個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

レガシィを買った友人がスタッドレスを買いにタイヤ屋さんにいったところ
レガシィGT-B(BG5後期)は16インチブレーキだから
17インチサイズしか履けませんと言われるがままに17インチのスタッドレスセットを買ってしまったそうです
車のカタログとか見てると
16インチ2ポッドだの何だのって書いてありますが
もしローター径が16インチなら
17インチのホイールをつけるのは物理的に不可能だと思うんですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

自分は平成9年式レガシィGT-Bに載ってます。


たしかにフロントブレーキは16インチブレーキです。
リアは15インチです。
自分は夏は純正215-45-17ですが、
冬は205-50-16のホイールをはいてます。
たまに干渉するホイールもあるにはあるみたいですが、
大型店に置いてあるものはほとんど大丈夫だと思いますよ。
オフセットの関係とホイールの裏の形状に気を付ければ大丈夫かと...
たぶんほとんどのGT-B(BH、BGに限らず)
に乗ってる人はそうしていますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

16インチ問題なく履けるんですね
友人にはキャンセルするように言っておきます
ありがとうございました

お礼日時:2002/11/04 09:16

推測ですけど、適合するホイールを記したものではないでしょうか?ブレーキローターその上に付いているキャリパーを含めて、どのインチのホイールなら合いますよとういうことを言っていると思います。


だから、純正以外のキャリパーと交換したら元のホイールに干渉することもありうると思います。
ただし、キャリパーの外形等が国際規格で決まっていれば問題ないですけどね。
    • good
    • 1

そのたいや屋さんは、知識がないと思われますのでやめたほうがいいと思います。


そういうところに限って、ナットを締めるとき手締めを最初にしなくていきなりインパクトレンチで締めて、斜めに締め切っちゃうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね。。。プロならトルクレンチで締めて欲しいものです

お礼日時:2002/11/04 09:14

一番手っ取り早いのは、ノーマルと同サイズのホイールを使うことですね。


ドレスアップを前提としている方の場合、ノーマルホイールにスタッドレスタイヤを履かせて、通常はインチアップすることが多いようです。
って言うか、それが一番安上がりなのかも…。
自分も、クルマを買ったらそうする予定でいます。
    • good
    • 0

当たり前だけどローター(円盤)の径が16インチって意味じゃないよ


もしローターが16インチだったら16×25mmで約400mm!!…市販車最大クラスのF50ブレーキよりもデカくなっちゃいます(爆)
ちなみにF50は355mm。国産車なら対向・大型キャリパー系で280~320mmくらい

キャリパー周りも含めて全体のサイズでどれくらいか?
="それくらいの余裕がいる"って程度の解釈でOK
↑キャリパーはローターよりもちょっと出っ張っているからね

純正と同じサイズ(or以上)が使えるのは良いとして、本当はワンサイズくらい下なら履けちゃいます…意外と(笑)
ただしホイール内側の形状によっては履けないので注意が必要です。もちろん裏側が大きくエグれているホイールほど使える可能性は高いですよ
つまりどんなホイールでもOKって訳じゃないのでどう言うのが履けそうかは実際に付けて調べるか、既に付けている人の意見を参考にすればOKです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに16インチのローターなんて国産車では見当たりそうに無いですよね。じゃぁいったい16インチブレーキっていうのは何なんだって気がしますけど。。。

お礼日時:2002/11/04 09:17

確か、私の記憶だとみんなGT-Bはスタッドレスに履き替えるときインチダウンして鉄ホイールを履いているはずです。

ディーラー等で確かめてください。
    • good
    • 1

ディスクブレーキは、ローターと呼ばれる円盤状の物をキャリパーで挟んで止めています。


その際、ローターに直に当たるのがブレーキパッドです。

ローター径とは、ブレーキローターの直径ですから、ローター径が16インチなら、17インチのホイールしか履けないでしょうね。
ローターは、ホイールの内側に付いているものだからね。

しかし、17インチのスタッドレス・・・高そ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーキローターの大型化で性動力は上がる??

はじめまして。基本的な質問なのですが、ブレーキローターを大型化した場合制動力は上がるのでしょうか?キャリパー、パッドは元々使っていたものを使いますのでパッド接地面積及び油圧も変わらない前提です。単にローターの外径が大型化して挟み込む位置が外側へずれただけなのですが、この場合てこの原理で制動力は上がりますか?
詳しい方教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ブレンボ付GTRのリヤで、純正キャリパーを追加ブラケットで外側にオフセットし、大径ローター装着するというキットがありましたね。
効果は間違いなくありますよ。回転している物を止めるときに外側で止めた方が中心近くで止めるより楽ですから。
純正でもタイヤがロックするから十分という意見もありますが、それはあくまで日本の制限速度内程度の話であり、サーキットなどでさらに速度を上げていくと純正なんかだとぜんぜんロックしません(高速域からの減速)
これは、タイヤ&ホイルは回転していて、慣性がある為です。
だから、速度を上げればあげるほど止まり難くなります。
それに今ではタイヤの性能も上がってますので・・・

とかきましたが、改造パーツ等の強度がしっかりしていればの事で、粗悪品だった場合、効果がないどころかブレーキ破損、さらに止まれずにどこかに激突といった事になりかねないのでパーツ選びにも注意が必要だと思います。

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Qタイヤ外径をアップした場合の利点と不利点

タイヤ外径をノーマルを一回りアップした場合、性能面では、

利点:
・同じ走行距離で比べると回転数が少なくなり摩耗が少ない⇒長持ちする

不利点:
・発進時や登坂でより強いトルクが必要となる(ハイギヤード化)⇒発進にもたつき感が出る?

があるかと認識してますが、間違いや過不足あれば教えてください。

サス、ホイール径は変わらないという前提で、フェンダーなどとも干渉しない程度のサイズアップを想定した場合です。

Aベストアンサー

先ず、スピードメーターの問題はありません。
メーターが車検でNGになるほど大きくすると・・・車体に当ります。
車体に当らなければ車検では、ほぼ合格します。(普通の乗用車なら)

燃費は良くなります。
ただし、一定の速度で走行した場合です。
高速などを一定の速度で走ればかなり良くなります。
特に軽バンなどの3ATでは大きく改善します。
そのかわり、ストップ&ゴーが多いと悪くなります。

タイヤの減りは変らないです。
ブレーキ性能も変らないです。
(変るほど大きく出来ません)
最小回転半径も変らないです。
(ハンドル切れ角が変わるわけでは無いです。)

一番良く感じるのは、
加速が悪くなる
駆動力が小さくなるので、登坂力が無くなるです。

直径で1cmぐらいなら誤差の範囲です。
2cmを超えるとかなり体感できます。(排気量が大きいと体感しにくくなります)

Q前後のトレッド幅について。

普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

Aベストアンサー

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なく...続きを読む

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qブレーキキャリパーのメーカー

ブレーキキャリパー交換を考えています。
おすすめメーカーはどこですか?
やはりブレンボ?
国内ではプロジェクトミューやエンドレスでしょうか?
これらのメーカーの知名度、信頼性、技術力などどの程度なのでしょうか?
また、これ以外にもおすすめメーカーがありましたら教えてください。
 

ちなみに車はヴィッツG'sです。
また、この車にブレンボは装着可能ですか?

キャリパー交換した場合はパッドも交換したほうが良いのでしょうか?
同じブランドでそろえたほうが良いですか?

キャリパーの種類(対向とフローティング)によって、パッドもそれぞれ専用のものがあるんですか?

素人ですので、わからないことばかりです。。。

Aベストアンサー

え~と、皆からボロクソに言われていますが、前のチューニングと同じです。

要するに、貴方の思いがはっきりしていないからです。質問内容だけでも、いい加減な思いで見栄えだけで考えられている可能性大と読み取れるからです。

正論を述べると以下です。
先ずは、ブレーキパッドは変えられたのでしょうか? 純正から変えると、かなりフィーリングが変わります。純正がいかに万人受けさせているのか分かります。そんなもんが、日本では求められているというのが分かります。効きという面では、パッドを変えるのが一番の方法です。また、それでも不十分であれば、ローターも変えてください。ローターも材質があるので、効きが変化します。
キャリパーは、その次です。効きという面で期待するとと、外れます。変わるのは、コントロール製やその範囲、耐フェード製等です。また、キャリパーは装着車両に専用にする必要があります。アダプタが出ている物もありますが、剛性面から見たら、邪道です。 ということを踏まえると、ヘタなパッドを選んのキャリパーを装着すると、純正と大差ないフィーリングになり、大金をドブに捨てます。また、キャリパーの大きさによっては、キャリパーが大きい物があるので、ホイールと干渉する場合があるのです。また、テンパータイヤもはまらないです。そうなると、ホイール・テンパータイヤは交換が必要になります。
何でもかんでも装着できる物ではありません。また、キャリパーも値段によって、ピンからキリまであります。モノブロック構造のもの  etc。 よって、ブレーキを含めて足回りとして、トータルに見る必要があります。

 つぎ込んでドブに捨てお金があるのであれば、日本経済のために見栄をとってお金をドブに捨てるか、さもなければ私に渡して貰えれば、ちゃんとアドバイスしますよ。

え~と、皆からボロクソに言われていますが、前のチューニングと同じです。

要するに、貴方の思いがはっきりしていないからです。質問内容だけでも、いい加減な思いで見栄えだけで考えられている可能性大と読み取れるからです。

正論を述べると以下です。
先ずは、ブレーキパッドは変えられたのでしょうか? 純正から変えると、かなりフィーリングが変わります。純正がいかに万人受けさせているのか分かります。そんなもんが、日本では求められているというのが分かります。効きという面では、パッドを変えるの...続きを読む

Qピロアッパーマウントのボディへの影響について

たまにサーキットも走行するため、車高調のアッパーマウントをピロボールタイプに
してみようかと思っています。
しかし、いろいろ情報を見ているとボディへのダメージうんぬんとよく書かれて
いますが、実際どの部分にどのような影響がでるのでしょうか?
私の勝手な想像では、アッパーマウント接合部分への影響ではなく、
細かい振動を拾うことによるボディ全体の歪みのようなもと思っています。

また、影響がでるまでの時間(走行距離)はどれぐらいでしょうか?
セッティングによって大きく変わる部分ではあると思いますが、
基本的にメーカー推奨値ぐらいでストリートメインと考えていただければと思います。

あと、ボディへのダメージを減らす方法は、ピロをやめるとか、強化ゴムに変える
以外にあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ピロアッパーは、アライメントの狂いが出ないように使うのであって、
ストリートで使うと、異音の発生や乗り心地の悪化、ボディへの負担に繋がります。

ボディの負担は、ストラットだったら付け根のクラックやネガキャンバーに変形もしくは、
周辺のスポット部分のクラック等。 長年使うとボンネットの隙間が狭くなるくらいの症状が出ます。

足回りを組めば、ピロに限らず10000K/mくらいしかボディは持たないのじゃないかな?
それを補ってでもタイムを詰めたいと考えれば「有り」ですけど…

私だったらスポット増しとか、リベット打ちで補強してから、
稼動部分を全部強化ゴム及び、ピロにしますけど(この方が負担が分散できる)
と言っても、ボディの負担は防げないですが…

Qアルミホイールとブレーキのマッチングについて

教えて頂けますか?

車のブレーキシステムのチューン考えております。

その場合は、大型のキャリパーや大径ローター等への変更となる予定ですが、私の現在履いているアルミホイールにサイズ計測上はそのままマッチングできそうです。

手持ちのアルミ&タイヤでブレーキチューン後、履かせてみた場合にアルミホイールの内側にちゃんと収まりますが、ローター直径が大きくなるためホイールの内側ぎりぎりまでくる大きさです。
そうなるとローターとアルミ内側の間のいわゆる「隙間?」が狭くなります。当方素人にて専門用語よくわからないので、説明が難しいのですが。。。

もちろんあたってはいません。
大型キャリパーもぎりぎり収まってます。

よるCar雑誌などでは、ドレスアップしブレーキやアルミをチューンしているかっこいい車見ますが、大径ローター装着などで見た目でアルミホイールの内側一杯までローターが占拠している(表現、正しいでしょうか?)写真が載ってますよね。
多分そんな感じになりますし、実際そうだと見た目もかっこいいですよね。


そこで、その場合の質問ですが、通常走行で問題はないのでしょうか?
つまり走っている間にローターやキャリパーがアルミホイールに接触・干渉をおこす可能性・危険性はございませんか?もちろん走行中にローターやアルミが干渉してしまうようなら大事ですから、最初からあたって履けないはずと頭では理解しているのですが。つまりアルミがぎりぎりでも、はまるならそういう事は起こらないはずだとは思いますが。。。
隙間がなくなることで接触干渉のリスクや他、ブレーキからでるダストの問題、放熱の問題などわからないことや心配なことがあったので、教えて頂けると参考になります。

わかりにくい質問で申し訳ございません。

ブレーキシステム大型にするならアルミもインチアップすればいいのでしょうが、一応現在のアルミサイズでそのままいけそうなので質問でした。

宜しくお願いいたします。

教えて頂けますか?

車のブレーキシステムのチューン考えております。

その場合は、大型のキャリパーや大径ローター等への変更となる予定ですが、私の現在履いているアルミホイールにサイズ計測上はそのままマッチングできそうです。

手持ちのアルミ&タイヤでブレーキチューン後、履かせてみた場合にアルミホイールの内側にちゃんと収まりますが、ローター直径が大きくなるためホイールの内側ぎりぎりまでくる大きさです。
そうなるとローターとアルミ内側の間のいわゆる「隙間?」が狭くなります。当方素人に...続きを読む

Aベストアンサー

取り付けた状態で回して干渉していなければ、絶対に当たりません。
きちんと取り付けた後は、1mmも動きませんから。でしょ?
ローターやキャリパー、ホイールがぐらぐら動くことはあり得ないのです。
それらが一体となったサスペンションは動きますから、走行時の運動は考慮しなければなりませんけれどね。

ローターの半径+キャリパーの厚さ+1mmでもあればOK
ただし、インセットがうまくあっていないと、キャリパーが引っかかることがあります。
そのため、着けたはいいけれど、回らないと言うこともあります。
で、スペーサーを入れると今度はフェンダーからはみ出してアウト
よく陥るところですね。

QMT車のブリッピングについて質問です!

MT普通自動車のブリッピングについての質問です。


1.ブリッピングとはシフトチェンジの際にクラッチを踏んでからアクセルをふかすという認識でよろしいでしょうか?



2.また、どのようなシチュエーションでなんのために使うのでしょうか。


3.ブリッピングのコツやアクセルのふかし加減など、アドバイスがあればよろしくお願いします!!

4.教習生や運転初心者には高度過ぎてやらないほうがいいですか?



ご意見待ってます!!!!

Aベストアンサー

そうですねぇ、ブリッピングと言う言葉自体を忘れた方がいいと思います。

サーキットなど全開、フルブレーキを繰り返す場合はブリッピングしないと危険な状態になりますけど。
今、日本で発売しているMT車はおそらく誤操作防止のためと思いますがヒールアンドトゥがしづらいペダル配置にしてあります。
輸入スポーツカーにはやりやすい様に配置してあるのも一部ありますが。

公道を走る分には何もしないでギアチェンジして大丈夫です。

Qスバル車の4pot用ローターと2pot用ローターについて

現在乗っているフォレスターSF5(H9年式)をフロント4potに換えようかと思っています。

とにかくブレーキの効きが悪く、社外新品パッドや社外新品のスリット入りローターに換えましたが、初期制動力が弱く、街乗りでは正直最近の車に比べて心もとないところがあります。

スバル車の特性ではないかと修理業者には言われましたが、家族所有の最近のトヨタ車に比べると全然効きが弱く、もう4potしかないかなと。で、換装をしようと今部品を探しています。

さて換装するにあたってですが、現在のローターはまだ交換したばかりなので、できればこのままスリット入りローターを引き続き使いたいと思っています。
キャリパーとパットの交換だけで4potに変えることは可能でしょうか。

また4pot化やブレーキ強化に関して、ほかに「こうしてみたら!」というアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

4pot化が初期制動力を上げるかは、正直言って疑問が有ります。他の方も書かれているようにパッド自体の違いによってかなり左右されます。大きく分類して、レース用、ストリート用でのパッドで全く違うフィーリングのタッチを感じられていますでしょうか?また、ブレーキホースをステンレスメッシュtypeに交換されると大きく初期制動が変化しますし、マスターシリンダーストッパーを付けることで格段にレスポンスも上がります。つまり伝達ロスが大きいところを小さくすることが一番要望通りのフィーリングになるものと思います。100km/h以上もしくは、200km/hからでの制動力を上げると言われているのでしたら4pot化の効果がわかると思います。ただ、ローター径の大型化などするとなるとかなり高額になりますから負担が大きいと思います。私の経験では、まずは、最初の交換は、低温から制動できるパッドとホース+ストッパーです。これで100km/hからのNormal制動距離を半分ぐらいにできます。(むろんエンジンブレーキ併用の技術を使ってでの話しですが)
経験談でのお勧めです。


人気Q&Aランキング