マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちは。現在損保ジャパンの医療保険に入っています。月5000円くらいです。
母が、癌になり保険に入っていなかった為、私自身はガン保険に入ろうと色々検索していました。
ふと、思ったのですが、医療保険って必要なのでしょうか?
母は癌で今抗癌剤治療も受けています。手術で入院したのは3週間、その後は抗癌剤のため2,3日の入院が半年続きます。
癌でも3週間の入院、しかも高額医療費控除でかなり帰ってくるとのことでした。
癌家系なので、ガン保険は入ろうと思ったのですが、医療保険は本当に必要なのでしょうか?入っていない人もいるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

saku058さん



「医療保険に入れずに、老後を迎え、まともな治療を受けずに我慢している人たち」
私も、こんな方々が本当にいるのか知りたい一人です。

保険専門家の方々はsaku058さんの不安を高めようとする方向にしかアドバイスなさらないようですので、違った観点からの意見も。

ある病気の治療法に効果があると確認されたものは、健康保険の適用があるものと認識しています。
健康保険の適用があれば、自己負担割合は3割。さらに一定の金額を超えれば自己負担額は上限がほぼ決まっています。(高額療養費制度)

No.8の方がご紹介されていた治療は、おそらく「先進医療」に該当する治療法だと思います。
こちら(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4103494.html)に記載しましたが、先進医療とは、「臨床試験や諸外国の実績でそれなりの効果があると判定されたものの、まだ健康保険の対象とするには症例が十分でない検査や治療方法のことである。」とのことです。つまり、健康保険を適用されるまでもう一歩の段階の治療法、ともいえるのでしょうか。
この治療を受けた場合には、確かに健康保険の適用がなく、高額療養費の適用もありません。

先進医療のうち、「中でも一番高いのが重粒子医科学センター病院の固形ガンに対する重粒子治療で315万円となっている。一方、DNA診断などでは1万円を切るものもある。」

この重粒子治療を受ける確率は、人口百万人に3人程度です。

このくらいの確率で、万万が一この治療を受けたとして、保険会社からもらえる金額は100万円程度。
(「先進医療を受けたら、抽選で1名様に1戸建て住宅をプレゼント」というような特典でもあるならともかく、保険料を払って、百万分の一程度の確率をかいくぐったとしてもこんな程度です。)

例えば、火災保険や自動車任意保険の場合は、確率だけで決められないかもしれません。それは、
たとえ確率は低くとも、意に反して、万一火災や事故を起こして、数千万円もの修復費用や賠償金はとても自己資金では払えないと思っているからです。

一方、医療保険で払われる金額はどうでしょう。万一入院で10万円程度、先進医療を受けてさえ100万円程度。生涯で百万円を超えるような保険料を払う意味がありそうですか?

また、他の方が「健康保険適用外の抗がん剤や未認可(認可前)の治療は自由診療」となり、全額自己負担とおっしゃっていました。
しかし、治療効果が確認されているものは、そもそも健康保険適用となるのではないでしょうか。
効果は未知数だが藁にもすがる思いで受ける治療が「自由診療」となるのでしょうか。

ちなみに、私の知り合いの例をご紹介します。
その方は、治療法のない特殊なガンになりました。
病巣を切除する以外治療法のないガンです。
切除できない部位にガンが発生したらもう手の施しようがありません。
その方は、一つ目に入院した病院から紹介されて、その特殊なガンの治療法を研究している教授がいる大学病院に転院しました。

通常の治療法では対処できません。
そこで本人納得の上で、未承認の薬を投与されました。つまり、藁にもすがる思いで、その薬の効果を試す実験台になったのです。その薬は当然健康保険の適用はありません。

では、その人は健康保険の利かない「自由診療」により数百万円の治療費を払ったのか?
答えは"NO"です。その治療に要した費用はゼロ円-つまりタダ-でした。
なぜか、その薬の投与が研究材料だったからです。
(残念ながら、その方には、その薬の効果はありませんでしたが。)
病気の治療にはこんなこともあるのです。

また、いわゆる「難病」になった場合には、その治療費の自己負担額は極めて低く抑えられる公的制度もあるようです。
http://www.nanbyou.or.jp/what/nan_kenkyu_45.htm

>あなたにとって医療費に不安がなくなるだけの十分な預金額はいくらでしょう?

これがわからないから、一般の人は不安になるのです。それを指し示すのが本来の保険営業員の仕事のはずです。
ただ実態は、具体的なデータを示さず、極端な事例を示して客の不安を煽るばかり。

ある事態が発生する確率、その場合の発生費用。
それに、健康保険制度にある援助制度。(サラリーマンであれば、最大1年半、給料のおよそ6割が給付される「傷病手当」という公的制度があります。)

本当は、営業員は、客に適切な判断を促す客観データ等を示したうえで、
それでも医療保険は必要ですか? 必要だとしたらどれほど必要ですか?
と問うべきだと思うのは私だけでしょうか。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

ucosmos様。お返事ありがとうございます。
>治療法のない特殊なガンになりました。
平滑筋肉腫の事ですか?母は癌肉腫ですが、母も保険適用外の治療はうけていません。(抗癌剤は受けています)私ももし、難病になってもそこまで自分ではしないように思います。きっと個人がどこまでしたいかなのですね。
沢山アドバイス頂きありがとうございます。皆様のアドバイスを参考にしっかり考え直して見ます。

お礼日時:2008/06/24 13:44

お母様ががんになり、高額医療費制度により医療費の多くが戻ってくると知り、医療保険が本当に必要なのかどうか考え始めたのですね。

実際に医療保険に加入されていない方もいらっしゃいますし、その一方で高額な医療保険に加入されている方もいらっしゃいます。病気やケガなので入院や手術をする場合に医療保険からの給付があると経済的に助かりますが、治療費や入通院にかかるその他の費用も含めて預貯金でまかなえるなら、医療保険に無理に加入するものでもないかと思います。がん保険をご検討中とのことですので、現在ご加入中の医療保険にがんに対する保障の有無も確認のうえで、ご検討されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 2

専門家紹介

専門家プロファイル_杉浦詔子

職業:ファイナンシャルプランナー

「働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族等へのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っています。女性のキャリアと家族や恋愛等コミュニケーションに関する相談、FP等資格取得支援にも力を入れています。

詳しくはこちら

専門家

NO14です。



>私の場合、今の医療保険を継続すると150万です(5万×30の年払い?です)

パンダの保険ですよね?日額5000円の保障でその総額になるのなら、特約がいっぱい付いていませんか?

医療保険を解約するか続けるかの中間の案として、シンプルな医療保険を考えるというのはどうでしょう。オリックス生命のCURE(またはCURE-W)が参考になると思います。入院給付と手術給付のみのシンプルな保障です。

医療保険の加入を見送っている私が「このあたりでそろそろ手を打とうかな」と思っている商品です。

参考URL:http://www.orix.co.jp/ins/index.htm
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。そうです。パンダのです。cure少しだけみてみました。えらく安いですね。約款がインターネットでも読めるのですね。じっくり読んで検討してみます。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/06/26 09:35

すごく冷静な方で驚いています。



>さすがに、それくらいは貯金しているのでこれは大丈夫な気がします。

保険に頼らなくても場合によっては何とかなるだけに、死亡保障と違って難しいのはココなんですよね。NO7さんもおっしゃてますが、では、いくら貯蓄があったら安心なのか?答えはさらに難しいと思います。

仮に医療費用に100万の貯蓄があったとします。3ヶ月に渡り80日入院して高額療養費適用で自己負担が10万×3ヶ月の30万で済んだとします。

机上の空論を語るなら…
「医療費用に100万あって、30万で済むんだから、医療保険なんてやはり必要なかった」

実際になった場合
病弱な体になった上に医療用の貯蓄は残り70万、もちろん医療保険もなし…。

上記の例で60日型の保険に日額5000円の保険に加入していた場合、30万+手術給付があるので、貯蓄は減らず、医療保険もなくなりません(厳密には通算の限度日数あり。)

病弱な体になった後で、
「医療保険+貯蓄100万」と「医療保険なし+貯蓄70万」とは状況がかなり違うと思います。

医療保険に加入していない場合は、その分貯蓄が多いはずですが、医療保険の分をきちんと貯蓄できる方は少数だと思います。できるのはsaku058さんの様に医療保険について詳細に考えて、その結果、不要と判断した人だけでしょう。

医療保険について考えていなかった人(当然未加入)、漠然と元がとれないというような理由で加入を見送った人、このあたりの場合は、月々5000円くらい浮いても使ってしまっている場合が多いと思います。

私も医療保険について頭を悩ませた内の一人ですが、何とか自分の中で一応の結論を出しています。
・医療用の貯蓄はいくらあったら安心かが想像つかない。
・医療保険もなく病気がちな体になった上に貯蓄が減るだけでは不安。
・高額療養費の適用を前提にそれほど高額な保障は必要ない。
・日額5000円くらいの最小限の保障でも加入しておけば貯蓄はさほど減らない。
・がんは特にお金の心配だけでも取り除いておきたい。

<結論>
終身医療保険日額5000円+がん保険+医療用余裕資金100万
まだ、医療保険には未加入ですが、私はこんな体制を目指しています。
(100万の根拠はなし。)

NO5で書いた事の繰り返しになりますが、
本当に必要か?  →必ずいるものではない。
あった方がいいか?→あった方がいい。

「100万あって30万なら70万残る」「100万あれば日額5000円の200日分」「元がとれるかどうか?」元気な人の考え方です。おなかいっぱいの時にスーパーに買い物に行ったら、あまり買いたいものがないのと似ています。(空腹の時は不必要なものまで購入=病歴がつくと割高の保険でも加入したい)ちょっと違うか…^^;

色々な意見がありますが、結局はご自身の納得が一番です。saku058さんの場合、まわりに流される事はなさそうですので、そこは安心しています。よい結論が出るといいですね!
    • good
    • 12
この回答へのお礼

interval60様、お返事ありがとうございます。人生で一度も「冷静だね」とだけはいわれた事がないのですが、なぜココでは2回も言われたのでしょうか??母の病気の事についてでしょうか??うーーん、なぞです。もしかしらた、最近、母の事で大変なので精神的に鍛えられたのかもしれません。病気も悪い事ばかりではないですね。
>「医療保険+貯蓄100万」と「医療保険なし+貯蓄70万」とは状況がかなり違うと思います。
これは、本当にその通りだと思います。先がわからないですものね。癌とかになると。
私の場合、今の医療保険を継続すると150万です(5万×30の年払い?です)ここに質問した時は、医療保険をやめてガン保険(+国民共済かも)のみにしようと思っていたのですが、皆様の意見を基にもう一度ガン保険を調べ、自分なりにinterval60様のように結論を出せるように頑張ります。でも、難しいですよね、人生の状況が変わると、昔の結論も状況に合わなくなってきますよね。そうならないように考えなければいけないですよね。皆様にアドバイス頂けたので参考にさせていただきます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/06/25 14:20

saku058さん



何度もお邪魔していますのでこれで最後に致します。

saku058さんが回答者に対して書いている返答を読んでいて、
落ち着いて冷静に皆さんの回答を受けとめていると感じました。
適度なツッコミに、
拍手を送っています。
saku058さんならきっと良い保険選びが出来ると思います。

ここに回答している保険営業員の方々は違うかもしれませんが、保険営業員の中には、
具体的なデータなどは示さず、極端な事例のみを示して漠然とした不安を煽り、保険に関する知識不足という人の弱みにつけ込んで保険に加入させようとする営業手法をとる人がいます。(未熟な営業員ほどそんな傾向が高いのでしょうか?)

営業員にそうさせるような背景があるのかもしれませんが、
あまりにも寂しい、あるいは、さもしい営業手法です。悲しすぎる営業手法です。

saku058さんなら大丈夫だと思いますが、
こんな寂しい、さもしい、悲しい営業員からは保険加入なさいませんよう。

寂しい、さもしい、悲しい営業手法によって加入させられた人は、その人自身も同じ考えになってしまうかもしれません。伝染してしまうかもしれません。

井上陽水の歌詞にあったと思いますが、私なら
「♪悲しい人には会いたくもない♪」と思います。

私自身は保険営業員になったことがないのでわかりませんが、
本物のプロの保険営業員なら、その知識と経験とによって
客に感動を与えるような営業ができるのではないか、
と漠然と思っています。
客を不安に陥れるような事しかできない人は、ニセモノ営業員だと思っています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ucosmos様。お返事ありがとうございます。時間を割いてアドバイス頂いて本当に感謝しております。私の小さな脳みそだけでは、全く役に立ちませんので、皆様にアドバイス頂き助かっています。
残念ながら、今までの人生で「冷静」とだけは、言われた事がありません(笑)全く逆のタイプですので、驚いております。
医療保険に入る時にまあまあ調べたつもりだったのですが、知らない事もありこちらでお伺いして本当に良かったです!
悲しい営業員さんに引っかからないようにします!よく会社の入り口で立ってますから!ucosmos様はファイナンシャルプランナーさんなのでしょうか?全くすばらしいアドバイスです。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2008/06/25 13:54

書き方が悪くてすみません。



>医療保険に入らないとまともな治療を受けれないのですか?
でも医療保険といっても、入院したらいくらとかでは、医療保険に入ろうが入ってなかろうが、あまり関係ないような気がするのですが・・。
すみません、あまりまわりに聞く方がいなくて、分らないのですが、医療保険に入れずにまともな治療を受けれないとは、例えばどのような病気なのでしょうか?

十分な預金もなくと言うことが前提です。
それでいて、保険にも入っていないので、入院費や経済的負担が原因で、入院を短く切り上げたり、
手術したほうがいいかも・・・レベルの傷病を、そのまま放置している人がいる。 ということです。

私の父は、胆石、胃潰瘍、椎間板ヘルニア、3年に1度大腸ポリープ、
内痔核、腱鞘炎の手術・・・
払込総額の倍以上は給付を受けています。
「保険があるから使わないとね」 なんてことを言いながら、気軽に検査に行き、手術入院を繰り返しています。
現在70歳。  まだまだ医療保険の恩恵を被りそうです。

>例えば、火災保険や自動車任意保険の場合は、確率だけで決められないかもしれません。それは、
たとえ確率は低くとも、意に反して、万一火災や事故を起こして、数千万円もの修復費用や賠償金はとても自己資金では払えないと思っているからです。

保険とはそういうものです。
確率が低いものは、保険金(給付金)に対して、保険料が安いです。
確率の高いものは、保険金(給付金)に対して、保険料が高いです。
あえて書くことではないです。

私と父の現在までの結果。

自動車保険・・・若干損
火災保険・・・大損
医療保険・・・若干得(骨折で手術し3ヶ月の入院)


自動車保険・・・大損
火災保険・・・大損
医療保険・・・得

こんな感じです。
こんなことは少ないですが、こういう例もあるということです。
二人とも全てに不安があるから、全てに加入しています。

>極端な事例を示して客の不安を煽るばかり。

そういう意味ではなく。
「医療保険にはいらなくてもいい」かもしれない理由は、ucosmosさんが書いてくれましたので。
「医療保険に入ったほうがいい」かも知れない理由を書かせていただきました。
あくまで「かもしれない」です。
極端な事例も、客に適切な判断を促す客観データと言う意味では、
「こういう事例もある」と言う一つの判断材料の情報提示として当然必要ですよね。

>本当は、営業員は、客に適切な判断を促す客観データ等を示したうえで、
それでも医療保険は必要ですか? 必要だとしたらどれほど必要ですか?
と問うべきだと思うのは私だけでしょうか。

ここの回答が私一人なら、ucosmosさんが書いてくれたような内容は、
ちゃんと説明しますし、お客様には当然示します。

入らなくてもいい根拠と、入ったほうがいい根拠を両方伝えて、
最終判断はお客様です。

病気に対する不安は、個々で違うものですから・・・。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

RXH7様。お返事ありがとうございます。なるほど。。お父様かなり医療保険が役に立ったのですね。。なかなか、人に聞く機会もないので役に立ちます。
骨折で3ヶ月入院されたのですね。母も骨折しましたが、日帰りで0、従妹と母が痔の手術をしましたが、これまた全くでなかったといっておりましたので。RXH7様はプロでいらっしゃるので、さすがに保険の選び方が違ったのでしょうね。
>手術したほうがいいかも・・・レベルの傷病を、そのまま放置している人がいる
とは、又すごいですね。 この方は高額医療費控除をご存じなかったのでしょうか、、それとも、立て替える貯金さえなかったという事なのでしょうか・・。
さすがに、それくらいは貯金しているのでこれは大丈夫な気がします。
本当に色んな状況があるのですね。皆様のアドバイスを元にじっくり考え直してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/24 13:56

母が入退院を繰り返しましたが、「180日以内の再入院は一回の入院として扱」われたため、


あっという間に支給限度日数に達し打ち切られ、
受けた手術は手術給付倍率表に載っていないものだった為、手術給付金もなしでした。
(手術給付倍率表に載っている手術はかなり古いやり方です。)

約款を読んで支給条件を把握し、解約払戻金や死亡保険金なども調べて、
納得して加入している人には毎月の保険料が安心料になるでしょうが、
民間医療保険は、CMなどで言われているほどには役に立たないと思います。
なので、質問者様の「医療保険は本当に必要なのでしょうか?」には
「本当に必要だとは思わない」と、答えます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

7shogun様。ありがとうございます。そうなのですね。これは考えさせられるご意見です。沢山こういう実際の体験など読めるところがあればいいのですが、なかなか、病気になった人に、「医療保険もらえた?いくら?」など聞けなくて。。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/24 13:48

質問の意味を取り違えていました。



特約で入院の特約を付けています。
理由は自営業ですから収入の保障が必要です。
会社員なら傷病手当というものもあります。

持病がありますから、所得補償に入れませんので、所得補償の代わりです。
    • good
    • 2

>医療保険に入れずにまともな治療を受けれないとは、例えばどのような病気なのでしょうか?



健康保険適用外になると「自由診療」となり、3割負担でなく、10割負担(場合によっては言い値です)。
健康保険適用外の抗がん剤や未認可(認可前)の治療は自由新料と考えてください。

http://ganjoho.ncc.go.jp/public/dia_tre/treatmen …
>治療の費用(288万3000円)は自己負担です。と書いてあります。
高額療養費とは別になります。

夫婦で別々にがん保険に加入しています。診断給付金は初期がんでも満額でるようにしてあります。通院には重点おいていません。診断給付金と入院に重点おいています。

働いている間は収入がなくなるほうが困ります。

「販売員も知らない医療保険の確率」は私も読んで持っています。

私の考えは繰り返しですが、
1.貯蓄があるなら医療保険は不要
2.貯蓄ができるまでは収入重視の医療保険(1年の入院は必要)
先の本にも精神疾患の入院日数が1年を超えることが書いてあります。

がん保険は必要(なるべく終身保障を確保)+上乗せ

という考えでいます。

なお、自動車保険は対人賠償だけで何千万円にすぐになります。
火災保険も普通は1000万円ぐらいになります。

医療保険は60日型1日1万円なら60万円+手術費しかなりません

精神疾患で1年入院仕事も辞めた場合の損失を考えてみると良いでしょう。実際に生活保護を受けて車もマンションも無くなったお客様がいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kirara3970様
お返事ありがとうございます。医療保険に入れずにまともな治療を受けれないとは癌についてだったのですね。
うーーん、、母は癌肉腫です。平滑筋肉腫の方も知り合いにいます。
とくに、認可されていない治療は受けていません。細胞の解析も研究されている先生にお願いしていますが、そんなに費用がかかるのかまだ聞いていませんが・・。私も母と同じ癌になった場合、保険適用外の治療を受けるかというと受けないと思います。
これはもう個人がどこまでやりたいかによって変わってくるのですね、きっと。お返事ありがとうございます。そのように実際に困った人もいらっしゃるならそれも含めて、考えて見ます。
精神疾患で一年入院、このような可能性もあるのですね。私は困りませんが、旦那がそうなるとやっぱり困りますね。
皆様の意見を基にじっくり考えて見ます。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/06/24 13:30

数値データや本を売るために書いた机上の空論的な文章を


鵜呑みにしますか・・・

確率や結果だけの数的根拠で判断するなら保険は入らないほうがいいです。
車の保険も、火災保険も同じです。
保険には入らず、預金で準備してください。


医療保険について考えると・・・
年齢を重ねると、体は傷んできます。
日本人は長生きですが、健康的な老後を送っている人は僅かです。

この方々たちは、治療したくても我慢している人たちなのです。
十分なお金がないから・・・
お金があっても、不安だから・・・
若いときに国内生保に加入して、老後の医療保険に入れなかった
人たちがほとんどです。
「保険があれば、手術してちゃんと治療するのに・・・」
そんな声を良く聞きます。
今の高齢者が、ちゃんとした医療保険に加入していれば、データは違ってきます。


>1.医療保険の配当率 約40%
正しいと思います。半分近い確率で医療保険の恩恵を被ることができるということです。
今の高齢者が、ちゃんとした医療保険に加入していれば、もっと確率が上がります。

>2.入院給付金 平均受給額 約15万円
あくまで現在加入している人の数値です。
上で説明したとおり、本当に医療保険が必要な方は加入していない場合が多いので、このような低い数字になります。

>3.入院した場合の自己負担額 月約8万円
>高額療養費制度があり、一般所得者であれば、健康保険の適用を受ける医療費がどんなに掛かろうと、月額の自己負担額は 8万円+α程度となります。
1日から月末までです。
15日から翌14日まで入院すると2ヶ月扱いです。
つまり16万円+α ということになります。

保険批判者の片面から見た評価だけでなく。
いろんな方の意見に耳を傾けて判断してみてください。

あなたにとって医療費に不安がなくなるだけの十分な預金額はいくらでしょう?

実際に給付を受けた人たち
医療保険に加入していたので、満足な治療入院をした人たち
医療保険に入れずに、老後を迎え、まともな治療を受けずに我慢している人たちの
生の声を交えてみました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。実際に給付を受けた人たちに聞きたいのですが、回りにそれほどいなくて。。皆短い入院日数又は日帰り手術で、医療保険はそれほど出ませんでした。(全くもらえなかった場合もあります。)
医療保険に入らないとまともな治療を受けれないのですか?
でも医療保険といっても、入院したらいくらとかでは、医療保険に入ろうが入ってなかろうが、あまり関係ないような気がするのですが・・。
すみません、あまりまわりに聞く方がいなくて、分らないのですが、医療保険に入れずにまともな治療を受けれないとは、例えばどのような病気なのでしょうか?

お礼日時:2008/06/23 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険入ってない人いますか?

日本人は生命保険加入率がとても多いそうですね。
そこで敢えて聞いてみたいのですが
(生命)保険入ってない人ってここでは
どれくらいいるのでしょうか?

あまり関心がなくて、、、と言う理由だったら
このカテゴリーも見てらっしゃらないと思いますが(汗)

理由と現在の状況(独身だからとか)を
教えてください<m(__)m>
旦那さんに死亡保障だけはしっかりかけてる!(笑)

医療保険しか入ってないわーなどでもいいです。

ちなみに私は最近まで未加入でした。
無知の極みで、です。

Aベストアンサー

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入院で済むような病気だったら、生命保険に入らずに自費で治したほうが遥かに割安だと思いませんか? 健康保険には強制的に加入させられていることもあり、1カ月程度の医療費なんて安いものです。

では、もし僕が早死にしてしまったら? 一時的にン千万円の大金が戻るかもしれませんが、その程度の金が戻って残された家族がやっていけるかと言われると、やっていけません。生命保険に加入していようが、していまいが、僕が早死にしてしまったらどの道、残された家族は不幸のどん底を味わうしかないのです。

一生寝たきりのような重病にかかった場合も同様です。永久に医療費が支給されるわけではありません。やはり家族が路頭に迷うことに変わりないのです。

その分、計画的に貯金に回しています。自分なりに財テクを勉強して、もしもの場合でも家族が路頭に迷わないよう保険以外の予防策を打ちつつあります。
僕みたいに趣味と特技が財テクっていう人には、生命保険があまり得策ではないと判断して、保険に未加入の人が多いかもしれません。

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入...続きを読む

Q保険には入らないという選択肢

保険をすべて解約しようと考えています。
夫(47歳年収850)私(32歳年収500)子供2歳&0歳の4人家族です。マイホーム有りで団信加入済みです。
主人が保険屋さんの勧めで入った保険を見直した所、10年毎の更新で保険料が倍倍に膨らみ、生涯で1700万も払うのに最終的に何も保障が残らないものでした。働いている私の老後の生活までカバーしてくれます。
少し勉強してみたところ、死亡保障は遺族年金や私の年収で賄えるのではないか、医療保険には高額医療制度もあるし、そもそも貯金には敵わないのではないかと思い始めています。
ですが「保険は絶対に入るもの」という意識もあり、なかなか解約に踏み出せずにいます。
同じように「貯金」を選択された方や、どなたかお詳しい方でこのような場合のリスク等教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

私も同じ考えです! 頼もしいです。特に医療保険は不要と思っています。
ただ私は、パート主婦ですので、夫の死亡保険(逓減定期)に入っています。心配な点として、逓減の場合、物価上昇があっても給付額は減っていきます。ので、一部、定期保険・・の代わりとして、共済にも入っています。40歳以降だと、共済(全労済)の死亡保障部分だけでも、一般の定期保険より割安です。おまけで医療保障も付いてきます。(ので、正しくは夫は医療保険にも入っていることになります。)

医療保険は、なんといっても、高すぎ!
たとえば、1日1万円60日型って、60万程度しかもらえません。でも大抵、10年くらいでその位払うことになります。今時60日の入院自体珍しいし、重病ですから、通算1000日といっても、何度も入院は無理でしょう。
それに、差額ベッドだ何だと、いろいろお金がかかるにしても、60万しか貰えない保険なんですから、そのくらい保険に入らなくてもねえ。保険に入るとその分貯金ができないってこと、忘れてはいけませんよね。

<入院してないほうが日々お金がかかるような計算だったような気がするのですが。。。
同感です。長期入院の場合、食費・光熱費・医療費・衣料費・娯楽・・・がいりませんので、安く上がったりします。うちの義父がそうでした。10年以上入院・月々10数万支払でしたが、義母は普通に暮らしていけました。医療保険は当然ながら、5千円×60日=30万もらっただけです。それまでにいくら払ったかは不明ですが。

子ども保険も不要。損害賠償保険なら、単体でも安いし、自動車保険やcoop共済に、付帯できたりします。

私も同じ考えです! 頼もしいです。特に医療保険は不要と思っています。
ただ私は、パート主婦ですので、夫の死亡保険(逓減定期)に入っています。心配な点として、逓減の場合、物価上昇があっても給付額は減っていきます。ので、一部、定期保険・・の代わりとして、共済にも入っています。40歳以降だと、共済(全労済)の死亡保障部分だけでも、一般の定期保険より割安です。おまけで医療保障も付いてきます。(ので、正しくは夫は医療保険にも入っていることになります。)

医療保険は、なんといっても、高す...続きを読む

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Qオリックス生命の評判は?

43歳の主婦です。
終身の医療保障を検討していて、いろいろと比較検討した結果、オリックス生命の終身医療保険がいいかな・・と思っていますが、保険会社も倒産する時代、
会社として安心度が気になります。
格付けをみると、1社はBBBをつけており、そこが
少し気になっていますが、どんなものでしょう?
ご意見をいただけますと、幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

格付けについてですが、No1の方が仰るように、参考程度の判断材料として、ご覧になられる方が良いのではないでしょうか。
確かに安心度としては気になるところですが例えば現在、格付けがAAAでも10年後、20年後にAAAであるとは限りません。
また、S&Pの格付けですがオリックス生命は、数ヶ月前にBBBからBBB+の安定的に格上げされました。

最近、生命保険は自己責任で加入する時代といわれてますが、例えば、入院日額10,000円が希望の場合ですが、オリックス生命の終身医療に入院日額5,000円で加入されて、mamehahaさんが安心だと思う保険会社に入院日額5,000円で加入する方法もリスクを分散させる意味において得策だと思います。小口で数社に分けて加入する方法をお勧めします。

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む

Q1ヶ月の保険料の平均は?

はじめまして。私は現在29歳、妻(28歳)です。
月収は1ヶ月平均手取りで20万円くらいです
いったい、皆さんは1ヶ月にどれくらい保険料を払っていますか?
私は現在、私と妻の生命保険等で合わせて、月3万円くらい払っています。
皆さんの意見を聞かせてください
お願いします。

Aベストアンサー

一世帯あたり平均5万円前後といわれています。
収入から計算すると、15%20%貯蓄と保険に分散するのが理想と言われています。20万円の収入なら夫婦、子供合わせて3万から4万といったところでしょうか。ただここに貯蓄部分も含まれていますので、加入の生命保険に貯蓄機能がついていなければ、貯金も必要ということになりますね。

Q手取り21万 家族3人 やりくり教えてください 貯金がしたい

大人2人 9か月の赤ちゃん1人の3人家族です
旦那の給料は平均して21万ほどです。賞与は年2回合計40万です。
毎月赤字です。貯金をきりくずしています。泣
今後を考えなんとか貯金をしたいのですが・・・

保険料は信頼できる会社で昔からの知り合いの方にプランを立ててもらいました。
余分な保険はかけていませんが、やはり掛け金をすくなくするべきなのでしょうか?

車は軽とミニバンです。車検や車税がある月は大幅にマイナスになります。
田舎なので車は2台ないととても生活できません。

酒、たばこなどの嗜好品一切なしです。

21万あればできるはずだと思うのですがなかなか、、、
やりくり上手な方教えていただきたいです。


食費     30000
生活雑貨   5000
家賃     44000 
車保険    4000
ガソリン   8000  2台分です
光熱費    15000
携帯     17000
通信費    5000  パソコン・NHK
旦那こずかい 20000
妻こずかい  0~5000
美容     4000
子供費用   10000  習い事 おむつなど
外食・レジャー20000
保険     41500

大人2人 9か月の赤ちゃん1人の3人家族です
旦那の給料は平均して21万ほどです。賞与は年2回合計40万です。
毎月赤字です。貯金をきりくずしています。泣
今後を考えなんとか貯金をしたいのですが・・・

保険料は信頼できる会社で昔からの知り合いの方にプランを立ててもらいました。
余分な保険はかけていませんが、やはり掛け金をすくなくするべきなのでしょうか?

車は軽とミニバンです。車検や車税がある月は大幅にマイナスになります。
田舎なので車は2台ないととても生活できません。
...続きを読む

Aベストアンサー

思わず二回計算してしまったが、予算の段階で収入を上回っているじゃないか!
これじゃ、破綻に向けてまっしぐらだね!^ω^b

まずは、携帯が高すぎ。
どんなプランに入っているのか知らないけど、スマホ2台使いでも3000円/月以上削れるはず。
つーか、ガラケーに替えたらいいんじゃないかな?うん、替えよう。
1万円以上の削減になるはず。

ミニバン。車種は分からないけど、これってせめて「中古」の軽に替えられないかな?うん、替えよう。
ガソリン代、車両税、車検代、タイヤ代、オイル交換代等々、さまざまな経費が浮くはず。

美容月4000円って、なにかな?
破綻が目に見えている状況で、美容もあったもんじゃないと思うが、男のおいらには理解しがたいが、、許す!

外食レジャーが多すぎ!!
子供のことを考えればレジャーの費用を削るのはかわいそう、、って、まだ9ヶ月やないかい!!!
純粋に両親の遊び金かい!!!!!
1万円以上削減することをオススメする。

保険は妙に高いけど、学資保険が高いのかな?
もし、両親の保険がメインだとすれば、見直しした方がいいかも。

保険って商品は、契約者が損するような設計になっているので、損得の話はしないが、本当に自分達の人生設計に合っているものなのか、再考の余地があるんじゃないかな?
見直した結果、共済保険(数千円/月。還付金あり)でよかったとか、こんなにデカい保障は不要だったとか、結構ありますよ??

社会保険に加入している会社員本人なら、入院費用が、実はほぼ0円負担って知ってますかい??
(場合によるけど。詳しくは会社の担当者にでも聞いてくれたまえ。)
もちろん、入院中も家族の生活があるから、貯金が潤沢に無い限り、無保険って分けには行かないけどね。

入院中の出費をすべて保険でカバーしようなんて考えると、保障が膨らんで、結果保険料がとんでもない金額に!!!
しかも、保険料の割りにほとんど使っていない!!!!!ってのがほとんどの方です。
(医療・生命保険を使わないってことは、病気とかしてないってことだからいいことなんですが)
備えも大事ですが、なんでも適正ってもんがあるからね。

あとは、旦那さんの収入を増やすことと、貴女も働ける環境になったら働けるようにしておくことが大切ですね^^

思わず二回計算してしまったが、予算の段階で収入を上回っているじゃないか!
これじゃ、破綻に向けてまっしぐらだね!^ω^b

まずは、携帯が高すぎ。
どんなプランに入っているのか知らないけど、スマホ2台使いでも3000円/月以上削れるはず。
つーか、ガラケーに替えたらいいんじゃないかな?うん、替えよう。
1万円以上の削減になるはず。

ミニバン。車種は分からないけど、これってせめて「中古」の軽に替えられないかな?うん、替えよう。
ガソリン代、車両税、車検代、タイヤ代、オイル交換代等...続きを読む

Q50代で入る医療保険

私の両親の話なんですが、来月医療保険の満期を迎えます。
現在は全労災の定期の医療保険に入っており
定期だと今後ますます値上がりするため、この機会に安くてよい保険への見直しを考えています。(死亡保障は別に契約しています)
単純に全労災の終身の医療保険へ入りなおそうと思っているみたいですが、
50代のため結構な保険料になり、私は民間保険会社のほうがもっと安くてよいものがあるのでは?と感じています。
両親の希望は以下のとおりです。
50代で入るおすすめの医療保険があれば是非教えていただけないでしょうか?
昔は某大手生命保険会社で契約していたみたいですが、教育費のため解約してしまったそうで…
親孝行と思い私も一緒に保険を検討中です。
県民共済も考えましたが60歳以降は保障がガクンと下がるので…
年金生活に備えてなるべく安い保険料(2人で1万円以下)を希望しています。安ければ安いほど助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

■父(55歳)
○終身医療保険(入院1万円程度)
#現在定期で加入している全労災のプランです
#入院1日目から180日まで、手術や先進医療その他保障もあるものですhttp://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/plan/teikiiryou_sougou/index.php
○できれば三大疾病追加(追加金額がわかれば助かります)
#三大疾病は県民共済を併用してもいいかなと考えています

■母(54歳)
○終身医療保険(入院5千円程度)
#専業主婦なので父より低く見積もっています

私の両親の話なんですが、来月医療保険の満期を迎えます。
現在は全労災の定期の医療保険に入っており
定期だと今後ますます値上がりするため、この機会に安くてよい保険への見直しを考えています。(死亡保障は別に契約しています)
単純に全労災の終身の医療保険へ入りなおそうと思っているみたいですが、
50代のため結構な保険料になり、私は民間保険会社のほうがもっと安くてよいものがあるのでは?と感じています。
両親の希望は以下のとおりです。
50代で入るおすすめの医療保険があれば是非教えていた...続きを読む

Aベストアンサー

終身の医療保険の保険料の仕組みは……
どのように決めているかと言うと、人の一生を一つの期間として考えているので、若い時に契約しても、高齢になってから契約しても、支払う保険料の総額が同じになるように設定されています。
これが、原則です。
例えば、生涯で100万円と設定されている保険があるとします。
これを60歳払込済みだとすると……
20歳で契約すれば、40年間、480ヶ月で払えば良く、
50歳で契約すれば、10年間、120ヶ月で払うことになります。
単純に計算しても、ざっと4倍の保険料となります。
20歳だと、2083円、50歳だと8333円です。
実際には、保険料を運用するなど、多様な要素が絡んでくるので、単純ではないのですが、基本は、上記の通りです。

終身ではなく、定期保険の場合には、その期間に病気になる確率で計算されています。
高齢なると入院する確率、長期入院となる確率が高くなるので、保険料も上がります。
つまり、定期保険で高齢になると保険料が上がるのと、終身保険で高齢になると保険料が上がるのでは、根本的な意味が異なるのです。

では、55歳で医療保険に契約する意味があるのか?
それが分かるのならば、誰も苦労をしません。
そもそも、これからの人生で、何回入院するのか、何日入院するのか、誰にもわからないのです。
生涯健康で、亡くなるときも自宅で老衰で亡くなれば、それこそ、生涯一度も入院しないということもあります。
一方、毎年のように入院される方もいらっしゃいます。
前者ならば、医療保険は不要だったでしょうが、後者ならばとても役に立つということになります。
でも、それを予想することは、誰にもできないのです。
生涯で1回しか入院しないとわかっていれば、こんなに楽なことはありません。

ちなみに、厚生労働省には、「病院報告」という調査があります。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/07/kekka03.html
平成19年の一日当たりの新規入院患者数は、約39000人です。
年間だと、約1423万人。
平成19年の日本人の人口は1億2800万人。
1423÷12800=約0.11
人生80年と仮定すると、0.11×80=8.8
つまり、人生80年とすれば、8.8回入院する……これが、平均です。

さて、医療保険に契約するとすれば、どのような保険が良いか……
それは、医療費をどのように払うかということと関係があります。
(1)主として貯蓄から支払うので、医療保険は気休めで良い
(2)主として医療保険でカバーしておきたい
どちらの考え方に近いですか?
(1)ならば、医療保険は一回の入院限度日数60日型、入院給付金日額5000円でも十分でしょう。何しろ、気休めなので……
(2)ならば、一回の入院限度日数は少なくとも120日、できれば180日以上が欲しいところです。入院は長期になると、経済的リスクも高くなるので、それに備えたいです。
60日型と120日型の両方ある保険で比べてみれば分かることですが、60日型を120日型にするには、それほどコストがかかりません。なので、ぜひとも検討するべきです。
入院給付金日額も高い方が良いに決まっていますが、こちらは金額に比例して保険料もあがりますから、バランスを考える必要があります。

全労済で、新総合医療共済の80歳までの定期医療プラン、日額1万円、三大疾病プラスの月払保険料は、24,310円です。
全労済の保険料は、
http://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/plan/teikiiryou_sougou/index.php
の中ほど、「掛金計算」をクリックして、計算できます。
お二人で1万円という予算とはかけ離れているようです。

先に述べたように、リスクとは何かを考えてから、どのような保障を選択するのか(貯蓄、保険……)を考えてください。

最後に……
保険を考えるときには、保険会社も考えてください。
高い商品ですから、ご自分か契約しようとする会社がどのような会社なのか、知っておくべきだと思います。
決算報告は、
http://www.seiho.or.jp/data/account/index.html
で、見ることができます。

ご参考になれば、幸いです。

終身の医療保険の保険料の仕組みは……
どのように決めているかと言うと、人の一生を一つの期間として考えているので、若い時に契約しても、高齢になってから契約しても、支払う保険料の総額が同じになるように設定されています。
これが、原則です。
例えば、生涯で100万円と設定されている保険があるとします。
これを60歳払込済みだとすると……
20歳で契約すれば、40年間、480ヶ月で払えば良く、
50歳で契約すれば、10年間、120ヶ月で払うことになります。
単純に計算しても、ざっと4...続きを読む

Qかんぽ生命保険!解約した方が良いでしょうか?

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです、その他色々な病気の種類で40倍まで、様々だそうです)
※「死亡時」
 これに関しては、変な書き方かも知れませんが、自分がいなくなってしまうので、あまり気にしてはいません。
(お金に関して、せこい意味ではなく、家族構成の問題からです)

★毎月 18420円支払っています。
★満期が「平成33年 3月」です
(自分の年齢から計算すると・・あと151ヶ月支払います)
★つまり、来月からの合計の「支払額」は
18420円×151ヶ月= 278万1420円です。
★満了時(積み立てなので300万返って来るそうです)
★ちなみに・・今、解約した場合は・・59万1808円戻るそうです。
★つまり・・満了まで支払う合計額と、今現在解約して戻る額を比べてきた場合「21万8580円」少ないのです。
この先、入院、手術をしたとしても、上記の金額しか保障が無いのであれば、また、がん保険は無いとの事なので、
自分としては「解約」して、自分に合った「保険」の自分に必要だと思われる「契約内容」「支払う金額」「保障される金額」を今一度考え、新たな保険に加入した方が良いと思うのですが・・。
どう思われますか?
ちなみに「三井生命」の保険にも入っているため、そちらの方の「契約内容」を今一度確認した上でのことなのですが・・。

どう思われますか?
是非、ご意見、アドバイスを頂ければ・・と思っています!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです...続きを読む

Aベストアンサー

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、死亡保障などの特約としてつける場合は、基本的に5日目からしか支給されません。
そのため、医療保障がご不安でしたら、医療保険単体の一日目から保障される保険のほうが安心ですし、死亡保険金を気にされていないなら
必ずしも養老保険という形態をとらずに、個人年金でも貯金でも良いと思います。現在では、解約返戻率が100%を超える終身保険も登場していますが、一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をすることもあります。貯蓄の流動性(すぐに現金として手元に戻せる)を考えれば貯蓄と保険を別個に考えられることも大切かもしれません。ただし、掛けかえるのであれば新しい保険が成立してから解約しましょう。

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、...続きを読む

Qがん保険は必要ですか?

私と家内は、50歳、医療保険は、日本の会社のもので、掛け捨てで、夫婦合計30000円程かけていますが、ガン保険には入っていません。
ガン特約もつけることは可能ですが、高額になります。
今の保険を見直して、外資系の保険にするか考え中です。
保険のことにはわからない事ばかりで、街中にある保険の窓口なる所に相談に行こうかと思いますが、「相談に行って良かったという人もいれば、複数の保険の代理店になっているため、そのノルマ関係で、中立の立場と言っていてもそうではなく、相談者にとって良い保険を選んでくれるわけではない」と言っている人もいます。
私が求めている保険は、きちんと保障してくれる保険です。
なにかと条件が多く、この病気の場合は出ませんとか・・・せっかくかけていたのに何もならないと言うことは避けたいのです。
まったくわからない時は、保険の窓口とか専門家のいる所に相談に出かけることも良いものでしょうか?
そもそも、がん保険は必要ですか?

Aベストアンサー

基本的に掛け捨てで月額保険料3万円は多過ぎる気がします。短期の入院費は貯蓄で賄い長期の入院に備えるべきです。
現在の契約内容が気になりますが、恐らく医療と云うよりは死亡保障重点契約ではと感じます。
実際に死亡した際の受け取れる額は終身保険金だけと考えて下さい。
引受基準緩和型・無選択型の医療保険は単なる気休めに過ぎません(ほとんどが入院60日迄担保型です)。寧ろ必要なのは180日超入院を担保する保険。
180日超のみを担保する入院保険は60日を限度とする保険に比べ保険料は半額程度。また普通の120日限度担保の入院保険でも180日超時に一時金が出るタイプもあります。
年配になればなるほど「1泊2日から出る」保険より「確実に危険をカバーする」保険が必要になります。
で、こういう保険に乗り換える際に「保険料払済保険」に既存契約を変更して一部の保障を残すのです。
保険料払済保険とは既存の契約の保険料支払を打ち切り、現に貯まっている積立金を元に主契約のみを継続して保障する契約。
定期付き終身保険なら終身だけに医療特約や定期特約の積立金も充当するから案外保険金が残ります。
保険会社は嫌がりますが(原契約の予定利率のまま計算するから)顧客には一番有利な方法です。

基本的に掛け捨てで月額保険料3万円は多過ぎる気がします。短期の入院費は貯蓄で賄い長期の入院に備えるべきです。
現在の契約内容が気になりますが、恐らく医療と云うよりは死亡保障重点契約ではと感じます。
実際に死亡した際の受け取れる額は終身保険金だけと考えて下さい。
引受基準緩和型・無選択型の医療保険は単なる気休めに過ぎません(ほとんどが入院60日迄担保型です)。寧ろ必要なのは180日超入院を担保する保険。
180日超のみを担保する入院保険は60日を限度とする保険に比べ保険料は半額程度。ま...続きを読む


人気Q&Aランキング