個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

アンモニアから硝酸を作るオストワルト法は、
NH3+2O2→HNO3+H2O
とまとめることができるんですが、アンモニア6,8kgを反応させたら、60%硝酸は何キログラム得られるのでしょうか?
という問題で、NO3=17、HNO3=63

a(kg)とおいて、

(6,8×1000)/17=(a×10^3×0,6)/63
という式で、出るんですが、

アンモニア400molあるので、硝酸も400molできるはずだけど、60%しか反応しきってないので、0,6×400×63÷1000だと思ったら、間違ってました。(400×63は,400molのアンモニアから出来るはずの硝酸で、0,6は60%反応したという解釈なんですが)

重要問題集からの問題なんですが、憚りながら
解説お願いいたしますTT

A 回答 (1件)

60%硝酸というのは濃度が60%の硝酸ということです。


すなわち、60%のHNO3と40%の水の混合物を指します。
したがってその質量は、「生じたHNO3の質量を0.6で割る」ことによって計算します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2008/03/28 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!