もしもの話で恐縮ですが、王貞治選手がメジャーに行っていたら、どれぐらいの成績を残せたのでしょうか。当時の日米の格差、投手の攻め方の違いなどを考慮するとどんなものでしょう。

また、王選手の全盛期にメジャー挑戦の話は出なかったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ONの現役時代を良く知っております。


王さんが、30才から5年間大リーグに行けてたら
ホームラン王には1回はなれるでしょう。(投手が 当時の江夏・村山クラスのがレベルは上、四球が少ない、150km程度の速球は王さんでなくとも打てます。変化球とのコンビネーションで押さえる日本の投手のが上)
むしろ 首位打者を3回くらい取るでしょう。
日本では 頑固に引っ張り専門で王シフトを引いておりました(遊撃手が2塁の後、2塁手が1,2塁間)
ここで左に流せば4割達成出来たのに頑固に引っ張っていました。
まあ後輩の松井選手が来年がんばってくれるでしょう
    • good
    • 5
この回答へのお礼

確かに、速球派の名投手ほど良く勝負し、打ち、打ち取られていたようですね。
そう考えると、かなり行けたのではと想像してしまいます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/12 19:16

自分が知っているエピソードを1つ


王選手が引退して巨人の監督をしていた頃の事。

日米野球のときにアメリカの投手が
是非世界のホームラン王の王(笑)と勝負がしたいと言って
1打席だけ本気で勝負したことがあったそうです

結果は王監督がそのピッチャーからホームランを打ちました
もう現役引退していたにもかかわらず。
ピッチャーはメジャ-リーグで現役バリバリにもかかわらず。

これってすごくないですか?
メジャーでも活躍できたのではないでしょうか
    • good
    • 3
この回答へのお礼

すごい逸話ですね。日本ほどの成績は?にしても、
『活躍できたのでは』というのは、信じられそうですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/12 19:11

こんにちは。



王選手があの成績を残せたのは、日本だからだと思います。一番の理由は球場の広さが全然違う。(後楽園球場は狭かったもんね~)ピッチャーのレベルも段違いでしたでしょうし。

メジャー挑戦の話はどうでしょうか。たとえ王選手が挑戦したいと言っても、当時の巨人は許さなかったでしょうね。王と長島あっての巨人でしたから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

後楽園球場はせまかったのですか!?知りませんでした。
メジャーでの成績を予想していただけなかったのは少し残念でした。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/12 19:09

 王選手(現在はもちろん監督ですが)の本塁打の平均飛距離は、105~110メートル前後だったそうです。

で、王選手が現役だった時代の各球場のフェンスまでの距離は両翼=91.52メートル、センター=118.83メートルです。
#1987年までのデータです。

 一方、メジャーリーグの各球場のフェンスまでの距離は、30球場の平均でレフト=101.0メートル、センター=123.7メートル、ライト=100.5メートルです。
#メジャーの場合、「左右非対称」という球場がかなりあります。自チームに右の強打者がいればレフトが狭く、左の強打者がいればライトが狭い、という感じです。

 単純に球場の大きさが影響したとは言い切れませんが、当時の日米のプロ野球のレベル差なども考慮に入れれば、日本と同じ成績を残せたとは思えないですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

10メートル違うと、HRはガタ減りですね。
そのような観点からいくと、確かに同じ成績は無理っぽいですよね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/12 19:05

 お世話になります。

  思わず、ハッと足を止めてしまう御質問で、ございますね。

>王貞治選手がメジャーに行っていたら、どれぐらいの成績を残せたのでしょうか。 
 彼はバッティングテクニックおよび選球眼は抜群だったと思いますので、日本人投手より早い速球や、よく曲がる(落ちる)変化球にも対応できたとは思います。日本より広いメジャーの球場でも、HRは、それなりに打てたとは思いますが、HR王となりますと、厳しかったのでは無いのでしょうか・・・
 また彼は、健康管理には充分に気を遣っていたと聞いた憶えが有りますので、長距離移動などのメジャー独特の過酷な環境にも対応出来たのではないのでしょうか。
 
>王選手の全盛期にメジャー挑戦の話は出なかったのでしょうか。 
 当時は、日米の野球のレベルに、かなりの差が有ったと言われていたと思いますね。
 日米野球でも、大リーグの単独チーム( 例えば 「 レッズ 」 とか )が来日した際には、全日本は 「 ドリームチーム 」 といってもいいメンバーで挑んだと思うのですが、歯がたたなかったと思います( 全敗はしなかったとは思うが )。
 そういう事が有って、当時は 「 メジャーなんて “ 夢のまた夢 ”」 といった風潮が有ったのでは、ないのでしょうか・・・
 
 ようやく 「 追いついたかな 」 と思われはじめたのは、84年オフにオリオールズとカープが対戦した時でしたか、カープの川口が若き大砲・マグワイヤやカンセコらを手玉にとって完封勝ちした頃からでしょうか。

 でも 「 ノーラン・ライアン VS 王貞治 」 なんて対決は、見てみたかったとも思いますね。     ( 文中敬称略 )
    • good
    • 2
この回答へのお礼

当時は、『夢のまた夢』でメジャーは全く考えられなかったのですね。
日米野球の詳しいお話、勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/12 19:03

僕は、No1の人とは違って、55本は打てなかったと思います。

ピッチャーのタイプも違うし、何よりも日本人としての注目があり、言葉も通じないのでそのために不調になってたかもしれません。メジャーで活躍した人が、日本に来ても必ず活躍できるとは限らないのとおんなじだと思います。
(例中日ドラゴンズに在籍していた、ディンゴ選手(デビットニルソン)は、メジャーで活躍していたけど、日本では活躍できずシーズン途中で解雇という形になりました)だから、55本も打てなかったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ただ、タイプが違うからこそもっと打てることもあると思いますし、
必ずしも活躍できないというのは、誰だってそうなので、
予想の根拠としては、やや物足りなさを感じました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/12 18:58

僕は、No1の人とは違って、55本は打てなかったと思います。

ピッチャーのタイプも違うし、何よりも日本人としての注目があり、言葉も通じないのでそのために不調になってたかもしれません。メジャーで活躍した人が、日本に来ても必ず活躍できるとは限らないのとおんなじだと思います。
(例中日ドラゴンズに在籍していた、ディンゴ選手(デビットニルソン)は、メジャーで活躍していたけど、日本では活躍できずシーズン途中で解雇という形になりました)だから、55本も打てなかったと思います。
    • good
    • 1

日本よりは勝負してくれたと思うので


シーズン55本以上打てたと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

シーズン55本はともかく、勝負してくれるから
それなりに打てそうな気がしますね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/12 18:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q王貞治がアメリカで尊敬される理由

 王貞治氏がアメリカが尊敬されているみたいですが、どうしてでしょうか?。
 世界記録の本塁打数はもちろん尊敬に値するでしょうが、正直自分は巨人に入団した李スンヨプの56本アジア記録に対する印象は「日本よよりレベルの低い球界」というのがイメージしてしまい、アスリートとしてもちろん尊敬していますが、そこまでの評価をしたいという気持ちにはなりません。
 

Aベストアンサー

文の前後のつながりがよくわかりませんが、たぶん「李スンヨプの年間56本本塁打アジア記録のほうが偉大で、日本を越えたというイメージ」で、王さんはたいしたことない、ということでしょうか。

李スンヨプのここ数年のパワーはすごいですが、王さんのすごさは本塁打王にスポット的になったのではなく、12年欠けることなく王でありつづけ、なかなか他のプレーヤー(メジャーリーガーも含め)が到達できない境地に立ったことが評価されていると思います。

またあのアメリカの最高本塁打数を10%以上も上回ったこと。
同時に、アメリカとの親善試合やアメリカ球界重鎮との交流もアメリカでは放映されていたことなどから、アメリカ界には名が知れていると思います。

イチローがメジャーリーグ通算1,000本安打記録を達成したときの放映でもわかるように、アメリカ人でもなかなか到達できない記録を出したものには、アメリカは人種にかかわらず惜しみなく賞賛をあたえ放送します。
アメリカそのものがやはりまだ球界の"世界"であり"頂点"なので、そこでの目にかなうことが世界なのでしょう。

李スンヨプも連続記録をつづけ、他の人が到達できない境地をいかにつづけるかで、世界の球界の注目も変わるのではないでしょうか。

文の前後のつながりがよくわかりませんが、たぶん「李スンヨプの年間56本本塁打アジア記録のほうが偉大で、日本を越えたというイメージ」で、王さんはたいしたことない、ということでしょうか。

李スンヨプのここ数年のパワーはすごいですが、王さんのすごさは本塁打王にスポット的になったのではなく、12年欠けることなく王でありつづけ、なかなか他のプレーヤー(メジャーリーガーも含め)が到達できない境地に立ったことが評価されていると思います。

またあのアメリカの最高本塁打数を10%以上も上回っ...続きを読む

Qメジャーから見た、日本の野球は?

日本のプロ野球にも、優秀な外国人助っ人いるとおもいます。
また、メジャーに行く日本人もいます。

1、日本からメジャーに行くと、「凄い」といわれますが
 メジャーから日本に移籍するのはどうなんでしょうか?

2、メジャー選手が日本に来て、驚く、戸惑うことが
  あるとしたら??

3、日本の応援は声や楽器が凄いですが、メジャーでは
  どうでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
1、日本からメジャーに行くと、「凄い」といわれますが
 メジャーから日本に移籍するのはどうなんでしょうか?
マイナーにいる選手はまたとないチャンスと思うようです。しかし、メジャーでやっている選手のほとんどが日本へ行くということを良くは思っていないようです。それだけ認知されていないんですよ。イチローや松井が活躍して以前より日本の野球界も捨てたもんじゃないかもと思い始めているとは思いますが。

2、メジャー選手が日本に来て、驚く、戸惑うことが
  あるとしたら??

球種の多さ。攻め方(バントの多さ)。人工芝の球場が多いこと。日本人選手の足の速さ。日本人内野手の肩の弱さ。ストライクゾーン。応援の仕方。投球の間合いの長さ。シーズン中の練習の量。プレーオフが無いこと。私がアメリカ人の野球経験者の友人から聞いただけでこれだけあります。


3、日本の応援は声や楽器が凄いですが、メジャーでは
  どうでしょうか?
声だけです。チームによってはドラムをたたいているところもありますが、試合中ずっとではないです。
ポイントポイントでの盛り上がりかたがアメリカは自然で上手です。日本は半強制的だし、10ー1とかで負けていても同じテンションで応援しているのは逆に不自然。向こうはひいきのチームでも悪いプレーをしたり、ふがいない試合をしていたらブーイングしますし、沈黙して無言の抗議をします。逆に記録がかかっているような場合(特にノーヒットノーランとか)は、相手チームの投手でも応援しますし、達成したときには球場全体がおしみない歓声を送ります。日本人は逆にノーヒットに抑えられているなんて恥みたいに思うようで、初ヒットがでようものならざまあみろという態度でしょう。勝敗よりすばらしいプレーを見たいというメジャーの姿勢が表れていると思います。

こんにちは。
1、日本からメジャーに行くと、「凄い」といわれますが
 メジャーから日本に移籍するのはどうなんでしょうか?
マイナーにいる選手はまたとないチャンスと思うようです。しかし、メジャーでやっている選手のほとんどが日本へ行くということを良くは思っていないようです。それだけ認知されていないんですよ。イチローや松井が活躍して以前より日本の野球界も捨てたもんじゃないかもと思い始めているとは思いますが。

2、メジャー選手が日本に来て、驚く、戸惑うことが
  あるとしたら...続きを読む

Q友人が日本人は元々朝鮮人だっていいます

先日、友人と日本の歴史についてのある講演を聞きました。
そのとき、いろんな資料を見ながら、友人が
「つまり、日本人はもともと朝鮮人やってことや」って言い放ちました。
「え?」とか思いましたが、わたしは歴史に疎いので反論できず、そうなのかなぁと思ってしまいました。
でも、私は昨今の流れからあちらの国に対してあまりいい印象を持っておらず、友人の言葉がなかなか腑に落ちません。

友人は、K-popが好きで、韓国にもよく旅行にいっています。
生粋の韓国大好きガールそのものです。

わたしは友人が韓国アイドルを待ち受け画像にしているのを見て、
冗談っぽく「そんなんやめたら?笑)いい歳して恥ずかしいなぁ(笑」とか言いましたが、あまり気にしてません。

友人は、日本人です。

人の趣味にとやかくいうのはナンセンスかなと思い、それくらいにしましたが、歴史については何だかなぁと思いました。

本当に、日本人は元々朝鮮人なんですか?
大昔に百済から流れてきた人たちがいるとして、それが起源なのでしょうか?

稚拙な質問で申し訳ないです。
もっと勉強しないといけませんね…。

先日、友人と日本の歴史についてのある講演を聞きました。
そのとき、いろんな資料を見ながら、友人が
「つまり、日本人はもともと朝鮮人やってことや」って言い放ちました。
「え?」とか思いましたが、わたしは歴史に疎いので反論できず、そうなのかなぁと思ってしまいました。
でも、私は昨今の流れからあちらの国に対してあまりいい印象を持っておらず、友人の言葉がなかなか腑に落ちません。

友人は、K-popが好きで、韓国にもよく旅行にいっています。
生粋の韓国大好きガールそのものです。

わたしは友人...続きを読む

Aベストアンサー

日本人の出自(出てきたところ)は様々な説があります。
大陸から直接日本海を経てきたであろう、
北海道の先から渡ってきたであろう、
南方の太平洋の島々から、或いはインドや南アジアから島伝いにや沿岸を経てきたのであろうとか
言語の文法や単語、或いは神話や古い史書などを参考にした学説もたくさんあります。
私は心情や文化の質、心性などから南インドの方々に近い感じがします。似た神話も多いですね。
自治体主催のシニア向けの講演では、この列島には数波に亙って何度もいろんな地方地域から渡ってきて、住み着いたというお話がありました。
朝鮮の人とはある地時点で分離して山東半島あたりを経てきた人もあるそうです。
朝鮮の心性や文化はどちらかというとエスキモーやエヴァンキなんかからの出ではないでしょうか?

Qイチローや王貞治が最初からアメリカでプレーしたら

イチローが日米通算で4000本安打を打ったことに対して、
アメリカ人の中には、「日本で打った安打数をアメリカでの安打数に加えるのはおかしい。マイナーリーグでの安打数をメジャーリーグでの安打数に加えることはないではないか。」と言う人がいるみたいですが、
自分は、もしイチローが日本でプレーせず、最初からアメリカでプロ野球をやっていたら、もっとはるかにはやく4000本安打を達成したのではないか、と思っています。
なぜなら、日本のプロ野球はアメリカのメジャーリーグに比べて1シーズンの試合数がずっと少ないから、日本で安打数をかせぐのは、アメリカより困難だと思うからです。
事実、イチローが1シーズン200本安打を多く打ったのは、日本からアメリカに移ってからではないのですか。
この考え方は正しいでしょうか?

また、もし王貞治さんが日本のプロ野球に入らずに、アメリカのメジャーリーグでずっとプレーしていたら、ホームランを1000本以上打てたと思うのですが、これも正しいでしょうか。それとも間違っているでしょうか。(1シーズンの試合数以外に、日米の球場の広さの違いや、ボールの反発力の違いなども考慮しなければならないのかも知れません。)

イチローが日米通算で4000本安打を打ったことに対して、
アメリカ人の中には、「日本で打った安打数をアメリカでの安打数に加えるのはおかしい。マイナーリーグでの安打数をメジャーリーグでの安打数に加えることはないではないか。」と言う人がいるみたいですが、
自分は、もしイチローが日本でプレーせず、最初からアメリカでプロ野球をやっていたら、もっとはるかにはやく4000本安打を達成したのではないか、と思っています。
なぜなら、日本のプロ野球はアメリカのメジャーリーグに比べて1シーズンの試合数が...続きを読む

Aベストアンサー

どんなにすぐれた才能や、たぐいまれな技術を持っているからと言って
かならずスポーツ界で大成するとはかぎりません

イチローの場合は、プロ入り一年目は当時の監督・コーチ陣と打撃に関する意見が合わず
2年目の河村コーチ、3年目に新たに監督になった仰木さんとの出会いが大きいです

また、王さんも投手として入団したが、当時の監督の水原さんに「投手としては大成できない」
と言われ打者に転向するが、それほどの結果を残せず「王、王、三振王」と野次られました
その後、荒川コーチとマンツーマンの特訓で、一本足打法を完成させホームランを量産しました

共に、理解ある素晴らしい人と出会えたから、4000本安打・868本塁打を達成出来たと思います
二人が高校卒業後にメジャーリーグに行ったとして、同じような出会いがあるとは限りません
ひょっとしたら1~2年で結果を残せず引退するか、日本に帰って来ることになったかもしれません
とはいえ、あれだけの才能と技術を持っているので、それなりの成績は残せたとは思いますが

むしろ日本でプレーしたから(イチローの場合はキャリアスタート)、これだけの結果を残せたと私は思います

どんなにすぐれた才能や、たぐいまれな技術を持っているからと言って
かならずスポーツ界で大成するとはかぎりません

イチローの場合は、プロ入り一年目は当時の監督・コーチ陣と打撃に関する意見が合わず
2年目の河村コーチ、3年目に新たに監督になった仰木さんとの出会いが大きいです

また、王さんも投手として入団したが、当時の監督の水原さんに「投手としては大成できない」
と言われ打者に転向するが、それほどの結果を残せず「王、王、三振王」と野次られました
その後、荒川コーチとマンツーマンの特...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報