新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

中原中也の詩で、
「時こそ今は花は香炉に打薫じ、そこはかとないけいはいです。」
で始るものがあります。
この文の意味がよくわからないので、解説してください。

「時こそ今は」=今がそのときorたった今
「花」=さくら?
「香炉に打薫じ」=香炉に入れて薫らせた

花びらを香炉に入れて燃やしているのでしょうか?
それとも香炉に活けてある花が香っているのでしょうか。
どうして「時こそ今は」なのでしょうか?
特別なことが起こっている場面ではないのですが。
また「しほだる花や水の音や」の「しほだる」の意味が不明です。

よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

時こそ今は花は香炉に打薫じ ボードレール



原文は
Voici venir les temps où vibrant sur sa tige
Chaque fleur s'évapore ainsi qu'un encensoir;
訳せば
いまこそ、花という花が、その茎の上で震えて、香炉のようにその香りを振りまく時 かな。

全体の文から、しほだる は、潮垂れる(元気がない)ということかもと思います。 想像です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング