私の近所の商店街に昔からやっている床屋があります。
僕が幼い頃、商店街にはいろいろなお店がありました。
文房具屋、駄菓子屋、レコード屋、ほかべん屋etc・・・。
しかし、今は閑散としたものです。
だた、その床屋はつぶれません。
よくよく考えてみますと、商店街の床屋でけではなく、
私の家の近くで営業されている古い床屋は、よくやってるなー、と感心するほど昔のまま営業されてます。

床屋という業種に何か商売の秘密があるのでしょうか?
儲かっている(食えていけている)のでしょうか?

私の住んでいる小田舎の駅前でさえ美容室がいっぱいあり(美容院の数はコンビニより多いそうです)、
少年たちも美容室でカットするのが一般的になりつつある昨今なのに・・・・。

昔ながらの床屋はなぜつぶれないのでしょうか?
その理由はなにでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

床屋は、その店の営業スタイルによって顧客層が違いますから、


仮に少年たちが行かなくなっても、それはほんの一部ですし、
大人で「美容室には絶対にいかない」顧客層がありますから、その顧客が
安定してきてくれることが商売が続いている要因のひとつだと思います。

また、文房具屋、駄菓子屋、レコード屋、ほかべん屋等のように
売り上げるためには絶対に仕入れをしなくてはいけない業種と違い
開業・改装時に大きなお金を必要とするだけで、売り上げのほとんどは
その技術に対価であり、他の商品などの仕入れは他業種に比べると、
普段はぐ~んと少ないことと、古いお店ほど既に道具等の減価償却が終わっていたしますし
やはり腕(技術)でお金にする世界ですから、ある意味、商売人というより
職人の域に入る稼ぎ方をしているからでないでしょうか。
また、いわゆる地元の固定の常連さんが定期的に来てくれることや、
そういう床屋はたいていが家族経営である事などをかんがえれば
人件費がかなり抑えられるのではと思います。

最近のよくあるような店構えが一瞬ブティックかと思うような理容室や美容室は
人件費やお店の内装や設備に多くのお金をかけています。
その分、料金も高めだったりすることがありますし、もちろん商売ですから
顧客に提案をしてお金を使ってもらうように仕向けていることも多いです。
そういうところもリピーターさんも多いですが、お客さんが流動的に
あちこちに流れることも多く、いかに繋ぎとめるかに必死になっていますよね。
だから、お店としての技術のレベルがお客に受けるようなものでないと
お客さんが流れ、直ぐに経営が成り立たなくなります。

この辺が大きな違いだと思いますよ。

余談ですが、戦後の復興期に一番最初に商売として復活した業種の中に
「床屋」がありました。
何せ、その腕とハサミと櫛、そして椅子(最悪座るところ)があれば商売できるのですから、
確かにその自分が持っている腕(技術・センス)次第でお客さんがリピーターになったり
その客さんがまた別のお客さんを呼んでくれるのですから、これほど地道だけど、
いい商売はないと思いますね。
    • good
    • 6

昔に大分と儲けていた。

(子供の人数が多かったため)
店舗は、自己所有なので家賃が発生しない。
利益率が高い。
儲からなくても、老後の趣味でやっている。
    • good
    • 5

床屋と文房具屋、駄菓子屋、レコード屋、ほかべん屋などとの大きな違いの一つにお客様が一度店に来ないといけないと言うのがあります


文房具やレコード屋、本屋などはネット通販の安売り、品揃えの豊富さと勝負できなかったところがあります。
その点床屋はサービスを受ける本人が店に行かないといけないので遠くで安売り店があろうが問題ありません。
そういう利点もあります。
    • good
    • 2

固定費はともかく、変動費が安いから(水道電気代、シャンプーその他)、客一人当たりの利益率はかなり高いのでは?


もし一人当たり利益2,000円出ているとしたら、一日10人、一月200人しかこなくても、月40万円の利益が出ます。
生活費位は十分出るでしょう。
    • good
    • 1

低コストなので薄利でも充分運営できます。


店舗は住居を兼用した自前の物件なので家賃はゼロ。
従業員は家族経営である場合が多く、人件費は極端に安い。
客が少ないのでシャンプーなどの補充物品の追加も長周期で済む。
したがって、1日数件のお客(ほとんどが常連さん)であっても、元々コストが非常に低いので、赤字になることはありません。
    • good
    • 3

 こんにちは。

私の町と同じ状況ですね。美容院30件に対して理容店1件といった感じで、美容院が乱立しています。しかし、私が知っているかぎりでも最低24年は営業を続けている、駅前の床屋さんが1軒あります。私が知っている限りですから、実際はもっと長いでしょう。
 考えられるのは、ずばり、シェービング(ひげそり)でしょう。これは一般には美容院ではできないことになっています。ひげそりの「快感」を求めて床屋へ、というおじさんは多いと思います。あと、髪の薄い人は美容院へは行きづらい心理があるのでは? 
 床屋さんはやっていけます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたいようのマキバオーとたいようのマキバオーwについて

質問させてください。
最近、みどりのマキバオーにはまり、大人買いをしたのですが、続編のたいようのマキバオーが
二種類あることを知りました。
たいようのマキバオー
たいようのマキバオーw
どちらも16巻でているようなのですが
内容は同じものなのでしょうか?
それともたいようのマキバオーの続きが
マキバオーwなのでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『たいようのマキバオー』は『週刊プレイボーイ』(集英社)に連載されていましたが、コミックス16巻を発行後
『週刊プレイボーイ』のウェブサイト『週プレNEWS』に移籍して、
題名も『たいようのマキバオーW』へと改められました。

最後の『W』は『ウエイブ』の意味ではないかと思います。

http://bookstore.yahoo.co.jp/free_magazine-136077/

Qメンズアパレルショップ出店で、商店街で人通りの多い好立地での2階の物件

メンズアパレルショップ出店で、商店街で人通りの多い好立地での2階の物件にするか、人通りのまばらな通りの1階にするべきか迷っています。通常1階と2階の集客力の差はどれくらいあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ここで質問しても、役に立たないだろう。
本気でやるなら、それぞれ1週間くらい朝から晩まで人の流れを調べるくらいしないと駄目だと思わないかな?
商売をするには自分の目で確かめないと、すぐに駄目になるだろう。

Qみなさんは、いくらの床屋行きますか

今床屋は、
(1)カットのみの1000円程度の床屋
(2)カット、シャンプー、ひげそりなどついて2000円程度の床屋
(3)4000円以上する町の床屋
と3つに別れているのですが、みなさんはどの床屋に行きますか?またそのお薦めの理由を教えてください。
私は最近(1)のカットのみの1000円の床屋に行きますが、10分ぐらいで終わって早いし、快適に感じています。

Aベストアンサー

僕の実家は散髪屋(父親がしてた)でしたが、サービスも安いところと大して変わりません。うちの店は理容組合で決められた正規の値段でした。今は、安い大衆理容に通ってま~す。 

Q理容室(床屋)開業

理容室(床屋)を開業された方で、ご参考になりました開業本、もしくは開業に役立つ書籍がございましたら教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

経営コンサルタントとして、理容業・美容業のお客様への対応もしております。

開業マニュアル的な本であれば、理容業に特化したものなどを探す必要はないのではないでしょうか?

理容師であれば、必要な道具や設備についての知識を持っていることでしょう。手続きについても、保健所へ行けば教えてくれますし、開業時の注意点なども事前相談すれば、ほとんど教えてくれるのではないですかね?

あとは、道具や設備の購入先、シャンプーや薬剤、日々の消耗品となる道具などの仕入先などを探すだけではないですかね。同業者などに聞けば、隠すようなことでもなく教えてくれるでしょうし、インターネットができれば探すことも難しくないでしょう。

このように考えると、一般的な企業の成功本などを参考にすれば良いのではありませんかね。

Q床屋って何で床屋って言うの?

床屋は髪を切るのになぜ床屋って言うの?

Aベストアンサー

私が美容学校で習ったことによると

「髪結い床」から「床屋」になったでした。

床とは以前は店の事を「床見世(床店)」と言ってたから。
でした。

余談として、髪結い床は現在の理容室の事で、国から
美容室が認められたのは、ずっと後になってからです。

Q居住用賃貸でネット商店はOK?

私は居住用賃貸住宅に住んでいます。
今後、法人登記してインターネットショップを始めようと思っています。
大家さんに言わずに本店登記して大丈夫なものでしょうか?

Aベストアンサー

契約書にある商売の禁止云々は、人が毎日頻繁に出入りする事が迷惑になるという主旨から書かれているものですから、登記だけで文句を言われる事はありませんし、そもそも登記したことは大家さんには判りません。
個人でも郵便物が多い人はたくさんいますし、それで文句を言われる筋合いもありません。借りていた事務所や店をたたんで自宅を本店登記したまま会社をつぶさずに持っている人や、定年退職後に自宅を拠点に代理人業をしている人なども大勢います。

例えば発送も仕入も宅配便の営業所に持込みにするとか受取に行くとかすればいいわけですし、メーカーや問屋からの直送ならそれさえも不要です。
とにかく迷惑をかけるかどうかで考えて下さい。

Q美容室?床屋?

(1) 美容室と床屋の見分け方について教えてください

(2) 私の常識では美容室には男女顧客があるが、床屋の場合男性が客である前提である、と思っています。間違っていますか?

(3) 美容室と見分けがつきにくく、女性客が床屋にきてしまった場合です。(2)の常識を前提に、女性客が床屋にきてしまった場合、床屋さんはどういった対応をとられるのでしょうか。

Aベストアンサー

とりあえず、こんなところで。
少し古い情報かもしれません。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~takiri/kaosori/FAQ.htm

Q会社にせずに商店をやるデメリットは?

趣味の器やかごなどの、雑貨販売の店を開こうとしている者です。
問屋さんから商品を仕入れるのに、個人では限界がありそうなので有限会社にすべきかと思っておりますが、面倒くさく感じております。
個人事業主のままで物販を続ける事のメリットやデメリットについて、何でもよいのでお聞かせ願えないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No1さんの意見が一般的ですが

経験を踏まえて回答すると

個人事業主のメリット
 ■ 時間の自由
   (自由だがこれは法人でも経営者なら差は無い、自分次第)
 ■ 経費処理の自由度が高い(サラリーマンと比較して)
 ■ 楽ちん税務申告-青色申告
   (白色ならもっと楽、税理士頼まなくてもできる)

個人事業主のデメリット
 ■ 社会的信用がない
   □ 運転資金の殆どは自己資金に頼らざるを得ない。
     法人でも開業時は変わらない
   □ 個人的な住宅ローンの審査などさえも厳しい。
     これは実績次第だが、、、開業時はほとんど無理
   □ 新しい取引先の確保が困難
     実績次第、でもどうしても法人じゃないとだめなところもある
   □ 支払い条件が厳しい
     これも実績次第だが確かに難しい
     でも法人でも安く仕入れるためにキャッシュで払うようにする場合もある


 ■ 負債は原則無限責任 
   □ 全てを個人で背負わなくてはならない。
   □ 法人の場合、原則有限責任となり、資本金(出資金)以上の責任はない。
     でも実質、連帯保証人されるので倒産=社長は自己破産って言うのが一般的である
 ■ 税金面での控除の恩恵が少ない
   □ 自営業の場合、所得税は稼げば稼ぐほど納税しなくてはいけない累進課税方式(例 1800~3000万円-37%)
     確かにある一定額まではそうだが最近はちょっと違う
     詳しくは書ききれないので省きます。
   □ 法人の場合、一律法人税(例 800万円以上-一律30%)
     でも勿論、給料にも税金かかること忘れずに
     役員報酬の変更は赤字(黒字)だからといって簡単に変えられない
 ■ 自治体などの優遇制度の利用が出来ない
 ■ 人材の確保が容易

ちなみに法人のデメリットの大きいところは
簡単にやめられない
それに経費が個人よりも明らかに多くかかる(申告などで)
何にしても法人だったら高い(いろいろな会費や基本料など)
税金など全く無視して考えると数十万は最低法人の方が高くつきます。
つまり低収入の時はあまりメリットありません。
メリットだけで考えるものじゃありませんが規模の小さな
個人事業レベルでできる事業なら個人の方が明らかに金銭面では得でしょう。
ある程度の信用を金で買うかもしくは個人で時間かけて作り上げるかどちらを選ぶかですね

個人的には個人事業で始めて状況を見て法人なりって言うのが一番スマートだと思います。
ちなみに有限会社は設立できなくなりました。
その代わり資本金が少なくても法人は作れます。
その代わり開業一年たたずに消えていく会社も増えているように感じます。
それに法人にする場合登記費用などもかかりますし固定費増えますので
安易に法人化して悔やんでいる人もいるのも事実です。

よく考えた方がいいね

No1さんの意見が一般的ですが

経験を踏まえて回答すると

個人事業主のメリット
 ■ 時間の自由
   (自由だがこれは法人でも経営者なら差は無い、自分次第)
 ■ 経費処理の自由度が高い(サラリーマンと比較して)
 ■ 楽ちん税務申告-青色申告
   (白色ならもっと楽、税理士頼まなくてもできる)

個人事業主のデメリット
 ■ 社会的信用がない
   □ 運転資金の殆どは自己資金に頼らざるを得ない。
     法人でも開業時は変わらない
   □ 個人的な住宅ローンの審査などさえ...続きを読む

Q新潟県柏崎駅近くの居酒屋

横浜市在住の者です。
来週、一人旅で柏崎を訪れる予定です。夕食は柏崎駅近くの居酒屋で郷土料理と地酒などを楽しもうかと考えているのですが、ネットで探しても今ひとつ良さそうなお店が見つかりません。

柏崎駅近くの居酒屋で、一人でも入りやすく、郷土料理や地酒が充実しているお店があったらお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

駅前に居酒屋は無いんですよね。
歩いて5分位先にチェーン店の「安兵衛」はありますが。

駅を背にして交番の歩道を渡り左に行くとすぐに、駅前に昔からある「おおはし」が、県外の人にも有名です。
本店は老舗の料亭です。
ただ、最近行っていない為、お酒の種類がどれ程揃えられているのか不明です。
それなりにはあると思いますが。
http://www.week.co.jp/ngg/20559/

また、先ほどの歩道を右に行くと「ホテルニューグリーン」の中に「悠凪」がありますが、特に可もなく不可もなくといった感じでした。
http://www.week.co.jp/ngg/20560/
この2店は歩いて1分で行けます。

ただいっそ交番脇の地下道から駅裏に抜けてみてはどうでしょう。
歩いて5分も掛かりません。
リンク先(居酒屋)から、柏崎市幸町を目安に好みの店を調べてみて下さい。
駅裏の町名が幸町ですので。

駅裏は最近疎く、またはっきりとお店をオススメ出来ずすみません。

参考URL:http://www.week.co.jp/ngg/search.php?sac=1&ac=01209&jy%5B%5D=081&x=84&y=15

駅前に居酒屋は無いんですよね。
歩いて5分位先にチェーン店の「安兵衛」はありますが。

駅を背にして交番の歩道を渡り左に行くとすぐに、駅前に昔からある「おおはし」が、県外の人にも有名です。
本店は老舗の料亭です。
ただ、最近行っていない為、お酒の種類がどれ程揃えられているのか不明です。
それなりにはあると思いますが。
http://www.week.co.jp/ngg/20559/

また、先ほどの歩道を右に行くと「ホテルニューグリーン」の中に「悠凪」がありますが、特に可もなく不可もなくといった感じでし...続きを読む

Qホームページ上の商店を作る場合必用なもの

知っている所が既にホームページ上とオークションで地元の名産品(地元しかないもの)で販売をしています。
他にも他のホームページを持っている未制の元の店から発送しているそうです。
いろいろの都合を考えネット上にその他の商品を含め、インターネット上に、レンタルサーバーと独自のドメインをとって、販売を考えています。
SEOをについては多少の知識があり、今持っているホームページはキーワードにより20位以内には入ります。(グーグルで検索)
必用なものとして、自店の包装紙、で発送を考えています。商品の在庫は基本として考えていません。
他に登録関係などで、お気づきの点がありましたら、ご指導お願いします。

Aベストアンサー

「特定商取引法に関する取引」を記載されていますでしょうか?

http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/ref/law/tokutei.html#1000000000002000000003000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

参考資料は、検索エンジンで「特定商取引法に基く 表示 表記」とでも検索してみて下さい。

※既に用意している様でしたら、済みません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報