A 回答 (3件)

バーリトゥードは試合形式のようなもので、アルティメットはバーリトゥード形式でおこなわれるアメリカを発祥にした競技会のようなものです。



日本出身の柔道家がブラジルにわたって、自分の他流試合の経験を元に改変した柔道を現地の人に教えたのがグレイシー柔術の起源だと一般にはいわれています。

何故ブラジルの人が「柔術」をなのるかについては、「あなたの技術はなんというのだ?」とその柔道家が問われた際「『柔術』である」と答えたからだそうです。

グレイシー柔術をはじめとしていくつかの柔術の流派がブラジルにはあり「ブラジリアン柔術」と呼称されています。普段はブラジリアン柔術ルール(日本の柔道と違い関節技を重視したルールです)での試合を行っていますが、他の格闘技者とのいわゆる「他流試合」を行う際に用いた「目突き以外の攻撃を制限しない」という考え方が「バーリトゥード」です。

バーリトゥードがグレイシー柔術と共に一般的に知られるようになったのは、アメリカのペーパービュウ(ケーブルテレビみたいなものです)が開催した「アルティメット・ファイティング」というイベントをバーリトゥードで開催し、この大会の初期にグレイシー柔術の選手が立て続けに優勝したことがきっかけです。

第2回大会には大道塾という流派の空手の市原選手が参加しましたが、一回戦でホイス・グレイシーというグレイシー柔術の選手に敗れています。
わたし個人の感想ですが、この試合を見たり、何故市原選手がこの試合に臨んだのかを知っていれば「相手にならなかった」「子供あつかいだった」等の発言はできかねるとおもいます。

初期のアルティメット・ファイティングは極めてルール的制限が少なかったたことと(倒れた選手に対する足での踏み抜き・ヒジ、首への加撃、足・手の指を折ることが禁止されていなかった)、試合をコントロールできる審判がいなかったこと、技術・人格的に問題のある選手の出場などがあったため、異常に凄惨な試合、というか技術じゃなくてただの暴力が圧倒的に多かったです。
「っていうかぁ~、ちょー血が見たいっていうの? 人が殴り合ってんのって興奮するよねー。もう『ぶっ殺せー!』とか叫んじゃうってかんじ?」レベルの超超激烈低脳原始思考の持ち主でない限り、どう考えても気分が悪くなること間違えないしの内容でした(ホイス・グレイシー、ウイン・シャムロック、市原などの選手を除いて)。
そんな試合が多かったので州から開催の禁止命令をだされてしまい、ある程度のルール的整備をし、現在も開催されています。

こんなアルティメットですが、日本で初めてこのことを取り上げたテレビ番組は意外なことに天下のNHKです(^^ゞ 
その後新聞などにも何回か取り上げられましたが、超有名私立大学の医学部教授があまりにア○な格闘技危険論をいろんな所でくりひろげ失笑をかってました(-.-)

あんまり関係ないですね

現在はアルティメット・ファイティング以外にもバーリトゥード形式の試合を行う興行がいくつかあります。

ネットにはこれらのことを扱っているページも沢山あるので「バーリトゥード、グレイシー柔術、シュート」などのキーワードで検索すればいろいろ見つかるとおもいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました♪

だいぶわかってきました

とてもありがたく読ませて頂いています。

お礼日時:2001/02/19 20:11

下の方の書いてある通り、世界で最も過激な格闘技大会の一つです。


この「ヴァ-リ・トュ-ド」と対を成すような
ル-ルに「アルティメット」という過激な格闘技があります。
それはまさにスポ-ツ色皆無です。一言で言えば喧嘩です。
金網の中で行われ、アメリカ忍術の流派で優勝した人がいます。

ヴァ-リ・トュ-ドで最強と謳われているのがグレ-シ-柔術という
一対一の戦いだけを常に追求してきた流派です。
空手の猛者もカンフ-やキックボクシングもそこでは子供扱いになって
しまうそうです。その中でも400戦無敗という伝説を打ち立てたのが
テレビでおなじみの「ヒクソン・グレイシ-」です。
最近では日本人が結構活躍してるという噂ですけどね。

まあ、ヴァ-リ・トュ-ドはまだしもアルティメットはスポ-ツ色皆無ですから
あまりTVにも話題にされることはないでしょう。
実際とは違いますけど、「修羅の門」という漫画にヴァ-リ・トュ-ドの事が
出てきますよ。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「アルティメット」と言えば!
遊戯王カードに
「アルティメットドラゴン」
があります♪
ここから名付けられたのでしょうか

ご丁寧にありがとうございました☆

ヒクソングレイシー聞いたことあります。
「グレーシー柔術」って何なのかまた気になってきましたぁ~(^O^)

お礼日時:2001/02/16 20:52

バーリ・トゥード=VALE-TUDO 


ポルトガル語で「全て有効」という意味です。

プロレスでも何でも、格闘技には何らかのルールがありますが、
目つぶし・金的・噛みつき以外は「何でもあり」というルールで
行われる競技です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ポルトガル語だったのですね♪

競技ですか~。

曲の歌詞に出てきたので気になっていました

ぐっすり眠れます!
ありがとうございました

お礼日時:2001/02/16 20:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急お願いします。打撃系格闘技と組技系格闘技どちらがおすすめですか?

現在、中学校三年生です。格闘技初心者です。
打撃系格闘技と組技系格闘技どちらがおすすめですか?
具体的な理由もお願いします。

Aベストアンサー

護身が目的だったら総合系が良いんだけど、どっちか絞れと言われたら私なら打撃系というか、もっと絞ってボクシングかな。
あのスピードとフットワークは素人相手だったら複数人もある程度相手できるからね。
高校の時にボクシングやっている友達と試合ったけど、あのスピードはハンパない。

経験者が相手の場合、複数人を相手にするってなると、そうとうの実力差が無い限り組技系でも打撃系でもかなり難しいよ。
私のやっている古武術は投げ組み打撃とあるけど、多人数組みはかなりの高段者でないとやらないんだよね。
でも最近は刃物とか持っているやつも多いから、逃げ足が最強かな。

身体を鍛えるという目的に対してはどちらも効果的だよ。

Q格闘技(空手、総合格闘技)をはじめる

 以前、空手について質問させていただいたものです。格闘技を始めようと思うのですが、何を習おうか迷っています。
1・空手なら大道塾がいいと思っている。
2・大道塾の関節技のレベルが分からない、そのため修斗と迷っている。(いったいどう違うの?)
3・マーシャルアーツやコマンド・サンボ、ITFのテコンドーもいいと思っている。
4・絞め技、関節技、投げ技を中心に、けど打撃もやりたい。
かなり贅沢ですが、どれもやってみたいのです。
どうか優柔不断な私にアドバイスをください。

Aベストアンサー

絞め技、関節技、投げ技を中心にして補助として打撃をするなら修斗かアマチュアパンクラスのほうがいいと思いますね。
大道塾はもとは極真なので打撃中心だし投げや関節は柔道や柔術にくらべ中途半端に見えます。最近の試合は固め技できまることが多いようですが結果として打撃、組技すべてが中途半端になっているように思います。

Q格闘技ファンの人が興味ある格闘技

格闘技好きとは言っても幅広いですよね。

・K1だけ興味ある
・K1、プライドだけ興味ある
・K1、プライド、UFCが興味がある
・重量級は興味あるけど中量級は興味ない、あるいはその逆とか
・全ての格闘技興味ある


あなたはどの格闘技が好きですか?
どの範囲までみてますか?

Aベストアンサー

俺が今、一番興味のある格闘技はMMA、総合格闘技です。
ですから、PRIDE、HEROS、UFC、修斗から、海外の大会まで機会があれば見ています。
総合の試合なら、無名選手であろうと興味あります。

また、立ち技ではK-1やシュート・ボクシングなどに興味があります。
スカパーで時々やっているキックボクシングは、本当に有名な選手や有名な試合、応援したい選手の時は観ますが、それ以外はそれほどでもありません。

階級では、一応全階級共に魅力を感じますが、今はやはり、日本人が世界に通用する中軽量級が最も気になりますね。

ボクシングはWOWOWのエキサイトマッチを毎週観ています。
空手やテコンドーその他となってくると、さすがに。。
しかし、柔道やレスリングは観たいと思いますし、柔術やコンバットレスリング、新しいパンクラチオンなどは、機会があれば観てみたいなと思います。

Q総合格闘技に生かすことが可能な格闘技は?

どんな格闘技でも総合格闘技に生かすことは可能なんですか?
例えば、合気道なんかも?
剣道はさすがに無理でしょうが

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

もちろんです。 しかし、その格闘技が格闘技、つまり、使えるものであるかどうか、そして、教える指導員が教えられるかによって、種類ではなく、その弟子が使う事ができるのは当然です。

型・形と言われるものを動きとその順序を覚えるもの、としている空手・合気道・柔術ではまず無理でしょう。

型は使える技を教えるもので使えるようにならなくては使えない、と教えなくて動きだけでは使えるわけはありません。

ボクシング、キック、ムエタイ、サンボ、レスリング、柔道、、、、、すべて同じ事です。 

「何でもあり」に近づける指導をしなくては総合格闘技に生かすことは出来ないでしょう。

空手のパンチやキックはほんの一部であるのです、柔道の投げはほんの一部でなければなりません。

何を言いたいかと言うと、格闘技とは格闘する技ですね。 そして勝つ技です。 空手で寝技・関節技を教えない、柔術で突き・意味のある当身、ムエタイで関節技を教えない、と言う事自体がおかしいのです。 しかし、ムエタイは戦うためのものではありません。 柔道も、レスリングもボクシングもです。 スポーツなんです。 スポーツだからはじめから格闘技と呼べるものではないのです。

格闘技である、武道である、と自分のやっていることを呼びたいのであれば、なんでもありを前提にしなくては「あんたなにやってんの」と言われても仕方ない事です。

そして、総合に出場するから、今までやっていなかった事をやり始める、なんておかしなことなんです。 もともと教えられていなくてはおかしい事なんです。

しかし、一つの格闘技・武道でその格闘技・武道の真髄をびっしりやっていれば、一応の事は出来ると思います。 また、素質と言うもの(運動神経など)も大きな要素となります。

どの格闘技・武道でも頂点は同じなのです。 空手はパンチ・キックを元に頂点へ自分を持っていくと言うやり方であって、パンチやキックの仕方を教えるものではありません。 だからこそ、頂点への道には、今の日本の格闘技・武道で教える事を忘れた事柄を「格闘技・武道の基本」に戻る必要があるのです。

その基本とは、なんでもありの複数の相手に対して戦う物理的技術と精神的・心理的能力を持つ、と言う事なのです。 いってみれば、戦場での戦い、と言う事です。 伝統的な武道をやっている人の多くは(柔道・剣道を含めて)礼儀をしっかりすると言う事が「精神的訓練」と思ったり、ほかのことを昔なりにやることを「精神的訓練」と呼んでいますね。 しかし、他のスポーツを真剣にやっている人たちだってそれをやっているのです。 ただ、昔なりの武道らしき服装をしていないと言うだけの事です。

今の空手の黒帯を見れば、総合に使えるものを持っているとはとても思えませんね。 型のチャンピオンがいて、組み手のチャンピオンがいる、なんておかしいと誰も批判しません。 批判する・できるだけの実力を持った人が非常に日本では少なくなってきた、と言う事に過ぎません。

勝つ要素・負けない要素だけを考えてそれを今の格闘技に当てはめれば、いくつかの要素として総合には使えるけど総合で勝つ、総合で負けないすべの要素を教えていないわけですから、「生かすことは出来る」しかし、それで充分だと言う事からは程遠い、と言うことが私の個人主張でもあり、また、このご質問の回答とさせてもらいます。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

もちろんです。 しかし、その格闘技が格闘技、つまり、使えるものであるかどうか、そして、教える指導員が教えられるかによって、種類ではなく、その弟子が使う事ができるのは当然です。

型・形と言われるものを動きとその順序を覚えるもの、としている空手・合気道・柔術ではまず無理でしょう。

型は使える技を教えるもので使えるようにならなくては使えない、と教えなくて動きだけでは使えるわけはありません。

ボクシング、キック、ムエタ...続きを読む

Qやはり格闘技ファンは最強の格闘技に興味あるんでしょうか?

僕は8年ほどいろいろな格闘技を見ているのですが、
どの格闘技にも良い所があるので、実戦や喧嘩で
どれが一番強いとかにあまり興味がありません。
厳格なルールの中で芸術的な技術や
面白い試合を見せてくれれば満足してしまいます。

でもやはり喧嘩や実戦で最強の格闘技は
何かと言う話題は何時までたっても出てきますよね?
やはり格闘技ファンは最強の格闘技に興味があるんでしょうか?
実際ある人がいたら何故興味があるのか教えて欲しいです。

Aベストアンサー

 そもそも、格闘技を何故やるかというと自分が強くなりたいからであってそれ以外の理由はありません。全員が全員強くなれない格闘技があったとすると、その格闘技をやる人はいないでしょう。強くなるという目的を達成できないからです。
 最強の格闘技というものが存在するとすれば、格闘技(甲)と(乙)を同じ人がやった場合に必ず(甲)が勝となれば格闘技(甲)を選択することになります。もっとも、打撃系と組み技系などの好みの問題はあるでしょうが、どちらかが必ずどちらより強ければ強い方を選択することになります。
 ここ数十年で見ても、カラテ馬鹿一代が流行ったときは極真カラテが、グレーシーが上陸したときは打撃系では組み技系に勝てないなどの神話も生まれました。その時点では総合系は組み技重視に移行したものです。
 それから、ハイレベルに強くなるという夢を達成できる男はあまりおらず、格闘技で最強、実戦で最強、パウンドフォーパウンドで最強とかが語られるのは自分がなし得ないことに関してみんな大いに関心があるのです。
 


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報