沿岸部で、高圧架空電線の接続部分に使用のコネクターカバー(絶縁保護カバー)が溶けて落下するといった事例がありました。
接続部の緩みによる過熱と思われたのですが、緩みではありませんでした。
原因と対策方法ご存知の方おりませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

塩害によるコネクタカバーの絶縁力の低下と、それに伴うトラッキング現象が原因で部分的にリークが発生し、それの熱でカバーが溶けるのです。


コネクタカバーやクランプカバーには難燃性の材質を用いたタイプもありますので、それに交換されるのも手かと思いますが、残念ながら水切りカバーには難燃性タイプはないようです。

問題としては、カバーには完全な防水機能はないようなので、カバー内部に侵入した水や塩等が直接充電部に触れて起きる事にありますので、エフコテープ等でしっかり防水させるのも有効かと思います。

また線路のピン碍子付近でも似たような現象があるとのことですが、そこが何かとの接続点であって、カバーが取り付けてあるならば全く上記の回答の現象であるといえます。
もしくは雷害でピン碍子付近の絶縁電線にピンホールが開いていることは珍しいことではありません。
当然その穴からトラッキングは発生します。
最悪は架橋ポリエチレン製の高圧OC電線が燃え出し、液だれ状に流れ落ちる事もあります。

定期的な設備の洗浄や交換等で重大事故を防いで下さい。
重塩害地区はそういった意味でメンテナンスにとてもお金がかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

忙しさにかまけて、返答遅くなってすいませんでした。
トラッキング現象なのですね。了解しました。

自分の予測から、そんなに違わないものだということが判りましたので助かりました。
沿岸部のメンテナンスは大変だといまさらながら実感しています。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/07 08:58

#3です。


塩害対策はなされていますか?
柱上開閉器について、ブッシング交換出来るタイプならば耐塩用ブッシングに交換、そうでないのならばリード線を長いものに交換するようにしてみてください。
ピン碍子などは当然耐塩用ですよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

柱上開閉器は、予算等の問題もありますが、モールドコーンタイプを検討しています。

ピン碍子は、耐塩タイプですが、今後重耐塩タイプも検討中です。

しかし、この対策によって完璧な対策になりうるのかと不安があり情報を募ったしだいです。

お礼日時:2008/06/16 09:07

#1です。


#2での見解を拝見いたしました。
柱上開閉器のリード線と電線との接続部分と想定しておりますが、もしそうだとすれば、リード線が短くなっていませんか?
リーク発生が接続部分とどことの間で生じているかが問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

柱上開閉器の二次側リード線と電線の接続部では、2回ほど同現象が発生し、(1回は1次側)現在2次側は、スリーブによる圧着方式に変更し現在までは症状は出ておりません。(接触不良と当初推測していたため)
リード線が短くなっていなかったかの問いですが、リード線との接続部分は経年劣化による酸化はみられたものの、短くはなっていなかったように記憶しています。

また、最近では架空電線路のピン碍子に近い部分でも発生し始めたのが現状です。

電力外線工事に携わる知り合いに聞いたところ、電力配電線でも同症状が見られることがあるとの情報をいただいたことがあります。

設備の詳細を書いていなかったですね。
構内柱より数スパン架空電線路が存在し、屋内受電設備(キュービクル式)に送られています。

お礼日時:2008/06/15 16:32

回答ではありませんが、


http://www.ne.jp/asahi/denki/ponpon/keijiban/200 …
の1180に似たような投稿があります。この前後に屋外の同じような事例の投稿が複数あったのですが残っていないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

沿岸部特有の現象なのかと考えさせられます。
このような現象は、冬季間に多く発生するようです。(私の現場では・・)
コネクターカバーに海風により塩分を含んだ湿った雪が付着することでカバー表面にリークが発生し、その熱により溶けるものと推測していますが、結論に至っていないのが現状です。

また、情報がありましたらお願いします。

お礼日時:2008/06/15 08:43

コネクターカバーが溶けるということは、熱が生じているということです。


つまり接続部分で接続抵抗が増加していることになります。
通常、電線同士の接続にはコネクターを使って圧着しますが、適切なダイスを使用していない場合は不完全な圧着となり、接続抵抗が生じます。おそらくこれが原因と思われます。
巻き付け接続+ロウ付けと言う方法はありますが、信頼度の点で不安が残りますので、圧着するのが妥当でしょう。しかも電線太さに応じたコネクターを選択し、なおかつそれに適したダイスを規定圧で圧着することを徹底することが最善だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も最初は、ボルコンの締め付け不良もしくは強風等による緩み・過熱と推測し、接続方法をボルコンからスリーブによる圧着に変更してもらったのですが、改善されませんでした。

また、同時に溶け気味のカバーも発見し、そのまま何もせずカバーのみの交換をして様子を見ている部分がありますが、取り替えて数ヶ月経ちますが同症状には至っていません。接触不良による過熱に疑問が残ります。

お礼日時:2008/06/14 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電線の接続に関する電気工事の質問です

教えてください。
低圧の電灯の電器工事でCVT100mm2に38mm2を分岐接続したいのですが C型コネクタで154用の圧着ペンチも無いので100スケア用のボルコンで分岐しようと思います。
もちろん ニュートラは2個使います
スリーブを使わずに このやり方で 問題がありますか?
例えば 最大75Aが流れるので 接触面で熱を持ってしまうので ハンダ付けが必要だとか・・
 もし、 ボルコン、T型コネクタ以外の方法があったら それもご享受ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経年による接触抵抗の増加を考えるとボルコンは・・・。
実際は問題ないと思いますけどね。

他考えられる分分岐方法は
PJコネクターを使う。
100SQぶった切って150SQ突合せ圧着端子。勿論スキマは添え線処理。
圧着端子と端子台もしくはブレーカーにて分岐処理。収納する箱が要るかな。

昔はバインド線を手でグルグル巻いて束ねて半田塗ってましたね。

QOC線、OW線、DV線って何の略?

架空配電線路の名称であるOC線、OW線、DV線って何の頭文字でしょうか?簡単に調べましたが、出てきませんでした。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

OC線:屋外用架橋ポリエチレン絶縁電線(Outdoor Crosslinked polyethylene)
OW線:屋外用ビニル絶縁電線(Outdoor Weatherproof)
DV線:引込用ビニル絶縁電線(Drop wire polyvinyl chloride)

※英語にちょっと自信がありませんのでご自分で掘り下げてください。

QDGR(地絡方向継電器)とOCR(過電流継電器)

・DGR(地絡方向継電器)
・OCR(過電流継電器)
の違いについて、ご教授お願いいたします。

高圧負荷設備に、DGRとOCRがついている場合。

質問(1)
負荷設備で絶縁不良などがあり、過電流が生じた場合、DGRが先に動作して、それでも止まらない場合はOCRが動作するものと考えてよろしいでしょうか?」

質問(2)
この場合、DGRとOCRの保護協調はOCRがDGRの次にあるということですか?

質問(3)
逆にDGRが動作せずに、OCRが動作するのは、絶縁不良などではなく、設備の電力使用量が多すぎるということでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

質問(1)
絶縁不良が起きると通常1線地絡事故が起きます。完全地絡事故になっても最大で2A程度なので、OCR動作しません。1線地絡から波及して2線地絡(2相短絡)すればOCR動作になります。
地絡電流と短絡電流が同時に流れればOCR動作になります。時間が50mSと200mSで速さが全く違います。過電流領域であればDGRの方が早いでしょう。
質問(2)
保護強調とありますが、DGRは地絡保護、OCRは短絡保護・過電流保護です。検出する事故が違います。地絡事故から短絡事故に移行する場合がありますが、違う保護強調です。
質問(3)OCRが動作するのは、電力使用量が多いか、OCR整定が間違っているか、検出回路かトリップ回路の配線が間違っているか、絶縁不良を起こして接地を介さずに微小短絡が起きているかと思います。

Qこの間、発電所でケーブルの端末をしたのですが、ケーブルのシールドアース

この間、発電所でケーブルの端末をしたのですが、ケーブルのシールドアースを片側から取る場合と両方から取る場合がいままであったのですが、普通に考えれば片側から取ればいいと思うのですが、何か両方から取る理由があるのですか?それと、ケーブルからシールドアースを取らない場合もあったのですが、どうしてなのですか。ACとDCで取らなくても良い理由でも、あるのですか?分かる方ぜひ、教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CVケーブル金属遮蔽層の接地方式について記載してみます。
【片端接地方式】
・非接地端に電圧が誘起されるので、誘導電圧対策が必要。
・併設弱電流ケーブルに誘導障害を生じる。
・常時電流においては、労働安全衛生規則の観点から50Vが判断基準、短絡事故時においてはシースのテープ処理がなされていないケースが多いが当然行う様指導する。
・電圧上昇は600V程度まで短時間許容しても問題無いと考えられる。(個人的考え)

【両端接地方式】
・大地を帰路とする循環電流が流れるので、金属遮蔽層の発熱の検討、併せて、接地線サイズの検討
・溶接機を使用したときに遮蔽層に迷走電流が流れて、過熱焼損ケーブルの地絡事故の事例が有ります。

参考資料としては
・高圧受電設備規程資料6にケーブル片端接地における誘起電圧の算出例が記載されています。
・遮断法人日本電線工業会技術資料(技資第101号)
単心CVケーブル金属遮蔽層の接地方式と許容電流

※ 短絡容量の大きな電力系統においてケーブル長が1kmを超える場合は両端接地を検討する必要があると思います。 一般的には片端接地の方がシールドアースの絶縁抵抗も測定がし易いし、迷走電流が流れての過熱焼損の心配も有りません。(2~3km程度の延長のスキー場、空港などでも片端接地を採用しています。) もしも発電所が電力会社のような大きな容量のものであれば負荷電流、短絡電流による電位上昇の計算、検討が必要です。

※ 電気設備の技術基準の解釈の一部改正(H22.1)
・高圧ケーブルの遮蔽層を利用した連接接地が認められた。(実運用にあたっては要検討事項)

★シールド接地の取り忘れ(省令違反)により遮蔽層の電圧が上昇してケーブル端末部が焼損した事例があります。
・交流、直流ともシールド接地は必要です。電磁誘導、静電誘導により電位上昇が発生します。可能であれば常時負荷電流での電圧測定を行うのも良いと思います。 以上 思ったことを記載してみました。

CVケーブル金属遮蔽層の接地方式について記載してみます。
【片端接地方式】
・非接地端に電圧が誘起されるので、誘導電圧対策が必要。
・併設弱電流ケーブルに誘導障害を生じる。
・常時電流においては、労働安全衛生規則の観点から50Vが判断基準、短絡事故時においてはシースのテープ処理がなされていないケースが多いが当然行う様指導する。
・電圧上昇は600V程度まで短時間許容しても問題無いと考えられる。(個人的考え)

【両端接地方式】
・大地を帰路とする循環電流が流れるので、金属遮蔽層の発熱の検...続きを読む

Q高圧ケーブルの接地が浮いた(外れた)場合

電気工事中にふと疑問に思いましたが、
ありえない仮定ですが、充電中の長さ100mくらいの高圧ケーブル(6600V)の接地が外れて、
それに気づいた作業員が停電せずに、外れた接地線を素手で触って再接続に行った場合
感電するのでしょうか?
芯線とシールドの間には架橋ポリエチレンの絶縁体があるので平気な気もしますし、人体のインピーダンスを3000Ω程度でザックリ計算すると、200V程度に感電しそうな気もしますし、触った瞬間だけ3810Vで感電しそうな気もするのですが、実際どのようになるのでしょうか?
ご存知の方や経験者の方(おらんか・・・)すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 >外れた接地線を素手で触って再接続に行った場合感電するのでしょうか?
場合によっては、感電します。
場合というのは、ケーブルの状態による為です。
高圧ケーブルの誘導というのには、静電誘導と電磁誘導との両方があります。
静電誘導はケーブルの長さに比例して増えるので、長いケーブルほど誘導電流が大きくなります。
もう一方の電磁誘導は使用電流に比例して大きくなるので、消費電力の大きい時ほど誘導電流は大きくなります。
ただ電磁誘導には、もう一つ大きくなる理由があります。
それは、絶縁体の劣化です。
絶縁体の能力が落ちる事で、漏れ磁束が増える事が原因になります。

参考書では静電誘導の方を大きく持ち上げていますが、電磁誘導の方が持続するので、人体に与える影響が遥かに大きく危険なのです。
小規模の自家用設備では余り関係ないかもしれませんが、大規模工場や配電線のシースアースでは、電流量が大きいので気をつけてください。

Q扇風機の強さ調整の仕組みは?

扇風機の風の強さ(回転数)は、どうやって変えているのでしょうか?
交流モーターは、電源の周波数によって回転数が決まるので、回転数を変えるためにはインバーターが必要なのでは?
でも、安い扇風機にインバーターが使われるはずないし…
機械系の私にはわかりません。

Aベストアンサー

誘導電動機の回転子の二次巻線に流れる電流を制限させることで回転子の回転数を制御できます。
通常、スリップリングとブラシで外部に二次巻線を出して、ここに可変抵抗器を繋げます。抵抗を大きくして回転子の電流を抑えると、回転数は低下します。定格運転時はこの抵抗は短絡させます。
ただし、この運転方法は回転数の低下と共にトルクも低減するものでなくては適しません。
”すべり”の比例推移を利用したやり方ですが、回転数の低いときは相対的に損失が大きくなってしまいます。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Q電線の焼損の仕方について。

ご教授下さい。
過電流が電線に流れた時の電線の焼損の仕方を見られたことのあるかた、試験をされたことのある方にお聞きしたいです。
電線が一瞬にして焼けるとどういう状況になるのでしょうか?
また、逆にじわじわ焼けるとどうなるのでしょうか?
たとえば早い(まさに数十倍の許容電流値を超えた場合)絶縁被覆が吹き飛んでしまうのでしょうか?
じわじわ焼ける場合、銅帯に付着して残り、融けるような状況なのでしょうか?(許容電流値を超えて一定の電流が流れ続ける状態で。)
焦げる、黒い炭が出来るとか?

Aベストアンサー

「電線」というのが一般家庭用の100Vとか200V用の電源を供給する街中にあるような「電線」なのか車や家電などにも使われる「電気配線」なのかわからないのですが「電気配線」という前提で書きますね。

これは電気配線の太さ(銅線の太さ)と被覆の厚みによってかなり変わってきますね。

過電流が流れる・・・例えば許容が1000Wなのに2倍の2000Wの電力を消費した場合・・・一般的には130~150%(正しくは忘れました・・・)の過電流には耐えられるようになっています。よってこの程度であれば必ずしも「燃える」ということはなく「加熱」で済んでしまうこともあります(燃えることもありますが)

自動車整備学校の講師をしていたころに実験をしたのですが、例えば10A程度の負荷を想定した配線をバッテリ直で短絡した場合・・・この場合はおよそ2~3秒で被覆から煙が出てきて10秒くらいで燃え始めます。これが5Aくらいの細い配線の場合は短絡と同時に被覆が燃えますね。そのままにしておけば被覆が溶けてしまいます。最終的にはまったく残りませんね。ただ銅の上に焼けた炭状の被覆が残ってしまうことがあります。

配線が瞬時に燃えるくらいに過大な電流であれば銅線だけがキレイに残りますね。被覆が吹き飛ぶわけではなく瞬時に燃えてしまいます。

中の銅線というのはそう簡単には焼ききれないと思います。電線用の銅線はたしか融点が800度くらいだったと思いますので銅線が溶けるまで温度が上がるには相当な電力が必要だと思います。よって一般の人が遭遇するような電気のショートでは銅線が焼き切れるということはないと思います。

「電線」というのが一般家庭用の100Vとか200V用の電源を供給する街中にあるような「電線」なのか車や家電などにも使われる「電気配線」なのかわからないのですが「電気配線」という前提で書きますね。

これは電気配線の太さ(銅線の太さ)と被覆の厚みによってかなり変わってきますね。

過電流が流れる・・・例えば許容が1000Wなのに2倍の2000Wの電力を消費した場合・・・一般的には130~150%(正しくは忘れました・・・)の過電流には耐えられるようになっています。よってこの...続きを読む

Q接地コンデンサ

接地コンデンサって何の目的で付いているのでしょうか。
簡単に教えてください。

Aベストアンサー

接地コンデンサの使用目的は、いろいろあると思いますが、経験のあるのは2例です。
1つは、非接地系の配電系への利用です。
例としては工場で利用される400V配電系は基本的に直接接地が行われません。(電気設備技術基準を参照していただくとよいのですが)この場合に接地電流を確実に検出するために接地コンデンサを使用します。接地コンデンサのほかに接地トランス(GPT)を使用する場合もあります。
 これは、余談ですが爆発性ガス雰囲気への配電系の場合は基本的に非接地系とするのが望ましいされていますが、この場合は抵抗接地を利用しています。
 もうひとつは、地絡方向継電器の動作保障を行う際です。これは、負荷減少等により保護範囲の対地静電容量が極端に少ない場合(ケーブルこう長が少ない)に継電器が不動作となる可能性があります。この場合に対地静電容量を補うものとして静電コンデンサを用います。これは特殊なケースかも・・・
 以上、私の経験談です。お役にたてるといいのですが・・・

Q対地静電容量って

電気について勉強しているもの(電工2種の知識程度)です。
質問1 漏電と地絡は同じと解釈していいでしょうか?
質問2 対地静電容量という言葉がどうも理解できません、架空電線は大地から空気絶縁されていると思うんですが、本などでは大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが、意味がわかりません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問2 対地静電容量
コンデンサは導体と導体の間に絶縁物を入れたものです。
電線(導体)と大地(導体)の間に絶縁物(空気)を入れているのでコンデンサとなります。
 単位あたり(例えば1mあたり)静電容量としては小さくなりますが配電線など距離が長いので大きな値になったりします。
地面に対する静電容量というイメージでよいです。
ですので「大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが」のその通りです。
電流が流れるかどうかは静電容量の大きさと電圧の大きさによります。


人気Q&Aランキング