ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

しょうね抜きをした後の仏壇の処分方法を教えてください。
業者に頼むと、結構、処分費がかかるようなんですが、自分では処分はできないのでしょうか?(自分で処分する方、みえるのでしょうか?)
※関連なんですが、納骨堂を過去に購入したのですが、毎年、維持費が○万円の請求がきますが、(先祖が雨ざらしになるから、維持費を払うようにという感じです)。
みなさん宅はどんな感じでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

性根を抜けばただのゴミです


そのために性根抜きをするのです
叩き壊して広場で燃やしても風呂の薪にしても構いません
薪焚きの風呂なんて無いでしょうけれど (∩∩)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり、そうなんですね。
業者って、高いですね。

お礼日時:2008/03/11 23:43

 ゴミの処分方法はお住まいの市町村によって違いますので、ここで聞くのならどこに住んでるのかぐらいは示しましょう



それか、直接問い合わせてください(これが確実) これなら住所を明かさなくてもいいし(^_^)v

方法も、自治体によって違いますので、はっきりとした事は今言えません。

永代供養料として納骨堂などの維持費用を請求されるのは普通です
年単位、数年単位、1回のみなど、これも色々です。

うちは10年ごとに更新のお墓を持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。
やはり、どこも同じような感じなんですね。

お礼日時:2008/03/11 23:44

可燃ごみです


自治体の可燃ごみの規格に合わせて細かく砕いて出せばいいです
それが出来ないのなら自治体の規定に従って処分すればいいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう。
実際に、こんな感じで、自分で処分する方もみえるんでしょうか?

お礼日時:2008/03/10 23:54

 市町村の大型ゴミの日に出してください



市町村によっては無料です

有料だったら、粉砕バットとかで殴って小さくしてから、燃えるゴミの日にだしましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
砕くのは、なんとなく、気が進まないのですが、そのまま、ごみ処分場へ持ち込んでもよろしいのでしょうか?
処分費は業者は2万円だといいますが、いくらくらいいるんでしょうか?

お礼日時:2008/03/10 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏壇の引越でお魂抜きをお願いします。お布施は幾らくらい?

仏壇の引越でお魂抜きをお願いします。お布施は幾らくらい?

父が6/2に死去しました。
仏壇も、古い仏壇ではありますが買い替えは考えておらず、四十九日が過ぎれば我が家に引越予定です。
6/21、お寺さんには同日に二か所、我が家で三七日法要、実家で魂抜きをして頂きます。

宗派によって違うと聞いていますが、三七日法要、仏壇のお魂抜き、其々のお布施の相場はどのくらいですか?
浄土宗です。

日数が余りありませんので、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

仏事関係一般の仕事をしております。
キャリアは15年ほど、実家は江戸時代から仏様関係の仕事をさせて頂いてます。

まずお知らせしておきたいのは、お寺によっては仏事や法事の際の金額をはっきりと
おっしゃるところもあるということです。最近、特にこの傾向が見られるようになりました。

御住職が「お気持ちで判断して頂ければ・・・。」とおっしゃるようなら、それは檀家側で金額を判断しなければいけません。こういった場合、困りますよね。しかしこれは、それぞれの檀家の経済状態などがまちまちなことを、お寺側で配慮して頂いていると解釈しておきましょう。

浄土宗ということを踏まえてお答えしておきます。地方によっても、お寺によっても金額に違いがあることはあらかじめご理解下さい。

一般的に、お人がお亡くなりになった場合の逮夜法要(初七日、二七日、三七日・・・)は5千円~1万円程度です。四十九日は一応区切りですので、2~3万程度お包みされてはいかがでしょうか。百ケ日も同様で結構です。

それから、お車料と御膳料ですが、これは先の方がおっしゃっているように、それぞれ3千円~5千円で妥当であろうと思います。

抜魂・入魂に関してはすでに期日を過ぎていますし改めて申し上げる必要もないかと・・。

お寺へのお礼に関しては、一概には言えませんが「出来る範囲内を越えないこと」。これが一番重要かと思います。
近親者を失うことは、何物にも代えがたい悲しみだと思いますし、弔いに際してはできる限りのことを、とお考えになるのは至極当たり前のことと思います。しかし、現実には残された方々の毎日の生活もあります。時間とともに落ち着きを取り戻していかれることをお祈りしておりますが、その際に生活を圧迫するほどの金額は適当とは言えません。これからの菩提寺との長いお付き合いを考えて、冷静にご判断下さい。

最後に封書の件ですが、これは数を減らす逃げ道があります。あまり公言できませんが、世間一般通用するものですのでご紹介しておきます。

無地の封書で結構ですので、1通ご用意下さい。
中央部の上半分に「上」という字を記します。
下半分にはご苗字を書きます。
あとはここへ、お車料御膳料を含めた、お寺へのお礼全額を入れます。
「失礼ですが、これへすべてまとめさせて頂きましたので・・・。」とひとこと添えて頂ければ
多分ですが、御住職は何もおっしゃらないと思います。

まとめる際は「4」という数字だけは避けましょう。「4万円」はやはり忌み嫌われる金額ではないかと思います。3万、もしくは5万円台でまとめるのが賢明かと思います。

仏事関係一般の仕事をしております。
キャリアは15年ほど、実家は江戸時代から仏様関係の仕事をさせて頂いてます。

まずお知らせしておきたいのは、お寺によっては仏事や法事の際の金額をはっきりと
おっしゃるところもあるということです。最近、特にこの傾向が見られるようになりました。

御住職が「お気持ちで判断して頂ければ・・・。」とおっしゃるようなら、それは檀家側で金額を判断しなければいけません。こういった場合、困りますよね。しかしこれは、それぞれの檀家の経済状態などがまちまちなことを...続きを読む


人気Q&Aランキング