色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

卵胞は何mmずつ大きくなっていくのでしょうか。(有名な産み分け外来には通ってますが・・) 本日14mmで明日かあさってが2日前といわれました。何mmで排卵するのでしょうか。

gooドクター

A 回答 (1件)

排卵時のサイズは個人差があり、卵胞の直径が20mm前後が平均ですね。

卵管采の取り込みやすいサイズは18mm~20mmと書かれている産科のサイトもあります。超音波検査で卵胞が確認できるのは排卵前の何日か前までのデータがおおく、排卵の瞬間を超音波検査で観察することは殆ど無い為正確な事は分かりませんが、おおよそ直径23~24mm位と思われます。でも排卵誘発剤を使う場合は15~18mm位でも排卵する場合もあり、18mm~24mm位の範囲であれば平均といえるかと思います。つまり、平均的な健康な妊娠が可能という事でしょうね。

>卵胞は何mmずつ大きくなっていくのでしょうか。
>本日14mmで明日かあさってが2日前といわれました。
2日~3日で平均的なサイズの範囲内に成長するという事ですね。
(卵胞ホルモンの出方や卵巣の条件など個人差があり正確にはいえないかと思いますが自然排卵可能なサイズの範囲に入るという事ですね)。

精子は最低3日間は100%生存し、徐々に生存率が落ち7日目の終わりには100%生存しなくなります。(精液から精子が得る運動エネルギー源の果糖分が薄まることと精液のアルカリ性が薄まって酸性化環境になることで死滅します。)
丁度今日から、受精の為には1日置きに排卵日終了日まで仲良くされれば確実に受精できると思います。受精卵はゆっくり下って子宮内膜に着床するまでに排卵から10日かかります。着床で妊娠という事になり、妊娠検査薬でそれ以降妊娠チェックができるようになりますが、この時期は着床も不安定で子宮外妊娠や着床流産もありえますので、妊娠5週過ぎて超音波検診で胎嚢が確認できないと妊娠したと身内の人にも言えませんね。胎嚢も見えないまま自然流産してしまう事もありますので。

女の子の産み分けについてはネットで「産み分け」で検索すれば産科のHPがたくさん出てきますので、共通的な条件を3~4つ同時に実行すれば生み分けがほぼ可能かと思います。私の所では産み分けの計画出産が100%できました。

排卵時卵胞サイズについては上記に書きましたが、
以下に産科のHPがありますので幾つかをみて共通内容な平均サイズをご覧下さい。http://www.google.co.jp/search?source=ig&hl=ja&r …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング