ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

昨年6月に軽自動車を新古車(登録済みになっている一応新車?)として購入しました。

今日はじめてボンネットを自分で開けて中を見てみました。
そしたら・・・冷却水とかいうタンクがほとんど空に近いのです。
これはラジエータというのと関係のあるものですよね?(車にうとくてすみません)
どうすればよいでしょうか?

最近はセルフのガソリンスタンドばかりだったので、車の異常に気がつくのが遅れがちになっている気がします。(タイヤの空気圧が少ないのにも気がつかなかった)

車に詳しい方、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、最初に一番重要な事をお知らせしたあとで点検の要領を記載します。



一番重要な事とは必ずエンジンが冷えた状態で以下の点検や補充を行うということです。エンジンが温まっているときや走行直後では正しい補充ができないばかりではなく、場合によってはやけどなどの怪我を往古ともあるので、必ずエンジンが冷えている状態で行ってください。

まず、冷却液タンクですが、エンジンが完全に冷えている時にタンク側面にある目盛り(アッパーとロワー)の間に冷却液があるかどうか確認します。この水位が目盛りの間にあるようであればタンク内に冷却液(水ではだめです。30%~50%程度のLLC)をアッパーレベルまで補充すればOKです。もしタンク内の冷却液がロワーレベル以下に減っていたら、ラジエーターキャップを開け(この例に該当しない場合はラジエーターキャップは開けないこと)ラジエーター内にいっぱいまで冷却液を補充した後にタンク内にアッパーレベルまで補充してください。

くれぐれも補充するのは冷却液であり水道水ではないことに注意してください。冷却液(LLCの希釈液)には錆止め効果がありますが、この効果は一定の濃度でしか働きません。薄すぎても濃すぎても悪影響がありますので、通常は50%(寒冷地)~30%の範囲を保つようにするため補充にこの濃度の冷却液をしようする必要があります。冷却液は最初からこの濃度に希釈されているものも市販されているので、補充であればこれらを利用することをお勧めします。

上記の点検・補充を行った後に1ヶ月~数ヶ月間運転して再度、冷却液レベルを点検し減りが多い(数ヶ月以内でロワーレベル近くまで減る)場合は、冷却液の漏れやラジエーターキャップの不良が考えられますので、点検が必要です。

くれぐれも、エンジンが冷え切った状態で行ってください。エンジンが温まった状態では冷却液の量が正しく判断できないばかりでなく、その状態でラジエーターキャップを開けると熱湯が噴出し大火傷をおう可能性があります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

再度回答をありがとうございました。仕事のためにお礼が遅くなりましてすみません。
詳しく説明いただいて、このようなことがあるんだなぁと知識を新たにしました。
エンジンが冷えているときにしっかり確認したいと思います。
あとはカーショップでしっかりと買い物してきます。
今まではアクセサリー目的でカーショップに行ってましたが、
これからはワンランク上の目的で利用することになりそうで嬉しいです。
また車についての質問を立ち上げさせていただいた際には、ご教示お願いします。

お礼日時:2002/11/07 09:58

とりあえずは水道水で十分ですが、お住まいの地域が寒冷地(最低気温が0度以下になる)ならば濃度低下による凍結防止のためLLCを補充してください。


あまり減っている様子が無く、漏れた跡もなければ緊急に修理する必要は無いと思います。そのときはLLCを足してください。
もしも漏れている場合は修理になります。冷却水を抜かねばならないので、もったいないのでとりあえず水道水で様子をみるのが良いと思います。
あまりLLCの濃度が薄くなっては効果がなくなってしまうのですが、日常点検でリザーバータンクに足すのは水で十分です。濃度が下がってしまうほど頻繁に足さなくてはいけないようなら要修理です。
異常が無くても若干は減るので空気圧を含め月に1回は点検した方がよいですよ。
オイルもいくら乗らなくても最低年に1回の交換をおすすめします。
ちなみにラジエターの漏れ止めもありますが、緊急用以外に使わない方が良いようです。目詰まりしやすくなるそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスをありがとうございます。
またわからないことにぶつかったとき、アドバイスいただけると嬉しいです。

お礼日時:2002/11/07 10:00

とりあえず水は足しておいた方が良いと思います(ラジエター本体にも)。


ディーラーとかの車屋さんへすぐにいけるなら行って下さい。
もし少しでもご自分でされるつもりなら、1週間ぐらい時々水の量に気をつけながら様子を見ます。1週間以内に分かるぐらい減っていればどこかから漏れているのですぐに修理に出します。
1週間たっても減っていなければそのまま様子を見ます。
ラジエターホースの付け根にピンクまたは緑色(LLC(ラジエター液)の色によって違います)の結晶が付いていないか良く見て下さい。ラジエター側だけでなくエンジン側も良く見て下さい。その結晶はLLCが漏れて固まった物です。ダイハツ車に良くみられます。ホースバンドを交換してもらうととりあえず直ります(再発する場合もあります)。エンジンの横の方にも結晶が付いていないか見ます。ベルト周りに注意してください。これはウォッシャーポンプからの漏れです。

自分で確認してから修理に出す事で修理も早くなるし自分の知識にもなります。
良ければやってみてください。
ただし水を切らさないように注意してください。

この回答への補足

回答ありがとうございます。いただいた回答へまだお礼もしていない状況での補足、お許しください。
下の方が寄せてくださったサイトも拝見しましたが、冷却水というのは水道水でよいのでしょうか?適切量を入れたあと減る様子が見られなければ、緊急に修理ということをする必要はないとも言えますか?もし宜しければ再度回答をお願いします。

補足日時:2002/11/06 09:32
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度回答をありがとうございました。仕事のためにお礼が遅くなりましてすみません。
教えていただいたことを参考にして勉強してみます。
自分の車は自分でわかるようになりたいですものね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/07 09:55

言葉で説明するのは難しい面もありますので、下記URL参考にして下さい。


他にも結構約に立ちそうな情報もあります。

参考URL:http://www.tenken-seibi.com/tenken/mycar/check15 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度回答をありがとうございました。仕事のためにお礼が遅くなりましてすみません。
サイト拝見しました。とてもわかりやすいですね。
お気に入りに入れておいたので、これから車の勉強に利用させていただきます。
またわからないことにぶつかったとき、アドバイスお願いします。

お礼日時:2002/11/07 09:59

ディーラーについて。


1)、クルマを買ったところ。
2)、新車時の販売店。スズキならスズキの販売店と言う意味。
僕は2)のほうで言ったんですけど、どちらでもよろしいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答をありがとうございました。仕事のためにお礼が遅くなりましてすみません。
ディーラーについてよくわかりました。
また車についての質問を立ち上げさせていただいたときはご教示お願いします。

お礼日時:2002/11/07 09:52

こんばんわー。


ディーラーに聞いてくださいそれが一番安全です。
が、それではここの意味がないのでアドバイスを。
まずそのタンクは白っぽいタンクですよね?中は青か緑の液体が入っていないんですね?
それのキャップ部分から、中にノズル(ストローみたいなの)が伸びてますね。そして、キャップから管がラジエータにつながっていれば、ラジエータのサブタンクです。LLC(ロング・ライフ・クーラント)はここから補給します。
そうでなければ、ウインドーウォッシャー液のタンクですので。ちなみにウインドーウォッシャーなら、ワイパーの絵が描いてあります。それは普通のウォッシャー液をホームセンターなどで買って入れてください。2Lで200円くらいが相場かと思います。
スタンドにもよりますが、あまりあてにできることは言いません。
たとえば、「オイルが汚れてる」とか。オイルは汚れて当たり前なんですけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございます。
ディーラーというのは買ったところということで宜しいでしょうか?
私が車を買ったのは「軽自動車専門」の車屋さんなので。
そこでは修理などももちろん、年中無休でやってくれますし、10年間の保証もついているとのことなので大丈夫でしょう。

ボンネットを開けた本当の目的はウォッシャー液の補充はどうすればよいか確認するためでした。もうなくなってかれこれ1ヶ月が過ぎてまして、たまに降る雨を利用するには限界だったので。その注入口は左にあって、私が質問させていただいたものは右側にあって、ノズルが伸びてラジエータにつながっているので間違いないです。説明書でも確認しました。

ウォッシャー液はそんなに安く売っているのですか。早速買いに行ってきます。
スタンドの信憑性については、以前友人がスタンドでバイトしていたときにも同じような話を聞いてます。ガソリンじゃ儲からないから、他のものを買ってもらってナンボと言ってましたから。

車はなかなか難しいですね。いつも一人で買いに行って(車本体、タイヤ、その他のカー用品など)いつもなんだか騙されているような気になる私です。
もっと勉強しないといけませんね。

また宜しくお願いします。

お礼日時:2002/11/06 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冷却水が空になる理由

3か月に一回エンジンルームをのぞきますが 前回は冷却水が不足し、補充しました
今回のぞいたところ、サブタンクも本体(?)も空でした


幸い オーバーヒートはしなかったのですが 原因は何がかんがえられるでしょうか?

○ 冷却水を補充しましたが、 漏れている様子はありません
○ ラジエターのキャップがしまっていなかったという事もありません

もしかしたら ラジエターからの漏れが 目視できないだけで わずかながら漏れるという事もあるのでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

>冷却水を補充しましたが、 漏れている様子はありません
ダバダバ漏れていたら無事では済んでいません。
温度が上がって圧力が掛かると漏れると言うこともありますので。

http://www.anc-tv.ne.jp/~maco/gatta_bowz/impreza/trouble/coolant-leak.html
白っぽいかすかすで、薄緑かピンクの跡があれば、それが漏れた跡です。

修理できないところの漏れ止め剤は仕方がありませんが、漏れ止め剤は必要な水路も塞いでしまうこともあるので、使用には強い決断が必要です。
それで詰まってしまったら修理できませんから。

また、エンジンオイルは点検しました??
乳化していたら内部に漏れ出しています。
これまた大変なことになりますよ。

Q冷却水(クーラント液)の補充はどんなものでもいいか

先日より、軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。近日中に
修理には出す予定ですが、それまでの間冷却水(クーラント液がメモリよりやや下くらいのところにあります。)補充して減り具合などみながら使用したいのですが。
今入っているのがピンク色の液なのですが、やはりおなじピンクいろのを使用
しなくてはならないのでしょうか?
(他にも緑色のとかあるようですが)

今入っているものがなんというものかわからないのですが、エンジンオイルみたいに同じ種類のものを入れなくてはならないとかあるんでしょうか?

整備に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だと、超ロングライフクーラント(超LLC)ですね。トヨタとダイハツが採用している色です。
※トヨタ・ダイハツ以外の超LLCは、青色です。
※一般のLLCは、トヨタ・ダイハツが緑色。その他メーカーは、赤色です。
※ヨーロッパの外車は、黄色・オレンジ色。

>やはりおなじピンクいろのを使用しなくてはならないのでしょうか?

修理を前提にしているのでしたら、真水で充分です。
そうそう、超LLCもLLCも基本的に成分は同じです。
が、ピンクの色に青・緑・赤色を混ぜると・・・。性能云々よりも、腐った色になり精神的に問題です。
大手DIY店で、冷却水補充用(ピンク色)を購入した方が無難でしようね。
もし、ラジエータからの漏れだと分かっているのなら・・・。
冷却水漏れ予防・修理剤を入れるのも、一考です。
2000円程度の出費で治ると、万々歳です。^^;
もちろん、安心できる予防・修理剤を選ぶ事が実用です。

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だ...続きを読む

Qラジエターサブタンクが空になるのは

お世話になります


ラジエターのサブタンクが空になっている車を見る事があります

これは どこからか クーラントが漏れているためでしょうか?

それとも 年月が立つと 幾らか蒸発して サブタンクが空になることがあるのでしょうか?


お教えください

Aベストアンサー

車の構造上から、サブタンクから漏れるものもあります。
サブタンクには、オーバーフロー用にホースが付いています。
当方のは、構造上、運転時にサブタンクの内壁面を伝ってホースに入り込んで漏れるということを起こします。まあ一言で言うと漏れやすい構造のため、走行後に点検すると、よくホース先からクーラントが漏れています。

 エンジンの熱によりサブタンクの水位が上がり、オーバーフロー用ホースから漏れやすくなり、エンジンが冷えるとサブタンクの水位が下がる・・・・・というのを繰り返し、その結果、冷間時にはサブタンクが空になる場合があります。ということがあることも知っておいて下さい。

Qラジエーターの減り方

こんにちは。
過去にも似たような質問があるようですが、よくわからないので質問させてください。

6月に1年点検をしてもらい、7月31日にオイル交換をした際に他の部分も見てもらいました。そのオイル交換のとき、「ラジエーターが減っていたので足しておきました」ということだったのですが、昨日、ガソリンを補給したとき、スタンドの人が安全点検をしてくれ、(半ば強制的でしたが…)また、「ラジエーターが少ない」と言われました。

昨日はそのままにしたのですが、こんなに早く減るものなのですか?…こんなに早く減ってたら、とっくにオーバーヒートする気がするのですが…

Aベストアンサー

ラジエター本体のクーラントが減っていたのでしょうか?それともリザーブタンクの方でしょうか?

スタンドですので多分リザーブタンクの方だと思います、まず自分で減るかどうか確認してはいかがでしょうか?注意点として先の回答でロアレベルとアッパーレベルの事が書いてありましたが、エンジンの寒暖によってクーラントのレベルは上下します、エンジンが温まりクーラントが膨張するとラジエターキャップのの弁よりリザーブタンクへクーラントが流れリザーブタンクのレベルが上がります、エンジンが冷えるとラジエター内のクーラントの容積が減り負圧が生じますのでラジエターキャップの弁を通してリザーブタンクのクーラントがラジエター内に戻ります、このようにエンジンの状態でリザーブタンク内の液量は変化しますので朝一エンジン始動前に確認してみましょう。
極端に減っている場合はどこかから漏っている可能性があります、ラジエター本体から漏っている場合はあまり無くホースの取り付けが多いと思いますが、走行距離が多い場合はウォーターポンプもあやしいですね、一概には言えませんが。

あまり変化が見られない場合は現在オーバーヒート気味で無いようなので心配しなくてかまわないと思いますが、
先に書いたリザーブタンクとラジエター、ラジエターキャップの関係を考えてもらうとわかると思いますが、もしラジエター(エンジン部も含む)から大量に漏っている場合に加圧、負圧がそこから逃げキャップの弁が働かずにリザーブタンクの液量は変わらないのにラジエターのクーラントが減る場合があります、また少量の漏れでもラジエターキャップの動きが悪い場合にも同様な事がおきます、実際三つのバランスというか働きがそれぞれに関わってきますので低年式車や走行距離が多い場合はディーラー等でラジエター、キャップ共に点検してもらった方が安心でしょう。

特に以上が無ければガソリンスタンドで少ないと判断したのはリザーブタンクを見るとアッパーレベルがわりと下のほうにあるので少ないと見たのでしょう。

ラジエター本体のクーラントが減っていたのでしょうか?それともリザーブタンクの方でしょうか?

スタンドですので多分リザーブタンクの方だと思います、まず自分で減るかどうか確認してはいかがでしょうか?注意点として先の回答でロアレベルとアッパーレベルの事が書いてありましたが、エンジンの寒暖によってクーラントのレベルは上下します、エンジンが温まりクーラントが膨張するとラジエターキャップのの弁よりリザーブタンクへクーラントが流れリザーブタンクのレベルが上がります、エンジンが冷えると...続きを読む

Qラジエーターの水が減る

ラジエータの水、リサーブ、本体共に毎朝見ると減っています。しかも、1リットルくらいの水道水が本体に毎朝入ります。 異常ですよね。 ですので、今のラジエーターの中は100%水道水になっています。 このように毎回水を入れていれば走行には何ら問題は無いのです。 何か考えられる問題点ありましたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

既回答にもありますとうり、かなりヤバいです。
オーバーヒート歴があるようなら、ヘッドガスケット抜けの
可能性は極めて高いですね。
爆発圧力が漏れて冷却水が押し返され、リザーバータンクの
ブリーザーホースからじゃんじゃん噴きこぼれていませんか??

毎日水を1リットル補水すれば正常に乗れるというのなら、
燃焼室内への冷却水の逆流はないのかもしれませんが、
そのまま使い続けるのは、かなり問題ありです。
そのうち、毎日1リットルの補水ではすまなくなるでしょう。

ヘッドガスケット吹き抜けの場合は、車を止めた状態で
ボンネットを開けてみて、エンジンをレーシング(空吹かし)
させただけで、冷却水がリザーバータンクにあふれてきたり
しますので、すぐにわかります。

その他、ラジエターコア、アッパーorロアータンク、
各種ホース類(含むヒーターホースやヒーターコア)、
ウォーターポンプなど、すべての水周りのチェックが必要でしょう。

ですが、蒸気噴出し等の危険性もありますので、お近くの
修理工場等へ早急に相談されるのがよいと思います。

いなかのくるまやです。

既回答にもありますとうり、かなりヤバいです。
オーバーヒート歴があるようなら、ヘッドガスケット抜けの
可能性は極めて高いですね。
爆発圧力が漏れて冷却水が押し返され、リザーバータンクの
ブリーザーホースからじゃんじゃん噴きこぼれていませんか??

毎日水を1リットル補水すれば正常に乗れるというのなら、
燃焼室内への冷却水の逆流はないのかもしれませんが、
そのまま使い続けるのは、かなり問題ありです。
そのうち、毎日1リットルの補水ではすまなくなるで...続きを読む

Qリザーブタンクから冷却水が戻らない

ラジエター、リザーブタンクとも規定量の冷却水を入れて、10分ほど走ってから、しばらく停車をしていたらリザーブタンクから道路に溜まるほどあふれていました。

その後、そのままの状態で5分くらい走ったところで水温計の針がレッドゾーンまで上がったので車を止めてしばらくしてからラジエターキャップをはずしたところラジエター内の水が減っていて、リザーブタンクは一杯でした。

どんな原因が考えられますか?

Aベストアンサー

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、ターボでインテークマニホールドが1気圧以上にならないように運転してやれば冷却水を温存させながら修理工場までたどり着ける可能性があります。)。


とりあえず、原理だけ。

エンジン内部は、燃焼室やエンジンオイルが入っている空間があります。その外側の空間には、冷却水が満たされる空間が作られております(実際は入り組んだ構造ですが。)。

エンジンは、もともとバラバラの本体を組み立てて1つのエンジンになっているのですが、そのつなぎ目部分はガスケット(パッキンの役目と同じ)というのもで密閉させます。ガスケットの形状は、薄い金属板をやわらかい石に包んだもの、耐熱高圧水道ガスのパッキンと同じ材質のものや、接着剤状のものなどあり、使う部位によって使い分けられているのですが、それらパッキンが劣化や、膨張熱によるエンジン本体の変形が原因で、漏れ始めてしまうのです。

上記、燃焼室から、その外側の空間 冷却水が満たされる空間に、ターボで高気圧になった吸気や、排気ガスが入り込んできてしまっている現象です。


これが原因ですと、エンジンが完全に冷めても、冷却水はいっこうにラジエーター本体には戻って行きません。


Holtsワンダーウェルド(http://www.holts.co.jp/b1/MH311.html)をはじめ、
(http://www.holts.co.jp/b1/MH303.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH315.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH301.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH314.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH309.html)

などで試してみても直らない場合は、

見積もり後に修理となります。


もし、Holtsワンダーウェルドなどで修理した場合は、LLCを水で薄めたものを常に車に積んでおきたいですね。
.

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、...続きを読む

Qラジエーター(冷却)液なしで車はどのくらい走れる?

ラジエータ付近から冷却水がだだ漏れしました。
エンジンがかかるようですので、自宅の駐車場までなんとか自走したいのですが、
低回転で何分位走れるのでしょうか。夏場での予測をお願いします。
5分位は大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

えっとね。。。車種が書いてないからよく分かんねっす。

けど今乗ってるベクトラB(2000年モデルCD 2000cc)の前に乗っていたベクトラB(1997年モデル GT 1800cc)でね、ヒーターバルブっつーエンジン冷却と室内のヒーターに切り替えるパーツがバックリ割れてオーバーヒートしたっすよ。やっぱり今頃の季節で、泣きたくなったっすよ。ヒーターバルブはOPELでは消耗品で割れるでおなじみの所で、俺のルート使ったらタバコワンカートン分するかしないかっつーお手軽パーツなだけに泣けたっすよ。ただね、欧州車の場合軒並みエンジンストールして緊急時エンジン保護のためのセーフティーモードに入るっすよ。

どうしても動かしたい場合はね、一番は漏れている箇所を見つけて漏れないようにテーピングが一番、なんっすけど難しいかなぁ。。。
とりあえず動かす時はね、水道水を2L×4本くらい用意してエンジンが冷えているのを確認してからLLCタンクに補充していくしか手はないっすね。これで少なくとも家までは自走できるっす。もちろん漏れてる所は直してないのでお漏らししながら走る事になるっすけどね。
もちろんクーラントは完全に薄まるので大至急LLC交換を含めた漏れ個所を探し出さないと冷却ライン全体に錆とか発生しかねないっす。だから移動するための最後の手段、と受け取って下さい。漏れている箇所の流水量によるっすけど、早ければ0.5時間・遅くとも12時間が限界っすね。俺の場合は樹脂製パーツに4cm位のヒビが入って0.5時間でレッドゾーンに入ったっすけどね。

リアルに早急に修理箇所を見つけて修理する事をお勧めしますわ。

えっとね。。。車種が書いてないからよく分かんねっす。

けど今乗ってるベクトラB(2000年モデルCD 2000cc)の前に乗っていたベクトラB(1997年モデル GT 1800cc)でね、ヒーターバルブっつーエンジン冷却と室内のヒーターに切り替えるパーツがバックリ割れてオーバーヒートしたっすよ。やっぱり今頃の季節で、泣きたくなったっすよ。ヒーターバルブはOPELでは消耗品で割れるでおなじみの所で、俺のルート使ったらタバコワンカートン分するかしないかっつーお手軽パーツなだけに泣けたっすよ。ただね、欧州車の場...続きを読む

Q冷却水のリザーブタンクについて

こんばんは。
今日、久々にボンネットを開けたのですが、冷却水のリザーブタンクが空になっていました。で、不安になってディーラーで漏れ等を調べてもらいました。結果、問題は無く、「水を補給すれば終わりなんですよ」って言われました。本当に普通の水だけでいいのでしょうか?。何か添加剤?(わからないですが)みたいなものが混ざったのを補給すべきでは?って思っております。ご意見宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問の内容からの推測ですが・・・
前回 冷却水を交換されたのはかなり前ではないかと思います。
もしくは前回の交換時期が不明とか・・・。
冷却水の交換サイクルは2年毎が一般的です。
前回の交換時期が不明であるなら冷却水交換も考慮する事もオススメしておきます。
個人的には交換しておいた方が安心だと思います。

他の方の回答にもありますが 通常 冷却水は50%の濃度に希釈されたモノが
ラジエターに入れられてます。
車種がわからないので正確な数量は出せませんが
大体 全量7~10リッターくらいが多いです。
それがリザーブタンク分の水で希釈されたとしてもトラブルが出やすくなる程には
薄くなりません。
冷却水を交換してから1年以内であればリザーブタンクは水でも問題ないのが実際です。
でも 前回の交換時期が不明であるなら交換サイクルを把握するためにも
交換しておいた方が安心ですね。

他の方の回答内でちょっと気になった部分があったので
勝手ながら訂正させていただこうかと・・・。

>クーラントは別名「不凍液」と呼ばれていて

厳密にはLLC(ロングライフクーラント)と不凍液とは別モノです。
不凍液とはマイナス側の温度のみに不凍効果のあるモノで
オーバーヒートにはあまり効果の薄いモノです。
知り合いの年配のベテラン整備士さんは舐めて味で判別してました(笑・・でもマジ
今 売られてるモノはLLCがほとんどです。

>(濃度が濃いほど凍らない)

たしかに濃度が濃いほど凍りませんが濃度50%を越えていくと
どんどんオーバーヒートしやすくなります。
濃ければいいってモンではありません。
これを勘違いされてる方 極たまに見かけますね。
適切濃度(大体の場合 50%)にしておきましょう。


補充の場合 水でも構わない事がほとんどですが
カー用品店で300~500ml容器でLLCを50%に希釈されてるモノがあります。
それを補充するのもアリです。
ですが 個人的はは交換がオススメです。
カー用品店で頼んでも3000円でお釣りが来るくらいです。
これでおよそ2年間 イケるなら安いモンだと思いますしね。

ディーラーやGSやカー用品店で濃度を見てもらう事も出来るので
一度見てもらってからどうするか検討してもいいかと思います。
濃度を見るくらいなら無料な場合がほとんどです。

質問の内容からの推測ですが・・・
前回 冷却水を交換されたのはかなり前ではないかと思います。
もしくは前回の交換時期が不明とか・・・。
冷却水の交換サイクルは2年毎が一般的です。
前回の交換時期が不明であるなら冷却水交換も考慮する事もオススメしておきます。
個人的には交換しておいた方が安心だと思います。

他の方の回答にもありますが 通常 冷却水は50%の濃度に希釈されたモノが
ラジエターに入れられてます。
車種がわからないので正確な数量は出せませんが
大体 全量7~10リッターく...続きを読む

Q一般的な乗用車のラジエータの水漏れ箇所特定方法

いつもお世話になっています。

今日は乗用車のラジエータの水漏れの箇所の特定方法を教えてください。

現在、対象の車のラジエータは液漏れが起こっております。
しかし、現状ではラジエータのどの部分から液漏れが起こっているかがまだ特定できていません。
当方の現状では、まだ液漏れ箇所の特定が出来ていないのですが、当方の現在の推測なのですが、ラジエータの蓋が劣化しているのではないかと考えています。そして、先程、車を冷やしてから、ラジエータに水を最大まで入れて、数時間放置しましたが、水は減っていませんでした。
このことから推測して、ラジエータの蓋の劣化が原因で、ラジエータの蓋の部分からラジエータ液が漏れていると結論付けて良いでしょうか?
それとも、この様な調査方法では、ラジエータの蓋が不具合を起こしていると結論付けることはできないのでしょうか?
教えてください。
また、ラジエータの液漏れの箇所を特定する方法も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず車のボンネットを開いてからエンジンをスタートしてから4~5分アイドリング状態にしたまま水温が上がったら まず、ラジエータの蓋の部分から水漏れがないか確認しますここで水漏れがなければ次にラジエータの裏面と面面のフインのどこからか僅かに筋を引いてLLCが飛び出していないか確認しますそれとラジエータのドレンコックが緩んで冷却水が漏れていないか確認しましょう、ここでも問題なければ冷却水ホースを調べてここも水漏れがなければ最後にウオーターポンプから水漏れがないか確認しましょう、もしもウオーターポンプの下面から水漏れしている場合一度車を動かして地面に冷却水が漏れて地面が濡れていないか確認しましょう。

ここでまったく地面に冷却水漏れの形跡がない場合、ほかに考えられる原因温度サーモが破損して設定温度になってもサーモが開かず冷却水が沸騰してラジエータの冷却水が減る場合も考えられますので出来ればお近くの修理工場で見てもらうのが一番です。

***それから御乗りの車のミッションがATの場合車がオーバーヒートした場合ATFオイルもラジエータで冷却してますのでオーバーヒートでATFも1発でお釈迦になりますのでATF全量抜き替えが必要になりますので注意が必要です***

(冷却水が水漏れする場合はエンジンスタートしてからラジエータに圧力をかけないと水漏れしないですから数時間放置しても冷却水が減っていないのは当然です逆に数時間放置して冷却水が減っている場合はその車はすぐに修理しないとすぐにオーバーヒートして、最悪エンジンのオーバーホールする羽目になり多大な修理費用がかかりますよ)

まず車のボンネットを開いてからエンジンをスタートしてから4~5分アイドリング状態にしたまま水温が上がったら まず、ラジエータの蓋の部分から水漏れがないか確認しますここで水漏れがなければ次にラジエータの裏面と面面のフインのどこからか僅かに筋を引いてLLCが飛び出していないか確認しますそれとラジエータのドレンコックが緩んで冷却水が漏れていないか確認しましょう、ここでも問題なければ冷却水ホースを調べてここも水漏れがなければ最後にウオーターポンプから水漏れがないか確認しましょう、もし...続きを読む

Qクーラント液の入れ過ぎ大丈夫?

クーラント液がLOWの位置だったので補充しました。勢い余ってFULLの
5センチほど上まで入れてしまいました。
これって、このまま走行しても大丈夫でしょうか。
駄目なら、どうやって抜いたらいいでしょう。
車オンチで何もわかりませんので教えて下さい。

Aベストアンサー

車が壊れたりはしません。

エンジンが暖まって冷却水が膨張すると、あふれるだけです。
水(だけに限りませんが)は温度が上がれば体積が増えますから。
それを逃がすための、タンクです。

抜く場合は、シャンプーボトルなどにあるポンプを使うと便利です。


人気Q&Aランキング