ライブレポ!コーネリアス独自の世界観をお届け!

お世話になります。
よく円相場を見ると「110.96-110.98」とハイフンが間に入っています。
このハイフンは何か意味があるのでしょうか?
左と右の数字の違いはなんでしょうか?

よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

為替取引には買値と売値の間に差(スプレッド)ができるのでこのような表示になります。


ドル円相場であれば、円を売ってドルを買いたいときは1ドル110円98銭で、その逆は110円96銭でということになります。

特にハイフンそのものに意味はなく、売買の範囲がその間で取引されているということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りやすい回答有り難うございます。

お礼日時:2007/11/17 11:37

ハイフンは幅です。


96銭から98銭で推移しているという意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
私の思っていたものと合っていたので安心しました。

お礼日時:2007/11/17 11:38

>110.96-110.98



円相場で
110円96銭から110円98銭
の間と言う意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

お礼日時:2007/11/17 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円とドルの往復の際、平均レートで処理するとなぜ損になるのか

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ドルを使用
残りの50ドルを円へ レート:1ドル100円として円は5,000円
(マーケットレートがあまり変わらない場合、円に戻す方がレートが悪いのでこういう想定にしました)
レートの200円と100円との平均は150円
海外で使用した50ドルを1ドル150円で換算すると7,500円
しかし、実際は20,000円持って行って返ってきたのが5,000円だから使用したのは15,000円で、7,500円しかもらえなかったら7,500円損する。
この差が出るのは
1. そもそも使った50ドルは200円で買ったドルなのだから、価値は10,000円。7,500円としか評価されなければ2,500円の損
2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損

でもこの2つの損を合計しても、5,000円の損であって、実際損した7,500円にならないのは何でなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ド...続きを読む

Aベストアンサー

>2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損
これがおかしいのでは.
返ってきたドルは,1ドル200円で買ったものなのに,1ドル100円になったしまったら,1ドルあたり100円損なんで,合計5000円の損ですね.2.は会社は無関係なんで,150円という数字は関係ないです.

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

Qドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行

ドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行へ行くと91円台だったのですが何で変わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

売/買でもレートが違いますよ
売レート - 手数料

Q1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、

1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、円からユーロに換金したユーロをいくらかずつ所有しています。1ドル80円、1ユーロ114円となった今、これらの外貨を最小限の損失で運用するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

先日TVで見たのですが、ドル円の予想で110~120円になるには10年くらいかかるという専門家が6人中3人でした。
ドルやユーロが通用するところへ旅行に行ったとき使ってくるくらいです。

Qドル換算の商品を購入する場合の注意点

USの企業からドル換算で製品を購入する予定があります($150、000ほど)。海外の企業と初めての取引になります。為替に注意する必要はあると思いますが、その他何か注意することはあれば教えてください。また為替リスクを回避する何か良い金融商品があれば聞かせてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

為替予約以外の手段ですが…。
資金が準備できる状況なら、取引銀行に予め外貨預金口座を作って、円高の日にドル買いして入金しておく。
ただし、送金時には、円で払い込むよりドルで払い込む方が余分に手数料がかかると思います。(リフティングチャージまたはハンドリングチャージなるもの)

QFXについてです。 超簡単に言うと、 1ドル100円の時にドルを買って、 1ドル120円の時にドルを

FXについてです。
超簡単に言うと、

1ドル100円の時にドルを買って、
1ドル120円の時にドルを売れば
20円の利益が出るってことですよね?

Aベストアンサー

1ドル100円で買い、120円で売ると、20円得。
でも、
1ドル120円で買い、100円で売ると、20円損。

100円で買って、期限までに値が上がらないと、
損する値で売るしかない。
期限が来る前に、値が下がると、追加証拠金払わないといけない。

当てが外れると絶対に損が出る仕組みです。

Q豪ドルレートの動きを教えてください!

今、チェックしたら1AU$が69円でした。長期滞在のためにTCでの購入を考えています。二月に出発するのですがレート今はいいほうなのでしょうか?もう少し待ったほうがいいのでしょうか?教えてください。レートの流れが見れるサイトや今後の予想が乗ってるページなど紹介してください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。長期滞在ということは出張ですか?それともワーホリ?
いずれにせよ、いいですね。

さて、ご質問のアドバイスを一つ。
あらかじめ言っておきますが、これは私個人の意見ですので
あまり当てにならないかもしれないですよ。

ところで、私は2000年3月にオーストラリアに行きました。
そのときはT/CをAS$1=¥71で購入しました。(必要な分だけ半年ほど前に)
そして、現地でクレジットカードを主に使用し、帰国後
レートを見たら¥66くらいでした。
ということは少し損をしたということですね。

逆のことも大いに考えられます。
ですので、大きな賭けをしてみてはいかがでしょうか?
今はまだまだ円安になる可能性もあります。
ですので、現在T/Cを購入していた方がお得かもしれません。

よくご自分で考えて購入の時期を見計らってください。
せっかくT/Cを大量に購入したのに、数ヵ月後には
¥60になっていたということもありえます。

どちらかというと、長期滞在なら私は口座を開く
orシティバンクのカードを作る、という風にしますが・・・

少し話が横道にそれました。
確実にお得、ということは誰にも分かりません。
自分なりに予測して、後日思い返すこともいい思い出になるのではないでしょうか?

ただし、今の円安がずっと続くこともあまり考えられませんが・・・

(注)あくまで私の意見です。自分なりに判断してくださいね。
   責任は持てません。

こんにちは。長期滞在ということは出張ですか?それともワーホリ?
いずれにせよ、いいですね。

さて、ご質問のアドバイスを一つ。
あらかじめ言っておきますが、これは私個人の意見ですので
あまり当てにならないかもしれないですよ。

ところで、私は2000年3月にオーストラリアに行きました。
そのときはT/CをAS$1=¥71で購入しました。(必要な分だけ半年ほど前に)
そして、現地でクレジットカードを主に使用し、帰国後
レートを見たら¥66くらいでした。
ということは少し損をしたということです...続きを読む

Q円ドル20年の月足だと110円前後でまた円高

に 切り替えしそうですが どうですか?

Aベストアンサー

どうだろねぇ。
 エリオット波動論だと
 来週あたりから4月かけて 86~93円台に突入
 4月以降に120円と

このまま円安が40年ほど続くって見方が多いけどね

Q対ドルの価格推移はあるのですが、対元の価格推移表ってないですか?

対ドルでは恐ろしく円高ですが、対元では恐ろしく円安になっていたら驚きかなぁと思いまして。

Aベストアンサー

中国は通貨バスケット制を採用しているので、ドル安になれば元安になります。

http://searchina.ne.jp/exchange/?type=CNY&mode=chart&dwm=month
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%88%B6

日本の輸出額は対中国が対米を抜いていきますので、元高になっていればこんな不況にはなっていませんよね。

Qデイトレとスイング…どっちが儲かる? FX初心者です。 例えば、110円でドル買い。114円で売却予

デイトレとスイング…どっちが儲かる?


FX初心者です。

例えば、110円でドル買い。114円で売却予定の場合。

ベースは上昇トレンドとして、その間にデイトレのように、売り買いを繰り返した方がいいのか、スイングしてじっくり値動きを見て、114円で一気に売ったほうがいいのか? 結局のところ、どちらが稼げるのですか?

まあ、単純に考えて、114円に上がるまでに、少し上昇しては売り、また下降しては買いを続けるほうが稼げるような気がしますが、果たしてそれが労力に見合うものなのか…という点についても知りたいです。

投資額は200万円ほど。レバレッジはかけてないです。

どうぞ、よろしく独自の視点での解説を経験やエピソードなどを交えて、自由気ままにお願いします。

Aベストアンサー

デイでもスイングでも、ご自身がこちらの方が自分には合っているなという方法でトレードをした方がいいと思います。

一回だけトレードしてもう一生トレードしない、という場合を除いて、トレードを継続して行っていくのであれば、デイ、スイングにかかわらず、トレードをする前に、どのような状況で買い、どのような状況で売るのかをあらかじめ決めておく必要があります。

つまり「114円に上がるまでに、少し上昇しては売り、また下降しては買いを続ける」とございましたが、【上昇】【下降】が具体的にどの程度でポジションを確定させるのかということです。

ローソク足だけで勝負するのか、もしくは移動平均線や一目均衡、ストキャスなどを利用して確定させる価格を決めるのか、どのような方法でも自身にとってわかりやすくかつ具体性がなければ長期的な利益は得られません。

また、114円にタッチせず100円方向に走って行った場合には、どこで損切りするのかを考えることも大事です。レバレッジをかけないということですから、どこまで行っても強制的にロスカットされることはないですが、一生塩漬けになってしまっては資金を殺してしまいます。

100回トレードしても、資金を守りきれる手法がトレードをする前に必要だということです。売買のボタンを押してからどうしようか等と考えているようでは、気づいたら資金がなくなっています。

利食いしても損切りしても明日もトレードしていかなくてはならないので、ほんとに憂欝になります。チャートを食い入るように見るのが大好きならば、チャレンジしてみた方がいいでしょう

デイでもスイングでも、ご自身がこちらの方が自分には合っているなという方法でトレードをした方がいいと思います。

一回だけトレードしてもう一生トレードしない、という場合を除いて、トレードを継続して行っていくのであれば、デイ、スイングにかかわらず、トレードをする前に、どのような状況で買い、どのような状況で売るのかをあらかじめ決めておく必要があります。

つまり「114円に上がるまでに、少し上昇しては売り、また下降しては買いを続ける」とございましたが、【上昇】【下降】が具体的にどの程度...続きを読む


人気Q&Aランキング