ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

無知は罪って誰が言った名言なのでしょうか?

言葉の真意はおいといて、検索するとソクラテスやヒトラーなどが出てきますが本当は誰が最初に言った言葉なのでしょう?

A 回答 (4件)

論語より


「 子曰、由、誨女知之乎、
   知之為知之、不知為不知、是知也 」

若干ニュアンスが違う気もしますが、孔子の方がソクラテスより少し早く生まれているようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%94%E5%AD%90
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%AF% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9% …
    • good
    • 1

プラトンの「ソフィスト」のなかで、


無知の意義(Amathiaアマティア)/(Agnoiaアグノイア)の議論の中でプロタゴラスのとなえる「無知が人の過ちの源泉である」という考えが、元だと思います。
    • good
    • 1

ヒトラーです。


フランスに進駐を決めたとき条約の解釈をめぐって
独英が対立。そのときヒトラーがそう言ったと言わ
れています。意味は知らないではすまされないとい
う威圧です。知らなかったで済んだら警察いらない
というわけです。
    • good
    • 0

ソクラテスの言葉だとおもいます。



無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソクラテスの無知の知は矛盾していませんか?

ソクラテスの無知の知についてです。
高校の倫理でソクラテスのことを学び、
その中でソクラテスの思想に「無知の知」というものがありました。

ソクラテスは、
「あなたは自分の無知を知らないが、私は自分の無知を知っている(=無知の知)」
と習いました。

しかしここで思うのが、
ソクラテスは自分が無知であると言うことを知っていると言いましたが、
これを同じく返されたらどうなるのでしょうか?

ソクラテスは無知について知っているとは言えないのではないでしょうか?
ソクラテスに対して、
「あなたは実は無知であることを知らない」
と返した場合無知の知は無くなってしまうのでないでしょうか?

Aベストアンサー

有名な『ソクラテスの弁明』に出てくる「無知の知」ですね。


おそらく、本来の意味とは少し異なった意味を教えられたのではないのかと思います。

無知の知はソクラテスの哲学を表す重要な言葉で一文節を取り出して、そこだけで解釈すると誤解が生じてしまうので『弁明』の全体を見て解釈するのが大事だと思います。

お粗末ですが、軽く無知の知に至るまでを説明しますね。


ソクラテスは神からある言葉を授かります。その言葉とは
「ソクラテスより知者はいない」
というものです。

ソクラテスは考えます。
俺が一番賢いわけがない。


ソクラテスは、この神の言葉は間違いであることを証明しようと試み、自分より知者であると思われる、評判高い人々を訪れるわけです。その人達の職業は詩人であったり大工であったり様々です。


ソクラテスは彼らが自分よりも知者であることを期待して訪ねたのですが、話をしてみるとどうも勝手がちがいました。


といのも、彼らは確かに専門的な知識はソクラテスよりも優れていました。しかしそれに奢って
「徳であったり、本当に善いものに関する知識」
を持っていないにも関わらず知ったかぶりをして話をしていたのです。


その一方で自分は、徳とか善きものについて知らないということを自覚している。
その点で彼らよりも自分は賢い。
ソクラテスはそう考えました。


ここでソクラテスに初めて「無知の知」が自覚されます。


「無知の知」は「不知の知」とも表記されていて、私は後者の方がしっくりきます。

といのも、
「知っているものが何も無い」
という状態ではなく
「知らない(不知)ということを知っている」


と解釈しているからです。

ですから、質問者さんが問うように
「ソクラテス、あなたは無知(不知)を知らない」
と言われれば、きっとソクラテスは
「いや知っている、自分は善とか徳については何も知らないことを知って(自覚して)いるよ」
と答えると思います。


付け加えるなら
「ぜひ教えてくれないか、君も知らないならば一緒に探求しようではないか」
とも言いそうです(笑)



気になるようでしたらぜひ『ソクラテスの弁明』を実際に読んでみてください。文量は多くないので気軽に読むことができると思いますよ。


長文失礼しましたm(__)m

有名な『ソクラテスの弁明』に出てくる「無知の知」ですね。


おそらく、本来の意味とは少し異なった意味を教えられたのではないのかと思います。

無知の知はソクラテスの哲学を表す重要な言葉で一文節を取り出して、そこだけで解釈すると誤解が生じてしまうので『弁明』の全体を見て解釈するのが大事だと思います。

お粗末ですが、軽く無知の知に至るまでを説明しますね。


ソクラテスは神からある言葉を授かります。その言葉とは
「ソクラテスより知者はいない」
というものです。

ソクラテ...続きを読む

Q無知は罪なのですか

「無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり」

先日、OKWaveのQ&Aサイトで上記の言葉を教へてもらひました。だれが作つたのですか。日本語以外でこれと同じ格言(?)がありますか。

Aベストアンサー

格言ではありませんが。
仏教?の教えで、知って犯す罪と知らずに犯す罪は、知らずに犯す罪の法が重い。
知らぬで犯す故、反省なし、何回でも平然と繰り返す。


人気Q&Aランキング