や出仕する様になると二本差...続きを読む

Q薙刀と槍では相当違うのでしょうか

 平安時代は薙刀が主体で、中世に槍が出現すると薙刀はほとんど使われなくなったっと言われます、
確かに、平清盛を見ていると、槍はありません。一方で戦国時代のシーンだと薙刀は、女性が訓練するのに使われているぐらいで、戦闘には全然使われません。

 槍は刺すのが主体、集団戦法に良いので戦国時代は主力になったと言われますが、日本号も槍で、集団戦法もとらない勇士の武士も、槍を使って薙刀は使わない気がします。赤穂浪士の討ち入りでは、槍を持って行く人間はいますが、薙刀を持っていく義士はいません。

 個人で戦う場合でも、やっぱり槍のほうが薙刀より実戦的なものでしょうか?

 

Aベストアンサー

長刀というのは、「長い柄の先に、日本刀がついたもの」と考えて下さい。

使いようによっては有効な武器であり、後世に「女性が使う武器」となったのは、
「遠心力を利用できるので、男性より非力な女性でも、複数名が狭い所の防御をするのであれば役に立つ」
という性質を有します。

ですが、槍より武器として使い難い点として、

(1) 他の方も指摘されるように、使う鉄の量を考えると、長い柄の先に穂先がついた槍の方が圧倒的に少ない。

(2) 長刀が「斬る武器(薙ぐ武器)」であるのに対し、槍は「突く武器」「集団で、叩く武器(この場合、先端の穂先はナマクラでも構いません)」であり、槍の方が遥かに扱いやすい。

(3) 日本の鎧は、戦国時代の半ばに火縄銃が導入されるまで、革の小片(小札=こざね)に漆を塗って表面を硬くしたものを綴り合わせた構造だった。この構造の鎧は、日本刀や長刀のような「斬る武器」には相対的に強く、槍や弓矢のような「突く武器」には相対的に弱い。よって、敵が立派な(強度の高い)鎧をつけていると、斬る武器である長刀は有効性が落ちる。

(4) 後世に、女性が使った長刀は、夜戦の戦場で使うものとは違い、ずっと軽いもの。平安時代や源平合戦の時代に、戦場で使われた長刀は、ずっと重くて「殴られた」だけで相手にダメージを与え、敵の鎧を切り裂けるような強力な武器であった。その代わり、このような「実戦で有効な長刀」を使いこなすには、武士の平均を超えた腕力が必要だった。

(5) 戦国時代に、長刀のような「強力な斬る(薙ぐ)武器」として「大太刀(野太刀)」「長巻」が実用されたことが記録されています。

大太刀(野太刀)とは、刀身が2メートルくらいある、刀のバケモノです。
下記のようなものが、現存しております。
現物を調べると、実戦で使用した形跡が認められるとのことです。
http://d.hatena.ne.jp/daddyscar/20100719/1279486088

このような、人間に振り回せるとは思えない武器を駆使したと伝えられる武士が、朝倉家家臣の

真柄十郎左衛門直隆
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E6%9F%84%E7%9B%B4%E9%9A%86
です。大相撲の横綱が、剣術の奥義を極めたような人物でしょうか。オリンピックに出れば金メダル確実、というような身体能力を有する人だったと思われます。

「長巻」というのは、大太刀よりは超人的な身体能力を要しない、「斬る武器」です。
下記で解説されております。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B7%BB

ただし、やはり並の武士では「長巻」は使いこなせなかったようで、武田家の水軍大将で、駿河国持舟(用舟)城主だった、向井正重が、長巻の名手であったと伝えられます。水軍の戦いでは、敵に致命傷を与えなくても、敵の兵や水夫を傷つけて動けなくするだけで良いので、長巻で薙ぎ払う戦法が有効だったのでしょう。

長刀というのは、「長い柄の先に、日本刀がついたもの」と考えて下さい。

使いようによっては有効な武器であり、後世に「女性が使う武器」となったのは、
「遠心力を利用できるので、男性より非力な女性でも、複数名が狭い所の防御をするのであれば役に立つ」
という性質を有します。

ですが、槍より武器として使い難い点として、

(1) 他の方も指摘されるように、使う鉄の量を考えると、長い柄の先に穂先がついた槍の方が圧倒的に少ない。

(2) 長刀が「斬る武器(薙ぐ武器)」であるのに対し、槍は「突く武器...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q町民が脇差を指すことは、公に許されていたのですか?

江戸時代、身分制度がありました。
町民が脇差を指すことは、公に許されていたのですか?お上からのお咎めはなかったのですか?

Aベストアンサー

徳川四代将軍家綱の寛文八年に町人どもは刀を
差してはならぬという法令が出され、江戸幕府が出来て
約60年間、それまで脇差一本を差すことを許されていた
町人はそれを出来なくなりました。
(ドラマではこれを考慮した考証が必要ですが)

ただし例外は認められています。
先答にある道中差しという旅行者(遊び、商売、荷物、
飛脚など)は途中の危難から身を守るため許されています。
「東海道中膝栗毛」の弥次さん、喜多さんは脇差を差しての
道中です。
例外はこのほかにもいろいろあります。

もともとこの禁令は市中の治安は充分保たれるようになり、
お前たちは日中安全に暮らせるようになったと幕府の威厳
を示す意味もありました。

有力町民(町役人、庄屋、大店など)には名字帯刀を許される
者もいました。    これは二本差しです。

浮世絵に大店のドラ息子が脇差を差して、自慢しています。
一方大店の主人が脇差しを差している絵はないようです。
主人は風体だけでお大尽とすぐわかるので不要でした。

以上は町方と呼ばれる地域の話で、地方(じかた)とよばれる
郊外、農村地帯では違うこともあります。

徳川四代将軍家綱の寛文八年に町人どもは刀を
差してはならぬという法令が出され、江戸幕府が出来て
約60年間、それまで脇差一本を差すことを許されていた
町人はそれを出来なくなりました。
(ドラマではこれを考慮した考証が必要ですが)

ただし例外は認められています。
先答にある道中差しという旅行者(遊び、商売、荷物、
飛脚など)は途中の危難から身を守るため許されています。
「東海道中膝栗毛」の弥次さん、喜多さんは脇差を差しての
道中です。
例外はこのほかにもいろいろあります。

もともとこ...続きを読む

Q日本刀の数え方

日本刀は「一振り」「二振り」と数えるものだとずっと信じてきたのですが、
国立博物館の刀剣展示室の解説に「口」という単位が使われていました。
また、刀剣関係の書籍でも「口」という単位をよく見かけます。
どちらも正しい刀の数え方だとは思いますが、どういう風に使い分けているのでしょうか。

また、太刀も「振り」や「口」の助数詞をつかうのでしょうか。

(因みに、以前○売新聞の社会面の記事に、日本刀を「×本」と書いてあったのを見て、唖然としました。)

Aベストアンサー

日本の刀剣は概ね四種類に分けられてるいるようですので、その面から考えてみました。
1.太刀(たち)
 奈良時代までの無反りの大刀(たち)「直刀(ちょくとう)」が、平安頃から反りのある彎刀(わんとう)となり吉野朝(南北朝)時代までは太刀緒で帯取りしたり鎧の太刀絡みに括り付けたりしたその有り様から「振(ふり)」「口(く・ふり)」「腰(こし)」と大和言葉風に読んだのでは…。
2.打刀(うちがたな)
 武士階級が興隆する室町以降は、刃を上向きにして腰間に差し挟んだ「差料(さしりょう)」として、これまでの呼び方に加えて漢音読みの「刀(とう)」「剣(けん)」「口(こう)」とも呼ばれた…。
3.脇差
 刀に添えて脇に差す鐔付きの、刃渡り二尺未満の小刀(ちいさかたな)では「口」「刀」「振」か。刀と合わせてなら「揃(そろい)」。またいわゆる帯刀が許されない身分では、鐔(つば)なしの脇差や、刀並みの刃渡りの長脇差(ドス)などでは「本(ほん)」「挺(ちょう)」あたりか。
4.短刀
 突き刺しや投げを考慮した、俗に九寸五分とも呼ばれる刃渡り一尺未満の小刀は、刺刀(さすが)や懐刀や小柄などであり、「口(く)」「丁(ちょう)」「本」などとか。

 ざっとこの様に思い巡らせて見ると、ここはやはり一振り=一口(く・ふり)という千年もの昔からの呼称が日本刀には相応しいのではないでしょうか。

日本の刀剣は概ね四種類に分けられてるいるようですので、その面から考えてみました。
1.太刀(たち)
 奈良時代までの無反りの大刀(たち)「直刀(ちょくとう)」が、平安頃から反りのある彎刀(わんとう)となり吉野朝(南北朝)時代までは太刀緒で帯取りしたり鎧の太刀絡みに括り付けたりしたその有り様から「振(ふり)」「口(く・ふり)」「腰(こし)」と大和言葉風に読んだのでは…。
2.打刀(うちがたな)
 武士階級が興隆する室町以降は、刃を上向きにして腰間に差し挟んだ「差料(さしりょう)」として、これまで...続きを読む

Q武家の女性は常に懐剣を携帯していた…?

時代劇を見ていると、武家の女性が帯に懐剣を差していることがありますが、同じ作中でも場面が変わるとあったりなかったりします。
実際、懐剣というのは常には携帯されないものだったのでしょうか?
そもそも懐剣は外出時に護身用で持つものである、というろころまでは自力で調べられたのですが、それはつまり、基本的に危険なことがないであろう屋敷やお城にいる際は、携帯しなかったということですか…?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

携帯していました。
お城内は危険でない、なんてことはありません。
あの江戸城でさえ、刃物沙汰は何度も起こって
います。

目的は護身もありますが、あの小さな刀で
どれほどその目的が達せられるか、疑問です。

護身の他に、プライドを傷つけられたとき
自決するため、という意味もあります。


人気Q&Aランキング