グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

あるサイトを見ていたんですけど、地方ごとに分かれている項目があるのですが、新潟県は「北陸」に含んで情報を載せてる人、または「信越」に含んで情報を載せてる人がいます。どっちが大半を占めているということではなく、大体半々くらいなんです。
なぜ、このような現象が起きているのでしょうか?
はっきりと「新潟県は○○地方だ!」と言う根拠を持ってご存知の方、教えてください。
新潟県って何地方なんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

新潟県の地域としては、上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方からなるそうですね。



・新潟県 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F …

A 回答 (4件)

私が中学生くらいの頃は、社会科の時間で、新潟県は「中部地方」と教わりました。


 学校では、北陸地方、甲信越地方、東海地方という呼称は一切教わらず、それらを総合して「中部地方」と教わりました。ちなみにこの中には三重県は含まれておらず、三重県は近畿地方であると教わりました。
 しかし現在では、新潟、長野、山梨の三県を「甲信越地方」富山、石川、福井の三県を「北陸地方」静岡、愛知、岐阜、三重の四県を「東海地方」と呼ぶのが一般的になったようです。
 余談ですが、新潟県の本州側は東北電力の50ヘルツの電気が送電されているのに対し、佐渡島には北陸電力の60ヘルツの電気が送電されているそうです。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。「中部地方」というのは3つの総称だったんですか。まったく地理には疎いものでして、お恥ずかしい限りです。一般的に呼ぶようになった分類はとても参考になりました。

お礼日時:2002/10/09 20:44

結論から言うと、公式には決まっていないようです。


そもそも、日本の行政組織に「地方庁」などが無いせいだと思います。
それぞれの行政部門により、勝手に区分しているようです。
1~3の回答に出ていない例だと、
電波管理局では信越地方(長野と新潟)
NHKの天気予報では関東甲信越(関東+山梨・長野・新潟)
と、なっているようです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なんか今までの回答をまとめてくださったような。。。今回は自分なりにとても勉強になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/10/09 20:47

非常に難しいです。


曖昧なのが、新潟県と三重県でしょう。

新潟県は
地図上は中部地方
歴史的には、北陸地方
文化的には、信越地方
電力会社は、東北電力
選抜高校野球は、東海・甲信越地区
衆議院選挙は、北信越ブロック

どれも正しいような、違っているような感じです。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

各分野によって分け方が違うんですね。それも新しい発見です。私は北海道です。だれがなんと言おうと「北海道」は「北海道地方」でしかありませんよね。ですからどこもきちんと決まっているものだと思っていました。

お礼日時:2002/10/09 20:46

過去に同様の質問がありました。


区分のしかたなんですね。単純に地形的にわけるか、文化的に分けるか。

「関東甲信越」ということも多いけど、「中部地方」が地図区分でしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=267077
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。中部地方ですか。その区分はありませんでした。北海道・東北・関東・北陸・信越・東海・近畿・中国・四国・九州・沖縄の分類でした。この中ではどれに入るのかな~?って感じでした。

お礼日時:2002/10/09 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山梨県とか長野県は何地方なのでしょうか?

関東地方ではないですよね?
中部地方?
甲信越地方?
一般常識的な質問をしてごめんなさい。

Aベストアンサー

非常に難しい質問です。

ここで質問をしているので、社会・地理での意味合いではないと思うので、、。

回答すると、(たぶん) 「イロイロ」です。
回答になっていませんが、これが実際なので、、、。

私も関東に住んでおり、チョクチョク山梨・長野に旅行に行きます。

この時、いろいろな情報を得ようとするのですが、見る物、でくくられるエリアが違います。

例えば一番良く見るのが天気予報
 山梨が関東に入っています。
 ま~南は神奈川、北は東京都・埼玉と入れ込んで天気の変化上も密接なのでそうなるのだと思いますが。
 NHKしかり、YAHOO天気しかり、、、。

交通
 これは東海と甲信
 南部の静岡に接しているので、山梨が静岡といっしょに東海に入ることがあります。
 これは地図を作る上での都合でしょうね。
 大体が甲信でOK
 ただ、「中部」というくくりがあると、山梨が関東に入っていることがある。
観光ガイド
 これは甲信 で概ね1つかな?
 「中部」というくくりの観光ガイドはタブンない。

ということで、様々です、これ本当に混乱します。
場所的・地形的に微妙なんでしょね、、、。

非常に難しい質問です。

ここで質問をしているので、社会・地理での意味合いではないと思うので、、。

回答すると、(たぶん) 「イロイロ」です。
回答になっていませんが、これが実際なので、、、。

私も関東に住んでおり、チョクチョク山梨・長野に旅行に行きます。

この時、いろいろな情報を得ようとするのですが、見る物、でくくられるエリアが違います。

例えば一番良く見るのが天気予報
 山梨が関東に入っています。
 ま~南は神奈川、北は東京都・埼玉と入れ込んで天気の変化上も密接なのでそうな...続きを読む

Q山梨県は関東地方?中部地方?

すいません、タイトルの通りです^^;

以前山梨県の友人と議論になったことがあって、
その友人は「山梨県は関東地方」と言っていました。
私は山梨県は中部地方だと思っていたんですが、
実際のところどうなんでしょうか?

といっても、いろいろな観点からの区別があると
思いますので、いろいろな意見お待ちしてます。

Aベストアンサー

 一般的には中部地方でしょう。学校の社会科でも中部地方として習うはずです。ただ、首都圏との結びつきが強いので、状況によって関東と一緒に扱うこともあります。たとえば、NHKの放送でも、「関東甲信越」といって、関東地方の1都6県に加えて山梨、長野、新潟もワンセットにして取り扱うことがよくありますし、企業でも、関東の営業所の管轄になることがめずらしくありません。
 ただ、「関東甲信越」というくらいですから、やっぱり一般的には関東ではありませんよね。もし、山梨県(甲斐)が関東に含まれるなら、「関東『甲』信越」と甲を付け加える必要はないはずですから。

 俗説なのかどうか知りませんが、関東というというのは関所の東を意味するわけで、この場合の関所とは箱根の関所を意味するとも言われています。つまり、都のある畿内から見て、箱根の関所を超えた先…関東平野部が関東ということです。
 昔は関八州などとも言いましたが、八州というと、常陸、上野、下野、下総、上総、安房、武蔵、相模のことだと思うので、やっぱり甲斐は含まれません。

 おそらく、山梨県を関東と一緒に扱うようになってきたのは、山梨県が首都圏への通勤圏となってきた近年のことだと思います。

 一般的には中部地方でしょう。学校の社会科でも中部地方として習うはずです。ただ、首都圏との結びつきが強いので、状況によって関東と一緒に扱うこともあります。たとえば、NHKの放送でも、「関東甲信越」といって、関東地方の1都6県に加えて山梨、長野、新潟もワンセットにして取り扱うことがよくありますし、企業でも、関東の営業所の管轄になることがめずらしくありません。
 ただ、「関東甲信越」というくらいですから、やっぱり一般的には関東ではありませんよね。もし、山梨県(甲斐)が関東に含まれる...続きを読む

Q三重県って何地方?

大変低レベルな質問で恐縮です。

今日、「お風呂で学ぶ日本地図」(BY公文)で子供と遊んでいて気付いたのですが、三重県が「近畿地方」に入ってました。自分では「中部地方」ではないかと思っていたので、「?」と疑問が湧きました。

会社では三重営業所は中部支社管轄で関西支社管轄ではなく、三重に出張に行った際、「言葉が愛知と随分違って、関西弁みたい」と感じたのを思い出しました。

小学校の教科書でも、公文の地図と同じ「近畿地方」の分類なのでしょうか?

また、「東海地方」という言い方をする場合、それは愛知県、三重県、岐阜県ですよね?そういえば昔小学校で習ったときは、東海地方という区分けは無かったような…

あえて「地理」でなく「小学校」カテゴリーに質問させていただいたのは、今の小学校でどのように教えているのかを知りたかったからです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>小学校の教科書でも、公文の地図と同じ「近畿地方」の分類なのでしょうか?

これはずっと変わってないはずです。
小学校でならう日本地理としての地方区分は
北海道地方(北海道)
東北地方(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
関東地方(群馬、栃木、茨城、埼玉、東京、千葉、神奈川)
中部地方(新潟、長野、富山、石川、福井、山梨、静岡、岐阜、愛知)
近畿地方(滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、和歌山、三重)
中国地方(岡山、広島、鳥取、島根、山口)
四国地方(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄地方(福岡、大分、佐賀、長崎、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)
ということで変わってません。

大抵、○○地方と言った場合、上記区分けとほぼ一致するのですが、中部地方は気候や経済圏、生活圏などから
甲信越地方(山梨、長野、新潟)
北陸地方(富山、石川、福井)
東海地方(愛知、静岡、岐阜、三重)
と分けることが多く、この場合は三重県は東海に入れられます。
でも、新潟を北陸に入れることもありますし、岐阜北部は東海というイメージは薄いです。(私だけ?)

三重は東海だが中部でない、というのと同様に近畿だが関西ではない、とも言えるかもしれません。(このニュアンス分かっていただけます?)

>小学校の教科書でも、公文の地図と同じ「近畿地方」の分類なのでしょうか?

これはずっと変わってないはずです。
小学校でならう日本地理としての地方区分は
北海道地方(北海道)
東北地方(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
関東地方(群馬、栃木、茨城、埼玉、東京、千葉、神奈川)
中部地方(新潟、長野、富山、石川、福井、山梨、静岡、岐阜、愛知)
近畿地方(滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、和歌山、三重)
中国地方(岡山、広島、鳥取、島根、山口)
四国地方(徳島、香川、愛媛、高知)...続きを読む

Q新潟は東北地方に入りますか

甲信越や北陸という説もありますが、東北という説もあります。
新潟を東北地方に含める根拠はなんでしょうか?

Aベストアンサー

 確定的なことは言いにくいのですが、地理・地誌を考えた場合、地勢・地形・産業・文化・歴史・気候などなどで違ってきます。新潟は地域的な結びつきから言えば、中部・日本海沿岸の東北・北陸・大阪といった地区との結びつきが強い(鉄道交通網がその例)という特性もあります。
 新潟を東北と考えやすい区分の一つには、気候区分がありますね。信越とか北陸で気候区分はない。日本海型式気候ということで中学ではくくりますが、日本有数の豪雪地帯として新潟とか秋田・山形の山間部を考えますよね。気候区分も日本海式の中でも冬の月間降水量が300ミリ~400ミリにも達するのがこれらの日本海・東北地域ということで、ひとくくりにしやすい。これらは、米の単作地帯(単一耕作や一毛作の地帯)でもあるわけです。
 こうしたことから、一般には東北は秋田・山形・青森・福島・宮城・岩手をいいますが、日本海側の東北地方と気候区分が同じという意味で東北と考えるタイプもあり得るということではないでしょうか。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q新潟県と三重県、地方別にするとどの地域なの?

初めましてこんにちは

新潟県と三重県なのですが、この県を東北地方とか中部・北陸地方という分類にする時、どこに入るのが正解なのでしょうか?

あちこちのサイトをのぞいてみるのですが、新潟県は東北に入っていたり中部にいたり、三重県が近畿だったり中部・北陸だったり東海だったりします。

どこかに正しい情報が掲載されているサイトはないでしょうか。
またこの2県はどこに分類されるのが正解なのか教えてください。

よろしくお願いしますm(_"_)m

Aベストアンサー

 ある県を**地方に分類する場合、その分類の観点によって何通りもの形式が考えられます。一般的な行政区分では三重県は「近畿地方」に分類されますが、これは京が日本の首都であった遙か昔からの政治、経済、文化的影響をもとにしているのだと思われます。しかし現在では三重県(特に北部地域)は名古屋を中心とする文化圏の一角という性格が強く、愛知、岐阜、三重で「東海地方」と称されることが多いです(ここに静岡を入れる場合もある)。同様に新潟県は一般的には中部地方もしくは北陸地方ですが、甲信越地方(山梨、長野、新潟)という区分もよく聞きますよね。ですから「正しい情報」というのは一通りでなく、何通りもがそれぞれ正しいのです。以上三重県人からの回答でした。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む


人気Q&Aランキング