アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

パイオニアとケンウッドのスピーカーの音質の差を知りたいのですが、どちらがいいのでしょうか?
差はあったとしても素人にはわかりにくいレベルでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

厳密には、同じシステム(カーオーディオ本体)とアンプの組み合わせで


聞き比べるのが 良いですが 自分の車に装着しての比較は無理でしょう 
カー用品店のディスプレーでもおよその比較は出来ると思います。

お気に入りのCDを持ち込み 店員さんに言って双方のメーカーの聞き比べです。
聞く耳を持って聞く「聞き比べようと思えば差は解りますよ」

個人的に言わせて頂くと 
パイオニアは、そつなく無難な音が出る
ケンウッドは、ガチャガチャした子供っぽい 聞きつかれる音と感じます。
カーオーディオは、温度変化・振動と過酷な条件で使用するので耐久性や 性能劣化を考えて選ぶ事も重要では?
この点でも やはりパイオニアとクラリオンです。

スピーカーですが 1万円程度のものは、純正でもそれなりに良いシステムオーディオ装備の場合 スピーカーレベルに大差なく 変化が期待できません
純正の普通のシステムの車なら 少し良く感じ 耐久性が向上します。
2万円代のスピーカーですと 余程の聞き音痴さんで無い限り クリアーなサウンドが感じられると思います。

別体アンプを積まれていれば これ以上の高級スピーカーも検討の余地ありですが。
純正システムなら 2万円代より上の物は 性能を発揮できないでしょう。
取り付け時 バッフルボード(3千円位)という ドアとスピカー間に挟み込む合板を取り付けると 音のビビリも解消しますし 
ドアの奥に集音シートを張ったり デットニングで 音質がグングンUPしますよ

オーディオは お金を掛ければよくなるものでもなく ご自信の車に有った システムで ご自信の心地よく聞き疲れない音を探す
また スピーカー取りつけやデットニング等で作り上げグレードUPさせられます。
    • good
    • 6

スピーカーは原因ではなく結果なので


選ぶっていうか必要な物を用意するんですっ
高いから良いってもんでもなく
現在のシステムに合っているかどうかです
スピーカーで音質は計れないですかねっ

パイオニアとケンウッド。。。レベル的にはどっちもどっちです
どちらもただの電気屋ですね~
低レベルで迷わないで
カーオーディオにはカーオーディオの一流メーカーを推奨します笑

超オーディオ談義 ↓
http://okwave.jp/qa3669688.html
    • good
    • 5

申し訳ありませんが素人にはほとんど分かりません


車載した状態でない限り音の比べようはなくお店に飾ってあるデモ用のスピーカーからは何の情報も得られません
私は友人にいつも言っております
スピーカーはギャンブルだと
気に入った音かどうかは取り付けてから、車にもよると言っています
しかし純正よりは格段に音は良くなると思いますので積極的に交換しましょう
あまり高いスピーカーはいりませんよ
大体2万円中ほどまででしょう
それ以上のものとなるとアンプをハイパワーの物しないと実力は発揮できませんね
    • good
    • 3

単純に値段が高いほうが音が良いです。


といっても多少の差なら全く変わらないと思います。
多分、スピーカーそのものより取り付ける土台のほうが音質には重要では?
    • good
    • 12

パイオニアは澄んだ高音が特徴ですが、逆にそれがキンキンしていてイヤだ、という人もいます。

ケンウッドはどちらかというとドンシャリです。高音・低音が厚めで中域がやや引っ込んだ感じです。ただ、これは少し前の印象です。今現在は傾向が変わっているかもしれません。

なのでどちらが「良い音」ではなく、どちらが「好みの音」か、という事で決めればよいのではないでしょうか。まずは普段良く使うソースを持参の上、オートバックスなどのデモボードに設置してあるスピーカーを目隠ししながら聴いていると何となく好みが見えてくると思います。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケンウッドとカロッツェリアはどっちがお勧め?

カーオーディオを買い換えようか迷っています。候補としてはケンウッドのU737とカロッツェリアのDEH-P630(いずれも新製品)の2つです。音質や操作性、耐久性など総合的に見てケンウッドとカロッツェリアではどちらのほうがお勧めでしょうか??両方使った方から意見を聞けたらうれしいです。ちなみにスピーカーはカロッツェリアのものを使っています。

Aベストアンサー

カーオーディオ製造経験からして パイオニア、クラリオンが 一番作りがしっかりしています。故障が少ない 操作性が考えられているなど

ケンウッドは ちょっとおもちゃ的に感じます 音質も聞き疲れる気がします
アルパインも 高いでだけで 中身は・・・ 以前のアルパインはパネルやスイッチの樹脂が 傷付き易い柔らかい樹脂使用でした
ブランドイメージ先行で 高級モデルは良いが 中級や安価モデルはたいしたこと無いと 個人的に感じています。

長く良い音が続き壊れ難いのは パイオニアです。

Qスピーカーを交換しても純正オーディオだと音は良くならないのですか。

現在、カーオーディオが純正オーディオ+純正スピーカー(4つ)という構成です。

もっと、いい音で音楽を聴きたいので、純正オーディオはそのままで、スピーカーをいいやつに交換しようと思っています。
スピーカーはアゼストかカロッツェリアの2万円くらいのスピーカー(ツイーターが一体になっているやつ)を付けようと思っています。もちろん、4つとも変えるつもりです。

スピーカーを変えただけでも結構音って良くなるものですか。
それより、スピーカーを変えるより、サウンドシャキットを付けた方が音がいいのですか。

なかには、スピーカーを変えてもあまり変わらないとおっしゃる人も居るので、そこら辺のことを教えてください。

ちなみに、デッキは純正のままで、全く変える気がありません。
(インパネの一体性が失われるのが嫌なので)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
カーオーディオにはこれと言ったゴールがないのが
やっかいですよね。
たいていの事は皆さん回答されているようなので…。

流れとしては
#7さんの回答のように
まず取り付けをしっかりさせてからスピーカーを交換
(同時にやるのが一番効果的です…。)するのがよいのではないか…と思います。

ご存知かと思いますが、純正スピーカーはドアの鉄板に直付け、もしくはプラスチックのステーを間にかましてビスで止められているだけです。
周辺の鉄板ごと振動してしまうので音がビビリます。

そこでバッフルボードと呼ばれる厚手のステーをはさむことによってしっかりスピーカーを固定させ、同時に余計な振動を吸収します。
 さらに、ドアには「サービスホール」というメンテ用の穴があいており、スピーカーの前から出た音と後ろから出た音が互いに打ち消し合ってしまうため、低音がスカスカになってしまうのです。そのサービスホールをふさいでやるのがデッドニングです。

自分の経験上、この2つをやってさらにスピーカーを交換すると劇的に変わります。今まで聞こえなかった音が聞こえてくる…というか、全体に厚みのある音になります。

最近はデッドニング用のキット(ドア2枚分の材料)も売られてますし、オートバックスなどのカー用品店
ではサンプルとしてデッドニングの有無それぞれのドアを置いていて試聴できる店もあります。店によってはデッドニングの作業をしてくれるところもありますし。(2~3万円はかかるみたいです)

ドアの内貼りが外せれば作業自体は難しくないとは思いますが、やりだしたらキリがなくなる場合もありますので…(笑)

デッドニング関係のいろいろなパーツを出しているエーモン工業のURLを貼ってみましたので、よかったら見てみて下さい。

参考URL:http://www.amon.co.jp/guidance3.html

こんにちは。
カーオーディオにはこれと言ったゴールがないのが
やっかいですよね。
たいていの事は皆さん回答されているようなので…。

流れとしては
#7さんの回答のように
まず取り付けをしっかりさせてからスピーカーを交換
(同時にやるのが一番効果的です…。)するのがよいのではないか…と思います。

ご存知かと思いますが、純正スピーカーはドアの鉄板に直付け、もしくはプラスチックのステーを間にかましてビスで止められているだけです。
周辺の鉄板ごと振動してしまうので音がビビリます。...続きを読む

Qカーオーディオの、シャカシャカ音などメーカー別特徴

現在ダイハツの純正オーディオを使用していますが、あまりの音の悪さ(シャカシャカ音)に、買い替えを考えていますが、USB対応のKENWOODを検討していました所、店員さんにKENWOODはどちらかというとシャカシャカしやすいと言われたので現在振り出しに戻っています。

私の求めている音としては、シャカシャカせず、高音より低音やBASS音がキレイによく出る感じ、ロックなどBASSやギターがクリアに出る感じです。

お店の人によると、Alpineかカロッツェリアが比較的、低音がクリアに出るとのことでしたし、視聴機で聞いてみた所その様に感じました。
もちろん値段にもよると思いますが、金額的には、あまりお金をかける事が出来ないため、今回はメーカーの特色として、独断と感覚的にで良いので、ご存知の方に教えていただきたいです。

ちなみに私の勝手な思い込みで、KENWOODは重低音が出やすいイメージでしたので、スピーカーは既にKENWOODに変えてしまいましたので、今回はCDとUSB対応のプレーヤーを購入希望です。

Aベストアンサー

私もケンウッドの安物デッキを使ってますが、シャリつくような印象はないですね。
カーオーディオ(特に安物)は基本ドンシャリだと思いますが、ケンウッドは比較的聴きやすい傾向かと…
個人的な感想としては、カロッツェリアの方がシャリが強くて聞いてられなかったです…
車のタイプやスピーカーなど、音を変える要因はたくさんあるので何とも言えませんが…

クラリオンなどはどうですか?地味ですが結構いい音出しますよ。
パネルが無骨なので、派手好みの人には絶対向きませんが…

EQを入れてしまえば、どのメーカーも変わりませんよ。
意図的に音を変えてしまうので、メーカーごとの特色なんて吹っ飛んでしまいます。

純正から社外品に変えれば、どれにしても満足できると思いますよ♪

Qスピーカー 16/17センチの違い

こんにちは。自動車の社外品スピーカーで質問があります。

 主に16/17センチのサイズがメインのようですが、多くの車種は
両サイズとも取り付けができるように感じます。(フィッティング
ガイドを見ていると)そこで、、、

1、どちらがより汎用性が高いサイズなのでしょうか
2、将来的にはどちらかに偏る流れはありますか
3、1センチの違いで音質の違いはありますか
4、フィッティングガイドを見ると両サイズつきますが、
どちらがベターでしょうか(MH21S 現行ワゴンR フロント用)


その他アドバイスもあれば是非、よろしくお願いします。

Aベストアンサー


汎用性の点から見れば16cmです。
17cmは4点留めでしか固定できません。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_1.jpg

それに対して16cmはフレーム部に多数のネジ穴を開けてありますので、3点でも4点でも固定できるため対応車種が多くなっています。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_2.jpg

また、17cmが取り付けられる車種であれば、16cmでも取り付けられます。



現状では17cmに移行しつつありますが、16cmの対応車種の多さを考えれば無くなることはないかと思います(楕円や12(13)cmといったマイナーな規格をなくしてしまったメーカーはあります)。



17cmの方が若干低音域が広いですが、通常聞き分けることは困難かと思います。



17cmを選んでおくのが無難かと思います。
スピーカ自体は使用していると劣化しますので、あまり使いまわしのことまで気にする必要はないと思います。


汎用性の点から見れば16cmです。
17cmは4点留めでしか固定できません。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_1.jpg

それに対して16cmはフレーム部に多数のネジ穴を開けてありますので、3点でも4点でも固定できるため対応車種が多くなっています。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_2.jpg

また、17cmが取り付けられる車種であれば、16cmでも取り付けられます。



現状では17cmに移行しつつありますが、16cmの...続きを読む

Q車の音は8割はスピーカーで決まる?

車で聴く音楽の音質の8割はスピーカーで決まると聞いたことがあるのですが、そうなんですか?あとスピーカーのメーカーとしてはどこがお勧めでしょうか?その理由なども一緒に回答お願いします。

Aベストアンサー

本来新品のスピーカーは音がきちんと出ません。物によりますが慣らし運転を100時間から200時間程度する事でやっとなり始めます。スピーカーケーブルも50時間程度は必要です。中古は状態が良いのが前提ですが、後に必要になるはずのデッドニングの調整が楽になります。
取り付け関係が出来ないとなると、ショップ取り付けとなりますね。
音像を上に上げるには全体の音自体を上げなければなりませんので
ツイーターのみ上に取り付けると、音のバランスは完全に崩れ
非常に耳障りで高域がキツく感じます。それを修正する為に、イコライザーなどで修正しようとしても、デッキが純正であると、それも出来ません。低音は紙の純正スピーカーの方が出やすいので、社外のスピーカーに交換する際には、ご注意下さい。

もし私がこの予算でスピーカーを選ぶとしたら、コアキシャルタイプのスピーカーを選び、ドアの中にある穴(サービスホール)を貼り埋めし
埋める物は、デッドニングキットなどでもある、レジレットレックスとういう部材です。
市販のエーモンやアルパインなどで出している、インナーバッフルキット(5000円位の木枠です)の上にスピーカーを付けると思います
内張りの外し方は、ディーラーに行けば教えてくれますので、
後は楽勝ですよ。頑張ってください

本来新品のスピーカーは音がきちんと出ません。物によりますが慣らし運転を100時間から200時間程度する事でやっとなり始めます。スピーカーケーブルも50時間程度は必要です。中古は状態が良いのが前提ですが、後に必要になるはずのデッドニングの調整が楽になります。
取り付け関係が出来ないとなると、ショップ取り付けとなりますね。
音像を上に上げるには全体の音自体を上げなければなりませんので
ツイーターのみ上に取り付けると、音のバランスは完全に崩れ
非常に耳障りで高域がキツく感じます。それを...続きを読む

Qセパレートとコアキシャルの違いについて

カーオーディオで、16センチのスピーカーを購入予定です。
コアキシャルとセパレートの音の違いや構造などを理解してから購入しようと思っています。
それぞれのスピーカーの違いを教えてください。

セパレートの方が音が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

カーオーディオ以外にも、コアキシャルタイプは昔から存在します。

相互にメリット/デメリットが有ります。

プラス思考ですと、、、

コアキシャルタイプは、音源位置が同軸、又は同軸上に近い為、理想的発音体となります。 また、ユニット取り付けが1っ箇所で済むのと、メーカーが厳格に設計した組み合わせ状態を保ちやすい物ですね。

セパレートタイプ、一般家庭用オーディオのスピーカーは同じ箱に入っていてもこの状態が多いのですが、これは、それぞれのユニットをサイズ等の制限を受けずに設計製造出来るし、他のユニットからの干渉を少なくする事も可能に成ります。

マイナス思考ですと、コアキシャルは大型ユニットの空間に小型ユニットを取り付けるための設計上の制約がありますし、セパレートは発声ぶが分離してしまい、利用環境によっては悪影響も有る。

まぁ、大昔の物品税と言う制度が有った頃は、1ユニットのコアキシャルと、セパレートの多数ユニットで税率が違ったと言う事もありました。

カーオーディオに限定すれば、家庭用オーディオの様に、スピーカーの正面が聴く人の位置とは成りませんので、高度な場合は正面軸から外れた角度で高音の強さを調整しています。
このため、ガラス反射が有るリア用、反射が少ないドア用など、、、

セパレート化で、高域ユニットを直接見える軸上範囲に設置可能に成るため、調整次第では非常に高度な音響空間を再現出来る可能性を持っています。しかし、車種や内装等の影響まで詳しく調整しなければ、高度なメリットは得られにくく、狭い場所に広域ユニットを取り付ける為のサイズや配線の制約も有る為、一概にセパレートの方が良い音が得られるとは言い切れない部分も有ります。

また、スピーカーは振動によって音を出しますので、取り付け部の強度が重要です。 
有る程度以上のユニットの場合、車種ごとにサブバッフルが用意されていたりします。取り付け面の強度や共振を変えて、より正確な音を出そうとする重要パーツです。
高価なユニットに成ると、ユニットのフレームが頑丈になった、コストと手間がかかった製品が多いのも、同じ理由からですよ。

安いユニットのヘナチョコなフレームでもしっかりしたサブバッフルに取り付ける事で、スッキリ明快な音に成る場合は有りますが、取り付け部分がヘナチョコな場合、頑丈なフレームユニットでは取り付け面やボディーが共振を起こしていた部分を強調してしまったり等で、音に違和感を感じる場合も有ります。

ユニットだけ強化しても、限界がありますので、トータルバランスでチューニングして行きましょう。(この点では、コアキシャルでもセパレートでも同じ事です。)

カーオーディオは限定された空間なので、高度にチューニングを施す事で、一般室内以上に高度な再生空間を実現する事も可能です。しかし、同じ車を一生利用出来ないので期間限定ですし、振動や衝撃(ドアの開け閉めで、空気圧縮等)、夏の炎天下駐車や冬場のスキー場駐車等の温度や湿度変化に対応出来る構造が優先に設計されています。 
どうしても、家庭用オーディオより、割高になてしまいますが、ユニット販売としては、家庭用オーディオ分野ではほとんど売れないので、量産効果も有って、物によってはカー用ユニットの方が価格的に優れた物も少なく有りませんね。

コアキシャル/セパレート って、方式の違いだけで、音を楽しむ手法だけです。
高速道路を走るには、どっち?? スポーツカーとトレーラーカーを比べる様な物で、どっちが良いかは利用者の目的と使い方次第なんですね。
近所に国土交通省を定年退職された方が居ますが、高速料金が安い間だけと、ハイエースの大きいのを購入し、ご夫婦だけで数週間の高速だけドライブ生活&旅行を楽しんでいる方も居ます。車高が高いので横風邪等でスピード落としますが、「あおってくるスポーツ車じゃぁ、ゆっくり睡眠取れないからなぁ」って、、
同じ道路でどちらが快適か? 人それぞれ。

スピーカーから出てくる音が結果なので、どのように聞こえるのが好みで、そのための手法は何が良いかは、人それぞれなんですね。

予算を無視したら、理想環境が出来るのですが、それでも「自分の好み」に合うかどうか、個人的な嗜好の部分が残ってしまいますね。

だから、「オーディオ」って「趣味」のカテゴリーの一部なんですね♪

どんなに高度なオーディオで究極にチューニングされていても、自分の好きな曲が気に入った音に感じなかったら、それまででしょう。

音楽と言う「芸術」と「科学技術に基づいた工業製品」の狭間に「オーディオ」などが存在しますので、御質問者様の好みの音、好きな音楽が快適なサウンドに近付くようにガンバッテください♪

(ほぼ、書き込み可能文字数、限界)

はじめまして♪

カーオーディオ以外にも、コアキシャルタイプは昔から存在します。

相互にメリット/デメリットが有ります。

プラス思考ですと、、、

コアキシャルタイプは、音源位置が同軸、又は同軸上に近い為、理想的発音体となります。 また、ユニット取り付けが1っ箇所で済むのと、メーカーが厳格に設計した組み合わせ状態を保ちやすい物ですね。

セパレートタイプ、一般家庭用オーディオのスピーカーは同じ箱に入っていてもこの状態が多いのですが、これは、それぞれのユニットをサイズ等の制限を受け...続きを読む

Qアンプ・スピーカーのメーカーによる特徴と違いについて

アンプ・スピーカー一式を揃えようと思ってます。
結局は値段と自分の好みであるようですが、
メーカーによる特徴や違いなどがあれば教えてください。

アンプとスピーカーを別々のメーカーにするべきか、
統一するべきかについてもメリット・デメリットがあれば
教えてください。

このメーカーはこの理由で好きとか、この理由で嫌いとか、
音以外の部分でも良いので教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

> メーカーによる特徴や違いなどがあれば教えてください。
種類が在りすぎて何から説明して良いか。。
ちなみに下記URLはアンプ・スピーカーがどれくらいの種類あるか参考になるかと思います。
定価や写真もあるので検討には役立つかと。
スピーカー
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=36
AVアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=48
プリメインアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=47

アンプはAVアンプ、プリメインアンプ、プリアンプ+パワーアンプといった総称です。
DVDの映画がメインでCD等は次点、将来的にサラウンドまでと考えるならAVアンプ。
CDやSACDといった音楽がメインでDVDは次点、サラウンドは不要ならプリメインアンプ、プリアンプ+パワーアンプとなります。

おそらく、「アンプとスピーカーを統一するべきか」とあるので
現在視野にあるのはプリメインだとDENON、marantz、YAMAHA、KENWOOD、ONKYOで、
AVアンプだDENON、YAMAHA、KENWOOD、ONKYO、Pioneer、VICTOR、SONYといった所でしょうか。
ちなみにデノンとマランツは経営統合(D&M)されてますが、音の追求は各諸会社の方針のままです。

音の善し悪しは個人によるので何とも言えませんが、組み合わせは無数にあります。
アンプとスピーカーを統一すると音の志向が同じシリーズであれば、より倍増されるかと思います。
ですが、結局は好みの音が倍増されたからといって必ずしも良いとは限りません。倍増された事によりくどい音に感じたりする事もあるかと思います。

アンプとSPを購入するなら、まずSPを決めましょう。
SPの方がアンプよりおそらく長い付き合いとなりますので、試聴できるようでしたら試聴して、外観や値段も検討して決めましょう。設置箇所によってサイズも決まるかと思います。
試聴の際は自分の良く聞くCDを数枚持っていって、再生機は出来れば自分の持っているメーカーと同じモノを使用して聴いた方がよいかと思います。その際のアンプはあまりクセのない方が良いかと思います。個人的にはマランツかな。
好みのSPが決まったらアンプを切り替えて選定。。
私だったらこんな感じかと。

waonさんの選ぶ際の参考になればよいのですが。。

> メーカーによる特徴や違いなどがあれば教えてください。
種類が在りすぎて何から説明して良いか。。
ちなみに下記URLはアンプ・スピーカーがどれくらいの種類あるか参考になるかと思います。
定価や写真もあるので検討には役立つかと。
スピーカー
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=36
AVアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=48
プリメインアンプ
http://www.phileweb.com/ec/index.php?c=47

アンプはAVアンプ、プリメインアンプ、プリアンプ+パワーアンプといった総称です。
D...続きを読む

Qカロッツェリアとアルパインのスピーカーについて

はじめまして。
社外スピーカーの導入を検討しているのですが、よくわからないところがあるので、詳しい方教えてください。

1.アルパインとカロッツェリア両者の「カスタムフィットスピーカー」という定義は何となくわかるのですが、カロの「ユニットスピーカー」
 「RSスピーカー」というのは、「カスタムフィットスピーカー」とどう違うのでしょうか?アルにはそのカテゴリーが見当たりません。

2.カロのHPには、スピーカーごとに適合車種メーカーが記載されており、車種別適合表もありますが、アルのHPには見当たりません。
 例えばマツダ車特有のだ円形のスピーカーも無いですし、アルの適合車種はどのように判断すればいいでしょうか?古い車など。

3.カロの「カスタムフィットスピーカー」には、コアキシャルタイプも含むほとんどすべてに専用ネットワークというものが付属してますが、
 アルにはハイエンドモデルのセパレートタイプにしか付属していません。それでいて、両者同等グレード?の価格は均衡しています。
 「DDリニア」というシステムが、ネットワークに匹敵する性能をもっているということでしょうか?

また、皆さんはカロッツェリアとアルパインのどちらが好みか、両者の特性なども教えて頂けたら助かります。
よろしくお願いします。

はじめまして。
社外スピーカーの導入を検討しているのですが、よくわからないところがあるので、詳しい方教えてください。

1.アルパインとカロッツェリア両者の「カスタムフィットスピーカー」という定義は何となくわかるのですが、カロの「ユニットスピーカー」
 「RSスピーカー」というのは、「カスタムフィットスピーカー」とどう違うのでしょうか?アルにはそのカテゴリーが見当たりません。

2.カロのHPには、スピーカーごとに適合車種メーカーが記載されており、車種別適合表もありますが、ア...続きを読む

Aベストアンサー

1.「カスタムフィット」というのは、自動車メーカー純正のスピーカーとほぼ無加工で互換性があるものです。完全ではないのは、自動車メーカーによって取り付け用のボルト位置が異なっていたりして小加工が必要な場合があるからです。
「ユニットスピーカー」はいわば汎用品です。取り付けにそれなりの加工が必要な場合がほとんどです。逆に言えば、加工さえ厭わなければどこにでも付きます。
「RSスピーカー」はカロッツェリアの最高峰であるXシリーズ(今はそう言わないのでしょうか?)用に開発されたものです。アルパインで言えばF#1Statusシリーズと同じようなグレードのモノです。
>http://www.alpinef1status.com/j/products/index.html
カスタムフィットのようにポン付け交換するようなスピーカーではなく、本当に良い音を聴きたい、そのためには大きな加工も構わない、というようなユーザー層を狙っています。価格以上にインストールも難しいようです。

2.オフィシャルHPのトップに「クルマ別情報」というものが有ります。ここからスピーカー取り付け部の寸法などを見て、スピーカーの情報と照らし合わせれば大体の見当は付くと思います。また純正スピーカーのサイズも記載して有ります。
もしかしてオートバックスなどに行けば車種別のマッチング情報一覧がある可能性も有ります。

3.マルチウェイのスピーカーならほぼネットワークを持っています。それがスピーカーとは別体か、それともスピーカー一体か、という違いだけです。アルパインのセパレートタイプはスピーカーライン一体タイプのネットワーク(というかハイパスフィルター)です。取り付け性を考慮した結果だと思います。別体式ネットワークって結構取り付け場所を考えますから…。カロッツェリアで別体式を採用しているのはマルチ駆動を考慮しているのかも(あくまで私の想像ですよ)。
ちなみに別体式だから高級、一体式だから安物、ということではありません。もちろんスペースを取れる別体式の方が有利な場合が多いと思いますが、問題は出音です。出音さえ良ければ別体式だろうが一体式であろうがどうでもよいことです。

出音の傾向はアルパインは中音が強く出るタイプ、カロッツェリアは高音がきらびやかに響くタイプだと思います。私は良く聴くジャンルが男性ボーカルやロックなのでアルパインの方が好きです。

1.「カスタムフィット」というのは、自動車メーカー純正のスピーカーとほぼ無加工で互換性があるものです。完全ではないのは、自動車メーカーによって取り付け用のボルト位置が異なっていたりして小加工が必要な場合があるからです。
「ユニットスピーカー」はいわば汎用品です。取り付けにそれなりの加工が必要な場合がほとんどです。逆に言えば、加工さえ厭わなければどこにでも付きます。
「RSスピーカー」はカロッツェリアの最高峰であるXシリーズ(今はそう言わないのでしょうか?)用に開発されたものです...続きを読む

Qカースピーカーのツィーターの意義教えてください

タイトル通りです。それと最近ネットワーク付属って言葉をよく見かけます。よくわかりません詳しい方お願いします

Aベストアンサー

ツィーターとは高音専用のスピーカーを指します。まったく逆の物がウーファーで低音専用のすぴーかーです。なぜこのように複数のスピーカーで低音から高音までを分けて再生するかというと、高音を再生するスピーカーの振動板はできる限り軽く作る方が有利であり、低音用の場合はある程度の重さがあるほうが有利であるからです。また、高音を再生するにはスピーカーの振動板の面積はあまり大きい必要が無いのに対して、低音を再生するスピーカーの振動板はある程度の面積が必要です。このように一つのスピーカーで低音から高音まですべてを再生しようとすると、この相反する条件のすべてを満たすことが難しいのです。このような理由により低音から高音までの間をいくつかのスピーカーで別々に再生する方が無理が無いのです。

一つのスピーカーですべての音域を再生するスピーカーをフルレンジスピーカーと呼びますが、マルチウェーシステム(帯域ごとに複数のスピーカーを使う方式)と同等の帯域を持たせるのはかなり難しいのです。たとえば大きな重い振動板で高音を再生しようとすると、高音は振動が速いため振動板が一様に振動せず、中心と周辺で振動のずれ(振動板がたわんでしまう)が生じる(分割共振といいます)ようなことが発生し、ひずみの原因になったり振動板が大きく重いため、速く動かすのには大きな電力が必要になります、これはすなわち高音部での能率が落ちることを意味しています。逆に低音部ではできるだけ大きな振動板でできるだけ多くの空気を振動させてやる必要があります。小さな振動板では振動板周囲の空気が振動板の動きに合わせていったり来たりするだけで、音となって出てこないのです。そこでこれらのフルレンジスピーカーではダブルコーン(低音用の大きな振動板の中央に高音用の小さな振動板持ったもの)や中央のキャップの部分を金属のドーム状の高音用の振動板にした物などがあります。

マルチウェシステムの最も単純なものが2ウェーと呼ばれる低音用のスピーカーと高音用のスピーカーの2種類のスピーカーで構成されるシステムです。この他にも3ウェー(低音・中音・高音)や4ウェー(3ウェーに更に超高音や超低音を追加した物)等があります。スーパーウーファーやスーパーツィーターはこれらの帯域を再生する為のものです。

ネットワーク(正確にはクロスオーバーネットワークと言います)は、これらの各音域専用のスピーカーに必要の無い(たとえば高音用のスピーカーに低音の信号を加えても無意味であるばかりか、音のひずみやスピーカーの破損に繋がります)音域の電力が伝わらないように、アンプから出力された電力を周波数ごとに分けて、それぞれのスピーカーに適切な部分のみを伝える為の装置です。通常はコイルとコンデンサーによる一種の電気的なフィルターです。マルチウェースピーカには必ず必要な装置です。

市販のアドインツィーターには、ツィーターの再生可能な周波数のみを通すネットワークが内蔵されてる場合が殆どなので、特にネットワークをつけることをしませんが、この場合、元々のスピーカーシステムでも再生できていた部分とアドインしたスピーカーの再生する部分が重なってしまうと、重なった部分だけ強く再生されてしまい、不自然な音になる場合もありますので、やはり本格的にやるのであれば再生帯域に応じたスピーカーを選び、それぞれのスピーカーの再生帯域に見合ったクロスオーバー周波数(帯域ごとに分離する周波数をこう呼びます)をもったネットワークの組み合わせが必要です。更にはそれぞれのスピーカーの音圧レベル(スピーカーの能率です)が異なる場合はアッテネーター(一種のボリュームです)でスピーカーごとの音量を同じに整える必要もあります。まぁ、車ではここまでやるのはまれでしょうが・・・

ツィーターとは高音専用のスピーカーを指します。まったく逆の物がウーファーで低音専用のすぴーかーです。なぜこのように複数のスピーカーで低音から高音までを分けて再生するかというと、高音を再生するスピーカーの振動板はできる限り軽く作る方が有利であり、低音用の場合はある程度の重さがあるほうが有利であるからです。また、高音を再生するにはスピーカーの振動板の面積はあまり大きい必要が無いのに対して、低音を再生するスピーカーの振動板はある程度の面積が必要です。このように一つのスピーカーで...続きを読む

Qイコライザーの上手な調節教えてください!

こんにちは。
当方、重低音の効いた音が好みで、イコライザーで低域をブーストして聴いています。
しかし、どうも気に入った音にすることが出来ず、困っています。
(音をカットする為にイコライザーがあるのを承知の上で行っています)

詳しく説明すると、
低域を上げる

中域(特にボーカル)が乏しくなる

中域を調整

気に入った音にならない

試行錯誤して、出来たのはバランスの悪い音
と言った感じです。

そこで当方が聞きたいのは、低域を上げても、中域、高域ともバランス良く聴ける調節方法です。
試行錯誤しているうちに頭が混乱してきて訳が分かりません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪
 イコライザーと言うのはグライコとかパラメトリックイコライザー等でしょうか?  さらに「ボーカルが」と言うことから J-Pop等の対処法でよろしいのか ちょっと気になりますが、、、 (^_^) ;
 
J-Pop等で、車やPC用小型スピーカーの場合は 積極的にイコライザーを利用した経験からです。
 前出のご回答通り、本物の最低域を出すには大掛かりなオーディオでも簡単ではありません。そもそも聞いてる部屋の問題の方が大きく影響するそうです。

車の場合は、私の車はエンジン音が大きいので かなり大音量です。そのため 150Hzブーストで80Hz以下カット。男声ボーカルは800Hzチョイ上げ、女性ボーカルは2KHzチョイ上げ、4KHzちょい下げ、8KHzにちょいピークです。
 PCは 80Hz以下カット、800~1.6Kを下げて ユニットの特性上4Kチョイ上げ、です。

どの位上げたり下げたりかは、音量や曲によりますね。 
 本来の重低音て 50Hz以下でしょうかね、、、 ほんとにアンプのパワーとスピーカーの能力、そして部屋の音響特性がそろったら凄いと思いますが、遮音性の良くない私の環境では、なかなか得難い物です。

昔、スペアナと組み合わせてグライコでかなりフラットを目指した事が有ります。(イコールになるように文字通りイコライズ) 感動的な音の世界では有りましたが、ボリュームがかなり制限され(大きな音では崩れて、音楽にならない) 結局は一つの理想では有っても犠牲が多すぎた事に気づいたのでしたよ(苦笑)

あと パソコンのプレーヤソフトのイコライザは ブースとでクリップしないように なんらかの演算があるみたいで、極端なブースとは全体の音質が変になる場合がありました。 トータルの音量を下げてからだとうまく行くソフトもありましたので ケースバイケースですね。
 パソコンの場合は 外部ミニスピーカー(小音量)、(大音量)、インナーイヤホン、モニターヘッドホン等 自分の設定がいくつも登録できて、便利ですね。(特定の歌手用もOKですし☆)

 もっともっとイロイロ試して、楽しんでみてくださいね♪

はじめまして♪
 イコライザーと言うのはグライコとかパラメトリックイコライザー等でしょうか?  さらに「ボーカルが」と言うことから J-Pop等の対処法でよろしいのか ちょっと気になりますが、、、 (^_^) ;
 
J-Pop等で、車やPC用小型スピーカーの場合は 積極的にイコライザーを利用した経験からです。
 前出のご回答通り、本物の最低域を出すには大掛かりなオーディオでも簡単ではありません。そもそも聞いてる部屋の問題の方が大きく影響するそうです。

車の場合は、私の車はエンジン音が大き...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報