痔になりやすい生活習慣とは?

「豆蔵」(まめゾウ)
「豆炭」(まめタン)
「豆本」(まめホン)
 適当に、辞書から上記の言葉を拾ってみました。
 そこで質問です。
 一文字目の「豆」(まめ)は訓読で、二文字目は三者とも音読となっています。これは日本語では多いことなのですか?
 例えば、
「豊作」(ホウサク)
「豊満」(ホウマン)
「豊年」(ホウネン)
 とか別になんでもいいのですが、音読だけで文字が形成されていることが多いと思うのです。これ以外にも。
 訓読と音読とが混じっている言葉というのは、もっといっぱいあるのでしょうか?
〈訓読と音読とが一緒になってはいけない〉というルールがあるわけではないのですね?
 訓読と音読とが混じるのはなぜですか?

 上記四つのクエスチョンマークに答えて頂けるとありがたいです。
 どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

高島俊男氏の著作に詳しく書いてあります。


「漢字とに日本人」「お言葉ですが・・・」シリーズ、どれも肩のこらない面白い本ですので興味があればご一読を。

日本語の語彙の大半を占めるのが、漢語由来の「字音語」と本来の日本語である「和語」です。
そしてこれらが癒着し、音訓が混ざった語は日本語の中で約4%ほどだそうです。つまり結構たくさんあるが本流では無いということですね。
漢語以外の外来語(シャツ、コップ、カレーなど)の方が数が多い。

つまり音訓が混じってはいけない、というルールはありませんが、多少違和感のある語のようです。慣用として定着していないと耳障りに聞こえますね。目線(めセン)とか四月をよんガツと読む等。

訓読と音読(つまり和語と字音語)が混ざるのはなぜか。
これは難しいですが、わたくしなりに推測すると
1、対象になじみがありすぎて字音語か和語か意識していない場合。
 例えば「ぶたニク」。「ギュウニク」の場合は「うしニク」とはいいませんが、肉(ニク)が字音語であることはあまり意識に登らないので違和感がすくない。
2、和語の不足。
 和語は日本起源のことばですが、日本語の語彙に占める割合は字音語(漢語由来の語)の方が多い。石段の「いし」は是非「いし」と訓で読みたい、しかしダンに対応する和語(つまり訓読み)が無い。
3、字音語は音だけでは意味が解らない。
 同音異義語が多すぎて耳で聞いても解らない。「セキダン?なんじゃそりゃ?いしダン、ああ石でできた階段ね」という具合。

この2と3の事情が合わさって、新しい熟語は発生する際に音訓が混ざったのではないでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 Togari1様、返信ありがとうございました。
 ご解説、とっても楽しく読めました。
 納得いける理由がたくさん書かれていたと思います。
 日頃あまり意識していない言葉が、これほど深いとは……。
 はい、恐れ入りました。

お礼日時:2008/01/10 21:17

基本的に


中国から伝わった熟語には〈訓読〉と〈音読〉は混じりません。
音読は中国語の発音が元になっている、訓読は日本語の発音だからです。
中国から伝わった熟語は〈音読〉+〈音読〉になります。

日本で作られた熟語の場合に〈訓読〉と〈音読〉が混ざるものがあります。
もちろん和製熟語でも〈音読〉+〈音読〉はあります。

こう理解すれば、それほど不思議ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 s-macwin様、返信ありがとうございました。
 漢字は中国から来ているというのがポイントですよね。
 おかげで、なんだかスッキリしました。
 日本語の難しさに、わたしは今、悪戦苦闘中です。
 

お礼日時:2008/01/10 21:11

一番の者です。



すみません、訂正します。

「重箱」は、上を音読みの「ジュウ」、下を訓読みの「はこ」と読んで、「重箱」と読むからです。
      ↓
「重箱」は、上を音読みの「ジュウ」、下を訓読みの「はこ」と読んで、「じゅうばこ」と読むからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 miirumatsu様、再度に亘り、
 返信ありがとうございました。
 修正の件、了解しました。

お礼日時:2008/01/10 21:05

>これは日本語では多いことなのですか?



「多い」とまで言うことはできませんが、よくあることです。

>訓読と音読とが混じっている言葉というのは、もっといっぱいあるのでしょうか?

あります。

上を音読み、下を訓読みで読む熟語の読み方を「重箱読み」と言います。
「重箱」は、上を音読みの「ジュウ」、下を訓読みの「はこ」と読んで、「重箱」と読むからです。
「親身(しんみ)」「仕事(しごと)」なども重箱読みの熟語です。

上を訓読み、下を音読みで読む熟語の読み方は、「湯桶読み」と言います。
「湯桶」は、上を訓読みの「ゆ」、下を音読みの「トウ」で読んで、「ゆとう」と読むからです。
「手本(てほん)」「指図(さしず)」なども湯桶読みの熟語です。

>〈訓読と音読とが一緒になってはいけない〉というルールがあるわけではないのですね?

そのようなルールはありません。

>訓読と音読とが混じるのはなぜですか?

理由はありません。
慣用的にそう読まれているだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 miirumatsu様、返信ありがとうございました。
「重箱読み」「湯桶読み」……そんな名称があるのですね。
 知りませんでした。とっても勉強になります。
 日本語って、本当に深いですよね。

お礼日時:2008/01/10 21:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音読みと訓読みの見分け方

学校の漢字のテキストの中に、音読みか訓読みか判別せよ。のような問題があるのですが、音読みと訓読みの判別方法がわかりません。
歯がたたないので分かる方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音読みの末尾に来る字は「ツ、チ、ク、キ、イ、ウ、ン」の七種類しかありません。
(「ツチクキイーウン〔土茎いい運〕」などの語呂合わせで覚えてください。)
したがって、「夢(ゆめ)」、「里(さと)」、「春(はる)」などは音読みではあり得ません。
紛らわしいのはその条件に当てはまっているものです (「ん」はA-1により音読み)。
下記の例の場合、括弧内の読みから錯覚しやすいと思います。
 「蜜(みつ)」は音読み、「辰(たつ)」は訓読み (「蜜豆」「蜂蜜」)
 「鉢(はち)」は音読み、「蜂(はち)」は訓読み (「鉢巻」「すり鉢」)
 「幕(まく)」は音読み、「枠(わく)」は訓読み (「黒幕」/「枠外」)
 「席(せき)」は音読み、「関(せき)」は訓読み (「関所」)
 「塀(へい)」は音読み、「灰(はい)」は訓読み (「板塀」/「灰褐色」)
 「塔(とう)」は音読み、「夕(ゆう)」は訓読み (「夕刊」「夕食」)

(B) 読みが一拍の場合
これが難しいのです。
A-2、A-3により「社(しゃ)」、「碁(ご)」、「櫓(ろ)」などは音読みと判定できますが、それ以外はどちらもあり得るからです。
* 特に間違えやすいのは「場(ば)」で、例外的に濁音でも訓読みです。
 「場所(ばしょ)」、「職場(しょくば)」などにより、音読みと錯覚しやすいのです。
 「絵(え)」は音読み、「江(え)」は訓読み
 「夜」の「や」は音読み、「よ」は訓読み
 「戸」の「こ」は音読み、「と」は訓読み

◇最終的には漢和辞典で確認するしかありませんが、
 ・同じパーツを含んだ同音、類似音があるものは音読み
 「職(しょく・しき)」と「織(しょく・しき)」、「馬(ば・ま)」と「罵(ば)」
 「塀(へい)」と「併(へい)」、「蜜(みつ)」と「密(みつ)」
 ・もう一つの読みと比べてみる
 「関」は「せき」のほかに「かん」の読みがあり、「関係(かんけい)」などの熟語から、「かん」が音、「せき」は訓と判定。
 「場」は「ば」のほかに「じょう」の読みがあり、「戦場(せんじょう)」などの熟語から、「じょう」が音、「ば」は訓と判定。

「絵」は、「絵画(かいが)」の「かい」が音で、「絵巻(えまき)」「墨絵(すみえ)」などの「え」は訓だと考えがちですが、
これは漢音「クワイ」、呉音「ヱ」に由来し、どちらも音なのです。
「会社(かいしゃ)」と「法会(ほうえ)」「一期一会(いちごいちえ)」
「回転(かいてん)」と「回向(えこう)」
とくに「絵」のほうは適当な訓がないため、音に訓のはたらきをもたせて使います。
「菊の絵」の「きく」も「え」も音ですが、訓のはたらきをしています。

これは余談ですが、「当用漢字音訓表」では「奥」の読み「オク」を誤って音としていました。
「ツチクキイウン」に該当し、「奥義(おうぎ)」を「おくぎ」と読むこともあるので、「憶」「屋」などの連想から錯覚したのでしょう。
「常用漢字表」では訂正されています。

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音...続きを読む

Q重箱読みは良くない?名前編

重箱読みってありますよね。
それって、人の名前に使うと良くないとチラッと(^_^;)耳にしたのですが・・・
妹の子供の名前が重箱読みなのです。

詳しく知ってる方いらしたら、どういう理由で
悪いのか教えていただきたいです。

よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

それはどこから来た説なのでしょうか?
重箱読みが良くないというなら,
女性の名前としてポピュラーな
「けい子」,「よう子」,「りょう子」など,
「子」がつく名前の多くは良くないということになりませんか?

良いも悪いも結局のところ本人次第であって,
それを名前のせいにするようでは
所詮その程度の人間だということなのでしょう。
俗説に惑わされず,
自分の名前を誇りに思えるような娘さんに育ててあげてください。

Q音訓で名前の読み方が複数/変更する例とその意味合い

子どもの名前をつけるとき、戸籍に振り仮名がつかず、制度的に読みの変更は許容されているということを知り、読み方を子ども本人にいつか自分で決めさせたいと考えています。(ちなみに今晩がお七夜で、もうすぐ出生届を出します)。
たとえば信長を「信長公記(しんちょうこうき)」と読んだり、
「義経記」を「ぎけいき」と読んだり、菊池寛がひろしをカンと読ませたり、そういう音訓を行き来する(どちらかといえば訓から音へ)は歴史的にもよくある気がするのですが、そのような例と、現代におけるそうした複数性や変更はどのような印象をもたれるのか、個人的なご意見で構いませんのでうかがわせていただけませんか?

Aベストアンサー

人名の音読み、訓読みですが、これはどちらが正しいのかではなく、人名の呼び方についての慣例の問題です。
人名を音読みにするのは、

1.敬うべき古人の本名(諱、忌み名)を音読みにして最大限の敬意を表す場合
2.訓読みが分からないので、便宜上音読みにする場合

に分けることが出来ますが、特に1.を「有職読み」(ゆうそくよみ)といいます。
古来より、人名の本名である諱、忌み名を口にすることは堅く憚られていました。そこから、特に尊敬する人物に対して本来の訓読みから音読みにして敬意を表す習慣が生まれたといわれています。明治時代以降でも自分の尊敬する恩師等の実名を音読みで呼称することがしばしばあったみたいです。

ちなみに1.ですが、思いつくままにさらっと述べると、
源頼光(みなもと の よりみつ)→(みなもと の らいこう)
小野道風(おの の みちかぜ)→(おの の とうふう)
藤原佐理(ふじわら の すけまさ)→(ふじわら の さり)
藤原行成(ふじわら の ゆきなり)→(ふじわら の こうぜい)
藤原定家(ふじわら の さだいえ)→(ふじわら の ていか)
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)→(とくがわ けいき)
伊藤博文(いとう ひろぶみ)→(いとう はくぶん)
でしょうか。

2.は、
中宮定子(ちゅうぐう ていし)
中宮彰子(ちゅうぐう しょうし)
式子内親王(しゃくし、しきし ないしんのう)
など、男性に比べて史料に残りにくい女性に多いみたいです。
『義経記』『信長公記』は1.に該当しますね。

余談ですが、ハマコーこと浜田幸一は、よく森喜朗元首相のことを「もり きろう」と言います。しかし、内容は森首相を批判するものばかりです。うーむ。


さて、読み方を子ども本人にいつか自分で決めさせたいとのことですが、前述の通り有職読みは「他人が尊敬の念をこめて呼称する」ものであり、「自分で自分の名前を有職読みする」ものではないことにご注意ください(雅号やペンネーム、出家時の法名などは除く)。なので、個人的にはそのような有職読みはすごく違和感を感じてしまいます。

また、戸籍には残らないとのことですが、周りの人間の記憶にはしっかりと残るでしょう。今まで「正道(まさみち)ちゃん」と呼んでいたのに、ある日「これからは「せいどう」と呼んでください」というのはものすごく不信感が募ります。逆も然りです。


ですので、個人的にはそのようなことをせずに、一生呼んであげられる読み仮名をお名付けになるほうが宜しいかと思います。

人名の音読み、訓読みですが、これはどちらが正しいのかではなく、人名の呼び方についての慣例の問題です。
人名を音読みにするのは、

1.敬うべき古人の本名(諱、忌み名)を音読みにして最大限の敬意を表す場合
2.訓読みが分からないので、便宜上音読みにする場合

に分けることが出来ますが、特に1.を「有職読み」(ゆうそくよみ)といいます。
古来より、人名の本名である諱、忌み名を口にすることは堅く憚られていました。そこから、特に尊敬する人物に対して本来の訓読みから音読みにして敬意...続きを読む

Q「音読み」と「訓読み」

「音読み」と「訓読み」について教えて下さい。

あまり意識して読んだり書いたりすることが無かったので、
いざ考えるとどっちがどうだったか…。
考えれば考えるほどわからなくなってしまいました。

『北』の場合。
音:きた  訓:ホク
『二十日』の場合。
音:にじゅうにち  訓:ハツカ

上の考え方で合ってますでしょうか。
子供の頃に覚えるようなことですが、教えて下さい。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「音読み」と「訓読み」について教えて下さい。

「音読み」というのは古代中国語(漢語)が古代の日本列島に伝わったときに、その発音を模倣した読み方であると言えます。
一方、「訓読み」とは、漢語をその当時の日本列島の住人(倭人)が使用していた倭(和)語に翻訳し、その和語の発音を示したものです。

その点、漢字(漢語)を「音読み」をするときの日本人は、無意識裡にその漢字の意味をい知的、概念的を想起しようとしがちですが、「訓読み」するときには、無意識裡にその言葉をより日常生活次元で、より身体感覚的に捉えようとするのではないでしょうか。

ついでに申し上げますと、漢字の伝来によって、それをはじめて政治的に使いこなし得た豪族(帰化人?)が、中国の大帝国に倣って日本列島における最初の国家(帝国)の原型を誕生させるに至ったと考えられます。

Q音読訓読について 

こちらのFAQで、音読訓読について調べましたが今一よく分かりませんでした。

音読訓読について 具体的な漢字の例そして読み方とかもお教え頂くと分かりやすいのですが…m(--)m``

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 回答者No.1、2のかたは、それぞれいいことをおっしゃっています。しかし、これだけでは不十分だと思います。それを私なりに補足します。 
 「山」という字が中国から入ってきたとき、これを中国読みに「サン」「セン」と読んだのが、訓です。なんだこれは、日本では「ヤマ」のことだぜ、だったら「ヤマ」とも読もうよ。それで「ヤマ」が「音」として残った。日本人は両方の読み方を選択したのですね。 
 さて、中国から漢字が入ってくるとき、同じ時代に、同じ土地から、どっと入ってきたのなら問題はない。しかし入ってきた時代が違うと、そのときの発音が優勢になってしまいます。中国の出処場所も違うと、音が違ってくるのです。
 漢字は南北朝から、隋、唐の時代に主に入ってきましたが、中でも唐時代が一番多い。この唐代の言葉を「漢音」といいました。日(ジツ)、人(ジン)、文(ブン)、行(コウ)と読んだのが漢音です。
 それに対して、呉音と言うのは、漢音が入る前に、長い年月をかけて呉地方を中心とする広い地域から延々と入ってきたもので、出処も経路もまちまちで、漢音ほどまとまりがありません。呉音では、先の4つの漢字は、ニチ、ニン、モン、ギョウ、です。漢音が硬いのに比べ、呉音はやわらかい。 
 「老若男女」は「ロウジャクダンジョ」とも「ロウニャクナンニョ」とも読めるわけですね。
 そしてさらに、わが国の鎌倉・室町時代になると、今度は「唐音」が入ってきます。これは「唐」の時代ではなく、もっと後の「南宋、元、明」のころの漢字です。
 いずれにしても、こうした解説をしていると長くなって困りますが、音と訓の違いをもっと調べたら面白いです。朝刊は「チョウカン」で正解ですが「夕刊」は本当は「セキカン」でないといけないわけですね。一朝一夕(イッチョウイッセキ)と読むのですから。

 回答者No.1、2のかたは、それぞれいいことをおっしゃっています。しかし、これだけでは不十分だと思います。それを私なりに補足します。 
 「山」という字が中国から入ってきたとき、これを中国読みに「サン」「セン」と読んだのが、訓です。なんだこれは、日本では「ヤマ」のことだぜ、だったら「ヤマ」とも読もうよ。それで「ヤマ」が「音」として残った。日本人は両方の読み方を選択したのですね。 
 さて、中国から漢字が入ってくるとき、同じ時代に、同じ土地から、どっと入ってきたのなら問題はな...続きを読む

Qあなたの名前は、音読み?訓読み?それとも重箱読み?

あなたのお名前は、音読みですか、訓読みですか、或いは重箱読みですか?

私(男性)は漢字一文字の名前で、音読みです。
因みに訓読みにすると、女性風になります。

Aベストアンサー

50代のオバちゃんです。

音読みと一つしか読みが無い漢字の二文字です。

初めて会った人にちゃんと読まれた事一度も無いです。

最近は少し聞く名前になってきました。

しかし同じ漢字の人には会った事ないです。

初めの漢字一文字は男性の名前にたまに見かけます。

なのでよく男性に間違われてダイレクトメールがきたりします。

Q友達の親の訃報メール

こんにちわ。
先ほど、仲の良い友達から父親が亡くなったとメールが来ました。
当たり前ですけど、文面は重々しく、どのように返信すれば友達に対して失礼でないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者の年齢がわかりませんので、当たり障りのない文面になるかもしれませんが・・・
メールでとりあえず返信し、改めてお葬式の時に電報等でお悔やみするのが良いかと思います。
メールでは、「お父様がお亡くなりになり、さぞやお心落としのことでしょう。暫くは大変でしょうが、お疲れにならないようご自愛ください。また、私でお役に立つなら何なりともお申し付けください。」等の主旨を伝え、「お葬式の時には、定例文になると思いますが、可能ならば、心のこもった文面にしてお届けする」ようにすれば失礼ではないと思います。

Q漢字読み方

一つの漢字で書く言葉は他の同類の言葉にとあると、訓読みと音読みは、どっちですか。
説明するルールがありますか。以下には例があります。
「私が書いた文を正しい日本語で書き直してください」

手盾 てたて? てだて? しゅじゅん?

Aベストアンサー

一般的に2語以上の漢字の言葉の読み方は音読みが多く、1語の漢字や送りがなのある言葉は訓読みが多いです。
2語以上の漢字には中国から入ってきた言葉(漢語)が多いのですが、日本で作られた言葉(和語)もあります。
これらの言葉の読み方にはっきりしたルールがありません。一応、漢語は音読みするものがほとんどですが、和語のなかには訓読みするものが少なくありません。

質問者様が「手盾」を例に挙げましたので「手」に関する言葉を調べてみました。「手」はよく使う言葉なので日本で作られた和語が多いようです。その結果「手」に関する言葉は訓読みする言葉が多いです。

漢語と和語を見分ける方法は語源に関わるので難しいと思います。訓読みする言葉と音読みする言葉を次にあげましたから、それを見て漢語と和語の違いを感じてください。

訓読みするもの「テ」
手順、手柄、手本、手足、手首、手当、手札、手相、手先、手錠、手織、手飼、手数、手形、手紙、手傷、手口、手頃、手品、手勢、手付、手続、手拭、手配、手引、
手軽、手前、手間、左手、右手、手下(てした、てか)、
手短、手書き、手入れ、手提げ、手伝い、手取り、手遅れ、手落ち
音読みするもの「シュ」
手芸、手術、手中、手段、手話、手記、手交、手工業、手動、手腕
音読み、訓読みのどちらもするが意味が同じもの
手印、手刀
音読みと訓読みで意味が異なるもの
上手(ジョウズ、ウワテ)、下手(ヘタ、シモテ)

一般的に2語以上の漢字の言葉の読み方は音読みが多く、1語の漢字や送りがなのある言葉は訓読みが多いです。
2語以上の漢字には中国から入ってきた言葉(漢語)が多いのですが、日本で作られた言葉(和語)もあります。
これらの言葉の読み方にはっきりしたルールがありません。一応、漢語は音読みするものがほとんどですが、和語のなかには訓読みするものが少なくありません。

質問者様が「手盾」を例に挙げましたので「手」に関する言葉を調べてみました。「手」はよく使う言葉なので日本で作られた和語が多...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「続柄」は「ぞくがら」と読むのと「つづきがら」と読むのどちらが正しいか?

辞書を引くと続柄は「つづきがら」「ぞくがら」どちらとも読めるようです。
続柄とは親族間の関係という意味で使いますが、続柄はどちらの呼び名が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず「続柄とは親族間の関係という意味で使いますが」は正確性を書いていますね。続柄は「つづきがら」が本来の読み方で「ぞくがら」は便宜的な読み方が定着したようです。私立と市立を区別するために後者を「いちりつ」と読むようなものでしょう。

続柄の記入欄はいろいろな書類にありますがもっとも
一般的なのは戸籍と住民票でしょう。

戸籍・・・両親と子供の関係を親から見た関係で表す。
住民票・・・所帯主と同居している人の関係を所帯主から見た関係で表す。
例。妻、長男、長女、祖母、弟など


人気Q&Aランキング

おすすめ情報