最近Linuxのことをよく耳にします。IBM等一流企業でもLinux市場に注力しているようですよね。
 それで、大変に素人な質問なのですが、企業や個人にとってLinuxOSを導入するメリットというのは、コスト以外の部分ではどんなことがあるのでしょうか?WinやMacと比較して、OSとしてはどんな特徴があるのでしょうか?
 「例えばこんなことがあるよ」的な断片的なことでも何でも構いませんので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

さらに付け加えますと、



UNIXは、もともとサーバ用途であると述べましたが、数年前はサーバといえば
UNIXの動作する高価なワークステーションなる高性能なコンピュータでした。
(そのさらに前は、メインフレームと呼ばれるさらに高価な汎用コンピュータ
でした。銀行などでは今でも現役ですが。)
ところがそこにパソコンをサーバとして使えるようにできるWindowsNTが
登場し、高価なマシン、高価なOSであるUNIXは一般の企業向けのサーバとしては
下火になっていったのです。

が、ここ数年で、ほとんどUNIXの良いところを受け継いでいるLinuxが
流行り始め、やっぱりサーバにはUNIX(Linux)だろう、というように
見直されてきたのだと思います。
もともとサーバとして作られているOSのクローンですから、
Linuxもサーバ業務は得意です。
実際、WindowsNTよりも、その手の業務をそつなくこなします。

また、オープンソースで、ほとんど実費のみのタダ同然で手に入るわけで、
Linuxを動かすマシンもパソコンであり、ソフトもハードも安価に
サーバを構築できるわけです。

しかし、いくらオープンソースで、誰でもが修正をいれられるといっても、
そんなそんな識者がいるわけではありません。
自社でいちからLinuxのわかる技術者を育てていたのでは、
それこそお金がかかって本末転倒です。

で、IBMのような大きな企業が、OSはタダでいいから、サポートで面倒みてあげるよ、、
というように商売をはじめたのだと思います。
Linuxをキーにして、顧客が業務で使用するコンピュータ環境を、
マシン、OS、その上で動作するアプリケーション、さらにはそれらの
サポートサービス、、と、すべてを一手にひきうける、、
いわゆるソリューションビジネスですね。。

OS自体はタダですから、売り手の儲けにはなりません。
それに付随する商品で利益を得ているわけです。

Linux以外にもフリーなUNIXクローンはあり、たとえばFreeBSDなどもそうです。
そういう意味では、FreeBSDでも同じような商売ができそうなものですが、
どうしてLinuxが流行ったのか?

たくさんのLinuxで動作するアプリケーションも魅力なのでしょうが、
鶏が先なのか、卵が先なのか、私もわかりません。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。Linuxが出てきた流れを解説していただいて分かりやすかったです。ただ、いかんせんサーバ管理は未経験(今後も予定はなし)なので、実感としてはなかなか掴めないですけどね。概論は理解しました(たぶん)。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/08 21:13

正確じゃないですが、私の印象をざっくりと書きますと、



・Win/Macは、どちらかというと個人向け
・Linuxは、どちらかというとサーバ向け(複数の人間で共有する)

です。

もともとはWinやMacは、一人の人間が一台のパーソナルコンピュータを
独占して使うという使い方を想定して作られており、
Linux(というか元になっているUNIX)は、高価な一台のコンピュータを
複数の人間で共有するという目的で作られています。

なので、WinやMacでは個人の使いやすさを追求する進化をしていて、
そういう意味でグラフィカルなユーザインタフェースが発達しているのだと思います。
対照的に、UNIXではある程度のスキルがある人間が使うという前提なため、
今でこそグラフィカルなインタフェースがあたりまえですが、どちらかというと
初心者にはとっつきづらいです。
なにより、複数の人間が使うという目的であったため、複数のプログラムを
同時に動かすような処理に長けており、サーバ用途に発達してきました。

しかし、どうしてもUNIXを自分で自由に使いたいというマニアな人達の
努力により、いわゆるパソコンで使えるUNIXクローンとして登場し、
ひろまったのがLinuxなわけです。
    • good
    • 0

・最大のメリットオープンソースである事。




MS IISは 非オープンソースの為セキュリティホールが発見されても、修正モジュールの配布が遅い(特に日本語用修正モジュール)、MSの対応を待つしかない。

Apacheはオープンソースなので、比較的早期に修正モジュールが配布される、スキルがあれば自分で修正できる。

後はこんな感じ。
・UNIX ライクである。
・高価なハードウェアでなくてもそれなりに動作する。
・Windowsに比べて安定性が高い。
・お金を掛けずに、InternetGateway(ファイヤーウォール等)を構築できる。
・セキュリティを詳細に設定できる。
・標準化されたネットワーク技術を利用できる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多角的な説明をありがとうございます。でもみなさんのご回答を読んで、やっぱりちょっと玄人向けのプラットフォームではあるみたいですね。

お礼日時:2001/02/05 20:02

先の回答とかぶるのですが、、、


しばらく前に我が家がフレッツISDNになったので、自宅のパソコンでWebサイトを立ち上げて公開しています。

ファイアーウォール用とWeb用の2台のLinuxマシンが2ヶ月以上動きっぱなしです。
こういうことをするためのサーバーソフトが充実していることもありがたいです。

そういうソフトの情報が多く出回っているので、調べれば調べるほど仕組みがよくわかるというのもWinとの大きな違いと思います。WinはGUIに隠れた部分でなにが行われているのかわからない部分が多いように思います。(僕の不勉強のせいかもしれませんが。)

最近Web Proxyサーバーをインストールして使ってますが、こんなに快適なものはないです。早く使っとけば良かった。

デスクトップ環境はWin2000のほうが圧倒的に使いやすいと思うけど。あと、やっぱ慣れないと難しいというのも難点。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> WinはGUIに隠れた部分でなにが行われているのかわからない
なるほどそう言われるとそうですよね(と、頷いてみるほどの知識はないんですが)。でもやっぱりWinのGUIは使いやすいですよね。

お礼日時:2001/02/05 19:32

企業で大規模に使った経験はないので、パーソナルユースの部類ですが・・・


Winな人から見たら想像を絶する安定性でしょうかね。
W2Kもはるかにしのぎます。巨大な文書を作成してもスピードが落ちたり、システムが落ちたりしないです。
悪ふざけにやってみたんですけど、W9xや2Kで、ソリティアやフリーセルなどのトランプゲームのウィンドウを開けるだけひらいてみてください。私のノート機(VaioNoteN505,128MB)は20数個でどちらも固まりました。
このマシンに入れたLinux では、100個のフリーセルウィンドウを開いてもゲームできました。
また、仕事で膨大なテキスト文書の打ち込みをやるんですけど、W98はしょっちゅう落ちて仕事になりません。W2Kは比較的落ちないけど、数回落としてます。Linuxはまだ一度も落ちてません。
また、こうして打ち込んだテキストをワードなんかで整形するとものすごく時間がかかるけど、(数万文字程度)Linuxでも時間はかかるけど、Winから見るとウソみたいに早くできます。

あと、やってみるまで判らなかったのが、Linuxででてくるディレクトリ構造の書き方、ホームページを作る時のHTMLと同じなんですよね。
まあ、コマンドとかは違うけど。おかげでマイHPを作るときにおおいに役立ちました。(^^)

あと画像処理、特にフォトレタッチは、すごく軽いです。
Winでフォトショップやフォトデラックスなんかで高解像度の写真の色を変えり、モザイクや特殊効果をするような操作もスイスイです。

まあ、私のわずかな経験でもこれくらいのことはいえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご回答をありがとうございました。とても分かりやすいご説明でした。

お礼日時:2001/02/05 19:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIBM ThinkPadでLinuxを動かしたいのですが...

お世話になります。
IBM ThinkPad i Series 1620 (2661-2CJ)にて
Linux学習の為、インストールしたいと考えております。
どなたかご経験ありましたら教えていただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

以前IBM ThinkPad i Series にLinuxをinstallした記憶がありますので参考程度に。
最近のディストリビュージョンだとほとんどビデオチップやNICなど自動認識である程度簡単にinstallはできると思います。
インストローラーも質問に答えていくだけですので。
しかしある程度基本的な事を理解してないとトラブルの原因になると思います。
ThinkpadのOSであるWindosMeのFat32の領域に新しいLinux用のパーティションを作成しなくてはいけません。デュアルブートでのMeとLinuxの使い分けも可能です。Linuxのinstallに関する書籍など多数販売させていると思いますのでそれらを参考にされてみてはいかがでしょうか。最初はトラブルの連続になるとは思いますが頑張ってください。

QFreeBSDなどのLinuxOSでメルマガ配信サーバ構築

こんばんは。

自社でメールマガジン(メルマガ)配信サーバーを構築する計画を立てています。

インターネットでいろいろと検索しましたがなかなかいいソフトが見つかりません。

FreeBSDなどで使えるフリーのメルマガ配信サーバーソフトなど御座いませんでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>FreeBSDなどのLinuxOSでメルマガ配信

まず、FreeBSDはLinuxではありません。

>インターネットでいろいろと検索しましたがなかなかいいソフト
>が見つかりません

どんなソフトを見つけて、どんな評価をされたか一切書いていないので
重複するかもしれませんが、国産のメーリングリストサーバの
fmlをお勧めします。

http://www.fml.org/

QLINUXに関すること

1.初めてLinuxをインストールして成功しましたが、Linuxを立ち上がるときに
eth0 fail
というメッセージが出てしまったです。しかし、その後ちゃんと順序に起動しました。
このエラーを修正するにはどうすればいいですか。Windowsみたいに
再セットアップすることがLINUXではできますか。
2.Xwindowも立ち上がりましたが、デスクトップに何のアプリケーションをまだ入れていないのでちょっと寂しいですね。LINUX用アプリケーションソフトって
どこから入手できますか。
    教えてください。

Aベストアンサー

多分、設定がDHCPからIPアドレスを取ってくる設定になってて
DHCPサーバがいなくておそくなってるのでは?
netconfとかnetconfigでeth0に適当なIPアドレスを手動で振って
みて治るようだったらそれです

QLinux と Windows2000 を同じパソコンにセッティングすることができるのでしょうか?

現在、ある程度のスペックのパソコンを1台持っています。Windows2000がOSとしてインストールされ、日々の仕事なりプライベートなりにいろいろなソフトウェアを利用しています。

勉強がてらにLinuxサーバーを自分で設定して立ち上げてみたいのですが、この同じパソコンに、その設定をすることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず以下のサイトを覗いて見てください。この会社の発行している"PC-Japan"や"ネットランナー"にはたまにやり方が書いているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

特にヘルプディスクあたりは勉強になると思いますよ。

win2000とlinuxの入れ方
http://www.zdnet.co.jp/help/tips/linux/l0046.html

用語解説
http://www.zdnet.co.jp/help/glossary/index.html

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/

Q断片化を引き起こす要因について

最近のHDDは大容量のものが増え、デフラグも大変なので、パーティションを分け、小さい領域以外はバックアップ領域として、(デフラグしても良いドライブ上で)編集し終わったデータを移動(保存)した後は、ファイルを開く、ファイル名を変えるのみに留め、データの編集・削除・移動は一切せず出来るだけ断片化しないように心がけています。

そこで質問なのですが、ファイルを使用したり、ファイル名を変えるだけでも断片化してしまうのでしょうか。ファイル名自体はファイルサイズに関係ないようなので、クラスタは消費しなそうですし、OSとも分けた純粋なデータのみのバックアップドライブにしているので、キャッシュやテンポラリファイルも無いはずなので、断片化はしないのではないかと想像しているのですが、「ファイルを開く・ファイル名の変更」が断片化を招かないという確信が持てません。

ファイルの使用・ファイル名変更だけでも断片化は起こるのか。ファイルシステムによって違いはあるのか教えて下さい。詳しい解説のあるHPなども教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

No.1です。回答します。
以下、今までの経験に基づく推測が含まれていることをお断りしておきます。

> やはり、ファイルのRead、名前の変更は断片化には繋がらないのですね。
ディスクは既にお気づきのように管理部とデータ部を持っています。
Readはもちろん参照のみですが、名前の変更は管理部を書き換えるだけですから瞬間的に終わります。
データ部の移動がありませんから当然フラグメンテーションも起こりません。

> 同一ドライブ上でXというフォルダ配下にAとBというフォルダがあって、
> AからBや、AからXなどにファイルを移動したら、当然断片化は起こりますよね。
実はこの場合データ部は書き換えを行っていないようです。
リネームよりは時間が掛かりますが移動よりは遥かに早いです。
つまりデータ部は書き換えずにディレクトリーテーブルの再編成のみを行っているものと思われます。

> 仮にAフォルダをCフォルダにリネームした場合、
> Windowsからするとある意味場所を移動したとも言えると思いますが、
> この場合は断片化するのでしょうか。
>それともファイルのリネームと一緒で、断片化には繋がらないのでしょうか。
これは実際にやってみればすぐにわかりますが時間はほとんど掛かりません。
つまり、ファイルのリネームと同じことをやっていると推測されます。

> また、新規ファイルの作成がファイルの場所移動を伴うというのは、どういうことでしょうか。
これは文章のつながり上の不手際でした。
おっしゃる通り新規作成はファイル移動は伴いません。
失礼しました。

> 上書き保存についての説明は半分なるほどと思いましたが、半分疑問が残りました。
> 旧ファイルと新ファイルを瞬間的に2つ保有すると言うのは、メモリと仮想メモリ上にでしょうか。
> 上書き作業を行うドライブ上だとすると、上書きするファイルサイズと同等の空きが
> 無ければいけないことになりますが、それ以下の空き容量でも上書きしています。
> 仮想メモリだとしても、仮想メモリとして使われてしまえば断片化してしまいますね。
> 決して仮想メモリとしては使わないようにしなければ・・・
上書きするファイルサイズ以上の空きが無いとダメなような気がしますが。
デフラグなどでは「空き容量が不足しています」と言うメッセージが出ます。
うまく行くとすれば、ファイルをいくつかに分割しその中の更新が必要な部分のみを
2重に持つという方法を使えば可能かも知れません。

> 疑問を残さず、しっかりと理解したいので、
> この件について、理解するのに参考になるURLをご存知でしたら、教えて頂けると嬉しいです。
ハウツーは多いのですが細かい仕組まで解説しているものがなかなかありませんね。
Wikipediaの「フラグメンテーション」ではフラグメンテーションの基本を図解で示しています。参考になれば。

No.1です。回答します。
以下、今までの経験に基づく推測が含まれていることをお断りしておきます。

> やはり、ファイルのRead、名前の変更は断片化には繋がらないのですね。
ディスクは既にお気づきのように管理部とデータ部を持っています。
Readはもちろん参照のみですが、名前の変更は管理部を書き換えるだけですから瞬間的に終わります。
データ部の移動がありませんから当然フラグメンテーションも起こりません。

> 同一ドライブ上でXというフォルダ配下にAとBというフォルダがあって、
> Aか...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報