VA提案をよく聞きますが、会社の中でVE提案とごっちゃに理解している人が多いようです、簡単に区分けを教えてください。
自分では
VAは、取引先からの生産性改善によるコストダウンの提案。
VEは、自社内での生産性改善によるコストダウンの提案。
と、理解しているつもりですが、いかがでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

VAとVEの違いについて詳しく記載があります。



【TOYOTA 公式ホームページ】https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75y …

A 回答 (3件)

VAとVEは同義語です。



歴史的にみると
1947年 開発者のマイルズ氏(G.E.)はVAと名付け、日本でも昭和30年代後半、VA(「価値分析」)と言っていました。
1954年 アメリカ国防総省がVEと名付け、日本でも昭和40年代後半(?)からVEと記憶してますが…

日本VE協会では、VEとは「最低の総コストで、必要な機能を確実に達成するために、組織的に、製品またはサービスの機能の研究を行う方法」と定義しています。、

前回答者提案の「日本VE協会」のホームページをご覧になることをお勧めします。
    • good
    • 9

VEとVAは本来は同じものです。



あえて違いを言うと、設計時におけるVEをVE(First Look VE)、製品ができた後で行うVE(Second Look VE)をVAと区別しているようです。当然ながら企画段階からVEを行う方が効果は大きいです。Zero Lookもありますので調べてみてください。

日本バリュー・エンジニアリング協会のWEBを見ていただければ、VEは企画からサービスまで適用されているとあります。

参考URL:http://www.sjve.org/ve/summary/
    • good
    • 2

VE (Value Engineering) では、ある性能の製品をいかに安く効率的に作るか、という点を考えます。

材料費や加工賃を安くしたり、一人でつくれる量を増やすことで給料の元が取れるように考えます。

VA (Value Analysis) では、性能を変えてでも製品が売れて元が取れればよい、という選択肢も考えます。携帯電話機では通話だけできればよい、という方に簡単な構造の携帯電話を提供するような、
営業・マーケティング面での検討も入ります。この点が、生産工程だけでの検討か、販売も含めた全部門での検討かでの大きな違いです。

と他の質問のときに回答されてました。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報