ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

イエスユアハイネスってどういう意味ですか?

A 回答 (4件)

Yes, Your Majesty.


  His/Her Majesty ;陛下(国王陛下・女王陛下・皇后陛下・皇太后陛下など)に対する応答  

Yes, Your Highness.
  His/Her Highness. ;殿下(皇太子殿下・皇太子妃殿下・王子・王女など)に対する応答  

Yes, Your Excellency.
  His/Her Excellency ;閣下(大統領閣下・首相閣下・大使閣下など)に対する応答
    • good
    • 6
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2018/12/29 22:11

簡単に言えば「かしこまりました。

」「了解いたしました」という意味なんですけど、これ、似たような言い回しが他にもあって、それと使い分けることが大事なんです。

イエスユアハイネス=Yes, Your Highness
Highnessは王位・皇位継承権所有者に対する敬称になります。ですから、今現在王位や皇位についている人に対しては使えません。

では、今現在王位や皇位についている人に対してはなんというか、それは
イエスユアマジェスティ=Yes, Your Majesty
Majestyとは陛下という意味なので、王・女王・皇帝・天皇・皇后などに対する敬称になります。

両方を一緒に覚えてくださいね。
    • good
    • 1

highness【名】


高いこと
殿下◆皇族などに対する敬称。通例、Highness。
    • good
    • 0

「了解しました」という意味です。



 「イエス・ユア・ハイネス(Yes,your highness)」
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイエス ユア ハイネスとイエス マイロード

初めて質問させていただきます。最近某アニメを見ていてちょっと気になったんですが、そのなかで上官に対する返事に「イエス ユア はいねす」という時と「イエス マイ ロード」という時とあったんです。この二つの使い分けには何か理由があるのでしょうか。よくわからないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

マイ ロード(My Lord)というのは一つの成句で、厳密には侯爵以下の貴族に対する呼びかけの意があります。日本語に意訳すると『閣下』といったところでしょうか。
あのアニメでは貴族の爵位に関わらず、一般的な上官に対する返事とされているらしいですね。スザクがセシルさんにこう返してましたし。

一方、ハイネス(Highness)には、高位の者、殿下という意味があります。
皇族に対してはこちらを使うようです。但し、皇帝に対してのみ、陛下の意味を持つMajestyで返すようです。

Q貴族にはイエス・マイロード、皇族にはイエス・ユアハイネスでしたよね?姫と王子はどっちに入るのでしょうか?

王子・姫・執事・メイドごっこで「執事」に希望したんですけど相手が王子・姫なのでどういえばいいかわかりません><
誰かおしえてください!!

Aベストアンサー

コードなあれの、ですか?
"my lord"は閣下ですが、myは無くてもかまいません。
"your highness"は殿下という意味なので王子でも姫でも使えます。特別に分けたい場合は姫が"her highness"、王子が"his highness"ですね。
王や女王には本来"his(or her) Majesty"を使います(なぜかまとめてyour highnessでしたが)

余談ですが、公爵の場合は王、女王をを"my cousin"と呼びます。

Q英会話スクールとかにある 仕事で使う英語とは? 場所によるものだとは思うのですが、 英会話スクールで

英会話スクールとかにある
仕事で使う英語とは?

場所によるものだとは思うのですが、
英会話スクールで仕事で英語を使う人用のコースは
どんな職業の方を想定しているものなのでしょうか?

サービス業の私は
日常会話のコースで十分だと思っていますが…

Aベストアンサー

ビジネス英語のことかなぁ
海外と取り引きをする企業では必須です。
会議、Eメールでのやり取り、資料の製作、取り引き先の外国人の接待など全て英語で行う仕事の場合は業務の全てを英語で行うので、日常会話程度では対応できません。

仕事につきもののパーティーやレセプションにも対応しています。

QWho was able to solve that problem?

瞬間英作文に以下の例文がありました。
Who was able to solve that problem?

質問1
なぜ、wereではなく、wasが使われるのでしょうか?

質問2
主語がWhoの場合、wasとwereをどうやって決めればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

https://plaza.rakuten.co.jp/aimusha2/diary/200712290000/

Q「イエス、マイロード」ってどういう意味ですか?

自分は今、黒執事にハマってます。
その中で、セバスチャンがシエルに対して、「イエス、マイロード」っていっているんですけど、どういう意味でしょうか?
ヨーロッパの言葉なんですか?
その台詞は、コードギアスにも出ていてずっと気になっていたんです。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

Yes,My lord.
直訳すると「はい、ご主人様」ですが、意訳すると「かしこまりました」「御意に」「ご命令のままに」です。

Yes,My master.
と同じです。

Q英語でフォルダブルってどういう意味ですか? フォルダブルスマホとか言っていました。

英語でフォルダブルってどういう意味ですか?

フォルダブルスマホとか言っていました。

Aベストアンサー

こんばんは。

 フォルダブル(Foldable)とは、「折り畳みできる」という意味の単語です。その名の通り、フォルダブルスマホは「フレキシブルディスプレイ」を採用することで、本体を折り畳むことができます。

https://matome.naver.jp/odai/2150570351945295201

QIf I show you a photos of Australia all you will s

If I show you a photos of Australia all you will see is sweat hahahahaに
「汗でもいいから今度写真みせて」は英語でなんといいますか?

Aベストアンサー

That's the one I want to see! Show me, please:)

Q例えば「ピザの差し入れ」は英語ではどう表現すればいいのかわかりません。教えて下さい。

例えば「ピザの差し入れ」は英語ではどう表現すればいいのかわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

このような「差し入れ、差し入れる」にピッタリの英語はありませんので、日本語にニュアンスは欠けますが、No.1回答のように言うか、次のように言うしかないと思います。

「ピザの差し入れを頂きました。」→ We received some pizza.
They sent us some pizza

ご参考までに、普通、例えが悪いかも知れませんが、「受刑者に食べ物を差し入れる」は bring in some food for the prisoner のようにいいます。bring in (持ち込む)が「差し入れる」に相当します。

Q“I mean it”で何故「本気です」となるのですか。 辞書で探しても、“mean”に「本気」とい

“I mean it”で何故「本気です」となるのですか。
辞書で探しても、“mean”に「本気」という意味は無いかったのですが。

Aベストアンサー

たとえば、辞書には、「~を意味する。そう言う。」などと書いていると思います。
通常は、人が何か言う時は、何かを意味して表現するわけです。それを再度、“I mean it”と言ったとすれば、言ったことについて、相手が真剣に聞いていないとか冗談を言っているかもと思っているような場合などに、確認の意味で繰り返し強調して言っているわけです。
日本語で表現する場合には、単純に「意味します」とか、「そう言っています」とかだと、同じことを繰り返しているだけにとられるので、さらに強調した意味合いで「本気です」とか、「真面目に言っています」とか、「信じてください」という方が自然な翻訳になるのです。
現実に、辞書によっては、「本気で言っています」という例文が載っています。
外国語というのは、一対一で対応する日本語があるとは限りません。ご存知のように、Good Morning を「良い朝です」と書いている辞書は無いはずです。

QCouldn’t ➡ 「クゥン」 これってマジスか?

Couldn’t ➡ 「クゥン」
これってマジスか?

Aベストアンサー

回答お礼への回答がわからないので、再回答にします。

イギリス英語と言った場合、上流層の人をイメージしますが、そもそもwanna(want to)とは言いません。
wάna wɔ́naの違いは、イギリス英語とアメリカ英語という違いではないと思います。

イギリス英語は地域だけでなく、労働者とか貴族とか階級によっても違うし、発音も違ってきます。アメリカ英語も
イギリスほどではありませんが、階層差があります。あのDa Pumpという名も、(表現に問題がありますが)
黒人下層階級の言葉です。The Beatlesの場合は昔のことなので記憶が曖昧ですが、サッカーのベッカムは
労働者階級のCockneyで話していましたね。オーストラリア方言はCockneyが残っています。Good dayを
グッダイと言うのは知られていると思います。そうそう、オードリーヘップバーンのマイフェアレディで
言葉の違いがよくわかります。

アメリカ人はnewをニューではなく、ヌーという傾向がありますので、日本に来たアメリカ人の中には
日本語の病院と美容院の区別がつかない人がいます。
whatはアメリカ人はワットと言い、イギリス人はホワットと言うと言われていますが、話している時に
どっちでも通じるし、気になりません。

最初の質問の補足になりますが、couldn'tはわかりやすく言うとクゥンでよいのですが、そっとd音は入ります。
クゥルンというつもりでルを弱く言えば、より近くなります。could not haveはクドゥナダ/クドゥナラ
couldn't haveはクドゥナという感じになります。フランス語ではありませんが、I like himはアイラキムというように
h音は弱いか、略される傾向にあります。リスニングを繰り返している内に、単語の些細な違いにとらわれず、
文脈でわかるようになると思います。

御参考まで

回答お礼への回答がわからないので、再回答にします。

イギリス英語と言った場合、上流層の人をイメージしますが、そもそもwanna(want to)とは言いません。
wάna wɔ́naの違いは、イギリス英語とアメリカ英語という違いではないと思います。

イギリス英語は地域だけでなく、労働者とか貴族とか階級によっても違うし、発音も違ってきます。アメリカ英語も
イギリスほどではありませんが、階層差があります。あのDa Pumpという名も、(表現に問題がありますが)
黒人下層階級の言葉です。The Beatlesの場合は昔のこ...続きを読む


人気Q&Aランキング